万葉集

歴史上の人物

小治田広耳

小治田広耳とは 小治田広耳は大化改新の立役者の一人で、中大兄皇子を補佐し、律令国家の礎を築いた人物です。蘇我入鹿を討ち、大化の改新を断行し、律令国家の基礎を築いた中大兄皇子を補佐した人物です。645年に中大兄皇子と蘇我入鹿を討ち、大化の改新を断行しました。また、662年には白村江の戦いで唐・新羅連合軍に敗北し、663年に亡くなりました。 小治田広耳は、614年に物部守屋を討ち、蘇我氏を滅ぼした中大兄皇子のクーデターに参加し、その後も中大兄皇子を補佐して律令国家の基礎を築きました。645年、中大兄皇子と共に蘇我入鹿を討ち、大化の改新を断行しました。 大化の改新は、日本の政治・経済・社会・文化の全般にわたる改革で、律令国家の基礎を築きました。小治田広耳は、大化の改新の中心人物として、租税制度の改革、中央集権的官僚機構の整備、律令の制定などを行いました。 662年、小治田広耳は、白村江の戦いで唐・新羅連合軍に敗北し、663年に亡くなりました。白村江の戦いは、日本の歴史上最大の敗戦の一つであり、小治田広耳の死は、律令国家の建設途上に大きな打撃を与えました。 小治田広耳は、律令国家の建設に尽力した人物であり、その功績は今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

防人「他田大島」の謎に迫る

- 他田大島とは何者か 防人は、8世紀から12世紀にかけて、日本の辺境の海を防衛するために派遣された兵士のことです。防人の多くは、九州や四国の出身で、辺境の島に派遣されて、海賊の襲来に備えていました。 他田大島は、防人の一人であり、九州の筑紫国出身でした。他田大島は、752年に、壱岐島の防人として派遣されました。壱岐島は、対馬海峡に位置する島であり、朝鮮半島と日本本土を結ぶ重要な海路でした。他田大島は、壱岐島で、海賊の襲来を防ぐために、日々、厳しい訓練に取り組んでいました。 他田大島は、756年に、防人の任務を終えて、筑紫国に帰郷しました。しかし、帰郷後も、他田大島は、海賊の襲来に備えて、厳しい訓練を続けていました。他田大島は、764年に、九州の筑前国で、海賊の襲撃を受けて戦死しました。 他田大島は、防人として、海賊の襲来を防ぐために、命を懸けて戦いました。他田大島のような防人の活躍によって、平安時代前期には、日本の辺境の海は、海賊の襲来から守られるようになりました。 他田大島は、防人として、命を懸けて戦った英雄です。他田大島の功績は、永遠に語り継がれるべきです。
歴史上の人物

坂本人上 – 奈良時代の官吏

-坂本人上の生涯- 坂本人上は、奈良時代の官吏です。生没年は不詳ですが、720年から735年にかけて、15年間、官僚として活躍しました。 坂本人上は、坂上氏の出身です。坂上氏は、蘇我氏の流れをくむ氏族で、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した豪族です。坂本人上の父は、坂上大国です。坂上大国は、従五位上右中弁まで昇進した官僚でした。 坂本人上は、720年に、弾正録史に任命されました。弾正録史は、弾正台の史官で、犯罪や不正を調査する役職です。坂本人上は、721年に、常陸介に任命されました。常陸介は、常陸国の長官です。坂本人上は、常陸国で、国司として、国の行政を統括しました。 724年に、坂本人上は、右衛士大夫に任命されました。右衛士大夫は、右衛府の長官です。右衛府は、宮中の警護を担う役所です。坂本人上は、右衛士大夫として、宮中の警護を統括しました。 729年に、坂本人上は、外従五位下に叙せられました。外従五位下は、五位の下の位です。坂本人上は、734年に、正五位下に叙せられました。正五位下は、五位の下の位です。 坂本人上は、735年に、参議に任命されました。参議は、天皇の諮問機関である太政官のメンバーです。坂本人上は、参議として、天皇の諮問に答えて、国政を決定しました。 坂本人上は、735年に、薨去しました。坂本人上の死後、坂上氏は、衰退しました。
歴史上の人物

