与謝蕪村

作家

大蕪 – 江戸時代後期の俳人

-大蕪の生涯と経歴- 大蕪は、江戸時代後期の俳人です。本名は杉本正造で、1776年、越後長岡(現在の新潟県長岡市)に生まれました。幼い頃から俳諧を好み、1809年に江戸に出て、十返舎一九や谷峨舎南友らと交わりました。1812年、松尾芭蕉の追善俳諧集『虚栗』を編纂し、その序文に「芭蕉は俳諧の宗匠なり。其の風雅、幽玄にして、幽隠にして、淡泊にして、清浄なり。予は芭蕉を敬慕して、其の風雅を学び、其の俳諧を宗とす」と記しました。 大蕪は、芭蕉の俳諧を学び、その風雅を継承することを目指しました。1818年に『蕪村句集』を編纂し、蕪村の俳諧を世に紹介しました。また、1820年に『大蕪句集』を出版し、独自の俳風を確立しました。 大蕪は、芭蕉と蕪村を敬慕し、その風雅を学びましたが、単なる模倣に終わることはありませんでした。独自の俳風を確立し、数多くの優れた句を残しました。大蕪の句は、芭蕉の幽玄さと蕪村の軽妙さを兼ね備えており、江戸時代後期の俳諧を代表する俳人として高く評価されています。 大蕪は、1837年、62歳で江戸で亡くなりました。
作家

「下村春坡」

-下村春坡の生涯- 下村春坡は、1810年4月28日に江戸で生まれました。本名は下村忠左衛門です。春坡という雅号は、故郷である根津の春と、根津権現の坡(坂の意)にちなんで付けました。 春坡は幼い頃から漢学や国学を学び、17歳の時に江戸に出て、亀田鵬斎に師事しました。鵬斎は、春坡に漢詩や和歌を教えただけでなく、戯作の書き方を教え、春坡を戯作の世界に導きました。 春坡は、20歳の時に戯作『品川通俗談』でデビューしました。この作品は好評を博し、春坡は一躍有名になりました。以後、春坡は戯作を書き続け、特に『東海道評判記』『金谷二十景』などの作品で知られています。 春坡の戯作は、ユーモアと風刺に富んでおり、当時の庶民の生活や社会の様子を生き生きと描いています。また、春坡は戯作だけでなく、小説や随筆も執筆し、その文才は高く評価されています。 春坡は、1871年11月11日に61歳で亡くなりました。しかし、その作品は今もなお読み継がれ、人々に愛されています。 -春坡の戯作の特徴- 春坡の戯作は、ユーモアと風刺に富んでおり、当時の庶民の生活や社会の様子を生き生きと描いています。また、春坡は戯作だけでなく、小説や随筆も執筆し、その文才は高く評価されています。 春坡の戯作の特徴は、以下の通りです。 * ユーモアと風刺に富んでいる * 当時の庶民の生活や社会の様子を生き生きと描いている * 文章が簡潔で読みやすい * 教訓や人生訓が盛り込まれている 春坡の戯作は、庶民の生活や社会の様子をリアルに描いているため、当時の様子を知る貴重な資料となっています。また、春坡の戯作にちなんだ史跡や観光スポットも数多く残されており、今もなお人々から親しまれています。
作家

常盤潭北:江戸時代中期の俳人と心学者

-江戸時代の文化に貢献した常盤潭北- 常盤潭北(じょうはんたんぽく)は、江戸時代中期の俳人、心学者、書家である。 1685年(貞享2年)に江戸に生まれ、1763年(宝暦13年)に79歳で亡くなった。 潭北は、芭蕉の弟子である其角に俳諧を学び、1715年(正徳5年)に「炭俵」を刊行した。 この句集は、芭蕉の蕉風を継承しつつ、庶民の生活や心情を詠んだ作品が多く含まれており、江戸俳諧の代表作として高く評価されている。 また、潭北は、心学者としても知られており、1735年(享保20年)に「心学玉ヶ枝」を刊行した。 この書は、朱子学を基盤とした心学の入門書であり、江戸時代の人々の道徳教育に大きな影響を与えた。 さらに、潭北は、書家としても優れた腕前を持っており、その書は「潭北流」と呼ばれて多くの弟子を輩出した。 潭北は、俳諧、心学、書道という異なる分野で活躍した江戸時代を代表する文化人である。 その業績は、今日でも高く評価されており、多くの研究者がその生涯と作品を研究している。
作家

