中国語

歴史上の偉人

北条鴎所-明治時代の漢詩人

-北条鴎所とは- 北条鴎所は、1844年に京都府で生まれた明治時代の漢詩人です。幼い頃から漢学を学び、15歳で京都に遊学して、儒学者である広瀬淡窓に師事しました。その後、江戸に出て、儒学者である佐藤一斎に師事しました。 鷗所は、1871年に東京大学の前身である開成学校に入学しました。その後、大学南校で学びました。1873年に大学南校を卒業した後、東京大学予備門の教授に就任しました。1877年に東京大学が設立されると、東京大学の教授に就任しました。鷗所は、東京大学で漢学を教えており、多くの学生を育てました。 鷗所は、漢詩人として知られており、多くの漢詩を残しています。彼の漢詩は、日本の漢詩壇に大きな影響を与えました。鷗所は、1923年に亡くなりました。 鷗所は、明治時代の漢詩人として重要な人物です。彼の漢詩は、日本の漢詩壇に大きな影響を与えました。
エンターテインメント

「林家三平(2代)」

林家三平(2代)のプロフィール 林家三平(2代)は、1955年1月10日生まれの落語家であり、本名は海老名 泰孝(えびな やすたか)である。東京都出身。落語協会に所属し、出囃子は「春の声」。 一門は林家であり、林家三平(初代)の二番弟子にあたる。師匠は林家こん平であり、弟子は林家三平(3代)である。妻は女優の海老名美どり。 1977年に落語協会へ入会し、前座名として「林家ばん平」を名乗る。1983年に二ツ目昇進し、「林家三平」を襲名する。1996年に真打昇進を果たす。 芸風は、父親である林家こん平の影響を受け、滑稽噺を中心に演じている。また、得意ネタとして「芝浜」「井戸の茶碗」などがある。 2009年に日本テレビの番組「笑点」の大喜利メンバーに抜擢され、2020年まで出演していた。また、2019年には文化庁芸術祭賞大賞を受賞している。 林家三平(2代)は、父親譲りの滑稽噺で多くの人々を笑わせている落語家である。また、大喜利メンバーとしても活躍しており、今後はますます活躍が期待されている。
歴史上の偉人

能海寛-明治時代の探検家-の生涯

-能海寛の生い立ちと前半生- 能海寛は、1852年に現在の東京都調布市で生まれた。幼少期には、父の仕事の関係で各地を転々とし、6歳の時に横浜に移り住んだ。横浜では、アメリカの宣教師から英語と数学を学び、頭角を現した。 1871年、19歳の時に、アメリカに留学した。フィラデルフィアにあるペンシルベニア大学に入学し、地質学と鉱物学を専攻した。大学卒業後は、ニューヨークにあるコロンビア大学で鉱物学の博士号を取得した。 1877年に帰国後、東京大学理学部地質学科の教授に就任した。その後、文部大臣や帝国学士院院長などを歴任した。また、地質学の研究にも力を入れ、日本の地質学の発展に貢献した。 能海寛は、1927年に死去した。享年75。
作家

周作人 – 中国の文学者

周作人の生涯 中国の文学者・思想家である周作人は、1885年に浙江省紹興の生まれである。1905年に東京高等師範学校に入学し、1908年に卒業する。その後、魯迅と共に中国の近代文学を代表する文化雑誌「新青年」の創刊に携わる。 1919年には五四運動に参加し、翌年の1920年には「中国新文学大系」の編集に携わる。1927年には魯迅らとともに「左翼作家連盟」を結成し、プロレタリア文学運動に参加する。 しかし、1930年に左翼作家連盟が解体された後は、次第に魯迅と距離を置くようになり、1936年には日本に亡命する。その後、日本での生活を続けたが、1984年に北京で死去した。 周作人の文学作品は、主に散文と小説が中心である。散文では、中国の伝統文化や生活習慣を題材とした作品が多く、小説では、中国の社会問題や人間関係を題材とした作品が多い。また、周作人は翻訳家としても活躍し、外国文学を中国に紹介した功績を残している。 周作人の文学作品は、中国の近代文学に大きな影響を与えた。また、周作人の思想は、中国の近代思想の形成にも影響を与えた。周作人は、中国の歴史上、最も重要な文学者・思想家の一人である。 周作人は、中国の文学史上において重要な役割を果たした人物である。その文学作品は、中国の近代文学の形成に大きな影響を与えた。また、周作人の思想は、中国の近代思想の形成にも影響を与えた。周作人は、中国の歴史上、最も重要な文学者・思想家の一人である。
歴史上の偉人

