久留米藩

歴史上の人物

秋山新左衛門→ 江戸時代中期の治水家

治水事業の功績 秋山新左衛門は、江戸時代中期の治水家です。信濃国小県郡(長野県御代田町)に生まれ、名主を勤め、信濃川、千曲川、犀川、姫川などの信濃川水系の治水事業を多く手がけ、江戸期最大の治水事業とも謳われています。 1. 信濃川大洪水と秋山新左衛門 秋山新左衛門が活躍するきっかけとなったのは、元禄16年(1703年)に起こった信濃川大洪水です。この洪水は、北信濃の山々が集中豪雨に見舞われ、信濃川が氾濫して下流域に甚大な被害をもたらしました。 秋山新左衛門は、この洪水の被害を目の当たりにして、信濃川の治水事業に取り組むことを決意しました。信濃川の上流部から下流部までくまなく調査し、洪水の原因を突き止め、治水事業の計画を立てました。 2. 秋山新左衛門の治水事業 秋山新左衛門の治水事業は、主に以下のようなものです。 ・堤防の築堤や改修 ・河川の浚渫 ・分水路の建設 ・石積みによる河川の護岸 秋山新左衛門は、これらの治水事業を、地元の人々の協力を得ながら、着々と進めていきました。その結果、信濃川の水害は次第に収まり、下流域の人々は安心して暮らせるようになりました。 3. 秋山新左衛門の功績 秋山新左衛門の治水事業は、江戸時代における最大規模のものであり、その功績は非常に大きいものです。信濃川の水害を治めただけでなく、それまで信濃川が氾濫するたびに流されていた田畑を水害から守り、人々の生活を安定させることに貢献しました。 また、秋山新左衛門の治水事業は、後世の治水事業に大きな影響を与えました。秋山新左衛門の治水技術は、各地の治水事業に採用され、日本の治水技術の発展に貢献しました。 秋山新左衛門は、江戸時代における治水事業の第一人者であり、その功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

有馬頼永:江戸時代後期の筑後久留米藩主

-有馬頼永の生涯- 有馬頼永は、江戸時代後期の筑後久留米藩主です。有馬豊頼の長男として、1782年に生まれました。1795年に父が亡くなり、14歳で家督を継ぎました。 頼永は、藩政改革に尽力しました。藩の財政を立て直すために、倹約令を出し、藩士の俸禄を削減しました。また、殖産興業にも力を入れ、特産品の生産を奨励しました。 頼永は、文武両道に優れた人物でした。和歌や書をたしなみ、剣術や弓術にも秀でていました。また、藩校・明善堂を設立して、藩士の教育にも力を入れました。 頼永は、1830年に49歳で亡くなりました。跡を長男の頼徳が継ぎました。 頼永は、短期間の藩主でしたが、藩政改革に尽力し、久留米藩を中興しました。また、文武両道に優れた人物で、藩士や領民から慕われていました。 頼永の生涯は、江戸時代後期の筑後久留米藩の藩主として、藩政改革に尽力し、文武両道に優れた人物として知られています。
歴史上の人物

水田謙次 – 幕末の尊攘運動家

-水田謙次の生涯- 水田謙次は、幕末の尊攘運動家で、薩摩藩士。名は久成、字は勉、通称は謙蔵。水田正直の子として、薩摩国鹿児島城下西田町の産。安政2年(1855年)、叔父の西郷吉兵衛の養子となった。 安政3年(1856年)、水戸藩の藤田東湖、会津藩の佐久間象山らに師事して尊王攘夷思想を学び、薩摩藩の尊攘派の有力な理論家として活躍した。 万延元年(1860年)、水田正一らと薩摩藩の尊攘派によって組織された「勤皇党」に参加し、尊攘運動を推進した。文久2年(1862年)、薩摩藩の命により江戸に赴き、尊攘派の志士たちと交流を深めた。 文久3年(1863年)、薩摩藩の尊攘派が薩摩藩主・島津斉彬の死を受けて失脚すると、水田謙次は薩摩藩から追放され、京都に逃れた。その後、尊攘派の志士たちと協力して、薩摩藩の失脚を挽回するための運動を展開した。 慶応2年(1866年)、薩摩藩は尊攘派の志士たちと協力して、徳川幕府を倒すための倒幕の密約を交わした。水田謙次は、この密約に基づいて、薩摩藩の尊攘派の志士たちと協力して、倒幕運動を推進した。 慶応4年(1868年)、徳川幕府が倒れ、明治維新が成った。水田謙次は、明治政府に出仕し、参議、文部卿、司法卿などの要職を歴任した。 明治10年(1877年)、西南戦争が勃発すると、水田謙次は、薩摩藩の尊攘派の志士たちと一緒に西南戦争に参加した。西南戦争に敗北した後、水田謙次は、東京で隠居し、明治30年(1897年)に死去した。
歴史上の人物

