中津藩

歴史上の偉人

– 「渡辺重蔭」(1792-1881)

- 渡辺重蔭の生涯 渡辺重蔭は、1792年に武蔵国児玉郡上里見村(現在の埼玉県児玉郡上里町)に生まれた。農家の四男坊であり、幼少のころから聡明で学問を好んだという。18歳で江戸に出て、昌平黌で学ぶ。その後、旗本の渡辺源右衛門の養子となり、仕官の道が開かれる。 重蔭は、幕府で様々な要職を歴任し、老中にまで昇進した。老中在任中は、黒船来航や安政の大獄など、幕末の激動期に直面した。重蔭は、幕府の開国や改革に積極的であり、幕府の権威を維持するために尽力した。 しかし、重蔭の改革は既得権益層の反発を招き、1860年に老中を罷免される。その後、蟄居を命じられ、1868年まで上州渋川藩に謹慎した。 明治維新後、重蔭は明治政府に出仕し、参与や元老院議長などを歴任した。重蔭は、明治政府の近代化政策を支持し、日本の発展に貢献した。1881年に89歳で死去した。 重蔭は、幕末から明治維新にかけて活躍した政治家であり、日本の近代化に貢献した人物である。重蔭の生涯は、幕末の激動期を生き抜いた日本の近代史の縮図であるといえる。
歴史上の偉人

大久保麑山 – 幕末から明治時代の武士と教育者

-大久保麑山の生涯- 大久保麑山(おおくぼかざん、1829年10月14日 - 1903年3月4日)は、幕末から明治時代の武士、教育者。 諱は貞明。通称は玄蕃、玄蕃允、美濃守。号は麑山、道堂。安政2年(1855年)、旗本寄合席に列し、以後、勘定奉行、外国奉行を歴任。慶応4年(1868年)、勘定奉行を罷免され、謹慎を命じられる。 明治元年(1868年)、謹慎を解かれ、新政府に出仕。大学南校(のちの東京大学)の教員となり、数学、物理学、天文学などを講じる。明治6年(1873年)、大学南校が東京大学と改称された後は、引き続き東京大学の教員を務める。明治15年(1882年)、東京大学を辞職。 明治17年(1884年)、学習院の教授となり、漢学、日本史などを講じる。明治23年(1890年)、学習院を辞職。明治26年(1893年)、日本学士院会員に選出される。明治36年(1903年)、死去。享年76。 大久保麑山は、幕末から明治にかけて、西洋の学問を日本に紹介し、近代日本の教育に大きく貢献した人物である。
歴史上の偉人

権田市右衛門 – 江戸時代中~後期の武士

-勤王思想を抱いた武士- 権田市右衛門は、江戸時代中~後期の武士で、勤王思想を抱いていた。勤王思想とは、天皇を敬い、天皇を中心とした政治体制を維持しようとする思想である。権田市は、この思想に共鳴し、尊王攘夷運動に参加した。 尊王攘夷運動とは、1850年代から1860年代にかけて起こった、外国勢力の侵略から日本を守るための運動である。権田市は、この運動に参加し、攘夷派の有力人物として活躍した。しかし、1868年に起こった戊辰戦争で、権田市は敗北し、自害した。 権田市の勤王思想は、当時の武士の間で広く共有されていた。武士は、天皇を敬い、天皇を中心とした政治体制を維持することが、日本の独立と繁栄のために必要であると考えていた。そのため、多くの武士が尊王攘夷運動に参加し、外国勢力の侵略から日本を守ろうとした。 権田市右衛門の勤王思想は、当時の武士の精神を象徴している。武士は、天皇を敬い、天皇を中心とした政治体制を維持することを第一に考えていた。そのため、外国勢力の侵略から日本を守ろうと、尊王攘夷運動に参加した。権田市右衛門の勤王思想は、武士道の精神を体現したものである。
歴史上の偉人

