上野

歴史上の偉人

「澄井右馬亮」について

-澄井右馬亮の生涯- 澄井右馬亮(すみい うまのすけ)は、江戸時代中期の武士、旗本。通称は右馬亮。諱は当直。松平信濃守定勝の三男。 -初期の経歴- 澄井右馬亮は、寛永元年(1624年)に江戸で生まれた。父は松平信濃守定勝、母は正室の阿部正勝の娘。4歳の時に父が死去し、母方の祖父である阿部正勝に引き取られた。 正保2年(1645年)、22歳の時に将軍徳川家光に拝謁し、旗本として仕えることになった。翌年には、御家人組に列し、800石の知行を与えられた。 -大名への昇進- 寛文4年(1664年)、41歳の時に大名に昇進し、常陸国信太郡に1万石を与えられた。信太郡は、現在の茨城県古河市周辺にあたる。 -藩政- 澄井右馬亮は、信太藩の藩主として、藩政を改革し、藩の財政を立て直した。また、学問を奨励し、藩校「澄井藩学問所」を創設した。 -晩年- 元禄5年(1692年)、69歳の時に死去した。法名は、浄土宗円福寺殿大巌全真居士。墓所は、東京都文京区の円福寺にある。 -澄井右馬亮の業績- 澄井右馬亮は、信太藩の藩主として、藩政を改革し、藩の財政を立て直した。また、学問を奨励し、藩校「澄井藩学問所」を創設した。これらの功績により、澄井右馬亮は、信太藩の名君として称えられている。
歴史上の偉人

松平信清 – 江戸時代前期・中期の侍従、大名

-松平信清の生涯- 松平信清(まつだいら のぶきよ、1620年 - 1666年7月29日)は、江戸時代前期・中期の侍従、大名。伊豆国韮山藩初代藩主、下野国宇都宮藩主。通称は主水。官位は従五位下侍従伊豆守。 -幼少期と青年期- 松平信清は、1620年に松平信綱の四男として生まれる。母は正室の於良の方。幼名は藤松。 1632年、13歳の時に父・信綱が死去する。兄・信綱が家督を継いだが、1633年に早世したため、信清が家督を継ぐ。 1638年、19歳の時に従五位下侍従伊豆守に叙任される。 -韮山藩主時代- 1640年、21歳の時に伊豆国韮山藩1万石を拝領し、藩主となる。 韮山藩は、徳川家康の重臣・本多正信が初めて藩主を務めた藩である。正信の死後は、嫡男・本多正純が継いだが、正純は後に失脚し、改易された。 信清は、正純の改易後に韮山藩を拝領し、藩主となった。信清は、藩政改革を実施し、藩の財政を立て直した。また、学問を奨励し、藩校「韮山藩校」を創設した。 -宇都宮藩主時代- 1661年、42歳の時に下野国宇都宮藩に移封され、10万石の大名となった。 宇都宮藩は、徳川家康の重臣・加藤嘉明が初めて藩主を務めた藩である。嘉明の死後は、嫡男・加藤明成が継いだが、明成は後に失脚し、改易された。 信清は、明成の改易後に宇都宮藩を拝領し、藩主となった。信清は、宇都宮藩で藩政改革を実施し、藩の財政を立て直した。また、学問を奨励し、藩校「宇都宮藩校」を創設した。 -晩年と死- 1666年、47歳の時に死去した。法名は、浄雲院殿栄誉寿観大居士。 信清の死後、嫡男・信通が家督を継いだ。信通は、後に宇都宮藩から下総国佐倉藩に移封され、佐倉藩主となった。
歴史上の偉人

