ジョン=ミュアー

学術分野の人

ー「東良三」1889-1980

ジョン=ミュアーに心酔した東良三 東良三は、1889年に東京で生まれた日本の博物学者、探検家、登山家である。1980年に亡くなった。東は、ジョン=ミュアーの著作に感銘を受けて自然保護運動に参加し、日本の自然保護運動のリーダーの一人となった。 東は、1922年にミュアーの著書「アラスカの旅」を読んで、自然保護運動に参加することを決意した。1925年に、東はミュアーの案内でアラスカを旅行し、氷河や山々を目にし、自然の美しさに感動した。東は、ミュアーから自然保護の大切さを学び、帰国後は、日本の自然保護運動に尽力した。 東は、1927年に日本山岳会に入会し、1931年に日本山岳会の会長に就任した。1934年には、日本初の国立公園である大雪山国立公園の指定に尽力した。また、東は、日本各地の山々を登り、その体験を著書「山の旅」にまとめた。 東は、1937年に日本山岳会の会長を辞任し、自然保護運動に専念した。1940年には、日本自然保護連盟を設立し、その会長に就任した。また、東は、日本各地で自然保護講演を行い、自然保護の大切さを訴えた。 東は、1980年に亡くなったが、その功績は今日でも語り継がれている。東は、日本の自然保護運動のパイオニアであり、その活動は、日本の自然保護運動の発展に大きく貢献した。