寺村百池-江戸時代中期~後期の俳人-

-与謝蕪村に入門し、絵は円山応挙、茶道を6代藪内紹智に学ぶ- 寺村百池は江戸時代中期から後期の俳人である。1729年、京都の商人である寺村家の次男として生まれた。幼名は仁一。1749年に与謝蕪村に入門し、俳号を百池と名乗る。蕪村は、当時京都で活躍していた俳人で、百池に俳諧の基礎を教えた。 また、百池は絵を円山応挙に、茶道を6代藪内紹智に学んだ。応挙は、京都の画家で、写生を重視した新しい画風を確立した人物である。百池は応挙から写生の大切さを学び、俳諧の作品にも写生を活かした。紹智は、京都の茶人で、裏千家の家元である。百池は紹智から茶道の心得を学び、俳諧の作品にも茶道の精神を取り入れた。 百池は、俳諧、絵、茶道など、さまざまな分野で活躍した。1765年に、蕪村の死後に『猿蓑』を編纂し、蕪村の俳風を世に広めた。また、1773年に『山桜』を編纂し、自らの俳風を確立した。百池の俳諧は、写生と茶道の精神を活かし、自然の美しさや人間の心情を繊細に表現した。 百池は、1807年に京都で亡くなった。享年79。百池の俳諧は、江戸時代後期の俳諧を代表するものであり、今日でも多くの俳人に影響を与えている。
芸術家

若城藍田 絵画の真髄に迫った江戸時代中期の画家

-中国画法を究めた画人- 若城藍田は、江戸時代中期に活躍した画家です。中国画法を究めたことで知られ、その作品は写実的で細部にまで気を配った描線と、生き生きとした色彩が特徴です。 藍田は、播磨国姫路藩(現在の兵庫県姫路市)に生まれました。本姓は松岡氏、名は重政、藍田は号です。幼い頃より絵を好み、京都に出て狩野派の画家・狩野永納に師事しました。永納のもとで中国画法を学び、やがて師を超える腕前となりました。 藍田は、中国画法を日本の風土や文化に合うようにアレンジした独自の画風を確立しました。その作品は、中国画のような写実性と、日本画のような装飾性を兼ね備えています。また、藍田は、花鳥画や山水画を得意とし、その作品は多くの文人墨客から賞賛されました。 藍田は、江戸時代中期を代表する画家の一人であり、その作品は現在も多くの美術館や博物館で展示されています。彼の作品は、中国画法を日本の風土や文化に合うようにアレンジした絶妙な技法と、生き生きとした色彩が特徴です。彼の作品は、日本の美術史において重要な位置を占めています。
作家

三宅嘯山 – 江戸時代中期の俳人・儒者

三宅嘯山とは 三宅嘯山(みやけ しょうざん)は江戸時代中期の俳人・儒者です。1723年、江戸に生まれました。名は淇(けい)、通称は伝蔵(でんぞう)または健蔵(けんぞう)です。嘯山という号は、自宅の近くの高台に嘯山という地名があったことから取りました。 嘯山は13歳のときに江戸学問所の考証館に入り、儒学を学びました。16歳のときには、本草学を学び始め、薬草の研究に没頭しました。その後、寺子屋を開き、子供たちに儒学や本草学を教えました。 嘯山は18歳のときには俳句を始め、江戸の俳人・与謝蕪村(よさ ぶそん)に師事しました。蕪村からは俳諧の奥義を学び、やがて江戸の俳壇で活躍するようになりました。 嘯山は俳句の他に、儒学や本草学に関する書物を多く残しました。特に、本草学に関する「薬草鑑」は、江戸時代の本草学の集大成とも言われる貴重な資料です。 嘯山の俳句は、軽妙洒脱な句風と、自然をありのままに詠んだ作風で知られています。また、嘯山は俳諧の理論にも通じており、俳諧に関する著書も残しています。 嘯山は1795年に江戸で亡くなりました。享年73歳でした。
作家

