九州

歴史上の偉人

「志賀頼房」

-南北朝時代の武将- 志賀頼房は南北朝時代の武将です。元弘3年(1333年)、鎌倉幕府打倒に挙兵した足利尊氏に従い、各地を転戦しました。建武の新政が崩壊して南北朝時代に入ると、南朝方に属し、九州や四国で転戦しました。永和元年(1375年)、大内弘世に攻められて戦死しました。 志賀頼房は、優れた軍略家であり、また、和歌にも優れていました。建武の新政が崩壊した際には、南朝の後醍醐天皇を奉じて京都を脱出し、九州に逃れました。九州では、南朝方の武将として、大内弘世や渋川義継らと協力して、北朝方の足利軍と戦いました。 永和元年(1375年)、志賀頼房は、大内弘世に攻められて、筑前国矢矧村で戦死しました。享年43歳でした。志賀頼房の死は、南朝方に大きな痛手となりました。 志賀頼房は、南朝方の武将として、北朝方の足利軍と戦った、忠義に厚い武将でした。また、和歌にも優れており、その作品は『新葉和歌集』や『続後拾遺和歌集』に収められています。
歴史上の偉人

原田七郎について

-生涯- 原田七郎は、1903年(明治36年)に岡山県に生まれました。早稲田大学を卒業後、1926年(昭和元年)に朝日新聞に入社しました。その後、1932年(昭和7年)に退社して渡欧し、ベルリン大学で哲学を学びました。 1934年(昭和9年)に帰国後、朝日新聞に復職し、1941年(昭和16年)に論説委員となりました。1945年(昭和20年)8月に終戦を迎え、同年10月に朝日新聞を退社しました。 その後、1946年(昭和21年)に日本共産党に入党し、1947年(昭和22年)に衆議院議員に当選しました。1949年(昭和24年)には、共産党党綱草案起草委員会の委員長を務めました。 しかし、1950年(昭和25年)に朝鮮戦争が勃発すると、共産党の武装闘争方針に反対して除名されました。その後は、社会党に入党し、1952年(昭和27年)に参議院議員に当選しました。 1955年(昭和30年)に、社会党を離党して無所属となり、1958年(昭和33年)に参議院議員を辞職しました。その後は、評論活動などに専念しました。 原田七郎は、1971年(昭和46年)に68歳で亡くなりました。
歴史上の偉人

菊池武敏- 南北朝時代の名将

-菊池武敏の生涯- 菊池武敏は、南北朝時代の名将です。菊池氏は、肥後国(現在の熊本県)を本拠とする武将の一族で、武敏はその嫡男として誕生しました。 武敏は幼い頃から武術の才能に優れており、成長するにつれてその名は広く知れ渡るようになりました。元弘3年(1333年)、鎌倉幕府の倒幕を目指す後醍醐天皇の綸旨を受け、武敏は挙兵しました。 武敏は、足利尊氏率いる幕府軍と幾度となく戦いましたが、その勇猛果敢な戦いぶりで幕府軍を翻弄しました。特に、建武2年(1335年)の湊川の戦いでは、尊氏を破り、その名を天下にとどろかせました。 しかし、その後、尊氏は九州に逃れ、態勢を整えて再び反撃に転じました。武敏は、尊氏の軍勢と激戦を繰り広げましたが、ついに力尽き、建武3年(1336年)に戦死しました。享年32歳でした。 武敏の死後、菊池氏は衰退し、やがて滅亡しました。しかし、武敏の勇名は後世に語り継がれ、現在でもその功績を称える史跡や伝承が残されています。 -菊池武敏のエピソード- 菊池武敏には、数々のエピソードが残されています。その中でも有名なのが、湊川の戦いの際に、武敏が尊氏の軍勢に対して放った言葉です。 「我、菊池武敏。汝ら、よく聞け。尊氏は、逆臣にして、朝敵なり。我は、天皇の勅命を奉じて、尊氏を誅せんとす。汝ら、速やかに降参せよ。」 この言葉に、尊氏の軍勢は震え上がったといいます。そして、武敏の軍勢が突撃すると、尊氏の軍勢はあっという間に溃走しました。 また、武敏は、戦場での勇猛果敢な戦いぶりだけでなく、その人格でも知られていました。武敏は、慈悲深く、常に民衆に寄り添う姿勢を示しました。そのため、民衆から絶大な支持を集めていました。 武敏の死後、菊池氏は衰退し、やがて滅亡しましたが、その功績は後世に語り継がれています。武敏は、南北朝時代の英雄として、現在でも多くの人々に敬愛されています。
歴史上の偉人