「松浦八郎」-薩摩藩郷士、幕末の勤王志士

-松浦八郎の生涯- 松浦八郎は、薩摩藩郷士であり、幕末の勤王志士である。 1825年、薩摩藩士・松浦弘用の長男として鹿児島城下で生まれた。 16歳の時に藩校である「造士館」に入学し、そこで儒学や兵学を学んだ。 1844年、藩命により江戸に出て、昌平坂学問所に入学した。 1848年、戊子清談に参加し、佐久間象山や吉田松陰らと交流を持った。 1854年、藩命により再び江戸に出て、幕府の講武所に入学した。 1858年、日米修好通商条約の締結に反対して、安政の大獄が起こり、松浦八郎は捕らえられ、投獄された。 1859年、釈放された松浦八郎は、薩摩藩に戻り、藩の改革に尽力した。 1862年、薩摩藩の命を受け、上京し、公武合体を主張した。 1863年、京都で尊王攘夷派の志士たちと交流し、倒幕運動に加わった。 1864年、池田屋事件で捕らえられ、処刑された。享年38歳。 松浦八郎は、日本の近代化に大きな影響を与えた人物の一人であり、その功績は高く評価されている。
歴史上の人物

– 「重富平左衛門」

重富平左衛門の生涯 重富平左衛門(しげとみ へいざえもん)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武士、茶人。若狭国金ヶ崎城主。播磨国三木城主。伊予国今治藩初代藩主。 【出自】 重富平左衛門は、若狭国金ヶ崎城主であった朝倉景鏡の二男として生まれた。母は甲斐国の武田信虎の娘。兄に朝倉景隆。 【若年期】 父の朝倉景鏡が織田信長に攻められて自害すると、平左衛門は織田信長の家臣となった。その後、明智光秀に仕えた。 【本能寺の変後】 本能寺の変後、平左衛門は羽柴秀吉に仕えた。秀吉の九州平定に従軍し、功績を挙げた。天正15年(1587年)、播磨国三木城の城主となった。 【三木城の戦い】 平左衛門は、三木城で毛利氏と戦った。三木城は堅城で、毛利氏は長期間攻略することができなかった。しかし、天正8年(1580年)、秀吉が三木城を攻めると、平左衛門は秀吉に降伏した。 【今治藩主】 三木城を降伏した後、平左衛門は信濃国高島城主となった。文禄3年(1594年)、伊予国今治藩10万石を与えられ、初代藩主となった。 【晩年】 平左衛門は、慶長11年(1606年)に死去した。享年59。平左衛門の墓は、愛媛県今治市にある大隆寺にある。
美術分野の人

桂宗隣を知る

-桂宗隣を知る- 桂宗隣は、江戸時代後期の金工です。1802年、麻田藩(現在の新潟県上越市)に生まれ、1871年に東京で亡くなりました。本名は、桂豊助。宗隣は、号です。 宗隣は、幼い頃から金工の才能を発揮し、15歳の時には、江戸に出て、金工の修業を始めました。その後、京都に移り住み、円山応挙の弟子である、絵師の渡辺崋山に師事しました。崋山から、絵画の技法を学び、金工の技術に活かしました。 宗隣は、金工の技術に優れ、特に、彫金を得意としました。彫金とは、金属に模様や文字を彫る技法です。宗隣は、彫金の技術を駆使して、精巧な作品を数多く制作しました。 宗隣の作品は、国内外で高く評価されており、現在でも、多くの美術館や博物館に所蔵されています。代表作としては、「桜図蒔絵印籠」「牡丹図蒔絵帯留」「菊水図蒔絵煙管」などがあります。 宗隣は、江戸時代後期の金工を代表する人物であり、その作品は、現在でも多くの人に愛されています。 -江戸時代後期の金工- 江戸時代後期は、金工が盛んになった時代です。その背景には、経済の成長と、庶民の文化の向上がありました。経済の成長に伴い、金銀などの貴金属が流通するようになり、庶民も金工品を手に入れることができるようになりました。また、庶民の文化の向上に伴い、金工品に対する需要が高まりました。 江戸時代後期に活躍した金工は、多くいました。その中でも、特に有名なのが、桂宗隣です。宗隣は、彫金を得意とした金工で、その作品は国内外で高く評価されています。 宗隣以外にも、江戸時代後期に活躍した金工として、以下の人物が挙げられます。 * 甚五郎 * 左甚五郎 * 円山応挙 * 渡辺崋山 * 谷文晁 江戸時代後期の金工は、優れた技術で、数多くの精巧な作品を制作しました。その作品は、現在でも多くの人に愛されており、日本の伝統文化を代表するものです。
歴史上の人物

