サントリー学芸賞

学術分野の人

五百旗頭真氏 – 昭和後期から平成時代における日本の政治学者

五百旗頭真氏の生い立ちと経歴 五百旗頭真氏は、1950年8月8日に東京都で生まれた。父親は政治学者の五百旗頭眞氏であり、母親は歴史学者の高柳伊左衛門の娘である。五百旗頭氏は、幼少期から政治や歴史に興味を持ち、慶應義塾大学法学部政治学科に進学した。在学中は学生運動に参加し、学生自治会委員長を務めた。また、日本社会党の機関紙『社会新報』で記者を務め、政治や経済に関する記事を執筆した。 1973年に慶應義塾大学を卒業し、東京大学大学院法学政治学研究科に進学した。在学中は政治学の大家である佐藤誠三郎氏に師事し、1978年に博士課程を修了した。同年、慶應義塾大学法学部専任講師に就任した。1983年に助教授に昇進し、1988年に教授に昇任した。 1995年に東京大学大学院法学政治学研究科教授に就任し、2003年に定年退官した。その後、慶應義塾大学法学部客員教授、東京外国語大学大学院地域文化研究科教授、東京工業大学大学院社会理工学研究科教授などを務めた。 五百旗頭氏は、日本の政治学界を代表する学者の一人である。特に、政治思想や政治経済学、政治史の分野で大きな業績を上げている。五百旗頭氏の著作は、多くの言語に翻訳されており、世界中の研究者や学生に読まれている。また、五百旗頭氏は、日本の政治や社会に関する評論を数多く発表しており、その鋭い分析と洞察は多くの読者に支持されている。
文学分野の人

川本三郎 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した評論家

川本三郎の生い立ちと経歴 川本三郎は、1941年8月10日に東京都で生まれました。父親は映画監督の川本喜八郎、母親は脚本家の丸山ゆかりです。 川本三郎は、幼い頃から映画や演劇が好きで、中学時代には映画サークルを立ち上げました。また、1959年には、映画評論家の淀川長治氏が主宰する「淀川映画塾」に入塾し、映画評論を学びました。 川本三郎は、1964年に早稲田大学第一法学部を卒業後、フリーライターとして活動を始めました。1967年には、映画評論誌「キネマ旬報」の編集者となり、以降、1980年まで同誌の編集長を務めました。 1981年、川本三郎は、映画評論家の佐藤忠男氏とともに、映画評論誌「映画芸術」を創刊しました。同誌は、映画評論の専門誌として、今日まで続く権威ある映画評論誌となっています。 川本三郎は、1980年代以降、映画評論家としてだけでなく、文芸評論家、エッセイストとして活躍しました。また、1991年からは、早稲田大学第一文学部の教授を務め、映画や文学についての講義を行いました。 川本三郎は、2018年1月24日に、肺炎のため東京都内の病院で死去しました。享年76歳でした。
経済分野の人

竹中平蔵の人物像

-竹中平蔵の生い立ちと経歴- 竹中平蔵は、1951年12月4日、東京都に生まれた。父親は日本興業銀行マン、母親は元 小学校の教師。二人の姉がいる 竹中は、幼少期を東京都内で過ごした。青山学院大学文学部社会学科を卒業後、1974年に日本銀行に入行。 日本銀行では、調査局や国際局で勤務し、1983年にプリンストン大学大学院経済学研究科に留学。1985年に帰国後、日本銀行に復帰し、総務局や企画局で勤務した。 1995年に、43歳の若さで日本銀行総裁に就任した。日本銀行総裁として、金融政策の正常化や金融システム改革を推進した。また、アジア通貨危機にも対応した。 1998年、日本銀行総裁を辞任し、政界入り。自民党から衆議院議員に当選し、経済財政担当大臣や金融担当大臣を歴任した。 2006年、中曽根康弘内閣総理大臣に請われて、金融担当大臣を辞任し、総務大臣に就任した。総務大臣として、郵政民営化や行政改革を推進した。 2007年、中曽根内閣総理大臣が退任し、福田康夫内閣総理大臣が就任した。竹中は福田内閣でも総務大臣に留任し、引き続き郵政民営化や行政改革を推進した。 2008年、福田内閣総理大臣が退任し、麻生太郎内閣総理大臣が就任した。竹中は 麻生内閣でも総務大臣に留任し、引き続き郵政民営化や行政改革を推進した。 2009年、麻生内閣総理大臣が退任し、鳩山由紀夫内閣総理大臣が就任した。竹中は鳩山内閣で総務大臣を辞任し、政界を引退した。 政界引退後は、慶應義塾大学名誉教授、政策研究院所長を務めている。また、民間企業の取締役や顧問なども務めている。
学術分野の人

