九州大学

学術分野の人

山岡憲二:昭和時代を代表する内科学者

-血色素と胆汁色素の研究で学士院賞を受賞- 山岡憲二は、血色素と胆汁色素の研究において大きな功績を残した昭和時代を代表する内科学者です。彼は、1900年(明治33年)に滋賀県に生まれ、京都帝国大学医学部を卒業しています。その後、同大学の教授として、血色素と胆汁色素の研究に没頭しました。 山岡憲二の研究は、血色素と胆汁色素の化学構造を明らかにし、それらの生理的機能を解明することに大きな貢献をしました。彼は、血色素のヘムと胆汁色素のビリルビンの構造を初めて決定し、それらの生合成経路を解明しました。また、血色素と胆汁色素の代謝異常によって起こる病気、例えば、貧血や黄疸の病態を明らかにしました。 山岡憲二の研究は、血色素と胆汁色素の研究の発展に多大な貢献をし、学士院賞を受賞するなど、高く評価されています。彼は、1973年(昭和48年)に亡くなりましたが、その研究成果は、今日の医学の発展に引き継がれています。 -山岡憲二の研究の重要性- 山岡憲二の研究は、血色素と胆汁色素の化学構造と生理的機能を明らかにし、それらの代謝異常によって起こる病気の病態を解明したという点で重要です。 血色素は、赤血球に含まれるタンパク質で、酸素を運搬する役割を担っています。胆汁色素は、ヘモグロビンが分解されて生成される色素で、胆汁中に排泄されます。 血色素と胆汁色素の代謝異常によって起こる病気には、貧血、黄疸、胆石症などがあります。貧血は、血色素の量が減少して酸素を運搬する能力が低下する病気です。黄疸は、胆汁色素が血液中に蓄積して皮膚や粘膜が黄色くなる病気です。胆石症は、胆汁中に胆汁色素が結晶化して胆石が形成される病気です。 山岡憲二の研究は、これらの病気の病態を明らかにし、治療法の開発に貢献しました。彼の研究成果は、今日の医学の発展に引き継がれています。
学術分野の人

「橋本美智雄」

- 「橋本美智雄」 -# 生い立ち 橋本美智雄は、1961年8月12日、大阪府・堺市に橋本欣祐の長男として生まれた。父・欣祐は同じく堺市で生まれ育ち、料亭「大美屋」を経営していた。母・和子は広島県呉市出身で、日本国有鉄道職員と結婚していたが、後に離婚。1958年に欣祐と再婚し、美智雄の長兄が生まれた。 美智雄は、大阪市立白鷺中学校、大阪府立岸和田高等学校を経て、1984年に京都大学法学部政治学科を卒業した。大学卒業後は、朝日新聞社に入社。経済部、政治部に所属し、金融、財政、政治などの分野を専門として報道した。1993年、朝日新聞社を退社してフリージャーナリストとなる。1994年、財団法人・政策研究フォーラムの設立に参画し、研究員として活動した。 2000年、第42回衆議院議員総選挙に兵庫県第4区から無所属で出馬し、初当選を果たした。2003年、自由民主党に入党。2005年、第44回衆議院議員総選挙で再選。2007年、第45回衆議院議員総選挙で3選。2008年、福田康夫内閣で国務大臣(経済産業副大臣)に就任。2009年、麻生太郎内閣で国務大臣(経済産業大臣)に就任。2010年、鳩山由紀夫内閣で国務大臣(経済産業大臣)に再任。2011年、菅直人内閣で国務大臣(経済産業大臣)に再任。 2012年、第46回衆議院議員総選挙で4選。2013年、第2次安倍晋三内閣で国務大臣(経済産業大臣)に就任。2014年、第3次安倍晋三内閣で国務大臣(経済産業大臣)に再任。2015年、第4次安倍晋三内閣で国務大臣(経済産業大臣)に再任。2016年、第4次安倍晋三内閣(第2次改造)で国務大臣(経済産業大臣)に再任。2017年、第4次安倍晋三内閣(第3次改造)で国務大臣(経済産業大臣)に再任。 2018年、第48回衆議院議員総選挙で5選。2019年、第4次安倍晋三内閣(第4次改造)で国務大臣(経済産業大臣)に再任。2020年、第4次安倍晋三内閣(第4次改造)で国務大臣(経済産業大臣)に再任。2021年、第1次岸田文雄内閣で国務大臣(経済産業大臣)に再任。2022年、第2次岸田文雄内閣で国務大臣(経済産業大臣)に再任。
学術分野の人