白石照山 – 江戸後期から明治時代の漢学者

-白石照山の生涯- 白石照山は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した漢学者です。名は衡、字は元衡、号は照山。通称は宇兵衛。1776年(安永5年)、肥後国八代(現在の熊本県八代市)に生まれました。 照山は幼い頃から聡明で、13歳の時には漢学を学び始めました。19歳の時には、熊本藩の藩校である時習館に入学し、儒学を学びました。22歳の時には、江戸に出て、昌平黌に入学しました。昌平黌では、佐藤一斎や安積艮斎らに学び、儒学を修めました。 26歳の時には、熊本藩に帰国し、時習館の教授となりました。33歳の時には、藩主の細川斎護に仕え、侍講となりました。斎護は照山の学識を高く評価し、彼を厚遇しました。 48歳の時には、江戸に出て、昌平黌の教授となりました。照山は、昌平黌で儒学を講義し、多くの弟子を育て上げました。また、多くの著書を著し、儒学の普及に努めました。 68歳の時には、熊本藩に帰国し、時習館の学頭となりました。照山は、時習館で儒学を講義し、地元の子弟の教育に尽力しました。 80歳の時には、熊本藩の藩主の細川護久に仕え、侍講となりました。護久も照山の学識を高く評価し、彼を厚遇しました。 83歳の時には、熊本で亡くなりました。 照山は、博学多才な学者で、儒学だけでなく、詩文や書道にも優れていました。また、教育者としても優れた人物で、多くの弟子を育て上げました。照山の学問は、熊本藩の藩政に大きな影響を与え、また、日本の儒学の発展にも貢献しました。
歴史上の偉人

江利門五左衛門 – 江戸時代後期の農民一揆指導者

江利門五左衛門の生い立ちと背景 江利門五左衛門は、江戸時代後期の農民一揆指導者です。1758年(宝暦8年)に、下総国香取郡下根村(現在の千葉県香取市)の農民の家に生まれました。父は門右衛門、母は芳といい、五左衛門には4人の姉と2人の妹がいました。 五左衛門は幼い頃から体が丈夫で、勉強も得意でした。しかし、12歳の時に父が亡くなると、家計を助けるために学校を中退して農業を手伝い始めました。五左衛門は働き者で、すぐに一人前の農民となりました。また、五左衛門は正義感が強く、村人の間でも評判でした。 五左衛門が20歳の時、村に洪水が起きました。洪水で田畑が流され、多くの農民が困窮しました。五左衛門は村人たちに呼びかけ、村を再建するための協力を求めました。五左衛門の呼びかけに応じた村人は多く、村はすぐに復興することができました。 五左衛門の活躍は、周辺の村にも知られるようになりました。1783年(天明3年)、天明の大飢饉が起こると、五左衛門は周辺の村の農民たちを糾合して、幕府に米の放出を求める一揆を起こしました。一揆は成功し、幕府は米を放出しました。五左衛門は農民たちの英雄となり、その名は全国に知られるようになりました。
研究者

「山川東林」(1784-1844)

- 山川東林の経歴 山川東林は、1784年(天明4年)に江戸で、幕臣・山川八郎左衛門の次男として生まれました。幼名は久三郎といい、はじめ父や平賀源内、大窪詩仏らに学び、その後、本草学の大家である小野蘭山に師事して本草学を修めました。 1805年(文化2年)、22歳のときに蘭学を学び始め、シーボルトの来日後は、その弟子となって蘭方医学や西洋の学問を学びました。1811年(文化8年)には、シーボルトとともに長崎に赴き、そこで蘭学医として活躍しました。1817年(文化14年)には、江戸に戻り、シーボルトの開いた鳴滝塾で蘭学を教授しました。 1823年(文政6年)、シーボルトが国外追放処分を受けた後、山川東林は、その代わりに長崎のオランダ商館医となり、1826年(文政9年)からは、江戸のオランダ商館の医師となりました。1830年(天保元年)には、シーボルトの弟子である高野長英とともに、日本初の西洋医学の教科書である「西洋医学辞書」を著しました。 1839年(天保10年)、蘭学を禁止する蛮社の獄が起こると、山川東林は、高野長英や渡辺崋山とともに逮捕されました。1844年(天保15年)、獄中で病死しました。61歳でした。 山川東林は、蘭学を日本に紹介し、日本の近代化に貢献した先駆者の一人です。その業績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

