一休宗純

芸術家

「墨渓」-室町時代の画僧とその生涯

墨渓の生涯とおもな出来事 墨渓は、室町時代初期に活躍した画僧である。本名は、梶原秀政。法号は、墨渓。1326年、備中国の生まれと伝わる。 墨渓の幼少期については、ほとんどわかっていない。13歳で出家し、禅を修めた。その後、京都に上り、絵を学んだ。墨渓の絵は、山水画や花鳥画を得意とし、その画風は、宋元画の影響を受けている。 墨渓は、室町幕府の庇護を受け、多くの公卿や武将に絵を描いた。また、多くの弟子を育て、室町時代の画壇に大きな影響を与えた。 墨渓の主なおもな出来事は以下の通りである。 ・1326年 備中国に生まれる。 ・1339年 出家し、禅を修める。 ・1349年 京都に上り、絵を学ぶ。 ・1352年 将軍、足利義詮に召し出され、御用絵師となる。 ・1362年 東福寺に「墨渓庵」を建立する。 ・1370年 将軍、足利義満に「山居図」を献上する。 ・1386年 示寂。 墨渓は、室町時代を代表する画僧であり、その画風は、後の日本画に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

「宗純」(⇒一休宗純(いっきゅう-そうじゅん))について

一休宗純(いっきゅう-そうじゅん)とは 一休宗純(いっきゅう-そうじゅん)は、室町時代の臨済宗の僧侶であり、詩人、書家、画家としても知られる。1394年(応永元年)に京都に生まれ、1481年(文明13年)に同地で亡くなった。幼名は千菊丸(せんぎくまる)といい、父は後小松天皇の皇子である伏見宮貞成親王、母は庭田氏であった。 一休宗純は、幼い頃に両親を亡くし、建仁寺で出家した。その後、各地を遊歴し、1418年(応永25年)に妙心寺で正燈国師(しょうとうこくし)に師事した。1428年(正長元年)には、正燈国師の命により、大徳寺に住持となり、1436年(永享8年)には、東福寺の住持となった。 一休宗純は、禅宗の教えを説く一方で、詩歌や書画にも優れた才能を発揮した。彼の詩は、禅の境地を詠んだものが多く、ユーモアに富んでいて、庶民にも親しまれた。また、彼の書は、禅の悟りを感じさせるような自由闊達な筆致で、多くの書家から称賛された。 一休宗純は、晩年は大徳寺に住み、1481年(文明13年)に同地で亡くなった。享年88歳であった。一休宗純は、禅僧としてだけでなく、詩人、書家、画家としても優れた才能を発揮した、室町時代を代表する文化人であった。
歴史上の偉人

謙翁宗為 – 南北朝・室町時代の僧

謙翁宗為の生涯 謙翁宗為は、南北朝・室町時代の僧。京都の金閣寺(鹿苑寺)の創建者・夢窓疎石の法嗣。山城(現・京都府)に生まれる。初め、下野(現・栃木県)長楽寺で仏教を学び、後に出家して無相と号する。 1370年、金閣寺の夢窓疎石に参禅し、法嗣となる。夢窓疎石の死後、金閣寺の住持となり、その復興に尽力。1385年には足利義満の命により、金閣寺の北隣に銀閣寺(慈照寺)を建立する。 謙翁宗為は、禅宗の思想を基に、世俗の生活と宗教を調和させた生き方を説いた。また、和歌にも優れ、多くの歌を残している。1407年、金閣寺で入寂。享年79。 謙翁宗為は、室町時代の禅宗において大きな影響力を持ち、その思想と生き方は現在でも多くの人々に学ばれている。
歴史上の偉人