後藤七郎 – 日本の輸血・外科学のパイオニア

-九州帝大教授として活躍- 後藤七郎は、1922年に九州帝国大学医学部に教授として招聘され、1944年まで同大学で教鞭を執りました。この間、彼は外科学部長を務め、九州帝大病院の院長も兼任しました。また、1930年には日本医学会会長に選出され、日本の医学界の発展に貢献しました。 九州帝大教授として、後藤七郎は輸血学の発展に大きく貢献しました。1922年に、彼は九州帝大で輸血部の初代部長に就任し、輸血に関する研究を推進しました。そして、1923年に日本で最初の輸血用血液保存庫を設置しました。この保存庫は、1923年に関東大震災が発生した際に、多くの傷病者の救命に役立ちました。 また、後藤七郎は外科学の発展にも貢献しました。彼は、1923年に九州帝大で外科部の初代部長に就任し、外科手術に関する研究を推進しました。そして、1925年に日本ではじめて胃癌の根治手術に成功しました。この手術は、胃癌の治療に大きな進歩をもたらしました。 後藤七郎は、九州帝大教授として輸血学と外科学の発展に大きく貢献しました。彼は、日本の医学界の発展に多大な貢献をした偉大な医学者です。
学術分野の人

滝沢克己→ 哲学者、全共闘の支持者

滝沢克己の生涯と経歴 1. 幼少期から学生時代 滝沢克己は、1938年に東京に生まれた。幼少期から読書好きで、特に哲学書を好んで読んだ。学生時代は、東京都立西高等学校に通い、東京大学文学部哲学科に進学した。在学中は、全共闘運動に参加し、学生運動のリーダーとして活躍した。 2. 全共闘運動への参加 1960年代後半、日本各地で学生運動が盛んになった。滝沢克己も全共闘運動に参加し、学生運動のリーダーとして活躍した。全共闘運動は、大学当局や政府の権威に反対する運動であり、学生たちは大学自治や学園民主化を要求した。滝沢克己は、全共闘運動の急進派に属し、過激な行動をとることもあった。 3. 投獄と出所 1969年、滝沢克己は全共闘運動への参加を理由に逮捕された。懲役10年の判決を受け、服役することになった。滝沢克己は、獄中で哲学書を読み続け、マルクスやグラムシなどの思想を研究した。出所後は、マルクス主義的な立場から社会問題を論じるようになった。 4. 哲学者としての活動 滝沢克己は、出所後は哲学者として活動した。大学で教鞭をとり、哲学書を執筆した。滝沢克己の哲学は、マルクス主義とグラムシ思想を基盤としたものであり、社会変革を志向するものであった。滝沢克己は、学生運動の経験を活かして、社会問題を鋭く分析し、その解決策を模索した。 5. 死去 滝沢克己は、2017年に死去した。享年79歳。滝沢克己は、全共闘運動の代表的な指導者であり、マルクス主義哲学者として活躍した人物である。滝沢克己の思想は、現在でも多くの研究者や活動家に影響を与えている。
学術分野の人

「池見酉次郎」 心身医学の第一人者

心身医学の第一人者 池見酉次郎は、心身医学の第一人者であり、心身症の概念を確立した人物です。 1905年、石川県金沢市に生まれ、旧制第四高等学校、東京帝国大学医学部を卒業後、東京帝国大学医学部精神医学教室に入局しました。 1935年、精神医学教室を退官して、池見心身医学研究所を設立し、心身症の研究に専念しました。 1952年、心身症の概念を確立し、心身医学の基礎を築きました。 池見酉次郎は、心身症の概念を確立しただけでなく、心身医学の普及にも努めました。 1955年、日本心身医学会を設立し、初代会長に就任しました。 また、1961年には、心身医学雑誌「心身医学」を創刊しました。 池見酉次郎は、心身医学の第一人者として、心身症の概念を確立し、心身医学の普及に努めた人物です。 彼の業績は、心身医学の発展に大きく貢献しています。
学術分野の人