大名でありながら学問を愛した奥平昌鹿

奥平昌鹿の生涯 奥平昌鹿(1556年 - 1615年)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。通称は彦六郎。号は石見守。 奥平昌鹿は、尾張国海東郡奥平村(現在の愛知県あま市)の生まれで、奥平貞能の四男として生まれた。昌鹿は幼い頃から学問を好み、特に漢学に優れていたという。 1573年、昌鹿は18歳で織田信長に仕え、信長の小姓を務めた。1575年、信長の命で越前国の一乗谷城の守備を任された。1582年、本能寺の変で信長が自害すると、昌鹿は織田信雄に仕えた。 1584年、昌鹿は信雄に命じられ、尾張国の岩倉城の城主となった。1586年、豊臣秀吉の小牧・長久手の戦いで信雄が秀吉に降伏すると、昌鹿も秀吉に仕えた。 1590年、昌鹿は秀吉の九州征伐に従軍して武功を挙げ、肥後国一国を賜った。1592年、昌鹿は島津氏の討伐に功績を挙げたとして、肥前国平戸藩12万石を与えられた。 1598年、秀吉が死去すると、昌鹿は徳川家康に仕えた。1600年、関ヶ原の戦いで昌鹿は東軍に属して参戦し、武功を挙げた。戦後、昌鹿は信濃国松本藩20万石を与えられた。 1603年、江戸幕府が開設されると、昌鹿は老中に任命された。昌鹿は幕政に参画して、徳川家康の側近として活躍した。 1611年、昌鹿は老中を辞任し、隠居した。隠居後は、京都で隠遁生活を送った。 1615年、昌鹿は死去した。享年60。
歴史上の偉人

奥平昌暢 – 江戸時代後期の大名

- 奥平昌暢の生涯 奥平昌暢(おくだいら・まさのぶ、寛政10年(1798年) - 文久3年(1863年))は、江戸時代後期の大名。三河西尾藩第9代藩主。西尾藩奥平家12代当主。 昌暢は、西尾藩第8代藩主・奥平昌高の長男として江戸に生まれる。幼名は太郎。文化14年(1817年)に父が死去したため、家督を継いで藩主となる。昌暢は、藩政改革に熱心に取り組み、藩の財政立て直しや殖産興業に努めた。また、ペリー来航後の幕末の情勢に鑑み、藩の海防強化にも尽力した。 文政13年(1830年)、昌暢は幕府の老中となる。老中在職中は、天保の改革を推進し、藩政改革の経験を活かして幕府の財政再建にも努めた。しかし、天保の改革は失敗に終わり、昌暢も老中を辞任した。 昌暢は、老中を辞任後も、西尾藩主として藩政改革を続けた。安政元年(1854年)には、藩校である弘道館を創設し、藩士の教育に力を注いだ。また、安政4年(1857年)には、藩の開港を幕府に願い出て、翌年、西尾港が開港された。 文久元年(1861年)、昌暢は再び幕府の老中となる。老中在職中は、幕府の攘夷政策を推進し、薩摩藩や長州藩の過激な尊王攘夷運動を弾圧した。しかし、文久3年(1863年)に、薩摩藩と長州藩が連合して京都を攻撃したため(八月十八日の政変)、昌暢は老中を辞任し、西尾藩に帰国した。 昌暢は、帰国後まもなく死去した。享年66。墓所は、愛知県西尾市にある龍拈寺。 藩主としての昌暢の功績は大きく、藩の財政を立て直し、殖産興業を推進し、海防を強化し、藩校を創設し、藩の開港を実現するなど、藩の発展に貢献した。
歴史上の偉人

津田純一 – 明治から大正時代の教育者

- 早稲田大学の創立に貢献した津田純一 津田純一は、明治から大正時代の教育者であり、早稲田大学の創立に貢献した人物です。1854年に江戸で生まれ、慶應義塾を卒業後、アメリカ合衆国に留学しました。帰国後は、東京専門学校(現・早稲田大学)の創立に参画し、初代校長に就任しました。津田は、早稲田大学を我が国における最先端の教育機関とするために尽力し、多くの優れた人材を輩出しました。 津田は、早稲田大学の創立に貢献しただけでなく、日本の教育制度の改革にも尽力しました。1886年に文部次官に就任し、義務教育制度の確立や、教育内容の近代化に取り組みました。また、東京美術学校(現・東京藝術大学)の創設にも貢献しました。 津田は、日本の教育界に多大な功績を残した偉大な教育者です。早稲田大学の創立は、津田の生涯の功績の中でも最も重要なものの1つであり、今日の早稲田大学の繁栄の礎を築いたと言えるでしょう。 - 津田純一の早稲田大学創立への貢献 津田純一は、早稲田大学の創立に参画しただけでなく、初代校長として大学の運営にも携わりました。津田は、早稲田大学を我が国における最先端の教育機関とするために尽力し、多くの優れた人材を輩出しました。 津田が早稲田大学創立に貢献した具体的な例をいくつか挙げると、以下の通りです。 * 早稲田大学の創立に参画し、初代校長に就任した。 * 早稲田大学の教育内容の近代化に取り組んだ。 * 早稲田大学に多くの優れた人材を招致した。 * 早稲田大学の校舎の建設に尽力した。 * 早稲田大学の学生を支援するための様々な制度を整備した。 津田の尽力により、早稲田大学は我が国における最先端の教育機関となり、多くの優れた人材を輩出しました。早稲田大学は、今日でも日本のトップクラスの大学であり、津田の功績は高く評価されています。
歴史上の偉人

