オペラ

ミュージシャン

「石井歓」-昭和後期-平成時代の作曲家

石井歓の生涯 石井歓は、1921年(大正10年)11月6日に京都府京都市で生まれた。京都府立京都第一商業学校(現京都府立京都商業高等学校)卒業後、1941年(昭和16年)に東京音楽学校(現東京藝術大学)作曲科に入学。1943年(昭和18年)に作曲科を卒業し、作曲家としてのキャリアをスタートさせた。 1948年(昭和23年)に、NHKの「全国音楽コンクール」で入選を果たし、翌年には「交響曲第1番」が日本交響楽団によって初演された。1951年(昭和26年)には、第1回「毎日音楽賞」を受賞し、1952年(昭和27年)には、日本芸術院賞を受賞した。 1953年(昭和28年)に、パリ音楽院に留学し、オリヴィエ・メシアンに師事した。1955年(昭和30年)に帰国し、1956年(昭和31年)には、NHK交響楽団の指揮者としてデビューを果たした。 1963年(昭和38年)には、東京芸術大学の教授に就任し、1968年(昭和43年)には、東京芸術大学の学長に就任した。1971年(昭和46年)には、日本芸術院会員に選出され、1974年(昭和49年)には、文化勲章を受章した。 1987年(昭和62年)には、東京芸術大学の学長を退任し、名誉教授となった。1991年(平成3年)には、日本音楽著作権協会の会長に就任し、1998年(平成10年)には、日本音楽著作権協会の会長を退任した。 2005年(平成17年)7月10日に、東京都港区の病院で、心不全のため、83歳で死去した。 石井歓は、日本の音楽界に大きな影響を与えた作曲家である。その作品は、日本だけでなく、世界各国でも演奏されており、高い評価を受けている。
エンターテインメント

中村哮夫:昭和後期-平成時代の演出家

中村哮夫の生涯と功績 中村哮夫は、1929年(昭和4年)3月18日に東京都に生まれました。1953年(昭和28年)に東京大学文学部卒業後、劇団俳優座に入団しました。1957年(昭和32年)に芸術祭賞奨励賞を受賞、1960年(昭和35年)に芸術選奨新人賞を受賞。1961年(昭和36年)に劇団「雲」を結成しました。 中村は、井上ひさしの「吉里吉里人」「寝盗られ宗介」、唐十郎の「少女都市果てしなく」、大江健三郎の「飼育」など、多くの現代演劇作品を演出しました。また、ギリシャ悲劇やシェイクスピアの戯曲などの古典的作品も演出しました。 中村は、演出家として、斬新な演出で知られていました。また、俳優の演技指導にも定評があり、多くの俳優を育て上げました。中村は、現代演劇の新しい潮流を切り開いた演出家として高く評価されています。 中村は、1992年(平成4年)に文化功労者に選ばれました。2006年(平成18年)に脳梗塞で倒れ、2007年(平成19年)7月6日に東京都内の病院で死去しました。中村は、78歳でした。 中村の死後、中村の功績を讃えて、中村哮夫賞が創設されました。中村哮夫賞は、現代演劇の新進演出家に贈られる賞です。
ミュージシャン

「芝祐久」

芝祐久の経歴 芝祐久は、1959年2月12日に東京都で生まれた。1977年に慶應義塾大学法学部に入学し、1981年に卒業した。大学卒業後は、大蔵省に入省した。 大蔵省では、主計局、税務局、財務局などを歴任した。1998年に金融庁に出向し、総務課長、監督局総務課長などを務めた。2003年に大蔵省に戻り、主計局次長を務めた。 2004年に財務省が設置されると、主計局長に就任した。2007年に財務副大臣に就任し、2008年に財務大臣に就任した。財務大臣としては、リーマンショック後の経済危機への対応や、消費税の引き上げなどに取り組んだ。 2010年に財務大臣を退任し、その後は政治評論家として活動した。2012年に衆議院議員に当選し、2014年に経済産業大臣に就任した。経済産業大臣としては、アベノミクスの推進や、日米経済協力の強化などに取り組んだ。 2016年に経済産業大臣を退任し、その後は自民党の幹事長として活躍した。2021年に自民党の総裁に当選し、内閣総理大臣に就任した。内閣総理大臣としては、新型コロナウイルス感染症のパンデミックへの対応や、ウクライナ危機への対応などに取り組んでいる。
芸術家

