フォト-ノンフィクション

美術分野の人

江成常夫 – 昭和後期から平成時代のフォトジャーナリスト

-江成常夫の経歴と功績- 江成常夫は、1937年生まれで、昭和後期から平成時代のフォトジャーナリストとして活躍しました。数々の写真集を発表し、国際的な写真賞も受賞しています。 江成は、1958年に朝日新聞社に入社し、新聞記者としてキャリアをスタートさせました。1960年代には、ベトナム戦争や日韓条約締結を報道し、その写真が高く評価されました。1970年代には、中東戦争や石油危機を報道し、世界的なフォトジャーナリストとして認められました。 1980年代には、朝日新聞社の論説委員となり、評論活動にも取り組みました。また、1990年代には、フォトジャーナリストの育成に力を入れ、写真学校を創立しました。2000年代にも、写真集を発表するなど、精力的に活動しましたが、2019年に亡くなりました。 江成は、写真を通して社会の矛盾や問題を提起し、人々に考えるきっかけを与えました。また、後進の育成にも力を入れ、フォトジャーナリストのレベル向上に貢献しました。江成の写真は、ジャーナリズムの歴史に残る名作として、今もなお多くの人々に愛されています。 -主な功績- ・ベトナム戦争、日韓条約締結、中東戦争、石油危機などの報道で、国際的な写真賞を受賞。 ・朝日新聞社の論説委員として、評論活動にも取り組み、社会の矛盾や問題を提起。 ・フォトジャーナリストの育成に力を入れ、写真学校を創立。 ・写真集を発表するなど、精力的に活動し、フォトジャーナリズムの歴史に残る名作を数多く残す。