南江宗沅 – 室町時代の僧侶と五山文学者

-室町時代における南江宗沅の生涯と功績- 南江宗沅(1400-1481)は、室町時代中期の僧侶、五山文学者です。臨済宗に属し、相国寺、建仁寺、天竜寺などの名刹を歴任しました。また、禅苑清規の注釈書『禅苑清規直解』や、漢詩集『南江詩集』などの著作を残しています。 南江宗沅は、1400年に京都に生まれました。幼少期から仏教に親しみ、15歳の時に相国寺で出家しました。その後、天龍寺、建仁寺などで修行を重ね、禅苑清規の研鑽に励みました。 1440年、南江宗沅は相国寺の住持に任命されました。相国寺は、室町幕府の菩提寺であり、五山第一の格式を誇る名刹です。南江宗沅は、相国寺住持として寺務を執り行い、禅の教えを説きました。 1449年、南江宗沅は建仁寺の住持に任命されました。建仁寺は、京都五山の第二位に位置する名刹です。南江宗沅は、建仁寺住持として寺務を執り行い、禅の教えを説きました。 1467年、南江宗沅は天竜寺の住持に任命されました。天竜寺は、京都五山の第三位に位置する名刹です。南江宗沅は、天竜寺住持として寺務を執り行い、禅の教えを説きました。 南江宗沅は、1481年に京都で亡くなりました。享年82。南江宗沅は、室町時代を代表する僧侶、五山文学者であり、禅苑清規の注釈書『禅苑清規直解』や、漢詩集『南江詩集』などの著作を残しました。
歴史上の偉人

竹馬光篤 – 室町時代の僧

-竹馬光篤の生涯- 竹馬光篤は、室町時代中期に活躍した僧侶です。備前国(現在の岡山県)の生まれで、幼少期に京都の東福寺で出家しました。その後、諸国を遊行し、各地の禅寺で修行を積みました。 永享11年(1439年)、竹馬光篤は、京都に帰郷し、東福寺に住職として迎え入れられました。竹馬光篤は、東福寺の復興に尽力し、禅宗の教えを広く弘めました。また、竹馬光篤は、禅宗と儒教を融合させた独自の思想を提唱し、多くの弟子を集めました。 宝徳3年(1451年)、竹馬光篤は、東福寺の住職を辞任し、再び諸国を遊行するようになりました。竹馬光篤は、各地の禅寺を巡り、禅宗の教えを説きました。また、竹馬光篤は、庶民にも禅宗の教えを広め、多くの人々に慕われました。 文明5年(1473年)、竹馬光篤は、各地の遊行を終え、東福寺に帰郷しました。竹馬光篤は、その後も東福寺で禅宗の教えを説き続け、多くの弟子を育てました。 長享2年(1488年)、竹馬光篤は、東福寺で入寂しました。享年77歳でした。竹馬光篤は、禅宗の教えを広く弘め、多くの人々に慕われた高僧でした。
歴史上の偉人

– 一休宗純母

# 一休宗純母 - 一休宗純母の生涯 一休宗純母は、室町時代後期の臨済宗の僧侶、詩人、画家であり、一休宗純の母親として知られています。一休宗純母の生涯については、あまり多くの資料が残されていませんが、彼女の人生は波乱に満ち、愛と苦しみに溢れたものであったと推測されています。 一休宗純母は、建武3年(1336年)に、京都の公卿である一条経通の娘として生まれました。幼名は妙蓮であり、13歳の時に後光厳天皇の側室となり、14歳の時に一休宗純を産みました。しかし、一休宗純が生後間もなく、後光厳天皇は南朝に敗れ、妙蓮も出家して尼僧となりました。 出家後は、京都の相国寺にある妙心寺塔頭の大徳寺で修行を積み、16歳の時に得度して名を「宗純」と改めました。その後、各地を遊行しながら修行を続け、後に大徳寺第3代の住職となりました。 一休宗純母は、一休宗純が生まれた後も、決して彼を捨てたり、離れたりすることはありませんでした。一休宗純が幼い頃は、常に彼の側にいて、愛情を注いで育てました。しかし、一休宗純が10歳の時に、妙蓮は急死してしまいます。一休宗純は、母の死を深く悲しみ、出家して僧侶となることを決意しました。 一休宗純母は、一休宗純の成長を見届けることなく、この世を去ってしまいましたが、彼女の愛と慈悲は、一休宗純の人生に大きな影響を与えました。一休宗純は、母の死後も、常に母の教えを胸に刻み、人々を救うために尽力しました。 一休宗純母は、波乱に満ちた生涯を送りましたが、最後まで一休宗純を愛し続け、彼の人生に大きな影響を与えた偉大な女性でした。
歴史上の偉人