ファッション界を震撼させた革命家-山本耀司

-ファッション界の常識を打ち破る- 山本耀司は、日本のファッションデザイナーであり、COMME des GARÇONSの創設者です。彼は、1943年に東京で生まれ、慶應義塾大学を卒業後、1969年にCOMME des GARÇONSを設立しました。 山本耀司のファッションは、伝統的なファッションの美意識を打ち破るものでした。彼は、黒を基調としたシンプルなデザインを好んで使用し、身体のラインを強調しないルーズなシルエットを特徴としています。また、彼は、アシンメトリーやレイヤードなどの凝ったデザインも取り入れ、独自のファッションスタイルを確立しました。 山本耀司のファッションは、1970年代後半から1980年代にかけて、世界中で大きな注目を集めました。彼は、パリ・コレクションで日本人として初めてランウェイショーを行い、世界的なファッションデザイナーとしての地位を確立しました。 山本耀司は、ファッション界に大きな影響を与えたデザイナーの一人です。彼は、伝統的なファッションの美意識を打ち破り、新しいファッションスタイルを確立しました。また、彼は、黒を基調としたシンプルなデザインを好んで使用し、身体のラインを強調しないルーズなシルエットを特徴としています。 山本耀司のファッションは、世界中の人々から愛されています。彼は、ファッション界の常識を打ち破る革命家であり、ファッション界に大きな影響を与えたデザイナーの一人です。
ミュージシャン

高木東六:軍歌からシャンソンまでを手がけた異色の作曲家

クラシックからシャンソンまで、幅広い作曲を手掛けた生涯 1901年(明治34年)に東京に生まれた高木東六は、幼い頃より音楽の才能を発揮し、10歳の時に「かぐや姫」を作曲。その後、音楽学校に進学し、作曲を学びました。卒業後は、コロムビア・レコードに入社し、作曲家として活動を開始。以来、軍歌、流行歌、童謡など幅広いジャンルの楽曲を手がけ、日本を代表する作曲家として活躍しました。 高木東六の楽曲は、その美しいメロディと、人々の心に響く歌詞で多くの人々に愛されました。中でも、軍歌「突撃隊の歌」は、日中戦争や太平洋戦争の際に兵士たちを鼓舞し、戦意高揚に貢献しました。また、「青い山脈」や「高原列車は行く」などの流行歌は、戦後の復興期に人々の心の支えとなり、広く親しまれました。 さらに、高木東六はシャンソンにも造詣が深く、多くのシャンソンを作曲しました。中でも「枯葉」は、彼の代表作の一つとして知られ、世界中で愛されています。また、映画音楽の分野でも活躍し、「七人の侍」や「羅生門」などの音楽を手がけました。 高木東六は、その生涯を通じて幅広いジャンルの楽曲を手がけ、日本音楽史に多大な貢献をしました。彼の功績は、今日でも多くの音楽家たちに受け継がれています。
エンターテインメント

青山圭男 – 昭和時代の舞踊振付師・演出家

- 松竹楽劇部からウィーンへ 青山圭男は、1921年(大正10年)1月20日に兵庫県姫路市に生まれた。1939年(昭和14年)に旧制姫路高等商業学校を卒業後、松竹楽劇部に入社。当初はダンサーとして活動していたが、後に振付師に転向した。 青山圭男は、松竹楽劇部在籍時に数々の名作を手がけた。代表作としては、1940年(昭和15年)の『カルメン』、1941年(昭和16年)の『カヴァレリア・ルスティカーナ』、1942年(昭和17年)の『アイーダ』などがある。 1945年(昭和20年)、青山圭男は松竹楽劇部を退社し、ウィーンに留学。ウィーン国立歌劇場でバレエの勉強を続け、1947年(昭和22年)に帰国した。 帰国後、青山圭男は東京バレエ団の振付師として活動。1948年(昭和23年)には、東京バレエ団の公演で『白鳥の湖』を振付した。この公演は大成功を収め、青山圭男は一躍脚光を浴びた。 その後、青山圭男は数多くのバレエ作品を振付。1950年(昭和25年)には『ロミオとジュリエット』、1951年(昭和26年)には『ジゼル』、1952年(昭和27年)には『コッペリア』などを振付した。 青山圭男は、1962年(昭和37年)に東京バレエ団を退団し、フリーの振付師となった。その後も、数多くのバレエ作品を振付し、1980年(昭和55年)には文化庁芸術祭大賞を受賞した。 青山圭男は、2003年(平成15年)7月22日に82歳で死去した。
ミュージシャン