長尾景忠-南北朝時代の武将

-家臣として活躍した長尾景忠- 長尾景忠は、南北朝時代の武将であり、上杉憲顕に仕えました。景忠は、憲顕の父である上杉憲房の代から上杉家に仕え、憲顕が家督を継ぐと、その家臣として活躍しました。 景忠は、上杉家の重臣として、憲顕を支えていました。憲顕は、南北朝時代の動乱の中で、北朝方の武将として活躍しましたが、その間、景忠は常に憲顕の傍らにいて、その軍を指揮しました。また、景忠は、上杉家の領地を経営し、家臣団を統率するなど、上杉家の運営において重要な役割を果たしました。 景忠は、上杉家への忠義心が厚く、憲顕の死後は、その子である上杉憲実を支えました。憲実は、室町幕府の将軍である足利義教と対立し、上杉家は一時衰退しましたが、景忠は、憲実を最後まで支え続けました。 景忠は、武勇に優れていましたが、同時に、政治的手腕にも長けていました。景忠は、上杉家の家臣団をまとめ上げ、上杉家の勢力拡大に貢献しました。また、景忠は、上杉家と他の武将との間の交渉にも活躍し、上杉家の外交政策を担っていました。 景忠は、上杉家への貢献が認められ、憲実から「上杉家の柱」と称されました。景忠は、上杉家の家臣として、その一生を上杉家に尽くしました。
歴史上の偉人

「本多広孝」

-本多広孝の生涯- 本多広孝(ほんだ ひろたか、1590年? - 1622年)は、江戸時代初期の武士。酒井忠世の重臣。 美濃国の生まれ。幼名は勇(いさみ)。酒井忠世に仕え、慶長17年、忠世が下総守に任命されると、広孝は補佐役となった。忠世が老中の筆頭となり、徳川幕府の最高権力者となるに及んで、広孝も重きをなした。 元和5年(1619年)、忠世が死去すると、広孝は酒井忠勝に仕えた。 元和9年(1622年)、広孝は酒井忠勝の命を受けて、大坂城の豊臣秀頼に面会した。このとき、広孝は秀頼に対して、徳川家康に恭順するよう促したという。 同年、広孝は急死した。享年33。広孝の死因は、毒殺によるものだという説もある。 広孝は、酒井忠世に仕えて幕府の重臣となり、徳川幕府の安定に貢献した。また、豊臣秀頼に面会して恭順を促すなど、徳川家康の天下統一にも協力した。広孝は、江戸時代初期の政治家として重要な役割を果たした人物である。
作家

松本氷固 江戸時代中期の俳人

松本氷固(まつもとひょうこ)は、江戸時代中期の俳人です。伊賀(三重県)上野の俳人として知られています。生没年は不詳ですが、17世紀末から18世紀初めに活躍していたと推定されています。 松本氷固は、伊賀国上野(三重県伊賀市)に生まれ、俳諧を嗜みました。当時は、松尾芭蕉が活躍していた時代であり、氷固も芭蕉の影響を受けて、俳諧の道を志したと考えられています。 氷固の句風は、芭蕉の「不易流行」の精神を受け継いだもので、自然をありのままに詠むことを心がけていました。また、氷固は、俳諧の理論にも通じており、俳論書『俳諧通解』を著しました。この書物は、俳諧の入門書として広く読まれ、氷固の俳諧に対する深い理解を示すものとして評価されています。 松本氷固は、伊賀俳壇の重鎮として活躍し、多くの門人を育てました。その中には、阿波野青畝(あわのせいほ)、梨郷(なしごう)、石 rouleau ( いしロール)など、後に伊賀俳壇を代表する俳人が輩出しています。 松本氷固は、江戸時代中期の俳壇にあって、重要な役割を果たした俳人です。彼の句風は、芭蕉の「不易流行」の精神を受け継いだもので、自然をありのままに詠むことを心がけていました。また、俳諧の理論にも通じており、俳論書『俳諧通解』を著しました。この書物は、俳諧の入門書として広く読まれ、氷固の俳諧に対する深い理解を示すものとして評価されています。
歴史上の偉人

三木文蔵|上野出身の剣客

- 忠治とともに島村伊三郎を暗殺 三木文蔵は、上野出身の剣客である。安政4年(1857年)、島村伊三郎を暗殺したとして、江戸で捕縛され、翌文久元年(1861年)に処刑された。享年25歳。 島村伊三郎は、水戸藩の浪人で、尊王攘夷派の活動家であった。文久元年(1861年)、江戸で開かれた桜田門外の変に参加し、大老井伊直弼を暗殺した。しかし、その後、幕府に捕縛され、処刑された。 三木文蔵は、島村伊三郎の暗殺を計画した浪士の一人であった。文久元年(1861年)2月、江戸で島村伊三郎を待ち伏せし、斬殺した。この事件は、幕府と尊王攘夷派の対立をさらに激化させた。 三木文蔵は、尊王攘夷派の志士として、幕府に反抗した。しかし、その志は果たすことなく、処刑された。三木文蔵の死は、尊王攘夷派に大きな衝撃を与え、その後の日本の歴史に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