「小笠原長勝」(1646-1682)

-小笠原長勝の生涯- 小笠原長勝は、1646年に備前国岡山藩主・小笠原忠真の長男として生まれた。幼名は長松。 1660年に父が死去し、15歳で家督を相続する。岡山藩は、徳川家康の異父弟・松平康元が1573年に3万石で立藩したのが始まり。康元は長勝の祖父・忠政の弟に当たる。1600年の関ヶ原の戦いでは、忠政が西軍に与したため改易されたが、翌1601年に康元が死去したため、忠政が岡山藩主として復活。しかし、1615年の大坂夏の陣での戦功により、加増を受けて6万石となる。 長勝は、岡山藩主として藩政改革を実施。藩士の俸禄を削減する一方で、藩校を設立して人材育成に力を注いだ。また、用水路の整備や新田開発などにも取り組んだ。 1682年、長勝は37歳で死去した。家督は、長男の長陣が相続した。 長勝は、藩主として藩政を改革し、岡山藩の基礎を固めた名君として知られている。
歴史上の偉人

岡本真阪 – 西南戦争で活躍した武士

岡本真阪の生涯 岡本真阪は、明治維新後の西南戦争で活躍した武士です。薩摩藩士であり、明治維新後は陸軍少佐として西南戦争に従軍しました。西郷隆盛の腹心として知られ、西南戦争では西郷軍の参謀として活躍しました。しかし、西南戦争で西郷軍が敗北すると、真阪は捕らえられ、処刑されました。 真阪は、1821年(文政4年)に薩摩藩士の家に生まれました。幼い頃から武芸に秀でており、18歳で薩摩藩の藩校である集成館に入学しました。集成館では、剣術、槍術、砲術などを学び、優秀な成績で卒業しました。 1868年(慶応4年)、明治維新が起こると、真阪は薩摩藩の軍勢に参加して、戊辰戦争で戦いました。戊辰戦争では、真阪は功績を上げて、陸軍少佐に昇進しました。 1877年(明治10年)、西南戦争が勃発すると、真阪は西郷軍に参加して、官軍と戦いました。西南戦争では、真阪は西郷軍の参謀として活躍し、官軍に大きな損害を与えました。しかし、西南戦争では西郷軍が敗北し、真阪は捕らえられ、処刑されました。 真阪は、西南戦争で活躍した武士として知られています。明治維新後は陸軍少佐として西南戦争に従軍し、西郷軍の参謀として活躍しました。しかし、西南戦争で西郷軍が敗北すると、真阪は捕らえられ、処刑されました。
歴史上の偉人

梅田伝次左衛門 – 江戸時代中期の武士

梅田伝次左衛門の生涯 梅田伝次左衛門は、江戸時代中期の武士である。武蔵国児玉郡児玉郷(埼玉県児玉郡児玉町)の児玉党の一族、梅田氏の出身である。徳川家康の旗本として仕え、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣、元和元年(1615年)の大坂夏の陣に参加した。 元和6年(1620年)、伝次左衛門は、加賀藩前田利常に仕官した。前田利常は、伝次左衛門の武勇を高く評価し、加賀藩家老に任じた。伝次左衛門は、加賀藩の重臣として、藩政に参画した。 寛永11年(1634年)、伝次左衛門は、加賀藩主前田利常の命により、加賀藩領内の検地を実施した。検地は、領内の土地の面積と収穫量を調査し、租税を賦課するものである。伝次左衛門は、検地を公正かつ厳正に実施し、加賀藩の財政を安定させた。 寛永18年(1641年)、伝次左衛門は、加賀藩主前田利常の命により、加賀藩領内の用水路の整備を実施した。用水路の整備は、農地の灌漑を改善し、加賀藩の農業生産力を向上させた。 正保2年(1645年)、伝次左衛門は、66歳で死去した。伝次左衛門は、加賀藩に仕え、藩政に参画して、加賀藩の発展に貢献した。伝次左衛門の功績は、加賀藩の歴史に大きな影響を与えた。
研究者