昭和のヒットメーカー、渡辺はま子

小見出し 歌声で人々を魅了した、昭和の大歌手 昭和という時代は、数々の名歌を生み出した歌謡曲の黄金期でした。そんな時代にあって、人々を魅了し続けた大歌手の一人が、渡辺はま子です。 渡辺はま子は、1924年、東京に生まれました。幼い頃から歌が好きで、学校でもコーラス部に所属していました。その後、音楽学校に進学し、オペラを学びました。 1946年、渡辺はま子は、映画「青い真珠」の主題歌「青い真珠」で歌手デビューを果たしました。この曲は、大ヒットとなり、渡辺はま子は一躍スターの座に上り詰めます。 その後、渡辺はま子は、「東京ブギウギ」、「長崎の鐘」、「愛燦燦」など、数々のヒット曲を歌い、昭和を代表する大歌手として活躍しました。 渡辺はま子の歌声は、優しく、透き通るような美しさを持っていました。また、彼女は、歌唱力も素晴らしく、どんな難しい曲でも難なく歌いこなしていました。 渡辺はま子は、1999年に75歳で亡くなりました。しかし、彼女の歌声は今でも人々の心に残り続けています。 渡辺はま子の歌声は、昭和という時代を象徴するものであり、これからも人々を魅了し続けることでしょう。
ミュージシャン

「宮沢縦一」

-# 宮沢縦一 -- 音楽評論家の生涯 宮沢縦一は、日本の音楽評論家、音楽ジャーナリスト、文筆家。 1934年1月1日、東京都台東区浅草に生まれる。 少年時代から音楽に興味を持ち、1951年に日本大学に入学してからは、ジャズ研究会に所属し、ジャズ評論を始める。 1955年に日本大学を卒業してからは、音楽雑誌『スイングジャーナル』の編集者として働き始める。 1959年に『スイングジャーナル』の編集長に就任。 1962年に『ジャズ批評』を創刊し、編集長を務める。 1980年に『ジャズ批評』を休刊し、音楽評論家として独立。 以降、音楽評論、音楽ジャーナリズム、文筆活動を展開する。 1993年に紫綬褒章を受章。 2004年に旭日小綬章を受章。 2015年1月1日に死去。 音楽評論家としての宮沢縦一の功績は大きく、日本のジャズ評論界を牽引してきた第一人者として知られている。 また、音楽ジャーナリズムの分野でも活躍し、多くの音楽に関する著作を執筆している。 音楽評論家としての宮沢縦一の死は、日本の音楽評論界に大きな損失を与えたとされている。
ミュージシャン

林光

林光 - 林光の生涯と経歴 林光は、1916年に台湾の台北市で生まれました。1938年に東京帝国大学工学部を卒業し、すぐに三菱重工業に入社しました。1945年に終戦を迎えた後、三菱重工業を退社し、1946年に台湾へ帰国しました。 1947年に林光は、台湾機械工業株式会社を設立しました。これは、台湾初の機械メーカーであり、林光は社長に就任しました。台湾機械工業株式会社は、機械の製造や修理を行い、台湾の産業発展に貢献しました。 1954年に林光は、台湾機械工業株式会社の社長を退任し、台湾機械工業会会長に就任しました。台湾機械工業会は、台湾の機械メーカーの団体であり、林光は会長として台湾の機械産業の発展に尽力しました。 1960年に林光は、中華民国経済部部長に就任しました。中華民国経済部部長は、台湾の経済を管轄する政府機関の長であり、林光は台湾の経済発展に貢献しました。 1965年に林光は、中華民国副総統に就任しました。中華民国副総統は、中華民国大統領の次官であり、林光は台湾の政治に貢献しました。 1972年に林光は、中華民国副総統を退任し、1974年に74歳で亡くなりました。林光は、台湾の経済発展と政治の発展に貢献した偉大な人物でした。
エンターテインメント

白石加代子:芸能界で活躍する女優

-芸能界における白石加代子の初期の成功- 白石加代子は、10代の頃から芸能界で活躍する女優です。彼女は、1980年代に数々のテレビドラマや映画に出演し、人気女優の仲間入りを果たしました。 白石加代子は、1968年12月28日に東京都で生まれました。彼女は、幼い頃から芸能界に興味を持ち、13歳の時に芸能事務所にスカウトされました。1982年、彼女は14歳の時に女優としてデビューしました。 白石加代子は、デビュー直後から多くのテレビドラマや映画に出演しました。1983年には、映画「居酒屋兆治」で主演を務め、大きな話題になりました。この映画は、アカデミー賞にもノミネートされました。 1984年には、テレビドラマ「金曜日の妻たちへ」に出演しました。このドラマは、白石加代子の代表作の一つであり、彼女を一躍人気女優にしました。 白石加代子は、1980年代に多くの映画やテレビドラマに出演し、人気女優の仲間入りを果たしました。彼女は、その可愛らしい容姿と演技力で、多くのファンを獲得しました。
ミュージシャン

