アラスカ

歴史上の人物

次郎吉:文化10年に生まれ、天保9年に遭難した幕末の漂流民

-次郎吉の漂流と帰郷の記録- 次郎吉は、文化10年(1813)に、伊豆国田方郡下田の漁師の家に生まれた。天保9年(1838)、次郎吉は、仲間たちと伊豆七島の一つである大島に向かう途中で遭難し、漂流した。 次郎吉たちは、漂流中、嵐や飢餓など、様々な困難に遭遇した。しかし、彼らは、互いに助け合いながら、なんとか生き延びることができた。 漂流して約1年半後、次郎吉たちは、アメリカの捕鯨船に救助された。次郎吉たちは、捕鯨船に乗って、アメリカ本土に渡った。 アメリカ本土に渡った次郎吉は、そこで暮らしながら、英語を学び、西洋の文化に触れた。次郎吉は、アメリカで約10年間暮らした後、嘉永7年(1854)に、日本に帰国した。 次郎吉の漂流と帰郷の記録は、幕末の日本人の海外への憧れと、その冒険心を物語る貴重な史料である。 次郎吉は、帰国後、その体験を、口述筆記によってまとめた。その記録は、「次郎吉漂流記」として知られている。「次郎吉漂流記」は、幕末の漂流民の記録の中で、最も詳しいものの一つであり、貴重な史料である。 「次郎吉漂流記」は、次郎吉が漂流中に遭遇した様々な困難や、アメリカでの生活の様子などを、生き生きと描いている。また、「次郎吉漂流記」には、次郎吉の海外への憧れや、その冒険心が、率直に表現されている。 「次郎吉漂流記」は、幕末の日本人の海外への憧れと、その冒険心を物語る貴重な史料である。次郎吉の漂流と帰郷の記録は、幕末の日本の歴史を知る上で、欠かすことのできない一ページである。
歴史上の人物

「清兵衛(3)」について

-清兵衛の生涯- 清兵衛は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武将です。平清盛の弟である平頼盛の嫡男であり、幼名は太郎冠者頼盛でした。 清兵衛は、治承4年(1180年)に平家軍として源平合戦に参加し、一ノ谷の戦いで活躍しました。しかし、壇ノ浦の戦いで平家が敗北すると、清兵衛は捕らえられ、鎌倉に送られました。 鎌倉では、清兵衛は源頼朝に仕えました。頼朝は、清兵衛の武勇を認めて重用し、武蔵国の守護に任命しました。清兵衛は、武蔵国の武士を率いて、頼朝の政権を支えました。 建久3年(1192年)、清兵衛は伊賀国に移り、伊賀国の武士を率いて、頼朝の政権を支えました。清兵衛は、伊賀国で多くの功績を上げ、伊賀国の武士から尊敬されました。 承元4年(1210年)、清兵衛は亡くなりました。清兵衛の死後、その子である清経が伊賀国の武士を率いて、頼朝の政権を支えました。清経は、承久の乱で活躍し、頼朝の政権を支えました。 清兵衛は、平家一門の武将であり、源頼朝に仕えて頼朝の政権を支えました。清兵衛は、武勇を認めて重用され、武蔵国と伊賀国の武士を率いて、頼朝の政権を支えました。清兵衛は、頼朝の政権を支えた功績により、伊賀国の武士から尊敬されました。
歴史上の人物

金蔵→ 江戸時代後期の漂流民の人生を描いた物語

文政4年生まれ, 金蔵は越中富山の長者丸乗組員となる 金蔵は、江戸時代後期に活躍した漂流民である。 文政4年(1821年)、越中富山に生まれた。 金蔵は、幼い頃から漁師として働いていたが、ある日、遭難して漂流してしまった。 漂流生活を続けるうちに、金蔵は飢えと寒さで衰弱していった。 しかし、ある日、金蔵はアメリカの捕鯨船に救助された。 金蔵は、捕鯨船に乗って、アメリカに渡った。 アメリカでは、金蔵は様々な仕事を経験した。 そして、金蔵は、アメリカの市民権を取得した。 金蔵は、アメリカで長い間暮らしたが、晩年は故郷の越中富山に帰郷した。 金蔵は、明治43年(1910年)に90歳で亡くなった。
学術分野の人