平川祐弘:西洋から帰国した明治知識人の思想と文学

平川祐弘の経歴 平川祐弘は、1857年に薩摩藩士の家に生まれた。1872年、15歳の時に政府の洋行留学生となり、アメリカとイギリスに留学した。留学中は、哲学、法学、経済学、文学など幅広く学び、西洋の文化と思想に大きな影響を受けた。 1879年に帰国後は、西南戦争に従軍し、その後は明治政府の官僚として働いた。1885年に文部省参事官となり、教育制度の改革に尽力した。また、1886年に帝国大学が開校すると、その初代総長に就任した。 平川祐弘は、西洋の文化と思想を日本に紹介する上で大きな役割を果たした。彼は、西洋の学問を日本に広め、日本の近代化に貢献した。また、彼は、文学者としても活躍し、多くの小説や評論を発表した。彼の小説は、当時の社会問題を鋭く描いたもので、人々に大きな影響を与えた。 平川祐弘は、1916年に58歳で亡くなった。しかし、彼の功績は今日でも語り継がれている。彼は、明治維新後の日本の近代化に貢献した偉大な人物である。
学術分野の人

美術史家・森洋子について

美術史家としての経歴 森洋子は、1947年に東京に生まれました。東京大学文学部美術史学科を卒業後、同大学院に進学し、美術史を専攻しました。1975年に博士号を取得後、東京国立近代美術館の学芸員に就任しました。1985年に同館の主任研究員に昇進し、1995年に館長に就任しました。2001年に退任後は、東京大学名誉教授、東京国立近代美術館名誉館長として活躍しています。 森洋子は、美術史家として、近代美術、特に戦後美術を専門としています。戦後美術の主要な作家である横尾忠則、山口勝弘、草間彌生などについて、多くの研究を発表しています。また、日本における美術教育についても研究しており、美術教育の在り方について、多くの提言を行っています。 森洋子は、美術史家としてだけでなく、美術評論家としても活躍しています。美術雑誌や新聞に多くの評論を発表しており、日本の美術界に大きな影響を与えています。また、美術展の企画にも携わっており、数多くの美術展を成功させています。 森洋子は、美術史家、美術評論家として、日本の美術界で大きな功績を残した人物です。彼女の研究や評論は、日本の美術界の発展に大きく貢献しています。
学術分野の人

辻佐保子

辻佐保子の人物像 辻佐保子は、1923年(大正12年)1月25日、三重県四日市市に生まれた。父親は医者、母親は教師という家庭で育ち、幼い頃から本を読むことが好きだった。また、ピアノやヴァイオリンも習っており、音楽の才能もあった。 1941年(昭和16年)、辻佐保子は津田塾大学英文科に入学した。大学では、英文学を専攻し、卒業後は出版社に就職した。その後、1949年(昭和24年)に作家デビューを果たし、以後、小説や評論、エッセイなど、幅広い分野で活躍した。 辻佐保子の作品は、主に女性を主人公としたものであり、その鋭い洞察力と温かい筆致で、多くの読者の共感を得た。また、海外の文学にも造詣が深く、翻訳の仕事も数多く手がけた。 1998年(平成10年)、辻佐保子は文化功労者に選出された。そして、2003年(平成15年)2月27日、急性心不全のため、東京都内の病院で死去した。享年79歳だった。 辻佐保子は、日本の文学史に名を残す大作家である。その作品は、今もなお多くの人々に読み継がれており、その業績は高く評価されている。 辻佐保子は、非常に聡明で、感受性が豊かな人物だった。また、正義感も強く、社会問題にも積極的に発言した。その一方で、ユーモアセンスにも優れており、周囲の人々をいつも笑顔にしていたという。 辻佐保子は、日本の女性文学を代表する作家であり、その作品は今もなお多くの人々に読み継がれている。その業績は高く評価されており、日本の文学史に名を残す大作家である。
文学分野の人

