ファッション評論家

エンターテインメント

大内順子

- 大内順子 -パリ、ミラノ、ロンドンで活躍する人気モデル- 大内順子は、1997年3月12日生まれ、沖縄県出身のファッションモデル。 身長179cm、スリーサイズはB80cm、W58cm、H83cm。 事務所はIMG Models。 2015年、沖縄の大学に通っていた時にスカウトされ、モデルデビュー。 翌年、パリコレでデビューを果たす。 その後、ミラノコレ、ロンドンコレなど、世界中のファッションショーに出演。 2017年、ルイ・ヴィトンの広告キャンペーンに抜擢され、一躍脚光を浴びる。 現在は、シャネル、ディオール、グッチなど、数々のトップブランドの広告に出演している。 -パリのファッション- パリは、ファッションの都として知られており、毎年、世界中から多くのファッション関係者が集まる。 パリのファッションは、エレガントで洗練されたイメージが特徴。 また、トレンド感も強く、世界中のファッションシーンを牽引している。 パリのファッションショーは、オートクチュールとプレタポルテの2種類がある。 オートクチュールは、高級ブランドが発表する一点ものの服のこと。 プレタポルテは、量産される服のこと。 パリのコレクションは、世界中のファッション関係者が注目する一大イベントである。 -ミラノのファッション- ミラノは、イタリアのファッションの中心地。 ミラノのファッションは、セクシーでグラマラスなイメージが特徴。 また、トレンド感も強く、世界中のファッションシーンを牽引している。 ミラノのファッションショーは、ミラノコレクションと呼ばれる。 ミラノコレクションは、パリコレクションと並ぶ世界三大コレクションの一つである。 ミラノコレクションでは、グッチ、プラダ、ヴェルサーチなど、世界を代表するファッションブランドが新作を発表している。 -ロンドンのファッション- ロンドンは、イギリスのファッションの中心地。 ロンドンのファッションは、パンクやロックなど、ストリートカルチャーの影響を受けたスタイルが特徴。 また、多様性も高く、世界中から様々な人が集まる。 ロンドンのファッションショーは、ロンドンファッションウィークと呼ばれる。 ロンドンファッションウィークは、パリコレクション、ミラノコレクションと並ぶ世界三大コレクションの一つである。 ロンドンファッションウィークでは、バーバリー、アレキサンダー・マックイーン、ヴィヴィアン・ウエストウッドなど、世界を代表するファッションブランドが新作を発表している。
エンターテインメント

酒井美代子 – 昭和時代後期の服飾評論家

-中原淳一の雑誌「それいゆ」の編集に携わった- 酒井美代子は、中原淳一が創刊した雑誌「それいゆ」の初代編集長を務めた。中原淳一は、大正時代に雑誌「少女の友」の表紙画家としてデビューし、昭和時代には「それいゆ」の編集長として活躍したイラストレーターである。酒井美代子は、中原淳一に才能を見出され、「それいゆ」の編集に携わるようになった。 「それいゆ」は、昭和初期の若い女性を対象としたファッション雑誌である。酒井美代子は、中原淳一とともに、「それいゆ」の編集方針を決め、記事の内容やレイアウトを決定していった。また、酒井美代子は、「それいゆ」の表紙や挿絵も手掛けた。 酒井美代子は、「それいゆ」の編集長を務めることで、昭和初期のファッション界に大きな影響を与えた。酒井美代子が編集した「それいゆ」は、昭和初期の若い女性の間で大きな人気を集め、昭和初期のファッション界を牽引した。 酒井美代子は、「それいゆ」の編集長を退任した後も、ファッション評論家として活躍した。酒井美代子は、昭和時代後期に、ファッションに関する著書を多数執筆し、昭和時代後期のファッション界に大きな影響を与えた。