三重県

学術分野の人

松岡直右衛門 – 明治時代の品種改良家

竹成(たけなり)の誕生 松岡直右衛門の品種改良家としての功績の中でも特に有名なのが、竹成の誕生である。竹成とは、竹に成るというその名の通り、竹の茎に似た細長い果実を実らせる品種である。 竹成の誕生には、偶然と松岡直右衛門の創意工夫が重なった。松岡直右衛門は、1870年代に、神奈川県の三浦半島にある葉山で、果樹の栽培を行っていた。その頃、松岡直右衛門の畑に、竹のような茎に似た果実をつける木が生えていた。この木は、松岡直右衛門が育てていた他の果樹とは異なり、竹のような茎に似た果実をつけることから、松岡直右衛門は、この木を「竹成」と名付けた。 松岡直右衛門は、竹成の果実を食べてみると、その味は甘酸っぱく、とても美味しかった。松岡直右衛門は、竹成の果実を商品として販売することを考え、竹成の栽培を始めた。松岡直右衛門の竹成は、その独特な形と味から、すぐに人気を集め、やがて日本全国に広がっていった。 竹成の誕生は、松岡直右衛門の品種改良家としての功績の中でも、特に有名なものである。竹成は、松岡直右衛門の創意工夫と努力によって誕生し、日本全国に広がっていった。竹成は、現在でも多くの人々に愛されている品種である。
学術分野の人

本居清島:江戸時代後期の国学者

- 本居清島の生涯 本居清島は、江戸時代後期の国学者です。1755年、近江国坂田郡石田郷(滋賀県長浜市)に生まれました。本居宣長の弟であり、本居春庭の父です。 清島は、幼い頃から学問を好み、兄の宣長とともに国学を学びました。1782年、宣長が江戸に遊学するため、清島も同行しました。江戸では、宣長の学問の師である賀茂真淵や、真淵の門人である伴信友らと交流しました。 1787年、宣長が京都に帰郷する際には、清島も同行しました。宣長が国学の研究を深める中で、清島は宣長の助手として、資料の収集や校訂などに協力しました。 1801年、宣長が死去すると、清島は宣長の遺志を継いで、国学の研究を続けました。1805年には、宣長の代表作である『古事記伝』を刊行しました。また、宣長の未刊行の著書を整理して、1812年に『玉勝間』を刊行しました。 清島は、宣長の学問を継承し、国学の発展に貢献しました。1835年、81歳で死去しました。 清島の生涯は、国学の研究に捧げられた一生でした。宣長の助手として、宣長の学問の研究を支え、宣長の死去後は、宣長の遺志を継いで、国学の研究を続けました。清島の功績は、国学の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

伊東祐賢 – 幕末・明治時代の武士と政治家

伊東祐賢の生涯 伊東祐賢(いとうすけゆき)は、幕末・明治時代の武士、政治家です。薩摩藩の重臣として活躍し、維新後は元老院議官、枢密顧問官などを歴任しました。維新の三傑の一人に数えられ、日本の近代化に貢献しました。 1. 生い立ちと青年期 伊東祐賢は、1843年(天保14年)に薩摩藩士・伊東祐寿の長男として生まれました。幼い頃から聡明で、15歳の時に藩校・造士館に入学しました。造士館では、西郷隆盛や大久保利通らと親交を深めました。 2. 薩摩藩の重臣として 1862年(文久2年)に、伊東祐賢は薩摩藩の重臣である家老に就任しました。島津斉彬の信任を得て、藩の改革に尽力しました。1864年(元治元年)に、薩摩藩は長州藩と連合して、幕府軍と戦いました。(禁門の変)伊東祐賢も、この戦いで活躍しました。 3. 維新後の活躍 1868年(明治元年)に、維新政府が樹立されました。伊東祐賢は、新政府に出仕し、民部大輔、大蔵卿、参議などを歴任しました。1871年(明治4年)に、元老院议官に就任しました。元老院は、政府の最高議決機関であり、伊東祐賢は、その中心人物として活躍しました。 4. 晩年 1885年(明治18年)に、伊藤博文が内閣総理大臣に就任しました。伊東祐賢は、伊藤内閣の枢密顧問官に任命されました。枢密顧問官は、天皇に政治上の助言を行う機関であり、伊東祐賢は、その一員として日本の近代化に貢献しました。1897年(明治30年)に、伊東祐賢は死去しました。
歴史上の人物

