ミナミタクシー

経済分野の人

昭和後期-平成時代の経営者、青木定雄について

- 青木定雄の生い立ちと来日 青木定雄は、1938年(昭和13年)3月15日に愛知県名古屋市に生まれた。父は青木常作、母は青木ちよ。常作は、名古屋市中区大須で「青木屋」という豆腐店を営んでいた。定雄は、幼い頃から家業を手伝いながら育った。 1956年(昭和31年)に名古屋市立商業高等学校を卒業後、父が懇意にしていた九州の豆腐製造会社に就職した。しかし、定雄は、豆腐製造の仕事に興味を持てず、会社を辞めて名古屋に戻った。 1958年(昭和33年)に、定雄は、名古屋市の信用金庫に就職した。定雄は、信用金庫の仕事に適性があり、順調に出世していった。しかし、定雄は、信用金庫の仕事に限界を感じ、独立することを決意した。 1965年(昭和40年)に、定雄は、名古屋市中区栄に「青木食品」を創業した。青木食品は、豆腐を製造・販売する会社である。定雄は、青木食品の社長として、積極的な経営を展開した。 1970年(昭和45年)に、青木食品は、名古屋証券取引所第二部に上場した。青木食品は、順調に業績を伸ばし、1975年(昭和50年)には、名古屋証券取引所第一部に昇格した。 1980年(昭和55年)に、定雄は、青木食品の社長を退任し、会長に就任した。定雄は、青木食品の会長として、経営の指導にあたった。 1990年(平成2年)に、定雄は、青木食品の会長を退任した。定雄は、青木食品の創業者として、日本の豆腐業界の発展に貢献した。