世界戦防衛

スポーツ分野の人

不屈の闘志「具志堅用高」

-沖縄の星、カンムリワシ- 具志堅用高氏は、沖縄県うるま市出身のプロボクサーです。1955年3月26日に生まれ、1974年にプロデビューしました。1976年に世界ライトフライ級王座を獲得し、1980年まで4度防衛しました。 具志堅氏は、1981年に世界フライ級王座を獲得し、1982年まで3度防衛しました。1983年に世界スーパーフライ級王座を獲得し、1985年まで2度防衛しました。具志堅氏は、3階級制覇を達成し、日本のボクシング界のレジェンドとして知られています。 具志堅氏は、ボクシングの才能だけでなく、その不屈の闘志でも知られています。1980年の世界ライトフライ級王座防衛戦では、強敵のルペ・マリンに15回判定で勝利しました。この試合は、具志堅氏のキャリアの中で最も有名な試合の一つです。 具志堅氏は、沖縄県の英雄であり、沖縄の星と呼ばれています。具志堅氏の活躍は、沖縄県民に勇気と希望を与え、沖縄県の発展に貢献しました。 具志堅氏は、引退後もボクシング界で活躍しています。現在は、具志堅用高ボクシングジムの会長を務め、後進の育成に尽力しています。具志堅氏の教えを受けたボクサーは、世界チャンピオンになるなど、数多くの実績を上げています。 具志堅氏は、沖縄県の宝であり、日本ボクシング界のレジェンドです。具志堅氏の功績は、永遠に語り継がれるでしょう。