三味線

音楽分野の人

「喜代竹新七」について

-喜代竹新七の生涯- 喜代竹新七は、享保15年(1730年)に、現在の東京都足立区に生まれた。幼名は、松五郎。 新七は、15歳の時に、江戸に出て、木挽職人の喜代竹喜兵衛の養子となった。喜代竹喜兵衛は、江戸城の普請に関わる大工棟梁であり、新七は、養父の元で木工技術を学んだ。 享保21年(1736年)、新七は、喜代竹喜兵衛の跡を継いで、喜代竹喜兵衛の養子となった。 享保22年(1737年)、新七は、江戸城の普請奉行に任命された。江戸城の普請奉行は、江戸城の普請に関する一切を統括する役職であり、新七は、江戸城の普請奉行として、江戸城の改修や増築に携わった。 元文4年(1739年)、新七は、江戸城の普請奉行を辞任した。江戸城の普請奉行を辞任した新七は、木挽職人の組合である木挽町世話役となり、木挽職人たちの利益を擁護した。 延享元年(1744年)、新七は、江戸城の普請奉行に再任された。江戸城の普請奉行に再任された新七は、江戸城の改修や増築に再び携わった。 延享3年(1746年)、新七は、江戸城の普請奉行を辞任した。江戸城の普請奉行を辞任した新七は、木挽職人の組合である木挽町世話役を再び務め、木挽職人たちの利益を擁護した。 宝暦元年(1751年)、新七は、江戸城の普請奉行に三度任命された。江戸城の普請奉行に三度任命された新七は、江戸城の改修や増築に三度携わった。 宝暦4年(1754年)、新七は、江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事の奉行を務めた。江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事の奉行を務めた新七は、江戸城の再建工事を監督し、江戸城を再建した。 宝暦10年(1760年)、新七は、江戸城の普請奉行を辞任した。江戸城の普請奉行を辞任した新七は、木挽職人の組合である木挽町世話役を三度務め、木挽職人たちの利益を擁護した。 明和2年(1765年)、新七は、江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事の奉行に再び任命された。江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事の奉行に再び任命された新七は、江戸城の再建工事を再び監督し、江戸城を再建した。 安永8年(1779年)、新七は、江戸城の普請奉行を辞任した。江戸城の普請奉行を辞任した新七は、木挽職人の組合である木挽町世話役を四度務め、木挽職人たちの利益を擁護した。 天明2年(1782年)、新七は、江戸城の普請奉行に五度任命された。江戸城の普請奉行に五度任命された新七は、江戸城の改修や増築に五度携わった。 天明4年(1784年)、新七は、江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事の奉行に三度任命された。江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事の奉行に三度任命された新七は、江戸城の再建工事を三度監督し、江戸城を再建した。 寛政元年(1789年)、新七は、江戸城の普請奉行を辞任した。江戸城の普請奉行を辞任した新七は、木挽職人の組合である木挽町世話役を五度務め、木挽職人たちの利益を擁護した。 寛政9年(1797年)、新七は、江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事の奉行に四度任命された。江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事の奉行に四度任命された新七は、江戸城の再建工事を四度監督し、江戸城を再建した。 寛政11年(1799年)、新七は、江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事が完成した。江戸城の大火によって焼失した江戸城の再建工事が完成した新七は、江戸城の再建工事を監督した功績により、江戸城の普請奉行に六度任命された。 寛政12年(1800年)、新七は、江戸城の普請奉行を辞任した。江戸城の普請奉行を辞任した新七は、85歳で死去した。
音楽分野の人

菅野序遊(3代)

-3代菅野序遊とは- 3代菅野序遊は、江戸時代中期に活躍した浮世絵師です。本名は菅野与衛右衛門、通称は近江屋佐兵衛、号は序遊、別号に砂川百丈、月堂、芝山楼、随雲亭、画号は狂画師序遊、近江屋序遊などがあります。生没年は不詳ですが、寛政7年(1795年)に82歳で没したとされています。 菅野序遊は、浮世絵師として活躍する前は、大工や町役人を務めていました。しかし、絵を描くことに興味を持ち、浮世絵師の道を志しました。最初は、喜多川歌麿に弟子入りし、浮世絵の基礎を学びました。その後、歌麿の元を離れ、独自に画風を確立しました。 菅野序遊の画風は、写実的で、庶民の生活をありのままに描いたものが多くあります。また、風刺画や戯画も得意とし、社会の風潮を鋭く批評した作品も残しています。菅野序遊の作品は、庶民の間で人気があり、多くの人々から愛されました。 菅野序遊は、浮世絵界に大きな功績を残した浮世絵師の一人です。浮世絵の普及に貢献し、庶民の生活を描いた作品は、現在でも多くの人々から親しまれています。
芸能分野の人

