与謝野鉄幹

歴史上の人物

与謝野礼厳→ 幕末から明治時代にかけて活躍した僧侶、歌人

-与謝野礼厳 与謝野鉄幹の父- 与謝野礼厳は、幕末から明治時代にかけて活躍した僧侶、歌人です。与謝野晶子と与謝野鉄幹の父としても知られています。 1833年、紀伊国和歌山市に生まれ、幼い頃から和歌を学びました。1853年に京都の青蓮院に僧侶として出家し、歌人としても活躍しました。1868年の明治維新後は、和歌の普及に尽力し、和歌雑誌「明星」を創刊しました。 また、和歌の評論家としても知られ、多くの歌論を発表しました。彼の歌論は、和歌の革新を唱えたもので、多くの歌人に影響を与えました。 1897年、65歳で亡くなりましたが、和歌への貢献は高く評価され、今も数多くの作品が人々に愛されています。 -与謝野鉄幹の父として- 与謝野礼厳は、与謝野鉄幹の父として知られています。鉄幹は、1873年に和歌山県に生まれ、幼い頃から和歌を学びました。1892年に東京に出て、慶應義塾大学に入学しました。 大学在学中に、与謝野晶子と結婚し、1897年に和歌雑誌「明星」を創刊しました。「明星」は、和歌の革新を唱えた雑誌で、多くの歌人に影響を与えました。 鉄幹は、和歌以外にも、小説や詩、戯曲など多くの作品を発表しました。また、評論家としても知られ、多くの評論を発表しました。 1935年、63歳で亡くなりましたが、和歌への貢献は高く評価され、今も数多くの作品が人々に愛されています。 与謝野礼厳は、与謝野鉄幹の父としてだけでなく、和歌への貢献でも知られる人物です。彼の作品は、今も数多くのファンに愛され続けています。
文学分野の人

岩淵百合子→ 近代日本文学を彩った女性歌人

# 与謝野晶子の新詩社と平塚らいてうの「青鞜」 近代日本文学を彩った女性歌人として、岩淵百合子、与謝野晶子、平塚らいてうの3人がいます。彼女たちは、いずれも明治時代の文壇で活躍し、女性が文学における重要な地位を確立するのに貢献しました。 与謝野晶子は、1878年に和歌山県に生まれました。19歳で上京し、文学雑誌「明星」に短歌を発表したことで注目されました。その後、1901年に平塚らいてう、高村光太郎らと「新詩社」を創刊し、新たな文学運動を展開しました。与謝野晶子の歌は、情熱的でありながら繊細な表現で知られ、男女の恋愛や女性の自立をテーマにした歌を多く詠みました。 平塚らいてうは、1886年に東京に生まれました。1901年に女性向けの雑誌「青鞜」を創刊し、女性の権利や社会的地位向上のために活動しました。平塚らいてうは、女性の自立と解放を訴える評論や小説を多く執筆し、女性の社会進出に大きな影響を与えました。 岩淵百合子は、1890年に岡山県に生まれました。1913年に歌集「たけくらべ」を出版し、歌人としてデビューしました。その後、多くの歌集や評論を発表し、女性の内面や社会問題をテーマにした歌を多く詠みました。岩淵百合子の歌は、鋭い洞察力と美しい言葉で知られ、多くの読者から支持されました。 与謝野晶子、平塚らいてう、岩淵百合子は、いずれも近代日本文学に大きな足跡を残した女性歌人です。彼女たちは、女性が文学における重要な地位を確立するのに貢献し、女性の社会進出や地位向上のために活動しました。その功績は、今日でも高く評価されています。
その他