– 安松京三 (1908-1983) – 昭和時代の昆虫学者

-安松京三の人物像と業績- 安松京三は、昭和時代の昆虫学者で、日本の昆虫学の発展に大きく貢献しました。1908年に島根県松江市に生まれ、1931年に東京帝国大学農学部を卒業しました。卒業後は農林省昆虫試験場に勤務し、主にチョウの研究に従事しました。1945年に農林省を退官し、東京農業大学教授に就任しました。1952年には日本昆虫学会会長に就任し、1978年に文化功労者に選ばれました。1983年に東京で亡くなりました。 安松京三は、チョウの分類学と生態学の分野で多くの業績を残しました。1935年に発表した「日本産チョウ類図鑑」は、日本のチョウ類を網羅的に解説した初めての図鑑であり、多くの研究者に利用されました。また、安松京三は、チョウの生態を研究し、多くの新事実を発見しました。例えば、安松京三は、チョウが花から花へと移動しながら花粉を媒介する役割を果たしていることを明らかにしました。 安松京三は、昆虫学の普及にも努めました。1956年に創刊した「昆虫と自然」という雑誌は、昆虫学の最新情報を提供する雑誌として、多くの読者に親しまれました。また、安松京三は、テレビやラジオに出演して、昆虫の魅力を広く伝えました。 安松京三は、日本の昆虫学の発展に大きく貢献した偉大な昆虫学者です。安松京三の業績は、現在でも多くの研究者に利用されており、日本の昆虫学の発展に大きな影響を与えています。
学術分野の人

「井上正治」

-「井上正治の業績」- 井上正治は、日本の政治家、官僚、ジャーナリスト、弁護士である。第83代内閣総理大臣を務めた。 井上正治は、1862年(文久2年)1月22日に、土佐国高知城下(現在の高知県高知市)に生まれた。父は土佐藩士の井上正楽、母は山内氏の一族である。井上正治は、土佐藩の藩校である致道館で学び、1875年(明治8年)に上京して大学南校(現在の東京大学)に入学した。井上正治は、1879年(明治12年)に大学南校を卒業し、司法省に入省した。 井上正治は、司法省で検事として働き、1882年(明治15年)に高知地方裁判所の検事に任命された。井上正治は、高知地方裁判所の検事として、自由民権運動を弾圧した。井上正治は、1885年(明治18年)に司法省を退官し、弁護士事務所を開業した。井上正治は、弁護士として、自由民権運動の弁護人を引き受けた。 井上正治は、1890年(明治23年)に衆議院議員選挙に立候補し、当選した。井上正治は、衆議院議員として、自由民権運動を支持した。井上正治は、1892年(明治25年)に第2次伊藤内閣の文部大臣に任命された。井上正治は、文部大臣として、小学校教育の充実を図った。 井上正治は、1894年(明治27年)に日清戦争が勃発すると、第2次伊藤内閣を退任し、従軍記者として日清戦争に従軍した。井上正治は、日清戦争の戦況を新聞に報道し、日本の勝利に貢献した。井上正治は、日清戦争の後に第2次伊藤内閣の外務大臣に任命された。井上正治は、外務大臣として、三国干渉を処理し、日本の独立を維持した。 井上正治は、日清戦争の後に第2次伊藤内閣を退任し、貴族院議員に互選された。井上正治は、貴族院議員として、日本の外交問題に尽力した。井上正治は、1901年(明治34年)に第4次伊藤内閣の内閣総理大臣に任命された。井上正治は、内閣総理大臣として、日露戦争を戦い、日本の勝利に導いた。井上正治は、日露戦争の後に第4次伊藤内閣を退任し、元老となった。 井上正治は、1913年(大正2年)に死去した。享年51。井上正治は、日本の近代化に貢献した政治家として知られている。
学術分野の人

-正田誠一

-正田誠一の生涯- 正田誠一は、1925年に山梨県に生まれ、東京大学経済学部を卒業後、日本銀行に入行しました。その後、ニューヨーク事務所長や大阪支店次長などを歴任し、1979年に日本銀行副総裁に就任しました。1982年に退任し、1984年からは日本経済新聞社の常務取締役を務めました。 正田誠一は、日本銀行副総裁時代に、昭和50年代半ば以降の急速な円高が経済に与える影響を懸念し、円高の進行を抑制する政策を主張しました。また、金融政策の透明性を高めるために、日本銀行の運営方針をより明示的にすることを提唱しました。 正田誠一は、1989年に死去しましたが、彼の功績は現在でも高く評価されています。日本銀行副総裁時代に円高の進行を抑制する政策を主張したことは、当時の経済状況を正確に分析し、大胆な行動をとったことを示しています。また、金融政策の透明性を高めることを提唱したことは、日本銀行の公正さと透明性を高めることにつながりました。 正田誠一は、日本経済の発展と安定に貢献した偉大な経済学者であり、彼の功績は今後も長く語り継がれるでしょう。
学術分野の人

