世界選手権

スポーツカテゴリー

多治見麻子さん-バレーボール界のレジェンド

-多治見麻子とは- 多治見麻子さんは、1960年1月1日に日本で生まれました。東京都世田谷区出身です。1980年代から1990年代にかけて活躍した元女子バレーボール選手です。 大学卒業後、1982年に日本女子バレーボールリーグのダイエーオレンジアタッカーズに入団しました。攻撃力と守備力を兼ね備えた万能型のミドルブロッカーとして活躍し、全日本女子バレーボールチームの「黄金世代」の一員として、1984年のロサンゼルスオリンピックに出場し、銀メダルを獲得しました。 その後、1986年の世界選手権では金メダル、1988年のソウルオリンピックでは銅メダルを獲得しました。オリンピックで2つのメダルを獲得した唯一の日本人女子バレーボール選手です。 1992年に引退後、指導者に転身し、日本女子バレーボールリーグの東北パイオニアーズで監督を務めました。現在は、バレーボール解説者や講習会の講師として活躍しています。 多治見麻子さんは、バレーボール界のレジェンドとして、今も多くの人々に尊敬されています。
スポーツカテゴリー

鈴木雄介:世界記録樹立の競歩選手

競歩の星鈴木雄介 鈴木雄介は、日本を代表する競歩選手です。1991年、茨城県生まれ。5歳の時に、父親が経営する陸上クラブで競歩を始めました。中学時代には全国大会に出場するなど、早くから才能を発揮。高校卒業後は、順天堂大学に進学。2012年には、ロンドンオリンピックに出場し、20km競歩で銅メダルを獲得しました。 2015年には、北京世界陸上選手権で20km競歩で金メダルを獲得。2016年には、リオデジャネイロオリンピックに出場し、20km競歩で銀メダルを獲得しました。2019年には、ドーハ世界陸上選手権で20km競歩で金メダルを獲得。2021年には、東京オリンピックに出場し、20km競歩で銅メダルを獲得しました。 鈴木雄介は、20km競歩の世界記録保持者でもあります。2015年に、20km競歩で1時間16分36秒の記録を樹立し、それまでの世界記録を3分以上更新しました。この記録は、現在も破られていません。 鈴木雄介は、その優れた成績から、日本の競歩の第一人者として注目を集めています。彼は、競歩の魅力を多くの人に伝えるとともに、若い選手たちの育成にも力を注いでいます。鈴木雄介は、今後も世界記録樹立を目指し、さらなる活躍が期待されています。
スポーツカテゴリー

栗原恵 – 日本を代表する女子バレーボール選手

-天才少女から日本代表へ- 栗原恵は、1994年7月12日、石川県金沢市に生まれた。小学生の頃からバレーボールを始め、中学時代には全国大会に出場。その才能は早くから注目され、2010年、高校1年生で全日本ジュニア代表に選出された。 栗原恵は、2012年に東レ・アローズに入団。1年目からレギュラーに定着し、チームのリーグ優勝に貢献した。また、同年のロンドンオリンピックに出場し、銅メダルを獲得。2016年のリオデジャネイロオリンピックでも銅メダルを獲得した。 栗原恵は、2018年に古巣である石川県に本拠地を置くPFUブルーキャッツに移籍。チームの主将として活躍し、2021年に全日本代表に復帰。同年の東京オリンピックに出場し、銀メダルを獲得した。 栗原恵は、身長180cm、体重66kg。ポジションはミドルブロッカー。高い身体能力と、正確なスパイクが持ち味。また、ブロックも得意とし、日本女子バレーボール界を代表するディフェンダーとして活躍している。 栗原恵は、2022年現在もPFUブルーキャッツで活躍しており、日本女子バレーボール界を牽引する存在となっている。
スポーツカテゴリー