渋川伴五郎(4代) – 江戸時代中期の柔術家

渋川伴五郎(4代)の生涯と功績 渋川伴五郎(4代)は、江戸時代中期の柔術家です。諱は直助。通称は伴五郎。号は心月軒。渋川伴五郎流開祖である渋川伴五郎(初代)の4代目に当たります。 渋川伴五郎(4代)は、元禄16年(1703年)に江戸の牛込で、渋川伴五郎(3代)の子として生まれました。幼少の頃から武術に秀で、17歳の時に江戸城の門番に採用されます。その後、享保14年(1729年)に渋川伴五郎(3代)の跡を継いで、渋川伴五郎(4代)となります。 渋川伴五郎(4代)は、柔術の達人として知られ、門弟数は3000人を超えたと言われています。また、柔術の技法を体系化し、渋川伴五郎流を開祖しました。渋川伴五郎流は、後に講道館柔道の前身となる柔術の流派として発展していきます。 渋川伴五郎(4代)は、宝暦13年(1763年)に61歳で亡くなりました。彼の死後、渋川伴五郎流は弟子の渋川伴五郎(5代)が継承し、さらに発展していきました。 渋川伴五郎(4代)は、柔術の達人であり、渋川伴五郎流の開祖として、日本の武道史に大きな功績を残した人物です。
学術分野の人

工藤謙同:シーボルトに学び、久留米に蘭方を広めた医師

オランダ医学への情熱 工藤謙同は、1791年に筑後国久留米藩(現在の福岡県久留米市)に生まれました。幼い頃から医学に興味を持ち、14歳の時に江戸に遊学して蘭方医学を学び始めました。その頃、蘭方医学は、幕府の禁制により、一般的に普及していませんでした。しかし、工藤謙同は、蘭方医学の有用性を確信し、密かに蘭方医学を勉強し続けました。 23歳の時に、工藤謙同は、長崎に遊学してシーボルトに蘭方医学を学びました。シーボルトは、当時、日本に滞在していたドイツの医師であり、蘭方医学の第一人者でした。工藤謙同は、シーボルトから、蘭方医学の理論と臨床を学び、シーボルトの薫陶を受けました。 シーボルトから蘭方医学を学んだ後、工藤謙同は、久留米藩に戻り、蘭方医学の普及に努めました。1825年に、工藤謙同は、久留米藩に蘭方医学校を開設し、蘭方医学の教育を開始しました。 工藤謙同は、蘭方医学教育に熱心に取り組み、多くの医師を育て上げました。その中には、後に蘭方医学の大家となった緒方洪庵もいました。緒方洪庵は、大阪に適塾を開設し、多くの医師を育て上げました。 工藤謙同は、蘭方医学の普及に努めただけでなく、蘭方医学の研究にも熱心に取り組みました。工藤謙同は、蘭方医学の書物を翻訳し、多くの医学書を著しました。その中には、『解体新書』や『産論』などの医学書が含まれています。 工藤謙同は、シーボルトに学び、久留米に蘭方を広めた医師として、日本の近代医学の発展に貢献しました。工藤謙同の業績は、現在も高く評価されています。
歴史上の人物

池尻茂左衛門

筑後久留米藩士の池尻茂左衛門 池尻茂左衛門は、筑後久留米藩(現在の福岡県久留米市)の士族である。彼は、1844年(天保15年)1月6日に久留米藩の筆頭家老である有馬豊氏に仕える家臣の家に生まれた。 茂左衛門は、幼い頃から剣術や槍術などの武術を学び、また、漢学や兵学にも通じていた。1861年(文久元年)、17歳の時に久留米藩の藩校である明倫館に入学し、そこで儒学や兵学を学んだ。1864年(元治元年)、20歳の時に明倫館を卒業し、久留米藩の藩士となった。 1866年(慶応2年)、茂左衛門は久留米藩の軍団に加わり、薩摩藩や長州藩と同盟して幕府軍と戦った。戊辰戦争では、鳥羽・伏見の戦いや北越戦争に参加し、幕府軍を破った。 1868年(明治元年)、戊辰戦争が終結し、明治政府が樹立されると、茂左衛門は久留米藩の藩政改革に参加した。彼は、藩の財政改革や軍制改革を行って、藩の財政を立て直し、軍備を強化した。 1871年(明治4年)、茂左衛門は久留米藩の廃藩置県に伴い、東京に移住した。彼は、東京府の吏員として勤務しながら、自由民権運動に参加し、演説会や集会を開いて民権思想を普及させた。 1885年(明治18年)、茂左衛門は自由民権運動の功績が認められ、元老院議官に任命された。彼は、元老院議官として、憲法制定や議会開設の準備に携わった。 1890年(明治23年)、茂左衛門は病のため55歳で急逝した。彼は、明治維新に功績を残し、自由民権運動に尽力した人物として、現在でも久留米市では尊敬されている。
歴史上の人物