間野遺秉 → 明治-大正時代の教育者

間野遺秉の生涯 間野遺秉(あいの・いほう、1831年(天保2年)10月20日 - 1908年(明治41年)8月12日)は、明治-大正時代の教育者。間野家6代家督。 間野氏は江戸時代の加賀藩の重臣の家柄で、加賀藩の藩主政治を支えてきた家系である。間野遺秉は、1831年(天保2年)10月20日に加賀藩金沢で間野家の6代家督・間野信虎の次男として生まれた。幼名は学習。 間野遺秉は、幼い頃から漢学や武道を学び、15歳の時に家督を継いだ。加賀藩では、藩主政治を支えるために、藩士の子弟を教育する藩校「加賀藩校」が設けられていたが、間野遺秉は、加賀藩校の教授として招かれた。 間野遺秉は、加賀藩校で、儒学や歴史、政治学を教えた。また、間野遺秉は、加賀藩校の生徒たちのために、「間野遺秉訓言」という書物を著した。この書物は、儒教の教えに基づいて、生徒たちに、礼儀や規範を説いたものである。 1868年(明治元年)に明治維新が起きると、加賀藩は新政府に帰順した。間野遺秉は、明治政府に仕えて、文部省の官僚となった。間野遺秉は、文部省で、教育制度の改革や、学校教育の充実などに尽力した。 1889年(明治22年)に、間野遺秉は、東京高等師範学校(現・筑波大学)の校長に就任した。間野遺秉は、東京高等師範学校で、教員の養成や、教育研究の振興などに努めた。 1908年(明治41年)8月12日、間野遺秉は、東京で死去した。享年77歳。間野遺秉は、明治-大正時代の教育界に大きな功績を残した人物である。
歴史上の偉人

津田耕烟-幕末の武士-

津田耕烟の生涯 津田耕煙は、1824年(文政7年)に江戸で生まれた。父は加賀藩の武士であり、耕煙も幼い頃から剣術や弓術を学び、武道を極めた。1842年(天保13年)に藩命で江戸に留学し、蘭学や砲術を学んだ。1853年(嘉永6年)にペリーの来航があり、耕煙は幕府の軍艦奉行に任命され、ペリー艦隊と交渉した。1854年(安政元年)には日米和親条約の締結に尽力し、1858年(安政5年)には日米修好通商条約の締結に貢献した。 1860年(万延元年)に耕煙は幕府の兵部大輔に任命され、軍制改革や海軍の強化に取り組んだ。しかし、1868年(明治元年)に勃発した戊辰戦争では幕府軍が敗北し、耕煙も薩摩藩に降伏した。その後、耕煙は明治政府に出仕し、陸軍卿や海軍卿を歴任した。1900年(明治33年)に死去し、正四位勲二等に叙された。 耕煙は、幕末の激動の時代に活躍した武士であり、日本の近代化に貢献した人物である。彼の業績は、今日でも高く評価されている。
研究者

「原田東岳」

原田東岳の生い立ちと経歴 原田東岳は、1870年2月11日、愛知県名古屋市に生まれました。本名は原田巌、雅号は東岳です。東岳という雅号は、彼が住んでいた名古屋市の東に位置する東区に由来しています。 東岳の父親は、名古屋市の医師であり、東岳は幼い頃から医学に興味を持っていました。1887年、東岳は名古屋医学専門学校に入学し、1892年に卒業しました。卒業後は、名古屋市立病院に勤務し、医師としての経験を積みました。 1898年、東岳はドイツに留学し、ベルリン大学とハイデルベルク大学で医学を学びました。1902年に帰国後、東岳は名古屋市立病院に戻り、再び医師として勤務しました。 1908年、東岳は名古屋医科大学の教授に就任しました。1914年には、名古屋医科大学の学長に就任し、1926年までその職を務めました。 1926年、東岳は退職し、名古屋市内に医院を開業しました。1935年には、名古屋医科大学名誉教授の称号を授与されました。 1945年、東岳は名古屋空襲で自宅を焼失し、その際に多くの蔵書や資料を失いました。しかし、東岳はその後も研究活動を続け、1948年に『東岳医学全集』を出版しました。 1951年、東岳は81歳で亡くなりました。東岳は、日本の医学の発展に貢献した偉大な医師として知られています。
歴史上の偉人