三枝成彰 – 時代の先端をゆく音楽家

-安宅賞受賞から白浪を結成へ- 1973年、三枝成彰は作曲家としての才能を開花させ、NHK邦楽技能競技会作曲部門で金賞を受賞。翌年には、安宅賞を受賞し、作曲家として高く評価されるようになった。 1975年、三枝成彰は、自身の音楽集団である「白浪」を結成。白浪は、三味線、尺八、箏、琵琶などの伝統楽器と、ピアノやドラムなどの西洋楽器を融合させた革新的な音楽を演奏した。 白浪の音楽は、伝統楽器と西洋楽器の融合により、それまでの邦楽の常識を覆すような斬新なサウンドを生み出した。また、白浪は、伝統楽器と西洋楽器の奏者が互いに交流し、お互いの音楽性を高め合うという新しい音楽の在り方を提示した。 白浪は、1970年代から1980年代にかけて、国内外で精力的な演奏活動を行い、高い評価を得た。1981年には、ニューヨークのカーネギーホールで演奏し、海外でもその音楽性が認められた。 白浪は、1990年に解散したが、三枝成彰はその後も、作曲家として、テレビや映画の音楽を手掛けたり、オーケストラや吹奏楽団のための作品を作曲したりするなど、幅広く活躍を続けている。
エンターテインメント

「穴沢喜美男」

-「穴沢喜美男」- -戦前の新劇照明を代表する存在- 穴沢喜美男は、1902年(明治35年)に東京に生まれた。幼い頃から演劇に興味があり、1922年(大正11年)に築地小劇場に入団した。築地小劇場は、日本の新劇運動の中心だった劇団であり、穴沢はそこで照明を担当することになった。 穴沢は、照明デザイナーとしてすぐに頭角を現した。彼は、新しい照明技術を積極的に取り入れ、日本の新劇照明のスタイルを確立した。彼の照明は、劇の雰囲気を効果的に演出することができ、観客を圧倒した。 穴沢の照明は、戦前の新劇照明を代表する存在となった。彼は、多くの新劇団の照明を担当し、日本の新劇運動の発展に貢献した。また、彼は、照明に関する著書を出版し、照明デザイナーの育成にも努めた。 穴沢は、1972年(昭和47年)に死去したが、彼の功績は今もなお語り継がれている。彼は、日本の新劇照明の父と呼ばれ、照明デザイナーの第一人者として尊敬されている。 穴沢の照明の特徴は、以下の通りである。 * -簡素で効果的な照明- 穴沢の照明は、簡素でありながら効果的である。彼は、余計な照明は使わず、必要な部分だけを照明することで、劇の雰囲気を効果的に演出した。 * -明暗のコントラストを強調- 穴沢の照明は、明暗のコントラストを強調している。彼は、舞台の一部を明るく照らし、他の部分を暗くすることで、劇の緊張感を高めた。 * -色を効果的に使用- 穴沢の照明は、色を効果的に使用している。彼は、色の変化によって、劇の雰囲気を変化させた。例えば、彼は、情熱的な場面では赤色を使い、悲しい場面では青色を使った。 穴沢の照明は、日本の新劇照明に大きな影響を与えた。彼の照明は、戦前の新劇照明を代表する存在であり、今もなお語り継がれている。
ミュージシャン