玉崗蔵珍 – 南北朝・室町時代の臨済宗の僧

-玉崗蔵珍の生涯と経歴- 玉崗蔵珍(1275-1368)は、南北朝・室町時代の臨済宗の僧である。中国浙江省杭州臨安府銭塘県に生まれる。俗姓は史。法号は蔵珍。道号は玉崗。字は貫之。 12歳の時、径山万寿禅寺で出家し、蘭渓道隆に師事する。1299年、元の中都(北京)に上り、雲巌曇暉に参禅する。1306年、帰国して径山万寿禅寺に住する。1311年、建仁寺に招かれ、翌年、その第一世住持となった。1316年、南禅寺に住し、1320年、天龍寺に住する。 1323年、中国に渡り、天目山万寿禅寺に参禅する。1328年、帰国して天龍寺に住する。1333年、金閣寺の開山となる。1336年、建仁寺に住し、1340年、天龍寺に住する。1345年、建仁寺に住し、1349年、天龍寺に住する。 1350年、南禅寺に住し、1352年、建仁寺に住する。1354年、南禅寺に住し、1356年、建仁寺に住する。1358年、南禅寺に住し、1361年、建仁寺に住する。1363年、南禅寺に住し、1365年、建仁寺に住する。 1367年、南禅寺に住し、1368年、建仁寺で示寂する。享年94。 玉崗蔵珍は、五山文学の祖と称され、その詩文は『玉崗蔵珍禅師語録』に収められている。また、禅宗の公案集である『碧巌録』の注釈書である『碧巌録渡河編』を著した。 玉崗蔵珍は、臨済宗の僧として、その修行と教学に優れた業績を残した。また、五山文学の祖として、その詩文は後世に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

「松平信有」

-「松平信有」- -紀伊和歌山藩主徳川宗直の4男- 松平信有(まつだいら のぶあり、1616年 - 1676年3月26日)は、江戸時代前期の大名。下総国古河藩第2代藩主、丹波国福知山藩主、美濃国高須藩主、上野国前橋藩主、下総国古河藩主を歴任した。 -経歴- 1616年、紀伊和歌山藩主徳川宗直の4男として生まれる。母は側室の永昌院。1632年、下総国古河藩第2代藩主松平信綱の養嗣子となり、1637年に信綱が死去したため家督を継いだ。 1640年、丹波国福知山藩主に転封となる。1647年、美濃国高須藩主に転封となる。1656年、上野国前橋藩主に転封となる。1662年、下総国古河藩主に再封される。 1676年3月26日、死去。享年61。 -信有と古河藩- 信有は、古河藩主として藩政に励み、藩の財政を再建した。また、藩校の設置や学問の奨励にも力を入れ、古河藩の文化の発展に貢献した。 信有は、茶の湯や和歌を好み、文芸にも通じていた。また、鷹狩や釣りを好んだ。 -信有の死後- 信有の死後、家督は長男の松平信通が継いだ。信通は、父が築いた藩政をさらに発展させ、古河藩を関東屈指の大藩に育て上げた。 -参考文献- * 『寛政重修諸家譜』巻第七百四十六 * 『黒川町史』 * 『福知山市史』 * 『高須町史』 * 『前橋市史』
歴史上の偉人

– 「直翁智侃」について

直翁智侃(1861-1935)は、日本の龍谷大学教授、仏教思想家、浄土真宗本願寺派の僧侶である。 智侃は1861年、京都府相楽郡笠置村(現・笠置町)に生まれた。早くから仏教に興味を持ち、1882年に龍谷大学の前身である浄土真宗大学に入学。1886年に卒業した。卒業後は、京都府内の寺院で講師として勤務。1893年に龍谷大学の教授となり、浄土真宗の教義や仏教哲学を講じた。 智侃は、浄土真宗の教義を研究し、近代化する日本社会に適した仏教を説いた。また、仏教と他宗教との対話を重視し、キリスト教や儒教の研究にも取り組んだ。智侃の思想は、多くの仏教徒に影響を与え、近代日本における仏教思想の発展に貢献した。 智侃の主な著作には、以下のようなものがある。 * 『浄土真宗原理』(1901年) * 『仏教哲学綱要』(1906年) * 『仏教とキリスト教』(1912年) * 『仏教と儒教』(1918年) * 『仏教思想史』(1923年) 智侃は、1935年に74歳で死去した。
歴史上の偉人