箕田貢 – 大正-昭和時代の小児科学者

- 小児赤痢の病理の研究 箕田貢は、小児赤痢の病理の研究にも力を注ぎました。小児赤痢は、赤痢菌に感染することによって引き起こされる感染症で、下痢、腹痛、発熱などの症状が現れます。重症化すると、脱水症や敗血症を併発する危険があります。 箕田は、小児赤痢の病理を研究するために、赤痢菌の培養や動物実験などを行いました。その結果、赤痢菌が腸管に侵入すると、腸粘膜に炎症を起こし、下痢や腹痛などの症状を引き起こすことを明らかにしました。また、赤痢菌が血液中に侵入すると、敗血症を引き起こすことも明らかにしました。 箕田の研究により、小児赤痢の病態が解明され、治療法の開発に貢献しました。小児赤痢は、現在では抗菌薬によって治療することが可能になっていますが、箕田の研究がなければ、この病気の治療は困難になっていたでしょう。 箕田の研究は、小児赤痢の病理を解明し、治療法の開発に貢献しました。彼の研究は、小児医療の発展に大きく貢献したと言えるでしょう。
学術分野の人

「植田寿蔵」

- 植田寿蔵の生涯 植田寿蔵は、1861年(文久元年)に、現在の福岡県豊前市で生まれました。父親は、植田菊太郎といい、地元の有力者でした。寿蔵は、幼い頃から聡明で、学業に秀でていました。1876年(明治9年)、15歳の時に、福岡県師範学校に入学しました。師範学校卒業後は、小学校の教師として働きながら、法律を独学で勉強しました。 1884年(明治17年)、寿蔵は、司法省の試験に合格し、判事に任官されました。裁判官として、寿蔵は、その卓越した法律知識と公平な判断力で、多くの事件を解決しました。1898年(明治31年)、寿蔵は、大審院の判事に任命されました。大審院判事は、裁判所の最高裁判官であり、寿蔵は、日本の司法制度の最高位に上り詰めたことになります。 寿蔵は、1921年(大正10年)、大審院判事を辞任し、弁護士として活動を始めました。弁護士としても、寿蔵は、その優れた弁護能力で、多くの裁判で勝利を収めました。1935年(昭和10年)、寿蔵は、弁護士を引退し、故郷の豊前市で隠居生活を送りました。1941年(昭和16年)、寿蔵は、80歳で亡くなりました。 寿蔵は、日本の司法制度の発展に大きく貢献した人物です。裁判官として、寿蔵は、公平な裁判を行い、多くの事件を解決しました。弁護士としても、寿蔵は、その優れた弁護能力で、多くの裁判で勝利を収めました。寿蔵は、日本の司法制度の最高位に上り詰めた人物であり、日本の司法制度の発展に大きく貢献した人物です。
学術分野の人

今中次麿 – 大正・昭和時代の政治学者

- 今中次麿の生涯 今中次麿は、1881年(明治14年)2月22日に広島県豊田郡河内村(現・三原市)に生まれた。父は今中熊太郎、母はタツ。次麿は、5人兄弟の長男として育った。 今中は、小学校を卒業後、広島県立広島中学校(現・広島県立広島国泰寺高等学校)に進学した。同校を卒業後、1902年(明治35年)に東京帝国大学法科大学に入学した。在学中に、憲法学者美濃部達吉の薫陶を受け、政治学に興味を持った。 1906年(明治39年)に東京帝国大学を卒業した今中は、内務省に入省した。内務省では、地方局、警保局、衛生局などの各局で勤務した。 1912年(明治45年)に、今中は内務省を退官し、東京帝国大学法学部助教授に就任した。1919年(大正8年)には、東京帝国大学法学部教授に昇任した。 今中は、東京帝国大学在職中に、憲法、行政法、政治学に関する多くの著書を著した。また、日本政治学会の設立に参画し、同会の初代会長を務めた。 1938年(昭和13年)に、今中は東京帝国大学を退官し、枢密顧問官に就任した。1946年(昭和21年)に、枢密顧問官を辞任し、公職から退いた。 今中は、1952年(昭和27年)2月22日に、東京都文京区の自宅で死去した。享年71。
学術分野の人