山下泰裕:史上最年少の日本一から国民栄誉賞まで

柔道の申し子誕生 山下泰裕は、1957年1月1日、福岡県八女市に生まれた。父は柔道七段、母は五段の柔道家で、山下は幼い頃から柔道に親しんだ。小学校に入ると柔道部に所属し、頭角を現し始めた。中学、高校と柔道を続け、全国大会に出場するようになった。 1975年、山下は明治大学に入学。在学中は全日本学生柔道選手権大会で優勝し、1977年には世界柔道選手権大会で優勝を果たした。同年、山下は20歳と10ヶ月で全日本柔道選手権大会で優勝し、史上最年少の日本一となった。 1980年、山下はモスクワオリンピックに出場。決勝でソ連の選手を破り、金メダルを獲得した。山下は、このオリンピックで国民栄誉賞を受賞した。
スポーツカテゴリー

監物永三:体操界の金メダル男

-体操界のレジェンド監物永三- 監物永三は、日本の体操選手であり、コーチである。1937年10月1日生まれ、東京都出身。1960年ローマオリンピックと1964年東京オリンピックで金メダルを獲得した。 監物は、1956年メルボルンオリンピックに初出場し、団体総合で銀メダルを獲得した。1960年ローマオリンピックでは、団体総合と個人総合で金メダルを獲得した。さらに、種目別でも床運動と跳馬で銀メダルを獲得した。1964年東京オリンピックでは、団体総合と個人総合で金メダルを獲得した。さらに、種目別でも跳馬で銀メダルを獲得した。 監物は、オリンピックで合計4つの金メダル、4つの銀メダルを獲得した。体操界で最も成功した選手の1人である。1965年に現役引退後は、コーチとして活躍し、1976年モントリオールオリンピックと1984年ロサンゼルスオリンピックで日本チームを金メダルに導いた。 監物は、その功績を称えられ、1998年に国際体操殿堂入りを果たした。また、2000年には国民栄誉賞を受賞した。 監物は、体操界のレジェンドであり、日本のスポーツ界を代表する人物である。その功績は永遠に語り継がれるであろう。
スポーツカテゴリー

安達阿記子→ ゴールボールで輝いた視覚障害者アスリート

-安達阿記子の生い立ちとゴールボールとの出会い- 安達阿記子は1960年、東京都に生まれました。彼女は生まれつき網膜色素変性症という難病を患っており、視力はわずか0.02でした。しかし、彼女はそんなハンディキャップをものともせず、小学生の頃からスポーツに打ち込みました。 安達さんがゴールボールと出会ったのは、1976年のことでした。彼女は当時、東京都立盲学校に通っており、そこでゴールボール部の顧問をしていた先生に誘われて、ゴールボールを始めました。 ゴールボールは、視覚障害者のために考案されたスポーツで、チームメイトの声を頼りにボールを転がし、相手のゴールに入れて得点を競う競技です。安達さんは、すぐにゴールボールの面白さに夢中になり、練習に打ち込みました。 そして、1980年には、日本代表チームに選出され、世界選手権に出場しました。安達さんは、この大会で活躍し、日本の優勝に貢献しました。その後も、安達さんは日本代表チームの主力選手として活躍し、1988年のソウルパラリンピックでは、金メダルを獲得しました。 安達さんは、1992年のバルセロナパラリンピックを最後に、現役を引退しました。しかし、彼女はその後も、ゴールボールの普及活動に尽力し、2000年には、日本ゴールボール協会の初代会長に就任しました。 安達さんは、視覚障害者アスリートとして、数々の輝かしい成績を収めましたが、彼女の真の功績は、ゴールボールという競技を日本に広め、多くの視覚障害者アスリートに夢を与えたことでしょう。
スポーツカテゴリー