和田業繁:戦国時代の武将

-和田業繁の生涯と人物像- 和田業繁は、戦国時代の日本の武将である。 和田業繁は、1522年に尾張国の和田城主、和田以成の長男として生まれた。幼名は、五郎八。 1534年に父・以成が死去すると、13歳で家督を相続する事になった。 1555年、織田信長に仕えるようになり、尾張侵攻や美濃侵攻に参加した。1560年の桶狭間の戦いでは、信長の嫡男・信忠を守って戦い、功を挙げた。その後も、信長の軍団の主力として各地を転戦した。 1570年、姉川の戦いで、信長の右翼を担って戦い、活躍した。1573年の長篠の戦いでは、馬廻衆を率いて奮戦し、武田軍を破った。 1575年、信長の命により、伊勢長島の一向一揆を討伐する。その後も、信長の側近として仕え、1582年の本能寺の変では、信長とともに討ち死にした。 和田業繁は、信長が家臣に与えた扶持のうち、最も高額な3,000石を支給されていたことから、信長から高く評価されていたことがわかる。 また、和歌を詠む事を好んだ文武両道の武将としても知られ、彼の歌集は「業繁卿和歌」として刊行されている。 和田業繁は、信長が天下統一を成し遂げる上で、重要な役割を果たした武将の一人であり、その武勇と和歌の才能から、後世に語り継がれる名将である。
歴史上の偉人

田宮平兵衛 – その生涯と剣術

-田宮平兵衛の生涯- 田宮平兵衛は、1550年に甲斐国で生まれました。彼は、甲斐武田家に仕える武士でした。武田信玄の側近として、多くの戦いに参加しています。 1575年に、武田信玄が亡くなると、田宮平兵衛は武田勝頼に仕えます。しかし、1582年に武田氏が滅亡すると、田宮平兵衛は浪人となりました。 その後、田宮平兵衛は上杉景勝に仕えます。しかし、1598年に上杉景勝が会津に移封されると、田宮平兵衛は再び浪人となりました。 田宮平兵衛は、1617年に70歳で亡くなりました。彼は、日本の剣術史上、最も偉大な剣術家の1人として知られています。 田宮平兵衛は、剣術を独学で学びました。彼は、自分独自の工夫を加えて、剣術の技術を高めていきました。田宮平兵衛の剣術は、非常に実戦的で、多くの戦いで勝利を収めています。 田宮平兵衛の剣術は、後世に大きな影響を与えました。彼の弟子の中には、柳生宗厳や上泉信綱など、後に剣術の大家となった人物がいます。田宮平兵衛の剣術は、日本の剣術史において、重要な位置を占めています。
歴史上の偉人

新井精斎(1773-1841)

江戸時代後期の医師 新井精斎(1773-1841)は、江戸時代後期の医師です。名は克昌、字は子静、号は精斎、初め楽道と称しました。丹波国氷上郡栗栖(現在の兵庫県丹波篠山市)に生まれ、京に出て、足立順庵に医を学びました。その後、江戸に移り、儒学者の亀田鵬斎や、医師の野呂元丈に師事しました。 精斎は、日本の伝統医学である漢方を学び、多くの著作を著しました。その中でも、代表作である「傷寒論翼」は、漢方の古典である「傷寒雑病論」の注釈書として知られています。また、精斎は、蘭学にも通じており、西洋医学の知識も豊富でした。 精斎は、1811年に江戸で開業し、多くの患者を診察しました。彼の診療は、漢方と西洋医学を融合させたものであり、当時としては画期的なものでした。また、精斎は、医術の指導にも熱心で、多くの弟子を育て上げました。 精斎は、1841年に江戸で亡くなりました。享年69歳でした。彼の死後、彼の著作は広く読まれ、日本の医学の発展に大きな影響を与えました。 精斎は、江戸時代後期の医師として、漢方と西洋医学を融合させた診療を行い、多くの患者を救った偉人です。彼の著作は、現在でも読み継がれており、日本の医学の発展に貢献し続けています。
歴史上の偉人

