ビクター

ミュージシャン

– 小畑実

一躍人気歌手へ  1974年、小畑実は「愛のきずな」でデビュー。しかし、最初はヒットに恵まれず、しばらくは下積み生活が続きました。しかし、1976年に発売した「みちづれ」が、オリコンチャートで1位を獲得。この曲が大ヒットしたことで、小畑実は一躍人気歌手となりました。その後も「愛の終着駅」「昔の名前で出ています」など、数々のヒット曲を連発。1980年には、NHK紅白歌合戦に初出場を果たすなど、トップスターの座に上り詰めました。  小畑実の人気の秘訣は、その歌声にあります。彼女の歌声は、透明感があり、かつ力強く、聴く人の心に響きます。また、彼女は演歌だけでなく、ポップスやロックなど、幅広いジャンルの曲を歌いこなすことができます。その多才さも、彼女の人気を支える要因となっています。  小畑実は、現在も精力的に活動しています。毎年、全国各地でコンサートを開催しており、多くのファンを魅了し続けています。また、テレビやラジオ番組にも多数出演し、その人気は衰えることを知りません。  小畑実は、日本の歌謡界を代表する歌手の一人です。彼女の歌声は、多くの人々の心に響き、これからも長く愛され続けることでしょう。
ミュージシャン

昭和の歌手 藤本二三吉の生涯

芸者から歌手へ 藤本二三吉は、1907年(明治40年)に東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)に生まれた。本名は藤本二三男。父は人力車夫、母は芸者であった。 二三吉は幼い頃から歌が好きで、よく母親の三味線に合わせて歌っていた。15歳のとき、芸者として働き始め、芸名を得た。二三吉は芸者として人気を博し、やがて歌手としてデビューする。 二三吉が歌手としてデビューしたのは、1926年(大正15年)のことである。デビュー曲は「虞美人草」で、この曲はヒットして二三吉は一躍人気歌手となった。二三吉はその後も、「島の娘」「浪花の雨」「赤城の子守唄」など数多くのヒット曲を世に送り出した。 二三吉は、艶やかで伸びやかな歌声が特徴の歌手で、その歌は多くの人々に愛された。1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結すると、二三吉はGHQに公職追放された。しかし、二三吉はその後も歌手として活動を続け、1960年(昭和35年)には紫綬褒章を受章した。 二三吉は、1992年(平成4年)に84歳で亡くなった。二三吉の死後も、その歌声は多くの人々に愛され続けている。
作家

詩人 門田ゆたか

-経歴とプロフィール- 門田ゆたか(かどた ゆたか)は、1930年に、日本統治下の朝鮮半島にある京畿道(現ソウル特別市)に生まれた。家族と共に日本に引き揚げた後、1954年に東洋大学文学部国文科を卒業。同年、故郷である京畿道で雑誌『詩人』を創刊する。その後、1957年に詩集『死の賦』で第13回H氏賞を受賞し、一躍注目を集める。1960年には、第二詩集『生の賦』で第7回鮎川信夫賞を受賞。さらに、1963年には、第三詩集『愛の賦』で第10回藤村記念歴程賞を受賞するなど、数々の文学賞を受賞した。 詩人としての活躍に加え、評論家としても活動し、1965年に『現代詩の構想』を上梓するなど、詩論の分野でも大きな功績を残した。また、1969年には、『詩人』の活動拠点として、東京都調布市に詩人の家を開設。その後も精力的に詩作を続け、1975年に詩集『光の賦』で第14回現代詩人賞を受賞。1977年には、詩集『風の賦』で芸術選奨文部大臣賞を受賞するなど、その功績は高く評価されている。 1980年には、詩集『地の賦』で第1回高見順賞を受賞。1983年には、詩集『海の賦』で第1回小野十三郎賞を受賞するなど、受賞歴は枚挙にいとまない。1985年には、詩集『星の賦』で第1回上田三四二賞を受賞。1987年には、詩集『空の賦』で第1回中原中也賞を受賞するなど、その詩業は国内外で広く賞賛された。 1993年には、長年の功績が認められ、紫綬褒章を受章。1996年には、詩集『樹の賦』で第1回鶴岡八幡宮文学賞を受賞。2000年には、詩集『石の賦』で第1回日本詩人クラブ賞を受賞するなど、数多くの栄誉を手にした。 2005年に、詩集『花草の賦』で第1回鮎川信夫記念詩賞を受賞。2008年には、詩集『鳥の賦』で第1回山本健吉文学賞を受賞するなど、その詩作は晩年まで衰えることなく、2010年に80歳で死去するまで、第一線で活躍を続けた。
ミュージシャン