「結城宗広」の生涯とその格言

- 結城宗広の生涯 結城宗広は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。下野国結城郡(現在の栃木県結城市)の出身で、結城氏の家臣でした。 宗広は、永禄3年(1560年)に父・政勝の死を受けて家督を継ぎ、結城氏の当主となりました。その後、北条氏や佐竹氏との戦いで功績を上げ、上野国(現在の群馬県)の厩橋城(現在の群馬県前橋市)を奪取しました。 天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が死去すると、宗広は豊臣秀吉に与しました。秀吉の九州征伐や小田原征伐にも従軍し、戦功を上げました。 文禄元年(1592年)、朝鮮出兵が始まると、宗広は宇喜多秀家率いる第二軍の参謀として朝鮮に渡りました。しかし、秀吉の死後、朝鮮から撤退することになり、宗広も帰国しました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、宗広は徳川家康の東軍に与しました。しかし、主君である結城秀康が西軍に与したため、宗広も西軍に属することとなりました。 関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、宗広は改易されました。その後、常陸国(現在の茨城県)に蟄居し、慶長12年(1607年)に死去しました。享年49。 - 結城宗広の格言 結城宗広は、武勇に優れ、知略にも長けた武将でした。また、多くの格言を残しており、その中には現代でも通用するものが数多くあります。 その中でも有名な格言のひとつが「勝てば官軍、負ければ賊軍」です。これは、戦においては勝者が正義とされ、敗者が悪とされるという意味です。 また、「兵は詭道なり」という格言も有名です。これは、兵法とは詭計を用いるものであり、常に敵を欺くことを心がけるべきであるという意味です。 結城宗広の格言は、戦国時代の武将の生き方を如実に表しており、現代においても学ぶべきことが多いです。
芸術家

「等歳」

-等歳とはどういう人物か- 等歳とは、中国三国時代の魏の政治家です。字は叔治。荊州南陽郡新野県の人。司空等の要職を歴任し、魏の政治に大きく貢献しました。 等歳は、東漢末期に亡くなった魏の軍師である荀彧の甥にあたる人物です。荀彧は、曹操が魏を建国するにあたって大きな功績を立てた人物であり、等歳もまた曹操に重んじられていました。 等歳は、政務に優れた人物であり、魏の朝廷では司空等を歴任しました。また、曹操の征伐に随行し、功績を挙げました。曹操が亡くなった後も魏に仕え、曹丕、曹叡の両帝に仕えました。 等歳は、魏の政治に大きく貢献した人物であり、魏の建国と発展に欠かせない人物でした。彼の人物像は、魏の史書『三国志』に詳しく記述されています。 等歳の生涯については、以下のような逸話が残されています。 * 曹操が魏を建国した後、等歳は司空に任命されました。司空は、魏の朝廷において重要な役職であり、全国の土地や民衆を管理する役割を担っていました。等歳は、この役職を立派に務め、魏の政治に貢献しました。 * 曹操が亡くなった後、曹丕が魏の皇帝に即位しました。曹丕は、等歳を重んじ、彼に尚書令という要職を授けました。尚書令は、魏の朝廷において最も重要な役職であり、皇帝を補佐して国の政策を決定する役割を担っていました。等歳は、この役職を立派に務め、魏の政治に貢献しました。 * 曹丕が亡くなった後、曹叡が魏の皇帝に即位しました。曹叡は、等歳を重んじ、彼に司徒という要職を授けました。司徒は、魏の朝廷において重要な役職であり、国の財政や軍事を管理する役割を担っていました。等歳は、この役職を立派に務め、魏の政治に貢献しました。 等歳は、魏の政治に大きく貢献した人物であり、魏の建国と発展に欠かせない人物でした。彼の人物像は、魏の史書『三国志』に詳しく記述されています。
歴史上の偉人