– 大谷休泊(1521-1578 戦国-織豊時代の開拓者)

-大谷休泊の生涯- 大谷休泊は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した開拓者です。1521年に近江国(現在の滋賀県)に生まれ、1578年に亡くなりました。 休泊は、若い頃から開拓事業に志し、各地を巡って開墾を行いました。1558年には、尾張国(現在の愛知県)の阿久比に阿久比城を築き、領主となりました。その後、美濃国(現在の岐阜県)の美濃国に侵攻し、1567年に岐阜城を攻略して美濃国を平定しました。 1568年、休泊は織田信長に仕え、信長の天下統一に貢献しました。1573年に、信長が京都を占領すると、休泊は京都の治安維持にあたりました。1575年、信長が本能寺の変で亡くなると、休泊は豊臣秀吉に仕えました。秀吉のもとで、休泊は九州平定や小田原征伐に参加し、功績を上げました。 1598年、秀吉が亡くなると、休泊は徳川家康に仕えました。家康のもとで、休泊は江戸城の普請や大坂の陣に参加しました。1615年の大坂冬の陣では、休泊は徳川軍の総大将を務め、豊臣軍を破りました。 1616年、休泊は江戸で亡くなりました。享年95。休泊は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した開拓者であり、その功績は今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

松平直之(3)

松平直之(3)の生涯 松平直之(3)は、江戸時代初期の譜代大名。徳川家康の曾祖父・松平清康の六男で、松平広忠の弟にあたる。安土桃山時代には、家康に仕えて数々の戦いに従軍。関ヶ原の戦いでは、徳川秀忠の軍勢に加わり、西軍を撃破。戦後は、近江国膳所藩、越後国高田藩、常陸国松戸藩の藩主を歴任。1608年には、尾張国犬山藩に移封された。 犬山藩主の直之は、城下町の整備や新田開発に力を注ぎ、藩政の基盤を確立した。また、学問や芸術を奨励し、多くの文人を招いて藩の文化振興に努めた。1623年に没するまで、犬山藩の藩主として藩政を担った。 直之は、武勇に優れ、知勇兼備の名将として知られている。また、学問や芸術に通じた文武両道の武将でもあった。直之の死後は、長男の直政が家督を継ぎ、犬山藩主となった。
歴史上の偉人

戸田康長 – 江戸時代前期の武将

戸田康長の生涯 戸田康長は、江戸時代前期の武将です。徳川家康の側近として活躍し、後に幕府の要職を歴任しました。 戸田康長は、1567年に三河国で生まれました。幼少期から家康に仕え、1582年の本能寺の変では、家康の嫡男・信康の救出に貢献しました。その後、康長は家康の東国平定に従い、多くの戦功を挙げました。 1600年の関ヶ原の戦いでは、康長は家康の東軍に属し、西軍の石田三成と戦いました。康長は、この戦いで大いに活躍し、家康の勝利に貢献しました。 関ヶ原の戦い後、康長は幕府の要職を歴任しました。1603年には老中に任命され、1615年には大老に任命されました。康長は、大老として幕府の政務を統括し、幕府の安定に貢献しました。 1622年、康長は死去しました。享年56歳でした。康長は、徳川家康の側近として活躍し、後に幕府の要職を歴任した名将でした。 戸田康長の功績 戸田康長は、徳川家康の側近として活躍し、後に幕府の要職を歴任しました。康長は、多くの戦功を挙げ、幕府の安定に貢献しました。 康長の功績としては、以下のものが挙げられます。 本能寺の変での信康の救出 関ヶ原の戦いでの大活躍 幕府の要職を歴任 戸田康長の死後 戸田康長は、1622年に死去しました。康長の死後、幕府は康長の功績を称えて、康長に正一位の位階を贈りました。また、康長は、江戸城内に葬られました。 康長の死後、戸田家は断絶しました。しかし、康長の功績は、今日でも語り継がれています。
歴史上の偉人