山彦二朝 – 江戸時代に活躍した浄瑠璃三味線方

-# 江戸時代中期から後期の浄瑠璃三味線方 山彦二朝は、江戸時代中期から後期の浄瑠璃三味線方であり、山彦流の祖として知られています。彼は、京都に生まれ、豊竹若太夫の門下で浄瑠璃を学び、その後、江戸に出て、一中節の三味線方として活躍しました。二朝は、浄瑠璃三味線の演奏に独自の工夫を加え、山彦節と呼ばれる新しい節回しを確立しました。山彦節は、華やかで技巧的な演奏が特徴で、江戸の聴衆から大きな人気を集めました。二朝は、また、浄瑠璃の作曲も行い、多くの名作を残しています。彼の代表作としては、『義経千本桜』、『仮名手本忠臣蔵』、『菅原伝授手習鑑』などがあります。二朝は、浄瑠璃三味線の発展に大きく貢献し、近代浄瑠璃の基礎を築いた人物として知られています。 二朝は、山彦流の三味線方の祖として、多くの弟子を育てました。彼の弟子には、山彦伯耆、山彦太郎、山彦芝次郎、山彦小半太などがおり、いずれも一流の三味線方として活躍しました。二朝の山彦流は、江戸時代後期に江戸で最も人気のある浄瑠璃三味線の流派となりました。二朝は、1773年に江戸で亡くなりました。 二朝の浄瑠璃三味線の演奏は、その華やかさと技巧的な演奏で、江戸の聴衆から大きな人気を集めました。二朝は、また、浄瑠璃の作曲も行い、多くの名作を残しています。彼の代表作としては、『義経千本桜』、『仮名手本忠臣蔵』、『菅原伝授手習鑑』などがあります。二朝は、浄瑠璃三味線の発展に大きく貢献し、近代浄瑠璃の基礎を築いた人物として知られています。
音楽分野の人

菅野序遊 (4代)

-# 菅野序遊 (4代)の生涯 菅野序遊 (4代)は、江戸時代中期から後期にかけての浮世絵師です。葛飾北斎、歌川国芳とともに、幕末の浮世絵を代表する3人の絵師のうちの一人とされています。 序遊は、1790年に江戸に生まれ、本名は菅野金太郎。号は、序遊、交遊菴、露輸園など。師匠は、葛飾北斎です。 序遊は、北斎の門下で絵を学び、1811年に「東海道五十三次」の版下絵を手がけたことで、浮世絵師としてのデビューを飾りました。その後、序遊は「名所江戸百景」や「浮世風俗十二ヶ月」などの名作を次々と発表し、浮世絵界の第一人者として活躍しました。 序遊の絵は、北斎の影響を強く受けながらも、独自の画風を確立しています。序遊の絵の特徴は、大胆で力強い線描と、鮮やかな色彩です。また、序遊は、浮世絵に西洋の技法を取り入れたことで知られており、その画風は、後の浮世絵師に大きな影響を与えました。 序遊は、1858年に江戸で亡くなりました。享年68歳でした。序遊は、浮世絵界に多大な功績を残した偉大な浮世絵師として、現在でも多くの人々に愛されています。
芸能分野の人

「柳家三亀松」

-艶笑漫談家・柳家三亀松の芸風- 柳家三亀松は、江戸末期から明治時代にかけて活躍した落語家・曲師・地唄三味線師匠。本名は、柳亭花雪(やなぎていはなゆき)。後に三亀松を襲名し、前名・花雪は弟子が襲名した。柳派と俗に言われる噺の源流となった人物である。 -芸風- 三亀松の芸風は、艶笑に富み、下ネタを臆することなく披露する豪快なものであった。当時の落語界では、艶笑噺は下品とされ、敬遠されていたが、三亀松はあえてその道を突き進み、大衆の支持を得た。 三亀松の艶笑噺は、単に下ネタを羅列するだけでなく、巧みな話術で笑いを誘うものであった。三亀松は、男女の機微を巧みに描き、下ネタを上品に昇華させる技を持っていた。また、三亀松は、三味線を巧みに操り、艶笑噺をより艶やかに演出した。 三亀松の芸風は、後の落語界に大きな影響を与えた。三亀松の弟子である柳家小三治や、柳家小さんなど、三亀松の芸風を受け継いだ落語家が数多く輩出された。三亀松の艶笑噺は、現在でも受け継がれており、多くの落語ファンに愛されている。 -代表的なネタ- 三亀松の代表的なネタには、次のようなものがある。 * 「寝床」 * 「御神酒徳利」 * 「へっつい盗人」 * 「酒の粕」 * 「門口」 いずれも、艶笑に富んだ噺で、三亀松の巧みな話術で笑いを誘うものばかりである。 -功績- 三亀松は、艶笑漫談という新しい芸風を確立した功績から、「艶笑落語の祖」と呼ばれている。また、三亀松は、柳派と俗に言われる噺の源流となった人物でもあり、落語界に大きな影響を与えた。 三亀松の艶笑噺は、現在でも受け継がれており、多くの落語ファンに愛されている。三亀松は、落語界に大きな足跡を残した偉大な落語家である。
芸能分野の人