菊池武吉 – 鎌倉南北朝時代の武将

新田義貞軍に加わる 菊池武吉は、鎌倉南北朝時代の武将です。肥後国菊池氏第13代当主。菊池武重の子。北条氏を倒し建武中興を実現した鎌倉幕府最後の執権北条高時の討伐に武功を挙げ、官職を賜り、建武の新政においては肥後守に任命された。 新田義貞が鎌倉を攻めると、武吉は義貞に味方し、鎌倉幕府軍と戦った。武吉は、鎌倉幕府軍を破り、鎌倉を陥落させた。鎌倉幕府が滅亡すると、武吉は、肥後国に戻り、菊池氏の再興を図った。武吉は、菊池氏の勢力を拡大し、肥後国を統一した。 武吉は、武勇に優れ、義貞の信頼も厚かった。武吉は、義貞のもとで、多くの戦いで功を挙げた。武吉は、義貞の側近として、建武の新政を支えた。しかし、建武の新政は、長くは続かず、足利尊氏によって滅ぼされた。武吉は、尊氏と戦い、戦死した。 武吉は、鎌倉幕府を倒し、建武の新政を支えた功臣である。武吉は、武勇に優れ、義貞の信頼も厚かった。武吉は、菊池氏の勢力を拡大し、肥後国を統一した。武吉は、建武の新政を支えたが、尊氏によって滅ぼされた。武吉は、鎌倉幕府を倒し、建武の新政を支えた功臣である。
作家

「岡田魯人」

岡田魯人(1872~1949)は、日本の小説家、評論家です。明治・大正・昭和の三時代に活躍し、「沈黙の塔」「法華白蓮抄」「幼年賦」などの作品で知られています。この小見出しでは、岡田魯人の生涯を簡単に紹介します。 岡田魯人は、1872年(明治5年)に兵庫県有馬に生まれました。父は僧侶で、母は11歳の時に亡くなりました。魯人は幼い頃から学問に優れ、15歳で上京して東京専門学校(現早稲田大学)に入学しました。しかし、中退して新聞記者となり、その後は小説家として活動を始めました。 1901年(明治34年)に発表した「沈黙の塔」で文壇デビューし、翌年には「法華白蓮抄」で注目を集めました。1905年(明治38年)には「幼年賦」を発表し、この作品で一躍人気作家となりました。また、魯人は評論家としても活躍し、社会問題や文学について多くの評論を発表しました。 1949年(昭和24年)に77歳で死去するまで、精力的に執筆活動を続けました。魯人の作品は、繊細な心理描写と美しい文体が特徴で、多くの読者に愛されています。 岡田魯人の生涯は、日本の文学史において重要な意味を持っています。彼は、明治・大正・昭和の三時代に活躍し、幅広いジャンルの作品を発表しました。また、魯人は評論家としても活躍し、社会問題や文学について多くの評論を発表しました。魯人の作品は、繊細な心理描写と美しい文体が特徴で、多くの読者に愛されています。
歴史上の偉人

「糟谷右馬允」- 糟谷武文について

糟谷武文の生涯 糟谷武文は、戦国時代の武将です。尾張国(現在の愛知県西部)の出身で、糟谷氏の家臣として仕えていました。永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に敗れた後、糟谷氏は信長に臣従しました。武文もまた、信長の家臣として仕えるようになりました。 武文は、信長の重臣として活躍しました。永禄11年(1568年)、足利義昭を奉じて上洛した際には、先鋒を務めました。元亀元年(1570年)、姉川の戦いで浅井・朝倉連合軍と戦った際には、功を挙げました。天正2年(1574年)、長篠の戦いで武田勝頼と戦った際には、本陣を守備しました。 武文は、信長の死後も豊臣秀吉に仕えました。天正10年(1582年)、本能寺の変で秀吉が明智光秀を討った後は、秀吉の側近として活躍しました。天正13年(1585年)、賤ヶ岳の戦いで柴田勝家と戦った際には、秀吉の勝利に貢献しました。天正15年(1587年)、九州征伐では、秀吉の軍勢の一翼を担いました。 武文は、天正18年(1590年)、小田原征伐で北条氏を滅ぼした後に、秀吉から五奉行に任命されました。五奉行は、秀吉の政権を支える最高機関であり、武文は、その中枢として活躍しました。武文は、天正19年(1591年)に死去するまで、五奉行を務めました。 武文は、戦国時代を代表する武将の一人です。信長や秀吉に仕えて活躍し、五奉行として秀吉の政権を支えました。武文の功績は、戦国時代の歴史を語る上で欠かせないものです。
歴史上の偉人

– 島津義弘

-生い立ちと家督相続- 島津義弘は、1535年、薩摩国(現在の鹿児島県)に生まれた。父は島津忠良、母は安国寺恵瓊の娘である。義弘は、幼い頃から武芸に優れ、15歳の時には、父の忠良に命じられて、伊東義祐の謀反を鎮圧した。また、1560年には、伊東義祐の軍勢を撃退して、薩摩国の統一を成し遂げた。 1568年、義弘は23歳の時に、父の死を受けて、島津家の家督を継いだ。義弘は、家督を継ぐとすぐに、薩摩国の国政改革に着手した。義弘は、家臣の俸禄を定め、また、国中の検地を実施した。さらに、義弘は、薩摩国の産業を振興するため、様々な政策を打ち出した。 義弘の政策により、薩摩国は、経済的にも軍事的に強大となり、九州一の勢力となった。義弘は、1586年には、豊臣秀吉の九州征伐に従い、島津家の領土を安堵された。また、義弘は、1592年の文禄の役と1597年の慶長の役にも従軍し、武功を挙げた。 義弘は、1619年に85歳で亡くなった。義弘の死後、島津家は、義弘の養子の島津忠恒が継いだ。忠恒は、義弘の政策を踏襲し、島津家をさらに発展させた。
エンターテインメント