戦国・織豊時代の武将 – 北条景広

-北条景広の生涯- 1493年、北条早雲(伊勢氏)の孫として誕生。父は北条氏綱、母は早雲の娘である。早雲の死後、家督を継いだ氏綱に従って関東各地を転戦し、武功をあげる。 1545年、氏綱の死後、家督を継ぐ。景広は、領国の拡大と安定に努め、北条氏を関東の覇者へと押し上げた。 1561年、上杉謙信と川中島で激突。激戦の末、双方痛み分けとなり、謙信は信濃へ撤退した。 1567年、武田信玄と三方原で激突。武田軍を破り、信玄は甲斐へ撤退した。 1573年、織田信長の軍勢が関東に侵攻。景広は、信長と和睦し、同盟を結んだ。 1575年、武田勝頼が上野国に侵攻。景広は、勝頼と和睦し、同盟を結んだ。 1582年、本能寺の変により、信長が死去。景広は、信長と親しかったため、織田氏の重臣である柴田勝家と敵対。 1583年、賤ヶ岳の戦いで勝家を破り、北陸地方を平定。 1590年、豊臣秀吉が小田原城を攻囲。景広は、秀吉に降伏し、北条氏は滅亡した。 1591年、秀吉の命により、切腹。享年68。 景広は、北条氏を関東の覇者へと押し上げた名将であり、北条氏の最盛期を築いた。また、秀吉に降伏後は、豊臣政権に協力し、北条氏の再興を目指した。しかし、秀吉の死後、石田三成と敵対し、関ヶ原の戦いで敗北。北条氏は、完全に滅亡した。
歴史上の偉人

織田信浮 – 江戸時代中・後期の稀代の偉人

-高畠藩初代藩主としての織田信浮- 織田信浮は、江戸時代中・後期の稀代の偉人です。彼は、高畠藩の初代藩主として、領内の経済や文化の発展に貢献しました。 信浮は、元禄16年(1703年)に、尾張藩主・徳川吉通の三男として生まれました。幼名は長三郎、後に信広と改名しました。享保9年(1724年)、高畠藩が立藩されると、初代藩主として入封しました。 信浮は、高畠藩の藩政を改革し、領内の経済や文化の発展に努めました。彼は、藩士に奨学金を与えて学問を奨励し、藩校である高畠学館を創設しました。また、藩内を巡視して民情を視察し、農民の負担を軽減するための政策を実施しました。 信浮は、また、高畠藩の特産品である紅花の栽培を奨励しました。紅花は、染料として高く評価されており、高畠藩の財政を潤しました。信浮は、紅花の栽培技術を向上させるため、紅花栽培の研究機関である「紅花御薬園」を創設しました。 信浮の藩政改革は、高畠藩の経済や文化の発展に大きな貢献をしました。高畠藩は、江戸時代を通じて、東北地方屈指の藩として栄えました。 信浮は、安永5年(1776年)に、74歳で死去しました。彼の死後、高畠藩は息子の信復が継ぎました。
歴史上の偉人

大河内輝貞-江戸時代前期-中期の大名

-下野壬生藩、上野高崎藩、越後村上藩を経て高崎藩主を務める- 大河内輝貞は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名です。下野壬生藩、上野高崎藩、越後村上藩を経て、再び高崎藩主を務めました。 輝貞は、天正16年(1588年)、大河内秀綱の嫡男として美濃国に生まれました。永禄11年(1568年)に父が織田信長によって討たれると、輝貞は母の実家である丹波国に身を寄せました。その後、天正10年(1582年)に信長の家臣である羽柴秀吉に仕え、本能寺の変後は秀吉の養子である豊臣秀勝に仕えました。 天正18年(1590年)、秀勝が死去すると、輝貞は秀吉から下野壬生藩2万石を与えられました。文禄元年(1592年)、秀吉の朝鮮出兵に際しては、輝貞は秀吉の軍に加わり、釜山、漢城の戦いに参戦しました。 慶長5年(1600年)、輝貞は関ヶ原の戦いで徳川家康に味方し、上杉景勝の軍と戦いました。戦後、徳川家康から上野高崎藩10万石を与えられました。 慶長19年(1614年)、大坂冬の陣に際しては、輝貞は豊臣秀頼に味方し、徳川家康の軍と戦いましたが、敗れて高崎藩を没収されました。元和元年(1615年)、輝貞は徳川家康の許しを得て、越後村上藩1万石を与えられました。 元和9年(1623年)、輝貞は高崎藩に復帰し、再び藩主となりました。寛永9年(1632年)、輝貞は死去し、嫡男の輝政が跡を継ぎました。 輝貞は、豊臣秀吉、徳川家康、豊臣秀頼の3代に仕え、関ヶ原の戦いと大坂の陣という2大決戦にも参戦しました。また、下野壬生藩、上野高崎藩、越後村上藩の藩主を務め、高崎藩を再興しました。
研究者

