テザード・ムーン

ミュージシャン

菊地雅章 – ジャズ界に名を馳せたピアニスト

-菊地雅章の生い立ちとジャズへの道- 菊池雅章は、1931年12月4日に東京で生まれた。幼い頃から音楽に興味を持ち、ピアノと作曲を独学で始める。1949年に早稲田大学に入学し、経済学部で学ぶ。在学中にジャズクラブに通い始め、ジャズに魅了される。 1954年に早稲田大学を卒業後、ジャズピアニストとしてプロデビューする。1956年に渡米し、ニューヨークのジャズシーンで活躍する。1960年に初リーダーアルバム「菊池雅章カルテット」を発表し、高く評価される。 1961年にチック・コリア、デイブ・ホランド、バリー・アルトシュルらとフリー・ジャズ・グループ「ニュー・ジャパニーズ・エキスプレッション」を結成する。1963年に初リーダーアルバム「フリー・ジャズ」を発表し、ジャズ界に衝撃を与える。 1964年に帰国し、日本のジャズシーンをリードする。1965年に初リーダーアルバム「ザ・菊池雅章トリオ」を発表し、大ヒットする。1966年に「菊池雅章ビッグバンド」を結成し、精力的な活動を行う。 1970年代以降も、菊地雅章は日本のジャズ界を牽引し続ける。1971年に初リーダーアルバム「マインド・ゲームス」を発表し、1973年には「菊地雅章ビッグバンド」を再結成し、精力的に活動する。 1980年代以降も、菊地雅章は精力的に活動を続ける。1981年に初リーダーアルバム「オリエンタル・ウィンド」を発表し、1983年には「菊地雅章ビッグバンド」を再結成し、精力的に活動する。1987年に初リーダーアルバム「ア・ジョイフル・ノイズ」を発表し、1989年には「菊地雅章 ビッグバンド」を再結成し、精力的に活動する。 菊地雅章は、2020年3月31日に逝去した。享年88歳。菊地雅章は、日本のジャズ界を代表するピアニストであり、その功績は多大なものである。