浪曲師3代宮川左近 →

3代宮川左近の生涯と経歴 3代宮川左近は、1869年(明治2年)に東京で生まれた浪曲師です。本名は宮川吉之助。父は初代宮川左近、母は浪曲師の宮川たか。幼い頃から浪曲を学び、1884年(明治17年)に15歳で初舞台を踏みました。その後、各地を巡業して人気を集め、1898年(明治31年)には東京・浅草に定席「花月亭」を開業。浪曲界の発展に貢献しました。 1903年(明治36年)には、初代宮川左近の死を受けて3代宮川左近を襲名。ますます活躍の場を広げ、1914年(大正3年)には日本初の浪曲レコードを発売。また、1925年(大正14年)には、浪曲界初の映画「浪人左門」に出演しました。 1936年(昭和11年)には、帝国劇場で「浪曲王左近一代」という浪曲劇を上演。大成功を収め、浪曲師としての地位を確固たるものにしました。しかし、太平洋戦争中は浪曲興行が禁止され、左近も一時的に活動を休止せざるを得なくなりました。 戦後は、浪曲の復興に尽力し、1952年(昭和27年)には日本浪曲協会を設立。会長に就任しました。また、1953年(昭和28年)には、芸術祭奨励賞を受賞しています。 1959年(昭和34年)に89歳で死去。その死は、浪曲界に大きな衝撃を与えました。左近は、浪曲師としてのみならず、俳優や映画監督としても活躍したマルチな才能の持ち主でした。また、浪曲の普及と発展に尽力し、浪曲界の重鎮として尊敬を集めました。
歴史上の偉人

戦国-織豊時代の武将 吉川元長

-吉川元長の生涯- 吉川元長は戦国-織豊時代の武将であり、安芸国吉川氏の当主でした。吉川元春の次男として生まれ、元春、小早川隆景、毛利輝元、毛利元就と共に五奉行に任じられました。 元長は永禄12年(1569年)に豊後国の大友貞親軍を村田城で撃破するなど、西日本の各地で活躍しました。また、天正10年(1582年)の本能寺の変では、羽柴秀吉の軍に属して、織田信長の嫡男である信忠を本能寺に攻めました。 その後、元長は関ヶ原の戦いで東軍に属し、毛利輝元の本拠地である広島城を攻めました。戦後、毛利氏が防長2国に減封されると、元長は備後国福山藩10万石の藩主となりました。 元長は慶長7年(1602年)に、福山城で死去しました。享年58でした。元長の死後、吉川氏は嫡男の広家が継ぎました。 元長は、戦国-織豊時代に活躍した勇猛な武将であり、毛利氏の家臣として、数多くの戦いに参加して活躍しました。また、福山藩の初代藩主として、福山の発展に尽力しました。
作家

桑野万李 – 江戸時代の俳人

- 桑野万李の生涯 桑野万李(くわの・まんり、寛永15年(1638年) - 元禄5年10月1日(1692年10月25日))は、江戸時代の俳人である。尾張国名古屋(現在の愛知県名古屋市)に生まれる。幼名は市兵衛。別号に歌遊・万梨・紅葩など。 万李の父、桑野市左衛門は米穀商を営み、俳諧にも通じていた。万李は幼少のころから父に俳諧の手ほどきを受け、15歳頃から俳諧を始める。正保4年(1647年)には、父とともに松尾芭蕉の門人である名古屋の俳人、服部嵐雪に入門する。 万李は、芭蕉の俳諧を熱心に学び、やがて芭蕉から「門中随一の俳人」と称されるまでになる。万延2年(1685年)には、芭蕉の命により、江戸に上り、芭蕉の庵である「芭蕉庵」に住む。芭蕉の死後、万李は芭蕉の弟子たちのまとめ役となり、芭蕉の俳諧を伝えることに努めた。 元禄5年(1692年)、万李は55歳で亡くなる。万李の死後、その弟子たちは「万李庵」を建て、万李の遺徳を偲んだ。 万李は、芭蕉の弟子の中で最も優れた俳人であり、芭蕉の俳諧を伝えることに大きく貢献した。万李の俳諧は、芭蕉の俳諧を継承しつつも、独自の個性を持つ。万李の俳諧は、簡素で素朴でありながら、奥深い味わいと余韻がある。
歴史上の偉人

