スーパー少女プロジェクト

スポーツ分野の人

女子サッカー選手・山根恵里奈

-少女サッカープロジェクトの逸材- 山根恵里奈は、1997年12月21日生まれの女子サッカー選手です。ポジションはMFで、なでしこジャパンにも選出されています。 山根は、小学3年生の時にサッカーを始めました。地元のクラブチームでプレーし、中学時代には静岡県選抜にも選ばれました。高校は静岡県立浜松商業高等学校に進学し、全国高等学校女子サッカー選手権大会に出場しました。 高校卒業後は、日テレ・東京ヴェルディベレーザに入団しました。2016年にはなでしこジャパンに初選出され、同年10月の国際親善試合で国際Aマッチデビューを果たしました。 2018年には、なでしこジャパンのメンバーとしてAFC女子アジアカップに出場し、準優勝に貢献しました。また、同年のなでしこリーグでは、ベストイレブンに選出されました。 2019年には、なでしこジャパンのメンバーとしてFIFA女子ワールドカップに出場し、史上初のベスト8進出に貢献しました。 山根は、少女サッカープロジェクトの逸材として注目されています。スピードとドリブル技術に優れており、決定的なパスやシュートを放つことができます。また、守備でも献身的にプレーする姿が印象的です。 山根は、なでしこジャパンの次世代を担う選手として期待されています。今後の活躍に注目が集まります。