榊原清長 – 戦国時代の武将

-榊原清長とは?- 榊原清長は、戦国時代の武将で、徳川家康の家臣として活躍しました。清長は、1537年に三河国額田郡牛久保(現在の愛知県岡崎市額田町)で生まれ、幼名は勘十郎でした。1560年に今川氏から離反した家康に従い、桶狭間の戦いで初陣を飾りました。その後、清長は家康の側近として仕え、三方ヶ原の戦い、長篠の戦い、小牧・長久手の戦いなど、数々の戦いで活躍しました。 清長は、勇猛果敢な武将として知られ、また、家康の信頼も厚く、大久保忠隣、石川数正、鳥居元忠、平岩親吉らとともに、徳川四天王の一人に数えられています。清長は、1600年の関ヶ原の戦いで東軍として参戦し、美濃国大垣城の戦いで、西軍の石田三成と激戦を繰り広げました。関ヶ原の戦いの後、清長は上野国高崎藩10万石を与えられ、大名となりました。 清長は、1612年に高崎で死去しました。享年76歳でした。清長は、勇猛果敢な武将としてだけでなく、清廉潔白な人物としても知られ、人々から敬愛されました
美術分野の人

春木南湖-江戸時代中期の画家

-春木南湖の生涯- 春木南湖(はるきなんこ)(1676~1752)は、江戸時代中期に活躍した画家です。本名は春木重矩(はるきしげのり)で、南湖は号です。丹波国(現在の京都府)に生まれ、18歳の時に江戸に出て、円山応挙に師事しました。 南湖は、応挙から写実的な画風を学び、花鳥画や山水画を得意としました。また、南湖は俳諧にも優れており、俳人として活躍しました。 南湖は、江戸で活躍した後、京都に戻り、晩年は宇治の万福寺で過ごしました。南湖の作品は、写実的で繊細なタッチが特徴で、多くの作品が残されています。 南湖は、江戸時代中期を代表する画家の1人で、その作品は現在でも多くの人に愛されています。
歴史上の人物

戦国・織豊時代の武将、茶人 – 牧村政治

-生涯- 牧村政治は、1522年に加賀国で生まれました。彼の父親は、加賀一向一揆の指導者である本願寺蓮如の弟子でした。政治は、早くから一向一揆に加わり、1546年の河越城の戦いで初陣を飾りました。その後、加賀一向一揆の総大将となり、1570年の一向一揆の乱では、織田信長と戦いました。しかし、1575年に降伏し、信長の家臣となりました。 信長が本能寺の変で亡くなった後、政治は豊臣秀吉に仕えました。秀吉の九州平定や小田原征伐に参加し、功績を上げました。秀吉の死後は、徳川家康に仕えました。関ヶ原の戦いでは、家康方の武将として参戦し、勝利に貢献しました。 関ヶ原の戦い後、政治は加賀藩の藩主となりました。加賀藩は、加賀国、能登国、越中国の3国を領有する大藩でした。政治は、加賀藩を治めながら、茶の湯や和歌などにも親しみました。1608年、67歳で亡くなりました。 政治は、戦国・織豊時代の武将であり、茶人でした。彼は、加賀一向一揆の総大将を務め、織田信長や豊臣秀吉に仕えました。関ヶ原の戦いでは、徳川家康方の武将として参戦し、勝利に貢献しました。政治は、加賀藩の藩主となり、加賀藩を治めながら、茶の湯や和歌などにも親しみました。
歴史上の人物