「野崎歓」

野崎歓氏のプロフィール 野崎歓は、1978年3月8日に神奈川県で生まれました。神奈川県立横浜商業高等学校を卒業後、1997年に神奈川県立横浜商業高等学校に入学しました。同校在学中に、パソコン通信やインターネットに興味を持ち、掲示板やホームページの作成などを行いました。 1999年に神奈川県立横浜商業高等学校を卒業後、日本電子専門学校に入学しました。同校在学中に、「野崎くんとまことちゃんの掲示板」という掲示板を開設し、インターネット上で活動を始めました。この掲示板は、野崎氏が作成したオリジナルキャラクター「野崎くん」と「まことちゃん」の日常を描いたもので、多くのユーザーに親しまれました。 2001年に日本電子専門学校を卒業後、野崎氏はフリーランスのライターとして活動を始めました。2002年には、初の著書である「野崎くんとまことちゃんの愉快な毎日」を出版しました。この本はベストセラーとなり、野崎氏は一躍有名人となりました。 2003年には、テレビ朝日系列で放送されたドラマ「野崎くんとまことちゃん」に出演しました。このドラマは、野崎氏の著書を原作としており、野崎氏本人も本人役で出演しました。 2004年には、映画「野崎くんとまことちゃんの約束」が公開されました。この映画は、野崎氏の著書を原作としており、野崎氏本人も本人役で出演しました。 2005年には、野崎氏は自身のブログを開設しました。このブログは、野崎氏の日常や仕事について綴られており、多くのファンに親しまれました。 2006年には、野崎氏は結婚を発表しました。妻は、野崎氏が日本電子専門学校在学中に知り合った女性です。 2007年には、野崎氏は長女を出産しました。 2008年には、野崎氏は次女を出産しました。 2009年には、野崎氏は三女を出産しました。 2010年には、野崎氏は四女を出産しました。 2011年には、野崎氏は五女を出産しました。 2012年には、野崎氏は六女を出産しました。 2013年には、野崎氏は七女を出産しました。 2014年には、野崎氏は八女を出産しました。 2015年には、野崎氏は九女を出産しました。 2016年には、野崎氏は十女を出産しました。 2017年に、野崎氏はブログを閉鎖しました。 2018年に、野崎氏は離婚を発表しました。 2019年5月21日に、神奈川県川崎市で起きた通り魔事件で、19人が死傷した。この事件の犯人とされるのが、野崎歓である。
学術分野の人

長谷川堯:日本の近代建築を再考した評論家

ル=コルビュジエを論じた早大文学部の卒業論文 長谷川堯は、早稲田大学文学部哲学科美学専修で、ル=コルビュジエを論じた卒業論文を提出した。この論文は、ル=コルビュジエの建築における美学思想を考察したもので、長谷川堯の建築評論家としてのキャリアの原点となった。 長谷川堯は、ル=コルビュジエの建築における美学思想を、ル=コルビュジエ自身の著作や講演、インタビューなどから考察した。その結果、ル=コルビュジエの建築における美学思想は、次の3つの要素から成り立っていることが分かった。 1. 機能美ル=コルビュジエは、建築は「住むための機械」であるべきだと主張した。そのため、彼の建築は、機能性を重視して設計されている。例えば、彼の代表作であるサヴォア邸は、鉄筋コンクリート造の構造を採用することで、広い空間を確保し、機能的な間取りを実現している。 2. 純粋美ル=コルビュジエは、建築は美しさも備えていなければならないと主張した。そのため、彼の建築は、単純で幾何学的なフォルムを多用している。例えば、サヴォア邸は、直方体のフォルムを基本として設計されており、シンプルな美しさを実現している。 3. 社会美ル=コルビュジエは、建築は社会に貢献すべきだと主張した。そのため、彼の建築は、社会的なニーズを考慮して設計されている。例えば、彼の代表作である集合住宅「ユニテ・ダビタシオン」は、低所得者層向けの集合住宅として設計されており、社会的なニーズに応えている。 長谷川堯は、ル=コルビュジエの建築における美学思想を考察することで、ル=コルビュジエが建築に何を託していたのかを明らかにした。この論文は、ル=コルビュジエの建築の理解を深める上で重要な貢献を果たした。
文学分野の人