蟹江美貴 – 平成の女子アーチェリー界を代表する選手

- アーチェリーとの出会い 蟹江美貴がアーチェリーと出会ったのは、小学5年生のときでした。地元のスポーツ少年団で、たまたまアーチェリーを体験したことがきっかけだったといいます。 最初はあまり興味がなかったそうですが、練習を重ねるうちに、弓を射る楽しさに目覚めていきました。特に、的に当たったときの爽快感がたまらなかったそうです。 中学に入ると、アーチェリー部に所属して本格的に競技を始めました。当初はなかなか結果が出ませんでしたが、諦めずに練習を続けた結果、県大会で優勝するなど、頭角を現していきました。 高校に進学すると、さらにアーチェリーに打ち込みました。インターハイや国体に出場し、上位入賞を果たすなど、全国レベルの選手として活躍しました。 大学卒業後は、実業団チームに所属して、アーチェリーを続けました。全日本選手権では、優勝6回、準優勝5回という輝かしい成績を残し、平成の女子アーチェリー界を代表する選手として活躍しました。
スポーツカテゴリー

山本博-アーチェリー界の功労者

-インターハイ3連覇から五輪4大会出場- 山本博は、日本のアーチェリー選手である。1959年8月26日生まれ。三重県出身。三重県立上野高等学校、法政大学卒業。身長175cm、体重70kg。血液型はO型。 山本は、幼い頃からアーチェリーを始め、インターハイでは3連覇を達成。1980年にはモスクワオリンピックに出場し、団体で銅メダルを獲得した。その後、1984年のロサンゼルスオリンピック、1988年のソウルオリンピック、1992年のバルセロナオリンピックにも出場し、団体で2つの銅メダルと銀メダルを獲得した。 山本は、オリンピックで4大会連続メダルを獲得した唯一の日本のアーチェリー選手である。また、全日本選手権では12回優勝しており、日本のアーチェリー界を代表する選手である。 山本は、現役引退後は指導者として後進の育成に努めている。また、アーチェリー普及のため、各地で講演活動を行っている。 山本は、2008年に国際アーチェリー連盟(FITA)の殿堂入りを果たした。2010年には、紫綬褒章を受章した。
スポーツカテゴリー

鶴見虹子:体操界を彩った天才アスリート

-体操界の新星鶴見虹子- 鶴見虹子は、1999年に神奈川県に生まれた新星体操選手です。幼い頃から体操を始め、その才能はすぐに開花しました。2015年、全日本ジュニア体操競技選手権大会で優勝し、一躍脚光を浴びました。翌2016年には、日本代表に選出され、リオデジャネイロオリンピックに出場しました。 リオデジャネイロオリンピックでは、団体総合で4位入賞を果たしました。個人総合では10位に終わり、メダル獲得はなりませんでしたが、次世代のホープとして大きな注目を集めました。2017年には、世界体操競技選手権大会で団体総合で銅メダルを獲得し、日本体操界に新たな歴史を刻みました。 鶴見虹子は、身長160cmと体操選手としては小柄ですが、その分、敏捷性と柔軟性に優れています。また、演技の完成度は高く、ミスが少ない選手です。現在は、2020年の東京オリンピックを目指して、日々練習に励んでいます。 2018年には、アジア競技大会で個人総合で金メダルを獲得し、さらにその名を世界に轟かせました。また、世界体操競技選手権大会でも団体総合で銀メダルを獲得し、日本の体操界をけん引する選手として活躍しています。 東京オリンピックでは、体操女子団体で金メダルを獲得し、日本体操界に悲願の初優勝をもたらしました。また、個人総合でも7位入賞を果たし、その実力を証明しました。 鶴見虹子は、体操界の未来を担う期待の星です。今後さらに活躍を続け、東京オリンピックで金メダルを獲得することが期待されています。
スポーツカテゴリー

「末續慎吾」(陸上競技)