平野愛子:ブルース調の歌手として活躍した昭和歌謡のスター

-平野愛子の生い立ちと音楽への道- 平野愛子は、1935年(昭和10年)10月26日に東京都墨田区に生まれた。幼い頃から歌が好きで、小学校に入ると音楽クラブに入り、積極的に合唱や歌のコンテストに参加していた。15歳の時、日本テレビのオーディション番組「あなたの歌」に出場し、優勝を果たす。これがきっかけでプロ歌手としての道を歩み始める。 1955年(昭和30年)、平野はビクターレコードからデビューシングル「恋はため息」をリリース。この曲は、平野のブルージーな歌声と、切ない歌詞が多くの人の共感を得て、大ヒットを記録した。その後も、「悲しきブルース」「涙のブルース」など、数々のヒット曲を連発し、ブルース調の歌手として昭和歌謡界で不動の地位を築いた。 また、平野は映画にも数多く出演し、女優としても活躍した。1957年(昭和32年)に出演した映画「恋山彦」では、ヒロインの芸者役を好演し、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞している。 1960年代以降も、平野は歌謡界で活躍を続け、多くのヒット曲をリリースした。また、テレビ番組にも多数出演し、その親しみやすい人柄で人気を博した。1990年代になると、歌手活動を休止し、音楽教室を開設して後進の指導に当たった。 平野愛子は、2018年(平成30年)11月19日、東京都内の病院で老衰のため死去した。享年83歳。平野は、ブルース調の歌手として昭和歌謡界を代表する存在であり、その歌声は多くの人々の記憶に残っている。
ミュージシャン

「松尾和子」:昭和後期-平成時代の歌手

-ジャズ歌手への憧憬と音楽の原点- 松尾和子は、1944年に大阪府大阪市で生まれた歌手である。幼い頃からジャズに憧れ、1962年にジャズシンガーとしてデビューした。1960年代には、数々のヒット曲をリリースし、日本を代表するジャズシンガーとなった。 松尾和子のジャズへの憧れは、10歳のときに初めてジャズのレコードを聴いたことに始まる。そのレコードは、ルイ・アームストロングの「What a Wonderful World」だった。松尾和子は、その曲のメロディーと歌詞に魅了され、ジャズ歌手になることを決意した。 1962年、松尾和子はジャズシンガーとしてデビューした。デビュー曲は、サム・クックの「A Change Is Gonna Come」のカバー曲だった。この曲は、大ヒットとなり、松尾和子は一躍人気歌手となった。 1960年代には、松尾和子は数々のヒット曲をリリースした。代表曲には、「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1966年)、「涙の太陽」(1967年)、「今日でお別れ」(1968年)などがある。これらの曲は、いずれもジャズを基調としたポップスで、松尾和子の歌唱力が遺憾なく発揮されている。 1970年代以降も、松尾和子はジャズシンガーとして活躍を続けた。1975年には、ニューヨークのカーネギーホールで公演を行った。また、1980年代には、日本各地でジャズコンサートを開催した。 松尾和子は、2009年に死去したが、その音楽は現在も愛され続けている。彼女のジャズへの憧れと音楽の原点は、彼女の歌声に永遠に刻まれている。
ミュージシャン

作詞家時雨音羽 – 大正・昭和時代のヒットメーカー

出船の港から浪花小唄まで - 時雨音羽の代表作 大正・昭和初期にかけて活躍した作詞家、時雨音羽は、数多くのヒットソングを生み出したヒットメーカーとして知られています。その代表作には、「出船の港」「浪花小唄」「六段の調べ」「長良川艶歌」などがあります。 「出船の港」は、1914年に発表された歌で、海に別れを告げて出港する船員たちの心情を歌ったものです。日本各地の港で歌われ、国民的人気曲となりました。 「浪花小唄」は、1929年に発表された歌で、大阪の街並みと人情を歌ったものです。軽快なメロディーと歌詞が人気を集め、関西のみならず全国的なヒットとなりました。 「六段の調べ」は、1933年に発表された歌で、浄瑠璃の六段目をモチーフにした楽曲です。壮大なメロディーと歌詞が特徴で、ヒット曲となりました。 「長良川艶歌」は、1935年に発表された歌で、岐阜県の長良川を舞台にした恋の物語を歌ったものです。哀愁漂うメロディーと歌詞が人気を集め、ヒット曲となりました。 時雨音羽の代表作は、いずれも時代を超えて歌い継がれている名曲です。その歌詞には、日本人の心情や風景が見事に描かれており、多くの人々に愛され続けています。
エンターテインメント

「暁テル子」:昭和の女優・歌手

-暁テル子の人生とキャリア- 暁テル子は、1916年10月25日に東京で生まれ、1991年10月29日に亡くなった日本の女優、歌手です。本名は「暁テル子」です。 暁テル子は、1935年に松竹蒲田撮影所に入所し、1936年に映画『マリアのお雪』でデビューしました。その後、1940年に東宝に移籍し、1941年に映画『望郷』で主演を務めました。 暁テル子は、1942年に歌手としてデビューし、1943年に「支那の夜」がヒットしました。その後、1944年に「雨のブルース」がヒットし、1945年に「東京ラプソディ」がヒットしました。 暁テル子は、1945年に結婚し、1946年に長男を出産しました。その後、1947年に映画『女優』で主演を務めました。 暁テル子は、1950年代にテレビドラマに多く出演しました。その後、1960年代に映画に多く出演しました。 暁テル子は、1970年代に舞台に多く出演しました。その後、1980年代にテレビドラマに多く出演しました。 暁テル子は、1991年に亡くなりました。享年75歳でした。