「赤松照幢」

-赤松照幢- -赤松照幢の生涯- 赤松照幢は、戦国時代に活躍した武将・大名です。播磨国赤松氏の第14代当主であり、赤松氏を再興した人物として知られています。 赤松照幢は、天文2年(1533年)に赤松晴政の四男として生まれました。天文19年(1550年)に父が死去すると、家督を継いで赤松氏第14代当主となりました。 赤松氏は、播磨国を治めていた守護大名でしたが、応仁の乱で没落してしまいます。照幢が家督を継いだ頃は、赤松氏は播磨国から追放されており、再興が絶望的な状況でした。 しかし、照幢は諦めずに播磨国への復帰を目指しました。永禄3年(1560年)に播磨国に侵攻し、小寺政職や浦上宗景などの敵対勢力を破りました。 永禄7年(1564年)には、室町幕府の将軍・足利義輝から播磨国の守護に任命されました。これで赤松氏は播磨国に正式に復帰を果たしました。 その後、照幢は播磨国を平定し、赤松氏の勢力を拡大しました。また、毛利輝元や宇喜多直家など、近隣の有力大名と同盟を結んで勢力を強めました。 天正2年(1574年)、照幢は病死しました。享年42歳でした。家督は養嗣子の赤松広秀が継ぎました。 赤松照幢は、播磨国を再興した名将として知られています。また、赤松氏の勢力を拡大し、近隣の有力大名と同盟を結ぶなど、播磨国の平和と安定に貢献しました。
文学分野の人

河野鉄南 – 明治・昭和初期の歌人

-河野鉄南の生涯と功績- -1. 生い立ちと青春時代- 河野鉄南は、1863年(文久3年)に、東京の日本橋で、河野主税の二男として生まれました。幼名は「巳之吉」といい、幼少期から漢学を学び、12歳の時に、父から「鉄南」の号を与えられました。 鉄南は、1876年(明治9年)に、東京帝国大学予備門に入学し、1880年(明治13年)に、同大学文学部に進学しました。大学では、言語学を専攻し、1884年(明治17年)に、卒業しました。 -2. 歌人としての実績- 鉄南は、大学卒業後、歌人として活動を始め、1888年(明治21年)に、第一歌集『鉄南歌集』を出版しました。この歌集には、550首を超える歌が収められており、その多くが、自然や恋愛を題材としたものです。 鉄南は、1891年(明治24年)に、日本歌人会の創立に参加し、また、1905年(明治38年)には、同会の会長に就任しました。鉄南は、歌人としてだけではなく、歌論家としても活躍し、1897年(明治30年)に、歌論集『歌論鉄南』を出版しました。 -3. 晩年- 鉄南は、1923年(大正12年)に、関東大震災で被災し、自宅が倒壊しました。鉄南は、その後、東京を離れて、千葉県野田市に疎開しました。鉄南は、1930年(昭和5年)に、野田市で亡くなりました。 鉄南は、明治・昭和初期の歌人として、活躍し、和歌の近代化に大きく貢献しました。鉄南の歌は、自然や恋愛を題材としたものが多く、その歌風は、清澄で流麗であると評されています。鉄南は、また、歌論家としても活躍し、歌の理論や技法について、多くの著作を残しました。
文学分野の人

高安やす子:明治から昭和にかけて活躍した歌人

高安やす子明治から昭和にかけて活躍した歌人 高安やす子の生涯と経歴 高安やす子は、1885年(明治18年)1月21日、東京府東京市深川区(現在の東京都江東区)に生まれた。本名は高安ヤス。明治・大正・昭和にかけて活躍した歌人である。 やす子は、幼い頃から歌人に憧れ、13歳のときに雑誌「少女画報」に短歌を投稿し、入選を果たした。その後、与謝野晶子に師事し、歌壇にデビューした。 やす子は、与謝野晶子に師事しながら、独自の作風を確立していった。その歌は、女性らしい繊細さと力強さを併せ持ち、多くの読者から愛された。 やす子は、1920年(大正9年)に処女歌集「花筺」を出版し、歌壇での地位を確立した。その後も、精力的に歌集を出版し、1942年(昭和17年)には、第1回短歌研究賞を受賞した。 やす子は、1974年(昭和49年)10月18日に89歳で死去した。やす子の死後、その業績を称えて、1979年(昭和54年)には高安やす子賞が制定された。 やす子は、明治から昭和にかけて活躍した歌人であり、日本の近代短歌の発展に大きな貢献をした。その歌は、今もなお多くの人々に愛され続けている。
文学分野の人

