プロレタリア文学運動

作家

胡風-中国の文学・芸術・プロレタリア運動家-その生涯と活躍

胡風の生涯と時代背景 胡風は、1902年に浙江省長興県の裕福な家庭に生まれた。胡風の父は、清朝の官僚であり、母親は、清朝の皇族の出身であった。胡風は、幼い頃から漢詩や中国伝統文学に親しみ、1919年には、五四運動に参加した。その後、胡風は、上海の復旦大学に入学し、文学を専攻した。1923年に、胡風は、日本の東京帝国大学に留学し、経済学と社会学を学んだ。そして、1926年に、上海に戻り、文学活動を開始した。 胡風が文学活動を開始した1920年代の中国は、大きな変化を遂げていた。清朝が滅亡し、中華民国が成立したばかりであり、国内は軍閥が割拠し、政情は不安定であった。また、中国は、欧米列強の帝国主義にさらされており、民族意識が高まっていた。このような時代背景の中で、胡風は、プロレタリア文学運動に参加し、革命文学の創作に励んだ。 1930年代に入ると、胡風は、プロレタリア文学運動の指導者として活躍し、多くの作品を発表した。しかし、1930年代後半になると、胡風は、中国共産党の方針と対立し、プロレタリア文学運動から離脱した。胡風は、その後、上海で雑誌『七月』を創刊し、独自の文学理論を展開した。しかし、1949年に、中華人民共和国が成立すると、胡風は、反革命分子として逮捕され、投獄された。そして、1955年に、胡風は、獄中で死亡した。
作家

– 「宮木喜久雄」

-宮木喜久雄の生い立ちと経歴- 宮木喜久雄は、1903年(明治36年)11月19日に広島県福山市で生まれた。父は宮木喜三郎、母はみや子。5人兄弟の次男で、兄と2人の妹、弟がいた。 1916年(大正5年)に福山尋常小学校を卒業し、広島県立福山中学校に進学。中学校時代は野球部に所属し、投手として活躍した。1922年(大正11年)に福山中学校を卒業し、早稲田大学政治経済学部に進学。大学在学中は野球部に所属し、投手として活躍した。1926年(大正15年)に早稲田大学を卒業。 1927年(昭和2年)に新聞記者として東京朝日新聞に入社。政治部記者として活躍し、政界の裏側をスクープした記事を多数発表した。1937年(昭和12年)に東京朝日新聞を退社し、フリーランスのジャーナリストとして活動を開始した。 1940年(昭和15年)に太平洋戦争が勃発。宮木喜久雄は従軍記者として戦地に赴き、戦争の実相を報道した。1945年(昭和20年)に終戦。宮木喜久雄は戦後、ジャーナリストとして活動を再開し、政界や社会問題を鋭く追及した記事を多数発表した。 1960年(昭和35年)に日本ジャーナリスト会議の会長に就任。1968年(昭和43年)に日本ペンクラブの会長に就任。1970年(昭和45年)に文化功労者に選出された。 1973年(昭和48年)に東京で死去。享年70。
作家

『壺井栄』 戦後文学を代表する作家

瀬戸内海の島で生まれた文学者 壺井栄は、1899年1月4日に広島県の因島に生まれました。因島は、瀬戸内海のほぼ中央に位置する島で、温暖な気候と美しい景観で知られています。壺井栄は、この自然豊かな島で育ち、その後の文学活動に大きな影響を受けました。 壺井栄が文学を志すようになったのは、幼い頃に読んだ『源氏物語』がきっかけでした。『源氏物語』の美しい文章に魅了された壺井栄は、自分もいつか小説家になりたいと考えるようになりました。 壺井栄は、1918年に東京女子高等師範学校に入学しました。東京女子高等師範学校は、当時の女性にとって最高峰の教育機関であり、壺井栄はここで文学を本格的に学びました。 壺井栄は、1921年に東京女子高等師範学校を卒業した後、広島県の小学校に教師として赴任しました。しかし、壺井栄は教師としての仕事にあまり興味がなく、文学活動に専念したいと考えていました。 1925年、壺井栄は教師を辞めて上京し、作家の道を志しました。壺井栄は、小説を書きながら文芸雑誌の編集者として働き、文学活動に励みました。 1930年、壺井栄は『二十四の瞳』を発表しました。『二十四の瞳』は、瀬戸内海の島を舞台にした小説で、島の子供たちと小学校の教師の交流を描いています。『二十四の瞳』は、大好評を博し、壺井栄を一躍有名にしました。 『二十四の瞳』の成功後、壺井栄は精力的に小説を執筆し続けました。壺井栄の作品は、瀬戸内海の島を舞台にしたものが多く、島の自然や人々を温かく描いた作品が多いです。 壺井栄は、1967年に脳卒中で倒れ、1968年に亡くなりました。享年69。壺井栄は、日本の文学史に名を残す偉大な作家であり、その作品は今も多くの人々に愛されています。
作家