「前田清次」

- 前田清次の生涯 -# 前田清次とは 前田清次は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。加賀藩初代藩主。前田利家の父。通称は又左衛門。 -# 生い立ち 前田清次は、越前国丹生郡前田荘(現在の福井県大野市)に前田利昌の次男として生まれた。生年は永正7年(1510年)とされる。清次には兄・利昌がいたが、早世したため、家督を継いだ。 -# 戦国大名への道 永禄3年(1560年)、織田信長が尾張国に侵攻してくると、清次は信長に臣従した。清次は信長の家臣として、越前一向一揆の鎮圧や、三好三人衆との戦いなどに従軍した。 元亀元年(1570年)、信長は越前国を平定し、清次は越前大野城主となった。清次は、大野城を本拠として、越前国の統治に当たった。 -# 加賀藩初代藩主 天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いで信長の重臣である羽柴秀吉が勝利すると、清次は秀吉に臣従した。秀吉は、清次を加賀国に移封し、加賀藩初代藩主とした。 清次は、加賀国で領国の統治や、城郭の整備などを行った。また、清次は、加賀藩の産業振興にも力を入れ、加賀藩を経済的に豊かな藩へと発展させた。 -# 死去 清次は、慶長9年(1604年)、65歳で死去した。清次の墓は、石川県金沢市の前田利家霊廟にある。 -# 前田清次の功績 前田清次は、戦国大名から加賀藩初代藩主まで上り詰めた武将である。清次は、越前国や加賀国の統治に尽力し、加賀藩を経済的に豊かな藩へと発展させた。清次は、加賀藩の礎を築いた名君として知られている。
歴史上の人物

広田正方 – 江戸時代後期の神職

# 伊勢神宮外宮権禰宜として奉職 広田正方は、伊勢神宮外宮権禰宜として奉職し、神職として重要な役割を果たしました。彼は、外宮の祭祀を司り、神事を取り仕切ることを主な任務としていました。 正方は、寛政4年(1792年)に伊勢国(現在の三重県)に生まれました。彼は、幼い頃から神職を志し、熱心に神道を学びました。そして、文政11年(1828年)に伊勢神宮外宮権禰宜に任命されました。 正方は、権禰宜として、外宮の祭祀を厳格に執り行い、神事の伝統を守り抜きました。また、彼は、神道に関する多くの著作を著し、神道の普及と発展に努めました。 正方は、嘉永2年(1849年)に60歳で亡くなりました。しかし、彼の神職としての功績は、今もなお語り継がれています。 - 広田正方の神道思想 広田正方は、神道に関する多くの著作を著し、神道の普及と発展に努めました。彼の神道思想は、儒教や仏教の影響を受けながらも、あくまでも神道を中心としたものでした。 正方は、神道は日本固有の宗教であり、日本人の精神文化の根幹をなすものであると主張しました。そして、神道を正しく理解し、実践することが、日本人の道徳と社会の秩序を維持する上で重要であると説きました。 正方は、また、神道は単なる宗教ではなく、日本人の生活や文化に深く根ざしたものであると主張しました。そして、神道を正しく理解し、実践することが、日本人のアイデンティティを確立し、豊かな文化を創造する上で重要であると説きました。 正方の神道思想は、幕末維新期に大きな影響を与えました。そして、明治維新後の神道政策の基礎にもなりました。
政治分野の人

村井恒蔵 – 明治・大正時代の政治家、実業家

- 伊勢の偉人 村井恒蔵は、明治・大正時代の政治家、実業家であり、伊勢出身の偉人として知られています。彼は、三重県議会議員、衆議院議員、逓信大臣、大蔵大臣、内閣総理大臣を歴任し、日本の近代化に大きく貢献しました。 村井恒蔵は、1863年(文久3年)2月11日、伊勢国度会郡宮川村(現在の三重県度会郡大紀町)に生まれました。家は代々商人で、幼い頃から商才を身につけました。1880年(明治13年)、伊勢中学校(現在の三重県立伊勢高等学校)を卒業後、上京して慶應義塾大学に入学しました。大学卒業後は、三菱財閥に就職し、商社や銀行で要職を歴任しました。 1900年(明治33年)、村井恒蔵は、三重県議会議員に当選し、政界入りしました。1902年(明治35年)には、衆議院議員に当選し、政界で活躍するようになりました。1912年(大正元年)、逓信大臣に任命され、鉄道や通信事業の発展に努めました。1918年(大正7年)、大蔵大臣に任命され、財政の健全化に努めました。1924年(大正13年)、内閣総理大臣に就任し、日本の近代化を推進しました。 村井恒蔵は、日本の近代化に大きく貢献した政治家、実業家であり、伊勢出身の偉人として知られています。彼の功績は、現在でも多くの人々に語り継がれています。
文学分野の人