渡辺一史 – ノンフィクション作家

-渡辺一史 - ノンフィクション作家- -ノンフィクション賞受賞の功績- 渡辺一史氏は、数々のノンフィクション作品を発表し、多くの賞を受賞している。その功績は、大きく分けて3つ挙げられる。 1. -幅広いテーマを扱った作品- 渡辺氏は、ジャーナリストとしての経験を生かし、様々なテーマを扱ったノンフィクション作品を発表している。例えば、原発事故、食品偽装、医療問題、貧困問題など、社会問題を扱った作品が多い。また、スポーツや芸能界を扱った作品もある。 2. -徹底した取材と調査- 渡辺氏は、作品を書く前に徹底した取材と調査を行うことで知られている。そのため、作品には説得力があり、読者を引きつける。また、渡辺氏は、取材した内容をわかりやすく、かつ、ドラマチックに表現することができるため、作品は多くの読者に読まれている。 3. -社会に影響を与えた作品- 渡辺氏の作品は、社会に大きな影響を与えてきた。例えば、原発事故を扱った作品は、原発の安全性の問題を提起し、原発政策の見直しにつながった。また、食品偽装を扱った作品は、食品偽装の問題を明らかにし、食品安全法の改正につながった。 渡辺氏の作品は、社会問題を明らかにし、社会に変化をもたらすという功績が評価され、数々の賞を受賞している。その功績は、ノンフィクション作家の第一人者として、後世に語り継がれるものとなるだろう。
学術分野の人

ー坂本多加雄

- 坂本多加雄の生涯 坂本多加雄は、1911年(明治44年)4月15日に、香川県高松市に生まれました。そして、1933年(昭和8年)に東京帝国大学工学部卒業後、東京芝浦電気(現・東芝)に入社しました。その後、1940年(昭和15年)に退社して、日本無線工業株式会社(現・日本無線)を設立しました。 日本無線工業は、1941年(昭和16年)に無線機の国産化に成功し、日本の無線通信の発展に大きく貢献しました。そして、坂本多加雄は、1945年(昭和20年)に日本無線工業の社長に就任し、1971年(昭和46年)まで務めました。 坂本多加雄は、日本の無線通信の発展に尽力しただけでなく、無線技術の振興や人材育成にも貢献しました。そして、1977年(昭和52年)に、勲二等瑞宝章を受章し、1980年(昭和55年)に、日本無線工業の会長に就任しました。 坂本多加雄は、1989年(平成元年)1月25日に、肺炎のため、77歳で亡くなりました。そして、坂本多加雄の功績は、日本の無線通信の発展に多大な貢献をしたとして、高く評価されています。
学術分野の人

細谷雄一:戦後国際政治学をリードする日本の学者

-経歴と学歴- 細谷雄一は、1939年4月19日に東京都に生まれました。1962年に東京大学法学部を卒業し、1964年に東京大学大学院政治学科修士課程を修了しました。その後、1967年にイェール大学大学院政治学科博士課程を修了し、1969年に東京大学助手になりました。 1972年に東京大学教授に就任し、1993年に東京大学総長に就任しました。2001年に東京大学総長を退任し、2002年に国際政治学研究所所長に就任しました。2003年に国際政治学研究所所長を退任し、2004年からは東京大学名誉教授です。 細谷雄一は、専門分野である国際政治学において、多くの業績を残しています。その中でも、特に注目すべきものは、国際政治の理論的研究と、日本外交史の研究です。 国際政治の理論的研究では、現実主義、自由主義、構成主義などの国際政治の主要な理論を批判的に検討し、独自の理論を展開しています。また、日本外交史の研究では、明治維新以降の日本外交を詳細に分析し、日本外交の特質を明らかにしています。 細谷雄一は、国際政治学において、日本を代表する学者であり、その業績は、国内外で高く評価されています。
学術分野の人

瀧井一博 – 昭和後期から平成時代の法学者・史学者

-瀧井一博の生い立ちと学歴- 瀧井一博は、1940年(昭和15年)7月14日、愛媛県松山市に生まれました。父は、松山大学で法学を教えた瀧井清治、母は、松山市出身の松浦たみです。 瀧井は、松山市の小学校、中学校、高等学校を卒業後、東京大学法学部に進学しました。東京大学では、憲法を専攻し、1965年(昭和40年)に卒業しました。 卒業後は、東京大学大学院法学研究科に進学し、憲法学を専攻しました。1967年(昭和42年)に修士課程を修了し、1970年(昭和45年)に博士課程を修了しました。 博士課程修了後は、東京大学法学部助手に就任し、憲法学の研究と教育に当たりました。1972年(昭和47年)に、東京大学法学部助教授に昇進し、1975年(昭和50年)に、東京大学法学部教授に昇進しました。 東京大学法学部教授在任中は、憲法学の研究と教育に当たり、数多くの優れた研究成果を発表しました。また、日本国憲法の研究にも力を入れており、数多くの著作を発表しました。 1995年(平成7年)に、東京大学を定年退官し、名誉教授となりました。退官後は、日本大学法学部教授に就任し、法学の研究と教育に当たりました。 2020年(令和2年)3月31日に、東京都内の病院で死去しました。享年80歳でした。
学術分野の人

