プロ野球選手

スポーツ分野の人

青木宣親 野球界のレジェンド

青木宣親の生い立ちと経歴 青木宣親は、1982年1月26日に北海道札幌市で生まれました。父親は会社員、母親は主婦。姉と弟がいます。青木が野球を始めたのは、小学1年生の時です。地元の少年野球チームに入り、すぐに頭角を現しました。中学時代は、札幌白石リトルシニアでプレー。高校は、北海道栄高等学校に進学しました。 高校時代は、甲子園出場を経験することはできませんでしたが、ドラフト会議でヤクルトスワローズから1位指名を受けて、プロ野球選手となりました。2005年に一軍デビューを果たすと、すぐにレギュラーに定着。強打と俊足を武器に、2007年には盗塁王、2008年には首位打者を獲得しました。2009年には、WBC日本代表にも選出されました。 2012年オフに、ポスティングシステムを利用してMLBのミルウォーキーブルワーズに移籍。MLBでは、5年間プレーし、通算打率.292、17本塁打、180打点を記録しました。2017年に、ヤクルトスワローズに復帰し、2018年には打率.322、20本塁打、108打点を記録して、最多安打のタイトルを獲得しました。 2020年オフに、埼玉西武ライオンズに移籍。2021年は、打率.276、15本塁打、66打点を記録し、チームのリーグ優勝に貢献しました。2022年は、打率.289、15本塁打、69打点を記録し、チームの2連覇に貢献しました。 青木は、抜群の打撃技術と俊足を持ち、日本の野球界を代表する選手の一人です。2022年シーズン終了時点で、通算打率.302、243本塁打、1152打点を記録しています。
スポーツ分野の人

松木謙治郎:野球史に名を残す功績

-松木謙治郎の功績と生涯- 松木謙治郎は、1884年(明治17年)11月11日に埼玉県で生まれた。旧制早稲田大学高等予科を経て、1906年(明治39年)に早稲田大学予科に入学。在学中に野球部に所属し、1907年(明治40年)の第1回早慶戦に出場。その後、1911年(明治44年)に大学を卒業し、毎日新聞社に入社した。 毎日新聞社に入社後は、野球記者として活躍。1913年(大正2年)に、東京六大学の野球リーグ戦である早慶戦の速報を初めて新聞に掲載した。また、1915年(大正4年)には、日本初の野球専門誌『野球界』を創刊。この雑誌は、日本の野球界の発展に大きく貢献した。 1920年(大正9年)には、毎日新聞社の運動部部長に就任。1921年(大正10年)には、日本野球連盟の設立に尽力し、初代事務局長に就任した。日本野球連盟は、日本の野球界を統括する組織であり、松木は日本の野球界の発展に大きな役割を果たした。 松木は、1934年(昭和9年)に毎日新聞社を退社。その後、1936年(昭和11年)に、日本オリンピック委員会の専務理事に就任。1940年(昭和15年)には、東京オリンピックの組織委員会会長に就任した。しかし、東京オリンピックは日中戦争の激化により中止となった。 松木は、1946年(昭和21年)に、公職追放となり、野球界から遠ざかった。しかし、1951年(昭和26年)に、公職追放が解除となり、野球界に復帰。1952年(昭和27年)には、日本野球連盟の会長に就任。1956年(昭和31年)には、日本プロ野球のコミッショナーに就任した。 松木は、1965年(昭和40年)に野球殿堂入りを果たした。1975年(昭和50年)には、勲三等旭日中綬章を受章。1981年(昭和56年)に、日本野球連盟の初代会長に就任。1984年(昭和59年)に、99歳で死去した。
スポーツ分野の人