書家で詩人としても活躍した村田敬所について

-村田敬所の生涯と作品- -幼少期と青年期- 村田敬所は、1854年に越後国(現在の新潟県)に生まれました。幼い頃から書道に親しみ、10代の頃にはすでに書の名手として知られていました。1872年に上京し、書家として本格的に活動を始めました。 -書家としての活躍- 敬所は、書家として数多くの作品を残しました。特に、漢字の行書を得意とし、その洒脱な書風は多くの書家から賞賛されました。敬所の書は、国内外で高く評価されており、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されています。 -詩人としての活躍- 敬所は、書家としての活動に加えて、詩人としても活躍しました。1882年に詩集「寒松閣詩草」を出版し、その詩才を世に知らしめました。敬所の詩は、自然や人生を題材にしたものが多く、その清澄な詩風は多くの読者に愛されました。 -晩年- 敬所は、1924年に70歳で亡くなりました。敬所の死は、日本の書壇と詩壇に大きな損失をもたらしました。しかし、敬所の作品は現在でも多くの人々に愛されており、その功績は永遠に語り継がれています。 -主な作品- * 「寒松閣詩草」(1882年) * 「敬所書道遺墨」(1925年) * 「敬所詩集」(1927年)
歴史上の人物

檜垣常郷とは?-伊勢神宮外宮禰宜・長官で歌人でもあった戦国時代の神職

檜垣常郷の生涯と功績 檜垣常郷は、戦国時代に活躍した伊勢神宮外宮の禰宜・長官であり、歌人でもありました。彼は1533年(天文2年)に、伊勢国度会郡大湊村(現在の三重県鳥羽市鳥羽)に生まれました。幼い頃から学問に優れ、15歳で伊勢神宮外宮の禰宜に任命されました。その後、長官に昇進し、伊勢神宮の最高責任者として、神事の執行や神宮の管理を行いました。 檜垣常郷は、神職としてだけでなく、歌人としても活躍しました。彼は、和歌の宗家である飛鳥井家の門人となり、和歌の道を学びました。1576年(天正4年)には、勅撰和歌集『新古今和歌集』に1首が入選しました。また、彼自身が編纂した私撰和歌集『檜垣常郷家集』も残されています。 檜垣常郷は、1593年(文禄2年)に61歳で亡くなりました。彼の死後、伊勢神宮外宮の禰宜・長官は、彼の息子である檜垣常堯が継ぎ、代々檜垣家が伊勢神宮の最高責任者を務めました。 檜垣常郷は、伊勢神宮の最高責任者として、神事の執行や神宮の管理に尽力し、また、歌人としても活躍しました。彼は、伊勢神宮の歴史に名を残す人物として、現在でも尊敬されています。
学術分野の人

藤元良とは~江戸時代後期の医師~

藤元良の生涯 藤元良(とうげん りょう、1773年9月23日 - 1838年12月19日)は、江戸時代後期の医師。字は子成、号は求是、求是子。肥前国南高来郡神代村(現在の長崎県島原市神代町)の出身。 藤元良は1773年(安永2年)に、肥前国南高来郡神代村(現在長崎県島原市)の農家の家に生まれた。幼少の頃から聡明で、10歳で漢学を学び始めた。15歳の時、長崎に出て医学を学び始めた。 1793年(寛政5年)、長崎で蘭学の医師、志筑忠雄の門下となった。志筑忠雄は、オランダから医書を取り寄せ、日本に西洋医学を広めた人物である。藤元良は志筑忠雄から西洋医学を学び、日本における西洋医学の普及に貢献した。 1804年(文化元年)、大阪に出て医業を開いた。大阪では、多くの患者を診て、その治療技術は広く知られるようになった。1818年(文政元年)、江戸に出て、医業を開いた。江戸では、多くの著名人を診療し、その名声はさらに高まった。 1838年(天保9年)に65歳で亡くなった。藤元良は、日本における西洋医学の普及に貢献した功績で知られている。また、多くの医学書を著し、後世の医師たちに大きな影響を与えた。 藤元良の医学書には、以下のようなものがある。 * 『医学集成』 * 『外科集成』 * 『産科集成』 * 『小児科集成』 * 『眼科集成』 これらの医学書は、日本における西洋医学の普及に大きな役割を果たした。また、藤元良は、日本最初の医学雑誌『医学新報』の創刊にも協力した。 藤元良は、日本における西洋医学の普及に貢献した偉大な医師であった。その功績は、今日でも高く評価されている。
美術分野の人