「ナンバ走り」を完成させた男 末續慎吾は、1977年8月26日生まれ、広島県出身の陸上競技選手です。専門種目は100mと200mです。 末續は、小学校3年生の時に陸上競技を始めました。中学1年生の時に全国中学校陸上競技選手権大会100mで優勝し、頭角を現しました。その後、広島県立広島工業高校に進学し、さらに記録を伸ばしました。 1996年、末續はアトランタオリンピックの100mに出場しました。しかし、予選で敗退しました。その後、末續は競技を引退し、大学に進学しました。 しかし、末續は陸上競技への情熱を捨てきれず、2000年に競技に復帰しました。そして、2004年のアテネオリンピックの200mに出場し、銅メダルを獲得しました。 末續が「ナンバ走り」を実践し始めたのは、アテネオリンピックの後でした。ナンバ走りとは、大腿四頭筋を最大限に動かすことで、スピードを生み出す走り方です。 末續は、ナンバ走りを実践することで、タイムを大幅に縮めました。そして、2005年の世界選手権の200mで優勝し、世界一の座に就きました。 末續は、その後もナンバ走りで活躍を続けました。2008年の北京オリンピックの200mでは、4位入賞を果たしています。 末續慎吾は、ナンバ走りを実践することで、世界一の200mランナーとなりました。彼の走りは、人々を魅了し、陸上競技界に大きな影響を与えました。
スポーツカテゴリー

鈴木明子 – 平成時代のフィギュアスケート選手

-幼少期と競技への参加- 鈴木明子は、1985年4月29日に愛知県名古屋市に生まれました。幼い頃からスケートに興味を持ち、3歳の時にフィギュアスケートを始めました。当初はアイスホッケーの選手を目指していましたが、フィギュアスケートの楽しさに魅了され、6歳の時に本格的にフィギュアスケートに取り組み始めました。 鈴木は、幼い頃から才能を発揮し、小学校4年生の時に全日本ノービス選手権で優勝しました。その後も、全日本ジュニア選手権で3度優勝するなど、ジュニア時代からトップ選手として活躍しました。 鈴木は、2002年に17歳でシニアデビューを果たしました。シニアデビュー戦となった全日本選手権では、4位に入賞しました。その後、2004年に全日本選手権で初優勝を果たし、世界選手権にも初出場しました。 鈴木は、2006年にトリノオリンピックに出場し、10位に入賞しました。2010年にはバンクーバーオリンピックに出場し、5位に入賞しました。また、世界選手権では、2008年に銅メダル、2009年に銀メダルを獲得しました。 鈴木は、2014年に現役を引退しました。引退後は、フィギュアスケートの解説者やタレントとして活動しています。
スポーツカテゴリー

卓球の星-岸川聖也の軌跡

卓球界に現れた若き天才 岸川聖也は、2000年に東京都に生まれた卓球選手である。4歳のときに卓球を始め、小学4年生の時に全日本選手権ジュニアの部で優勝。中学1年生時には世界ジュニア選手権で優勝し、一躍その名を知られるようになった。 岸川は右利きのシェークハンドを使用し、攻撃的なスタイルが持ち味である。特にフォアハンドのドライブは威力があり、相手を圧倒することができる。また、バックハンドの技術も高く、両ハンドで多彩な攻撃を仕掛けることができる。 岸川は、2018年に全日本選手権で優勝し、18歳にして最年少での優勝を成し遂げた。また、2019年には世界選手権で銅メダルを獲得し、日本男子初のメダル獲得となった。 岸川は、現在世界ランキング1位となっており、卓球界の頂点に君臨している。その卓越した技術と、まだ10代の若さであることから、今後のさらなる活躍が期待されている。 岸川聖也は、 卓球界の若き天才であり、その活躍には今後も目が離せない。
スポーツカテゴリー

加藤ゆか – 水泳界の輝く星

-華麗なる水泳人生- 加藤ゆかは日本の水泳界で最も成功したアスリートの一人である。彼女はオリンピック、世界選手権、パンパシフィック選手権で計20個の金メダルを獲得しており、2012年のロンドンオリンピックでは女子400m個人メドレーで世界記録を樹立した。 加藤ゆかは1990年に東京都で生まれた。5歳の時に水泳を始め、すぐにその才能を現した。14歳の時にジュニア世界選手権で優勝し、16歳の時には世界選手権で銅メダルを獲得した。 2008年に北京オリンピックに出場し、女子400m個人メドレーで4位に入賞した。2012年のロンドンオリンピックでは、女子400m個人メドレーで金メダルを獲得し、日本人のオリンピックの水泳競技で初めての金メダルとなった。また、女子200m個人メドレーでも金メダルを獲得した。 2013年の世界選手権では、女子400m個人メドレーで金メダル、女子200m個人メドレーで銅メダルを獲得した。2015年の世界選手権では、女子400m個人メドレーで金メダルを獲得した。 2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場し、女子400m個人メドレーで金メダル、女子200m個人メドレーで銀メダルを獲得した。 加藤ゆかは水泳界で最も成功したアスリートの一人として、世界中から賞賛されている。彼女は日本の水泳界の誇りであり、今後も活躍が期待されている。
スポーツカテゴリー