白木義一郎-戦後日本に多大な貢献を果たした野球選手、政治家

白木義一郎の功績 白木義一郎は、日本プロ野球の黎明期に活躍した野球選手・監督であり、後に政界に進出して文部大臣、運輸大臣、建設大臣を歴任した政治家である。戦後日本の復興と発展に多大な貢献を果たした人物として知られている。 野球選手としての功績 白木は、1908年(明治41年)に愛知県に生まれ、愛知県立名古屋商業高等学校(現・名古屋市立名古屋商業高等学校)に進学して野球部に入部した。1927年(昭和2年)、名古屋商を卒業して東京帝国大学(現・東京大学)に進学し、東京六大学野球リーグで活躍した。1931年(昭和6年)に東京帝大を卒業して読売ジャイアンツに入団し、1934年(昭和9年)までプレーした。 白木は、俊足巧打のセンターとして活躍し、2度のリーグ優勝と1934年の日本一に貢献した。また、1936年(昭和11年)のベルリンオリンピックに出場し、銀メダルを獲得している。 監督としての功績 1935年(昭和10年)、白木は読売ジャイアンツの監督に就任した。チームは2年連続のリーグ優勝を果たし、1936年には再び日本一に輝いた。白木は、監督としても優秀な手腕を発揮し、日本プロ野球の発展に貢献した。 政治家としての功績 1946年(昭和21年)、白木は政界に転身し、衆議院議員に当選した。文部大臣、運輸大臣、建設大臣などを歴任し、戦後日本の復興と発展に尽力した。白木は、特に教育政策に力を入れ、学校教育の充実やスポーツ振興に尽力した。 白木は、1968年(昭和43年)に死去したが、日本の野球界と政界に多大な功績を残した人物として、現在でも多くの人々から尊敬されている。
スポーツ分野の人

「金子千尋」

-生い立ちと経歴- 金子千尋は、1995年4月1日に東京都で生まれた。幼い頃から音楽が好きで、3歳からピアノを習い始める。小学校4年生の時に、テレビで見た「全国童謡コンクール」に出場し、優勝を果たす。これをきっかけに、本格的に音楽の道を志すようになる。 中学校卒業後は、東京音楽大学に進学。声楽を専攻し、同時にピアノや作曲も学ぶ。大学在学中に、音楽コンクールに多数出場し、入賞を果たす。また、大学在学中に、NHKの「のど自慢」に出演し、グランプリを受賞する。 大学卒業後は、音楽事務所に所属し、歌手としてデビューする。2017年に、シングル「あなたがいるから」でメジャーデビューを果たす。その後、「君といたい」や「愛してる」など、数々のヒット曲をリリースする。 2020年には、NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。紅白歌合戦への出場は、歌手にとって大きな栄誉であり、金子千尋にとっても、大きなターニングポイントとなった。 現在、金子千尋は、精力的に歌手活動を行っている。コンサートツアーを開催したり、テレビ番組に出演したりするなど、多方面で活躍している。また、作曲家としても活動しており、他のアーティストに楽曲を提供している。
スポーツ分野の人

鈴木啓示

-鈴木啓示 草魂を胸に生きたプロ野球選手- 鈴木啓示は、1954年8月9日に香川県高松市で生まれた元プロ野球選手です。現役時代は、投手として中日ドラゴンズ、横浜ベイスターズ、阪神タイガースで活躍しました。 鈴木啓示は、香川県立高松商業高等学校時代から甲子園大会に出場するなど、その才能を高く評価されていました。1973年のドラフト会議で、中日ドラゴンズから1位指名を受けて入団しました。 鈴木啓示は、1975年に一軍デビューを果たすと、すぐに先発ローテーションに定着しました。1977年には、14勝15敗、防御率2.99の成績を残して、最優秀防御率のタイトルを獲得しました。また、1978年には、16勝14敗、防御率2.69の成績を残して、沢村賞に輝きました。 鈴木啓示は、1980年に横浜大洋ホエールズに移籍しましたが、1983年に中日ドラゴンズに復帰しました。1984年には、19勝10敗、防御率2.72の成績を残して、最多勝利のタイトルを獲得しました。また、1985年には、18勝8敗、防御率2.83の成績を残して、最優秀防御率のタイトルを再び獲得しました。 鈴木啓示は、1988年に阪神タイガースに移籍しましたが、1990年に引退しました。通算成績は、213勝170敗、防御率3.18でした。 鈴木啓示は、草魂を胸に生きたプロ野球選手でした。その闘志溢れるピッチングは、多くのファンを魅了しました。また、鈴木啓示は、チームメイトからの信頼も厚く、まさにチームの顔でした。 鈴木啓示は、引退後も、野球解説者として活躍しています。また、2013年には、野球殿堂入りを果たしました。
スポーツ分野の人

