三島藍野陵

歴史上の偉人

継体天皇 – 第26代天皇の生涯と功績

- 継体天皇の即位と大和入りの経緯 第26代の天皇である継体天皇は、西暦450年頃に近江国の豪族として生まれました。父は近江の王族である大泊瀬天皇、母は葛城氏の娘である吉備姫命です。継体天皇には、皇位継承権を持つ兄がいましたが、兄は若くして亡くなったため、継体天皇が皇位を継承することになりました。 継体天皇は、即位する前に長い間、近江の国で過ごしていました。しかし、西暦456年に大和国の王族である雄略天皇が崩御すると、継体天皇は大和国に召還され、皇位を継承することになりました。 継体天皇が大和国に入ると、雄略天皇の臣下であった物部氏と蘇我氏の争いに巻き込まれました。物部氏は継体天皇を支持しましたが、蘇我氏は雄略天皇の皇子である安康天皇を支持しました。継体天皇は物部氏の支持を得て、安康天皇を討伐し、皇位を確立しました。 継体天皇は、皇位を確立した後も、物部氏と蘇我氏の争いに悩まされました。しかし、継体天皇は、物部氏と蘇我氏の両氏をうまく懐柔し、大和国の支配権を握ることに成功しました。 継体天皇は、西暦531年に崩御するまで、約75年間の長い在位期間を全うしました。継体天皇の在位期間は、大和国の安定期であり、継体天皇は、大和国の発展に大きく貢献しました。