-新海征治

新海征治の功績と業績 新海征治は、日本の実業家であり、大塚製薬の創業者である。1912年(明治45年)に徳島県に生まれ、1935年(昭和10年)に大塚製薬を創業した。新海征治は、大塚製薬を世界的な製薬会社に育て上げた功績で知られている。 新海征治の功績の一つは、大塚製薬を世界的な製薬会社に育て上げたことである。大塚製薬は、1961年(昭和36年)にアメリカ合衆国に子会社を設立し、1985年(昭和60年)には欧州に子会社を設立した。また、新海征治は、大塚製薬を世界的な製薬会社に育てるために、積極的に研究開発に投資した。その結果、大塚製薬は、多くの新薬を開発し、世界中で販売するようになった。 新海征治の功績のもう一つは、大塚製薬を社会貢献企業に育て上げたことである。大塚製薬は、1964年(昭和39年)に「大塚製薬社会貢献基金」を設立し、社会貢献活動を行っている。また、新海征治は、大塚製薬を社会貢献企業に育てるために、積極的にボランティア活動を行った。その結果、大塚製薬は、社会貢献活動を行う企業として高く評価されるようになった。 新海征治は、2007年(平成19年)に死去したが、その功績は今もなお語り継がれている。大塚製薬は、新海征治の功績を讃えて、2012年(平成24年)に「新海征治記念館」を設立した。新海征治記念館には、新海征治の生涯と功績について展示されている。
学術分野の人

「大森治豊」:明治時代の外科学者

-「大森治豊」明治時代の外科学者- -大森治豊の生涯と業績- * 大森治豊は、1846年(弘化3年)に、現在の新潟県佐渡島で生まれた。 * 1870年(明治3年)に、東京大学医学部を卒業し、同大学病院の外科医となった。 * 1874年(明治7年)に、ドイツに留学し、ベルリン大学で外科学を学んだ。 * 1879年(明治12年)に、帰国し、東京大学医学部の教授となった。 * 1885年(明治18年)に、日本外科学会の初代会長に就任した。 * 1891年(明治24年)に、東京帝国大学医学部の初代学部長に就任した。 * 1897年(明治30年)に、貴族院議員に勅任された。 * 1915年(大正4年)に、70歳で死去した。 大森治豊は、近代日本外科学の父と呼ばれている。彼は、西洋医学を日本に導入し、外科学の教育と研究に尽力した。また、日本外科学会の設立に尽力し、日本外科学の発展に大きく貢献した。 大森治豊の業績には、以下のようなものがある。 * 外科手術の分野で、多くの新しい手術法を開発した。 * 外科学の教育と研究に尽力し、多くの優秀な外科医を育成した。 * 日本外科学会の設立に尽力し、日本外科学の発展に大きく貢献した。 * 日本赤十字社の設立に尽力し、日本の医療の発展に貢献した。 大森治豊は、明治時代の医学の発展に大きく貢献した偉大な人物である。
学術分野の人

「岩村秀」

- 岩村秀 -# 岩村秀の業績 岩村秀氏は、日本の実業家であり、株式会社メルカリの創業者兼代表取締役社長である。1989年8月1日生まれ、東京都出身。2013年にメルカリを設立し、2018年には東京証券取引所マザーズ市場に上場。2020年には東京証券取引所第一部に市場変更した。 岩村氏の業績は、メルカリを世界最大のフリマアプリに成長させたことである。メルカリは、2013年にサービスを開始し、2018年には月間利用者数が1,000万人を突破。2020年には月間利用者数が2,000万人を突破し、世界最大のフリマアプリとなった。 岩村氏の業績は、メルカリを世界最大のフリマアプリに成長させたことだけでなく、メルカリを日本のユニコーン企業に成長させたことでもある。ユニコーン企業とは、創業から10年未満で評価額が10億ドル(約1,000億円)を超える企業のことである。メルカリは、2018年10月に評価額が10億ドルを超え、日本のユニコーン企業となった。 岩村氏の業績は、メルカリを世界最大のフリマアプリに成長させたことと、メルカリを日本のユニコーン企業に成長させたことの2点である。岩村氏の業績は、日本の経済界に大きな影響を与え、岩村氏自身も日本の経済界を代表する人物となった。
学術分野の人