丹生女王 – 萬葉集の歌人

-丹生女王の人生と経歴- 丹生女王は、奈良時代の歌人で、八世紀に活躍した。生没年については、諸説あるが、750年頃と推定されている。丹生女王は、天平宝字二年(758年)に藤原仲麻呂の乱に連座して、父親である藤原豊成と共に流罪となった。しかし、後に赦免されて、光仁天皇の皇后である井上内親王の女官として仕えた。 丹生女王は、歌人としても知られており、万葉集に七首の歌を残している。そのうちの五首は、題詞のない相聞歌であり、他の二首は、藤原豊成の流罪を悲しんだ歌である。丹生女王の歌は、優美で情感に富んでおり、万葉集の中でも屈指の名歌とされている。 丹生女王は、藤原豊成の流罪後、悲劇的な人生を送った。しかし、彼女の歌は、今でも人々に感動を与え続けている。
歴史上の人物

「久米禅師」

-「久米禅師」の生涯と歌集- -久米禅師の概要- 久米禅師は、平安時代前期の僧侶であり、歌人としても活躍した人物です。俗名は久米広繁(久米広相とも)と言い、822年に京都に生まれました。父は参議の久米能成で、母は藤原北家日野流の藤原家宗の娘とされています。幼い頃から聡明で、13歳で出家して仁明天皇の勅を奉じ、比叡山延暦寺で修行しました。20歳で受戒し、26歳で最澄や空海らとともに唐に留学しました。唐に滞在した8年間は、仏教を学び、李白や杜甫ら中国の詩人に師事し、和歌の作法を習得しました。帰国後は、比叡山延暦寺で主として密教の法門を説き、権僧正、相模権守などの要職を歴任しました。905年に84歳で亡くなりました。 -久米禅師の歌集- 久米禅師は、和歌の第一人者として知られています。彼の歌は、唐の詩歌の影響を受けており、中国の詩歌の作法を用いて、日本の和歌をより洗練されたものにしました。彼の歌は、景色を詠んだものや、人生の無常を詠んだものなど、幅広い主題を扱っています。また、比喩や掛詞などの修辞技法を駆使した技巧的な歌も多く、平安時代前期の和歌を代表する歌人として高く評価されています。 久米禅師は、生前に歌集『久米禅師集』を編纂しています。この歌集には、彼の歌約150首が収められており、彼の和歌の全貌をうかがうことができます。『久米禅師集』は、平安時代前期の歌集として現存する数少ない歌集のひとつであり、和歌史の研究において重要な資料となっています。 -久米禅師の和歌の例- 「春の野に霞たなびきうぐいすのほろほろとなく声きこゆなり」 この歌は、春の野に霞がたなびき、鶯がほろほろと鳴く様子を詠んだものです。霞がたなびく野は、春の訪れを告げる象徴であり、鶯の鳴き声は、春の喜びを表しています。この歌は、春の景色の美しさと、春の訪れを喜ぶ心情を巧みに表現しています。 「人生はあだに過ぎ行くものなり花みずからは音をばたてねど」 この歌は、人生の無常を詠んだものです。花は、人生の象徴として用いられており、花が散っていく様子は、人生の無常を象徴しています。この歌は、人生の無常を悲しみ、人生の儚さを嘆く心情を巧みに表現しています。
歴史上の人物

当麻麻呂妻:万葉集の才女

伊勢行幸に同行した夫への思い 万葉集の才女として名高い大見麻呂妻は、夫の大見麻呂が伊勢行幸に同行した際、その旅路を案じて詠んだ歌を数多く残している。 その中でも特に有名なのが、次の歌である。 「君が行き 我が待つことの つれづれに 恋ひつつあらむ 秋のはつ風」 この歌は、大見麻呂が旅立った後の妻の心情を詠んだもので、夫を恋い慕う気持ちや、夫の無事を祈る気持ちが切々と伝わってくる。 また、大見麻呂妻は、夫が伊勢行幸から帰還した際に、その喜びを詠んだ歌も残している。 その中でも特に有名なのが、次の歌である。 「君が来れば 衣かさなり 手にふれど 肌にあたらず 袖のみしづぐ」 この歌は、夫との再会を喜び、その喜びを全身で感じている様子が詠まれている。 大見麻呂妻の歌は、夫への愛と、その愛する夫を案じる心情が切々と伝わってくる。その歌は、万葉集の中でも屈指の名歌として知られている。
歴史上の人物