声の魔術師「畑中良輔」

畑中良輔の生涯と音楽活動 畑中良輔は、1948年10月10日に東京に生まれました。幼少の頃から音楽に親しみ、5歳でピアノを始めました。 1967年に東京芸術大学音楽学部作曲科に入学し、1971年に卒業しました。在学中に、NHK主催の「若い作曲家のための音楽コンクール」で入賞し、注目を集めました。 卒業後は、作曲家として活動を開始し、数々の作品を発表しました。1975年、オペラ「氷の女王」がNHKで放送され、大好評を博しました。 また、テレビドラマや映画の音楽も手がけ、多くのヒット作を生み出しました。代表作には、「西部警察」「太陽にほえろ!」「特捜最前線」などの音楽があります。 畑中良輔は、1993年に44歳の若さで亡くなりました。しかし、彼の音楽は今もなお多くの人々に愛され続けています。 畑中良輔の音楽の特徴は、メロディーの美しさにあります。彼の曲は、どれも覚えやすく、口ずさみたくなるようなものが多いです。 また、畑中良輔の音楽には、独特のリズム感があります。彼の曲は、どこかジャズのようなノリがあり、聴いているとついつい体が動いてしまいます。 畑中良輔は、日本の音楽界に大きな足跡を残した作曲家です。彼の音楽は、今もなお多くの人々に愛され続けており、今後も長く聴き継がれていくことでしょう。
エンターテインメント

観世栄夫-多才な能楽師と俳優の生涯

観世栄夫-多才な能楽師と俳優の生涯 観世栄夫(1937-2016)は、伝統的な能楽の分野で多大な実績を残し、さらに俳優としても活躍した人物です。 能楽師としての実績 観世栄夫は、京都の能楽の名門「観世流」に生まれ、幼い頃から能を学び始めました。18歳のときに初シテ(演者のひとりで、重要人物)を務め、その才能を早くから発揮しました。 1966年に「人間国宝」に認定され、能楽の分野で最高峰の称号を得ました。観世栄夫は、シテのみならず、ワキ(演者のひとりで、物語の語り手)や囃子方の役も務め、その芸の幅広さと高さを評価されました。 特に、観世栄夫が得意とした演目に「石橋」があります。「石橋」は、高僧が石橋のふもとで、亡くなった妻との思い出に思いを馳せながら、やがて悟りを開くという物語です。観世栄夫は、この演目で、高僧の深い悲しみと悟りの境地を、繊細かつ力強く表現し、観客を魅了しました。 また、観世栄夫は、能楽の普及にも努めました。海外公演やワークショップを開催し、能楽の素晴らしさを世界に発信しました。また、テレビ番組に出演したり、映画や舞台で活躍したりするなど、能楽の枠を超えて活動しました。 観世栄夫は、伝統的な能楽の芸を継承しつつ、新しい表現にも挑戦した多才な能楽師でした。彼の残した功績は、能楽界のみならず、日本の芸能界全体に大きな影響を与えました。
ミュージシャン

松山芳野里 – 大正・昭和時代のテノール歌手

- 松山芳野里の生い立ちと学生時代 松山芳野里は、1897年(明治30年)10月5日、東京府北豊島郡日暮里村日暮里(現・東京都荒川区日暮里)に生まれた。幼少の頃から歌が大好きで、小学校の音楽の授業ではいつも一番に歌っていたという。1911年(明治44年)に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属高等学校)に入学すると、声楽部に所属し、合唱やオペラに出演した。また、この頃から独学で歌を学び始め、音楽雑誌「音楽之友」に投稿して入選を果たすなど、才能を発揮していた。 1917年(大正6年)に東京高等師範学校附属中学校を卒業すると、東京音楽学校(現・東京藝術大学)声楽科に入学した。在学中は、声楽を三木竹二、池内友次郎、関鑑子に師事し、着実に力をつけた。1921年(大正10年)に東京音楽学校を卒業すると、直ちにオペラ歌手としてデビューした。 松山芳野里の学生時代は、大正デモクラシーの時代であり、新しい文化が次々と生まれていた。そんな中で、松山芳野里は、日本のオペラ界をリードするテノール歌手として活躍していったのである。
ミュージシャン

林康子:歌声で世界に響く日本のプリマドンナ

-林康子の生い立ちと音楽との出会い- 林康子は、1924年(大正13年)に東京都に生まれた。幼い頃から音楽に親しみ、5歳の時にピアノを習い始める。12歳の時、声楽家としての才能を見出され、東京音楽学校(現・東京藝術大学)声楽科に入学する。 東京音楽学校在学中は、オペラ歌手としての基礎を学び、卒業後は藤原歌劇団に所属する。1949年(昭和24年)には、藤原歌劇団のオペラ公演でデビューし、その美声と演技力で一躍脚光を浴びる。 1951年(昭和26年)には、イタリアに留学し、ミラノ・スカラ座で研鑽を積む。留学中は、オペラ歌手としての技術を磨き、イタリア語にも堪能になる。 1954年(昭和29年)に帰国後は、藤原歌劇団のプリマドンナとして活躍する傍ら、海外のオペラ公演にも数多く出演する。1959年には、イタリアの名門オペラハウスであるローマ歌劇場に日本人として初めて出演し、大絶賛を浴びる。 その後も、林康子は世界各国のオペラ劇場に出演し、日本のプリマドンナとして活躍し続ける。1972年(昭和47年)には、イタリア政府からカヴァリエーレ(騎士)の称号を授与される。1984年(昭和59年)には、紫綬褒章を受章するなど、その功績は広く認められている。 林康子は、2016年(平成28年)に92歳で亡くなったが、その歌声は今もなお多くの人々に愛され続けている。
ミュージシャン