姫岳-江戸時代中期-後期の僧と俳人

-姫岳の生涯と俳句- 姫岳は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した僧侶であり、俳人です。本名は大雲院菊山と称し、1685(貞享2)年、武蔵国児玉郡下里見(現在の埼玉県児玉郡上里町下里見)に生まれました。幼い頃から学問と俳諧を好み、19歳の時に江戸に出て、俳諧師の其角に入門しました。其角の死後、芭蕉の高弟である美濃派の仙寿にまなびました。 1718(享保3)年、美濃派の俳人である唐衣が、姫岳と俳諧師の井口元九郎と一緒に、下野国足利郡在住の俳人である丈草を訪問しました。丈草は、姫岳の才能を高く評価し、その後、丈草宅に滞在しながら俳諧を学びました。丈草の死後、姫岳は、武蔵国児玉郡下里見に隠棲し、晩年を過ごしました。 姫岳の俳句は、芭蕉や其角の写生的写実的な句風を受け継ぎ、自然の風景や日常生活の中の情景をありのままに詠んだ句が多いのが特徴です。また、ユーモアのある句も多く、庶民の生活や風俗をユーモラスに詠んだ句も人気がありました。 姫岳の句は、江戸時代の俳諧 anthologiesに多数掲載されており、その才能は広く知られていました。また、姫岳は、俳諧の指導者としても活躍し、多くの弟子を育てました。姫岳の句風は、後世の俳人に大きな影響を与え、江戸時代中期から後期にかけての俳諧の発展に貢献しました。 姫岳の代表的な句には、以下のものがあります。 * 朝霧に 野は霞みて 江の遠し * 夕顔の花 朝顔の花 昼顏の花 * 夏草や 兵どもが夢の跡 * 秋風や 富士も白く 筑波も白し * 冬枯れや 馬は夕日に 影法師
歴史上の偉人

– 稲束猛

稲束猛の生い立ちと経歴 稲束猛は、1935年に愛媛県松山市に生まれた。父は会社員、母は専業主婦であった。稲束は、幼い頃から聡明で、勉強に励む少年だった。小学校では、常に成績トップであった。また、運動神経も抜群で、野球やサッカーなどのスポーツも得意であった。 稲束は、松山東高等学校に進学した。高校時代は、さらに勉強に励み、成績は常にトップであった。また、高校では、生徒会長を務めるなど、リーダーシップを発揮した。 稲束は、東京大学法学部に進学した。大学時代は、法律の勉強に励み、成績は常にトップであった。また、大学では、学生自治会の委員長を務めるなど、学生運動にも取り組んだ。 稲束は、大学卒業後、司法試験に合格し、裁判官となった。裁判官として、民事事件や刑事事件を担当し、多くの判決を下した。稲束は、その卓越した法律知識と公平な判断力によって、多くの裁判官から尊敬されていた。 稲束は、1994年に最高裁判事に任命された。最高裁判事として、数多くの重要な判決に関わった。稲束は、その卓越した法律知識と公平な判断力によって、多くの裁判官から尊敬されていた。 稲束は、2006年に最高裁判事を退任した。退任後は、弁護士として活躍した。また、多くの講演会や執筆活動を行い、社会に貢献した。 稲束は、2020年に84歳で亡くなった。稲束は、日本の法曹界に大きな足跡を残した偉大な裁判官であった。
作家

江戸時代中期の俳人 砂岡雁宕

-内田沾山に師事し俳句の才能を開花- 砂岡雁宕は、1669年、肥後国熊本(現在の熊本県熊本市)に生まれました。本名は砂岡嘉兵衛。幼い頃から学問を好み、17歳の時には熊本藩の藩校「時習館」に入学しました。時習館では、儒学や漢詩を学び、優秀な成績を収めました。 1702年、雁宕は俳諧を学び始めます。雁宕が俳諧を始めるきっかけとなったのは、内田沾山との出会いでした。内田沾山は、江戸時代中期の俳諧師で、松尾芭蕉の弟子として活躍しました。雁宕は沾山に師事し、俳諧の才能を開花させました。沾山は、雁宕の才能を高く評価し、雁宕を「俳諧の秘伝を伝える者」と呼んでいました。 1707年、雁宕は江戸に遊学します。江戸では、沾山や他の俳諧師たちと交流を深め、俳諧の研鑽に励みました。1710年、雁宕は江戸で「雁宕句帖」を出版します。この句帖には、雁宕が江戸滞在中に詠んだ俳句が収められています。「雁宕句帖」は、雁宕の俳句の才能を世に知らしめることとなりました。 1713年、雁宕は熊本に戻ります。熊本に戻った雁宕は、俳諧の指導にあたりながら、俳句の制作に励みました。1718年、雁宕は「雁宕百句」を出版します。「雁宕百句」は、雁宕が熊本に戻ってから詠んだ俳句を収めた句集です。「雁宕百句」は、雁宕の俳句の代表作として知られています。 雁宕は、1731年に63歳で亡くなりました。雁宕は、江戸時代中期の俳諧師として活躍し、多くの優れた俳句を残しました。雁宕の俳句は、写生性に優れており、芭蕉の俳諧を継承しつつ、独自の境地を切り拓いたと評価されています。
作家