少弐政資 – 室町時代の武将

武勇に優れ、領土を回復した武将 少弐政資は、室町時代前期に活躍した武将であり、少弐氏第8代当主である。彼は、武勇に優れており、領土の回復に成功した名将として知られています。 政資は、応永19年(1412年)、少弐満貞の嫡男として生まれました。満貞は、九州の有力大名であり、肥前・肥後・筑前・筑後を領有していました。しかし、政資が11歳のときに満貞が急死し、少弐氏は家督争いに陥りました。政資は、叔父である少弐満成に擁立され、少弐氏の当主となりました。 少弐氏は、満成の代に国人領主の反乱や、菊池氏との戦いに苦戦しており、領土を大幅に失っていました。政資は、当主となった後、これらの反乱や戦いを鎮圧し、領土を回復することに成功しました。 政資の武勇は、特に菊池氏との戦いで遺憾なく発揮されました。菊池氏は、肥後の有力大名であり、少弐氏とは長年にわたって争っていました。政資は、菊池氏と何度も戦いましたが、そのたびに勝利を収め、肥後の領土を回復することができました。 政資は、武勇に優れただけでなく、政治手腕にも優れていました。彼は、領土の回復だけでなく、経済政策や外交政策にも力を入れ、少弐氏の勢力を拡大することに成功しました。 政資は、嘉吉元年(1441年)、30歳の若さで死去しました。彼の死後、少弐氏は衰退し、室町時代末期には滅亡しました。しかし、政資の武勇と政治手腕は、少弐氏を一時的に復興させることに成功し、室町時代の九州の歴史に大きな足跡を残しました。
歴史上の偉人

鯰江伝左衛門

-1.はじめに- 鯰江伝左衛門(なまずえでんざえもん)は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した日本の商人です。近江国鯰江(現在の滋賀県長浜市木之本町鯰江)の出身で、京都で呉服商を営んでいました。大坂夏の陣では、徳川家康に多額の資金を提供して戦勝に貢献したことで知られています。 鯰江伝左衛門は、1566年(永禄9年)に近江国鯰江で生まれました。父は鯰江勘兵衛、母は澄江と言います。幼い頃は、聡明で利発な子供だったと言われています。15歳で京都に出て、呉服商を営むようになりました。 鯰江伝左衛門は、商才に長けており、すぐに呉服商として成功しました。京都の町々で、鯰江伝左衛門の呉服店は評判となり、多くの人々が集まりました。また、鯰江伝左衛門は、豪快な性格でも知られており、人々から慕われていました。 1615年(元和元年)、大坂夏の陣が起こりました。徳川家康は、大坂城に立て籠もった豊臣秀頼を攻めるために、全国の大名に兵を集めました。鯰江伝左衛門も、徳川家康に多額の資金を提供して戦勝に貢献しました。 大坂夏の陣の後、鯰江伝左衛門は、徳川家康から近江国内に1万石の所領を与えられました。鯰江伝左衛門は、そのまま京都に留まり、呉服商を続けました。1631年(寛永8年)、鯰江伝左衛門は、66歳で亡くなりました。
歴史上の偉人

・菊池武光

-# 菊池武光とは 菊池武光(きくち たけみつ、1842年12月2日 - 1914年11月24日)は、日本の元警察官、政治家。警視総監、北海道庁長官、元老、枢密顧問官、貴族院議員、子爵。 菊池武光は、1842年12月2日、肥後国菊池郡(現在の熊本県菊池郡菊池町)に菊池氏族の菊池武信の長男として生まれた。菊池氏は、肥後国を支配した大名であり、菊池武光は、その家系に生まれた。菊池武光は、幼少期から聡明で、学問を好んだ。1860年、18歳の時に、江戸に出て、昌平黌に入学した。昌平黌は、幕府が運営する最高学府であり、菊池武光は、そこで、朱子学や漢学を学んだ。 1863年、菊池武光は、昌平黌を卒業し、幕府の役人となった。菊池武光は、若くして頭角を現し、1867年、25歳の時に、勘定吟味役に任命された。勘定吟味役は、幕府の財政を監査する役職であり、菊池武光は、この役職で、幕府の財政改革に尽力した。 1868年、戊辰戦争が勃発し、幕府が倒壊した。菊池武光は、新政府に出仕し、1869年、27歳の時に、警視総監に任命された。警視総監は、東京の警察を統括する役職であり、菊池武光は、この役職で、東京の治安維持に尽力した。菊池武光は、警視総監として、警察の近代化を推進し、日本の警察制度の基礎を築いた。 1871年、菊池武光は、北海道庁長官に任命された。北海道庁長官は、北海道を統治する役職であり、菊
歴史上の偉人

