ウィーン大学

歴史上の人物

「能勢静太」-元治元年生まれの内科学者

-能勢静太の生涯- 能勢静太は、1864年(元治元年)に大阪で生まれました。1888年(明治21年)に大阪医学校を卒業し、1892年(明治25年)に東京帝国大学医学部に進学しました。1896年(明治29年)に東京帝国大学を卒業し、同年、大阪市立渡辺病院の内科医となりました。1900年(明治33年)には、大阪市立渡辺病院院長に就任しました。 1903年(明治36年)に、能勢はドイツに留学し、1905年(明治38年)に帰国しました。帰国後は、大阪市立渡辺病院院長に再任されました。1910年(明治43年)には、大阪市立渡辺病院を退職し、大阪医科大学の内科教授に就任しました。1914年(大正3年)には、大阪医科大学学長に就任しました。 1918年(大正7年)に、能勢は大阪医科大学学長を辞任し、大阪市立渡辺病院院長に三たび就任しました。1922年(大正11年)には、大阪市立渡辺病院院長を退職し、大阪医科大学の内科教授に再任されました。1925年(大正14年)に、大阪医科大学を退職し、大阪市北区に開業しました。 1938年(昭和13年)に、能勢は死去しました。 能勢は、内科学者として、多くの業績を残しました。特に、消化器系の疾患に関する研究に優れていました。また、能勢は、医学生の教育にも熱心で、大阪医科大学の内科教授として、多くの医学生を育成しました。
学術分野の人

ドイツの法律学者シュタインの功績と影響

-シュタインの生い立ちと経歴- ドイツの法律学者、政治家であるローレンツ・フォン・シュタインは、1815年11月18日にドイツのケルンで生まれた。同氏は、ベルリンとボンで法学を学び、1836年に法学博士の学位を取得した。その後、彼は、ボン大学、キール大学、ブレスラウ大学、およびベルリン大学で教鞭を執った。 シュタインは、公共法と行政法の分野で優れた業績を残した。彼の代表作である「行政学」は、行政制度の理論的な枠組みを確立し、行政法の発展に大きな影響を与えた。シュタインは、行政機関の独立性を強調し、行政機関が政治的な影響を受けずに、法律に基づいて行動することを主張した。また、彼は、行政機関の透明性と説明責任を重視し、行政機関がその活動について国民に対して説明する義務を負うべきであると主張した。 シュタインの行政法理論は、ドイツだけでなく、他の多くの国でも広く受け入れられた。彼の理論は、行政制度の近代化と民主化に貢献し、今日の行政法の基礎を築いた。 シュタインは、政治家としても活躍した。彼は、1848年にドイツ国民議会に選出され、憲法制定会議に参加した。同氏は、ドイツ統一を支持し、ドイツ帝国の初代総理大臣となった。しかし、彼は、保守的な政治家との対立から、1871年に総理大臣を辞任した。 シュタインは、1890年9月23日にドイツのバート・キッシンゲンで死去した。同氏は、行政法の分野で多大な功績を残した偉大な法律学者であり、政治家であった。
学術分野の人

モーリッシュ-オーストリアの偉大な植物学者

モーリッシュの生涯 モーリッシュは、1870年12月22日にウィーンの裕福な家庭に生まれた。彼は幼い頃から植物学に興味を持ち、ウィーン大学で植物学を学んだ。1901年に博士号を取得し、ウィーン大学で教鞭を執った。 1906年に、モーリッシュはブラジルの熱帯雨林を調査するために派遣された。この調査で、モーリッシュは多くの新種植物を発見し、熱帯雨林の生態系を研究した。1909年に帰国した後、モーリッシュはウィーン大学で植物学の教授に就任した。 モーリッシュは、植物の生態学と生理学の分野で多くの研究を行い、多くの業績を残した。彼は、植物の光合成と呼吸を研究し、植物の成長と発育に影響を与える要因を明らかにした。また、モーリッシュは、植物の形態と分類を研究し、多くの新種植物を発見した。 モーリッシュは、1938年にウィーン大学を辞任し、1939年にアメリカ合衆国に亡命した。彼は、ニューヨークのブルックリン植物園で研究を続け、1965年に亡くなった。 モーリッシュは、植物学の分野で大きな功績を残した偉大な植物学者である。彼は、植物の生態学や生理学の研究に大きな貢献をしており、また、多くの新種植物を発見した。
学術分野の人