淵上郁太郎 – 幕末の尊攘運動家

- 淵上郁太郎の生涯 淵上郁太郎は、1844年(天保15年)に薩摩藩の加治木郷(現在の鹿児島県加治木町)に生まれた。幼名は倉蔵。父は薩摩藩士の淵上喜十郎、母は佐多氏。郁太郎は、幼少期から聡明で、読書を好んだ。13歳のときに、薩摩藩の藩校である造士館に入学し、そこで弓術や剣術などの武芸の他、漢学や経史を学んだ。 1863年(文久3年)、郁太郎は、薩摩藩の公用人として江戸に派遣された。江戸では、尊攘運動の中心人物である久坂玄瑞、桂小五郎らと交流し、尊攘運動に傾倒していった。 1864年(元治元年)、郁太郎は、薩摩藩の命により、京都に派遣された。京都では、公家の岩倉具視や三条実美らと交流し、尊攘運動を推進した。同年、郁太郎は、薩摩藩の命により、長州藩の禁門の変に参戦した。禁門の変は、薩摩藩と長州藩が、京都守護職の松平容保を攻撃した事件である。郁太郎は、禁門の変で戦功を挙げ、薩摩藩から賞賛された。 1865年(慶応元年)、郁太郎は、薩摩藩の命により、イギリスに派遣された。イギリスでは、イギリスの政治や経済を学び、イギリスの近代化に感銘を受けた。郁太郎は、イギリスから帰国後、薩摩藩の改革を推進した。 1867年(慶応3年)、郁太郎は、薩摩藩の命により、戊辰戦争に参戦した。戊辰戦争は、薩摩藩と長州藩を中心とする新政府軍と、旧幕府軍が戦った戦争である。郁太郎は、戊辰戦争で戦功を挙げ、新政府軍の勝利に貢献した。 1868年(明治元年)、郁太郎は、薩摩藩の命により、新政府に出仕した。新政府で、郁太郎は、外務大丞や大蔵大丞などの要職を歴任した。郁太郎は、新政府の近代化に尽力し、日本の近代化に貢献した。 1874年(明治7年)、郁太郎は、31歳の若さで病死した。郁太郎の死は、新政府に大きな衝撃を与えた。郁太郎は、日本の近代化に貢献した偉大な政治家であった。
学術分野の人

「入江東阿」

- 生い立ちと学問 入江東阿は、1657年(明暦3年)、現在の岐阜県飛騨市神岡町に生まれました。父は神岡藩の御典医であり、東阿も幼い頃から医学を学びました。1679年(延宝7年)、23歳の時に江戸に出て、吉益東洞に入門しました。吉益東洞は、当時、江戸で活躍していた名医であり、東阿は吉益東洞のもとで、本格的に医学を学びました。 1684年(貞享元年)、東阿は28歳の時に、吉益東洞の推薦で、江戸幕府の御典医に任命されました。御典医は、将軍やその家族の健康を管理する役職であり、東阿は、将軍徳川綱吉の侍医として仕えました。 東阿は、御典医として仕えながら、医学の研究も続けました。1693年(元禄6年)、東阿は、中国の医学書『傷寒論』の注釈書である『傷寒直指』を著しました。『傷寒直指』は、江戸時代を通じて重宝され、現在でも漢方医学の古典として読み継がれています。 東阿は、1722年(享保7年)、66歳の時に亡くなりました。東阿の死後、その功績を称えて、正五位に叙せられました。
学術分野の人

