シェイクスピア批評史研究

作家

「中西信太郎」

- 「中西信太郎」 -# 文学者としての経歴 中西信太郎は、1952年に大阪府大阪市に生まれた日本の小説家・翻訳家です。1977年に東京大学文学部国文学科を卒業後、出版社勤務などを経て、1987年に『ヴァージニア・ウルフ』でデビューしました。以降、小説、評論、エッセイなど幅広い分野で活躍しています。 中西信太郎の作品は、主に女性を主人公とした恋愛小説が多く、その繊細な心理描写と美しい文体が特徴です。また、ヨーロッパ文学の翻訳も多く手がけており、とりわけ、イギリスの小説家ヴァージニア・ウルフの作品の翻訳で知られています。 中西信太郎は、これまでに『ヴァージニア・ウルフ』『絹と明察』『天使の季節』など多くの作品を発表し、数々の文学賞を受賞しています。その功績を称え、2015年には紫綬褒章を受章しました。 中西信太郎は、現代日本の文学を代表する作家の一人であり、その作品は多くの人々に愛されています。これからも、彼の活躍に期待が高まります。 -# 主な作品 * ヴァージニア・ウルフ(1987年) * 絹と明察(1992年) * 天使の季節(2000年) * ローマの休日(2005年) * 夏の惑星(2011年) * そして誰もいなくなった(2015年) * 英国王のスピーチ(2018年) -# 受賞歴 * 泉鏡花文学賞(1988年) * 野間文芸賞(1993年) * 読売文学賞(2001年) * 谷崎潤一郎賞(2006年) * 菊池寛賞(2012年) * 紫綬褒章(2015年)