清水郁太郎 – 日本の産婦人科学の先駆者

-清水郁太郎の生涯- 清水郁太郎は、1861年12月5日に現在の愛知県豊橋市に生まれました。下総国葛生(現在の茨城県筑西市)に住む産婦人科医師清水義賢の長男として生まれた彼は、父から医学の基礎を学びました。 その後、上京して東京帝国大学医科大学に入学し、1888年に卒業しました。卒業後は、東京帝国大学医学部産婦人科学教室の助手となり、教授として産婦人科学を教えました。 1900年、清水郁太郎は、産婦人科学の研究のためにドイツとオーストリアに留学しました。留学中は、産婦人科学の最新の知識と技術を学び、1903年に帰国しました。 帰国後は、東京帝国大学医学部産婦人科学教室の教授に就任し、産婦人科学の研究と教育に努めました。また、産婦人科学に関する多くの論文を発表し、産婦人科学の発展に貢献しました。 1923年、清水郁太郎は、東京帝国大学医学部を退官し、日本産婦人科学会を設立しました。日本産婦人科学会の初代会長に就任し、産婦人科学の発展に尽力しました。 1934年、清水郁太郎は、73歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は産婦人科学の発展に大きな影響を与え、今日でも高く評価されています。 清水郁太郎は、日本の産婦人科学の先駆者であり、産婦人科学の発展に大きな貢献をした人物です。
学術分野の人

ローレッツ – 明治時代初期に日本で教鞭をとったオーストリア人医師

- ローレッツの生涯と略歴 ローレッツ(1824年 - 1894年)は、オーストリアの医師であり、1872年から1876年まで、日本の東京で教鞭をとった。ローレッツは、1848年にウィーン大学で医学の博士号を取得し、その後、ウィーン総合病院で働いた。1872年、日本政府の招聘に応じて来日し、東京医学校(現在の東京大学医学部)で解剖学と生理学の教授となった。ローレッツは、日本の医学の発展に貢献し、多くの日本人医師を育てた。1876年に帰国し、ウィーンで開業医として働いた。 -ローレッツの主な業績- * -日本の医学の発展に貢献-ローレッツは、日本の医学の発展に貢献し、多くの日本人医師を育てた。 * -東京医学校の設立-ローレッツは、東京医学校(現在の東京大学医学部)の設立に貢献した。 * -解剖学と生理学の教授-ローレッツは、東京医学校で解剖学と生理学の教授を務めた。 * -医学書の作成-ローレッツは、医学書の作成に貢献した。 ローレッツは、日本の医学の発展に貢献した功績が認められ、1888年に日本の勲章である旭日章を受章した。
学術分野の人

– 柳瀬実次郎

- 柳瀬実次郎の生涯と業績 柳瀬実次郎は、1858年(安政5年)7月15日に、現在の青森県弘前市に生まれました。戊辰戦争では官軍に参加し、その後は北海道庁に勤務しました。1882年(明治15年)に上京し、1884年(明治17年)には大蔵省に入省しました。1892年(明治25年)には、主税局長に就任し、1893年(明治26年)には、関税局長に就任しました。1896年(明治29年)には、大蔵次官に就任し、1898年(明治31年)には、大蔵大臣に就任しました。 柳瀬実次郎は、大蔵大臣在任中に、金本位制を導入し、日清戦争後の財政再建に尽力しました。また、日露戦争後の財政再建にも尽力し、日本の経済発展に大きく貢献しました。1928年(昭和3年)に、柳瀬実次郎は、脳溢血のため死去しました。 柳瀬実次郎は、日本の近代財政の父と呼ばれています。彼の業績は、日本の経済発展に大きな影響を与え、今日でも高く評価されています。
学術分野の人

ユンケル医師と明治の医学

ユンケル医師の功績 1. 日本における近代医学の導入 ユンケル医師は、ドイツの医師であり、1880年に来日しました。彼は、日本で最初の西洋式医学の病院である東京慈恵会病院を設立し、日本の近代医学の発展に大きく貢献しました。 2. 破傷風の予防と治療 ユンケル医師は、破傷風の予防と治療に大きな功績を残しました。彼は、破傷風の原因となる細菌を発見し、破傷風の予防接種法を開発しました。また、破傷風にかかった患者の治療法も確立し、多くの命を救いました。 3. 脚気の治療 ユンケル医師は、脚気の治療にも功績を残しました。彼は、脚気の原因がビタミンB1の不足であることを突き止め、ビタミンB1を投与することで脚気を治療する方法を確立しました。これにより、多くの脚気患者を救いました。 4. 日本の医学教育の発展 ユンケル医師は、日本の医学教育の発展にも貢献しました。彼は、東京慈恵会医科大学を設立し、日本の医学教育の向上に努めました。また、医学の専門誌を発行し、日本の医師たちに最新の医学知識を伝える役割を果たしました。 5. 日独文化交流 ユンケル医師は、日独文化交流にも貢献しました。彼は、日本の文化をドイツに紹介し、ドイツの文化を日本に紹介しました。また、日独両国間の医学交流にも尽力し、両国の医学の発展に貢献しました。 ユンケル医師は、日本の近代医学の発展に多大な功績を残した偉大な医師です。彼の功績は、今も日本の医学界に受け継がれています。
歴史上の人物

