上杉憲顕

歴史上の偉人

佐竹義宣(1)

佐竹氏第11代当主 佐竹義宣は、佐竹氏第11代当主である。佐竹義堯の子として誕生し、幼名は弥五郎。1588年に父が死去すると、家督を継いで佐竹氏第11代当主となった。 義宣は、豊臣秀吉の天下統一に従い、1590年の小田原征伐にも参陣した。しかし、1595年に秀吉が死去すると、徳川家康との対立が激化。1600年の関ヶ原の戦いでは、当初は家康に与したが、後に西軍に寝返った。しかし、西軍は敗北し、義宣は所領の大部分を没収されて出羽国に流罪となった。 出羽国に流罪となった義宣は、そこで1614年に死去した。享年49。義宣の死後、佐竹氏は秋田藩の藩主として存続したが、1701年に佐竹義処が死去すると、佐竹氏は断絶した。 義宣は、佐竹氏を中世から近世へと導いた当主である。また、関ヶ原の戦いでの寝返りなど、その生涯は波乱に満ちたものであった。
歴史上の偉人

「宇都宮氏綱」

- 宇都宮氏綱の生涯 宇都宮氏綱は、戦国時代の武将。下野国宇都宮氏の第17代当主。父は宇都宮忠綱。母は佐竹義舜の娘。正室は島津忠良の娘。子に宇都宮国綱、宇都宮広綱、宇都宮鎮房、宇都宮尚綱、宇都宮藤綱、宇都宮綱房、宇都宮綱清、宇都宮綱頼など。官位は従四位下・陸奥守・修理大夫。 -# 生い立ち 永正10年(1513年)、下野国宇都宮氏の第16代当主・宇都宮忠綱の嫡男として誕生。幼名は亀千代。 天文6年(1537年)、父・忠綱が死去し、家督を継いで第17代当主となる。氏綱は、家督を継いだ当初から積極的な領土拡大策をとり、周辺諸国との戦いを繰り返した。 天文7年(1538年)、下野国南部の大名・那須資胤と戦って勝利し、那須氏を臣従させた。天文9年(1540年)、下野国東部の大名・小山高朝と戦って勝利し、小山氏を臣従させた。天文10年(1541年)、下野国北部の岩城氏を滅ぼし、その領土を併合した。 天文11年(1542年)、上杉謙信と同盟を結び、越後国に出陣。長尾景虎(後の上杉謙信)と連携して、越後国北部の大名・長尾為景を破り、長尾氏を臣従させた。 天文12年(1543年)、上杉謙信と決裂。越後国に出陣し、上杉謙信と戦ったが、敗北し、宇都宮に撤退した。 天文13年(1544年)、上杉謙信と和睦し、同盟関係を回復した。天文15年(1546年)、下野国南部の佐竹義昭と戦って勝利し、佐竹氏を臣従させた。 天文16年(1547年)、上杉謙信と再び決裂。越後国に出陣し、上杉謙信と戦ったが、敗北し、宇都宮に撤退した。 天文17年(1548年)、上杉謙信と和睦し、同盟関係を回復した。 永禄元年(1558年)、死去。享年46。
歴史上の偉人

足利基氏:鎌倉公方として活躍した武将

初代鎌倉公方として就任 足利基氏は、鎌倉幕府の将軍・足利尊氏の弟として生まれ、建武3年(1336年)に尊氏が鎌倉に下向した際に、その補佐として随行しました。尊氏が京都に戻った後は、鎌倉に残って鎌倉公方を務め、鎌倉幕府を再興しました。 基氏は、鎌倉公方として、関東地方の治安維持や、尊氏と対立する南朝の討伐などに尽力しました。また、鎌倉に公方館を築き、京都の幕府と並ぶ権力を有しました。しかし、尊氏とは対立することが多く、両者の関係は険悪でした。 観応元年(1350年)、尊氏は南朝と和睦し、南朝の皇太子・後村上天皇の弟である懐良親王を鎌倉公方に任命しました。基氏は鎌倉を退去し、九州に下向しました。 正平6年(1351年)、尊氏は死去し、その子の足利義詮が将軍となりました。義詮は、基氏を鎌倉公方に再任し、鎌倉に戻りました。基氏は、鎌倉公方として、関東地方の治安維持に尽力し、鎌倉幕府の再興に貢献しました。 正平14年(1359年)、基氏は鎌倉で死去しました。享年49歳でした。基氏の死後、鎌倉公方は、息子の足利氏満が継ぎました。 基氏は、鎌倉公方として、鎌倉幕府の再興に貢献した武将でした。また、鎌倉に公方館を築き、京都の幕府と並ぶ権力を有しました。基氏の死後、鎌倉公方は、息子の足利氏満が継ぎました。
歴史上の偉人

