ル=チュルデュ

歴史上の人物

– アドネ

-アドネの人物紹介- アドネは、ギリシャ神話に登場する美少年である。アドニスまたはアードニスとも呼ばれる。アドネは、美の女神アフロディーテと、狩猟の女神アルテミスによって育てられた。アドネは、その美しさで多くの神々に愛されたが、特にアフロディーテに愛された。 アドネは、アフロディーテとアルテミスの間で育てられたため、両方の神々の性質を受け継いだ。アドネは、アフロディーテから美しさを受け継ぎ、アルテミスから狩猟の才能を受け継いだ。アドネは、その美しさで多くの神々に愛されたが、特にアフロディーテに愛された。アフロディーテは、アドネに夢中になり、彼と永遠に一緒にいたいと願った。 しかし、アルテミスはアドネを狩猟の獲物として狙っていた。ある日、アルテミスはアドネを追いかけて狩りをしていたが、アドネは誤って槍に刺されて死んでしまった。アフロディーテはアドネの死を知って悲しみに暮れた。そして、アドネの血からアネモネという花を作った。アネモネの花は、アドネの死を悼むために毎年春に咲くと言われている。 アドネは、ギリシャ神話の中で最も美しい人物の一人として知られている。その美しさは、アフロディーテとアルテミスという二人の神々に愛されるほどだった。アドネの死は、アフロディーテに大きな悲しみをもたらし、アネモネという花が作られた。アネモネの花は、アドネの死を悼むために毎年春に咲くと言われている。