万載狂歌集

歴史上の人物

人名辞典 – 「雲楽山人」(江戸時代中期の戯作者)

-雲楽山人の生涯- 雲楽山人(うんらくさんがじん)は、江戸時代中期の戯作者です。本名は高井清(たかい・きよし)、通称は高井清右衛門(たかい・せいえもん)、別名は高井総左衛門(たかい・そうざえもん)など。生没年は不詳ですが、享保3年(1718年)に生まれ、宝暦12年(1762年)頃に没したと推測されています。 雲楽山人は、江戸の町人として生まれました。幼い頃から学問を好み、特に中国の古典や日本の和歌に精通していました。青年期には、戯作の世界に興味を持ち、多くの作品を発表しました。雲楽山人の作品は、ユーモアに富んだ作風で、当時の庶民に人気を博しました。 雲楽山人は、江戸時代中期を代表する戯作者の一人です。その作品は、当時の社会風俗を生き生きと描き出しており、貴重な史料となっています。また、雲楽山人の作品は、江戸の庶民の生活や思想を理解するうえでも重要な手がかりとなっています。 -雲楽山人の人物像- 雲楽山人は、温厚でユーモラスな性格だったと言われています。また、学問を好み、博学であったことも知られています。雲楽山人は、戯作の世界で成功を収めただけでなく、俳句や和歌にも通じていました。 雲楽山人は、江戸時代中期に活躍した戯作者であり、その作品は、当時の社会風俗や庶民の生活を生き生きと描き出しています。また、雲楽山人は、温厚でユーモラスな性格で、学問を好み、博学であったと言われています。
歴史上の人物

瑞竜軒(初代) – 江戸時代中期の講釈師

- 瑞竜軒の生涯と業績 瑞竜軒(初代)は、江戸時代中期の講釈師である。名は成政。通称は太郎兵衛。号は一学。 享保15年(1730年)、上野国新田郡新田町(現・群馬県太田市)に生まれる。幼少の頃から講談に興味を持ち、15歳の時に江戸に出て講談師を目指した。 安永6年(1777年)、神田猿楽町に講談座を設け、講釈師としてデビュー。 瑞竜軒は、講釈の演目を工夫し、内容を充実させ、講談の質を高めた。また、従来の講談師が一人で演じるスタイルを改め、複数人で演じるスタイルを取り入れた。 瑞竜軒の講釈は、江戸の人々に大いに好評を博し、多くの聴衆を集めた。瑞竜軒は、一躍人気講釈師となり、江戸講談界の第一人者となった。 天明元年(1781年)、瑞竜軒は講釈座を浅草に移転した。その後、寛政12年(1800年)に引退するまで、浅草で講釈を続けた。 瑞竜軒は、天保10年(1839年)に80歳で死去した。瑞竜軒の講釈は、後世の講釈師に大きな影響を与えた。瑞竜軒は、江戸講談界の発展に貢献した人物である。