加藤英司 – 巧打の一塁手として活躍した昭和時代のプロ野球選手

-昭和時代のプロ野球選手としての加藤英司- 加藤英司は、1926年(大正15年)1月1日に愛知県名古屋市に生誕しました。愛知県立名古屋商業高等学校を卒業後は、中央大学に進学。大学時代からその打撃センスには定評があり、1950年に広島カープに入団。背番号10で入団を果たしました。 加藤は、1年目から一軍で起用され、主に四番打者として活躍しました。打撃成績は、打率.293、本塁打24本、71打点の成績を残し、新人王を獲得しました。翌年も打撃は好調を維持し、打率.315、本塁打25本、80打点の成績を残しました。 しかし、その後はケガに悩まされるようになり、成績が下降線たどりました。1956年に惜しくも現役を引退しました。 加藤は、引退後も広島カープのスカウトとして活躍しました。川口和久、高木豊、前田智徳など、多くの好選手を獲得し、広島カープの黄金期を支えました。 加藤は、2009年(平成21年)1月14日に死去されました。享年82歳でした。 加藤は、巧打の一塁手として活躍した昭和時代のプロ野球選手です。新人でいきなり四番打者を任され、打撃タイトルも獲得するなど、その打撃センスは折り紙つきでした。しかし、ケガに悩まされるようになり、期待に応えることができませんでした。それでも、広島カープの黄金期を支えるスカウトとして活躍し、野球界に貢献しました。
スポーツ分野の人

「玖也」(⇒松山玖也(まつやま-きゅうや))について

松山玖也のプロフィール 松山玖也は、1995年1月15日生まれ、大阪府出身の俳優です。身長183cm、体重68kg。所属事務所は、ホリプロです。 2014年に、ドラマ「水球ヤンキース」で俳優デビューを果たしました。その後、ドラマ「ゆとりですがなにか」「僕たちがやりました」「過保護のカホコ」「コンフィデンスマンJP」などに出演し、注目を集めました。 2019年には、映画「キングダム」に出演し、一躍ブレイク。その後も、映画「今日から俺は!!劇場版」「砕け散るところを見せてあげる」「東京リベンジャーズ」などに出演し、人気俳優の仲間入りを果たしました。 松山玖也は、端正なルックスと爽やかな笑顔が特徴の俳優です。また、演技力も高く、幅広い役柄を演じこなすことができます。今後も、活躍が期待されています。 松山玖也が出演した主な作品は以下の通りです。 * ドラマ「水球ヤンキース」(2014年) * ドラマ「ゆとりですがなにか」(2016年) * ドラマ「僕たちがやりました」(2017年) * ドラマ「過保護のカホコ」(2017年) * ドラマ「コンフィデンスマンJP」(2018年) * 映画「キングダム」(2019年) * 映画「今日から俺は!!劇場版」(2020年) * 映画「砕け散るところを見せてあげる」(2021年) * 映画「東京リベンジャーズ」(2021年)
スポーツ分野の人

南海ホークスを「村田兆治」の速球がひねり潰した!

-曲がらない速球。- 村田兆治の速球は、そのスピードだけでなく、その伸びやキレも素晴らしいものでした。ボールは打者の手元までグングンと伸びてきて、最後の瞬間にシュート回転して打者の手元から消えていくのです。このため、打者は村田兆治の速球を捉えることができず、三振の山を築くことになりました。 村田兆治の速球は、その速さだけでなく、その変化球もまた一級品でした。特に、シンカーとスライダーは、打者にとって脅威の存在でした。シンカーは、右打者の内角に食い込むようにしてくる変化球で、打者はバットに当てることすらできませんでした。スライダーは、右打者の外角に逃げていく変化球で、打者は空振りするか、凡打に終わることがほとんどでした。 村田兆治の速球と変化球は、打者にとってまさに天敵でした。村田兆治が登板する試合では、打者はバットを振ることすらできず、三振の山を築くことになりました。村田兆治は、まさに投手として最高の存在であり、その速球と変化球は、打者にとって悪夢のような存在でした。
スポーツ分野の人