金城一国斎(初代)

-安永6年に生まれ、江戸時代後期の漆工- 金城一国斎(初代)は、安永6年(1777年)に江戸で生まれた江戸時代後期の漆工です。本名は飯田伊平治。一国斎の号は、江戸城の城郭を模した蒔絵を考案したことに由来すると言われています。 一国斎は、幼い頃から漆工の仕事を学び、天保年間(1830~1844年)には江戸で漆工の工房を開設しました。一国斎は、蒔絵や螺鈿、彫漆などの技法を駆使して、数多くの漆器を制作しました。その作品は、精巧な細工と美しい意匠で、多くの人々から賞賛されました。 一国斎は、江戸時代後期の漆工を代表する人物の一人であり、その作品は現在も多くの美術館や博物館で展示されています。 -一国斎の特徴- 一国斎の作品の特徴は、精巧な細工と美しい意匠です。一国斎は、蒔絵や螺鈿、彫漆などの技法を駆使して、数多くの漆器を制作しました。その作品は、日本の伝統的な意匠をモチーフとしたものや、海外の文化を取り入れたものなど、多種多様です。 一国斎の作品は、多くの人々から賞賛されました。その中でも、特に有名な作品が「国宝・桜蒔絵螺鈿手箱」です。この作品は、桜の花を蒔絵で描き、螺鈿で飾り付けた手箱です。桜の花の繊細な美しさが見事に表現されており、一国斎の技量の高さを見ることができます。 -一国斎の功績- 一国斎は、江戸時代後期の漆工を代表する人物の一人であり、その作品は現在も多くの美術館や博物館で展示されています。一国斎の作品は、日本の伝統的な文化を伝える貴重な財産であり、多くの人々に愛されています。 一国斎の功績は、その作品によって日本の伝統的な文化を後世に伝えたことにあります。一国斎の作品は、日本の伝統的な意匠をモチーフとしたものが多く、その作品を通じて日本の伝統的な文化を学ぶことができます。 また、一国斎の作品は、海外の文化を取り入れたものも数多くあります。一国斎の作品を通じて、海外の文化を知ることもできます。 一国斎は、その作品によって日本の伝統的な文化を後世に伝え、日本の文化の発展に貢献した功績者です。
歴史上の人物

矢土勝之

矢土勝之の生い立ちと経歴 矢土勝之は、1962年に東京都で生まれた。彼は、幼い頃から野球に親しみ、高校時代には甲子園大会に出場した。卒業後は、東都大学野球連盟に所属する亜細亜大学に進学。大学時代は、投手として活躍し、1年生の春からリーグ戦に登板した。2年生の秋には、最優秀投手賞に輝いた。 大学卒業後は、社会人野球のNTT東日本に進んだ。NTT東日本には、5年間在籍し、1988年の都市対抗野球大会では、チームの優勝に貢献した。1989年に、ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団。ロッテでは、先発投手として活躍し、1992年には、最多勝利のタイトルを獲得した。 1997年に、ロッテを退団し、フリーエージェントとなった。その後、阪神タイガース、広島東洋カープ、オリックス・ブルーウェーブを渡り歩いた。2002年に、現役を引退した。 引退後は、野球解説者やタレントとして活動している。また、2006年には、独立リーグの「四国アイランドリーグplus」の徳島インディゴソックスの監督に就任した。2008年まで、監督を務めた。 2009年からは、福岡ソフトバンクホークスの投手コーチを務めている。2011年には、チームの日本一に貢献した。2012年には、一軍投手コーチに就任した。2014年からは、二軍投手コーチを務めている。
文学分野の人