「立川清登」

立川清登

人生

立川清登は、1932年6月11日に東京都に生まれた。青山学院大学経済学部卒業後、日本航空に入社。その後、日本航空の労働組合の委員長を務めるなど、航空業界の労働運動に尽力した。 1995年、日本航空が経営破綻した際、清登は日本航空再建本部長に就任。日本航空の経営再建に尽力し、2002年に日本航空の経営を黒字に転換させた。 2006年、清登は日本航空の名誉会長に就任した。その後は、航空業界の振興や社会貢献活動に力を注いでいる。 清登は、航空業界の労働運動に尽力し、日本航空の経営再建を成功させた手腕が評価されている。また、清登は、航空業界の振興や社会貢献活動にも積極的で、その功績を称えられている。 2019年、清登は文化勲章を受章した。文化勲章は、文化の向上発展に顕著な功績をあげた個人に授与される賞である。清登は、航空業界の発展に貢献し、日本の文化の発展に寄与したとして、文化勲章を受章した。 清登は、日本の航空業界の発展に貢献した人物として知られている。清登は、日本航空の再建に尽力し、日本航空を再び黒字に転換させた。また、清登は、航空業界の振興や社会貢献活動にも積極的に取り組んでいる。清登は、日本の文化の発展に寄与したとして、文化勲章を受章している。
芸術家

演劇界の巨匠、島次郎の舞台芸術の功績

-島次郎の功績演劇界の巨匠の偉業の再発見- -演劇界の巨匠、島次郎の偉業- * -島次郎の功績- * 島次郎は、近代演劇の発展に大きく貢献した演劇界の巨匠です。 * 1896年、東京に生まれ、1966年、東京で没しました。 * 演劇界における活躍は、多岐にわたり、演出家、演出助手、俳優、劇作家、翻訳家、劇評論家など、幅広い実績を残しました。 * 特に、新劇団体の「自由劇場」を創設し、近代演劇の普及に尽力した功績は、高く称賛されている。 -島次郎の功績演劇界の巨匠の偉業の再発見- * -小見出- 舞台美術家として活躍した島次郎 * 島次郎は、近代演劇の発展において、多岐にわたって活躍した演劇界の巨匠である。 * その多岐にわたる活躍の中でも、特筆すべき功績として、島次郎が、近代演劇の重要な要素である「演劇空間」の創造に大きく貢献したことが挙げられる。 * 島次郎は、演劇を観客に届ける上で、演劇空間は不可欠の要素であると考え、ステージの照明、音響、美術、衣装、小道具、さらには役者自身の動きに至るまで、細部に至るまで総合的に演出することで、演劇空間を作り上げていった。 * 島次郎が創造した演劇空間は、そのリアルさや美しさ、そして、ドラマ性を高める演出で、観客を魅了し、近代演劇の芸術性を高める一翼を担った。 -島次郎は、卓越した演出家としての功績はもちろん、演劇空間の創造にも大きく貢献した、近代演劇の発展に大きく寄与した演劇界の巨匠である。-
エンターテインメント

→ 長門美保

-長門美保の生涯- 長門美保は、1972年1月27日に愛知県名古屋市で生まれた日本の女優です。身長158cm、血液型はO型です。 1990年に芸能界デビューし、1992年に映画『いつかギラギラする日』で主演を務めました。その後、数多くの映画やドラマに出演し、1996年には映画『Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しました。 2000年代以降も女優として活躍を続け、2008年には映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で再び日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しました。2015年には映画『海街diary』で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。 長門美保は、演技力の高さで知られる女優であり、数々の映画賞を受賞しています。私生活では、2005年に俳優の堺雅人と結婚し、2008年に第一子となる女児を出産しました。 2016年、長門美保は乳がんを患っていることを公表しました。その後、治療に専念し、2017年に復帰しました。 2018年、長門美保は映画『万引き家族』に出演し、第71回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞しました。また、同作で第91回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされました。 2019年、長門美保は映画『天気の子』に出演し、第43回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しました。 2020年、長門美保は映画『ミッドナイトスワン』に出演し、第44回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しました。 長門美保は、現在も女優として活躍を続けており、数多くの作品に出演しています。
エンターテインメント