竹沢権右衛門(3代)とは?-江戸時代後期の浄瑠璃三味線方の活躍-

-竹沢権右衛門(3代)の経歴- 竹沢権右衛門(3代)は、江戸時代後期に活躍した浄瑠璃三味線方の名人で、本名は竹沢治重。京都の生まれで、2代目竹沢権右衛門の娘婿にあたる。文化4年(1807年)、権右衛門の養子となり、文政4年(1821年)に権右衛門を襲名した。 権右衛門は、師匠である2代目権右衛門の薫陶を受け、浄瑠璃三味線の演奏技術を会得した。また、浪花節や端唄などの他ジャンルの音楽にも通じており、幅広い音楽性を備えていた。 権右衛門は、文政4年(1821年)に江戸に下向し、中村座で初舞台を踏んだ。その後、市村座や守田座など江戸の主要な芝居小屋に出演し、その演奏技術の高さから人気を博した。 権右衛門は、浄瑠璃三味線の演奏技巧を進化させたことで知られている。独奏曲である「乱拍子」を創始し、三味線の可能性を押し広げた。また、2丁の三味線を同時に演奏する「二丁弾き」も得意とし、その華やかな演奏は聴衆を魅了した。 権右衛門は、浄瑠璃三味線の普及にも貢献した。文政8年(1825年)に江戸に三味線教室を開き、多くの弟子を育てた。また、浄瑠璃三味線の楽譜である「三味線譜」を出版し、浄瑠璃三味線の演奏技法を広く伝えることに努めた。 権右衛門は、安政6年(1859年)に死去した。享年54歳。その死は、浄瑠璃三味線の大きな損失とされ、多くのファンが悲しみに暮れた。 権右衛門は、浄瑠璃三味線の演奏技術を進化させ、その普及に貢献した名手である。その功績は、今日でも高く評価されている。
音楽分野の人

津田青寛:地歌・箏曲界に大きな影響を与えた人物

津田青寛の生い立ちと音楽との出会い 津田青寛は、1873年(明治6年)11月20日に東京に生まれました。幼少の頃から音楽に興味を持ち、琴や三味線の稽古を始める。その後、東京音楽学校(現・東京藝術大学)で音楽を学び、卒業後は音楽教師として働いた。 1900年(明治33年)に、津田青寛は「箏曲新報」を創刊し、地歌・箏曲の普及に努めた。また、1904年(明治37年)に、東京に「青絃社」を設立し、地歌・箏曲の演奏会や講習会を開催した。 津田青寛は、地歌・箏曲の普及に貢献しただけでなく、地歌・箏曲の近代化にも努めた。彼は、地歌・箏曲の伝統的な音楽を尊重しながらも、新しい音楽の要素を取り入れて、地歌・箏曲をより現代的な音楽へと発展させた。 津田青寛は、1935年(昭和10年)に61歳で亡くなったが、彼の残した功績は、現在でも地歌・箏曲界に大きな影響を与えている。
音楽分野の人

宮薗千之(2代) – 明治時代の浄瑠璃三味線方

宮薗千之(2代)の生涯 宮薗千之(2代)は、明治時代の浄瑠璃三味線方です。本名は宮薗千蔵。通称は鬼千代。1860年(万延元年)9月1日、石川県金沢市に生まれました。幼少の頃から三味線を始め、10歳の時には、2代豊沢広助に入門しました。1884年(明治17年)には、東京に出て、2代目竹本綱太夫門下となり、綱太夫と名乗りました。1890年(明治23年)には、2代目松浦検校の門下となり、千之を名乗りました。 千之は、三味線の技術に優れ、特に義太夫節を得意としました。1905年(明治38年)には、文部大臣賞を受賞しました。1910年(明治43年)には、帝国劇場の専属となり、1916年(大正5年)には、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の教授となりました。 1922年(大正11年)、57歳の時に、脳卒中で死去しました。千之の死は、浄瑠璃界に大きな衝撃を与えました。千之は、浄瑠璃三味線の第一人者として、日本の音楽史に大きな足跡を残しました。 千之は、三味線の技術だけでなく、作曲家としても才能を発揮しました。1920年(大正9年)には、浄瑠璃の曲集である『宮薗千之曲集』を出版しました。この曲集には、千之の代表作である「佐倉宗吾」や「堀川猿丸」などが収められています。『宮薗千之曲集』は、浄瑠璃の古典として、現在でも多くの人に親しまれています。 千之は、浄瑠璃三味線の第一人者として、日本の音楽史に大きな足跡を残しました。千之の死は、浄瑠璃界に大きな衝撃を与えました。千之の功績を称え、1923年(大正12年)には、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に「宮薗千之記念碑」が建立されました。
音楽分野の人

