ジャック・ル・マロワ賞

スポーツ分野の人

岡部幸雄:伝説のジョッキーの功績と記録を振り返る

42年のデビューから17年の引退まで、輝かしいキャリアを築いた岡部幸雄 岡部幸雄氏は、1950年2月7日に北海道札幌市で生まれました。1972年にデビューし、日本中央競馬会(JRA)の騎手として活躍しました。岡部氏は、皐月賞、日本ダービー、菊花賞のクラシック三冠を制覇した唯一の騎手です。また、天皇賞(春)、天皇賞(秋)、有馬記念のグランプリを全て制覇した唯一の騎手でもあります。 岡部氏は、1987年に東京優駿(日本ダービー)をサクラスターオーで制し、クラシック三冠を達成しました。この勝利は、岡部氏を日本中の人気者にしました。岡部氏は、その後も名馬に恵まれ、多くのレースで勝利を収めました。 岡部氏は、1989年に香港国際カップをホクトベガで制し、日本馬初の海外G1勝利を達成しました。この勝利は、日本競馬界に大きな衝撃を与えました。その後、岡部氏は1990年に凱旋門賞にレガシーワールドで挑戦するなど、世界に挑戦し続けました。 岡部氏は、2005年に引退するまでに、G1レースを127勝しました。この勝利数は、日本の騎手の中で歴代1位です。岡部氏は、1998年に日本競馬殿堂入りを果たしました。 岡部氏は、引退後も競馬界に貢献し続けています。岡部氏は、2006年に日本調教師会に加盟し、調教師として活躍しています。岡部氏は、2012年にキズナで東京優駿(日本ダービー)を制し、調教師としてクラシック制覇を達成しました。 岡部氏は、日本の競馬界を代表する騎手であり、調教師です。岡部氏の功績は、これからも語り継がれるでしょう。