玉井忠田-幕末から明治の医師

玉井忠田の生い立ちと医学の学び 玉井忠田は、1836年(天保7年)に現在の埼玉県飯能市にある上直竹村に生まれました。玉井家は代々名主を務める家柄で、忠田も幼い頃から勉強熱心な少年でした。10代の頃には、漢学や医学を学び始め、1853年(嘉永6年)には、江戸に出て、医学を学ぶために昌平坂学問所にに入学しました。 昌平坂学問所は、当時の日本における最高学府であり、忠田はそこで、儒学や医学を学びました。また、忠田は、イギリス人医師のウィリアム・カーマイケルから、西洋医学を学び始めました。カーマイケルは、1859年(安政6年)に、江戸に開かれた外国人居留地である横浜にやって来て、西洋医学の普及に努めていました。 忠田は、カーマイケルから、西洋医学の基礎を学び、1863年(文久3年)には、横浜に開業しました。忠田は、西洋医学の最新の知識を駆使して、多くの患者を治療し、横浜における西洋医学の普及に貢献しました。 1868年(明治元年)、明治維新が起きると、忠田は、新政府の医師として、東京大学医学校で教鞭をとりました。忠田は、東京大学医学校で、西洋医学を教え、日本の近代医学の発展に貢献しました。 忠田は、1881年(明治14年)に、45歳の若さで亡くなりましたが、彼の業績は、日本の近代医学の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

「有馬豊祐」

有馬豊祐の生涯 有馬豊祐は、江戸時代後期の浮世絵師です。葛飾北斎、歌川広重と並び称され、「浮世絵の三大家」の一人に数えられます。 1783年、江戸の日本橋魚河岸に生まれました。幼名は善次郎。父は魚屋を営んでいましたが、豊祐は絵を描くことに興味を持ち、15歳のときに浮世絵師・勝川春英に入門しました。 春英のもとで浮世絵の技術を学び、1806年に「東海道五十三次之内 箱根」でデビューしました。この作品は、東海道の宿場町を舞台にした浮世絵シリーズで、豊祐の代表作の一つとして知られています。 1811年には、歌川豊国に入門し、歌川豊国三代目を襲名しました。豊国は、当時最も人気のある浮世絵師の一人で、豊祐は豊国の画風を学びながら、独自の画風を確立していきました。 1820年代には、役者絵や美人画で人気を博し、浮世絵界を代表する絵師となりました。また、風景画にも力を入れ、東海道や木曽街道などの名所旧跡を描いた作品も数多く残しています。 1837年、55歳で亡くなりました。死後もその作品は高く評価され、浮世絵の三大家の一人として、現在でも多くの人々に親しまれています。 豊祐の生涯は、浮世絵の黄金期を代表する絵師の一人として、浮世絵の歴史に大きな足跡を残した生涯でした。
学術分野の人

樺島石梁とは?江戸時代中・後期の儒者について学ぶ

樺島石梁の生い立ちと経歴 樺島石梁(かばしま・せきりょう)は、江戸時代中・後期の儒者である。名は通明。字は子静。号は竹渓、竹嵒。通称は次兵衛。越後国(新潟県)出身。 樺島石梁は、1730年(享保15年)に越後国蒲原郡吉田村(現在の新潟県新潟市)で生まれた。父は医師の樺島宗賢。母は村役人の娘である。石梁は幼い頃から聡明で、5歳で千字文を暗唱できたという。11歳のときには、藩校の咸徳館に入学し、儒学を学んだ。 1747年(延享4年)、石梁は17歳のときに江戸に遊学し、服部栗園の門下に入った。栗園は朱子学を講じており、石梁は栗園の教えを受けて朱子学を学んだ。 1754年(宝暦4年)、石梁は江戸に帰郷し、私塾を開いて儒学を講じた。石梁の塾はたちまち評判となり、多くの門人が集まった。石梁は、門人たちに朱子学を教え、また、詩文の指導も行った。 1764年(明和元年)、石梁は54歳のときに、藩主の牧野貞通に召されて藩儒となった。石梁は、藩校の咸徳館の学頭となり、藩士の子弟に儒学を教えた。 石梁は、藩儒として藩政にも参与し、藩主の貞通に政治上の意見を述べた。石梁は、藩政改革を主張し、貞通も石梁の意見を容れて藩政改革を行った。石梁は、藩政改革を通して、藩政の改善に貢献した。 1787年(天明7年)、石梁は77歳のときに亡くなった。石梁は、儒者としてだけでなく、政治家としても活躍した。石梁の業績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