八重崎検校(1) – 江戸時代中期の地歌演奏家

八重崎検校(1)の生涯 八重崎検校(1)は、江戸時代中期の地歌演奏家です。本名は八重崎藤右衛門、諱は貞温または貞利。別名は初世八重崎検校、若狭検校、山崎検校、卯辰検校、一中検校など。芸号は三笑庵或は三笑。 八重崎検校(1)は、1674年(延宝2年)に京都で生まれました。幼い頃から音楽の才能を発揮し、12歳の時に盲目になりましたが、その後も音楽を学び続けました。20歳の時に京都の八重崎検校(2)の門下に入り、地歌を学びました。 八重崎検校(1)は、地歌の演奏家としてすぐに頭角を現し、25歳の時に検校に任命されました。検校とは、盲人の音楽家の最高位の称号です。八重崎検校(1)は、江戸と京都を行き来しながら地歌の演奏を行い、多くの弟子を育てました。 八重崎検校(1)は、地歌の演奏家としてだけでなく、作曲家としても活躍しました。八重崎検校(1)は、多くの地歌を作曲し、その中には「八重崎検校(1)の楽曲」として知られる「八重崎節」や「若狭節」などがあります。 八重崎検校(1)は、1736年(元文元年)に京都で亡くなりました。享年63歳でした。八重崎検校(1)は、地歌の演奏家として、作曲家として、大きな功績を残した人物です。
音楽分野の人

鳥羽屋三右衛門(初代) – 長唄・浄瑠璃(じょうるり)三味線方の祖

- 鳥羽屋三右衛門(初代)の生涯と業績 鳥羽屋三右衛門(初代)は、長唄・浄瑠璃(じょうるり)三味線方の祖として知られる人物です。1682年に江戸で生まれ、1753年に京都で亡くなりました。 三右衛門は、幼い頃から三味線を学び、13歳の時に初代中村伝九郎の門下に入門しました。18歳の時には、歌舞伎座の舞台で三味線を弾くようになり、その卓越した技量でたちまち人気を集めました。 三右衛門は、歌舞伎や浄瑠璃の伴奏として三味線を弾くだけでなく、作曲家としても活躍しました。彼の作品には、『越後獅子』、『京鹿子娘道成寺』、『勧進帳』など、今日でもよく知られている名曲が数多くあります。 また、三右衛門は三味線の演奏法や理論について研究を行い、それらをまとめた『三曲指南抄』を著しました。この本は、三味線の演奏者にとってバイブル的な存在となり、今日に至るまで多くの人に読まれています。 三右衛門は、三味線の演奏と作曲、そして教育者として、日本の伝統音楽の発展に多大な貢献をしました。彼は、長唄・浄瑠璃三味線方の祖として、今日でも多くの人々に尊敬されています。 - 三右衛門の代表的な作品 * 越後獅子 * 京鹿子娘道成寺 * 勧進帳 * 鏡獅子 * 寿式三番叟 * 道行旅路花聟 * 伽羅先代萩 * 義経千本桜 * 仮名手本忠臣蔵 * 菅原伝授手習鑑 - 三右衛門の三味線演奏の特徴 * 力強く、かつ繊細な演奏 * 豊かな音色と多彩な表現力 * 高い技術と豊富な知識に裏付けられた演奏 - 三右衛門の教育者としての功績 * 多くの弟子を育て、三味線の演奏技術の向上に貢献 * 三味線の演奏法や理論について研究を行い、『三曲指南抄』を著す * 三味線の演奏と作曲の普及に努める
音楽分野の人

「金沢左衛門」と浄瑠璃の楽しみ

- 金沢左衛門の生涯と経歴 -# 生涯 金沢左衛門は、江戸時代元禄期に活躍した浄瑠璃太夫・義太夫節の祖。1644年、近江国野州郡(現・滋賀県野洲市)に生まれ、幼少期より浄瑠璃に興味を抱き、14歳の時に京都で修行を始める。その後、大阪に出て宝来屋五兵衛座に加わり、18歳で太夫として初舞台を踏む。 左衛門は、義太夫節の太夫として、その語り口の巧みさと情感豊かな声で評判を博し、江戸に進出する。そこで、三味線の伴奏を加えた新しい浄瑠璃のスタイルを確立し、江戸浄瑠璃の祖として知られるようになる。 また、左衛門は、人形浄瑠璃の台本も数多く書き、その作品は、歌舞伎や映画など、様々なジャンルの作品に影響を与えている。1705年、江戸で死去。 -# 経歴 金沢左衛門は、1662年に大阪で浄瑠璃太夫として初舞台を踏む。その後、江戸に進出して、三味線の伴奏を加えた新しい浄瑠璃のスタイルを確立。1684年に、人形浄瑠璃の台本「傾城阿波の鳴門」を書き、大ヒットを記録する。 1691年には、江戸に金座を設立し、浄瑠璃の興行を統括。また、1693年には、人形浄瑠璃の台本「義経千本桜」を書き、これも大ヒットを記録する。左衛門は、義太夫節の祖として、江戸浄瑠璃の全盛期に活躍し、1705年に江戸で死去するまで、浄瑠璃界をけん引した。
音楽分野の人