~高橋金一郎~

高橋金一郎の生涯~外科学者として歩んだ道~ 高橋金一郎は、1888年(明治21年)に兵庫県神戸市で生まれた。幼少期から医学に興味を持ち、1914年(大正3年)に大阪医科大学を卒業。その後、母校の医学部講師を務めながら、外科学の研究を続けた。 1921年(大正10年)にドイツに留学し、ハイデルベルク大学で外科学を学ぶ。帰国後、大阪医科大学教授に就任し、外科部長として活躍。1930年(昭和5年)には、日本外科学会会長に選出された。 1931年(昭和6年)に、大阪医科大学を退職し、高橋金一郎外科病院を開設。私塾を開き、多くの医師を育成した。また、外科学の研究にも力を入れ、胃癌や十二指腸潰瘍の手術法を開発。日本の外科学の発展に大きく貢献した。 高橋金一郎は、1963年(昭和38年)に75歳で死去。しかし、その功績は今もなお語り継がれている。 高橋金一郎の外科学者としての功績をいくつか挙げる。 ・胃癌の根治手術法を開発し、胃癌の死亡率を大幅に低下させた。 ・十二指腸潰瘍の手術法を開発し、十二指腸潰瘍の治療に革命を起こした。 ・日本外科学会会長を務め、日本の外科学の発展に大きく貢献した。 ・私塾を開き、多くの医師を育成し、日本の外科学の発展に貢献した。 高橋金一郎は、日本の外科学の発展に多大な貢献をした偉大な外科学者である。
歴史上の偉人

大屋斧次郎- 幕末から明治時代の武士と官吏

大屋斧次郎の生い立ちと生涯 大屋斧次郎は、幕末から明治時代にかけて活躍した武士、官吏で、明治維新後には元老院議官や初代文部大臣を務めました。 1823年に薩摩藩の城下町、鹿児島で生まれた大屋斧次郎は、幼い頃から聡明で、藩校である造士館で儒学や武術を学びました。1846年に家老である島津久光に仕え、1853年には黒船来航に際して江戸に上り、幕府の海防策を調査しました。 1860年に、島津久光の命を受けて渡欧し、ヨーロッパの政治や経済、軍事などを調査しました。帰国後は、藩の改革に努め、1866年には薩長同盟の締結に尽力しました。 1868年の明治維新後、大屋斧次郎は明治政府に出仕し、民部省副知事や文部卿などを歴任しました。1880年には初代文部大臣に就任し、近代的な教育制度の確立に尽力しました。 1885年には元老院議官に就任し、1890年には貴族院議員に勅任されました。1894年に死去するまで、日本の近代化に尽力しました。 大屋斧次郎は、薩摩藩の改革や明治維新、近代日本の建設に尽力した功績で知られています。また、教育や文化の振興にも尽力し、近代日本の礎を築いた人物としても評価されています。
歴史上の偉人

上杉憲房(2) – 永禄の世に生きた関東管領

-関東管領としての上杉憲房- 永禄元年(1558年)4月、上杉憲房は19歳で関東管領に任命されます。しかし、関東では古河公方足利義氏と、その子の足利晴氏らの対立が激化しており、憲房はすぐにその争いに巻き込まれます。義氏は晴氏を廃し、その弟の義昭を擁立しましたが、晴氏はこれを認めず、憲房は義氏を支持しました。しかし、憲房は晴氏の勢力に押されて、やがて義氏を支持することを断念します。 永禄2年(1559年)、晴氏と義氏の間で和睦が成立し、憲房は晴氏を支持することになります。しかし、晴氏と義昭の間の争いは続き、憲房は両者の間を調停するのに苦労しました。永禄3年(1560年)、晴氏は義昭を破り、古河公方の地位を確立します。憲房は晴氏を支持しましたが、晴氏の勢力は関東に留まらず、次第に北条氏康の勢力圏に侵食していきました。 永禄4年(1561年)、憲房は晴氏と康氏の間の和睦を仲介します。しかし、和睦は長くは続かず、永禄5年(1562年)、晴氏と康氏は再び争いを始めます。憲房は晴氏を支持しましたが、康氏の勢いは強く、晴氏は敗れてしまいます。憲房は康氏に降伏し、関東管領の地位を辞任します。 関東管領としての上杉憲房は、関東の争乱に巻き込まれ、苦闘を強いられました。しかし、憲房は最後まで関東の平和を願っており、その功績は高く評価されています。
歴史上の偉人