戦国武将赤松則繁の生涯と業績

赤松則繁の生い立ちと家系 赤松則繁は、戦国時代の武将です。播磨国赤松氏の第13代当主であり、備前国守護を務めました。赤松則繁は、赤松義雅の嫡男として、天文13年(1544年)に生まれました。赤松氏は、鎌倉時代から続く名族で、南北朝時代には南朝方に属して活躍しました。室町時代には、播磨国守護職を世襲し、赤松満祐が征夷大将軍に就任するなど、権勢を誇りました。しかし、赤松満祐は、足利義教によって誅殺され、赤松氏は一時的に没落しました。 赤松則繁が生まれた頃、赤松氏は赤松義雅が当主を務めていましたが、赤松義雅は、永禄3年(1560年)に病死しました。赤松則繁は、まだ16歳でしたが、家督を継承して赤松氏の第13代当主となりました。赤松則繁は、赤松則友、赤松則房、赤松則英の3人の兄弟がいましたが、赤松則友は永禄5年(1562年)に病死し、赤松則房は永禄7年(1564年)に織田信長の家臣である柴田勝家に謀殺され、赤松則英は永禄12年(1569年)に毛利輝元に謀殺されました。赤松則繁は、兄弟を次々と失い、赤松氏を一人で支えることになりました。
歴史上の偉人

「芥川六兵衛」

-# 芥川六兵衛とは 芥川六兵衛(あくたがわ ろくべえ、1750年(寛延3年) - 1829年2月13日(文政12年1月20日))は、江戸時代後期の大工。 江戸城大奥の御作事奉行だった。通称は、助之進、主膳。名は、重右衛門、行助、行成とも伝わる。 生年、生誕地については、諸説ある。通説は、丹波国桑田郡(現在の兵庫県三田市)の生まれだが、播磨国小原郡(現在の兵庫県加古川市)とする説や、摂津国伊丹(現在の兵庫県伊丹市)とする説もある。 名工として知られ、江戸城大奥の御作事奉行として数々の建築物を手がけた。代表作には、江戸城大奥の御化粧殿や御湯殿などがある。また、京都の金閣寺や銀閣寺などの修復にも携わった。 1829年(文政12年)、79歳で死去した。墓所は、東京都文京区の龍泉寺にある。 芥川六兵衛は、その卓越した技術で、日本の建築史に大きな足跡を残した。その作品は、現在でも多くの人が訪れる観光スポットとなっている。
芸術家

「小田海僊」

-経歴- 小田海僊は、1888年(明治21年)1月4日に福岡県福岡市に生まれました。本名は小田政次、幼名は政五郎です。家は代々博多どんたくの船頭を務めており、海僊自身も幼少の頃から船に親しんできました。 1903年(明治36年)に福岡県立中学修猷館(現・福岡県立修猷館高等学校)を卒業後、東京美術学校(現・東京藝術大学)に進学します。日本画を専攻し、1909年(明治42年)に卒業しました。 東京美術学校卒業後は、画家の梅原龍三郎や福沢一郎らとともに「太平洋画会」を結成し、多くの展覧会に出品しました。1912年(大正元年)には文部省主催の「第1回文展」に出品した「生簀」が特選に入選し、一躍注目を集めました。 1914年(大正3年)には渡欧し、フランスやイタリアを中心に約2年間滞在しました。ヨーロッパで最新の美術に触れた海僊は、帰国後に作風を大きく変化させ、よりモダンな作風を取り入れるようになりました。 1919年(大正8年)には「二科会」を結成し、その中心メンバーとして活躍しました。二科会は、官展である文展に対抗する美術家集団であり、海僊は二科会の運営に尽力しました。 1927年(昭和2年)には福岡県北九州市の小倉市(現・北九州市小倉北区)に移住し、小倉を拠点に制作活動を行いました。1931年(昭和6年)には国画院同人に推挙され、1935年(昭和10年)には日本美術院同人にも推挙されました。 1945年(昭和20年)には、福岡大空襲によって小倉市の自宅が焼失し、多くの作品が失われました。終戦後は、小倉市にアトリエを再建して制作活動を再開し、1951年(昭和26年)には紫綬褒章を受章しました。 1955年(昭和30年)には日本美術院賞を受賞し、1958年(昭和33年)には勲四等旭日小綬章を受章しました。1961年(昭和36年)に福岡県北九州市小倉北区で死去しました。享年73。
ミュージシャン