知原新六 – 江戸の浄瑠璃三味線方

-知原新六の生涯と業績- 知原新六は、江戸時代の浄瑠璃三味線方です。元禄2年(1689年)に江戸で生まれ、享保19年(1734年)に亡くなりました。 新六は、幼い頃から三味線を学び、16歳で初舞台を踏みました。その後、すぐに頭角を現し、20代前半には江戸屈指の三味線方として知られるようになりました。 新六は、三味線の演奏技術に優れていただけでなく、作曲の才能にも恵まれていました。彼は、多くの浄瑠璃の作曲を手掛け、その作品は江戸の人々から絶大な人気を集めました。 新六は、浄瑠璃の三味線方に大きな影響を与えた人物です。彼の演奏技術と作曲の才能は、それまでの浄瑠璃の三味線方の常識を覆し、新しい浄瑠璃の三味線のスタイルを確立しました。 新六の業績は、浄瑠璃の歴史において高く評価されています。彼は、浄瑠璃の三味線方に革命を起こした人物であり、浄瑠璃の発展に大きな貢献をした人物です。 -主な作品- * 「浄瑠璃物語」 * 「仮名手本忠臣蔵」 * 「義経千本桜」 * 「菅原伝授手習鑑」 * 「妹背山婦女庭訓」 -受章歴- * 元文4年(1739年)に、将軍徳川吉宗から「御三味線御用取立」の称号を授与されました。 -影響を受けた人物- * 上原新左衛門 * 山崎庄三郎 * 都一中 -影響を与えた人物- * 鶴沢友次郎 * 野澤喜太郎 * 豊沢豊丸
音楽分野の人

初代竹沢藤四郎 – 江戸時代前期~中期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方

初代竹沢藤四郎の生涯と経歴 初代竹沢藤四郎(初世竹沢藤四郎) は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した日本の浄瑠璃三味線方です。本名は市川與平治です。 藤四郎は、1663年(寛文3年)に江戸(現在の東京都)で生まれ、1694年(元禄7年)に三味線奏者としてデビューしました。その後、1701年(元禄14年)に筑後浄瑠璃の荒木座で三味線弾きとして活動し、1704年(宝永元年)に江戸に出戻りました。1705年(宝永2年)には、豊竹若太夫の門下となり、1706年(宝永3年)に「竹沢藤四郎」を名乗っています。 藤四郎は、三味線の名手として知られ、太夫の語りにも精通していました。1711年(正徳元年)には、若太夫の死後に豊竹座を継ぎ、1713年(正徳3年)には、中村勘三郎と共同で中村座を創設しました。 藤四郎は、三味線の技量と太夫の語りに対する深い理解から、浄瑠璃の発展に大きく貢献しました。また、後世の三味線奏者にも大きな影響を与えたとされています。 藤四郎は、1731年(享保16年)に江戸で亡くなりました。享年69歳でした。
音楽分野の人

清元太兵衛の生涯とその浄瑠璃三味線方としての功績

-清元太兵衛の経歴と浄瑠璃三味線方としてのキャリア- 清元太兵衛は、1669年に京都で生まれた浄瑠璃三味線方である。幼い頃から三味線を始め、18歳の時に江戸に出て、浄瑠璃三味線方の師匠である清元延寿に弟子入りした。延寿から浄瑠璃三味線の技を学び、10年後には師匠の跡を継いで清元太兵衛と名乗った。 太兵衛は、浄瑠璃三味線方として数々の名作を残した。その代表作には、「曽根崎心中」や「義経千本桜」などがある。太兵衛の浄瑠璃三味線は、語りものと三味線の融合が絶妙で、聴衆を魅了した。太兵衛はまた、浄瑠璃三味線方の後進を育成にも力を注ぎ、多くの弟子を育て上げた。 太兵衛は、1735年に死去した。享年67歳であった。太兵衛の死は浄瑠璃界に大きな衝撃を与え、多くの門人が太兵衛の死を悼んだ。太兵衛は、浄瑠璃三味線方の発展に大きく貢献した名匠として、現在でもその名を残している。 太兵衛の浄瑠璃三味線方が高く評価された理由の一つは、その卓越した技巧であった。太兵衛は、三味線の弾き方に独自の工夫を凝らし、新たな技法を編み出した。また、太兵衛は語りものとの相性を重視し、語りものの内容に合わせて三味線を弾き分けた。その結果、太兵衛の浄瑠璃三味線は、語りものと三味線が一体となった、まさに芸術作品であった。 太兵衛の浄瑠璃三味線方が高く評価されたもう一つの理由は、その人間性であった。太兵衛は、温厚で人柄が良く、弟子たちからも慕われていた。また、太兵衛は浄瑠璃三味線に対する情熱が強く、常に新しいことに挑戦し続けた。その結果、太兵衛は浄瑠璃三味線方の発展に大きな功績を残し、現在でもその名を残している。
音楽分野の人

