七人の孫

ミュージシャン

– 石田あゆみの生涯と経歴

- 石田あゆみの生い立ちとデビュー 石田あゆみは、1948年(昭和23年)12月17日、京都府京都市右京区に生まれた。本名は石田藍。父は石田宗太郎、母は石田和子。あゆみの父は、京都市内で鮮魚店を営む一方、芸事に理解があり、あゆみの芸術的才能を早くから見抜き、あゆみがまだ幼い頃から、日本舞踊や三味線、琴などの習い事をさせていた。 あゆみは、幼少期から音楽やダンスが大好きで、よく父や母の前で歌ったり踊ったりしていた。あゆみの父は、あゆみの才能を伸ばそうと、あゆみを京都市内の音楽教室に通わせた。あゆみは、音楽教室でピアノやフルートなどの楽器を習い、音楽の基礎を身につけた。 あゆみは、中学卒業後、京都の私立高校に進学した。高校時代にあゆみは、音楽部に所属し、合唱やコーラスなどの活動に取り組んだ。あゆみは、音楽部の活動を通じて、音楽の楽しさを再認識し、音楽の道を志すようになった。 高校卒業後、あゆみは、東京の音楽大学に進学した。音楽大学では、声楽を専攻し、オペラや歌曲などの専門的な知識を身につけた。あゆみは、音楽大学卒業後、音楽業界のオーディションを受け、レコード会社と契約を結んだ。 1971年(昭和46年)、あゆみは、シングル「ブルーライトヨコハマ」で歌手デビューした。「ブルーライトヨコハマ」は、大ヒット曲となり、あゆみを一躍スターダムにのし上げた。あゆみは、その後も「赤い風船」「白い恋人」などのヒット曲を連発し、日本を代表する歌手にとなった。
エンターテインメント

「加藤治子」

-松竹少女歌劇団に入団- 加藤治子は、1922年(大正11年)8月25日に東京府東京市(現・東京都中央区)に生まれた。 父親は歌舞伎役者の中村歌右衛門 (7代目)、母親は女優の喜多村緑郎である。 1930年(昭和5年)に松竹少女歌劇団に入団し、芸名を「加藤治子」と改めた。 松竹少女歌劇団は、松竹が1922年(大正11年)に創立した少女歌劇団である。 同団は、1923年(大正12年)に東京宝塚劇場が開場すると、宝塚歌劇団と並ぶ少女歌劇団として人気を博した。 加藤治子は、松竹少女歌劇団に入団後、すぐに頭角を現した。 1932年(昭和7年)には、映画「君と別れて」でデビューを果たした。 その後も、映画「噂の娘」(1935年)、「花婿さんは僕だ」(1936年)などに出演し、人気女優の仲間入りを果たした。 1937年(昭和12年)、松竹少女歌劇団を退団した加藤治子は、映画界で本格的に活動を開始した。 1938年(昭和13年)には、映画「土」(監督成瀬巳喜男)に出演し、映画賞を受賞した。 その後も、映画「風立ちぬ」(1938年)、「歌の翼」(1942年)などに出演し、日本の映画史にその名を残した。 加藤治子は、戦後も映画界で活躍を続けた。 1951年(昭和26年)には、映画「羅生門」(監督黒澤明)に出演し、ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。 その後も、映画「二十四の瞳」(1954年)、「東京物語」(1953年)などに出演し、日本映画界の第一線で活躍した。 1970年(昭和45年)に、加藤治子は映画界から引退した。 しかし、その後もテレビドラマや舞台に出演し、女優としての活動を続けた。 1995年(平成7年)、加藤治子は国民栄誉賞を受賞した。 加藤治子は、2013年(平成25年)11月17日に死去した。享年91歳であった。
エンターテインメント