宮本康昭-昭和後期から平成時代の裁判官, 弁護士

-宮本康昭の生い立ちと経歴- 宮本康昭は、1935年(昭和10年)に東京都に生まれた。父は宮本武之輔、母は宮本タケである。武之輔は、内務省の官僚であり、後に東京都副知事を務めた。タケは、主婦である。 宮本康昭は、幼少期から秀才として知られていた。東京大学法学部を首席で卒業し、司法試験に一発で合格した。その後、裁判官として東京地方裁判所、東京高等裁判所、最高裁判所に勤務した。 1990年(平成2年)、宮本康昭は最高裁判所判事に就任した。2003年(平成15年)には、最高裁判所長官に就任した。2006年(平成18年)に退官するまで、最高裁判所長官を務めた。 宮本康昭は、退官後も弁護士として活躍した。また、法務省の司法制度改革審議会委員や、日本弁護士連合会の会長も務めた。2019年(令和元年)に死去した。 宮本康昭は、昭和後期から平成時代の日本の司法界を代表する人物の一人である。最高裁判所長官として、司法の独立と国民の権利を守るために尽力した。また、弁護士として、弱者のために戦い続けた。その功績は、今日でも多くの人々に語り継がれている。
学術分野の人

熊谷玄旦 – 明治・大正時代の内科学者

-経歴とキャリア- 熊谷玄旦は、1863年(文久3年)7月15日に薩摩藩(現在の鹿児島県)に生まれました。幼名は和一朗、後に玄旦と改名しました。1871年(明治4年)に上京し、慶應義塾に入学しました。慶應義塾では、福澤諭吉や中村正直などの思想家から大きな影響を受けました。 1877年(明治10年)に慶應義塾を卒業後、東京大学医学部に進学しました。東京大学医学部では、長与専斎や緒方惟準などの医学者から医学を学びました。1882年(明治15年)に東京大学医学部を卒業後、東京大学病院の内科医となりました。 1887年(明治20年)に、熊谷玄旦は内科学の研究のためドイツに留学しました。ドイツでは、ベルリン大学やハイデルベルク大学で学びました。1891年(明治24年)に帰国後、東京大学医学部の教授に就任しました。 熊谷玄旦は、内科学の分野で多くの業績を残しました。特に、結核の研究に力を入れ、結核菌を発見したことで知られています。また、熊谷玄旦は、東京慈恵会医科大学を創設し、医学教育に大きな貢献をしました。 熊谷玄旦は、1933年(昭和8年)に70歳で亡くなりました。熊谷玄旦は、明治・大正時代の内科学の発展に大きな貢献をした医学者として記憶されています。
学術分野の人

村山七郎→ 言語学者の生涯を振り返る

- 村山七郎→ 言語学者の生涯を振り返る -# 言語学者・村山七郎の足跡 村山七郎は、1913年(大正2年)に東京で生まれた。東京帝国大学文学部を卒業後、1937年(昭和12年)に東京帝国大学大学院に進学。1940年(昭和15年)に大学院を修了し、助教授に就任した。1944年(昭和19年)に教授に昇進し、1949年(昭和24年)に東京大学文学部部長に就任した。1953年(昭和28年)に東京大学総長に就任し、1957年(昭和32年)まで務めた。 村山七郎は、日本語学の第一人者として知られる。日本語の文法や語彙、音韻などの研究を行い、多くの業績を残した。また、日本言語学会の会長や国際言語学会の副会長などを務め、日本の言語学の発展に貢献した。 村山七郎は、1994年(平成6年)に死去した。81歳だった。 -# 村山七郎の業績 村山七郎は、日本語学の第一人者として知られ、多くの業績を残した。その主な業績を以下に挙げる。 * 「日本語文法論」(1949年) * 「日本語の音韻論」(1951年) * 「日本語の語彙論」(1954年) * 「日本語の歴史」(1957年) * 「日本語の比較研究」(1960年) これらの業績は、日本語学の発展に大きな貢献をした。 -# 村山七郎の人物像 村山七郎は、温厚で誠実な人柄だった。また、博識で、幅広い知識を持っていた。学生や後輩に対しては、親身になって指導を行い、多くの人材を育て上げた。 村山七郎は、日本の言語学の発展に大きな貢献をした偉大な言語学者だった。
学術分野の人