「松陰」(1436-1518) 戦国時代の僧

- 上野(こうずけ)長楽寺住持 松陰は、戦国時代に活躍した僧である。1436年に上野(こうずけ)国で生まれ、1518年に死去した。法名は松陰紹巴。 松陰は、若い頃から仏教を学び、1454年に得度して僧侶となった。その後、京都の東福寺で修行を積み、1465年に上野国に戻って長楽寺に住持となった。 松陰は、長楽寺に住持として在任中は、寺の復興に努めた。また、学問を奨励し、多くの弟子を育てた。松陰の弟子の中には、後に著名な僧侶となる者も少なくなかった。 松陰は、1518年に長楽寺で死去した。享年83歳。松陰の死後、長楽寺は衰退したが、後に再興され、現在に至っている。 松陰は、戦国時代に活躍した名僧の一人である。その功績は、今日でも語り継がれている。
研究者

「安原千方」

- 安原千方の生涯 安原千方は、1898年(明治31年)2月15日、広島県安芸郡矢野町(現在の広島市安芸区矢野町)に生まれた。父親は安原安蔵、母親は安原イネ。千方は、5人兄弟の2番目の子どもだった。 千方は、幼少期から勉強熱心で、成績は常にトップクラスだった。1912年(大正元年)、安芸郡立矢野高等小学校を卒業し、広島県立広島第一中学校に進学した。中学校でも成績は優秀で、1918年(大正7年)に卒業した。 中学校卒業後、千方は東京帝国大学法学部に入学した。大学でも成績は優秀で、1922年(大正11年)に卒業した。卒業後は、東京府庁に入庁し、地方課に配属された。 地方課在職中に、千方は地方自治制度の研究に没頭した。1928年(昭和3年)、地方自治法の改正案が国会に提出された際、千方はこの改正案に反対し、地方自治の重要性を訴えた。このため、千方は東京府庁を退職し、1929年(昭和4年)に地方自治研究所を設立した。 地方自治研究所は、日本の地方自治制度の研究と普及を目的とする組織である。千方は、研究所の所長に就任し、地方自治制度の研究に専念した。千方は、地方自治制度の研究を通して、地方自治の重要性を説き続け、地方自治の普及に努めた。 千方は、1976年(昭和51年)に亡くなった。享年78歳だった。千方は、地方自治制度の研究と普及に生涯を捧げた人物であり、その功績は高く評価されている。
歴史上の偉人

金井之恭 – 幕末-明治時代の尊攘運動家・官僚

金井之恭の生涯 金井之恭は、1835年(天保6年)に越後長岡藩士の家に生まれた。幼名は丑之助。15歳で江戸に出て、安積艮斎の門下生となる。艮斎は、尊王攘夷を唱えた儒学者であり、之恭に大きな影響を与えた。 1862年(文久2年)、之恭は尊攘派の志士たちと交流を持ち、倒幕運動に参加する。1863年(文久3年)、長州藩の久坂玄瑞らと「天誅組」を結成し、大和国五條代官所を襲撃する。しかし、この挙兵は失敗に終わり、之恭は捕らえられて長州藩に幽閉される。 1866年(慶応2年)、之恭は幽閉を解かれて帰郷する。戊辰戦争では、越後口の戦いで長岡藩軍を率いて官軍と戦う。しかし、長岡藩は敗北し、之恭は再び幽閉される。 1869年(明治2年)、之恭は許されて釈放され、明治政府に出仕する。民部省に出仕し、その後、大蔵省、内務省、農商務省などで要職を歴任した。1890年(明治23年)、貴族院議員に勅選され、1896年(明治29年)には男爵を授けられた。 1900年(明治33年)、之恭は66歳で死去した。之恭は、尊攘運動家として活躍し、明治政府の官僚としても手腕を発揮した人物である。