「樹木希林」

女優という生き方〜樹木希林〜 樹木希林は、1931年に東京で生まれ、1977年に映画『はなれ瞽女おりん』で主演を務めて以来、50年以上にわたって第一線で活躍した女優です。 樹木希林の演技は、その自然体で飾らない演技が特徴で、見る者に強い印象を残しました。また、樹木希林は女優としてだけでなく、エッセイストやタレントとしても活躍し、その飾らない人柄で多くの人から愛されました。 樹木希林は、女優という生き方について「女優は、社会の鏡であるべきだ」と語っていました。樹木希林は、女優として、社会の問題や人々の苦しみを伝える役割を担っていたのです。 樹木希林は、2018年に肺がんのため亡くなりましたが、その死後もその演技と生き方は多くの人々に影響を与え続けています。樹木希林は、女優としてだけでなく、一人の人間としても輝きを放ち続けた偉大な女優でした。 樹木希林の女優としての軌跡 樹木希林は、1931年に東京で生まれました。父親は俳優の岸田森、母親は女優の岸田今日子です。樹木希林は、幼い頃から両親の影響を受けて芸能界に興味を持っていました。 樹木希林は、1953年に劇団民藝に入団し、女優としての活動を本格的に開始します。樹木希林は、劇団民藝で多くの舞台に出演し、演技の基礎を学びました。 1977年、樹木希林は映画『はなれ瞽女おりん』で主演を務めます。この映画で樹木希林は、盲目の瞽女を演じ、その圧倒的な演技で絶賛されました。樹木希林は、この映画で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞し、一躍トップ女優の仲間入りを果たしました。 樹木希林は、その後も『男はつらいよ』『寅次郎物語』シリーズ、『釣りバカ日誌』シリーズなど多くの映画に出演し、国民的女優として活躍しました。 樹木希林は、映画だけでなく、テレビドラマや舞台にも多く出演しました。樹木希林は、その自然体で飾らない演技で、見る者に強い印象を残しました。 樹木希林の女優としての魅力 樹木希林の女優としての魅力は、その自然体で飾らない演技でした。樹木希林は、役柄に入り込むのではなく、役柄を演じるというよりも、役柄を生き抜くというような演技をしていました。その演技は、見る者に強い印象を残し、多くのファンを魅了しました。 また、樹木希林は、その飾らない人柄も魅力でした。樹木希林は、女優としてだけでなく、エッセイストやタレントとしても活躍し、その飾らない人柄で多くの人から愛されました。 樹木希林の女優としての生き方 樹木希林は、女優という生き方について「女優は、社会の鏡であるべきだ」と語っていました。樹木希林は、女優として、社会の問題や人々の苦しみを伝える役割を担っていたのです。 樹木希林は、女優としてだけでなく、一人の人間としても輝きを放ち続けた偉大な女優でした。
エンターテインメント

「逸見稔」

-# 逸見稔とは 逸見稔(へんみ みのる、1948年8月30日 - 1993年12月2日)は、日本のフリーアナウンサー、司会者、ラジオパーソナリティ、タレント。妻は元女優の由紀さおり。 神奈川県横須賀市生まれ。神奈川県立横須賀高等学校、法政大学経済学部卒業。 大学卒業後、1972年にラジオたんぱ(現・ラジオNIKKEI)にアナウンサーとして入社。1973年にニッポン放送に移籍し、1976年にフリーアナウンサーとなった。 フリーアナウンサー転向後は、日本テレビ『11PM』、『ズームイン!!朝!』、『スーパーテレビ情報最前線』などの人気番組の司会を務め、国民的人気アナウンサーとなった。 1993年12月2日、食道癌のため45歳で死去。 逸見稔は、その端正なルックスと軽妙なトークで人気を博した。また、真面目なニュース番組からバラエティ番組まで幅広くこなすことができ、そのオールマイティさも人気の理由であった。 逸見稔の死は、日本中の多くの人々に衝撃を与えた。その死を悼んで、1994年には逸見稔記念賞が創設された。逸見稔記念賞は、逸見稔の遺志を継いで、アナウンサーやキャスターを目指す若手の人材を育成することを目的としている。