小野綱手 – 万葉集に名を残した官吏

-小野綱手 - 万葉集に名を残した官吏- -奈良時代の官吏として活躍- 小野綱手(おののつなて、生没年不詳)は、奈良時代初期の官吏、歌人。万葉集に2首の歌を残している。 綱手の出身地は不明だが、越前国(現在の福井県)出身とする説がある。綱手は、奈良時代に右大臣を務めた藤原不比等(ふじわら の ふひと)に仕えていた。不比等の娘である光明子は、聖武天皇の皇后となり、綱手は光明子の側近として活躍した。 綱手は、光明子が皇后になった後、参議に任命された。参議は、天皇を補佐する役職であり、綱手は中央政権の中枢で働いた。綱手は、参議として、国家の重要事項について議論し、決定を下した。 綱手は、官吏として活躍する傍ら、歌人としても知られていた。万葉集には、綱手の歌が2首収録されている。綱手の歌は、自然の美しさを詠んだものが多い。 綱手は、奈良時代初期に活躍した官吏、歌人である。綱手は、光明子の側近として中央政権の中枢で働き、国家の重要事項について議論し、決定を下した。綱手は、官吏として活躍する傍ら、歌人としても知られており、万葉集に2首の歌を残している。
歴史上の人物

「舎人吉年」の生涯と思想

舎人吉年の生涯 舎人吉年は、室町時代中期の儒学者、歌人、連歌師である。1432年、備後国三原(現在の広島県三原市)に生まれる。幼名は吉安、号は松山子、別号に愚庵、東軒などがある。 10歳の時に京都に上り、尊円親王に師事して儒学を学ぶ。その後、足利義教の侍臣となり、1458年に東山御所において連歌会を催すなど、公家や武家との交流を深める。 1467年、応仁の乱が勃発すると、京都を離れて備後国に帰郷。乱が終結した1477年に京都に戻り、東山御所の再建に尽力した。 1480年、伏見殿歌会に出席し、連歌の宗家である宗祇に認められる。以降、宗祇との交流を深め、連歌の発展に貢献した。 1483年、東福寺の塔頭である正覚院の住持となる。翌年、正五位上に叙せられる。 1494年、京都で没する。享年63。 舎人吉年は、儒学と歌学、連歌に精通した文人として知られている。儒学では、朱子学を基盤としつつ、独自の思想を展開した。歌学では、二条派の歌風を継承し、連歌では、宗祇の指導を受けて連歌の発展に貢献した。 舎人吉年は、日本文化の発展に大きな貢献をした人物である。
歴史上の人物

– 平群郎女

- 平群郎女 平群郎女(へぐりのいらつめ)は、壬申の乱のあった時代に活躍した女性で、歌人としても知られています。 万葉集に収められた平群郎女の歌は、たった一首のみですが、その内容から、彼女がどのような人物であったのかを垣間見ることができます。 -# 万葉集に収められた平群郎女の歌 万葉集に収められている平群郎女の歌は、巻二の「相聞歌」の部に収められています。 > 黄葉をば 手折らば散りぬ 木の下の つがねの校に 飛ぶ山鳥かも この歌は、平群郎女が夫に贈った歌と言われています。 「黄葉をば 手折らば散りぬ」は、黄葉(紅葉した葉)を手に取ると、すぐに落ちてしまうことを意味します。 「木の下の つがねの校に 飛ぶ山鳥かも」は、木の根元にある小さな池に、山鳥が飛んできて遊ぶ様子を意味します。 この歌は、黄葉のように儚い自分の命を、山鳥のように自由に飛び回る夫に託して、別れを惜しんでいる歌と言われています。 平群郎女の夫は、壬申の乱で戦死したと言われています。 この歌は、夫を亡くした平群郎女の悲しみが込められた歌と言えます。 -# 平群郎女の歌の特徴 平群郎女の歌は、たった一首のみですが、その特徴として、以下のことが挙げられます。 * 情景描写が細やかで美しい * 擬人法や比喩を効果的に使用している * 哀愁や悲しみが感じられる * 口語調で、平易な言葉遣いがなされている 平群郎女の歌は、万葉集の中でも屈指の名歌として知られています。 彼女の歌は、彼女の優れた歌人としての才能を証明するものです。
歴史上の人物

