アミコ・ファッションズ

芸能分野の人

鯨岡阿美子 – 昭和時代後期の服飾評論家

鯨岡阿美子の生涯 鯨岡阿美子は、1927年(昭和2年)10月4日に東京府東京市麻布区(現・東京都港区)で生まれた。父は医学博士の鯨岡増次郎、母はタツである。阿美子は、2歳のときに父を亡くし、その後は母と祖母によって育てられた。 阿美子は、幼い頃から絵を描くことが好きで、画家を志していた。しかし、母の反対があり、東京女子大学に進学して英文科を専攻した。大学卒業後は、出版社に就職したが、すぐに退職してフリーランスのライターとして活動を開始した。 阿美子は、1950年代後半からファッションの評論家として活躍するようになった。1959年(昭和34年)には、雑誌「装苑」の編集長に就任した。阿美子は、編集長として雑誌の改革を行い、日本のファッション界に大きな影響を与えた。 1964年(昭和39年)、阿美子は雑誌「週刊朝日」に連載していた「女の時代」を単行本として出版した。この本は、ベストセラーとなり、阿美子は一躍有名になった。 阿美子は、1970年代からはテレビやラジオに出演するようになり、さらに活躍の場を広げた。また、1975年(昭和50年)には、文化庁の「芸術選奨文部大臣賞」を受賞した。 阿美子は、1984年(昭和59年)に56歳で亡くなった。彼女の死は、日本のファッション界に大きな衝撃を与えた。 阿美子は、日本のファッション界に大きな功績を残した人物である。彼女は、日本のファッションを世界に発信し、日本のファッション業界の発展に貢献した。