山下治広 – 日本体操界のレジェンド

-山下治広 - 日本体操界のレジェンド- -その栄光の軌跡- 山下治広は、1935年に広島県に生まれ、幼少の頃から体操を始める。1954年に全日本選手権に出場し、初優勝を飾る。その後も、1956年のメルボルンオリンピック、1960年のローマオリンピック、1964年の東京オリンピックで金メダルを獲得するなど、輝かしい成績を残した。 山下の体操は、その美しさで知られていた。彼は、軽やかな身のこなしと正確な技で、人々を魅了した。また、彼は常に新しい技に挑戦し、体操の可能性を広げた。 山下の活躍は、日本体操界の発展に大きく貢献した。彼の功績を称えて、1999年には國際体操殿堂入りを果たした。 -山下の栄光の軌跡- * 1954年全日本選手権初優勝 * 1956年メルボルンオリンピック 金メダル * 1958年世界体操選手権 金メダル * 1960年ローマオリンピック 金メダル * 1962年世界体操選手権 金メダル * 1964年東京オリンピック 金メダル * 1966年世界体操選手権 金メダル * 1968年メキシコオリンピック 銀メダル * 1972年ミュンヘンオリンピック 銅メダル * 1999年國際体操殿堂入り
スポーツカテゴリー

斉藤仁-活躍し続けた柔道選手

挫折と復活を繰り返した柔道家の人生 斉藤仁氏は、1960年1月25日に東京都墨田区で生まれた。幼い頃から柔道を始め、才能を開花させると、1984年のロサンゼルスオリンピックでは金メダルを獲得。1988年のソウルオリンピックでも銀メダルを獲得し、日本の柔道界を牽引する存在となった。 しかし、1992年のバルセロナオリンピックでは、まさかのメダル獲得を逃してしまう。この挫折が斉藤氏に大きな影響を与え、柔道を引退することを決意した。 引退後は、柔道指導者として活躍し、1998年に東海大学柔道部の監督に就任。東海大学柔道部は、斉藤氏の指導のもと、全日本学生柔道選手権大会で優勝し、全日本体重別選手権大会でも多くの選手を輩出するなど、トップクラスの強豪校へと成長した。 斉藤氏は、東海大学柔道部の監督を退任した後も、柔道指導者として活躍し続け、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、日本代表の監督としてチームを金メダルに導いた。 斉藤仁氏は、挫折を乗り越えて、柔道界で再び栄光を掴んだ。挫折を乗り越える強さは、柔道家としてだけでなく、人生においても大切なことである。
スポーツカテゴリー

障害者ノルディックスキー選手:新田佳浩

-事故により左前腕を切断- 新田佳浩は、1977年3月8日、北海道札幌市に生まれた。生後すぐに左前腕の欠損が発覚し、両親は障害者スポーツへの参加を勧めた。新田は、小学校3年生の時にクロスカントリースキーを始め、すぐに才能を発揮した。1998年、長野パラリンピックに出場し、5位に入賞した。その後も、2002年のソルトレイクシティパラリンピック、2006年のトリノパラリンピックに出場し、いずれも入賞を果たした。 2008年、新田は転倒事故を起こし、左前腕を切断した。しかし、彼は障害を乗り越えて競技に復帰し、2010年のバンクーバーパラリンピックに出場した。そして、見事クロスカントリースキー男子スプリントで金メダルを獲得した。新田は、この勝利を「人生最高の瞬間」と語った。 バンクーバーパラリンピックでの金メダル獲得後、新田は引退を表明した。しかし、2012年、彼は競技に復帰することを決意した。そして、2014年のソチパラリンピックに出場し、クロスカントリースキー男子スプリントで銀メダルを獲得した。新田は、この銀メダルを「バンクーバーでの金メダルと同じくらい価値がある」と語った。 新田は、現在も競技を続けており、2018年の平昌パラリンピックに出場することを目指している。彼は、「平昌パラリンピックで金メダルを獲得したい」と語っている。新田の挑戦は、障害を乗り越えて夢を叶えようとするすべての人々に勇気を与えている。
スポーツカテゴリー