増田宋太郎について知ろう!幕末~明治時代の武士と自由民権運動

増田宋太郎の生い立ちと経歴 増田宋太郎は、1844年(弘化元年)に、武蔵国豊島郡王子村(現在の東京都北区王子)に生まれました。幼名は次郎といい、のちに宋太郎と改名しました。 増田家は代々、武士の家柄で、宋太郎の祖父は、幕府の旗本でした。宋太郎は、幼い頃から、武芸や儒学を学び、弓や槍、剣術、柔術に優れていました。 1860年(万延元年)、宋太郎は、幕府の直参となり、江戸城の守備に当たりました。1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、宋太郎は、幕府軍に加わり、上野戦争に参加しました。しかし、幕府軍は新政府軍に敗れ、宋太郎は、捕虜となりました。 釈放後、宋太郎は、故郷の王子村に戻り、農業を営みました。しかし、宋太郎は、明治政府の政策に不満を抱き、自由民権運動に参加しました。 1881年(明治14年)、宋太郎は、自由民権運動の結社である「東京自由党」を結成しました。宋太郎は、東京自由党の幹部として、演説会や集会を組織し、自由民権運動を盛り上げました。 1884年(明治17年)、宋太郎は、自由民権運動の結社である「自由党」の結成に参加しました。宋太郎は、自由党の幹部として、議会開設運動を推進しました。 1890年(明治23年)、第1回衆議院議員総選挙が実施され、宋太郎は、東京府第1区から衆議院議員に当選しました。宋太郎は、衆議院議員として、自由民権運動の推進や、社会改革に尽力しました。 1894年(明治27年)、宋太郎は、衆議院議員を辞職し、故郷の王子村に戻りました。宋太郎は、王子村に戻ってからも、自由民権運動や社会改革に尽力し、1913年(大正2年)に死去しました。
研究者

原田君煕-偉大な和算家とその足跡をたどる

-原田君煕の生涯と業績- 原田君煕は、1769年に現在の山口県萩市に生まれました。幼い頃から数学の才能を発揮し、15歳の時に江戸に出て、関流算学の大家である古賀侗庵の門下生となりました。 君煕は、侗庵のもとで和算を学び、頭角を現しました。19歳の時に、侗庵の著書である「垛積聚解」の刊行に協力し、その序文に君煕の才能を絶賛する一文が掲載されました。 君煕は、20歳の時に、侗庵の跡を継いで、関流算学の塾を開きました。塾では、和算の基礎から応用までを教え、多くの門下生を育て上げました。 君煕は、和算の大家として知られるようになりましたが、同時に、蘭学にも興味を持っていました。彼は、オランダ語を独学で学び、西洋の数学書を研究しました。 君煕は、和算と蘭学を融合させた新しい数学を研究し、多くの著作を残しました。彼の代表作である「算法通論」は、和算と蘭学の融合を図った画期的な著作であり、当時の数学界に大きな影響を与えました。 君煕は、1840年に亡くなりましたが、彼の業績は、和算の発展に大きく貢献し、日本の近代数学の基礎を築きました。 君煕の主な業績は以下の通りです。 * -垛積聚解-(1788年)の刊行に協力 * -算法通論-(1822年)の刊行 * -算法通論解義-(1828年)の刊行 * -算法通論摘要-(1831年)の刊行 * -算法通論補遺-(1835年)の刊行 君煕の著作は、和算の発展に大きく貢献し、日本の近代数学の基礎を築きました。彼は、和算の大家としてだけでなく、蘭学にも通じた先駆者として、日本の数学史に名を残しています。
歴史上の偉人

有吉立行 – 織豊・江戸前期の武士

-細川幽斎・忠興父子のもとで活躍- 有吉立行は、細川幽斎・忠興父子の家臣として仕えました。幽斎は、細川家の重臣であり、忠興は幽斎の嫡男です。 幽斎は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将で、織田信長や豊臣秀吉に仕えました。秀吉の死後は、徳川家康に仕えました。 忠興は、文禄・慶長の役で活躍した武将です。秀吉の死後は、徳川家康に仕えました。 立行は、幽斎・忠興父子の家臣として、様々な戦いに参加しました。また、外交交渉にも従事しました。 幽斎は、1600年の関ヶ原の戦いで、西軍に属して戦いました。西軍は敗れ、幽斎は自害しました。 忠興は、関ヶ原の戦いで、東軍に属して戦いました。東軍は勝利し、忠興は筑前国(現在の福岡県)を与えられました。 立行は、忠興に従って筑前国に移り、忠興の重臣として活躍しました。立行は、1612年、忠興の死後に隠居しました。 立行は、1631年、86歳で死去しました。
歴史上の偉人