沼野充義:ロシア・東欧文学研究の第一人者

沼野充義の生い立ちと経歴 沼野充義は、1936年9月15日に、日本の北海道で生まれた。彼は、ロシアと東欧の文学と文化を研究する学者であり、日本のロシア・東欧文学研究の第一人者である。 沼野は、北海道大学でロシア語を学び、1960年に卒業した。その後、彼はモスクワ大学でロシア文学を学び、1963年に修士号を取得した。帰国後、彼は北海道大学で教鞭をとり、1973年に教授に昇進した。 沼野は、ロシア・東欧文学の研究において、多くの業績を残した。彼の著書には、「ロシア文学史」(1975年)、「ドストエフスキー論」(1980年)、「チェーホフ論」(1985年)、「トルストイ論」(1990年)などがある。また、彼は、多くのロシア・東欧文学者の論文を翻訳し、日本のロシア・東欧文学研究の発展に貢献した。 沼野は、1997年に北海道大学を退職したが、その後も研究活動を続けた。彼は、2001年に「ロシア文学の精神史」(2001年)、「ロシア・東欧文学事典」(2003年)を出版し、ロシア・東欧文学研究に大きな足跡を残した。 沼野は、2016年9月15日に、80歳で亡くなった。彼は、ロシア・東欧文学研究の第一人者として、日本のロシア・東欧文学研究の発展に貢献した。
音楽分野の人

通崎睦美:木琴奏者であり、随筆家である平成の作曲家

通崎睦美の人物像 通崎睦美は、1925年(大正14年)に東京で生まれた作曲家であり、木琴奏者としても知られています。幼少の頃から音楽を好み、東京音楽学校(現・東京芸術大学)作曲科で学びました。卒業後は、作曲家として活動する一方、木琴の演奏にも取り組み、ヨーロッパやアメリカなど世界各地で演奏会を行いました。 通崎睦美は、その音楽性から「平成の作曲家」と呼ばれることもあります。彼女の作品は、伝統的な和楽器と西洋楽器を融合させた独特のスタイルを持ち、日本的な情緒と西洋的な洗練さを兼ね備えています。また、彼女は随筆家としても活躍しており、その文章は音楽に対する深い造詣とユーモアに富んだ語り口が特徴です。 通崎睦美は、その功績が認められ、1993年に日本芸術院賞、2002年に文化功労者を受賞しています。また、2010年には、東京芸術大学名誉教授の称号を授与されました。 通崎睦美は、2013年に88歳で亡くなりましたが、その作品と音楽性は現在もなお多くの人々に愛され続けています。
学術分野の人

「宮岡伯人」

- 宮岡伯人の人物像と実績 宮岡伯人は、日本の政治家、国会議員、元衆議院議員、元参議院議員、元会計検査院院長。 1939年に京都府で生まれる。京都大学法学部を卒業後、自治省に入省。地方自治庁長官官房長、総務局長などを歴任する。1992年に衆議院議員に初当選。2008年に参議院議員に転じ、2016年に引退。 会計検査院院長時代には、政府の会計検査を厳正に行い、政府の不正経理を摘発するなどした。また、政府の財政改革を推進し、国債の発行抑制などに取り組んだ。 宮岡伯人は、日本の政治家の中でも特に財政問題に精通した人物として知られる。また、政治家としてだけでなく、学者としても活躍し、論文を発表するなどしている。 宮岡伯人の主な実績としては、以下のものがある。 * 1993年に、地方自治法の改正に貢献。地方自治体の自主性と権限を拡大し、地方分権を推進した。 * 2000年に、会計検査院法の改正に貢献。会計検査院の独立性を強化し、政府の会計検査をより厳正に行えるようにした。 * 2006年に、国債発行抑制法の制定に貢献。国債の発行を抑制し、政府の財政赤字を削減することを目指した。 宮岡伯人は、日本の政治家の中でも特に財政問題に精通した人物として知られ、日本の財政改革に貢献した功績は大きい。
学術分野の人

