享保

歴史上の偉人

「稲葉正親」(1692~1734)

稲葉正親の概要 稲葉正親は、江戸時代中期の大名で、丹波国亀山藩の第3代藩主。幼名は亀松。通称は市正。官位は従五位下、丹波守。 正親は、元禄5年(1692年)2月8日、亀山藩の第2代藩主・稲葉正貞の子として江戸で生まれる。正徳2年(1712年)12月14日、父の死去により家督を継ぐ。享保5年(1720年)12月28日、従五位下、丹波守に叙任される。 正親は、藩政改革に努め、享保11年(1726年)に藩校「成業館」を創設するなど、藩士の教育に尽力した。また、享保12年(1727年)には、藩制を定めた「亀山藩法規」を制定し、藩政の近代化を図った。 正親は、享保19年(1734年)11月15日に死去した。享年43。家督は、子の正諶が継いだ。 正親は、亀山藩の発展に貢献した名君として知られている。
作家

「自然軒鈍全」

「自然軒鈍全」とは? 「自然軒鈍全」とは、京都の清水寺にある重要文化財の客殿のことです。1347年(貞和3年)に建立され、1950年(昭和25年)に重要文化財に指定されました。 「自然軒鈍全」という名称は、この客殿の建築様式に由来しています。「自然軒」とは、軒先が自然なままで、垂木がそのまま露出している建築様式のことで、「鈍全」とは、軒先が丸みを帯びている建築様式のことを指します。 「自然軒鈍全」は、室町時代初期の建築様式の代表例のひとつであり、その優美な姿から、多くの観光客に親しまれています。 「自然軒鈍全」は、清水寺の舞台造りからも眺めることができ、清水寺の観光スポットのひとつとして人気があります。 「自然軒鈍全」は、清水寺の拝観料を支払うことで入ることができます。拝観時間は、午前9時から午後4時までです。 「自然軒鈍全」は、京都屈指の美しさを誇る建築物であり、清水寺を訪れた際にはぜひ見ておきたいスポットのひとつです。
歴史上の偉人

堀田正永

堀田正永の生涯 堀田正永は、1545年に美濃国に生まれた戦国武将です。幼名は「松千代」といい、父は堀田道空、母は織田信秀の妹でした。正永は、幼い頃から武芸に秀でており、織田信長に仕えて活躍しました。1560年の桶狭間の戦いで、信長が今川義元を討ち取った際には、正永は先陣を務めて功績を挙げました。その後も、信長の天下統一に貢献し、数々の戦いで勝利を収めました。 1582年、本能寺の変で信長が亡くなると、正永は豊臣秀吉に仕えました。秀吉は、正永の武勇を高く評価し、重臣として取り立てました。1584年の小牧・長久手の戦いで、正永は秀吉軍の先鋒を務めて活躍し、徳川家康を破りました。また、1592年の朝鮮出兵では、正永は秀吉の総大将として朝鮮に渡り、数々の戦いで勝利を収めました。 1598年に秀吉が亡くなると、正永は徳川家康に仕えました。家康は、正永を重臣として遇し、数々の合戦で勝利を収めました。1600年の関ヶ原の戦いでは、正永は東軍の主力として奮戦し、西軍を破りました。関ヶ原の戦いの後は、正永は徳川氏の家臣として重きをなし、1614年に亡くなりました。 正永は、戦国時代を代表する武将の一人であり、数々の戦いで勝利を収めた名将でした。また、正永は、家康の天下統一に貢献し、徳川氏の家臣として重きをなしました。正永の生涯は、戦国時代の激動の時代を生き抜いた武将の生きざまを物語っています。
歴史上の偉人

歴史に名を刻む刀工:貞則の匠の技と生涯

-肥後菊池の人、井上真改の弟子- 貞則是肥後国菊池郡(現在の熊本県菊池市)に生まれた刀工です。本名は井上貞則といい、井上真改の弟子でした。 井上真改は、肥後国菊池郡の刀工で、肥後刀の祖とされています。貞則は真改の弟子として刀の製作を学び、真改の死後、肥後刀の伝統を継承しました。 貞則は真改の教えに従い、肥後刀の伝統を忠実に守りました。貞則の刀は、真改の刀と同様に、地肌が細かく、刃文が華やかで、切れ味の良い刀でした。 貞則は肥後刀の伝統を守りながら、独自の工夫も凝らしました。貞則は、刀の製作に新しい技術を取り入れ、より良い刀を製作するようになりました。 貞則の刀は、肥後国内だけでなく、全国的に有名になりました。貞則の刀は、将軍や大名、武士など、多くの権力者に愛されました。 貞則は、肥後刀の伝統を継承し、肥後刀の名を高めた刀工でした。貞則の刀は、肥後刀の代表的な名刀として、現在でも高く評価されています。
歴史上の偉人

松平近貞(1)