広津藍渓 – 江戸時代中期の儒学者

広津藍渓の生涯 広津藍渓は、江戸時代中期の儒学者であり、1692年(元禄5年)に京都で生まれました。 19歳のとき、儒学者である井原西鶴に師事し、朱子学を学び始めました。西鶴から朱子学の奥義を学び、また、西鶴の娘と結婚しました。 25歳のとき、江戸に移り住み、儒学の私塾を開きました。私塾は多くの人々に支持され、藍渓は江戸を代表する儒学者として知られるようになりました。 44歳のとき、藍渓は幕府の儒官に任命され、昌平坂学問所(現在の東京大学の前身)の教授になりました。藍渓は昌平坂学問所で儒学を講義し、また、多くの儒学者を育てました。 藍渓は、1758年(宝暦8年)に67歳で亡くなりました。藍渓の死後、彼の弟子たちは彼の学問を継承し、朱子学を広めました。 藍渓の著作には、『藍渓先生語録』、『藍渓先生文集』などがあります。藍渓の著作は、朱子学の理解に役立つ貴重な資料として、現在でも多くの人々に読まれています。
歴史上の人物

幕末-明治時代の改革者→ 亀井茲監

-改革者としての功績- 亀井茲監は、幕末-明治時代の改革者として知られています。彼は、江戸幕府の崩壊と明治維新を経験し、新しい時代を生き抜くためにさまざまな改革を行いました。 まず、彼が行った改革のひとつは、殖産興業政策です。彼は、殖産興業によって日本の産業を発展させ、経済を豊かにすることを目指しました。殖産興業政策の一環として、彼は、富岡製糸場や官営八幡製鉄所など、数多くの工場を建設しました。また、彼は、海外から技術者や科学者を招聘し、日本の技術向上を図りました。 次に、彼が行った改革のひとつは、教育改革です。彼は、国民の教育水準を高めることが、国の発展に不可欠であると考えました。教育改革の一環として、彼は、学校制度を整備し、全国に学校を建設しました。また、彼は、義務教育制度を導入し、国民全員に教育を受ける機会を与えました。 さらに、彼が行った改革のひとつは、司法制度改革です。彼は、近代的な司法制度を整備することで、国民の権利を守ることを目指しました。司法制度改革の一環として、彼は、裁判所を整備し、裁判官を養成しました。また、彼は、刑法や民法など、近代的な法律を制定しました。 亀井茲監の改革は、日本の近代化に大きく貢献しました。彼の功績は、今日でも高く評価されています。
学術分野の人

「広瀬曲巷」

- 広瀬曲巷の生涯 広瀬曲巷(ひろせきょっこう、1891年 - 1956年)は、日本の詩人、ジャーナリスト、評論家です。愛知県名古屋市生まれ。本名は広瀬栄一。 同郷の金子光晴、川路柳虹らと文学運動に参加し、1914年に詩集『砂漠の花』を発表して詩人としてデビューします。その後、ジャーナリストとして活動し、1921年には「読売新聞」に入社します。 1923年には、詩集『広瀬曲巷詩集』を発表し、高い評価を得ます。1927年には、読売新聞を退社し、フリーランスとして活動を始めます。 1931年には、評論集『詩と生活』を発表し、詩人の社会的責任を説きます。その後も、詩集『十字架の下に』(1934年)、『望郷歌』(1941年)などを発表し、詩人として第一線で活躍します。 戦後も、詩集『恋の唄』(1946年)、『秋の歌』(1950年)などを発表し、詩人として活躍を続けます。1956年に、東京都港区の自宅で死去します。 広瀬曲巷の詩は、叙情的で抒情的なものが多いのが特徴です。また、社会問題や戦争などにも積極的に取り組み、社会的責任を意識した作品を多く発表しています。 広瀬曲巷は、日本近代詩史に大きな足跡を残した詩人であり、その作品は今もなお読み継がれています。
歴史上の人物

「古松簡二」の生涯

-脱藩して筑波山挙兵に参加- 1864年(元治元年)、古松簡二是介は、兄の古松簡二与介とともに脱藩して筑波山挙兵に参加しました。これは、尊皇攘夷派の志士たちが、幕府打倒を目指して起こした反乱でした。古松簡二与介と簡二是介は、水戸藩の藩士であり、尊皇攘夷派の思想に共感していました。 彼らは、藩主の徳川慶篤に攘夷の実行を求めましたが、慶篤は幕府との関係を重視してこれを拒否しました。そこで、古松簡二与介と簡二是介は、同志たちと脱藩して筑波山に立てこもり、幕府に対する挙兵を起こしたのです。 しかし、筑波山挙兵は、幕府軍に鎮圧されて失敗に終わりました。古松簡二与介は、戦死し、簡二是介は捕らえられて処刑されました。 筑波山挙兵は、尊皇攘夷派の志士たちの幕府打倒への強い決意を示した事件でした。また、この事件は、後の水戸藩戊辰戦争のきっかけとなりました。
学術分野の人