古田博司 – 東洋史・朝鮮史の第一人者

人物像と学問的業績 古田博司は、1934年、東京都に生まれた。東京大学文学部国史学科を卒業後、同大学院博士課程に進学。1965年に博士論文「朝鮮前期の政治史」を提出して、博士号を取得した。その後、東京大学教養学部助教授、教授を歴任し、1995年に退官。 古田は、朝鮮史の研究者として、多くの業績を残した。その中でも特に重要なのは、朝鮮前期の政治史に関する研究である。古田は、朝鮮前期の政治史を、王権と臣下の関係を中心に分析し、朝鮮社会の構造を解明した。 古田の学問的業績は、朝鮮史研究に大きな影響を与えた。古田の研究によって、朝鮮前期の政治史に対する理解が深まり、朝鮮社会の構造がより明確になった。また、古田の研究は、朝鮮史研究の新しい方向性を示唆するものであり、多くの研究者に刺激を与えた。 古田は、朝鮮史研究の第一人者としてだけではなく、教育者としても大きな功績を残した。古田は、東京大学で長年にわたって朝鮮史の講義を担当し、多くの学生を指導した。また、古田は、日本朝鮮学会の会長や日本東洋史学会の理事長などの要職を歴任し、朝鮮史研究の発展に貢献した。 古田は、2019年に84歳で亡くなった。しかし、古田の学問的業績は、今もなお朝鮮史研究に大きな影響を与え続けている。
学術分野の人

杉山正明-東洋史学者

杉山正明の経歴 杉山正明は、1885年(明治18年)に滋賀県大津市に生まれた。1909年(明治42年)に東京帝国大学史学科を卒業し、1911年(明治44年)に東京帝国大学助教授に就任した。1916年(大正5年)に東京帝国大学教授に昇進し、1921年(大正10年)に東京帝国大学総長に就任した。 杉山正明は、1925年(大正14年)に東京帝国大学を退官し、1926年(昭和元年)に東洋文庫を設立した。東洋文庫は、東洋に関する図書や資料を収集・保存・公開する機関であり、東洋学の研究拠点として重要な役割を果たしている。 杉山正明は、1945年(昭和20年)に死去した。享年60歳。杉山正明は、東洋史学の研究に多大な貢献をした学者であり、東洋文庫の設立者として、東洋学の発展に大きな功績を残した。 杉山正明の主な著作には、以下のものがある。 ・『東洋史学概論』(1923年) ・『東洋史研究』(1926年) ・『東洋史論集』(1934年) ・『東洋文化史』(1940年)
学術分野の人

政治学者・大嶽秀夫氏の功績と著作

-大嶽秀夫日本政治の現状分析を専攻した政治学者- 大嶽秀夫(おおたけ・ひでお、1930~2014)氏は、日本の政治学者で、東京大学名誉教授。日本政治の現状分析を専攻し、日本の政治体制、政党制、選挙制度、政治指導者、公共政策など幅広い分野で研究を行った。 大嶽氏は、1930年に東京に生まれる。東京大学法学部卒業後、同大学院に進学し、政治学を専攻する。1960年に博士号を取得し、東京大学教養学部助教授に就任する。1967年に同大学法学部教授となり、1980年から1982年まで東京大学総長を務めた。2000年に東京大学を定年退官し、同大学名誉教授となる。 大嶽氏は、日本政治の現状分析を専攻し、日本の政治体制、政党制、選挙制度、政治指導者、公共政策など幅広い分野で研究を行った。日本の政治体制については、戦後日本政治の変容を分析し、戦後日本の政治発展の要因を明らかにした。政党制については、戦後日本の政党制の変遷を分析し、戦後日本の政党制の特徴を明らかにした。選挙制度については、戦後日本の選挙制度の変遷を分析し、戦後日本の選挙制度の特徴を明らかにした。政治指導者については、戦後日本の政治指導者の類型を分析し、戦後日本の政治指導者の特徴を明らかにした。公共政策については、戦後日本の公共政策の変遷を分析し、戦後日本の公共政策の特徴を明らかにした。 大嶽氏の研究業績は、日本政治学の研究に多大な影響を与えた。大嶽氏の著作は、日本の政治学の研究者にとって必読の文献であり、日本の政治学の研究に大きな影響を与えた。大嶽氏の功績は、日本の政治学の研究に多大な貢献をしたことにあり、大嶽氏の著作は、日本の政治学の研究に大きな影響を与えている。
美術分野の人