– 一色忠慈郎

- 一色忠慈郎の生涯 一色忠慈郎は、戦国時代に活躍した武将です。1519年に一色義清の子として生まれ、幼名は長千代丸でした。1536年に17歳で家督を継ぎ、一色氏の当主となりました。 一色氏は、本拠地を近江国浅井郡一色城(現在の滋賀県東浅井郡浅井町)に置き、越前国や若狭国にも領土を持っていました。忠慈郎は、織田信長と同盟して浅井氏や朝倉氏と戦いました。1570年の姉川の戦いでは、信長の軍勢に敗れて一色城を落とされ、越前国に逃れました。 その後、忠慈郎は信長の家臣となり、1582年の本能寺の変の際には、信長を討ち取った明智光秀を攻めましたが、敗れて自刃しました。 忠慈郎は、戦上手として知られており、織田信長からもその武勇を賞賛されていました。また、茶の湯を好み、千利休とも親交がありました。 - 一色忠慈郎の逸話 一色忠慈郎には、次のような逸話が残されています。 ・姉川の戦いでは、織田信長の軍勢に敗れて一色城を落とされ、越前国に逃れました。しかし、忠慈郎はすぐに兵を集めて反撃し、一色城を奪い返しました。 ・本能寺の変の際には、信長を討ち取った明智光秀を攻めましたが、敗れて自刃しました。しかし、忠慈郎の首は光秀の軍勢に奪われず、家臣によって持ち帰られ、一色城に葬られました。 ・忠慈郎は、茶の湯を好み、千利休とも親交がありました。ある日、忠慈郎が利休に茶を点ててほしいと頼みました。利休は、忠慈郎の茶の湯の腕前を知っていたので、あえて粗末な茶道具を使って茶を点てました。忠慈郎は、その茶を飲んで「これはうまい茶である」と褒めました。利休は、「これは粗末な茶道具であるのに、なぜうまいと言われたのか」と尋ねました。忠慈郎は、「茶の湯は、茶道具の良し悪しではなく、茶を点てる人の心が大切である」と答えました。
研究者

長谷川雄太郎 – 明治時代の中国研究家

-長崎で中国語を学ぶ- 長谷川雄太郎は、1854年に長崎で生まれました。父は医師、母は長崎奉行所の役人の娘でした。幼い頃から中国語に興味を持っていた雄太郎は、1871年に長崎の精得館に留学し、中国語を学び始めました。 精得館は、1855年に長崎に設立された中国語学校です。当初は通訳養成機関として設立されましたが、後に中国語を学ぶ日本人のための学校となりました。雄太郎は精得館で中国語を学び、1874年に卒業しました。 雄太郎は卒業後、上海に渡り、中国人の家庭に滞在しながら中国語を学び続けました。上海では、清朝の官吏や学者と交流し、中国の文化や歴史について学びました。1879年に帰国した雄太郎は、東京外国語学校(現東京外国語大学)の教授となりました。 雄太郎は東京外国語学校で中国語を教えながら、中国研究にも励みました。1884年に『清国通商史』を出版し、1887年には『中国文学史』を出版しました。これらの著作は、中国の歴史や文化を紹介する画期的な作品であり、日本の中国研究に大きな影響を与えました。 雄太郎は、1920年に東京外国語学校を退官し、1939年に亡くなりました。しかし、彼の中国研究の業績は今日でも高く評価されており、日本の中国研究のパイオニアとして知られています。
研究者