岡五雲 – 江戸時代中期の俳人

-岡五雲の生涯- 岡五雲は、江戸時代中期の俳人です。1681年(延宝9年)に生まれ、1761年(宝暦11年)に亡くなりました。本名は岡崎五左衛門といい、別号に清風子・百里翁などがあります。 五雲は、京都で生まれました。幼い頃から俳諧を学び、17歳で俳諧の結社「蕉門十哲」の一人である服部嵐雪に入門しました。嵐雪の死後は、嵐雪の息子である服部嵐翠に師事しました。 五雲は、1734年(享保19年)に江戸に移り住み、俳諧を教え始めました。1741年(寛保元年)には、俳諧の結社「猿蓑吟社」を創設しました。猿蓑吟社は、江戸時代の俳壇を代表する結社の一つとなり、多くの著名な俳人を輩出しました。 五雲は、俳諧の理論にも優れており、多くの俳論書を著しました。特に、1750年(寛延3年)に著した『猿蓑発句指南』は、俳諧の入門書として広く読まれました。 五雲は、1761年(宝暦11年)に江戸で亡くなりました。享年81歳でした。五雲は、江戸時代の俳壇を代表する俳人であり、多くの作品と俳論を残しました。五雲の作品は、現在でも多くの人々に読まれ、親しまれています。
作家

丈芝坊白居(1724-1800) 江戸時代中期の俳人

丈芝坊白居は、江戸時代中期の俳人です。1724年(享保9年)に、現在の東京都八王子市に生まれました。本名は鈴木嘉兵衛(鈴木嘉兵衛)と言います。 白居は、若い頃から俳諧に興味を持ち、19歳で加藤暁台に入門します。暁台は、江戸時代中期を代表する俳人で、蕉風復興運動のリーダー的存在でした。白居は、暁台の指導を受け、俳諧の技法を学びます。 暁台は、白居の才能を見抜き、彼を江戸の俳壇に紹介しました。白居は、江戸の俳人達と交流し、その才能を高く評価されるようになります。 白居は、1757年(宝暦7年)に、自らの俳諧集である「白居句集」を刊行します。この句集は、江戸の俳壇で好評を博し、白居の名を全国に知らしめることになりました。 白居は、その後も俳諧の創作を続け、1800年(寛政12年)に、77歳で亡くなりました。白居は、江戸時代中期を代表する俳人の一人として、現在もその作品が愛されています。 加藤暁台に学ぶ 白居は、19歳で加藤暁台に入門し、俳諧の技法を学びました。暁台は、江戸時代中期を代表する俳人で、蕉風復興運動のリーダー的存在でした。白居は、暁台の指導を受け、俳諧の基礎を固めました。 暁台は、白居の才能を見抜き、彼を江戸の俳壇に紹介しました。白居は、江戸の俳人達と交流し、その才能を高く評価されるようになります。 暁台は、白居に俳諧の創作を指導するだけでなく、人生の生き方も教えました。暁台は、白居に対して、「俳諧は、世の中の道理を学ぶための手段である」と説きました。白居は、暁台の教えを忠実に守り、俳諧の創作を通じて、世の中の道理を学んでいきました。 暁台は、白居にとって、俳諧の師であるだけでなく、人生の師でもありました。白居は、暁台の教えによって、俳人としてだけでなく、人間としても大きく成長しました。
作家

「渡辺雲裡坊」(1693-1761)

各務支考の門下で活躍した俳人 各務支考は、尾張藩の儒学者です。1693年に水戸で生まれ、1761年に京都で亡くなりました。支考は、江戸時代の俳諧を代表する人物の一人であり、松尾芭蕉の門下で活躍しました。支考は、芭蕉の死後、蕉風俳諧を盛んに活動させ、その門下からも多くの俳人が輩出しました。 渡辺雲裡坊は、各務支考の門下で活躍した俳人の一人です。1693年に奥州白河で生まれ、1761年に江戸で亡くなりました。雲裡坊は、支考の門下で芭蕉の蕉風俳諧を学び、支考の死後は、その門下をまとめました。雲裡坊は、蕉風俳諧を復興させ、その発展に貢献した俳人として知られています。 雲裡坊の俳風は、芭蕉の蕉風俳諧を忠実に守ったもので、さび・しをり・かすかという三つの要素を大切にしました。雲裡坊は、これらの要素を活かした句を多く残しており、その代表句として「山寺の杉にまれ日の射す枯野哉」があります。この句は、山寺の杉に冬の日の光が差している情景を描いた句で、さび・しをり・かすかの三つの要素がうまく表現されています。 雲裡坊は、蕉風俳諧を復興させ、その発展に貢献した俳人として知られています。雲裡坊の俳風は、芭蕉の蕉風俳諧を忠実に守ったもので、さび・しをり・かすかの三つの要素を大切にしました。雲裡坊は、これらの要素を活かした句を多く残しており、その代表句として「山寺の杉にまれ日の射す枯野哉」があります。
芸術家