「小村恵里佳」

小村恵里佳の経歴と人物像 小村恵里佳は、1994年1月10日生まれ、大阪府出身のファッションモデル、タレントです。身長168cm、血液型はA型。 2010年にファッション誌「Seventeen」の専属モデルオーディションに合格し、翌2011年から同誌でモデルとして活動を開始しました。2013年には「Seventeen」の表紙を初単独で飾り、同誌の人気モデルとして活躍しました。 2014年には、ファッション誌「CanCam」の専属モデルに抜擢され、2016年には同誌の表紙を初単独で飾りました。さらに2017年には、ファッション誌「Oggi」の専属モデルに就任し、同誌でも活躍しています。 また、2015年には映画「まれ」で女優デビューを果たし、2016年にはドラマ「逃げ恥」に出演するなど、女優としても活動しています。 小村恵里佳は、明るく元気な性格で、その笑顔が魅力的なモデルです。また、努力家で負けず嫌いな一面もあり、常に上を目指して頑張り続けています。 プライベートでは、ファッションや美容にとても興味があり、ブログやインスタグラムで私服のコーディネートや美容法などを発信しています。また、旅行が大好きで、国内外問わずさまざまな場所を訪れています。 小村恵里佳は、モデルや女優として活躍する一方、ファッションアイコンとしても多くの女性から支持されています。今後も、彼女の活躍に期待しましょう。
スポーツカテゴリー

バレーボール界の鉄人と呼ばれた竹下佳江 生涯を振り返る

NECレッドロケッツ時代と全日本バレーへ 竹下佳江は1960年5月29日、東京都に生まれた。1976年にNECレッドロケッツ(現・NECレッドロケッツ)に入団し、1981年には主将に就任した。NECレッドロケッツ時代には、チームを全日本実業団バレーボール選手権大会優勝3回、全日本バレーボール選抜大会優勝2回に導いた。 1981年には、全日本バレーボール女子代表チームに選出された。全日本バレーでは、1982年の世界選手権で銀メダル、1984年のロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得した。1986年には、NECレッドロケッツ退団後も全日本バレーに選出され、1988年のソウルオリンピックで銀メダルを獲得した。 全日本バレーでは、卓越した守備技術と安定したサーブレシーブでチームを支えた。また、粘り強いプレーとチームメイトを鼓舞するリーダーシップで、チームに勝利をもたらした。 竹下佳江は、1991年に現役を引退した。引退後も、NECレッドロケッツの監督や全日本バレーのコーチを務めた。また、バレーボール解説者としても活躍した。 竹下佳江は、バレーボール界のレジェンドとして知られている。その功績は、多くのバレーボール選手に影響を与えた。また、バレーボールの普及にも貢献した。
スポーツカテゴリー