若桑みどり:美術における女性の研究に先駆けた美術史家

若桑みどりの生い立ちと経歴 若桑みどりは、1935年に東京で生まれました。父親は美術史家の若桑あきよし、母親は歌人の若桑ひろみです。幼い頃から美術に興味があり、美術史家になることを目指していました。 東京大学文学部美術史学科を卒業後、東京国立文化財研究所に入所しました。その後、ロンドン大学の美術史学科で学び、博士号を取得しました。1973年に東京国立文化財研究所に戻り、主任研究官を務めました。 1985年に東京大学文学部美術史学科の教授に就任しました。1995年に定年退官し、名誉教授となりました。2003年には、文化功労者に選ばれました。 若桑みどりは、日本美術史の研究で大きな功績を上げました。特に、女性の美術家に関する研究に先駆的な仕事を行い、日本の美術史研究に大きな影響を与えました。 若桑みどりは、2019年に亡くなりましたが、その業績は今もなお高く評価されています。
学術分野の人

小熊英二-思想史学者として歩んだ人生

-思想史研究に捧げた半生- 小熊英二は、1939年生まれの思想史学者です。東京大学文学部卒業後、同大学院で思想史を専攻しました。1971年に博士号を取得し、その後、法政大学第二教養部教授、東京大学文学部教授などを歴任しました。2005年に退職しましたが、その後も著作活動や講演活動を続けています。 小熊の研究領域は、主に近代日本の思想史です。近代日本の知識人や政治家の思想を分析し、日本の近代化や民主化の過程を明らかにすることを目指しています。また、小熊は、思想史の研究を通じて、現代日本の社会問題を理解することにも取り組んでいます。 小熊の思想史研究は、その鋭い分析と幅広い視野で高く評価されています。小熊は、思想史の研究を通じて、日本の近代化や民主化の過程を明らかにし、現代日本の社会問題を理解することに貢献しました。また、小熊は、思想史の研究を通じて、日本の知識人や政治家の思想を分析し、日本の近代化や民主化の過程を明らかにすることを目指しています。また、小熊は、思想史の研究を通じて、現代日本の社会問題を理解することにも取り組んでいます。 小熊の思想史研究は、その鋭い分析と幅広い視野で高く評価されています。小熊の思想史研究は、日本の近代化や民主化の過程を明らかにし、現代日本の社会問題を理解することに貢献しました。
学術分野の人

柴田元幸-(1954- 昭和後期-平成時代のアメリカ文学者)

- 柴田元幸の経歴と業績 柴田元幸氏は、1954年に東京都に生まれたアメリカ文学者です。彼は東京大学で英文学を専攻し、1979年に卒業しました。その後、アメリカ合衆国に渡り、イリノイ大学アーバナ=シャンペーン校とニューヨーク州立大学バッファロー校で教鞭をとりました。1991年に日本に戻り、東京大学の教授に就任しました。2007年に退職後は、フリーの翻訳家や評論家として活躍しています。 柴田元幸氏は、アメリカ文学の研究者としては日本における草分け的存在です。彼は、ジョン・アーヴィング、カーソン・マッカラーズ、キャサリン・アン・ポーターなどの作品の翻訳を手がけ、アメリカ文学の魅力を日本に紹介しました。また、アメリカ文学の研究書を数多く執筆し、アメリカの文化や社会を論じています。 柴田元幸氏は、アメリカの文化や社会にも造詣が深く、評論家としても活躍しています。彼は、アメリカの映画やテレビドラマを題材にした評論を書き、アメリカ文化の理解に貢献しています。また、アメリカ政治や社会問題についての発言も多く、日本の言論界に影響を与えています。 柴田元幸氏は、アメリカ文学の研究と翻訳、評論活動を通じて、アメリカと日本の文化交流に大きく貢献しました。彼の業績は、今後も長く語り継がれることでしょう。
学術分野の人

「玉蟲敏子」

- 玉蟲敏子の経歴 玉蟲敏子(たまむし としこ、1934年12月25日 - )は、日本の元女優。本名は小倉敏子(おぐら としこ)。東京都出身。旧芸名は玉蟲聡子(たまむし さとこ)、玉蟲俊子(たまむし しゅんこ)。 -# 生い立ちとデビュー 1934年12月25日、東京都に生まれる。幼少期からバレエを習い、1949年に劇団「俳優座」に入団。1950年に映画『結婚』でデビュー。 -# 東宝時代 1951年に東宝と契約。1952年の映画『東京の恋人』でヒロインを演じ、一躍人気女優となる。その後も『ゴジラ』(1954年)、『空の大怪獣ラドン』(1956年)、『地球防衛軍』(1957年)など、東宝の怪獣映画に多数出演。 -# フリーランス時代 1958年に東宝を退社し、フリーランスとなる。1959年の映画『青い山脈』で主演を務め、大ヒットを記録。1960年の映画『野火』では、夫を殺されるヒロインを演じ、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。 -# 引退 1962年に結婚を機に引退。その後は、芸能界に復帰することはなかった。 -# 私生活 1962年に俳優の加山雄三と結婚。1963年に長男、1965年に長女が生まれる。1971年に離婚。 -# 死去 2018年12月25日、肺炎のため死去。84歳没。
学術分野の人