横井金谷 – 奇行僧侶と放浪画家

-金谷上人の波乱万丈な生涯- 金谷上人は、江戸時代中期の僧侶で、その波乱万丈な生涯で知られています。 金谷上人は、1694年(元禄7年)に信濃国松本藩の武士の子として生まれました。幼名は金谷七郎左衛門と名付けられました。 金谷上人は、若い頃から仏教に興味を持ち、19歳のときに剃髪して出家しました。そして、京都の東福寺に修行に入りました。 金谷上人は、東福寺で10年間修行した後、諸国を巡る旅に出ました。旅の途中、金谷上人は様々な奇行を繰り返しました。 例えば、金谷上人は、 ・頭に大きな笠をかぶり、腰に大きな財布を下げ、草鞋を履いて旅をした。 ・身なりはみすぼらしく、ぼろぼろの着物で旅をした。 ・路上で大声で歌を歌ったり、踊ったりした。 ・人々から施しを乞い、その施しで生活をした。 など、多くの奇行を繰り返しました。 金谷上人の奇行は、人々から奇異の目で見られましたが、金谷上人は気にせず、旅を続けました。 金谷上人は、諸国を巡る旅の途中で、多くの画家と出会い、絵の描き方を学びました。そして、金谷上人もまた、絵を描くようになり、画僧として知られるようになりました。 金谷上人の絵は、奇想天外な構図や色彩で知られており、現在でも多くの人から愛されています。 金谷上人は、1771年(明和8年)に80歳で亡くなりました。金谷上人の死後は、人々から「金谷上人」と尊称され、その奇行と絵は語り継がれています。
作家

特集:福井雨郷 – 大正・昭和時代前期の俳人

-明治17年生まれの福井雨郷- 1884年(明治17年)、福井県坂井郡金津町(現在の坂井市金津町)に生まれた福井雨郷は、大正・昭和時代前期に活躍した俳人です。本名は福井静雄。 雨郷は、幼い頃から俳句を嗜み、17歳の時に句集「初霜」を刊行。その後、上京して早稲田大学に入学し、正岡子規の門下生となります。子規の没後、ホトトギス派の中心的な俳人として活躍し、昭和15年(1940年)には日本芸術院会員に推挙されました。 雨郷の俳句は、写生を重んじ、季語を巧みに使った叙情的な作風が特徴です。代表作には、「春の野や 人には見えず 雀遊ぶ」「うしろから 豆腐屋が来る 朧月」などがあります。 また、雨郷は俳論家としても活躍し、多くの俳句に関する著作を残しました。代表作として『俳句入門』『俳句の鑑賞』『俳句の作り方』などがあります。これらの著作は、現代の俳人にも大きな影響を与えています。 雨郷は、昭和25年(1950年)に65歳で死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。福井県金津町には、雨郷の生家跡に「福井雨郷記念館」が建てられており、雨郷の遺品や作品が展示されています。 また、雨郷の出身地である坂井市では、毎年「福井雨郷顕彰全国俳句大会」が開催され、全国から多くの俳人が参加しています。
芸術家