山城正忠 – 医師でありながら歌人として活躍した沖縄の文豪

-歌人としての人生 与謝野鉄幹・晶子に師事した歌人- 山城正忠は、歌人としての一面も持っていた。与謝野鉄幹・晶子に師事し、アララギ短歌会にも参加していた。正忠が詠んだ歌は、沖縄の自然や風土を題材にしたものが多く、郷土愛に溢れていた。また、恋愛や人生観を詠んだ歌も多く、その率直な表現は読者の共感を呼んだ。正忠の歌は、多くの歌集に収録されており、現在でも多くの歌人や文学研究者に愛読されている。 正忠が歌人として最も脂がのっていた時期は、与謝野鉄幹・晶子に師事していた頃である。正忠は、鉄幹・晶子の歌に衝撃を受け、彼らの指導を受けながら歌を詠むようになった。鉄幹・晶子の指導のもと、正忠は歌の技法を磨き、独自の作風を確立していった。正忠の歌は、鉄幹・晶子の影響を受けて、自由闊達で情熱的なものとなった。正忠は、鉄幹・晶子から多くのことを学び、歌人として大きく成長したのである。 正忠は、アララギ短歌会に参加していた時期もある。アララギ短歌会は、正岡子規を創始者とする歌人グループである。正忠は、アララギ短歌会に参加することで、他の歌人と交流を深め、歌を詠む技術をさらに磨いていった。正忠は、アララギ短歌会で多くの歌友を作り、歌人としての人脈を広げていった。 正忠が詠んだ歌は、多くの歌集に収録されており、現在でも多くの歌人や文学研究者に愛読されている。正忠の歌は、沖縄の自然や風土を題材にしたものが多く、郷土愛に溢れていた。また、恋愛や人生観を詠んだ歌も多く、その率直な表現は読者の共感を呼んだ。正忠の歌は、時代を超えて人々の心を打つ名歌として語り継がれているのである。
文学分野の人

– 落合直文(1861~1903)

- 明治時代の国文学者、歌人 明治時代の国文学者、歌人である落合直文は、1861年(文久元年)に江戸で生まれた。幼名は寅之助といい、号は竹渓である。東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)を経て、東京帝国大学文学部国文学科に入学した。在学中は、坪内逍遥や井上哲次郎に師事し、国文学の研究に励んだ。1885年(明治18年)に大学を卒業し、第一高等学校(現・東京大学教養学部)の教授となった。その後、東京帝国大学文科大学教授、東京音楽学校校長、文部省視学官などを歴任した。 落合直文は、国文学の研究において、古典文学のテキストの校訂や注釈に力を注ぎ、多くの業績を残した。特に、源氏物語の研究に優れ、『源氏物語評釈』、『源氏物語新釈』などの著作がある。また、歌人としても活躍し、正岡子規らとともに、明治新体詩の創始に尽力した。その歌風は、平明で叙情性に富むもので、多くの歌集を残している。 落合直文は、1903年(明治36年)に42歳で亡くなった。その死は、国文学界に大きな衝撃を与え、多くの追悼文が寄せられた。落合直文は、明治時代の国文学者、歌人として、高い評価を受けている。
政治分野の人

与謝野秀:外交官、作家、そして日本の近代化の推進者

-外交官としての功績- 与謝野秀は、明治維新後の日本の外交政策に大きな影響を与えた外交官です。彼は、日本の近代化と国際社会への統合を推進するために尽力し、その功績は高く評価されています。 与謝野秀は、1855年に京都で生まれました。1873年に東京大学に入学し、法律を学びました。卒業後、外務省に入省し、欧米各国に派遣されました。彼は、ドイツ、イギリス、フランスで外交官として勤務し、そこでヨーロッパの政治や文化を学びました。 1894年に日清戦争が勃発すると、与謝野秀は清国に派遣され、講和交渉に参加しました。彼は、日本の勝利に貢献し、日清講和条約の締結に尽力しました。この功績により、彼は外務次官に昇進しました。 1905年に日露戦争が勃発すると、与謝野秀は再び清国に派遣され、講和交渉に参加しました。彼は、日本の勝利に貢献し、日露講和条約の締結に尽力しました。この功績により、彼は外務大臣に就任しました。 与謝野秀は、外務大臣として、日本の国際的地位向上に尽力しました。彼は、ヨーロッパ列強との関係改善を図り、日本の独立と主権を守ることに成功しました。また、彼は、アジア諸国との関係強化を目指し、清国や韓国との友好関係を築きました。 与謝野秀は、1927年に外務大臣を辞任しました。その後、彼は貴族院議員に選出され、政治活動を行いました。彼は、1933年に死去しました。 与謝野秀は、日本の近代化と国際社会への統合に貢献した外交官です。彼は、その功績により、日本の外交政策に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

