久高島の祭事イザイホー

美術分野の人

「大城皓也」

-大城皓也の生涯- 大城皓也は、1933年3月16日に沖縄県中頭郡今帰仁村に生まれた。幼い頃から音楽に親しみ、三線やギターを弾いていた。1950年に上京し、音楽の道を本格的に志す。ジャズやハワイアンなど、様々な音楽を学び、1957年に「アンリ菅原とハワイアンズ」に参加。1960年に独立し、自身のバンド「大城皓也と彼のゴールデン・アイランダーズ」を結成した。 1961年に発売された「島のブルース」が大ヒットし、一躍トップスターの仲間入りを果たす。その後も「涙の紅バラ」「白い浜辺と赤いバラ」「花」など、数々のヒット曲を連発。また、1963年には映画「ハワイの若大将」に主演し、俳優としても活躍した。 1970年代には、音楽活動に加えてテレビやラジオの司会業も務め、国民的スターとなった。しかし、1980年代に入ると、音楽業界の低迷や離婚などにより、徐々に人気が低迷。1990年代後半には、体調を崩し、音楽活動を休止した。 2004年、大城皓也は71歳で死去した。その死は、多くのファンに惜しまれ、彼の音楽は今でも多くの人々に愛されている。 大城皓也は、沖縄が生んだ音楽界の巨匠である。その音楽は、多くの人々に愛され、今もなお歌い継がれている。彼の功績は、永遠に語り継がれるであろう。