小林寬美-シンクロナイズドスイミング界の輝ける星

-世界選手権での活躍- 小林寬美選手が世界選手権で初めてメダルを獲得したのは、2011年上海大会だった。デュエットに出場し、銅メダルを獲得した。 2013年バルセロナ大会では、デュエットで銀メダル、チームで銅メダルを獲得した。 2015年カザン大会では、デュエットで金メダル、チームで銀メダルを獲得した。 2017年ブダペスト大会では、デュエットで金メダル、チームで銀メダルを獲得した。 2019年光州大会では、デュエットで銀メダル、チームで銅メダルを獲得した。 小林寬美選手は、世界選手権で通算4個の金メダル、2個の銀メダル、3個の銅メダルを獲得している。これは、日本のシンクロナイズドスイミング選手として最多のメダル獲得数である。 小林寬美選手の強さは、技術力の高さにある。正確な演技とダイナミックな動きが特徴で、世界トップクラスの選手からも一目置かれている。また、精神力の強さも大きな武器である。どんな状況でも集中力を切らさず、最後まで粘り強く演技することができる。 小林寬美選手は、シンクロナイズドスイミング界のスター選手として活躍している。その華麗な演技は、多くの人々を魅了している。今後ますますの活躍が期待されている。
スポーツカテゴリー

永瀬貴規

永瀬貴規の経歴 永瀬貴規は、1998年9月29日に東京都で生まれたプロ野球選手です。ポジションは内野手です。 永瀬貴規は、小学校1年生から野球を始めました。中学時代は、軟式野球部に所属し、主将を務めました。高校は、日大三高に進学し、3年春には選抜高校野球大会に出場しました。高校卒業後は、中央大学に進学し、4年春には首都大学野球連盟ベストナインに選ばれました。 大学卒業後は、社会人野球のNTT東日本に入団しました。NTT東日本では、2年間プレーし、2021年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから3位指名を受けました。 千葉ロッテマリーンズに入団後は、1年目から一軍で活躍しました。2022年には、打率.292、15本塁打、56打点の成績を残し、千葉ロッテマリーンズの優勝に貢献しました。また、新人王にも輝きました。 永瀬貴規は、長打力と俊足を兼ね備えた内野手です。また、守備力も高く、将来は千葉ロッテマリーンズの主力選手として活躍することが期待されています。
スポーツカテゴリー

疾風のウィングスパイカー 迫田さおり

疾風のウィングスパイカー 迫田さおり 若き日のバレーボール少女 迫田さおりは、1987年12月18日生まれ、京都府京都市出身の女子バレーボール選手です。身長182cm、体重68kg。ポジションはウィングスパイカー。 迫田は、小学校3年生の時にバレーボールを始めました。中学時代は京都市立吉祥院中学校のバレーボール部に所属し、全国大会に出場しました。高校は京都府立東舞鶴高等学校に進学し、インターハイや春高バレーに出場しました。 2006年、迫田は久光製薬スプリングスに入団しました。2007年に全日本女子バレーボール代表に初選出され、ワールドグランプリや世界選手権に出場しました。2008年には北京オリンピックに出場し、銅メダルを獲得しました。 2010年、迫田は東レ・アローズに移籍しました。2011年に全日本女子バレーボール代表に復帰し、ロンドンオリンピックに出場しました。2012年にはワールドグランプリで優勝しました。 2013年、迫田はNECレッドロケッツに移籍しました。2014年には世界選手権に出場し、銅メダルを獲得しました。2015年にはワールドカップに出場し、優勝しました。 2016年、迫田はリオデジャネイロオリンピックに出場し、銅メダルを獲得しました。2017年に全日本女子バレーボール代表を引退し、NECレッドロケッツも退団しました。 迫田は、スピードとパワーを兼ね備えたウィングスパイカーで、その豪快なスパイクは「疾風のウィングスパイカー」と呼ばれていました。また、迫田はレシーブやディグなどの守備でも活躍し、オールラウンドな選手として知られていました。 迫田は、日本女子バレーボール界を代表する選手の1人であり、その活躍は多くの人に感動を与えました。
スポーツカテゴリー