長尾景恒 – 南北朝時代の武将

-上杉憲顕に従い、新田義興の鎌倉攻めに参加- 長尾景恒は、上杉憲顕に仕えた武将であり、新田義興の鎌倉攻めに参加しました。憲顕は、北条氏を滅ぼして鎌倉幕府を倒した足利尊氏の弟であり、鎌倉公方を務めていました。義興は、尊氏の養子であり、憲顕の娘婿でした。 1338年、尊氏が室町幕府を開いた後、南朝の勢力は衰退の一途をたどりました。しかし、義興は南朝の忠臣として、鎌倉を奪還しようと決意しました。景恒は、憲顕に従って義興の鎌倉攻めに参加しました。 1349年、義興は鎌倉を攻め落としました。しかし、足利尊氏はすぐに鎌倉を奪還し、義興は敗退しました。景恒は、この戦いで戦功を上げ、憲顕から褒賞を受けました。 1352年、義興は再び鎌倉を攻め落としました。しかし、足利尊氏は再び鎌倉を奪還し、義興は敗退しました。景恒は、この戦いで戦死しました。 景恒は、上杉憲顕に仕えた忠臣であり、新田義興の鎌倉攻めに参加した勇敢な武将でした。彼の死は、南朝にとって大きな損失となりました。
歴史上の偉人

無礙妙謙-南北朝時代の僧

無礙妙謙の生涯 無礙妙謙の生涯は、南北朝時代という激動の時代に翻弄されながら、仏教の道を歩み続けた僧侶の生涯である。 無礙妙謙は、509年に越前国に生まれた。幼い頃から仏教に帰依し、出家して僧侶となった。その後、奈良の興福寺で修行を積み、頭角を現した。 544年、無礙妙謙は、天台宗の祖である智顗に師事するために、中国に渡った。智顗は、無礙妙謙の才能を高く評価し、彼に天台宗の教えを授けた。 557年、無礙妙謙は、日本に帰国した。帰国後は、興福寺や薬師寺で、天台宗の教えを弘めた。また、多くの弟子を育て、天台宗の発展に尽力した。 576年、無礙妙謙は、88歳の生涯を終えた。無礙妙謙は、天台宗の教えを日本に伝え、その発展に大きく貢献した僧侶である。彼の業績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の偉人

「高師冬」 – 南北朝時代の武将

-高師冬の生涯- 高師冬(1312~1351)は、南北朝時代の武将です。父は南朝の忠臣として名高い高師直で、母は足利貞氏の娘である渋川幸子です。師冬は幼い頃から武芸に秀で、16歳の時に播磨守護に任命されました。その後、讃岐守護、伊予守護などを歴任し、南朝の有力武将として活躍しました。 1336年、足利尊氏が南朝に反旗を翻した際、師冬は南朝方として尊氏と戦いました。しかし、尊氏の方が勢力が強く、師冬は敗れて九州に落ち延びました。その後、師冬は南朝の征西将軍として九州を転戦し、尊氏の軍勢を相手に奮戦しました。 1351年、師冬は九州で尊氏の軍勢と激突し、戦死しました。享年40歳でした。師冬は南朝の忠臣として名を残し、その死は南朝にとって大きな痛手となりました。 師冬は武勇に優れ、智謀にも長けた武将でした。また、人柄も温厚で、部下からは慕われていました。師冬の死は南朝にとって大きな損失となり、南朝の衰退を招くことになりました。
歴史上の偉人

長尾景忠-南北朝時代の武将

-家臣として活躍した長尾景忠- 長尾景忠は、南北朝時代の武将であり、上杉憲顕に仕えました。景忠は、憲顕の父である上杉憲房の代から上杉家に仕え、憲顕が家督を継ぐと、その家臣として活躍しました。 景忠は、上杉家の重臣として、憲顕を支えていました。憲顕は、南北朝時代の動乱の中で、北朝方の武将として活躍しましたが、その間、景忠は常に憲顕の傍らにいて、その軍を指揮しました。また、景忠は、上杉家の領地を経営し、家臣団を統率するなど、上杉家の運営において重要な役割を果たしました。 景忠は、上杉家への忠義心が厚く、憲顕の死後は、その子である上杉憲実を支えました。憲実は、室町幕府の将軍である足利義教と対立し、上杉家は一時衰退しましたが、景忠は、憲実を最後まで支え続けました。 景忠は、武勇に優れていましたが、同時に、政治的手腕にも長けていました。景忠は、上杉家の家臣団をまとめ上げ、上杉家の勢力拡大に貢献しました。また、景忠は、上杉家と他の武将との間の交渉にも活躍し、上杉家の外交政策を担っていました。 景忠は、上杉家への貢献が認められ、憲実から「上杉家の柱」と称されました。景忠は、上杉家の家臣として、その一生を上杉家に尽くしました。
歴史上の偉人