県犬養浄人 – 万葉集に名を残した奈良時代の官吏

* 県犬養浄人の生涯 * 県犬養浄人は、奈良時代の官吏で、万葉集にその名が伝わっています。彼は高市郡の出身で、若い頃は役小角のもとで修行をしたと言われています。その後、官吏となり、刑部大輔にまで昇進しました。 浄人は、万葉集に十数首の歌を残しています。その歌は、自然の美しさや人生の無常を詠んだものが多いです。また、浄人は、万葉集の編纂にも携わったと言われています。 浄人は、752年に亡くなりました。享年54歳でした。浄人の死は、万葉集の編纂にも大きな影響を与えたと言われています。 浄人は、万葉集にその名が伝わっている奈良時代の官吏です。彼は高市郡の出身で、若い頃は役小角のもとで修行をしたと言われています。その後、官吏となり、刑部大輔にまで昇進しました。浄人は、万葉集に十数首の歌を残しています。その歌は、自然の美しさや人生の無常を詠んだものが多いです。また、浄人は、万葉集の編纂にも携わったと言われています。
歴史上の人物

「大神奥守」について:奈良時代の官吏

大神奥守とは? 大神奥守とは、奈良時代にあった官職であり、伊勢神宮の最高責任者を指す。神宮に奉仕する神官のトップであり、神宮の運営や祭祀を司っていた。また、神宮の財産を管理し、神宮の土地や権益を守る役割も担っていた。 大神奥守は、天皇によって任命され、その任期は2年であった。任期満了後は、神宮の他の役職に就くか、あるいは官界を引退した。 大神奥守の任命には、厳格な条件があった。その条件とは、以下の通りである。 ・伊勢国出身であること ・皇室の血を引いていること ・神道を深く理解していること ・品行方正であること これらの条件を満たした人物だけが、大神奥守に任命されることができた。 大神奥守の職務は、非常に重要であった。神宮の最高責任者として、神宮の運営や祭祀を司っていた。また、神宮の財産を管理し、神宮の土地や権益を守る役割も担っていた。大神奥守が不在の場合には、少弼(すけ)と呼ばれる副官が代行した。 大神奥守は、奈良時代を通じて、神宮の最高責任者として活躍した。しかし、平安時代になると、神宮の運営や祭祀は、次第に朝廷の支配下に入り、大神奥守の権限は弱まっていった。
歴史上の人物

– 「碁檀越妻」について

碁檀越妻とは? 碁檀越妻とは、囲碁を打つ者の妻の意味です。囲碁を打つ人は、長時間座りっぱなしで、集中力を使い果たします。そのため、碁檀越妻は、夫が囲碁を打っている間、夫の世話をする必要があります。碁檀越妻の仕事は、夫に食事を準備し、お茶を出し、碁盤の整理整頓を行うことです。また、夫が囲碁を打っている間、夫の邪魔をしないように注意する必要があります。碁檀越妻は、夫が囲碁を打つことに理解があり、夫を支えることができる女性です。 碁檀越妻の由来 碁檀越妻の由来は、室町時代まで遡ります。室町時代には、囲碁が武士の間で盛んに行われていました。武士は、戦場で命を懸けて戦うため、囲碁を打つことで、精神を鍛え、集中力を養っていました。武士の妻は、夫が囲碁を打っている間、夫の世話をする必要があり、これが碁檀越妻の始まりです。 碁檀越妻の役割 碁檀越妻の役割は、夫が囲碁を打つことに理解があり、夫を支えることです。碁檀越妻は、夫に食事を準備し、お茶を出し、碁盤の整理整頓を行います。また、夫が囲碁を打っている間、夫の邪魔をしないように注意する必要があります。碁檀越妻は、夫が囲碁を打つことに理解があり、夫を支えることができる女性です。 碁檀越妻の大変さ 碁檀越妻は、夫が囲碁を打っている間、夫の世話をする必要があります。これは、大変なことです。碁檀越妻は、夫に食事を準備し、お茶を出し、碁盤の整理整頓を行います。また、夫が囲碁を打っている間、夫の邪魔をしないように注意する必要があります。碁檀越妻は、夫が囲碁を打つことに理解があり、夫を支えることができる女性ですが、碁檀越妻の仕事は大変なものです。
歴史上の人物