藤田嘉言:江戸時代後期の和算家

-藤田嘉言の生涯- 藤田嘉言は、江戸時代後期の和算家です。1785年(天明5年)に、現在の愛知県蒲郡市に生まれました。 嘉言の父は、算数塾を営んでおり、幼少の頃から算数に興味を持っていました。14歳の時に、江戸に出て、和算家の関孝和や、中村孝勝に師事しました。 16歳の時には、和算の全国大会である「算額会」に出場し、優勝しました。その後、各地を遊歴し、和算の研究を続けました。 嘉言は、和算の分野で、多くの業績を残しました。方程式の解法である「嘉言解法」や、分数方程式の解法である「嘉言分式解法」などを発表しました。また、算術の教科書である「算法纂解」や、和算の理論書である「算法提綱」などを著しました。 嘉言は、1851年(嘉永4年)に、67歳で亡くなりました。嘉言の和算に対する功績は大きく、日本の数学の発展に貢献しました。 -嘉言の和算に対する功績- 嘉言は、和算の分野で、多くの業績を残しました。その中でも、特に有名なのが「嘉言解法」と「嘉言分式解法」です。 嘉言解法は、方程式の解法であり、従来の方法よりも簡便で、正確な方法でした。嘉言分式解法は、分数方程式の解法であり、こちらも従来の方法よりも簡便で、正確な方法でした。 嘉言は、これらの解法を、和算の教科書や、和算の理論書にまとめ、広く普及させました。これにより、日本の数学の発展に大きく貢献しました。 -嘉言の死後- 嘉言の死後、その功績を讃え、1853年(嘉永6年)に、江戸の浅草寺に嘉言の銅像が建てられました。また、1921年(大正10年)には、嘉言の生誕地である蒲郡市に、嘉言の頌徳碑が建てられました。 嘉言の和算に対する功績は、日本の数学の発展に大きく貢献しました。その業績は、現在でも高く評価されており、嘉言は日本の数学史において重要な人物として知られています。
文学分野の人

船曳鉄門 - 国学者であり明治維新後宮司を歴任

-若かりし頃と中島広足の師事- 船曳鉄門(1795-1862年)は、江戸時代末期から幕末にかけて活躍した国学者であり、明治維新後は宮司を歴任した人物です。船曳鉄門は、若かりし頃から学問に熱心であり、京都の公家や町人に国学を学びました。 特に、中島広足の師事を受けたことが、船曳鉄門の学問に大きな影響を与えました。中島広足は、江戸時代後期を代表する国学者であり、日本の古代史や古典を研究し、国学の発展に貢献しました。船曳鉄門は、中島広足から、古典の解釈や日本の歴史についての知識を学び、国学の基礎を固めました。 また、船曳鉄門は、中島広足の門下生として、国学の研究や著述活動にも積極的に参加しました。船曳鉄門は、中島広足とともに、日本の古代史や古典に関する著作を多く残しており、それらの著作は、日本の国学の発展に大きな貢献をしました。 さらに、船曳鉄門は、中島広足の門下生として、国学の普及にも努めました。船曳鉄門は、京都や大阪で国学の講義を行い、多くの人々に国学の教えを広めました。また、船曳鉄門は、国学の入門書や教科書を執筆し、それらの著作は、国学の普及に大きな役割を果たしました。 船曳鉄門は、中島広足の師事を受けたことで、国学の基礎を固め、国学の研究や著述活動、普及活動に積極的に参加しました。船曳鉄門の学問は、日本の国学の発展に大きな貢献をしました。
歴史上の人物

草野又六:江戸時代前期-中期の治水家

-草野又六の生涯- 草野又六は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した治水家である。 1638年、信濃国伊那郡喬木村に生まれた。幼名は伝蔵。父は草野五右衛門、母は多江。 1659年、22歳の時に伊那郡普請奉行に任命された。この頃から本格的に治水事業に関わり始め、伊那、遠州、信濃、甲斐など各地の河川の改修工事に携わった。 1683年、46歳の時に信濃国伊那郡代官に任命された。この頃には、すでに治水家として名を知られており、各地から治水工事を依頼されていた。 1696年、59歳の時に信濃国諏訪郡代官に任命された。この頃には、幕府の治水政策にも参画し、全国の河川の整備に尽力した。 1706年、69歳の時に信濃国佐久郡代官に任命された。この頃には、すでに治水事業の大成者として知られており、各地から治水工事を依頼されていた。 1710年、73歳の時に死去した。 草野又六は、生涯にわたって治水事業に尽力し、各地の河川の改修工事を実施して洪水や水害を防止した。また、全国の河川の整備に参画し、治水政策の確立に貢献した。 草野又六の治水事業は、江戸時代の治水事業の礎となり、現在でも各地の河川整備に活かされている。
歴史上の人物