岡正雄 – 昭和時代の民族学者

柳田国男のもとでの活動 岡正雄は、1927年に柳田国男の弟子として民俗学の調査を開始しました。柳田の国産玩具調査に協力し、全国各地の玩具を集めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。 岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。 1932年、岡は柳田の依頼を受けて、鳥取県の民俗調査を行いました。この調査は、2年間にわたり、岡は県内の各地を調査し、多くの民俗資料を集めました。この調査の成果は、1934年に『鳥取県郷土誌』として出版されました。 岡は、柳田のもとで民俗学の研究を続け、1938年に東京帝国大学を卒業しました。卒業後は、柳田の推薦で、日本民俗学会の助手となりました。岡は、助手として、柳田の研究を助け、民俗学の研究の発展に貢献しました。 岡は、1941年に日本民俗学会の会員となり、1944年には、学会の評議員に選出されました。岡は、学会の運営に参画し、民俗学の研究の発展に貢献しました。
歴史上の人物

「太郎兵衛」

- 太郎兵衛の生涯 -# 幼少期 太郎兵衛は、文政10年(1827年)に、信州上田藩士の子として生まれた。幼名は亀太郎。太郎兵衛は、幼い頃から体が弱く、病気がちであった。そのため、学問を学ぶことは遅れがちであったが、読書を好んでおり、特に歴史書や軍記物を読みふけっていた。 -# 青年期 太郎兵衛は、16歳の時に江戸に出て、昌平坂学問所に学んだ。昌平坂学問所は、幕府が設立した教育機関であり、多くの有能な人材を輩出していた。太郎兵衛は、昌平坂学問所において、儒学を学び、また、剣術や槍術などの武芸にも励んだ。 -# 尊皇攘夷運動への参加 太郎兵衛は、昌平坂学問所を卒業した後、幕府に出仕した。しかし、太郎兵衛は、幕府の政治に不満を抱いており、尊皇攘夷運動に参加した。尊皇攘夷運動とは、天皇を尊び、外国勢力を日本から追い出すことを目指す運動であり、多くの志士たちが参加していた。 -# 新選組への入隊 太郎兵衛は、尊皇攘夷運動に参加した後、新選組に入隊した。新選組は、幕府が組織した治安維持部隊であり、多くの腕利きの剣士たちが集まっていた。太郎兵衛は、新選組において、池田屋事件や禁門の変など、多くの戦いに参加し、功績を上げた。 -# 箱館戦争への参加 幕府が倒れ、明治維新が起こると、太郎兵衛は、新選組を離れて、奥羽越列藩同盟に参加した。奥羽越列藩同盟とは、幕府を支持する東北地方の藩が結成した同盟であり、明治政府と戦った。太郎兵衛は、奥羽越列藩同盟において、会津戦争や二本松戦争など、多くの戦いに参加した。 -# 最期 太郎兵衛は、箱館戦争で敗北した後、捕らえられ、処刑された。太郎兵衛は、享年37歳であった。太郎兵衛は、尊皇攘夷運動や戊辰戦争において、最後まで戦い抜いた志士であり、その生涯は、多くの人の心を打っている。
文学分野の人