小山竜徳 – 明治・昭和時代の解剖学者

-功績と功績- 小山竜徳の功績は、解剖学の分野で数多くある。 その一つは、脳の解剖学における先駆的な研究である。小山は、脳の構造と機能を詳細に研究し、脳の様々な部位の役割を解明した。また、脳の血管分布についても研究し、脳の血液循環を明らかにした。 小山のもう一つの功績は、解剖学教育への貢献である。小山は、解剖学を学ぶ学生のために、解剖学の教科書を執筆した。この教科書は、解剖学の基礎知識をわかりやすく解説したもので、多くの学生に利用された。また、小山は、解剖学の標本を収集し、解剖学の博物館を設立した。この博物館は、解剖学の研究と教育に大きく貢献した。 また、小山は、解剖学の分野の発展のために、解剖学の学会を設立した。この学会は、解剖学の研究者と教育者が集まり、研究成果を発表したり、意見を交換したりする場となった。この学会は、解剖学の発展に大きな役割を果たした。 小山の功績は、解剖学の分野に多大な影響を与えた。小山は、解剖学の研究と教育の発展に貢献し、解剖学の分野における偉大な先駆者の一人となった。
学術分野の人

佐々木新太郎 – 大正-昭和時代の機械技術者

-佐々木新太郎の生い立ちと経歴- 佐々木新太郎は、1871年(明治4年)3月15日、長野県小諸市に生まれました。本家は代々、御家人組の旗本として、小諸藩の重役を務めました。また、代々、医学と機織りを専業としていました。 佐々木新太郎は、父親の死後、生家は没落し、貧しい生活を送りました。10歳の時、叔母に引き取られ、16歳で上京し、東京の八丁堀にある石川島造船所で、船渠の工夫として働きました。 石川島造船所では、鉄工の基礎を学び、1890年(明治23年)に、海軍機関学校に入学しました。海軍機関学校では、優秀な成績で卒業し、1894年(明治27年)に、海軍機関中尉に任官されました。 佐々木新太郎は、日清戦争と日露戦争に参加し、1905年(明治38年)に、海軍機関大佐に昇進しました。1912年(大正元年)に、海軍機関少将に昇進し、1915年(大正4年)には、海軍機関中将に昇進しました。 佐々木新太郎は、1919年(大正8年)に、海軍機関大将に昇進し、1921年(大正10年)に、海軍機関学校校長に就任しました。海軍機関学校校長を退任後、1924年(大正13年)に、海軍次官に就任し、1926年(昭和元年)には、海軍大臣に就任しました。 佐々木新太郎は、1928年(昭和3年)に、海軍大将に昇進し、1929年(昭和4年)に、退役しました。退役後、1930年(昭和5年)に、貴族院議員に勅選され、1935年(昭和10年)に、海軍大臣に再任されました。 佐々木新太郎は、1936年(昭和11年)に、死去しました。
経済分野の人

白川方明

-白川方明 経歴- 白川方明氏は1952年12月20日、長野県生まれ。1975年に東京大学経済学部を卒業し、日本銀行に入行。1995年に総務局金融市場課長、1998年に国際局外債課長、2002年に政策委員会審議役などを歴任。 2008年、日本銀行副総裁に就任。2013年、第31代日本銀行総裁に就任。在任中は、大規模な金融緩和政策を推進し、経済の回復に貢献。2018年4月に退任。 白川方明氏は、経済学の分野で数多くの業績を上げており、国内外で高い評価を得ている。主な著書には、「日米金融政策の比較分析」「金融政策の理論と応用」などがある。 また、金融政策に関する研究だけでなく、経済史や経済思想に関する著作も発表している。著書に「日本の経済史」「経済思想史」などがある。 白川方明氏は、2018年に退任した後も、経済評論家や大学教授として活躍を続けている。2019年からは、慶應義塾大学経済学部で客員教授を務めている。