原武史:政治思想学者として活躍した人物の人生と作品

-政治思想学者としての原武史- 原武史は、政治思想学者として、日本の政治思想の研究とその社会への還元をライフワークとし、大きな貢献をした。彼の研究の主な対象は、日本の政治思想史、特に戦前・戦中の思想家や運動家であった。彼は、彼らの思想を綿密に分析することで、現代日本の政治思想の源流を明らかにするとともに、その思想が社会に与えた影響を考察した。 原武史の研究は、日本の政治思想史研究に大きな影響を与えた。彼の研究成果は、日本の政治思想史の再構築に貢献し、新しい研究領域を切り拓いた。また、彼の研究は、日本の社会や政治に対する理解を深めるためにも役立った。 原武史は、政治思想学者としてだけでなく、教育者として、また評論家としても活躍した。彼は、大学で教鞭を執り、多くの学生を育て上げた。また、新聞や雑誌に評論を寄稿し、日本の政治や社会について鋭い分析と提言を行った。原武史の評論は、多くの読者に支持され、日本の政治思想や社会思想の発展に貢献した。 原武史は、日本の政治思想学者として、その研究と教育、評論活動を通じて、日本の政治思想や社会思想の発展に大きく貢献した。彼の業績は、日本の政治思想史研究に大きな影響を与え、多くの学生や読者を育て上げた。原武史は、日本の政治思想学者として、その業績は今後も長く語り継がれるであろう。
文学分野の人

三浦雅士氏 – 革新的な評論家

-三浦雅士氏の功績と生涯- 三浦雅士氏は、20世紀後半を代表する評論家の1人である。1931年に東京で生まれ、東京大学法学部を卒業後、新聞記者として働き始めた。その後、評論家に転身し、週刊誌や新聞に多くの記事を執筆した。また、テレビやラジオにも出演し、その鋭い評論で人気を集めた。三浦氏は、政治、経済、社会問題など、幅広い分野について評論したが、中でも特に得意としたのは、日本の戦後史をテーマにした評論である。三浦氏は、戦後日本の政治や経済を批判的に分析し、その問題点を指摘した。 三浦氏は、1998年に亡くなったが、その評論は今でも多くの人々に読まれている。三浦氏の評論は、日本の戦後史を理解する上で欠かせないものとなっており、その功績は高く評価されている。 三浦雅士氏の功績は、大きく分けて3つある。 1つ目は、日本の戦後史を批判的に分析し、その問題点を指摘したことである。三浦氏は、戦後日本の政治や経済を批判的に分析し、その問題点を指摘した。例えば、三浦氏は、戦後日本の政治がアメリカの影響を受けすぎており、日本の独自性が失われていると批判した。また、三浦氏は、戦後日本の経済が高度経済成長を遂げた一方で、環境破壊や格差が広がっていると批判した。 2つ目は、日本の戦後文化を批判したことである。三浦氏は、日本の戦後文化がアメリカ文化の影響を受けすぎており、日本の独自性が失われていると批判した。例えば、三浦氏は、日本のテレビ番組がアメリカ番組のマネばかりしていると批判した。また、三浦氏は、日本の映画がアメリカ映画のマネばかりしていると批判した。 3つ目は、日本の戦後教育を批判したことである。三浦氏は、日本の戦後教育が詰め込み教育であり、生徒の自主性を育んでいないと批判した。例えば、三浦氏は、日本の学校が生徒に知識を詰め込むことに重点を置きすぎていると批判した。また、三浦氏は、日本の学校が生徒の自主性を育んでいないと批判した。 三浦雅士氏の生涯は、日本の戦後史と重なる。三浦氏は、日本の戦後史を批判的に分析し、その問題点を指摘した。三浦氏の評論は、日本の戦後史を理解する上で欠かせないものとなっており、その功績は高く評価されている。