平野謙 – 文学における政治主義を批判した評論家

-プロレタリア文学運動から近代文学の創刊へ- 平野謙は、1907年に東京府に生まれました。1928年に東京帝国大学文学部国文学科に入学し、1931年に卒業しました。在学中はプロレタリア文学運動に参加し、1929年に「プロレタリア文学」を創刊しました。しかし、1931年にプロレタリア文学運動は弾圧を受け、「プロレタリア文学」も廃刊となりました。 平野謙は、プロレタリア文学運動の弾圧を受けて、文学における政治主義を批判するようになりました。1932年に「近代文学」を創刊し、文学の純粋性を主張しました。近代文学は、政治や思想に左右されずに、文学の芸術性を追求する文学雑誌でした。 近代文学は、文学における政治主義を批判し、文学の純粋性を主張したことで、当時の文学界に大きな影響を与えました。近代文学は、日本の近代文学史において重要な位置を占める雑誌です。 平野謙は、近代文学を創刊しただけでなく、文学評論家としても活躍しました。平野謙は、文学における政治主義を批判し、文学の純粋性を主張する評論を数多く発表しました。平野謙の評論は、文学界に大きな影響を与え、日本の近代文学の発展に貢献しました。
政治家・活動家

「中西伊之助」

大見出し 中西伊之助 小見出し 中西伊之助の生涯-労働運動家から小説家へ 中西伊之助は、1884年1月に兵庫県神戸市に生まれました。小学校卒業後は、印刷工として働き始め、労働運動に参加しました。1906年には、社会主義団体である日本社会党に入党し、1907年には、日本労働総同盟の創立に参加しました。1910年には、赤旗事件で検挙され、1911年には、不敬罪で起訴されました。1912年には、大逆事件で検挙され、1915年には、死刑判決を受けました。しかし、1919年に恩赦で釈放されました。 1920年には、小説家としてデビューし、1921年には、代表作である『蟹工船』を発表しました。『蟹工船』は、蟹工船で働く労働者の過酷な労働条件を描いた小説であり、大きな反響を呼びました。 1922年には、日本プロレタリア文学同盟の創立に参加し、1923年には、日本プロレタリア芸術連盟の創立に参加しました。1924年には、治安維持法で検挙され、1925年には、不敬罪で起訴されました。1926年には、大逆事件で再び検挙され、1928年には、死刑判決を受けました。しかし、1930年に恩赦で釈放されました。 1931年には、日本プロレタリア作家同盟の創立に参加し、1932年には、日本プロレタリア文化連盟の創立に参加しました。1933年には、治安維持法で再び検挙され、1934年には、不敬罪で起訴されました。1935年には、大逆事件で三度目にして最期に検挙され、1937年に死刑判決を受けました。そして翌年の1938年に刑が執行され、54歳でその生涯を閉じました。 中西伊之助は、大正デモクラシー期に活躍した労働運動家であり、小説家です。社会主義者として、労働者の権利のために闘い、また、作家として、労働者の過酷な労働条件を描いた小説を発表しました。その作品は、日本の労働運動の歴史を語る上で重要な資料となっています。
作家

青野季吉→ 文芸評論家としての実績と影響

大見出し 青野季吉→ 文芸評論家としての実績と影響 青野季吉の初期の経歴と教育 青野季吉は、1894年に東京で生まれました。父は外交官で、母は歌人でした。季吉は幼い頃から文学に興味を持ち、早稲田大学で国文学を専攻しました。大学卒業後は、出版社に勤務しながら文芸評論活動を始めました。 季吉の初期の評論活動は、主に短歌や俳句に関するものでした。彼は、短歌は「抒情詩」であるべきであり、俳句は「写生詩」であるべきだと主張しました。また、季吉は、文学は人生を豊かにし、社会をよりよくするために役立つものであるべきだと考えていました。 季吉の初期の評論活動は、文芸批評界に大きな影響を与えました。彼は、短歌や俳句に関する新しい見方を提示し、文学の社会的役割について深く考察したからです。季吉の評論は、多くの作家や読者に刺激を与え、日本の文学の発展に貢献しました。 季吉は、1923年に発表した「短歌の本質」で、短歌は「抒情詩」であると主張しました。彼は、短歌は感情や心情を直接的に表現した詩であり、その美しさは「もののあはれ」にあると述べました。季吉のこの主張は、それまでの短歌観を大きく変えるものでした。それまでは、短歌は「和歌」の一種であり、その本質は「幽玄」であると考えられていました。季吉の主張は、短歌は「抒情詩」であるという新しい見方を提示し、日本の短歌の発展に大きな影響を与えました。 季吉は、1924年に発表した「俳句の本質」で、俳句は「写生詩」であると主張しました。彼は、俳句は自然をありのままに写した詩であり、その美しさは「さび」にあると述べました。季吉のこの主張は、それまでの俳句観を大きく変えるものでした。それまでは、俳句は「風流」な遊びの一種であり、その本質は「花鳥風月」にあると考えられていました。季吉の主張は、俳句は「写生詩」であるという新しい見方を提示し、日本の俳句の発展に大きな影響を与えました。