「根津小次郎」

-根津小次郎の生涯について- 根津小次郎は、戦国時代末期の武将。甲斐国の戦国大名・武田信玄に仕え、武田二十四将の一人に数えられた。信玄の死後は、子の武田勝頼に仕えて活躍。武田家滅亡後も各地を転戦し、豊臣秀吉に仕えた。 1523年、甲斐国の根津氏に生まれる。父は根津昌次、母は不明。幼名は勝千代。1536年、武田信玄の御伽衆となる。信玄は、小次郎の武勇を高く評価し、重用した。 1542年、信濃侵攻に従軍。村上義清軍を破って、信濃を平定した。1545年、小笠原長時が信玄に叛いた際、小次郎は長時を討ち取って信玄の信頼をさらに深めた。1548年、越後国の上杉謙信と信玄が川中島で激突した際には、小次郎は武田軍の左翼を指揮して奮戦した。 1553年、信玄が相模国の大森氏を攻めた際には、小次郎は大森氏を破って、その居城・玉縄城を攻略した。1555年、美濃国・稲葉山城の斎藤道三を攻めた際にも、小次郎は斎藤軍を破って、稲葉山城を陥落させた。 1573年、信玄が死去。小次郎は、信玄の跡を継いだ勝頼に仕えた。1575年、長篠の戦いで武田軍が大敗を喫した際には、小次郎は勝頼を助けて戦った。1582年、武田家が滅亡すると、小次郎は伊賀国に逃亡。その後、織田信長のもとに身を寄せた。 1583年、本能寺の変で信長が死去。小次郎は、豊臣秀吉に仕えた。秀吉は、小次郎の武勇を高く評価し、近臣として取り立てた。1590年、小田原征伐に参加。北条氏を降伏させ、秀吉の天下統一に貢献した。 1598年、死去。享年76。 根津小次郎は、戦国時代を代表する武将の一人。その武勇は、後世にまで語り継がれている。
歴史上の偉人

芳賀高貞 – 南北朝時代の武将

芳賀高貞の生涯 芳賀高貞は、南北朝時代の武将です。芳賀氏は下野国芳賀郡を本拠とする国人で、高貞は芳賀氏第11代当主として誕生しました。生年は不詳ですが、鎌倉時代末期の元亨2年(1322年)が有力視されています。 芳賀高貞は、幼い頃から武芸に秀でており、足利尊氏に仕えていました。尊氏が鎌倉幕府打倒の兵を起こすと、高貞もこれに従って鎌倉に攻め込みました。鎌倉幕府が滅亡した後は、尊氏に従って建武の新政に参加しました。 しかし、建武の新政は長くは続かず、尊氏と後醍醐天皇の間に争いが起こりました(建武の乱)。芳賀高貞は、尊氏方に属して後醍醐天皇方の軍勢と戦いました。建武の乱が終結すると、尊氏から武蔵国足立郡を与えられました。 尊氏が没した後は、その子である足利義詮に仕えました。義詮が没した後は、その子である足利義満に仕えました。芳賀高貞は、義満の側近として重用され、しばしば戦場での活躍を賞賛されました。 永和5年(1379年)、芳賀高貞は64歳で亡くなりました。芳賀氏はその後も存続し、江戸時代まで続きました。 芳賀高貞は、南北朝時代の武将として活躍した人物です。武芸に秀でており、足利氏に仕えて多くの戦場で活躍しました。義満の側近として重用され、その功績を賞賛されました。芳賀高貞は、南北朝時代の歴史に欠かせない人物です。
歴史上の偉人

上杉憲顕とは?-鎌倉・南北朝時代の武将

-上杉憲顕の生涯- 上杉憲顕は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将です。上杉氏の一族で、上杉憲房の子として生れます。 憲顕は、1293年に生まれました。鎌倉幕府の有力御家人であり、元寇での功績で名声が高まった父・憲房のもとで育ちました。 1318年、父・憲房が亡くなると、憲顕は家督を継ぎました。そして、鎌倉幕府の御家人として活躍しました。 1331年、鎌倉幕府が倒れると、憲顕は足利尊氏に味方して、新田義貞と戦いました。しかし、楠木正成に敗れて、越後国に逃れました。 1338年、憲顕は越後国で挙兵し、鎌倉幕府の残党を討伐しました。そして、越後国の守護に任命されました。 1349年、憲顕は足利尊氏と対立し、新田義貞に味方しました。しかし、足利尊氏に敗れて、再び越後国に逃れました。 1356年、憲顕は越後国で死去しました。享年64歳でした。 憲顕は、鎌倉幕府の倒壊と南北朝時代の混乱の中で、武家として活躍した人物です。越後国を治め、足利尊氏や新田義貞と戦いました。