「島袋正雄」

-三線(さんしん)演奏家・人間国宝の島袋正雄- 島袋正雄は、1918年(大正7年)に沖縄県石垣島に生まれ、1996年(平成8年)に77歳で亡くなった三線(さんしん)演奏家です。1974年(昭和49年)に人間国宝に認定されました。 島袋正雄は、幼い頃から三線を弾いており、15歳の時にプロの三線奏者としてデビューしました。その後、東京や京都など日本各地で演奏活動を行い、1955年(昭和30年)には第1回琉球古典音楽コンクールで優勝しました。 島袋正雄の三線演奏は、その正確な音程と、抑揚のあるメロディーが特徴的です。また、琉球民謡だけでなく、日本歌曲や洋楽なども演奏し、その幅広いレパートリーは高く評価されました。 島袋正雄は、三線の普及と後継者の育成にも尽力しました。1960年(昭和35年)には、沖縄県三線協会を設立し、三線の演奏法や楽譜の普及に取り組みました。また、多くの弟子を育て上げ、その中には人間国宝となった宮城喜代子もいます。 島袋正雄は、三線演奏の第一人者として、沖縄の伝統芸能の発展に貢献しました。その功績は高く評価され、1991年(平成3年)には勲四等旭日小綬章を受章しました。 島袋正雄が亡くなった後も、その三線演奏は多くの人々に愛され続けています。彼の演奏を聴いた人々は、その美しい音色と豊かな表現力に魅了され、三線の魅力を再認識することになります。
芸能分野の人

伝統芸能の保存者-小坂豊山

幼少期から三味線と日本舞踊を学ぶ 小坂豊山氏は幼い頃から、三味線と日本舞踊を学び始めました。彼の父親は三味線奏者であり、母親は日本舞踊の先生でした。そのため、彼は幼い頃から両方の芸術に囲まれて育ち、自然と興味を持つようになりました。 彼は地元の音楽教室に通い、三味線を習い始めました。最初は難しく感じましたが、次第に慣れていき、上達していきました。また、彼は地元の日本舞踊教室に通い、日本舞踊を習い始めました。こちらも最初は難しく感じましたが、次第に慣れていき、上達していきました。 彼は、三味線と日本舞踊の両方において、才能を発揮しました。三味線では、正確な音程と熟練した技巧で知られるようになり、日本舞踊では、優雅な動きと美しい表現力で知られるようになりました。 彼は、地元の音楽会や日本舞踊の公演会に出演し、その才能を披露しました。また、彼は、地元の学校や老人ホームなどで、三味線や日本舞踊の指導も行いました。 彼は、三味線と日本舞踊を深く愛し、その保存に努めてきました。彼は、三味線や日本舞踊の指導を行うことで、後世に伝統芸能を伝えていこうとしています。
音楽分野の人

沢住検校(?-? 織豊-江戸時代前期の琵琶・三味線奏者)

浄瑠璃の伴奏に三味線を用いた先駆者 沢住検校は、織豊時代から江戸時代前期にかけて活躍した琵琶・三味線奏者です。浄瑠璃の伴奏に三味線を用いた先駆者として知られています。 沢住検校は、京都に生まれました。幼い頃から盲目で、琵琶を学びました。琵琶の名手として知られるようになり、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など、多くの戦国武将に仕えました。 沢住検校は、琵琶だけでなく、三味線も弾くことができました。三味線は、琉球から日本に伝わった楽器で、まだ新しい楽器でした。沢住検校は、三味線の音色に魅了され、琵琶と三味線を組み合わせて演奏するようになりました。 沢住検校の琵琶と三味線の演奏は、大変な評判を呼びました。人々は、沢住検校の演奏を聴くために、遠方から京都までやってきました。沢住検校は、浄瑠璃の伴奏に三味線を用いることも始めました。それまでは、浄瑠璃の伴奏には琵琶が使われていましたが、沢住検校の三味線の伴奏は、琵琶の伴奏よりも軽快で華やかでした。人々は、沢住検校の三味線の伴奏をとても気に入り、浄瑠璃の伴奏に三味線を用いることが一般的になりました。 沢住検校は、琵琶と三味線の演奏を通じて、日本音楽の発展に大きな貢献をしました。沢住検校の演奏は、人々に愛され、日本音楽の伝統を築いていきました。
音楽分野の人