「高市皇子(654-696)」

-高市皇子の生涯- 高市皇子(たかのおうじ、654年 - 696年)は、日本の皇族。天智天皇の第六皇子。母は天智天皇の皇子・志貴皇子の娘である蘇我安麻呂の娘である蘇我姪娘。天智天皇の皇太子であった大友皇子(弘文天皇)と母は同腹の兄妹であり、天武天皇の同母弟にあたる。 -皇太子時代- 天智天皇10年(671年)、大友皇子の冤罪事件で父である天智天皇が亡くなり、天武天皇が即位すると、高市皇子は皇太子に立てられた。天武天皇2年(673年)、高市皇子は天武天皇の娘・阿閇皇女(後の持統天皇)を妃に迎えた。天武天皇3年(674年)、出雲国に派遣されて軍事に参加した。天武天皇4年(675年)、筑紫国に派遣されて軍事に参加した。 -壬申の乱- 天武天皇13年(686年)、天武天皇が亡くなり、持統天皇が即位した。このとき、高市皇子は皇太子を廃され、舎人親王が皇太子に立てられた。高市皇子は不満を抱き、舎人親王を廃して皇位を奪おうと謀反を企てた。しかし、この計画は発覚し、高市皇子は逮捕された。 -謀反の疑い- 持統天皇4年(690年)、高市皇子は自身の謀反の疑いを晴らすために、舎人親王を毒殺した。しかし、この事件は持統天皇の怒りを買い、高市皇子は失脚した。 -晩年- 高市皇子は、天武天皇と持統天皇の間に生まれた草壁皇子の後継者と目されていたが、謀反の疑いをかけられて失脚し、晩年は不遇のうちに終わった。朱鳥元年(686年)、高市皇子は病に倒れ、3月2日に亡くなった。享年43。 -高市皇子の死後- 高市皇子の死後、高市皇子の妃であった阿閇皇女は持統天皇の養女となり、文武天皇の皇后となった。高市皇子の子供たちである文武天皇、元明上皇、元正天皇は、いずれも天皇として即位した。
歴史上の人物

藤原房前

藤原房前(681-737) 藤原房前は、奈良時代初期の公卿である。 藤原房前の生涯 藤原房前は、藤原不比等の三男として生まれた。兄に藤原武智麻呂、藤原麻呂、姉に光明皇后がいた。 房前は、幼い頃から聡明で、15歳で元服し、従五位下に叙された。その後、右近衛少将、右近衛中将などを経て、25歳で参議に任命された。 房前は、参議として政務に参与し、治部卿、民部卿、刑部卿などを歴任した。また、遣唐使の副使として唐に派遣され、唐の文化や制度を学んだ。 房前は、48歳で従二位に叙され、右大臣に任命された。さらに、54歳で正二位に叙され、太政大臣に任命された。房前は、太政大臣として政務を総覧し、奈良時代の政治を支えた。 房前は、59歳で薨去した。 藤原房前の業績 藤原房前は、日本の政治家として、多くの業績を残した。 房前は、遣唐使の副使として唐に派遣され、唐の文化や制度を学んだ。房前は、唐の文化や制度を日本に導入し、日本の文化や制度の発展に貢献した。 房前は、参議として政務に参与し、治部卿、民部卿、刑部卿などを歴任した。房前は、これらの官職を通じて、日本の政治や行政の発展に貢献した。 房前は、太政大臣として政務を総覧し、奈良時代の政治を支えた。房前は、太政大臣として、日本の政治の安定と発展に貢献した。
歴史上の人物