– 「如一」

如一とは 如一とは、仏教用語で、すべてのものは同一であることを意味します。これは、すべてのものは同じ本質を持っているということ、そして、すべてのものは相互につながっているということです。如一は、すべてのものの根底にある統一性を表しています。 如一の概念は、仏教の創始者である釈迦牟尼仏によって教えられました。釈迦牟尼仏は、すべてのものは苦しみであると説きました。そして、この苦しみから逃れるためには、すべてのものの一体性を認識する必要があると説きました。 如一を認識することは、難しいことではありません。それは、ただ、すべてのものの中に同じ本質を見ることです。それは、すべてのものの中に仏性を見ることです。仏性とは、すべてのものに備わっている悟りの性質のことです。 如一を認識することで、私たちは、すべてのものと調和することができます。私たちは、すべてのものと愛し合うことができます。そして、私たちは、すべてのものの中に仏性を見ることができます。 如一は、仏教の最も重要な概念の一つです。それは、すべてのものの根底にある統一性を表しています。如一を認識することで、私たちは、すべてのものと調和することができます。私たちは、すべてのものと愛し合うことができます。そして、私たちは、すべてのものの中に仏性を見ることができます。
作家

百井塘雨の生涯と功績

-百井塘雨の生い立ちと経歴- 百井塘雨は、1892年(明治25年)1月29日、埼玉県入間郡毛呂山町に、百井藤五郎の長男として生まれました。幼少期から絵に興味を持ち、13歳のときに東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学します。在学中は洋画を学び、1913年(大正2年)に卒業しました。 卒業後は、美術教師や雑誌の挿絵画家として働きながら、画業を続けます。1919年(大正8年)には、第1回院展に出品し、入選を果たしました。その後も、院展に出品を続け、1925年(大正14年)には、特選を受賞しました。 1928年(昭和3年)には、フランスに留学します。留学中は、ヨーロッパの美術を学び、1930年(昭和5年)に帰国しました。帰国後は、院展の審査員を務め、後進の指導にもあたりました。 1940年(昭和15年)には、帝国芸術院会員に選出されました。戦後も、画業を続け、1950年(昭和25年)には、文化勲章を受章しました。1970年(昭和45年)7月12日、東京都世田谷区で死去しました。享年78歳。 百井塘雨は、日本の洋画界を代表する画家の一人です。その作品は、写実的で繊細な画風が特徴で、多くの人々に愛されています。
政治家・活動家

「西田信春」

-社会運動家としての西田信春- 西田信春は、日本の社会運動家、ジャーナリスト、作家である。1911年に東京で生まれ、早稲田大学を卒業後、日本共産党に入党した。戦後は、労働運動や平和運動に積極的に参加し、1950年に日本共産党を離党後は、社会党の結成に参加した。1968年には、公害問題に取り組む市民団体「公害問題研究会」を設立し、公害問題の社会的啓発に努めた。西田はまた、ジャーナリストとして、公害問題や社会運動に関する記事を多数執筆し、1970年には、著書『公害の思想』を発表した。 西田の社会運動における功績は、大きく分けて3つある。第一に、公害問題の社会的啓発に貢献したことである。西田は、公害問題研究会の設立や、ジャーナリストとして公害問題に関する記事を多数執筆したことで、公害問題の社会的認知度を上げ、公害対策の推進に貢献した。第二に、社会運動の理論的発展に貢献したことである。西田は、著書『公害の思想』の中で、公害問題を資本主義社会の矛盾の表れと捉え、公害問題の解決には資本主義社会の変革が必要であると主張した。この理論は、後の社会運動の理論的発展に大きな影響を与えた。第三に、社会運動の国際連帯を推進したことである。西田は、1960年代から1970年代にかけて、世界各国の社会運動の指導者たちと交流し、社会運動の国際連帯を推進した。この国際連帯は、後の社会運動の発展に大きな役割を果たした。 西田信春は、日本の社会運動において大きな功績を残した社会運動家である。彼の思想と活動は、後の社会運動の発展に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