写真家・星野道夫-生涯と作品

-星野道夫の生い立ちと写真家としてのキャリア- 星野道夫は、1952年2月24日に北海道小樽市に生まれた。幼い頃からアウトドアを好み、小学校低学年の頃から写真に興味を持つ。中学時代には、山岳写真家であり、のちに師事することとなるプロの写真家・平塚猛に出会い、登山と写真の基礎を学ぶ。 高校卒業後は、北海道大学に入学するも、すぐに中退。その後は、アルバイトをしながらフリーのカメラマンとして活動する。そして、1972年、20歳のときに、アラスカに単身で渡る。アラスカでは、半年をエスキモーの村で暮らし、その生活や文化を撮影。このとき撮影した写真は、後に『アラスカ』という写真集にまとめられ、写真家としてデビューするきっかけとなる。 1976年には、アラスカの撮影の合間に、カナダ北極圏を旅する。このとき撮影した写真もまた、写真集『カナダ ポーラー・ベア・キャンプ』にまとめられ、高い評価を得た。 1980年には、エスキモーの生活と文化をテーマにした写真集『アラスカ エスキモーの生活』を発表。この写真集は、世界的なベストセラーとなり、星野道夫を一躍、時の人にする。 1986年には、アラスカの自然と野生動物をテーマにした写真集『アラスカ 北極の自然と野生動物』を発表。この写真集は、アメリカの著名な写真賞である、アニー賞を受賞し、星野道夫の名を世界に知らしめることとなった。 1990年には、アラスカの先住民であるイヌピアットの生活と文化をテーマにした写真集『アラスカ イヌピアットの生活』を発表。この写真集もまた、アニー賞を受賞し、星野道夫の集大成ともいうべき作品となった。 星野道夫は、1990年代以降も、アラスカや世界の各地で撮影を続け、写真集やエッセイを発表。また、テレビ番組や講演会にも出演し、アラスカの自然や野生動物の美しさ、先住民の生活や文化の大切さを訴え続けた。 1996年8月9日、星野道夫は、ロシア極東部のカムチャッカ半島でヒグマに襲われて死亡。享年43歳だった。
歴史上の人物

長助(2)(1806-? 幕末の漂流民)

遭難と救助 1851年12月11日、長助が乗っていた船は、強風にあおられて伊豆諸島の御蔵島に漂着した。船はすぐに沈没してしまい、長助たちは全員海に投げ出されてしまった。長助は必死に泳いで生き延びようとしたが、波が高くてなかなか岸にたどり着くことができなかった。 そのとき、偶然にも御蔵島にいた漁師たちが、長助たちの遭難に気づいた。漁師たちはすぐに船を出し、長助たちを救助してくれた。長助たちは漁師たちの家に招かれ、食べ物と着替えを与えられた。 長助たちは御蔵島で数ヶ月間過ごした後、江戸に送られた。江戸では、長助たちは幕府の役人から事情聴取を受け、その後、江戸の町で生活することになった。 長助は江戸で数年過ごした後、再び故郷の鹿児島に戻った。長助は故郷で結婚し、子供をもうけた。長助はその後も長く生きたが、その正確な没年は不明である。
歴史上の人物

漂流民六兵衛の生涯と漂流の軌跡

六兵衛の漂流の経緯 1. 六兵衛の遭難 六兵衛は、1792年、風浪が荒れる中、漁に出た。しかし、嵐に巻き込まれて船は沈没し、六兵衛は海に投げ出された。 2. 六兵衛の漂流生活 六兵衛は、海を漂流する生活を余儀なくされた。彼は、食料や水の乏しい中、毎日を過ごした。そして、何ヶ月も漂流を続けた末、ついに無人島にたどり着いた。 3. 六兵衛の無人島での生活 無人島にたどり着いた六兵衛は、自給自足の生活を送った。彼は、島で狩猟や漁業を行い、食料を確保した。そして、島で育てた野菜や果物も食べた。 4. 六兵衛の救出 六兵衛は、無人島で何年も生活した。そして、1813年、ついに救出された。彼は、アメリカの捕鯨船に発見され、アメリカに連れて行かれた。 5. 六兵衛の帰国 六兵衛は、アメリカでしばらく生活した後、日本に帰国した。彼は、帰国後、漂流生活についての本を出版した。そして、漂流生活の経験を人々に語り継いだ。 六兵衛は、漂流生活を経験した人物として知られている。彼は、無人島で何年も生活し、自給自足の生活を送った。そして、彼は、ついに無人島から救出され、日本に帰国した。
学術分野の人