小笠原長興 – 江戸時代中期の大名

-小笠原長興の生涯- 小笠原長興は1684年、加賀藩(現在の石川県)で出生した。小笠原家の支流である西尾藩主・小笠原長重の長男だったが、病気になった兄の跡を継ぐため24歳の時に西尾藩を相続した。 長興は藩政改革に取り組み藩の財政を再建し、軍備の強化にも努めた。また、学問を奨励し、藩校・藩儒を設置した。 1706年に第6代将軍・徳川家宣に御側用人として仕え、その後、勝手方御奉行、京都所司代、大坂城代と要職を歴任した。1721年には老中に任命され、1723年に第8代将軍・徳川吉宗が将軍職に就くと政権中枢で活躍した。 長興は、吉宗の幕政改革「享保の改革」を推進。将軍や大名、庶民に至るまで質素倹約を求める「倹約令」を発令、また、新しい貨幣制度「元文金改鋳」を実施した。 長興は1747年に死去した。享年64。 長興は、江戸時代中期を代表する名君として知られ、また、優れた文人でもあった。和歌や俳句を嗜み、多くの作品を残している。 長興の業績を記念して、西尾市には「小笠原長興公顕彰碑」が建立されている。
研究者

山川玉樵-江戸時代後期の儒者

山川玉樵の生涯 山川玉樵は、江戸時代後期に活躍した儒者です。1778年(安永7年)、肥前国(現在の佐賀県)に生まれます。名は嘉ూ、字は敏夫、号は本義園、玉樵と称しました。 玉樵は幼い頃から学問に勤しみ、19歳のときに江戸に出て、古賀精里に師事して儒学を学びます。その後、各地を遊歴しながら、各地の儒者と交流を深めました。 玉樵は、1810年(文化7年)には、江戸に私塾を開き、多くの弟子を育てました。また、多くの著書を残しており、その代表作である「本義園叢書」は、儒学の思想をわかりやすく解説したもので、多くの人に読まれました。 玉樵は、1850年(嘉永3年)に、73歳で亡くなりました。玉樵の死後、その弟子たちは、玉樵の教えを広めるために努力し、玉樵の思想は、日本の儒学の発展に大きな影響を与えました。 玉樵は、儒学の思想を広く普及させることに貢献した儒者として、今日でも高く評価されています。
研究者

藤田敬所 – 江戸時代中期の儒者

-藤田敬所の生涯- 藤田敬所は、江戸時代中期の儒者である。1677年、現在の和歌山県に生まれる。名は重信、字は子庸、通称は勘兵衛。号は敬所。 敬所は、幼い頃から学問に優れ、10代の頃から各地の儒者に師事した。20歳の頃には、江戸に遊学し、荻生徂徠の門下に入る。徂徠の死後は、その学問を受け継ぎ、私塾を開いて多くの門人を育成した。 敬所の学問は、徂徠の古文辞学を基礎とし、朱子学の思想を折衷したものであった。また、敬所は、徂徠の「学問の独立」の思想をさらに発展させ、学問は政治や道徳から独立したものであるべきだと主張した。 敬所の学問は、江戸時代の思想界に大きな影響を与えた。敬所の門下からは、多くの優れた儒者が輩出し、江戸時代の儒学の発展に貢献した。 敬所は、1745年、69歳で死去した。その著作は、『藤田敬所全集』にまとめられている。 -主な著作- * 『易学提綱』 * 『春秋提綱』 * 『礼記提綱』 * 『論語提綱』 * 『孟子提綱』 * 『大学提綱』 * 『中庸提綱』
歴史上の偉人

