中国諸藩

歴史上の偉人

「岡元太郎」

-岡元太郎の生涯- 岡元太郎は、1911年(明治44年)3月7日に、大阪府大阪市天王寺区に生まれました。 父親は岡元一平、母親は岡元かほるです。一平は、大阪市会議員や大阪府議会議員を務めた政治家で、かほるは、大阪府立今宮高等女学校(現・大阪府立今宮高等学校)の校長を務めました。 1914年(大正3年)に大阪市住吉区に移り住み、1917年(大正6年)に大阪市立巽尋常小学校(現・大阪市立巽小学校)に入学します。 1922年(大正11年)に大阪府立泉尾中学校(現・大阪府立泉尾高等学校)に入学し、1926年(大正15年)に東京帝国大学(現・東京大学)工学部機械工学科に進学します。 1930年(昭和5年)に東京帝国大学を卒業し、同大学工学部機械工学科の助手となります。1932年(昭和7年)に、飛行機の設計を学ぶため、フランスのパリ大学に留学します。 1934年(昭和9年)に帰国し、三菱重工業に入社します。1937年(昭和12年)に、三菱重工業の航空機設計部長に就任します。 1941年(昭和16年)に、太平洋戦争が勃発し、岡元太郎は、日本海軍の航空機設計官として、戦闘機の設計に従事します。 1945年(昭和20年)に、太平洋戦争が終結し、岡元太郎は、三菱重工業を退職します。その後、1946年(昭和21年)に、東京大学工学部機械工学科の教授に就任します。 1951年(昭和26年)に、日本学術会議の会員に選出されます。1957年(昭和32年)に、東京大学工学部長に就任します。 1962年(昭和37年)に、東京大学を退官し、日本航空宇宙工業会(現・日本航空宇宙学会)の会長に就任します。1964年(昭和39年)に、日本学術会議の会長に就任します。 1974年(昭和49年)に、勲一等瑞宝章を受章します。1981年(昭和56年)に、文化功労者に選出されます。  2013年(平成25年)1月14日に、東京都内の病院で死去しました。満102歳没。
歴史上の偉人

「井原応輔」幕末の武士

-井原応輔の生涯- 井原応輔は、1836年(天保7年)に、播磨国赤穂郡上郡村(現在の兵庫県赤穂市上郡町)に生まれた。父は赤穂藩士の井原左衛門、母は松尾氏。応輔は、幼少の頃から剣術や槍術を学び、15歳の時に江戸に出て、柳生新陰流の剣術を学び、18歳の時に藩校の教授となった。 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、応輔は藩主の松平忠固に従って江戸に上り、幕府の外国奉行としてペリーと交渉にあたった。その後、応輔は藩主の命を受けて、イギリス、フランス、アメリカ、ロシアを歴訪し、西洋の文物や制度を調査した。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、応輔は赤穂藩の兵を率いて、幕府軍に加わった。しかし、官軍の攻勢の前に幕府軍は敗退し、応輔は赤穂藩に帰国した。 1869年(明治2年)、廃藩置県によって赤穂藩が解体されると、応輔は上京して東京に住んだ。応輔は、明治政府に出仕し、内務省や外務省で働いた。また、応輔は、東京府の初代知事や、元老院の議員も務めた。 1891年(明治24年)、応輔は56歳で死去した。応輔は、幕末から明治にかけて、日本の近代化に貢献した人物である。
歴史上の偉人

– 島浪間:幕末の武士

- 出生と藩士としての人生 島浪間は、備中国浅口郡(現在の岡山県浅口市)に生まれた。生家は、浅口郡大島村にあった小規模な農家であった。島浪間は、1848年に備中国浅口郡万富村(現在の岡山県浅口市)の大庄屋・島浪半左衛門の養子となった。 島浪間は、養子となった後、藩主・浅野氏に仕え、藩士としての人生を歩んだ。島浪間は、藩校・興譲館で学び、藩の役人として働いた。また、島浪間は、藩主の側近として、藩政に参画した。 島浪間は、藩士として、幕末の動乱の中を生き抜いた。島浪間は、1866年に藩主・浅野氏に従って上洛し、幕府の倒幕運動に協力した。1868年には、島浪間は、戊辰戦争で新政府軍に味方して戦い、幕府軍を破った。 戊辰戦争後、島浪間は、藩の廃藩置県により、失職した。島浪間は、その後、郷里に隠棲し、1900年に死去した。