「佐伯東人」のプロフィールと経歴-奈良時代の官吏

-佐伯東人の生い立ち- 佐伯東人は、藤原不比等の次男として、天智天皇2(663)年に生まれました。母は、阿倍御主人(あべのみうしぬし)の娘であり、持統天皇の妹にあたります。 佐伯東人は、幼少期に父を失いますが、母と継父である大伴安麻呂(おおとものやすまろ)に育てられます。大伴安麻呂は、天武天皇の側近として活躍した人物であり、佐伯東人に大きな影響を与えたと考えられています。 佐伯東人は、大学寮で儒教を学び、その後は官吏として出仕します。和銅4(711)年には、遣唐使の副使として中国に渡り、唐の文化や政治制度を学びました。帰国後、佐伯東人は、大宰少弐(だざいしょうに)や刑部卿(ぎょうぶきょう)などの官職を歴任し、天平19(747)年には、参議に任命されます。 佐伯東人は、文武両道に優れた人物であり、詩文や書道にも長けていました。また、仏教にも帰依し、東大寺や法隆寺などの建立に貢献しました。 佐伯東人は、天平勝宝9(757)年に、65歳で亡くなりました。
歴史上の人物

志斐嫗とは?飛鳥時代の女官で万葉集に登場する人物

-# 志斐嫗の生涯と事績 志斐嫗については、万葉集にある二首の歌を除けば、確たる史料はほとんど残されていない。しかし、その歌からうかがえる彼女の生涯と事績は以下の通りである。 志斐嫗は、飛鳥時代の女官・歌人である。氏は不明であるが、多治比氏の出身であったとされている。生没年も不詳だが、推古天皇の時代(592年 - 628年)に宮仕えをしていたと推定されている。 志斐嫗は、衛門督を務め、宮中の警護や治安維持に当たっていた。また、歌人としても活躍し、万葉集には彼女の歌が二首収められている。そのうちの一首は、次のようなものである。 > -麻続の為に越ゆるせわがれば おのが大君の御牧かぞえて- この歌は、麻続(まつか)という若者が越の国(現在の福井県)に赴く際に、志斐嫗が贈った歌である。歌の中では、麻続が旅の安全を祈るとともに、大君の御牧(みまき)を数えながら行ってほしいと願っている。 志斐嫗は、聡明で働き者であり、宮中で重んじられていたと伝えられている。また、歌人としても優れた才能を持ち、万葉集に収められている彼女の歌は、後世の人々に愛されてきた。
文学分野の人

-絹の概要- 絹は、カイコガの幼虫(蚕)が繭を作るために吐き出す繊維です。絹糸は、繭の中心から外側に向かって順次吐き出され、層状に重なり合っています。絹糸は、タンパク質繊維の一種で、主成分はセリシンとフィブロインです。セリシンは、絹糸の外側を覆っている物質で、フィブロインは、絹糸の内側を構成する物質です。セリシンは、水に溶ける性質があり、フィブロインは、水に溶けない性質があります。 絹糸は、細くても強く、弾力性があります。また、吸湿性と放湿性に優れており、肌触りが良いのが特徴です。絹糸は、古くから衣料品や寝具、装飾品などに使用されてきました。絹糸は、天然繊維の中でも最も高価な繊維の一つです。 絹糸の生産は、主に中国、インド、ブラジルで行われています。日本では、主に群馬県と長野県で生産されています。絹糸の生産量は、近年減少傾向にあります。その理由は、化繊の台頭と、労働力不足などがあげられます。 絹糸は、天然繊維の中でも最も高価な繊維の一つですが、その品質と美しさは、多くの人々を魅了しています。絹糸は、今後も衣料品や寝具、装飾品などに使用され続けるものと考えられます。
歴史上の人物