細川興建 – 江戸時代後期の筑後・谷田部藩主

細川興建の生涯 細川興建は、江戸時代後期の筑後・谷田部藩主です。通称は又三郎、官位は従五位下・出雲守です。 延享3年(1746年)、細川興明(ほそかわおきあきら)の五男として京都に生まれる。明和2年(1765年)、家督を相続し、谷田部藩の4代藩主となる。 興建は、藩政改革に尽力した名君として知られています。藩財政の立て直しや、学問・文化の振興に力を入れ、谷田部藩を中興しました。また、城下の整備や、農業・産業の振興も行い、藩の発展に努めました。 興建は、寛政8年(1796年)に隠居し、家督を嫡男の興徳(ほそかわおきなり)に譲りました。その後は、隠居料5,000石を賜り、京都で余生を過ごしました。 文化4年(1807年)、京都で死去。享年62歳でした。 興建は、藩政改革に尽力した名君として、谷田部藩の人々から敬愛されました。現在でも、谷田部藩の歴代藩主の中で最も名君とされる人物の一人です。
学術分野の人

「宮原南陸」

「儒者としての宮原南陸」 宮原南陸は、江戸時代前期の儒学者、思想家です。1627年に、現在の福岡県に当たる筑前国に生まれ、1680年に亡くなりました。朱子学を学び、漢詩や文章にも優れていました。 南陸は、儒教の経典である『四書五経』を研究し、その注釈書を著しました。また、儒教の思想を基にした政治論や経済論も展開しました。南陸の思想は、江戸時代の儒学に大きな影響を与え、幕府の儒官にも任命されました。 南陸は、儒教の倫理観を重んじ、仁義礼智信を説きました。また、君主は徳を以て治めるべきであり、人民は君主に忠孝を尽くすべきであると主張しました。南陸の思想は、幕府の統治理念にも影響を与え、江戸時代の社会秩序の維持に貢献しました。 南陸は、儒教の思想を基に、教育の重要性も説きました。南陸は、筑前国に私塾を開き、多くの弟子を育てました。南陸の弟子の中には、後に幕府の儒官となった者もいます。南陸の教育理念は、江戸時代の教育制度にも影響を与え、庶民の間にも教育の普及に貢献しました。 南陸は、儒者としてだけでなく、思想家としても活躍しました。南陸は、儒教の思想を基に、社会問題や経済問題についても論じました。南陸の思想は、江戸時代の社会改革にも影響を与え、江戸時代の人々の生活に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

柴山典 – 武士・官吏

-尊攘派としての活動- 柴山典は、尊皇攘夷運動に参加した尊攘派の一人でした。尊攘派は、日本の独立と尊厳を守るために、外国勢力の排除と幕府の打倒を目指す政治運動でした。柴山典は、尊攘派の活動に積極的に参加し、尊攘派の拠点の一つである長州藩に滞在しました。長州藩は、尊攘派の活動の中心地であり、柴山典は、長州藩の尊攘派志士たちと交流を深めました。 柴山典は、尊攘派の活動の中で、いくつかの重要な役割を果たしました。その一つは、尊攘派の思想を宣伝する役割でした。柴山典は、尊攘派の思想を説く演説を行い、尊攘派の思想を広めることに努めました。また、柴山典は、尊攘派の思想を宣伝する文書を作成し、尊攘派の思想を全国に広めることに貢献しました。 柴山典が果たしたもう一つの重要な役割は、尊攘派の活動を支援する役割でした。柴山典は、尊攘派の活動を支援するために、尊攘派の志士たちに資金を提供しました。また、柴山典は、尊攘派の志士たちに武器や食料を提供し、尊攘派の活動を支援しました。さらに、柴山典は、尊攘派の志士たちに情報を提供し、尊攘派の活動を支援しました。 柴山典は、尊攘派の活動に積極的に参加し、尊攘派の思想を宣伝し、尊攘派の活動を支援しました。柴山典の活動は、尊攘派の運動の発展に大きく貢献しました。