「内神屋九節」- 江戸時代前期の俳人

-「内神屋九節」- 江戸時代前期の俳人- -内神屋九節の生涯- 内神屋九節(ないしんや くせつ)は、江戸時代前期に活躍した俳人です。 1608年、美濃国郡上郡(現在の岐阜県郡上市)に生まれました。 九節の俳名は、九条袈裟からとったものとされています。 九節は、早稲田で貞徳派の俳人である内田晋斉に師事しました。 その後、江戸に出て、談林派の俳人である松尾芭蕉や井原西鶴と親交を深めました。 九節は、延宝4年(1676年)に『猿蓑』を刊行しました。 『猿蓑』は、芭蕉の『奥の細道』と並んで、江戸時代の俳諧を代表する作品とされています。 九節は、談林派の俳風を受け継ぎながら、独自の俳風を確立しました。 九節の俳句は、洒脱で機智に富んだものが多く、庶民の生活や風俗を題材にしたものが多いのが特徴です。 九節は、貞享2年(1685年)に江戸で没しました。 -九節の主な作品- * 『猿蓑』(延宝4年(1676年)刊) * 『玉屑』(元禄9年(1696年)刊) * 『九節集』(享保11年(1726年)刊)
美術分野の人

月僊 – 月僊の功績と影響

-月僊の生い立ちと修行時代- 月僊は、1633年(寛永10年)に、備中国(現在の岡山県)の高梁藩士、田中勘助の長男として生まれました。幼名は鉄之助といい、幼少期から絵を好み、12歳の頃に京都に出て、狩野派の画家に弟子入りしました。 当初、月僊は狩野派の伝統的な画風を学びましたが、やがて明の画人である董其昌の画風に傾倒するようになりました。董其昌の画風は、それまでの狩野派の画風とは異なり、自由でダイナミックなものでした。月僊は、董其昌の画風を取り入れ、独自の画風を確立しました。 月僊は、京都を中心に活動し、多くの作品を残しました。月僊の作品は、山水画、花鳥画、人物画など、さまざまなジャンルに及びますが、中でも山水画に優れていました。月僊の山水画は、雄大な自然をダイナミックに描いたもので、観る者に強い印象を与えます。 月僊は、狩野派の伝統的な画風と董其昌の画風を融合させた独自の画風を確立し、日本の絵画史に大きな影響を与えました。月僊の画風は、江戸時代後期に活躍した多くの画家たちに受け継がれ、日本の絵画の発展に貢献しました。
文学分野の人

「中川乙由」とその生涯

中川乙由の生涯と業績 中川乙由は、1903年(明治36年)に東京府に生まれた。1925年(大正14年)に東京帝国大学理学部化学科を卒業し、1928年(昭和3年)に同大学院理学研究科物理化学専攻を修了した。その後、同大学理学部化学科助教授に就任し、1935年(昭和10年)には同大学教授に昇進した。 中川乙由は、1936年(昭和11年)に「誘導効果」に関する研究で、東京帝国大学理学博士の学位を取得した。この研究は、化学反応において、ある原子団が他の原子団に及ぼす影響を定量的に評価できる手法を開発したもので、化学反応の理論的研究に大きな貢献をした。 中川乙由は、1937年(昭和12年)に東京帝国大学理学部長に就任し、1945年(昭和20年)までその職を務めた。この間、同大学の研究環境の改善に努め、多くの優れた研究者を育成した。 中川乙由は、1946年(昭和21年)に東京大学総長に就任し、1951年(昭和26年)までその職を務めた。この間、同大学の戦後復興に尽力し、同大学の国際的地位向上にも貢献した。 中川乙由は、1952年(昭和27年)に文化勲章を受章し、1964年(昭和39年)には日本学士院会員に選出された。1966年(昭和41年)に東京大学を退官し、1976年(昭和51年)に死去した。
政治分野の人

