井上遠仲

歴史上の偉人

僧 願知の生涯と功績

室町-戦国時代の僧, 願知 願知は、室町時代後期から戦国時代にかけて存在した天台宗の僧侶です。長禄2年(1458年)、近江国蒲生郡(現・滋賀県東近江市)に生まれ、幼少期に比叡山に登って出家しました。当初は園城寺に属し、天台宗の学問と修行に励みました。 文明13年(1481年)、願知は比叡山延暦寺の衆徒の代表である「衆徒三長」に選出され、寺務の運営に携わるようになりました。明応4年(1495年)、延暦寺の座主である覚恕が入寂すると、願知は座主の候補として有力視されましたが、最終的には後花園天皇の皇子である覚胤が座主に就任しました。 願知は、覚胤の座主就任後も比叡山の衆徒を率いて寺務の運営に当たりました。しかし、明応8年(1499年)、比叡山で「大乗院騒動」が発生し、願知は騒動に巻き込まれて延暦寺から追放されてしまいました。 願知は、延暦寺を追放された後も天台宗の僧侶として活動し、各地を巡回して法華経の説法を行いました。また、比叡山に代わる新たな拠点として、近江国蒲生郡に願知寺を建立しました。願知寺は、後に天台宗の学問と修行の拠点として発展し、多くの僧侶が学んでいました。 願知は、天文19年(1550年)、93歳の生涯を閉じました。願知の死後、願知寺は願知の弟子である了覚が継ぎ、天台宗の学問と修行の拠点として引き続き発展しました。 願知は、室町時代後期から戦国時代にかけて、天台宗の僧侶として活躍し、比叡山延暦寺の衆徒の代表を務めたほか、各地を巡回して法華経の説法を行いました。また、比叡山に代わる新たな拠点として、願知寺を建立し、天台宗の学問と修行の拠点として発展させました。