「紀梅亭」の魅力と作品

-紀梅亭の生涯と経歴- 紀梅亭は、1750年、仙台藩士・大内直蔵の第一子として仙台に生まれました。幼名は道成。通称は直蔵、嘉兵衛。紀梅亭は、彼の雅号で、中国の詩人・杜甫が梅を愛したことにちなみ、45歳のときに名乗りました。 紀梅亭は、幼少の頃から学問に励み、特に漢学を好みました。1789年、江戸に出て、尾藤二洲に師事して古文辞を学び、また、江戸の文化人たちと交流を深めました。1793年、仙台藩の藩校「養賢堂」の教授となり、漢学を講義しました。 紀梅亭は、漢学の大家として知られ、その講義は、藩士だけでなく、他藩の志士や庶民にも人気がありました。また、紀梅亭は、詩や文にも優れ、多くの作品を残しています。その中でも特に有名なのは、1808年に発表した「仙台名所記」です。この作品は、仙台の風光明媚な名所を巡り、その景色を詠んだもので、仙台の観光ガイドブックとして親しまれています。 紀梅亭は、1811年、62歳で亡くなりました。しかし、その学問と作品は、現在でも人々に親しまれています。仙台市には、紀梅亭を顕彰する「紀梅亭記念館」があり、彼の遺墨や作品などが展示されています。
歴史上の偉人

「中村兵左衛門(9代)」

常陸(ひたち)(茨城県)下館(しもだて)藩の城下で生まれ,代々町年寄や本陣をつとめる商家に生まれる 中村兵左衛門(9代)は、1807年(文化4年)に常陸(ひたち)(茨城県)下館(しもだて)藩の城下で生まれた。家は代々町年寄や本陣をつとめる商家で、兵左衛門は9代目当主であった。 兵左衛門は幼い頃から聡明で、学問を好み、1834年(天保5年)には江戸に出て、緒方洪庵の塾である適塾に入塾した。緒方洪庵は、蘭学の第一人者であり、兵左衛門は緒方洪庵から西洋医学や蘭学を学んだ。 1845年(弘化2年)、兵左衛門は下館に戻り、医院を開業した。兵左衛門は、西洋医学を導入して治療を行い、多くの患者を救った。また、兵左衛門は、緒方洪庵から学んだ蘭学の知識を基に、蘭書の翻訳や、西洋医学の啓蒙活動にも取り組んだ。 兵左衛門は、1868年(明治元年)に下館藩の藩医となり、その後、明治政府の衛生局に出仕した。兵左衛門は、衛生局で、日本の近代化に貢献した。 兵左衛門は、1877年(明治10年)に死去した。兵左衛門は、日本の近代化に貢献した偉人であり、その功績は、今もなお語り継がれている。
作家

万里女(?-? 江戸時代前期の俳人)

-万里女(?-? 江戸時代前期の俳人)- -近江蕉門の女流俳人- 万里女は、江戸時代前期に近江で活躍した女流俳人です。生没年や本名は不明ですが、夫は近江蕉門の俳人・栗山浄荷(1636-1694)であり、浄荷の門人として俳句を学びました。 万里女の俳句は、軽妙洒脱でユーモアのある作風で知られています。また、女性ならではの視点で詠んだ句が多く、当時の女性たちの生活や心情を垣間見ることができます。 万里女の句碑は、近江の各地に残されており、その句が愛されていたことがうかがえます。また、彼女の句は、近江蕉門の俳諧集に多く収録されており、近江蕉門の発展に貢献した俳人として知られています。 -万里女の代表的な句- * 朝顔や我に漱石思ふ頃 * 蚊やり火や夜の寝覚めに間に合ふ * 炬燵して昔語に火の移る * 春の夜の物語にくらき灯 -万里女の評価- 万里女は、近江蕉門を代表する女流俳人であり、その句風は軽妙洒脱でユーモアのある作風で知られています。また、女性ならではの視点で詠んだ句が多く、当時の女性たちの生活や心情を垣間見ることができます。 万里女の句は、近江の各地の句碑に刻まれており、その句が愛されていたことがうかがえます。また、彼女の句は、近江蕉門の俳諧集に多く収録されており、近江蕉門の発展に貢献した俳人として知られています。
作家

「大伴大江丸」

-大伴大江丸の作品- 大伴大江丸は、平安時代初期の貴族であり、宮廷歌人であった。彼は大伴家持の孫であり、大伴家持の死後、大伴氏の家督を継承した。 大伴大江丸の作品は、勅撰和歌集である『古今和歌集』に収められている。彼の歌は、自然や四季を詠んだものや、恋愛を詠んだものが多い。また、彼は、当時の政治や社会情勢を詠んだ歌も残している。 大伴大江丸の歌は、その清澄で美しい言葉遣いと、深い情感を込めた表現で知られている。彼は、和歌の革新者であり、古今和歌集の編纂に大きな役割を果たした。 以下は、大伴大江丸の歌の例である。 * -春の野にすみれ摘みにと出でてしは花の色にぞ惑ひぬるかな- * -夏山の木蔭に涼み河風のかをり身に満てる楽しきかな- * -秋の夜の月はさやけく照りわたる寝覚めに袖は露にぬれつつ- * -冬の夜の雪は降りくる庭の面に音をぞ立てて降り敷きぬる- * -恋ひわたる人の心のうちを見ばやとてよそにぞ君を思ひけるかな- 大伴大江丸の歌は、今日でも多くの人々に愛唱されている。彼の歌は、日本の和歌の歴史において重要な位置を占めている。
作家