松平近貞(1) 松平近貞の生涯と功績 松平近貞は、江戸時代前期の武士で、徳川家光の側近として仕え、江戸幕府の基礎固めに貢献した人物である。松平近貞は、1591年に三河国(現在の愛知県)で生まれ、10代のときから徳川家光に仕えた。家光が将軍になった後、近貞は側近として重用され、老中や大老などの要職を歴任した。近貞は、家光の死後も徳川家に対する側近として仕え続け、江戸幕府の基礎固めに貢献した。 近貞の功績の一つは、江戸幕府の財政基盤を確立したことである。近貞は、幕府の財政を立て直すために、様々な施策を講じた。例えば、貨幣の鋳造や、年貢の増徴、新田の開発などである。これらの施策によって、幕府の財政は好転し、江戸幕府は安定した統治を行うことができるようになった。 近貞の功績のもう一つは、親藩・譜代大名を集め、相互の連携を強化したことである。近貞は、幕府の権威を高めるために、親藩・譜代大名を集めて、相互の連携を強化した。これによって、幕府は権力を集中することができ、江戸幕府は安定した統治を行うことができるようになった。 近貞は、1666年に76歳で亡くなった。近貞は、徳川家光と徳川家綱の二代にわたって仕え、江戸幕府の基礎固めに貢献した人物である。
歴史上の偉人

戸田忠位 – 江戸時代中期の大名

戸田忠位の生涯 1. 家督相続 戸田忠位は、1714年(正徳4年)に戸田忠定の長男として生まれた。忠定は、上野国館林藩の第3代藩主であった。忠位は、1730年(享保15年)に父が死去したため、17歳の若さで家督を相続し、第4代藩主となった。 2. 改革と治世 忠位は、藩政改革に熱心に取り組んだ。1731年(享保16年)には、藩の財政を再建するため、家臣の禄を削減するなどの緊縮政策を実施した。また、1732年(享保17年)には、藩の教育制度を整備し、藩校である「弘道館」を設立した。さらに、1734年(享保19年)には、藩の産業を振興するため、新田開発や殖産興業を奨励した。 忠位の改革は、藩の財政を好転させ、藩の産業を発展させた。また、藩の教育制度の整備は、藩士の学問を向上させ、藩の文化の発展に貢献した。忠位の治世は、館林藩にとって黄金時代といえるものであった。 3. 晩年 忠位は、1763年(宝暦13年)に死去した。享年50。跡を長男の忠彝が継いだ。忠位は、有能な藩主として藩民から尊敬され、その死は藩全体に大きな悲しみをもたらした。 忠位は、館林藩の藩主として、藩の改革と治世に尽力した名君であった。忠位の改革は、藩の財政を好転させ、藩の産業を発展させた。また、藩の教育制度の整備は、藩士の学問を向上させ、藩の文化の発展に貢献した。忠位の治世は、館林藩にとって黄金時代といえるものであった。
歴史上の偉人

伊豆の代官・川原清兵衛

-川原清兵衛の人物像- 川原清兵衛は、江戸時代前期に伊豆の代官を務めた人物です。1622年、駿河国の岡部藩士の家に生まれ、幼名は万三郎、通称は源五左衛門でした。1643年に家督を継ぎ、1651年に伊豆の代官に任命されました。 清兵衛は、伊豆の代官として、荒廃した伊豆の復興に努めました。彼は、開墾や新田開発を推進し、伊豆の農業生産力を高めました。また、伊豆の特産品であるわさびの栽培にも力を入れ、伊豆のわさびを全国に広めました。 清兵衛は、伊豆の代官として、伊豆の民政にも力を入れました。彼は、伊豆の民情を聴き、民の困窮を救済するための施策を実施しました。また、伊豆の治安維持にも努め、伊豆の治安を守りました。 清兵衛は、伊豆の代官として、伊豆の復興と民政に尽力し、伊豆の人々から敬愛されました。1681年に死去しましたが、その功績は伊豆の人々に語り継がれています。 清兵衛は、清廉潔白で、伊豆の民のために尽力した人物でした。彼は、伊豆の人々から「清兵衛様」と呼ばれて親しまれていました。清兵衛は、伊豆の代官として、伊豆の復興と民政に尽力し、伊豆の人々から敬愛されました。1681年に死去しましたが、その功績は伊豆の人々に語り継がれています。
研究者