岐翁紹禎 – 室町時代の僧侶とその芸術

-岐翁紹禎の生涯と経歴- 岐翁紹禎(きおうじょうてい、1336年 - 1413年)は、室町時代の僧侶であり、芸術家である。中国浙江省出身で、臨済宗の僧侶として、日本に渡来し、全国各地を遊行して、禅の教えを広めた。また、書画や詩文にも優れており、多くの作品を残した。 岐翁紹禎は、1336年に中国浙江省紹興府に生まれた。幼い頃から仏教に親しみ、16歳の時に出家して、僧侶となった。その後、各地を遊行して、禅の教えを広めた。1368年に日本に渡来し、鎌倉や京都で禅の教えを説いた。また、書画や詩文にも優れており、多くの作品を残した。 岐翁紹禎の書画は、禅の精神を表現したものとして高く評価されている。特に、墨竹図は、その代表作として知られている。また、詩文にも優れており、多くの詩を残した。岐翁紹禎は、1413年に京都で亡くなった。 岐翁紹禎は、室町時代の禅僧であり、芸術家である。禅の教えを広め、書画や詩文にも優れており、多くの作品を残した。岐翁紹禎の作品は、現在でも多くの人が鑑賞しており、禅の精神を伝えている。
歴史上の偉人

狂雲子 – 禅宗の奇僧、一休宗純

-狂雲子とは?- 狂雲子は、室町時代前期の禅僧・連歌師である。一休宗純の号の一つである。一休宗純は、1418年に京都に生まれ、1481年に同地で亡くなった。幼名は千菊丸、出家後は宗純と号した。狂雲子は、一休宗純の最も有名な号であり、その風狂な言動から、狂雲子と呼ばれたと言われている。 一休宗純は、幼い頃に両親を失い、叔父である大徳寺の住職のもとで育てられた。15歳の時に出家し、18歳の時に大徳寺で得度した。その後、諸国を巡り、修行を重ねた。28歳の時に、大徳寺の住職に就任した。一休宗純は、禅宗の僧として、数多くの著作を残し、また、連歌の宗匠としても活躍した。 一休宗純は、その風狂な言動で知られている。例えば、一休宗純は、高慢な武家に対して、卑猥な和歌を詠んだり、将軍足利義政に対して、皮肉な言葉を投げかけたりしたという。また、一休宗純は、女性に対して、非常に奔放な態度をとったという。一休宗純は、その風狂な言動から、狂雲子と呼ばれたと言われている。 一休宗純は、その風狂な言動にもかかわらず、禅僧として、非常に高い評価を受けている。一休宗純の思想は、禅宗の根本思想である「無」を基調としたものであり、その思想は、多くの禅僧に影響を与えた。また、一休宗純は、連歌の宗匠としても活躍し、その連歌は、多くの連歌師に影響を与えた。 一休宗純は、その風狂な言動と、禅僧としての高い評価から、現在でも多くの人々に愛されている。一休宗純の著作や連歌は、現在でも多くの人々に読まれ、一休宗純の思想は、現在でも多くの人々に影響を与えている。
作家

宗長:室町-戦国時代の連歌師

宗長の生涯 宗長は、1448年に近江国(現在の滋賀県)で生まれました。幼い頃から和歌や連歌に親しみ、16歳のときには連歌師としてデビューしました。その後、各地を巡りながら連歌を学び、やがて連歌師としての名声を確立しました。 宗長は、生涯に1000を超える連歌を詠み、そのうち1200首以上が残されています。彼の連歌は、自然の美しさを詠んだものや、人生の無常を詠んだものなど、さまざまなテーマを扱っています。また、宗長は連歌の理論にも詳しく、連歌の書物も数多く著しました。 宗長は、1532年に85歳で亡くなりました。彼の死後、その連歌は多くの歌人に影響を与え、連歌の発展に大きく貢献しました。 宗長は、室町-戦国時代の連歌師として活躍した人物です。彼は、自然の美しさを詠んだものや、人生の無常を詠んだものなど、さまざまなテーマを扱った連歌を詠みました。また、宗長は連歌の理論にも詳しく、連歌の書物も数多く著しました。宗長は、日本の連歌の発展に大きく貢献した人物です。
歴史上の偉人