樋口道立(1738-1813)

江戸時代中期~後期の俳人 樋口道立(1738-1813)は、江戸時代中期~後期の俳人です。諱は重常、字は仲芳。号は道立、城南、華表、無月、など。通称は伊兵衛。別称は風雷庵。江戸浅草の生まれ。父は、広島出身の廻船問屋樋口重信。 幼少から学才があり、加賀藩の儒者・細井貞徳(顕之)に章句を学び、17歳で加賀藩主・前田重教に招かれ、家中に列する。しかし、父の没後、家督争いに敗れ失脚。江戸に帰って、浅草で材木商を営む。 26歳頃より俳諧を好み、葛飾派の重鎮である名村楽只の門に入る。1787年、楽只が亡くなると大阪の画家・森川許六を師と仰ぎ、許六を介して与謝蕪村を知る。蕪村の没後、これを宗匠と仰ぎ、蕉風復興を志す。1788年、『梅見会』を催し、芭蕉・蕪村に次ぐ蕉門三世の宗匠と目されるようになった。 1796年、随筆『誹諧菜園』を著し、芭蕉・蕪村を奉戴し、蕉風復興を説く。また、武江俳壇の弊風を批判し、俳諧の純化を主張する。1804年、江戸藩邸に呼ばれ、俳諧の優劣を競う「江戸表俳諧道立所」を開設。正風を掲げ、若手に俳諧の指導を行った。 1813年、76歳で死去。墓所は、東京都台東区の壽徳寺。俳諧では「風雅の道立」と称され、蕉風復興に努め、俳壇に大きな影響を与えた。
作家

早野巴人:江戸時代中期の俳人

-早野巴人の生涯と作品- -早野巴人-(1663-1742)は、江戸時代の俳人であり、芭蕉の門人として知られています。 1663年、遠江国浜松(静岡県浜松市)に生まれました。山崎宗鑑の弟子である九巴の養子となりました。1681年に江戸に出向き、芭蕉に俳諧を学びました。1683年に芭蕉の弟子となり、巴人の俳号を与えられました。 芭蕉の死後、巴人は俳諧の普及に努めました。1695年に『猿蓑』を刊行し、1710年には『奥の細道』を刊行しました。『猿蓑』は、巴人の俳諧の代表作であり、芭蕉の『奥の細道』に続く俳諧紀行文として知られています。 巴人の俳諧は、芭蕉の写生俳諧を継承しつつ、独自の境地を切り開きました。巴人の俳諧は、自然の美しさや人間の情感を繊細に表現しており、読者に深い感動を与えます。 巴人の死後、その俳諧は広く愛され、多くの弟子を輩出しました。巴人は、江戸時代中期の俳諧を代表する俳人であり、その功績は高く評価されています。 -代表作- * 『猿蓑』(1695年) * 『奥の細道』(1710年) -弟子- * 小林一茶 * 与謝蕪村 * 水巴
作家

西村定雅 – 江戸時代中期の俳人、狂歌師

-西村定雅の生涯と作品- 西村定雅(1702-1782)は、江戸時代中期の俳人、狂歌師である。滑稽な狂歌や川柳、黄表紙を手がけ、大阪の町人の間で人気を博した。 定雅は、摂津国西成郡住吉郷(現在の大阪府大阪市住吉区)の豪商西村六兵衛の息子として誕生した。幼少の頃から読書を好み、16歳の頃には俳諧を始める。20歳の頃には、京都に上京し、俳人・狂歌師の柳亭種彦に師事した。 種彦の門下で、定雅は俳諧や狂歌の才能を開花させ、多くの作品を世に送り出した。また、黄表紙の執筆にも取り組み、『西村定雅黄表紙』『西村定雅狂歌集』などの作品を残した。 定雅の作品は、庶民の生活や風俗を題材にしたものが多く、庶民の暮らしや考え方を反映している。また、滑稽な言い回しや風刺的な表現が特徴的で、庶民の間で広く親しまれた。 定雅は、1749年に大阪に戻り、その後は大阪で活躍した。1782年に大阪で死去した。 定雅の作品は、江戸時代中期の庶民の生活や文化を知る上で貴重な資料となっている。また、定雅の滑稽な言い回しや風刺的な表現は、現代の読者にも楽しめるものであり、定雅の作品は現在も読み継がれている。
作家