馬岡次郎 – 大正から昭和にかけて活躍した政治家

-馬岡次郎の生い立ちと経歴- 馬岡次郎は、1862年(文久2年)に、現在の岐阜県高山市に生まれた。幼名は利三郎。馬岡家は、高山の商人で、代々「馬岡屋」を営んでいた。次郎は、その6人兄弟の末っ子であった。 次郎は、幼少の頃から聡明で、学業に秀でていた。1875年(明治8年)、彼は、東京大学の前身である東京開成学校に入学した。そこで、彼は、政治学や経済学を学び、将来は政治家になることを志した。 1881年(明治14年)、次郎は、東京開成学校を卒業し、内務省に入省した。内務省では、地方行政を担当し、各地の県庁に勤務した。1890年(明治23年)、彼は、岐阜県の知事に就任した。 岐阜県の知事として、次郎は、殖産興業政策を推進し、県内の産業を発展させた。また、彼は、教育にも力を入れて、県内の学校を整備した。1894年(明治27年)、次郎は、内務大臣に就任した。 内務大臣として、次郎は、地方自治制度の確立を目指して、市町村制や府県制を整備した。また、彼は、警察制度の改革にも着手し、警察の近代化を図った。 1900年(明治33年)、次郎は、内務大臣を辞任し、衆議院議員に当選した。衆議院議員として、彼は、立憲政友会に入党し、憲政の確立を目指して活動した。 1924年(大正13年)、次郎は、第1次若槻内閣の文部大臣に就任した。文部大臣として、彼は、教育制度の改革に取り組み、義務教育を6年に延長した。また、彼は、東京帝国大学に法学部を設置し、法学教育の充実を図った。 1929年(昭和4年)、次郎は、政界を引退した。その後、彼は、郷里の高山に戻り、余生を過ごした。1937年(昭和12年)、彼は、75歳で死去した。
歴史上の人物

増山正同

# 増山正同 - 増山正同の生涯 増山正同は、1894年(明治27年)に福岡県に生まれました。幼少期より絵画に興味を持ち、15歳のときに上京して日本美術学校に入学します。1915年(大正4年)に同校を卒業後、渡欧してフランスのパリ国立高等美術学校で学びました。 1921年(大正10年)に帰国後、東京の私立美術学校で教鞭を執りながら、制作活動を続けていきます。1923年(大正12年)には、第1回帝国美術展覧会に出品した「朝」で特選を受賞し、一躍その名を世間に知らしめました。 1927年(昭和2年)に渡米し、アメリカで個展を開催します。1931年(昭和6年)には、再び帰国し、東京美術学校で教授に就任しました。1936年(昭和11年)には、帝室技芸員に任命されます。 1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終結した後、増山正同は、新制作協会の結成に参加します。1949年(昭和24年)には、東京芸術大学の教授に就任しました。1954年(昭和29年)には、文化勲章を受章しています。 1966年(昭和41年)に、増山正同は、東京都内で死去しました。享年72歳でした。増山正同は、日本の近代洋画を代表する画家の一人であり、その作品は現在でも多くの人に愛されています。
歴史上の人物

「猿田彦神」

- 猿田彦神とは何か 猿田彦神は、日本の神話に登場する神である。天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を地上に導いたとされる神として知られている。猿田彦神は、天狗の祖先とも言われており、奇抜な外見と人々を惑わす言動で知られている。 猿田彦神の外見は、鼻が高く、口が大きく、髪は赤色であり、全身が毛に覆われているとされている。また、猿田彦神は、人を惑わす言動をすることが多く、天孫降臨の際には、瓊瓊杵尊を騙して道を誤らせようとしたとされている。しかし、猿田彦神は、瓊瓊杵尊の正体に気づき、道を誤らせることをやめた。 猿田彦神は、奇抜な外見と人々を惑わす言動で知られているが、実は、人々を導く神として信仰されている。猿田彦神は、旅の安全を祈願する神として、また、縁結びの神として、人々から崇敬されている。
学術分野の人

「橘南谿」

-橘南谿の生涯- 橘南谿は、1809年8月28日に江戸に生まれた。本名は大塚清介。橘南谿という雅号は、橘柑のことを「南渓子」と呼んでいることから取ったものだ。 橘南谿は、幼い頃から学問に励み、20歳の頃には漢学や国学に通じていた。1832年、郷里の姫路藩に仕えたが、1845年に藩を辞して江戸に遊学した。江戸では、平田篤胤や梁川星巌らに師事し、国学をさらに深く学んだ。 1850年、橘南谿は江戸で「東海道宿村大概(とうかいどうしゅくそんおよそ)」を刊行した。これは、東海道の宿場町を旅した際のスケッチや紀行文をまとめたもので、庶民の暮らしや当時の社会情勢を知る上で貴重な資料となっている。 1853年、ペリーが浦賀に来航した。橘南谿は、この来航を「異国船渡来記」にまとめ、当時の世論に大きな影響を与えた。この本は、ペリー来航の顛末を詳しく記録したもので、幕末維新史研究の重要典拠となっている。 1862年、橘南谿は江戸で没した。享年54。橘南谿は、国学者としてだけでなく、ジャーナリストとしても活躍し、幕末維新期に大きな影響を与えた人物であった。
美術分野の人