「後小松天皇」

-後小松天皇の生涯- 後小松天皇(ごこまつてんのう)は、日本の第100代および第101代の天皇であった。その生涯は、波乱万丈なものであった。 後小松天皇は、1377年(応安10年)に、後円融天皇の第一皇子として生まれた。名は満仁(みつひと)。母は、中御門宣胤の娘・西園寺佶子(よしこ)。 1382年(永徳2年)に、父の後円融天皇が崩御し、わずか6歳で即位した。在位中は、南北朝が統一され、約56年間にわたって続いた南北朝の分裂は終結した。 しかし、後小松天皇の治世は、すぐに危機に瀕した。1392年(明徳3年)に、鎌倉公方の足利氏満が反乱を起こし、京都を攻め落とした。後小松天皇は、近江の青蓮院に逃れ、足利氏満に譲位を迫られた。 その後、足利氏満は、後小松天皇の弟である後亀山天皇を擁立して、南北朝を再分裂させた。しかし、後小松天皇は、1394年(応永元年)に、京都に復帰し、再び即位した。 後小松天皇は、その後、後亀山天皇を説得して、1412年(応永19年)に南朝の皇統を廃止し、南北朝を統一した。これにより、約56年間にわたって続いた南北朝の分裂は終結した。 後小松天皇は、1433年(永享5年)に崩御した。享年57歳。 後小松天皇は、波乱万丈な生涯を送ったが、南北朝を統一し、日本の平和と安定を回復した功績は大きい。
歴史上の偉人

華叟宗曇-南北朝・室町時代の僧

華叟宗曇の生涯 華叟宗曇は、南北朝時代から室町時代にかけての臨済宗の僧侶です。応安2年(1369年)、備前の国(現在の岡山県)に生まれ、本姓は平氏、幼名は良長。父は平景兼、母は平氏。 11歳の時に、建仁寺の月船妙超のもとで出家し、法を受戒します。その後、東福寺の無因宗因のもとで修行し、大徳寺を開いた宗峰妙超のもとで印可を得ました。 その後、建仁寺に住し、応永21年(1414年)に同寺の住持となります。応永22年(1415年)には、大徳寺の法堂を再建し、応永26年(1419年)には、相国寺の住持となります。 応永34年(1427年)、6月に建仁寺の住持に再任され、応永35年(1428年)に示寂するまで、同寺の住持を歴任しました。 華叟宗曇は、臨済宗の五家七宗の一つである大徳寺の派祖として知られています。また、華叟宗曇は、詩文に優れ、多くの著作を残しています。その著作には、『華叟集』、『華叟和尚語録』、『華叟和尚遺墨』などがあります。 華叟宗曇は、臨済宗の僧侶として、また、詩人として、大きな功績を残した人物です。
歴史上の偉人

「雪斎」 (⇒太原崇孚(たいげん-そうふ))について

-雪斎とは何か?- 雪斎とは、禅宗の僧侶である太原崇孚(たいげん-そうふ)が、1339年に京都の建仁寺塔頭(たっちゅう)として創建した禅寺です。雪斎という名は、雪の降るような静寂な場所であることに由来しています。 雪斎は、枯山水庭園が美しいことで知られています。枯山水庭園は、石や砂を配置して、山や川、海などの自然の風景を表現したものです。雪斎の枯山水庭園は、室町時代を代表する枯山水庭園の一つとして、国の名勝に指定されています。 雪斎は、また、太原崇孚の禅思想を伝える場所としても知られています。太原崇孚は、禅宗の教えをわかりやすく、実践的なものとして説きました。雪斎には、太原崇孚の禅思想を伝える多くの書物が残されており、禅宗を学ぶ人々のために重要な場所となっています。 雪斎は、京都の中心部にあるにもかかわらず、静かで落ち着いた雰囲気の場所です。枯山水庭園を眺めながら、太原崇孚の禅思想について思いを馳せることができる、貴重な場所です。
歴史上の偉人