弓削皇子 – 飛鳥時代,天武天皇の第6皇子

- 弓削皇子の生涯 -# 出生と家系 弓削皇子は、飛鳥時代の皇族で、天武天皇の第6皇子です。母は、天智天皇の皇女・大田皇女です。同母兄弟に、高市皇子、大津皇子、穂積皇子、磯部皇子、十市皇子、阿閉皇女がいます。 -# 生い立ちと教育 弓削皇子は、幼少期から聡明で、学問に秀でていました。また、武芸にも優れており、弓術に長じていました。 -# 天智天皇の死と壬申の乱 672年、天智天皇が崩御すると、その弟の大友皇子(弘文天皇)が皇位を継承しました。しかし、翌673年に、天武天皇が壬申の乱を起こし、大友皇子を破って皇位につきました。 壬申の乱に際して、弓削皇子は、天武天皇を支持して戦いました。そして、功績を挙げて、天武天皇から賞賛されました。 -# 天武天皇の死と白村江の戦い 686年、天武天皇が崩御すると、その第1皇子・草壁皇子が皇位を継承しました。しかし、草壁皇子は、689年に急死し、その弟・軽皇子(文武天皇)が皇位を継承しました。 軽皇子の即位後、弓削皇子は、舎人親王・大納言などの要職を歴任しました。また、白村江の戦いにも従軍し、功績を挙げました。 -# 弓削皇子の死 715年、弓削皇子は、53歳で亡くなりました。死因は不明です。 弓削皇子は、聡明で学問に秀でた人物であり、武芸にも優れていました。また、忠実で功績を挙げた人物でした。その死は、朝廷にとって大きな損失となりました。
歴史上の人物

「土師」-奈良時代の女流歌人-万葉集

-土師とは何か?- 土師とは、奈良時代の女流歌人で、万葉集に28首の歌を残した歌人です。彼女の生没年は不詳ですが、7世紀中頃から8世紀初頭にかけて活躍したと考えられています。 土師という姓は、古代において土器を作る人々を指す言葉でした。土師氏は、渡来系氏族の一つで、土器作りの技術を持ち、各地に土師部を設けて土器を生産していました。土師という姓を持つ人は、土師氏の出身者であることが多く、土師はその姓に由来する名前だったと考えられています。 土師の歌は、万葉集の中で、巻二に2首、巻三に6首、巻四に15首、巻五に5首収められています。土師の歌には、自然を詠んだもの、恋愛を詠んだもの、旅を詠んだものなど、さまざまなテーマの歌があります。 土師の歌は、その素朴な美しさで知られています。土師は、自然の美しさをありのままに詠み、また、恋愛の喜びや悲しみを率直に表現しています。土師の歌は、奈良時代の女流歌人の代表作として、今も多くの人に愛されています。
歴史上の人物

六人部鯖麻呂、万葉に歌を残した遣新羅使節

遣新羅使節として活躍 六人部鯖麻呂は、持統朝の7世紀後半に、遣新羅使節として活躍した人物です。 遣新羅使は、日本と新羅との間の外交関係を維持するために、定期的に派遣されていた使節団のことです。その任務は、新羅の情勢を探り、友好関係を維持することでした。 鯖麻呂は、遣新羅使の一員として、702年に新羅に派遣されました。彼は、新羅の王である景徳王に、日本の天皇からの書状を届けました。また、新羅の情勢について、日本の朝廷に報告する任務を負っていました。 鯖麻呂は、新羅に滞在中に、万葉集に収録されている歌を詠んでいます。その歌には、新羅の国の美しい風景や、新羅の人々の暮らしの様子などが詠まれています。 鯖麻呂は、705年に日本に帰国しました。彼は、遣新羅使として、新羅との友好関係を維持することに貢献しました。また、万葉集に収録されている歌は、新羅の国の貴重な資料となっています。
歴史上の人物