ー「東良三」1889-1980

ジョン=ミュアーに心酔した東良三 東良三は、1889年に東京で生まれた日本の博物学者、探検家、登山家である。1980年に亡くなった。東は、ジョン=ミュアーの著作に感銘を受けて自然保護運動に参加し、日本の自然保護運動のリーダーの一人となった。 東は、1922年にミュアーの著書「アラスカの旅」を読んで、自然保護運動に参加することを決意した。1925年に、東はミュアーの案内でアラスカを旅行し、氷河や山々を目にし、自然の美しさに感動した。東は、ミュアーから自然保護の大切さを学び、帰国後は、日本の自然保護運動に尽力した。 東は、1927年に日本山岳会に入会し、1931年に日本山岳会の会長に就任した。1934年には、日本初の国立公園である大雪山国立公園の指定に尽力した。また、東は、日本各地の山々を登り、その体験を著書「山の旅」にまとめた。 東は、1937年に日本山岳会の会長を辞任し、自然保護運動に専念した。1940年には、日本自然保護連盟を設立し、その会長に就任した。また、東は、日本各地で自然保護講演を行い、自然保護の大切さを訴えた。 東は、1980年に亡くなったが、その功績は今日でも語り継がれている。東は、日本の自然保護運動のパイオニアであり、その活動は、日本の自然保護運動の発展に大きく貢献した。
歴史上の人物

漂流民太三郎の生涯

-太三郎の漂流- 1783年1月10日、播磨国赤穂郡坂越(現在の兵庫県赤穂市坂越)の漁師、太三郎は、弟の太吉、友人の権三とともに、船で漁に出た。しかし、嵐に遭い、船は難破。太三郎は、太吉と権三とはぐれてしまった。 太三郎は、波に漂流しながら、必死に生き延びようとした。漂流から10日後、ようやく無人島に漂着した。無人島には、わずかな食料と水があったため、太三郎は、それを食べて生き延びることができた。 無人島で、太三郎は、一人で生活した。彼は、島で果物や野菜を育てて食べ、魚や貝を捕まえて食べた。また、彼は、島に小屋を建て、そこで寝泊まりをした。 太三郎は、無人島で、4年間一人暮らしをした。その間に、彼は、無人島でのサバイバル術を身に着けた。彼は、島で火を起こす方法を学び、島で食料を調達する方法も学んだ。 1787年、太三郎は、無人島から脱出した。彼は、漂流中に知り合ったオランダ船に乗って、日本に帰国することができた。太三郎は、日本に帰国後、自分の漂流体験を本にまとめた。その本は、大ベストセラーとなり、太三郎は一躍時の人となった。 太三郎は、1843年に亡くなった。享年81歳。太三郎は、漂流民として知られているが、彼は、無人島でサバイバル術を身に着けたたくましい人物でもあった。
歴史上の人物

浅吉:文政5年生まれの漂流民

浅吉の生涯 文政5年(1822年)、浅吉は現在の岩手県山田町に生まれる。幼い頃から漁師として働き、20歳の時に乗っていた船が遭難し、漂流する。漂流生活は380日間続き、その間浅吉は飢えや寒さ、嵐に耐え続けた。 漂流生活の末、浅吉はロシアの領土であるカムチャツカ半島に漂着する。浅吉はロシア人に保護され、ペテルブルクに送られる。ペテルブルクで浅吉はロシア語と西洋文化を学び、ロシア人として生活する。 1854年、浅吉は日本に帰国する。帰国後は、ロシア語の通訳として活躍し、日露関係の発展に貢献した。浅吉は1898年に死去したが、彼の生涯は日本とロシアの架け橋となった。 浅吉は、漂流民としての過酷な生活を生き抜き、帰国後は日露関係の発展に貢献した人物である。彼の生涯は、逆境に負けずに生きる大切さを教えてくれる。