– 春富士大和掾

春富士大和掾とは 春富士大和掾とは、江戸時代中期の力士です。本名は橋爪弥平で、房州安房郡長狭町(現在の千葉県長生郡長柄町)出身です。身長は6尺3寸(約190cm)体重は33貫(約123kg)と、当時の力士としてはかなりの巨漢でした。 春富士大和掾は、18歳で江戸に出て、相撲の世界に入りました。最初は横綱の大関大谷に師事し、その後、横綱の陣幕に弟子入りしました。 春富士大和掾は、1743年に大関に昇進し、1747年に横綱に昇進しました。横綱昇進後は、3年連続で優勝を果たし、1750年に引退するまで、常に上位に君臨し続けました。 春富士大和掾は、その巨体と怪力を活かした押し相撲を得意とし、当時の相撲界を席巻しました。また、性格も豪快で、酒豪としても知られていました。 春富士大和掾は、引退後も相撲界に残り、後進の指導にあたりました。1765年に死去しましたが、その死を惜しむ者は多く、江戸市中では「春富士の死は、相撲界にとっては大きな損失だ」と嘆く声があがったといいます。 春富士大和掾は、その功績から、1957年に大相撲の殿堂入りを果たしました。また、2002年には、郷里の長柄町に「春富士大和掾顕彰碑」が建立されました。
音楽分野の人

常磐津菊三郎 (1897-1976)

常磐津菊三郎 (1897-1976) 浄瑠璃三味線方として活躍した常磐津菊三郎 常磐津菊三郎は、1897年(明治30年)に東京に生まれた。幼い頃から常磐津三味線を習い始め、1912年(明治45年)に初舞台を踏んだ。その後、常磐津菊三郎の名を襲名し、1926年(昭和元年)には常磐津菊三郎社中を結成した。 常磐津菊三郎は、浄瑠璃三味線方の名手として知られ、その演奏は「菊三郎節」と呼ばれて親しまれた。菊三郎節は、華やかさと優美さを兼ね備えた演奏で、多くの人々に愛された。 常磐津菊三郎は、常磐津三味線を全国に広めるために、各地で演奏活動を展開した。また、常磐津三味線の後継者を育てるために、門下生を多数育て上げた。 常磐津菊三郎は、1976年(昭和51年)に79歳で亡くなった。しかし、その演奏は今もなお多くの人々に愛され続けている。 常磐津菊三郎は、浄瑠璃三味線方の名手として、日本の伝統芸能の発展に貢献した功績を讃えられている。
音楽分野の人

知念績高 – 琉球の三線演奏家

-知念績高の生涯- 知念績高は、1884年3月8日に沖縄県島尻郡知念村(現在の南城市知念)に生まれました。父親は地謡の名人として知られた知念松秀、母親は民謡の弾き手として活躍した知念シゲでした。績高は幼い頃から三線の音色に触れ、7歳の時には父から三線を習い始めました。 16歳のとき、績高は那覇市に移住し、三線の名手として知られた宮城常季に師事しました。宮城のもとで績高は三線の基礎を学び、さらに三味線や琵琶の奏法も習得しました。 1903年、績高は宮城常季の推薦で東京音楽学校に入学しました。東京音楽学校では、三線や三味線を専攻し、1907年に卒業しました。 卒業後は、東京で三線や三味線の演奏活動を行うとともに、三線の普及にも努めました。1910年には、東京で初めての三線教室を開設し、三線の演奏方法を教えました。 1920年、績高は故郷の知念村に戻り、三線の演奏活動と後進の指導に専念しました。1925年には、知念村に三線教室を開設し、多くの弟子を育てました。 績高は、1960年3月1日に76歳で亡くなりました。績高の死後、弟子たちが彼の遺志を受け継ぎ、三線の普及と後進の指導に努めました。 績高は、三線の第一人者として知られ、三線の普及と後進の指導に尽力した功績で、1950年に琉球政府から文化功労賞を贈られました。また、1955年には、日本政府から人間国宝に認定されました。
音楽分野の人