青山綾里 – 平成時代の女子水泳選手

ドルフィンキックによる潜水泳法を得意とした水泳選手 青山綾里は、ドルフィンキックによる潜水泳法を得意とした水泳選手でした。ドルフィンキックとは、水面下で両足を上下に動かして推進力を得る泳法であり、水泳において最速の泳法として知られています。青山綾里は、このドルフィンキックを駆使して、数々の大会で優勝し、日本の水泳界を牽引しました。 青山綾里がドルフィンキックを始めたのは、10歳の頃でした。当時は、まだドルフィンキックはあまり一般的ではなく、彼女がドルフィンキックを練習しているのを見て、周囲の人たちは驚いていました。しかし、青山綾里はドルフィンキックの練習に励み、すぐにこの泳法をマスターしました。 青山綾里は、ドルフィンキックを駆使して、200メートル個人メドレーで2分10秒45の世界記録を樹立しました。この記録は、1994年に破られるまで、10年間も破られることはありませんでした。また、青山綾里は、1996年アトランタオリンピック女子200メートル個人メドレーで金メダルを獲得するなど、数々の大会で優勝を果たしました。 青山綾里は、ドルフィンキックを駆使して、日本の水泳界を牽引した偉大な水泳選手です。彼女の活躍は、日本中の人々に勇気を与え、彼女の名前は、日本の水泳史に永遠に刻まれることでしょう。
スポーツカテゴリー

谷本歩実 – オリンピック2連覇を達成した柔道家

柔道界の星、谷本歩実 谷本歩実は、日本を代表する柔道家で、2016年リオデジャネイロオリンピックと2020年東京オリンピックで金メダルを獲得した。また、世界選手権では2014年に金メダル、2015年に銀メダルを獲得している。 谷本は、1991年8月3日に大阪府で生まれた。5歳の頃から柔道を始めると、小学生時代に全国大会で優勝を飾った。大阪商業大学附属高等学校に進学すると、インターハイや全国高校柔道選手権大会で優勝するなど、活躍を続けた。 大学は、日本体育大学に進学すると、1年次に全日本ジュニア柔道体重別選手権大会で優勝。2年次には世界ジュニア柔道選手権大会で優勝し、その実力を世界に知らしめた。 2014年には、世界選手権に出場し、金メダルを獲得。2015年には、再び世界選手権に出場し、銀メダルを獲得。そして、2016年には、リオデジャネイロオリンピックに出場し、金メダルを獲得した。 また、2020年の東京オリンピックにも出場し、金メダルを獲得。オリンピック2連覇を達成した。 谷本は、柔道界において、世界を代表する選手の一人である。その優れた技術と強靭な精神力は、多くのファンを魅了している。
スポーツカテゴリー

柔道家 中井貴裕

-大石道場で幼少期から柔道を学ぶ- 中井貴裕は、1983年5月12日に東京都で生まれた。父親は柔道家で、幼少期から大石道場で柔道を学んだ。大石道場は、東京・練馬区にある柔道場で、オリンピックや世界選手権で活躍する多くの柔道家を輩出している。中井は、大石道場で厳しい練習を積み、頭角を現していった。 中井は、小学校6年生の時に、全国少年柔道大会で優勝した。中学時代には、全国中学生柔道大会で2連覇を達成した。高校時代には、インターハイで2連覇を達成し、世界ジュニア柔道選手権大会でも優勝した。 中井は、2002年に東海大学に進学した。大学時代には、全日本学生柔道選手権大会で2連覇を達成し、世界学生柔道選手権大会でも優勝した。また、シニアの全国大会である全日本柔道選手権大会にも出場し、3位入賞を果たした。 中井は、2006年に大学を卒業して、綜合警備保障(ALSOK)に入社した。ALSOKには、オリンピックや世界選手権で活躍する多くの柔道家が所属しており、中井は、その中で切磋琢磨しながら研鑽を積んだ。 中井は、2009年に全日本柔道選手権大会で優勝し、世界柔道選手権大会でも3位入賞を果たした。2010年には、世界柔道選手権大会で2位入賞を果たし、2011年には、全日本柔道選手権大会で2連覇を達成した。 中井は、2012年にロンドンオリンピックに出場し、銅メダルを獲得した。オリンピックでのメダル獲得は、中井にとって初の快挙であった。中井は、オリンピックでのメダル獲得を機に、さらに活躍が期待されている。