大野豊:プロ野球界のレジェンド

-草野球で活躍の後にプロへ、多彩な変化球の使い手- 大野豊氏は、1958年に静岡県静岡市で生まれ、草野球チームで活躍した後、1981年にドラフト4位で中日ドラゴンズに入団しました。その後、1990年に横浜ベイスターズに移籍し、1994年に現役を引退しました。 右サイドスローから、多彩な変化球を使ったピッチングが特徴的な投手でした。特に、フォークボールとスプリットフィンガード・ファストボールは、大野氏の代名詞とも言える決め球でした。 大野氏は、中日ドラゴンズ在籍時の1985年に、22勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得しました。また、1987年には、11勝で最多勝と最優秀防御率のタイトルを同時に獲得しました。横浜ベイスターズ在籍時の1991年には、16勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得しました。 大野氏は、通算155勝を挙げており、これは歴代14位の成績です。また、通算1902奪三振は、歴代15位の成績です。 大野氏は、1999年に中日ドラゴンズの監督に就任し、2002年まで監督を務めました。監督時代には、2001年にリーグ優勝を果たしました。 大野氏は、2004年1月に野球殿堂入りを果たしました。
スポーツ分野の人

– 隆志:「北村隆志」について

-北村隆志のプロフィール- 北村隆志は、日本のサッカー選手であり、現在はJリーグ・セレッソ大阪に所属している。1993年5月19日生まれ、鹿児島県出身。ポジションはディフェンダー。 北村隆志は、鹿児島城西高等学校を経て、2012年にセレッソ大阪に入団。当初は出場機会に恵まれなかったが、2014年にレギュラーに定着し、チームのJ1昇格に貢献した。2015年は、セレッソ大阪のJ1優勝に貢献し、自身もリーグ戦34試合に出場して1ゴールを挙げた。 2016年、北村隆志はベルギーのシントトロイデンVVに期限付き移籍した。シントトロイデンVVでは、2016-17シーズンのリーグ戦30試合に出場して1ゴールを挙げ、チームのリーグ優勝に貢献した。2017年にセレッソ大阪に復帰し、2018年もリーグ戦34試合に出場して1ゴールを挙げ、チームのJ1優勝に貢献した。 2019年、北村隆志はロシアのFCロストフに期限付き移籍した。FCロストフでは、2019-20シーズンのリーグ戦19試合に出場したが、チームはリーグ16位に終わり、2部リーグに降格した。2020年にセレッソ大阪に復帰し、現在はチームの主力ディフェンダーとして活躍している。 北村隆志は、日本代表にも選出されており、2018年のキリンチャレンジカップに初出場した。現在は、日本代表のレギュラーとして活躍している。
スポーツ分野の人

「清原和博」-昭和後期-平成時代のプロ野球選手

-PL学園で甲子園に出場し活躍- 清原和博は、1985年の全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に出場し、4番打者、投手として活躍してチームを準優勝に導いた。 この大会の清原は、打撃では打率.529、本塁打2本、12打点を記録し、大会最優秀選手に選ばれた。また、投手としても登板し、3試合に登板して防御率1.80を記録した。 清原の活躍で、PL学園は準決勝に進出したが、決勝戦で横浜商業高校に敗れ、準優勝に終わった。しかし、清原の活躍はプロ野球のスカウトの目に留まり、ドラフト会議で西武ライオンズから1位指名を受けた。 清原は西武ライオンズに入団後も、1年目からレギュラーとして活躍し、ルーキーイヤーに17本塁打、68打点を記録して新人王を獲得した。その後も、清原は西武ライオンズの中心打者として活躍し、日本シリーズ優勝に貢献した。 清原は、1997年に巨人へ移籍した後も、活躍を続け、通算2000本安打、525本塁打、1319打点を記録して引退した。また、清原は、オリンピック、ワールドカップなど日本代表として国際大会にも出場し、活躍した。 清原は、甲子園で活躍してプロ野球選手となっただけでなく、プロ野球でも活躍して、数々の記録を残したレジェンドである。
スポーツ分野の人