一路庵禅海 – 室町時代の茶人,隠者

-清貧と高徳で人々に慕われた- 一路庵禅海は、室町時代後期に活躍した茶人であり、隠者です。1470年(文明2年)に、摂津国西成郡下新庄村(現在の大阪府大阪市西成区)に生まれました。本名は、森重房(もりしげふさ)です。 禅海は、幼い頃から茶道を学び、15歳のときに京都に上京して、茶の湯の第一人者である村田珠光(むらたじゅこう)の弟子になりました。珠光から茶道の奥義を学び、茶の湯の精神を極めました。 珠光の死後、禅海は堺に庵を結び、茶の湯の指導に専念しました。禅海の茶室は、清貧でありながらも趣向を凝らしたもので、多くの人が訪れました。また、禅海は高徳の人物としても知られ、人々に慕われました。 禅海は、茶の湯の精神を「一期一会」と説きました。「一期一会」とは、一度限りの出会いを大切にするという意味です。禅海は、茶の湯を通じて、人と人との心の交流を大切にしました。 禅海は、1545年(天文14年)に76歳で亡くなりました。禅海の死後、茶の湯の精神は、日本各地に広まり、茶道は日本の伝統文化として発展しました。 禅海の清貧と高徳は、人々に大きな影響を与え、茶の湯の精神を普及させることに大きく貢献しました。禅海は、茶の湯の歴史において、重要な人物の一人です。
歴史上の偉人

養叟宗頤→ 室町時代の禅僧

- 養叟宗頤の生涯 養叟宗頤は、室町時代の禅僧です。1377年に美濃国恵那郡吉田村(現在の岐阜県恵那市吉田町)に生まれ、1458年に京都で亡くなりました。 養叟宗頤は、11歳の時に出家し、14歳で京都の建仁寺に入門しました。その後、建仁寺の学僧であった雲門惟政に師事し、禅の教えを学びました。 1404年、養叟宗頤は、雲門惟政の命により、周防国(現在の山口県)の東光寺に入寺しました。東光寺は、雲門惟政の師であった夢窓疎石が開いた寺であり、養叟宗頤は、夢窓疎石の教えを学ぶことができました。 1411年、養叟宗頤は、京都の妙心寺に入寺しました。妙心寺は、雲門惟政が開いた寺であり、養叟宗頤は、雲門惟政の教えをさらに深めることができました。 1415年、養叟宗頤は、雲門惟政の後を継いで、妙心寺の住持となりました。養叟宗頤は、妙心寺を中興し、多くの弟子を育てました。 1458年、養叟宗頤は、京都で亡くなりました。享年82歳でした。養叟宗頤は、禅の教えを広めた功績で、後世に高く評価されています。
歴史上の偉人

茶道の開山_村田珠光_室町~戦国時代の茶人

-室町~戦国時代の茶人とは?- 室町~戦国時代の茶人とは、室町時代から戦国時代にかけて活躍した茶人たちの総称です。この時代は、茶道が発展し、多くの茶人が活躍しました。茶人たちは、茶の湯を楽しみながら、芸術や文化を交流し、新しい茶の湯のスタイルを創造していきました。 室町~戦国時代の茶人は、主に武士や僧侶、町人などの身分の人たちで構成されていました。武士たちは、茶の湯を戦の疲れを癒すための手段として楽しみました。僧侶たちは、茶の湯を禅の修行の一環として行いました。町人たちは、茶の湯を社交の場として楽しみました。 室町~戦国時代の茶人は、茶の湯を通じて、新しい芸術や文化を創造していきました。茶道具や茶室の設計、茶会の形式など、多くの新しい茶の湯のスタイルが生まれました。また、茶人たちは、茶の湯を題材にした文学や絵画などの作品も残しました。 室町~戦国時代の茶人は、茶の湯の発展に大きな貢献をしました。彼らの活動によって、茶道は日本文化の中で重要な位置を占めるようになりました。
歴史上の偉人

森女 – 一休宗純の弟子であり、盲目の旅芸人

-森女とは?- 森女は、一休宗純の弟子であり、盲目の旅芸人です。 彼女は、一休宗純が滞在していた安国寺で出会った女性で、 一休宗純の弟子として出家し、森女と名付けられました。 森女は、三味線を弾きながら歌い、旅をしながら人々を楽しませました。 彼女は、盲目でありながら、その歌声と三味線の演奏の美しさで多くの人々を魅了しました。 森女は、一休宗純の教えを人々に伝え、多くの人々を救いました。 彼女は、一休宗純の弟子として、一休宗純の教えを広めるために、生涯を捧げました。