– 山口広江

-# 幕末・明治の武士の軌跡 山口広江は、幕末・明治期に活躍した思想家、ジャーナリストです。紀伊国(現・和歌山県)出身。幼名は与太郎、後に広江と改名。号は醒軒、花房。 1858年、安政の大獄により、尊皇攘夷派の志士として幕府に追われる身となった。1863年、長州藩に亡命し、木戸孝允のもとで倒幕運動に参加。戊辰戦争では、薩長軍の一員として戦い、維新後は新政府の役人として活躍した。 しかし、政府の政策に不満を持ち、1876年に辞職。その後、ジャーナリストとして活動し、民権運動を支援した。1884年には、自由党を結成し、初代総裁に就任。しかし、政府の弾圧により、1887年に自由党は解散に追い込まれた。 山口広江は、幕末・明治の激動の時代を生き抜いた武士であり、思想家である。その生涯は、幕末・明治の武士の軌跡を象徴している。 山口広江の思想は、尊皇攘夷思想と民権思想を融合させたものであった。尊皇攘夷思想とは、天皇を尊び、外国勢力を攘夷しようとする思想である。民権思想とは、国民は権利を持っており、政府は国民の権利を尊重しなければならないという思想である。 山口広江は、尊皇攘夷思想と民権思想を融合させることで、新しい時代を切り開こうとした。しかし、政府は山口広江の思想を危険視し、弾圧した。山口広江は、政府の弾圧に屈することなく、民権運動を支援し続けた。 山口広江は、1899年に死去したが、その思想は現在もなお、受け継がれている。
歴史上の偉人

橋本塩巌-幕末-明治時代の儒者

-橋本塩巌の生涯- 橋本塩巌(1818-1892年)は、幕末から明治時代の儒者、漢詩人です。字は明府、号は鹽巌、滄洲ほか。 1818年、幕臣の浅羽周一(塩巌の祖父)の四男として江戸に生まれる。藩校の昌平黌(湯島聖堂)で儒学を學び家業の医師を継ぐ。1841年、24歳の時に昌平黌の教授となり、藩主の徳川斉昭に儒学を講じる。1853年、2月2日にロシア海軍のプチャーチンが浦賀に来航し、ペリー来航の前哨戦が勃発すると、塩巌は幕府の「異国船打払い令」を強く非難し、斉昭に開国を建言する。しかし、斉昭の開国論は幕府に容れられず、1855年に斉昭は隠居に追い込まれ、塩巌も失脚した。 塩巌は失脚後、各地を遊歴し、1868年に明治維新を迎えた。維新後は東京府の役人を務めた後、1872年に昌平黌の教授に再任され、1877年に昌平黌が廃校になるまで儒学を講じた。1888年に枢密院議長に就任し、1892年に死去した。 塩巌は、儒学の大家として知られ、多くの著作を残している。その中でも、『鹽巌先生文集』『鹽巌先生詩集』は代表的な作品である。塩巌の儒学は、朱子学を基盤とするが、陽明学や古学派の影響も受け、独自の思想を展開している。塩巌は、儒学を学問としてだけでなく、実生活に役立つ実践的な学問として捉えており、その思想は明治維新後の日本の教育に大きな影響を与えた。 塩巌は、また、漢詩人としても知られ、多くの漢詩を残している。塩巌の漢詩は、儒学の精神を反映したもので、その詩風は清新で飄逸である。塩巌の漢詩は、明治維新後に多くの漢詩人に影響を与え、日本の漢詩の発展に貢献した。
歴史上の偉人

太田開の半生 – 幕末から明治時代を生きた国学者、神職

豊前の権頭として 太田開は、安政4年(1857年)に豊前国宇佐郡の権頭(ごんのかみ)に任命されました。権頭は、郡の長官であり、郡内の行政や司法を担当する役職でした。太田開は、権頭として、郡内の治安維持や税金の徴収、訴訟の裁決などを行いました。また、豊前国宇佐郡は、黒田藩の領地であり、太田開は、黒田藩の藩政にも関与しました。 太田開は、権頭として、郡内の発展に尽力しました。太田開は、郡内の道路や橋の整備を行い、郡内の産業を振興しました。また、太田開は、郡内の教育にも力を入れ、郡内に学校を建設しました。太田開の功績により、豊前国宇佐郡は、発展を遂げました。 太田開は、権頭を務めた後、明治4年(1871年)に官職を辞任しました。太田開は、辞任後も、郷里の豊前国宇佐郡で、教育や社会事業に尽力しました。太田開は、明治28年(1895年)に亡くなるまで、豊前国宇佐郡の発展に貢献し続けました。