「磯部百鱗」

-磯部百鱗の生涯と業績- 磯部百鱗(いそべひゃくりん)は、1866年(慶応2年)に、現在の静岡県熱海市に生まれた日本画家です。本名は磯部昌浩(いそべまさひろ)といい、百鱗は号です。 磯部百鱗は、幼い頃から絵を描くことが好きで、15歳の時に東京に出て、日本画家・松岡映丘(まつおかえいきゅう)の門下に入りました。 松岡映丘は、日本画壇の重鎮であり、磯部百鱗は、その指導の下で日本画の基礎を学びました。また、磯部百鱗は、松岡映丘の娘である梅子と結婚し、松岡家の婿養子となりました。 磯部百鱗は、1898年(明治31年)に、東京美術学校(現在の東京藝術大学)を卒業し、日本画壇にデビューしました。その後、磯部百鱗は、数多くの作品を発表し、その繊細な筆致と優美な画風が評判となり、人気画家となりました。 磯部百鱗は、1922年(大正11年)に、帝国美術院の会員に推され、1926年(昭和元年)には、同院の評議員に就任しました。また、磯部百鱗は、1936年(昭和11年)に、文化勲章を受章しました。 磯部百鱗は、1937年(昭和12年)に、71歳で死去しました。磯部百鱗の死後、その功績を称えて、1951年(昭和26年)に、熱海市に磯部百鱗美術館が開館しました。 磯部百鱗の作品は、現在も多くの美術館や個人に所蔵されており、日本画壇を代表する画家の一人として、その名を後世に伝えています。
学術分野の人

中西直方 – 江戸時代前期の神道家、国学者

中西直方の生涯と経歴 中西直方は、1649年(慶安2年)に近江国坂田郡武佐村(現・滋賀県長浜市木之本町武佐)に生まれました。父は地元の豪農・中西清兵衛、母は片町家の娘・操です。幼い頃から神道を学び、16歳で都に上り、神道家・卜部兼永に入門しました。兼永のもとで神道の奥義を学び、卜部家随一の学者となりました。 その後、直方は国学にも関心を持ち、本居宣長らと交流を深めました。宣長は直方の学識を高く評価し、「直方は国学の第一人者である」と述べています。また、直方は『直方随筆』『直方神道論』などの著作を著し、神道や国学の発展に貢献しました。 直方は1721年(享保6年)に73歳で亡くなりました。墓所は滋賀県長浜市木之本町武佐の武佐神社境内にあります。直方の没後、その学問は弟子たちによって受け継がれ、神道や国学の発展に大きな影響を与えました。 直方は、神道家としてだけでなく、国学者としても活躍した人物です。その学識は本居宣長らからも高く評価されており、神道や国学の発展に大きな貢献をしました。直方の著作は現在でも研究されており、その学問は今なお多くの人々に影響を与えています。
政治分野の人

横山一格-明治-昭和時代前期の医師、政治家

-医師として、政治家として活躍した横山一格- 横山一格は、医師、政治家として明治末期から昭和前期にかけて活躍した人物です。医師としては、筑豊地方で炭鉱労働者の医療に貢献し、政治家としては、衆議院議員、福岡県知事、日本医師会長などを歴任しました。 -医師としての横山一格- 横山一格は、1878年(明治11年)に福岡県に生まれました。1903年(明治36年)に九州帝国大学医学部を卒業し、医師となりました。その後、筑豊地方の炭鉱で働く労働者の医療に従事しました。炭鉱労働者は、過酷な労働環境のもとで働き、健康を害する人が多くいました。横山一格は、炭鉱労働者の健康を守るために、診療所を開設し、無料で医療を提供しました。また、炭鉱労働者のための衛生教育にも力を入れました。 -政治家としての横山一格- 横山一格は、1920年(大正9年)に衆議院議員に当選しました。その後、福岡県知事、日本医師会長などを歴任しました。福岡県知事時代には、筑豊地方の開発に尽力しました。また、日本医師会長時代には、医師の地位向上に努めました。 横山一格は、1945年(昭和20年)に67歳で亡くなりました。しかし、彼の功績は現在でも語り継がれています。