黒柳維駒

-黒柳維駒の概要- 黒柳維駒(くろやなぎ いくま、1908年1月20日 - 1988年12月7日)は、日本の放送作家、演出家。 * -人物像- 大阪府大阪市西区に、黒柳三雄の第2子として生まれる。京都大学で法学部を専攻し、1933年に卒業。卒業後、朝日新聞社に就職し、神戸支局、京城支局、上海支局に勤務。1937年、上海支局長時代に北支の情勢視察のため北京に渡り、盧溝橋事件に遭遇。北京に抑留され、1938年に帰国。 * -放送作家、演出家として- 1939年、日本放送協会(NHK)に入局。1943年、ラジオドラマ『吾輩は猫である』の脚本を担当。1945年、ラジオドラマ『人間万事塞翁が馬』の脚本を担当。1946年、ラジオドラマ『君よ知るや南の国』の脚本を担当。 1948年、NHKを退職し、フリーランスの放送作家、演出家として活動。1953年、テレビドラマ『夫婦善哉』の脚本、演出を担当。1955年、テレビドラマ『人生劇場』の脚本、演出を担当。1956年、テレビドラマ『花と龍』の脚本、演出を担当。 * -最晩年- 1978年に脳梗塞を発症し、半身不随となる。1988年12月7日、肺炎のため死去。享年80。
作家

真照寺鷺十-江戸時代中期の俳人

-真照寺鷺十の生涯- 真照寺鷺十(しんしょうじ-さぎじゅう)は、江戸時代中期の俳人です。本名は坪内十蔵。1729年、陸奥国白河藩士の子として生まれました。幼い頃から俳諧に興味を持ち、10歳の時、松尾芭蕉の門人である杉山杉風に入門します。その後、江戸に出て、各務支考や荒木田守武らと交流しながら俳諧を学びました。 1764年、36歳の時、江戸本郷に真照寺を建立し、その住職となります。真照寺は、俳諧の拠点として多くの門人を輩出し、江戸俳壇を代表する寺となりました。鷺十は、真照寺で俳諧を教えながら、自らも多くの俳句を詠みました。 鷺十の俳句は、芭蕉の「さび」の精神を受け継ぎながら、独自の軽妙な作風を確立しています。その句風は、「軽み」「切れ味」「さばさば」と評され、当時の江戸庶民に広く親しまれました。 鷺十は、1783年、55歳の若さで亡くなりましたが、その死後もその句風は多くの俳人に影響を与え続けました。鷺十は、江戸俳壇を代表する俳人として、今日でも多くの俳句愛好者に愛されています。
芸術家

松本奉時

-松本奉時の生涯と画歴- 松本奉時は、明治2年(1869年)に信濃国松本城下(現在の長野県松本市)に生まれた日本画家です。松本奉時の生涯と画歴について、以下にまとめました。 -幼少期と青年期- 松本奉時は、幼い頃から絵を描くことに興味を持ち、10歳の時に地元の画家である小沢琦山に師事しました。15歳の時に上京し、東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学しました。東京美術学校では、川端玉章や岡倉天心に師事し、日本画の基礎を学びました。 -渡欧と西洋美術の影響- 松本奉時は、1900年に渡欧し、フランス、イタリア、イギリスなどを歴訪しました。ヨーロッパでは、西洋美術を学び、特に印象派の画家たちの作品に影響を受けました。 -帰国後と画壇での活躍- 松本奉時は、1903年に帰国し、東京美術学校教授に就任しました。その後、帝室技芸員、日本美術院会員、東京美術学校校長などを歴任し、日本の画壇で活躍しました。 松本奉時の作品は、伝統的な日本画の技法と西洋美術の影響を受けた新しい画風を融合させたもので、高い評価を得ました。特に、風景画を得意としており、日本の風景を抒情的に表現した作品が多く残されています。 -晩年と死去- 松本奉時は、1930年に脳卒中により死去しました。享年61歳でした。松本奉時の死は、日本の画壇に大きな影響を与え、多くの画家たちがその死を悼みました。 松本奉時は、日本の近代日本画のパイオニアであり、その作品は今日でも多くの人々に愛されています。