ダルビッシュ有の歴史

# ダルビッシュ有の歴史 - ダルビッシュ有の生い立ちと経歴 ダルビッシュ有は、1986年8月16日に大阪府羽曳野市で生まれた。父親はイラン人で、母親は日本人である。ダルビッシュは幼い頃から野球を始め、小学3年生の時に地元の少年野球チーム「羽曳野リトルスターズ」に入団した。 中学時代には、大阪狭山市立狭山中学校の野球部に所属した。ダルビッシュは中学時代から頭角を現し、大阪府大会でベスト4に進出した。 高校時代には、東北高等学校に進学した。ダルビッシュは高校時代から全国屈指の投手として注目を集め、甲子園大会には3年連続で出場した。3年夏には、甲子園大会で準優勝を果たした。 高校卒業後は、北海道日本ハムファイターズに入団した。ダルビッシュは入団1年目から活躍し、最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振の投手三冠を獲得した。2007年には、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表にも選出された。 2012年には、テキサス・レンジャーズにトレード移籍した。ダルビッシュはレンジャーズでも活躍し、オールスターゲームに3度選出された。 2017年には、シカゴ・カブスにトレード移籍した。ダルビッシュはカブスでも活躍し、2018年にはワールドシリーズ制覇を経験した。 2020年には、サンディエゴ・パドレスにトレード移籍した。ダルビッシュはパドレスでも活躍し、2022年にはメジャーリーグ最多の19勝を挙げた。 ダルビッシュは、メジャーリーグで通算203勝を挙げ、オールスターゲームに6度選出された。また、WBCには3度出場し、2009年と2013年の2大会で優勝を果たした。 ダルビッシュは、日本とメジャーリーグで活躍した偉大な投手である。
スポーツ分野の人

新井宏昌 – 昭和後期から平成時代のプロ野球選手

-PL学園のスター選手から南海ホークスへ- 新井宏昌は、1982年にPL学園高等学校を卒業し、南海ホークスに入団した。PL学園時代は、4番打者として活躍し、1980年には夏の甲子園大会で優勝している。新井は、南海ホークスに入団後すぐに一軍に昇格し、1年目からレギュラーとして活躍した。1983年には、打率.300、27本塁打、80打点を記録して、パ・リーグの新人王を獲得した。新井は、南海ホークスで6シーズンプレーし、通算打率.285、106本塁打、456打点を記録した。 1988年、新井は南海ホークスから西武ライオンズに移籍した。西武ライオンズでは、主に外野手として出場し、1990年にはリーグ優勝に貢献した。新井は、西武ライオンズで2シーズンプレーし、通算打率.257、22本塁打、70打点を記録した。 1990年、新井は西武ライオンズから読売ジャイアンツに移籍した。読売ジャイアンツでは、主に代打として出場し、1991年には日本シリーズ優勝に貢献した。新井は、読売ジャイアンツで2シーズンプレーし、通算打率.246、3本塁打、11打点を記録した。 1992年、新井は読売ジャイアンツから中日ドラゴンズに移籍した。中日ドラゴンズでは、主に代打として出場し、1993年にはセ・リーグ優勝に貢献した。新井は、中日ドラゴンズで2シーズンプレーし、通算打率.260、1本塁打、11打点を記録した。 1994年、新井は中日ドラゴンズを退団した。新井は、12年間のプロ野球生活で、通算打率.272、132本塁打、549打点を記録した。
スポーツ分野の人

「若松勉」-小さな大打者

北海道出身・北海高卒のプロ野球選手 北海道出身で北海高等学校を卒業したプロ野球選手は数多く存在します。その中でも今回は、北海道が生んだ小さな大打者として知られる若松勉選手についてご紹介します。 若松勉選手は、1953年8月19日生まれの北海道苫小牧市出身です。北海高等学校卒業後、1971年にドラフト外で広島東洋カープに入団しました。 若松選手は、身長172cm、体重75kgと小柄な体型でしたが、その身体からは想像もつかないほどの打撃力を誇っていました。1975年に初めて打率3割を達成し、その後もコンスタントに3割以上の打率を残しました。また、1977年には、当時の球団記録であるシーズン4本塁打を放ちました。 若松選手は、1980年に読売ジャイアンツに移籍しました。ジャイアンツでは、主に代打として活躍しましたが、1981年にはリーグ優勝に貢献し、日本シリーズにも出場しました。 若松選手は、1985年に現役を引退しました。通算成績は、1423試合出場、1185安打、155本塁打、685打点、打率.288でした。 若松選手は、小柄ながら長打力も兼ね備えた打者として、多くのファンに愛されました。北海道が生んだ小さな大打者として、その名を野球史に残しています。
スポーツ分野の人