舞踏家高田雅夫の人生とキャリア

-高田雅夫の生い立ちと舞踏との出会い- 1944年、青森県五所川原市に生まれた高田雅夫は、幼少期から舞踏に興味を持っていました。彼は地元の舞踏団の公演を熱心に観賞し、舞踏家の動きや表現力に魅了されていました。やがて、高田雅夫は舞踏を学ぶことを決意し、上京して舞踏家の吉田富三に師事しました。 吉田富三は、当時、日本の舞踏界を牽引する存在であり、高田雅夫は吉田富三から舞踏の基礎を学びました。また、高田雅夫は吉田富三の舞踏作品に出演する機会も得て、舞踏家としての経験を積んでいきました。 1960年代後半、高田雅夫は舞踏家として独立し、独自の舞踏作品を発表し始めました。高田雅夫の舞踏作品は、吉田富三の舞踏とは一線を画すものであり、より前衛的で実験的なものでした。高田雅夫は、舞踏を通して社会問題や人間の存在を表現し、観る者に強いインパクトを与えました。 1970年代、高田雅夫は国際的に活躍する舞踏家となりました。彼は欧米諸国で公演を行い、日本の舞踏を世界に紹介しました。高田雅夫の舞踏は、海外でも高く評価され、多くの舞踏家や芸術家に影響を与えました。 1980年代以降、高田雅夫は舞踏家としてだけでなく、演出家、俳優、映画監督としても活躍するようになりました。彼は、舞踏と演劇を融合した作品を発表したり、映画に出演したりしました。高田雅夫は、舞踏の枠にとらわれない自由な表現活動を続け、日本の舞台芸術界に大きな貢献を果たしました。
ミュージシャン

伊藤武雄(4):昭和時代のバリトン歌手

- 伊藤武雄の生涯と功績 伊藤武雄は、1913年(大正2年)に兵庫県神戸市で生まれた日本のバリトン歌手です。幼い頃から音楽に親しみ、神戸商業大学在学中に声楽を学び始めました。大学卒業後は、東京音楽学校(現在の東京藝術大学)に入学し、声楽を専攻しました。 東京音楽学校卒業後は、オペラの舞台で活躍するようになりました。1938年(昭和13年)に藤原歌劇団に入団し、数多くのオペラに出演しました。その中でも、1940年(昭和15年)に上演されたプッチーニ作曲のオペラ「トスカ」の「スカルピア役」は、伊藤の代表的な当たり役となりました。 1945年(昭和20年)、藤原歌劇団が解散した後は、フリーランスのオペラ歌手として活動しました。1950年(昭和25年)には、サンフランシスコ歌劇場に客演し、大きな成功を収めました。その後も、世界各地のオペラハウスに出演し、その素晴らしい歌唱力で観客を魅了しました。 1963年(昭和38年)に、日本オペラ協会を設立し、オペラの普及に努めました。また、後進の育成にも力を入れ、数多くのオペラ歌手が伊藤の元で学びました。 伊藤武雄は、1999年(平成11年)に85歳で亡くなりました。しかし、その功績は現在も語り継がれています。伊藤のオペラに対する情熱と、その素晴らしい歌唱力は、日本のオペラ界に大きな影響を与えました。
ミュージシャン