明治の社会事業家・赤松安子の人生

-赤松安子の生い立ちと結婚- 明治の社会事業家である赤松安子は、1864年(元治元年)に、彦根藩士・森醇の娘として滋賀県彦根市に生誕しました。幼い頃から聡明で、家事や裁縫を勉強し、俳句や和歌も得意。安子は、1883年(明治16年)に、同じく彦根藩出身の医師の赤松則良と結婚しました。 赤松安子は、夫・則良が医師として勤務した山形県酒田市で、社会事業の活動を開始しました。赤松安子は、1887年(明治20年)に、酒田に婦人矯風会を設立して、女性の権利向上を図りました。また、赤松安子は、1890年(明治23年)には、酒田に育児所を開設し、孤児や貧困家庭の子供たちの養育に尽力しました。 赤松安子は、社会事業活動の功績が認められ、1911年(明治44年)に、藍綬褒章を授与されました。1924年(大正13年)には、赤松安子は、日本婦人社会事業家の草分けとして、初の女性貴族院議員に選出されました。赤松安子は、1942年(昭和17年)に、78歳で亡くなりましたが、その社会事業活動は、今日でも高く評価されています。
文学分野の人

与謝野寛 –

与謝野寛について 与謝野寛(よさの ひろし、1873(明治6)年12月26日 - 1935(昭和10)年4月30日)は、日本の作家、ジャーナリスト、政治家、評論家。本名は与謝野鉄幹。 山村暮鳥、吉井勇、石川啄木、北原白秋、若山牧水らを擁する「明星」派の指導者として活躍し、明治期の日本の文壇に大きな影響を与えた。また、ジャーナリストとして、日露戦争中の軍部批判記事「非戦論」を発表し、論争を巻き起こした。さらに、政治家として、衆議院議員や参議院議員も務めた。 与謝野寛は、1873年に京都府京都市に生まれた。京都大学を中退後、1896年に「明星」を創刊。同年、柳原白蓮との恋愛結婚により話題となる。1900年に、与謝野晶子との離婚を発表し、柳原白蓮と正式に結婚した。 与謝野寛は、1904年から1905年にかけて日露戦争に従軍し、その間の経験を元に「非戦論」を発表した。この文章で与謝野は、戦争の無意味さを訴え、軍部に批判を浴びせた。この文章は大きな論争を引き起こし、与謝野寛は一時投獄された。 与謝野寛は、1907年に衆議院議員に当選し、政治家としての道を歩み始めた。1915年には参議院議員に当選し、1924年には文部大臣に就任した。与謝野寛は、1935年に死去した。 与謝野寛は、近代日本の文壇に大きな影響を与えた作家、ジャーナリスト、政治家、評論家である。その代表作である「明星」は、日本の近代詩の出発点となり、多くの詩人に影響を与えた。「非戦論」は、戦争の無意味さを訴え、軍部に批判を浴びせた文章である。この文章は大きな論争を引き起こし、与謝野寛は一時投獄された。与謝野寛は、1907年に衆議院議員に当選し、政治家としての道を歩み始めた。1915年には参議院議員に当選し、1924年には文部大臣に就任した。与謝野寛は、1935年に死去した。
文学分野の人