「吉備津采女」

-「吉備津采女」の生涯- 吉備津采女(きびつ うねめ)は、 備前国(岡山県)の武士で、宇喜多直家の正室。 戦国時代から安土桃山時代にかけての人物。 -誕生と家系- 吉備津采女は、 備前国吉備津城の城主であり、宇喜多家の家臣でもあった吉備津景家(よしのぶ)の娘として生まれたと考えられています。 -宇喜多直家との結婚- 吉備津采女は、15歳で宇喜多直家と結婚しました。宇喜多直家は、備前国の有力な戦国大名で、後に豊臣秀吉に仕えて中国地方の支配を任されます。吉備津采女は、直家の正室として、宇喜多家の家督を継いだ嫡男・秀家の教育に力を注ぎました。 -備前国の統治- 宇喜多直家の死後、吉備津采女は、 宇喜多家の当主となり、備前国を統治しました。彼女は、藩政を安定させ、領内の経済発展に努めました。また、キリシタンを保護し、その普及に貢献したとも言われています。 -毛利輝元との戦い- 1600年、関ケ原の戦いで宇喜多秀家は西軍に与し、毛利輝元率いる西軍は、備前国に侵攻しました。吉備津采女は、 宇喜多秀家と共に毛利輝元と戦いましたが、敗北しました。その後、吉備津采女は備前国を追放され、京都に逃れました。 -京都での晩年- 吉備津采女は、京都で余生を過ごし、1624年に死去しました。彼女の墓は、京都の妙心寺塔頭である退蔵院にあります。 吉備津采女は、戦国時代から安土桃山時代にかけて、備前国を統治した戦国大名の正室として、活躍した女性です。彼女は、藩政を安定させ、領内の経済発展に努め、キリシタンを保護するなど、優れた統治者として知られています。
歴史上の人物

安曇三国 – 万葉集に名を残した防人部領使

天平勝宝7年に防人部領使として筑紫へ 天平勝宝7年(西暦755年)、安曇三国は防人部領使に任命され、筑紫(九州)へと向かいました。防人部領使とは、防人を率いて筑紫に派遣される役人のことで、防人の生活や治安維持、筑紫での防備強化などの任務を担っていました。 安曇三国が筑紫に滞在していた期間は、史料によって異なりますが、少なくとも1年程度は滞在していたと考えられています。この間、安曇三国は防人の統率や治安維持に努め、筑紫の防備を強化するなど、防人部領使としての任務を全うしました。 安曇三国の筑紫への派遣は、安曇氏と朝廷との関係を強固にすることを目的としていたと考えられています。安曇氏は大和朝廷に服属した古代豪族であり、朝廷に対して忠誠を誓っていました。安曇三国の筑紫への派遣は、安曇氏と朝廷との関係をさらに緊密にすることを目指したものであったと考えられます。 また、安曇三国の筑紫への派遣は、安曇氏の知識や経験を朝廷に提供することを目的としていたと考えられています。安曇氏は、航海や外交に長けた氏族であり、朝廷は安曇氏の知識や経験を活かして、筑紫の防備を強化したり、対外関係を強化したりすることを目指していたと考えられます。 安曇三国の筑紫への派遣は、安曇氏と朝廷との関係を強固にすることを目的とした、重要な出来事であったと考えられています。
歴史上の人物

内蔵縄麻呂 – 平安時代の官吏、歌人

-生涯と経歴- 内蔵縄麻呂は、平安時代前期の官吏、歌人です。生没年不詳ですが、仁明天皇の時代(833-850年)に活躍したと推定されています。 内蔵縄麻呂は、下総国(現在の千葉県)の豪族・平惟仲の子として生まれました。若くして京に上り、大学寮で学問を修めました。836年に文章生に補され、842年には少内記に任命されました。その後、左少弁、右少弁、右中弁と歴任し、850年に参議に昇進しました。 内蔵縄麻呂は、優れた歌人としても知られており、『古今和歌集』に25首の歌が入集されています。彼の歌は、優美で繊細な作風が特徴です。 内蔵縄麻呂は、851年に参議を辞任し、隠居しました。その後、856年に死去したと伝えられています。
歴史上の人物

– 「抜気大首」について

- 「抜気大首」について