– 田原氏能

-田原氏能とは- 田原氏能(たわら うじよし、生没年不詳)は、鎌倉時代初期の武将。通称は Jirō。父は田原景能。子に田原景政。 -概要- 田原氏は、伊賀国阿拝郡田原(現・三重県伊賀市田原)を本拠とした豪族。伊勢平氏の一族であり、平家滅亡後は後鳥羽上皇に従って戦った。氏能は、建久4年(1193年)に伊賀国守護に任じられ、承久3年(1221年)に承久の乱が起こると、後鳥羽上皇側に参じて官軍と戦った。しかし、乱は幕府軍の勝利に終わり、氏能は敗走して伊賀国に逃亡した。その後、氏能は幕府に降伏して赦免され、建保2年(1214年)に伊賀国守護に再任された。貞応2年(1223年)には、伊賀国守護を辞任して隠居した。 -エピソード- 『平家物語』には、氏能が平家滅亡の際に、平清盛の娘である建礼門院徳子を匿ったという話が伝わっている。徳子は、平家滅亡後に出家して尼となり、建礼門院と号した。氏能は、徳子を伊賀国に匿って手厚く保護し、徳子は建久9年(1198年)まで、伊賀国に滞在した。 -田原氏能の意義- 田原氏能は、鎌倉時代初期の伊賀国の豪族であり、伊賀国守護を歴任した。承久の乱では、後鳥羽上皇側に参じて幕府軍と戦ったが、敗北して伊賀国に逃亡した。その後、氏能は幕府に降伏して赦免され、伊賀国守護に再任された。貞応2年(1223年)には、伊賀国守護を辞任して隠居した。氏能は、伊賀国の豪族として活躍し、鎌倉幕府の支配下で伊賀国の統治に貢献した。
歴史上の偉人

「近江毛野」

- 近江毛野とは 近江毛野(おうみけぬ)とは、近江国に存在した古代豪族の地域。 近江国は、現在の滋賀県に相当する地域で、琵琶湖を中心に、東は伊賀国(三重県)、西は越前国(福井県)、北は若狭国(福井県)、南は山城国(京都府)に接していた。 近江国の北部には、近江毛野と呼ばれる地域があった。近江毛野は、琵琶湖の北部に位置する地域で、現在の滋賀県長浜市、米原市、伊香郡、東浅井郡、坂田郡に相当する地域である。 近江毛野は、古くから近江国の有力な豪族であった。近江毛野氏の祖先は、景行天皇の皇子である倭建命(やまとたけるのみこと)であると伝えられている。 倭建命は、東征の際に近江国に立ち寄り、その地を気に入り、近江毛野氏を興したという。 近江毛野氏は、その後、近江国の北部を支配し、近江国を代表する豪族となった。近江毛野氏は、ヤマト政権に仕え、近江国を治めた。 近江毛野氏は、6世紀後半に、蘇我氏に滅ぼされた。蘇我氏は、近江国を直轄地とし、近江毛野氏の領地を没収した。 近江毛野氏は、蘇我氏に滅ぼされた後も、近江国に勢力を残し、その後、近江国を治めることになった。 近江毛野氏は、11世紀に、源氏に滅ぼされた。源氏は、近江国を直轄地とし、近江毛野氏の領地を没収した。 近江毛野氏は、源氏に滅ぼされた後も、近江国に勢力を残し、その後、近江国を治めることになった。 近江毛野氏は、16世紀に、織田信長に滅ぼされた。織田信長は、近江国を直轄地とし、近江毛野氏の領地を没収した。
作家

「五十嵐波間藻」

-五十嵐波間藻とは- 五十嵐波間藻とは、日本の女性小説家です。1890年(明治23年)1月1日、東京市四谷区(現・東京都新宿区四谷)に生まれました。本名は五十嵐カヲル。1911年(明治44年)、雑誌『青鞜』に短編小説「姉」を応募し、入選。翌年、同誌に中編小説「風の音」を発表し、文壇にデビューしました。1914年(大正3年)、初の長編小説『或る女』を刊行。この作品は、女性の人生と恋愛をテーマにしたもので、当時の読者から大きな共感を集めました。その後も、多くの長編小説や短編小説を執筆し、女性作家として活躍しました。1945年(昭和20年)8月11日、東京市中野区(現・東京都中野区)で死去。享年55歳。 五十嵐波間藻の作品は、女性の人生と恋愛をテーマにしたものが多く、男女の機微や女性の心情を繊細に描いたものが多いです。また、社会問題や戦争をテーマにした作品もあり、社会派作家としても知られています。 五十嵐波間藻は、日本の女性文学を代表する作家の一人であり、その作品は今もなお多くの読者に愛されています。