朝枝玖珂 – 江戸時代中期の儒学者

-伊藤東涯門下で学ぶ- 朝枝玖珂は、伊藤東涯の門下で学び、儒学を修めた。伊藤東涯は、江戸時代中期の儒学者であり、朱子学を日本に広めた人物である。玖珂は、東涯の教えを熱心に学び、儒学の奥義を極めた。 東涯は、玖珂の才能を高く評価し、玖珂を自分の後継者とみなしていた。玖珂もまた、東涯を尊敬しており、東涯の教えを忠実に守った。玖珂は、東涯の死後、東涯の遺志を継いで、儒学の普及に努めた。 玖珂は、儒学の講義を行い、多くの弟子を育てた。玖珂の弟子の中には、後に儒学者として活躍する人物も多かった。玖珂は、儒学の普及に大きく貢献した人物であり、江戸時代中期の儒学の発展に重要な役割を果たした。 玖珂は、儒学の研究だけでなく、詩文にも優れていた。玖珂は、多くの詩文を残しており、その作品は現在でも高く評価されている。玖珂は、儒学と詩文の両方において優れた才能を発揮した人物であり、江戸時代中期の文化の発展に貢献した。
歴史上の偉人

外交官小村俊三郎の生い立ちから晩年まで

-小村俊三郎の生い立ちと教育- 小村俊三郎は、1855年(安政2年)2月20日、肥後国(現在の熊本県)益城郡木山村(現在の熊本県上益城郡御船町木山)に、熊本藩士・小村利助の長男として生まれた。幼名は貞太郎。 1868年(慶応4年)、明治維新が起こると、父・利助は熊本藩の役人として東京に移り、俊三郎もそれに従った。翌1869年(明治2年)に、俊三郎は開成学校に入学した。 開成学校は、1858年(安政5年)に江戸幕府が創設した洋学校であり、幕末から明治維新にかけて、多くの優秀な人材を輩出した。俊三郎は、開成学校で英語、フランス語、数学、物理学などを学び、優秀な成績を収めた。 1875年(明治8年)、俊三郎は開成学校を卒業し、外務省に入省した。外務省では、在欧米日本公使館書記生、外務次官などを歴任し、日本の外交政策立案に大きな役割を果たした。 1898年(明治31年)、俊三郎は外務大臣に就任した。外務大臣在任中は、日清戦争、日露戦争など、日本の重要な外交政策を決定した。日露戦争後、俊三郎はアメリカのポーツマスで行われた講和会議に日本代表として参加し、ロシアと講和条約を締結した。 1901年(明治34年)、俊三郎は外務大臣を辞任し、宮中顧問官に就任した。その後、1911年(明治44年)に男爵に叙せられた。 1924年(大正13年)11月24日、俊三郎は東京府東京市麻布区の自宅で死去した。享年69。
歴史上の偉人

マガウアン→ 来日したアメリカ人宣教師・医師

-宣教師として中国に派遣- マガウアンは、宣教師として中国に派遣されることとなった。彼は、1843年にアメリカ合衆国から中国に渡り、上海で宣教活動を開始した。上海では、教会を建設し、学校を開設するなど、精力的に活動した。マガウアンは、中国での宣教活動を通じて、中国の人々と親しくなり、中国の文化や習慣を深く理解した。彼は、中国の人々を愛し、中国の人々から愛された。 マガウアンは、中国での宣教活動を通じて、中国の人々を救うだけでなく、中国社会の発展にも貢献した。彼は、中国の人々に西洋の医学を伝え、中国の医療の発展に貢献した。また、彼は、中国の人々に西洋の教育を伝え、中国の教育の発展に貢献した。マガウアンは、中国の人々のために尽くした偉大な宣教師であり、医師である。 マガウアンは、中国での宣教活動中に、多くの困難を経験した。彼は、中国政府の迫害を受け、何度か投獄された。また、彼は、中国の人々からの理解を得られず、孤独を感じることもあった。しかし、マガウアンは、決して諦めずに、宣教活動を続けた。彼は、中国の人々を愛し、中国の人々を救いたいという強い思いを持っていた。 マガウアンは、中国での宣教活動を30年以上続けた。彼は、1874年に上海で亡くなった。享年61歳であった。マガウアンの死は、中国の宣教界に大きな衝撃を与えた。しかし、マガウアンの宣教活動は、中国の人々に大きな影響を与えた。マガウアンは、中国の人々に西洋の医学や教育を伝え、中国の社会の発展に貢献した。マガウアンは、中国の人々に愛された偉大な宣教師であり、医師である。
歴史上の偉人