「東尾修」

-「東尾修のプロフィール」- -生年月日- 1950年5月22日 -出身地- 福岡県福岡市 -職業- 元プロ野球選手、野球解説者、スポーツキャスター -プロ野球選手時代- * 1969年 西鉄ライオンズに入団 * 1970年 一軍初登板を果たす * 1973年 日本シリーズで優勝 * 1976年 投手三冠王に輝く * 1979年 西武ライオンズに移籍 * 1980年 西武ライオンズの日本シリーズ優勝に貢献 * 1983年 西武ライオンズの日本シリーズ優勝に貢献 * 1985年 西武ライオンズの日本シリーズ優勝に貢献 * 1988年 現役引退 -プロ野球選手引退後- * 1989年 西武ライオンズの監督に就任 * 1990年 西武ライオンズを日本シリーズ優勝に導く * 1992年 西武ライオンズを日本シリーズ優勝に導く * 1993年 西武ライオンズ監督を辞任 * 1994年 野球解説者、スポーツキャスターとして活動を開始 * 1998年 野球殿堂入りを果たす * 2001年 西武ライオンズのゼネラルマネージャーに就任 * 2004年 西武ライオンズのゼネラルマネージャーを辞任 -現在は、野球解説者、スポーツキャスターとして活躍している。-
スポーツ分野の人

– 幸和(江崎幸和)

-江崎幸和とは?- 江崎幸和は、日本の実業家。江崎グリコ株式会社代表取締役社長。 1952年、東京都生まれ。1975年、中央大学商学部卒業後、江崎グリコ株式会社に入社。1991年、取締役に就任。2001年、社長に就任。 江崎幸和は、社長就任後、商品の品質向上と商品開発に力を入れた。また、海外市場にも積極的に進出。江崎グリコ株式会社を世界有数のお菓子メーカーに育て上げた。 江崎幸和は、2017年に社長を退任。現在は、江崎グリコ株式会社代表取締役相談役を務めている。 江崎幸和は、数々の賞を受賞している。主な受賞歴は以下の通り。 * 2007年、藍綬褒章を受章 * 2011年、旭日小綬章を受章 * 2017年、紺綬褒章を受章 江崎幸和は、日本の経済界を代表する人物の一人である。
スポーツ分野の人

江藤慎一:昭和黄金時代の偉大なスラッガー

日鉄二瀬から中日へ 江藤慎一は、1975年に日鉄二瀬からドラフト1位で中日ドラゴンズに入団しました。入団1年目は、104試合に出場して打率.276、10本塁打、49打点を記録し、新人王を獲得しました。その後も、中軸打者として活躍し、1980年に打率.340、31本塁打、91打点を記録して首位打者、本塁打王、打点王の三冠王を獲得しました。 江藤は、長打力と選球眼を兼ね備えた優れた打者でした。また、走塁にも優れており、1983年には21盗塁を記録しています。江藤は、通算13年間にわたって中日で活躍し、通算1558安打、268本塁打、867打点を記録しました。 江藤は、1988年に中日を退団し、横浜大洋ホエールズに移籍しました。横浜大洋でも、中軸打者として活躍し、1990年には打率.328、28本塁打、83打点を記録しています。江藤は、1992年に横浜大洋を退団し、現役を引退しました。 江藤は、昭和黄金時代の偉大なスラッガーの1人です。三冠王を獲得した1980年は、江藤の全盛期でした。江藤は、長打力と選球眼を兼ね備えた優れた打者でした。また、走塁にも優れており、通算205盗塁を記録しています。江藤は、通算13年間にわたって活躍し、通算1558安打、268本塁打、867打点を記録しました。江藤は、1980年に三冠王を獲得した偉大なスラッガーです。
スポーツ分野の人

別所毅彦 – 昭和の豪速球投手

- 別所毅彦 - 昭和の豪速球投手 -# エースとしての活躍 別所毅彦は、1955年、南海ホークスに入団。翌1956年、わずか18歳でエースの座をつかむ。この年の成績は29勝12敗、防御率1.90で、最優秀防御率、最多奪三振の2冠に輝き、パ・リーグの新人王に選ばれた。また、この年のオールスターゲームでは、史上最年少で先発投手を務めている。 1957年には、33勝16敗、防御率2.10で、2年連続の最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成。また、この年のオールスターゲームでは、2年連続で先発投手を務めている。 1958年には、27勝14敗、防御率2.18で、3年連続の最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成。また、この年のオールスターゲームでは、3年連続で先発投手を務めている。 1959年には、24勝14敗、防御率2.31で、4年連続の最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成。また、この年のオールスターゲームでは、4年連続で先発投手を務めている。 1961年には、34勝12敗、防御率1.74で、5年連続の最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成。また、この年のオールスターゲームでは、5年連続で先発投手を務めている。 別所毅彦は、1956年から1961年まで、6年連続で最優秀防御率、最多奪三振の2冠を達成した。これは、パ・リーグの投手としては、杉浦忠、野村収、山田久志に次ぐ記録である。また、別所毅彦は、1956年から1961年まで、6年連続でオールスターゲームに先発投手として出場している。これは、パ・リーグの投手としては、稲尾和久、杉浦忠に次ぐ記録である。 別所毅彦は、1962年に引退するまで、南海ホークスのエースとして活躍した。通算成績は185勝117敗、防御率2.16、2286奪三振であった。別所毅彦は、1990年に野球殿堂入りを果たしている。
スポーツ分野の人