野沢吉二郎(3代)とはー明治から昭和時代にかけて活躍した日本の浄瑠璃三味線方

野沢吉二郎(3代)の生い立ちと浄瑠璃三味線方としてのキャリア 野沢吉二郎(3代)は、明治11年(1878年)4月22日に東京に生まれた。本名は野沢吉五郎。父は、浄瑠璃三味線方として名高い2代目野沢吉二郎である。吉二郎は、幼い頃から父の手ほどきを受け、浄瑠璃三味線の稽古を始めた。 明治32年(1899年)に、吉二郎は父の後を継いで3代目野沢吉二郎を襲名した。当時、吉二郎は21歳であった。吉二郎は、襲名後は、東京を中心に活躍し、数多くの浄瑠璃の舞台に出演した。また、吉二郎は、浄瑠璃三味線の演奏だけでなく、作曲や指導にも力を注いだ。 大正12年(1923年)、関東大震災が発生した。この震災で、吉二郎は自宅と三味線を失った。しかし、吉二郎は、不屈の精神で浄瑠璃三味線を続け、震災後も数多くの舞台に出演した。 昭和15年(1940年)、吉二郎は、人間国宝に認定された。これは、吉二郎の浄瑠璃三味線方の功績が認められたものである。吉二郎は、昭和25年(1950年)に72歳で亡くなった。 吉二郎は、浄瑠璃三味線方の第一人者として、明治から昭和時代にかけて活躍した。吉二郎の演奏は、力強く、華やかであり、聴衆を魅了した。また、吉二郎は、浄瑠璃三味線の作曲や指導にも力を注ぎ、浄瑠璃三味線の発展に貢献した。
音楽分野の人

– 天下一平左衛門

-活躍した時期- - 天下一平左衛門は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。 - 生年は不詳ですが、1530年頃と推定されています。 - 没年は1590年で、本能寺の変の際に死亡しました。 - 天下一平左衛門は、織田信長、豊臣秀吉に仕えました。 - 織田信長の家臣時代には、桶狭間の戦い、姉川の戦い、石山合戦などに参加しました。 - 豊臣秀吉の家臣時代には、九州征伐、小田原征伐に参加しました。 - 天下一平左衛門は、武勇に優れており、数々の戦いで功績を挙げました。 - 小牧・長久手の戦いでは、徳川家康の首を狙って突撃しましたが、味方の援軍が来なかったために失敗しました。 - その後、天下一平左衛門は、徳川家康に降伏しました。 - 徳川家康に降伏した後、天下一平左衛門は、関東に移り住み、徳川家康に仕えました。 - 天下一平左衛門は、江戸城の普請奉行を務め、江戸城の建設に尽力しました。 - 天下一平左衛門は、1590年、本能寺の変の際に死亡しました。 - 死因は、明智光秀の軍勢に襲われたためです。 - 天下一平左衛門は、勇猛果敢な武将として知られており、現在でも人気の武将です。
芸能分野の人

「早川新勝」とはどんな人?

-早川新勝とは- 早川新勝とは、日本の政治家、教育者、実業家、著述家である。早川新勝は、1886年(明治19年)7月18日に、岡山県真庭郡勝山町(現・真庭市)に生まれた。早川新勝は、東京帝国大学法科大学を卒業後、司法省に入省した。早川新勝は、司法省を退官後、早川鼎三商店を創業した。早川新勝は、早川鼎三商店を経営する傍ら、政治活動にも参加した。早川新勝は、1946年(昭和21年)に、衆議院議員に当選した。早川新勝は、衆議院議員を4期務めた。早川新勝は、1958年(昭和33年)に、参議院議員に当選した。早川新勝は、参議院議員を3期務めた。早川新勝は、1974年(昭和49年)に、政界を引退した。早川新勝は、1983年(昭和58年)10月13日に、死去した。
音楽分野の人

鶴沢友次郎(6代) – 明治-昭和時代の浄瑠璃三味線方

その生涯と功績 鶴沢友次郎(6代)は、明治11年(1878年)に東京に生まれました。本名は佐藤友次郎です。父は4代目の鶴沢友次郎、母は若柳吉弥太夫の妹でした。幼い頃から三味線を習い、13歳の時に初舞台を踏みました。 15歳の時に、父が亡くなり、家元を継ぎました。その後、研鑽を重ね、やがて明治の三味線の名手として知られるようになりました。 友次郎は、浄瑠璃三味線の伝統を重んじるかたわら、新しい試みにも積極的でした。明治37年(1904年)には、東京音樂学校(現在の東京藝術大学)の教員となり、三味線の教育に尽力しました。 また、友次郎は、浄瑠璃三味線の普及にも努めました。大正5年(1916年)には、日本三曲協会を設立し、三曲の演奏会を開催しました。また、大正11年(1922年)には、大阪に日本浄瑠璃三味線協会を設立しました。 友次郎は、浄瑠璃三味線の発展に多大な功績を残し、昭和29年(1954年)に文化功労者に選ばれました。また、昭和32年(1957年)には、勲四等瑞宝章を受章しました。 友次郎は、昭和35年(1960年)に亡くなりました。その死は、浄瑠璃三味線界に大きな衝撃を与えました。しかし、友次郎の功績は今もなお語り継がれています。