真下喜太郎

大見出し 真下喜太郎 小見出し 真下喜太郎の生涯 真下喜太郎は、1858年(安政5年)に和歌山県和歌山市に生まれました。幼い頃から学問に励み、14歳の時には大阪の適塾に入門しました。適塾では緒方洪庵のもとで医学を学び、1877年(明治10年)に卒業しました。 卒業後は、大阪の医院に勤務し、1882年(明治15年)に東京大学医学部に進学しました。東京大学医学部では、内科学を専攻し、1886年(明治19年)に卒業しました。 卒業後は、大阪の医院に勤務し、1890年(明治23年)に大阪医学校を創設しました。大阪医学校は、1903年(明治36年)に大阪大学医学部に昇格し、真下喜太郎は初代学長に就任しました。 真下喜太郎は、日本の医学界の発展に大きく貢献し、1931年(昭和6年)に亡くなりました。真下喜太郎の功績を称えて、1933年(昭和8年)に大阪大学医学部に真下喜太郎記念館が建立されました。 真下喜太郎の生涯は、日本の医学の発展に尽力した偉大な医師の一生でした。
学術分野の人

西村伊作→ 日本の教育者の生涯

-生まれと死- 西村伊作は、1884年(明治17年)8月15日、愛知県名古屋市に生まれました。父は名古屋市役所に勤務する西村久吾、母はとよです。伊作は6人きょうだいの長男で、5歳下の弟に西村総左衛門がいます。伊作は、名古屋市立第一尋常小学校、名古屋市立第一中学校、第二高等学校を経て、1908年(明治41年)に東京帝国大学文科大学哲学科に入学しました。 大学卒業後は、1911年(明治44年)に奈良女子高等師範学校教授に就任しました。その後、東京高等師範学校教授、大阪高等師範学校教授を歴任し、1926年(大正15年)に東京帝国大学教授に就任しました。1930年(昭和5年)には、教育学研究会を創設し、教育学の研究と普及に努めました。 1938年(昭和13年)には、文部大臣に就任しました。文部大臣在任中は、国民精神総動員運動を推進し、国民の思想統制を強化しました。しかし、太平洋戦争末期には、戦争遂行に協力したことを理由に、連合国軍総司令部(GHQ)から公職追放処分を受けました。 戦後は、公職追放が解除された後、1952年(昭和27年)に学習院大学教授に就任しました。1960年(昭和35年)には、教育学研究会を再建し、教育学の研究と普及に努めました。1968年(昭和43年)に学習院大学を退職し、同年12月1日に死去しました。 西村伊作は、日本の教育学の発展に大きな貢献をした教育者です。教育学研究会を創設し、教育学の研究と普及に努めました。また、文部大臣在任中は、国民精神総動員運動を推進し、国民の思想統制を強化しました。西村伊作の教育思想は、戦後も日本の教育に大きな影響を与えています。
文学分野の人

歌人 毛呂清春

-小見出し京都出身の歌人 毛呂清春の功績- 毛呂清春は、1891年に京都市で生まれ、1979年に亡くなった歌人です。 彼は、旧制第一高等学校を経て、東京帝国大学文学部に進学しました。在学中には、短歌結社「アララギ」に所属し、歌人としての活動を始めました。 大学卒業後は、京都帝国大学に勤務し、文学史や歌論を研究しました。また、1940年には、短歌結社「心の花」を創刊し、短歌の普及に努めました。 毛呂清春の功績は、一言でいうと、「近代短歌の発展に貢献した」ということです。 彼は、古来の和歌の伝統を受け継ぎつつ、近代的な感覚を短歌に取り入れ、新しい短歌の表現を開拓しました。また、短歌の普及に努め、近代短歌の隆盛に寄与しました。 毛呂清春の作品には、以下のようなものがあります。 * 歌集「若菜集」(1919年) * 歌集「苔清水」(1926年) * 歌集「白河」(1935年) * 歌集「山河」(1940年) * 歌集「黄昏」(1946年) * 歌集「抒情詩」(1951年) * 歌集「花影」(1956年) * 歌集「木枯」(1961年) * 歌集「晩鐘」(1966年) * 歌集「余韻」(1971年) 毛呂清春は、近代短歌を代表する歌人の一人であり、その功績は大きく評価されています。