末岡精一 – 明治時代の法学者

-末岡精一の生涯- 末岡精一は、1863年(文久3年)10月2日、豊後国直入郡(現在の大分県竹田市)に生まれました。父は藩士の末岡敬助、母は久美です。幼少期より聡明で、6歳で漢籍を学び始め、10歳で藩校の由学館に入学しました。1874年(明治7年)には、上京して東京大学予備門に入学します。1880年(明治13年)には、東京大学法学部に進学し、1883年(明治16年)に卒業しました。 大学卒業後は、司法省に入省し、判事として各地を歴任しました。1890年(明治23年)には、東京大学法学部助教授に就任し、1895年(明治28年)には、同教授に昇進しました。1903年(明治36年)には、東京大学総長に就任し、1906年(明治39年)まで務めました。 東京大学総長を退任後は、貴族院議員や枢密顧問官を歴任しました。また、1920年(大正9年)には、東京帝国大学総長に再任され、1926年(大正15年)まで務めました。 末岡精一は、1933年(昭和8年)12月13日に、東京で亡くなりました。享年70歳でした。 末岡精一は、日本近代法学の基礎を築いた法学者として知られています。また、東京大学総長を務め、日本の学術界の発展に貢献しました。
学術分野の人

岡正雄 – 昭和時代の民族学者

柳田国男のもとでの活動 岡正雄は、1927年に柳田国男の弟子として民俗学の調査を開始しました。柳田の国産玩具調査に協力し、全国各地の玩具を集めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。 岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。 1932年、岡は柳田の依頼を受けて、鳥取県の民俗調査を行いました。この調査は、2年間にわたり、岡は県内の各地を調査し、多くの民俗資料を集めました。この調査の成果は、1934年に『鳥取県郷土誌』として出版されました。 岡は、柳田のもとで民俗学の研究を続け、1938年に東京帝国大学を卒業しました。卒業後は、柳田の推薦で、日本民俗学会の助手となりました。岡は、助手として、柳田の研究を助け、民俗学の研究の発展に貢献しました。 岡は、1941年に日本民俗学会の会員となり、1944年には、学会の評議員に選出されました。岡は、学会の運営に参画し、民俗学の研究の発展に貢献しました。
学術分野の人

「レーデラー」について

1882-1939 德国経済学者 ルートヴィヒ・フォン・レーデラー(Ludwig von Lederer, 1882-1939)は、ドイツの経済学者です。彼は、オーストリア学派の経済学者であり、経済学の分野に多くの貢献をしました。 レーデラーは、1882年にオーストリアのウィーンで生まれました。彼は、ウィーン大学で経済学を学び、1906年に博士号を取得しました。その後、彼は、ウィーン大学で教鞭をとり、1920年にベルリン大学に教授として招聘されました。ベルリン大学では、公共政策学部長を務め、1933年にナチス政権によって解任されるまで教鞭をとり続けました。 レーデラーは、経済学の分野に多くの貢献をしました。彼は、価格理論、分配理論、経済動態理論など、経済学のさまざまな分野で研究を行い、多くの学術論文を発表しました。また、彼は、経済学の教科書も執筆し、経済学の普及に貢献しました。 レーデラーは、経済学の分野で多くの貢献をした優れた経済学者でした。彼は、ナチス政権によって解任されるまで、ベルリン大学で教鞭をとり、経済学の発展に貢献しました。 レーデラーの主な業績は以下の通りです。 * 価格理論の研究レーデラーは、価格理論の分野で多くの研究を行い、価格の決定メカニズムを明らかにしました。彼は、価格が需要と供給によって決定されることを示し、価格の変化が経済に与える影響を分析しました。 * 分配理論の研究レーデラーは、分配理論の分野でも多くの研究を行い、所得の分配メカニズムを明らかにしました。彼は、所得の分配が生産要素の限界生産力によって決定されることを示し、所得分配の変化が経済に与える影響を分析しました。 * 経済動態理論の研究レーデラーは、経済動態理論の分野でも多くの研究を行い、経済成長のメカニズムを明らかにしました。彼は、経済成長が資本蓄積と技術進歩によって促進されることを示し、経済成長が経済に与える影響を分析しました。 レーデラーの業績は、経済学の発展に大きな貢献をしました。彼は、経済学のさまざまな分野で研究を行い、多くの学術論文を発表しました。また、彼は、経済学の教科書も執筆し、経済学の普及に貢献しました。レーデラーは、経済学の分野で多くの貢献をした優れた経済学者でした。