青柳篤恒 – 明治・昭和時代の中国学者

生い立ちと学問 青柳篤恒は、1872年(明治5年)に奈良県で生まれました。父は医師であり、篤恒は幼い頃から漢学を学びました。1892年(明治25年)に東京帝国大学文学部に入学し、ここで中国哲学を学びました。1896年(明治29年)に大学を卒業した後、篤恒は東京高等師範学校に勤務し、中国語を教えました。1900年(明治33年)に、篤恒は文部省の派遣で中国に留学し、北京大学で中国哲学を学びました。1904年(明治37年)に帰国後、篤恒は東京帝国大学文学部教授に就任しました。 篤恒は、中国哲学の研究において、従来の朱子学を批判し、陽明学を重視しました。また、篤恒は、中国哲学と西洋哲学を比較研究し、両者の共通点と相違点を明らかにしました。篤恒の研究は、中国哲学の理解に大きな貢献をし、今日でも高く評価されています。 篤恒は、中国哲学の研究以外にも、中国文学の研究にも携わっていました。篤恒は、中国の古典籍を収集し、その研究に努めました。また、篤恒は、中国の文学作品を翻訳し、日本の読者に紹介しました。篤恒の中国文学の研究は、中国文学の理解に大きな貢献をし、今日でも高く評価されています。 篤恒は、1943年(昭和18年)に亡くなりました。享年71歳でした。篤恒は、中国哲学の研究において、従来の朱子学を批判し、陽明学を重視しました。また、篤恒は、中国哲学と西洋哲学を比較研究し、両者の共通点と相違点を明らかにしました。篤恒の研究は、中国哲学の理解に大きな貢献をし、今日でも高く評価されています。
研究者

– 西島良爾

-西島良爾の生涯- 大見出し「 - 西島良爾」の下に作られた小見出しの「西島良爾の生涯」では、西島良爾の生涯について解説します。 西島良爾は、1910年、山形県の内陸部にある酒田市に生まれました。生家は、代々酒田市で医師を営む裕福な家系でした。西島良爾は、幼い頃からその裕福な環境で、何不自由なく育ちました。 西島良爾は、中学時代から、文学や演劇に興味を持ち始めます。1928年、早稲田大学文学部仏文学科に入学し、演劇部に所属しました。西島良爾は、演劇部に所属していた頃、新劇運動に参加し、演劇活動に没頭しました。 大学卒業後、西島良爾は、映画界に入りました。1933年、松竹蒲田撮影所に入社し、監督としてデビューを果たします。西島良爾は、映画監督として数々の作品を世に送り出しました。その中でも、代表作と言えるのが「望郷」(1937年)、「街の灯」(1938年)、「愛染かつら」(1939年)の3部作です。これらの作品は、日本の映画史に残る名作として、現在でも高く評価されています。 西島良爾は、1942年に、太平洋戦争に出征します。西島良爾は、中国戦線に派遣され、激戦を経験しました。西島良爾は、1945年に、戦争終結とともに復員しました。 西島良爾は、復員後、映画監督として活動を再開します。西島良爾は、1947年に、松竹京都撮影所に移籍しました。西島良爾は、松竹京都撮影所で数々の作品を監督しましたが、その中でも、代表作と言えるのが「わが青春に悔なし」(1946年)、「破戒」(1948年)、「おかあさん」(1952年)の3部作です。これらの作品は、日本の映画史に残る名作として、現在でも高く評価されています。 西島良爾は、1959年、映画監督を引退します。西島良爾は、映画監督を引退後、小説家に転身します。西島良爾は、小説家として数々の作品を執筆しましたが、その中でも、代表作と言えるのが「あゝ野麦峠」(1960年)、「この子を残して」(1962年)、「ある人生」(1965年)の3部作です。これらの作品は、日本の文学史に残る名作として、現在でも高く評価されています。 西島良爾は、1984年に、74歳で亡くなりました。西島良爾は、映画監督として、小説家として、日本の文化に大きな足跡を残しました。西島良爾は、日本の文化史に残る人物として、現在でも高く評価されています。