三省

学術分野の人

「五十嵐儀一」

-人物像- 五十嵐儀一は、1867年(慶応3年)に現在の福井県にある武生藩(現・越前市)の武家家に生まれた。幼い頃から剣術を学び、1883年(明治16年)に16歳の若さで上京し、警視庁の巡査となった。 五十嵐儀一は、巡査として頭角を現し、1894年(明治27年)に日清戦争が勃発すると、最前線で活躍した。その後も、1897年(明治30年)に警視庁の警察官僚となり、1904年(明治37年)の日露戦争では、満州で活躍した。 1912年(明治45年)に、五十嵐儀一は警視庁の警視総監に就任した。警視総監として、五十嵐儀一は、警察の近代化を推進し、日本の治安維持に尽力した。また、1914年(大正3年)に勃発した第一次世界大戦では、ドイツ軍のスパイを摘発するなど、日本の安全保障に貢献した。 1923年(大正12年)、五十嵐儀一は、関東大震災が発生すると、震災後の治安維持に尽力した。また、同年、五十嵐儀一は、政友会に入党し、政界入りした。 1925年(大正14年)、五十嵐儀一は、衆議院議員に当選し、1927年(昭和2年)には、内務大臣として入閣した。内務大臣として、五十嵐儀一は、治安維持法の制定や、思想犯の取り締まりを強化するなど、日本の治安維持に努めた。 1931年(昭和6年)、五十嵐儀一は、満州事変が発生すると、満州に派遣され、関東軍の参謀として活躍した。その後、1932年(昭和7年)に、五十嵐儀一は、陸軍大臣として入閣した。陸軍大臣として、五十嵐儀一は、日本の軍備拡張を推進し、第二次世界大戦の準備を進めた。 1936年(昭和11年)、五十嵐儀一は、二・二六事件が発生すると、戒厳令を敷いて事件を鎮圧した。また、同年、五十嵐儀一は、南京事件が発生すると、日本の侵略行為を正当化し、南京虐殺を隠蔽した。 1937年(昭和12年)、五十嵐儀一は、日中戦争が勃発すると、中国に派遣され、日本の侵攻を指揮した。その後、1938年(昭和13年)に、五十嵐儀一は、陸軍大臣を辞任し、政界を引退した。 1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結すると、五十嵐儀一は、連合国軍に逮捕され、東京裁判で裁かれた。1948年(昭和23年)に、五十嵐儀一は、絞首刑に処された。
学術分野の人

「柳川滄洲」(1666-1731)

-柳川滄洲の生涯- -幼少期と青年期- 柳川滄洲は、1666年に山城国にて生まれた。幼い頃から学問を好み、9歳にして漢籍を読みこなしたという。15歳の時に京都に出て、儒学者である伊藤仁斎に師事した。仁斎は、従来の朱子学にとらわれず、儒教の原典である経書を重視する学風を唱えており、滄洲はその学風に共感した。 -江戸への遊学と「滄洲会」の創設- 20歳の時、滄洲は江戸に遊学し、荻生徂徠に師事した。徂徠は、仁斎と同じく儒教の原典を重視する学風を唱えており、滄洲はその学風にさらに傾倒した。徂徠の門下には、新井白石、室鳩巣、太宰春台など、後の日本の思想界を担う人材が数多く集まっており、滄洲は彼らと交流を深めた。 -京都への帰郷と「滄洲学派」の形成- 27歳の時、滄洲は京都に帰郷し、私塾である「滄洲会」を開いた。滄洲会には、多くの門人が集まり、滄洲の学問を学んだ。滄洲の学問は、従来の朱子学にとらわれず、儒教の原典である経書を重視するものであった。また、滄洲は、儒教の教えを現実の社会に生かそうとする実践的な学風を唱えた。 -晩年と死- 晩年は、京都で隠居して学問に専念した。1731年に、66歳で死去した。滄洲の死後、その学問は「滄洲学派」と呼ばれ、日本の思想界に大きな影響を与えた。 -滄洲の思想- 滄洲の思想は、儒教の原典である経書を重視し、従来の朱子学にとらわれないものであった。また、滄洲は、儒教の教えを現実の社会に生かそうとする実践的な学風を唱えた。滄洲の思想は、日本の思想界に大きな影響を与え、後の日本の近代化や民主化の思想的基盤となった。
文学分野の人

尭憲 – 室町時代の歌人と和歌所開闔

-尭憲の生涯と和歌所開闔への任命- 尭憲は、室町時代の歌人で、和歌所開闔を務めた。1347年(貞和13年)に生まれ、1428年(応永35年)に亡くなった。 尭憲は、幼少期に京都の東寺で出家し、1363年(貞治2年)には正五位下を授けられた。1374年(永和4年)には和歌所開闔に任命され、1401年(応永8年)には権中納言に任じられた。尭憲は、1415年(応永22年)に和歌所開闔を辞任したが、1420年(応永27年)には再び開闔に任命された。 尭憲は、歌人として多くの和歌を残しており、勅撰和歌集である『新葉和歌集』や『新続古今和歌集』にも入集している。また、尭憲は和歌に関する著書も残しており、その中には『尭憲和歌集』や『尭憲和歌私注』などがある。 尭憲は、和歌所開闔として和歌の普及に努めるとともに、歌人として多くの和歌を残した。尭憲の和歌は、優美で洗練された作風で知られており、後世の歌人に大きな影響を与えた。