有藤道世 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍したプロ野球選手

-ロッテ球団で活躍した名選手- 有藤道世は、ロッテ球団で活躍した名選手である。1974年にドラフト1位でロッテに入団し、1975年に一軍デビューを果たした。1977年にレギュラーに定着し、1979年には首位打者、1980年には打点王のタイトルを獲得した。また、1981年には日本シリーズに初出場し、チームの優勝に貢献した。 有藤は、通算2135安打、421本塁打、1266打点という素晴らしい成績を残した。また、ゴールデングラブ賞を6回受賞し、1981年にはパ・リーグMVPに輝いた。有藤は、ロッテ球団を代表する名選手の一人であり、現在でもファンから愛されている。 有藤は、ロッテ球団に在籍中に数々の名場面を残した。1981年の日本シリーズ第7戦では、9回裏に逆転サヨナラホームランを放ち、チームを日本一に導いた。また、1983年のオールスターゲームでは、史上初の満塁ホームランを記録した。 有藤は、1990年に現役を引退した。引退後は、ロッテのコーチや監督を歴任し、2005年には野球殿堂入りを果たした。有藤は、ロッテ球団の歴史に名を残す偉大な選手であり、現在でも多くのファンに愛されている。
スポーツ分野の人

松井秀喜の野球人生の輝かしい軌跡

-松井秀喜の野球人生の輝かしい軌跡- 松井秀喜は、これまで数々の輝かしい功績を残してきた名選手です。その中でも、1998年夏の甲子園での5打席連続敬遠は、彼の野球人生において大きな波紋を呼んだ一戦となりました。 -甲子園での5打席連続敬遠 波紋を呼んだ一戦- 1998年夏の甲子園大会。星稜高校の松井秀喜は、大会屈指のスラッガーとして注目を集めていました。しかし、初戦の第1打席から5打席連続で敬遠されます。これは、松井を勝負させずに歩かせ、出塁を阻止する作戦でした。 この敬遠策は、当時高校野球界で大きな波紋を呼びました。松井を勝負させずに歩かせたことに対し、一部からは批判の声が上がります。しかし、星稜高校の監督である山下智茂は、「松井を勝負させたらチームとして勝てない。敬遠策は苦渋の決断だった」と弁明しました。 5打席連続敬遠の末、松井はとうとう打席に立つことができませんでした。しかし、星稜高校は、松井以外の選手たちの活躍で、初戦を突破しました。その後も星稜高校は順調に勝ち進み、決勝戦まで駒を進めます。 決勝戦の相手は、横浜高校でした。横浜高校は、松坂大輔を擁する強豪校であり、星稜高校にとっては厳しい戦いになると予想されていました。しかし、松井は横浜高校の松坂からホームランを放ち、星稜高校は横浜高校を破って優勝を果たします。 松井のホームランは、まさに「一打逆転」のホームランでした。このホームランで、星稜高校は優勝を決め、松井は大会MVPに輝きます。また、松井の5打席連続敬遠も、このホームランによって意味のあるものとなりました。 松井の甲子園での5打席連続敬遠は、彼の野球人生において大きな波紋を呼んだ一戦となりました。しかし、この敬遠策は、松井をより強い選手に成長させました。その後、松井はプロ野球で活躍し、メジャーリーグでも活躍しました。そして、松井は国民栄誉賞を受賞するなど、日本を代表するアスリートとなりました。
スポーツ分野の人