入野義朗の音楽人生と作品

-入野義朗の経歴と音楽教育- 入野義朗は、1921年に東京で生まれた作曲家であり、音楽教育者です。1943年に東京音楽学校(現・東京芸術大学)を卒業した後、1949年に渡米し、ジュリアード音楽院で学びました。その後、1951年に日本に帰国し、東京音楽大学で教鞭を執り始めました。 入野は、作曲家として、交響曲、協奏曲、室内楽、歌曲など、幅広いジャンルの作品を作曲しました。彼の作品は、日本の伝統音楽と西洋音楽を融合させた独自のスタイルで知られています。また、音楽教育者としても多くの弟子を育て、日本の音楽界の発展に貢献しました。 入野は、1996年に亡くなりましたが、彼の作品は現在でも演奏され続けています。また、彼の音楽教育の理念は、多くの音楽教育者によって受け継がれています。 -入野義朗の音楽教育の理念- 入野義朗は、音楽教育において、以下の3つのことを重要視していました。 * 音楽の基礎をしっかりと教えること。 * 生徒の創造性を伸ばすこと。 * 音楽の楽しさを伝えること。 入野は、音楽の基礎をしっかりと教えることは、音楽を学ぶ上で最も大切なことであると考えていました。彼は、生徒たちに、ソルフェージュ、楽譜の読み方、楽器の演奏方法などを丁寧に教えました。また、生徒たちの創造性を伸ばすために、作曲や編曲の課題を与えたり、即興演奏をさせたりしました。さらに、入野は、音楽の楽しさを伝えることも大切にしていました。彼は、生徒たちと一緒に合奏や合唱をしたり、音楽会に連れて行ったりしました。 入野の音楽教育の理念は、多くの弟子によって受け継がれています。彼の弟子の中には、作曲家、指揮者、演奏家など、日本の音楽界を代表するアーティストがたくさんいます。
ミュージシャン

「伊藤京子」, 昭和後期-平成時代のソプラノ歌手

-# 原信子らに師事し、昭和24年の音楽コンクールで1位を獲得 伊藤京子は、昭和16年に東京で生まれ、5歳でピアノを始める。昭和21年に東京音楽学校(現・東京芸術大学)に入学し、声楽を原信子、室内楽を服部正に師事する。昭和24年の音楽コンクールで1位を獲得し、昭和26年に東京音楽学校を卒業。 卒業後は、イタリアに留学し、ミラノ・スカラ座で研鑽を積む。昭和28年に帰国後、藤原歌劇団に入団し、同年10月に『蝶々夫人』の蝶々夫人役でオペラデビューを果たす。その後、藤原歌劇団を退団し、フリーランスとして活動。昭和30年にNHK交響楽団の定期演奏会で『第九』を歌い、昭和31年には日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会で『第九』を歌って、絶賛を博す。 昭和32年にイタリーでガンディーニ国際コンクールのオペラ部門で第1位を受賞した。日本のオペラ歌手として、初の国際コンクール優勝である。これをきっかけに、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で「蝶々夫人」の蝶々夫人役でデビュー。メトロポリタン歌劇場では、他にも「トスカ」のトスカ役や「椿姫」のヴィオレッタ役などを歌い、高い評価を得た。 昭和34年には文化庁芸術祭賞を受賞。昭和35年には、NHKの『あなたのメロディー』で「愛の讃歌」を歌い、大ヒットを記録する。昭和36年には、日本芸術院賞を受賞。昭和40年には、勲四等瑞宝章を受章する。 昭和41年に藤原歌劇団に復帰し、昭和42年に『トゥーランドット』のトゥーランドット役を歌って、藤原歌劇団でのオペラデビューを果たす。その後、藤原歌劇団を退団し、再びフリーランスとして活動する。昭和45年に『カルメン』のカルメン役を歌い、昭和46年には『椿姫』のヴィオレッタ役を歌って、高い評価を得る。 昭和47年に逝去。享年52歳。
エンターテインメント

演劇評論家としての野村喬

-野村喬の演劇評論活動- 野村喬は、昭和期を代表する演劇評論家です。1910年、東京都に生まれ、早稲田大学卒業後、演劇評論家として活動を始めました。1946年に演劇雑誌「テアトロ」を創刊し、編集長を務めました。また、読売新聞や朝日新聞で演劇評論を執筆し、日本の演劇評論界を牽引しました。 野村喬の演劇評論は、鋭い洞察力と豊かな知識に支えられており、日本の演劇史に大きな影響を与えました。彼は、日本の伝統演劇である歌舞伎や能楽はもちろん、西洋の演劇にも造詣が深く、幅広い視点から演劇を評論しました。また、新しい演劇運動にも積極的に関わり、小劇場演劇やアングラ演劇を支持しました。 野村喬は、演劇評論家としてだけでなく、演劇教育にも力を入れました。1950年に早稲田大学に演劇学科を開設し、演劇理論や演劇史の講義を担当しました。また、劇団を結成し、舞台演出も行いました。野村喬は、日本の演劇界に多大な功績を残し、1982年に亡くなりました。 野村喬の演劇評論は、今日でも多くの演劇研究者や演劇関係者に読まれています。彼の評論は、日本の演劇史を理解する上で貴重な資料であり、日本の演劇評論界に大きな影響を与えた人物として高く評価されています。