チェーホフ全集

文学分野の人

「秋庭俊彦」

-秋庭俊彦の生涯と業績- 秋庭俊彦は、1915年(大正4年)3月16日に東京府東京市(現在の東京都千代田区)で生まれた。父は秋庭一郎、母は秋庭ちよ。一郎は、日本画家であり、秋庭画塾を主宰していた。秋庭は、4歳から一郎に絵を学び始め、1929年(昭和4年)に東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を卒業後は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)絵画科に入学した。 東京美術学校では、藤島武二に師事し、1935年(昭和10年)に卒業した。卒業後は、東京美術学校助教授となり、1943年(昭和18年)に教授に昇進した。1945年(昭和20年)に、日本美術院同人に推挙され、1946年(昭和21年)には国画院会員となった。1950年(昭和25年)に、東京美術学校を退官し、日本大学芸術学部教授に就任した。1951年(昭和26年)には、日本美術院理事となり、1952年(昭和27年)には国画院理事となった。 秋庭は、1968年(昭和43年)に日本芸術院会員となり、1972年(昭和47年)には文化勲章を受章した。1981年(昭和56年)には、日本美術院院長に就任した。1992年(平成4年)11月28日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。享年77。 秋庭は、日本画の分野において、写実主義を基調とした独自の作風を確立し、高く評価されている。また、教育者としても多くの後進を育て、日本画の発展に貢献した。
文学分野の人

中村白葉:大正・昭和時代のロシア文学者とその功績

中村白葉大正・昭和時代のロシア文学者とその功績 ロシア文学への情熱と生涯を捧げた男 中村白葉(なかむら はくよう、1886-1962)は、大正・昭和時代のロシア文学者、教育者である。日本のロシア文学研究に先駆的な役割を果たし、多くのロシア文学作品を翻訳・紹介した。 中村白葉は、1886年(明治19年)に、福島県に生まれた。1909年(明治42年)に東京帝国大学英文科を卒業後、ロシア文学の研究を志し、1911年(明治44年)にロシアに留学した。ロシアでは、サンクトペテルブルク大学でロシア文学を学び、ロシア文学の第一人者であるアレクサンドル・ベリョーズキン教授のもとで研究を行った。 1914年(大正3年)に帰国後、中村白葉は、東京帝国大学の助教授に就任し、ロシア文学の講義を担当した。1920年(大正9年)には、東京帝国大学教授に昇進し、ロシア文学科の創設に尽力した。中村白葉は、日本のロシア文学研究の第一人者として、多くの学生を指導し、ロシア文学の普及に努めた。 中村白葉は、ロシア文学の研究と教育だけでなく、多くのロシア文学作品を翻訳・紹介した。1917年(大正6年)に、ツルゲーネフの『猟人日記』を翻訳・出版し、1924年(大正13年)には、ドストエフスキーの『罪と罰』を翻訳・出版した。中村白葉は、ロシア文学の翻訳を通して、日本の読者にロシア文学の魅力を伝え、ロシア文学の普及に貢献した。 中村白葉は、1962年(昭和37年)に、東京で亡くなった。中村白葉は、日本のロシア文学研究のパイオニアであり、ロシア文学の普及に多大な貢献をした偉大な学者である。