松井秀喜:日米で活躍した偉大なスラッガー

- 星稜高校時代 松井秀喜は、石川県金沢市にある星稜高校に進学しました。星稜高校野球部は、甲子園出場19回、優勝3回の強豪校であり、松井は1年生からレギュラーとして活躍しました。 1年夏の甲子園大会では、準々決勝で松山商業高校のエース、伊良部秀輝と対戦し、ホームランを放ちました。2年夏の甲子園大会でも、準決勝で伊良部秀輝と対戦し、同点打を放ちました。しかし、決勝で熊本工業高校に敗れ、準優勝に終わりました。 3年夏の甲子園大会では、主将としてチームを牽引しました。準決勝では、伊良部秀輝から2本塁打を放ち、決勝では熊本工業高校を破り、星稜高校は初優勝を達成しました。松井は、甲子園大会通算9本塁打を記録し、大会記録を更新しました。 松井は、星稜高校時代からその長打力と強肩で注目を集めていました。1992年には、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団しました。
スポーツ分野の人

大友工

大友工の生い立ちと経歴 大友工は、1926年1月1日に長崎県佐世保市で生まれた。1942年に佐世保海軍工廠に入社し、飛行機の設計を手伝った。1945年に東京帝国大学工学部に入学し、航空工学を専攻した。1949年に大学を卒業し、三菱重工に入社した。1960年に三菱重工を退社し、本田技研工業に入社した。1964年に本田技研工業のアメリカ法人であるアメリカンホンダモーターカンパニーの社長に就任した。1973年に本田技研工業の常務取締役に就任した。1979年に本田技研工業の社長に就任した。1983年に本田技研工業の会長に就任した。1992年に本田技研工業の最高顧問に就任した。2003年に死去した。 大友工は、本田技研工業の社長として、同社を世界の自動車メーカーに成長させた。また、日本の自動車産業の発展に貢献した。大友工は、日本の自動車産業の父と呼ばれている。
スポーツ分野の人

掛布雅之 – ミスタータイガースと呼ばれた男

掛布雅之は、日本の元プロ野球選手であり、現在は野球解説者として活躍しています。掛布は、1954年1月14日に兵庫県尼崎市に生まれ、幼少期から野球を始めました。中学卒業後は、大阪府立豊中高校に進学し、3年生の夏に甲子園大会に出場。大学進学を希望していましたが、ドラフト1位で阪神タイガースに入団しました。 掛布は、1974年にプロデビューを果たし、すぐにレギュラーの座を掴みました。打撃センスに優れ、ホームランを量産。1983年には、首位打者、打点王、本塁打王の三冠王を達成しました。また、ゴールデングラブ賞を7回、ベストナインを8回受賞するなど、守備でも活躍しました。 掛布は、阪神タイガース一筋で19年間にわたりプレーし、通算2157安打、404本塁打、1894打点を記録しました。1992年に現役を引退し、翌1993年に野球殿堂入りを果たしました。 掛布は、阪神タイガースのレジェンドであり、ミスタータイガースと呼ばれています。その豪快な打撃と華麗な守備は、多くのファンを魅了しました。掛布の功績を称えて、阪神甲子園球場には掛布の背番号「31」のモニュメントが建立されています。
スポーツ分野の人

別当薫:長距離打者として活躍したプロ野球選手

慶大学から阪神タイガースへ 別当薫選手は、慶應大学卒業後、1961年に阪神タイガースに入団しました。入団当時は、外野手としてプレーしていましたが、翌1962年に一塁手にコンバートされました。そして、1963年には、一塁手のレギュラーに定着し、打率.272、18本塁打、69打点を記録しました。 1964年には、打率.276、20本塁打、70打点を記録し、初の二桁本塁打を達成しました。また、1965年には、打率.276、23本塁打、76打点を記録し、初の20本塁打を達成しました。 別当選手は、長距離打者として活躍し、1966年には、打率.268、27本塁打、81打点を記録し、初の30本塁打を達成しました。また、1967年には、打率.281、31本塁打、90打点を記録し、初の40打点を達成しました。 1968年には、打率.282、32本塁打、94打点を記録し、初の50打点を達成しました。また、1969年には、打率.278、33本塁打、95打点を記録し、初の60打点を達成しました。 別当選手は、阪神タイガース在籍中に、通算1,392試合に出場し、打率.277、244本塁打、775打点を記録しました。また、1965年には、オールスターゲームに出場しました。 1970年に阪神タイガースを退団し、近鉄バファローズに移籍しました。その後、1971年に引退しました。