廬草拙→ 江戸時代中期の天文学者

廬草拙の生涯 廬草拙は、江戸時代中期の天文学者です。1726年(享保11年)に丹波国篠山藩(現・兵庫県篠山市)に生まれ、幼名は久之丞。1747年(延享4年)に江戸に出奔し、麻布の有馬氏に召し抱えられます。1756年(宝暦6年)には、麻布の南光寺に転居し、1770年(明和7年)に没しました。 廬草拙は、儒学や天文・暦学の研究に励み、多くの著作を残しました。その中でも、特に有名なのが『暦象新書』と『暦算新編』です。『暦象新書』は、天文・暦学に関する入門書として、広く読まれました。『暦算新編』は、和算・数学に関する教科書として、日本の数学教育に大きな影響を与えました。 廬草拙は、江戸時代における天文学・暦学の発展に貢献した重要な人物です。その著作は、現在も研究者や学生に親しまれています。 廬草拙の生涯は、波乱に満ちたものでした。幼い頃に父を亡くし、貧しい暮らしを送っていました。1747年(延享4年)に江戸に出奔したのは、学問を志してのことでした。江戸では、麻布の有馬氏に召し抱えられ、学問に励むことができました。1756年(宝暦6年)には、麻布の南光寺に転居し、1770年(明和7年)に没しました。 廬草拙は、短い生涯でしたが、多くの著作を残しました。その中には、『暦象新書』や『暦算新編』などの有名な著作もあります。廬草拙の著作は、現在も研究者や学生に親しまれています。
エンターテインメント

「杵屋宇右衛門」

# 杵屋宇右衛門 - 杵屋宇右衛門とは 杵屋宇右衛門は、江戸時代から明治時代にかけて活躍した、日本の伝統芸能である落語家の名跡である。 初代杵屋宇右衛門は、文化15年(1818年)に江戸で生まれた。本名は、宇右衛門。 初代杵屋宇右衛門は、幼い頃から落語に興味を持ち、13歳の時に三代目翁家さん馬の門下入りし、三代目翁家丑之助を名乗った。 18歳の時に、初代杵屋宇右衛門を襲名し、江戸の寄席で活躍するようになった。 初代杵屋宇右衛門は、落語の名人として知られ、特に人情噺を得意とした。 初代杵屋宇右衛門は、安政6年(1859年)に52歳の若さで死去した。 初代杵屋宇右衛門の没後、二代目杵屋宇右衛門が襲名したが、二代目杵屋宇右衛門は初代杵屋宇右衛門ほどの活躍はできず、明治20年(1887年)に死去した。 二代目杵屋宇右衛門の没後、三代目杵屋宇右衛門が襲名した。 三代目杵屋宇右衛門は、初代杵屋宇右衛門の孫であり、本名は、宇太郎。 三代目杵屋宇右衛門は、1867年に江戸で生まれた。 三代目杵屋宇右衛門は、幼い頃から落語に興味を持ち、15歳の時に七代目立川談志の門下入りし、七代目立川談志の弟子となった。 三代目杵屋宇右衛門は、1893年に三代目杵屋宇右衛門を襲名し、江戸の寄席で活躍するようになった。 三代目杵屋宇右衛門は、落語の名人として知られ、特に人情噺を得意とした。 三代目杵屋宇右衛門は、1953年に86歳の若さで死去した。 三代目杵屋宇右衛門の没後、四代目杵屋宇右衛門が襲名したが、四代目杵屋宇右衛門は、三代目杵屋宇右衛門ほどの活躍はできず、1967年に死去した。 四代目杵屋宇右衛門の没後、五代目杵屋宇右衛門が襲名した。 五代目杵屋宇右衛門は、三代目杵屋宇右衛門の孫であり、本名は、裕之。 五代目杵屋宇右衛門は、1939年に東京で生まれた。 五代目杵屋宇右衛門は、幼い頃から落語に興味を持ち、18歳の時に五代目三遊亭圓生の門下入りし、五代目三遊亭圓生の弟子となった。 五代目杵屋宇右衛門は、1971年に五代目杵屋宇右衛門を襲名し、江戸の寄席で活躍するようになった。 五代目杵屋宇右衛門は、落語の名人として知られ、特に人情噺を得意とした。 五代目杵屋宇右衛門は、2013年に74歳の若さで死去した。 五代目杵屋宇右衛門の没後、六代目杵屋宇右衛門が襲名し、現在も江戸の寄席で活躍している。
研究者

中島浮山 – 江戸時代前期~中期の儒学者

中島浮山の生涯 中島浮山は、1659年(万治2年)に近江国彦根藩主・井伊直澄の次男として生まれた。父である直澄は、江戸幕府の重職を務め、浮山もまた江戸に呼び寄せられ、幕府の儒官として仕えた。浮山は、儒学の大家である林羅山に学び、儒学の奥義を極めた。 浮山は、儒学の研究だけでなく、教育にも力を注いだ。湯島聖堂に儒学の学校を開き、多くの門人を育てた。浮山の門人の中には、後に江戸幕府の儒官として活躍する者も少なくなかった。 浮山は、1734年(享保19年)に死去した。享年76歳であった。浮山の死後は、その門人たちが浮山の教えを継承し、江戸幕府の儒学の発展に貢献した。 浮山は、江戸時代前期~中期の儒学者として大きな功績を残した。浮山の教えは、江戸幕府の政治や文化に大きな影響を与え、日本の近代化にも貢献した。
作家

「中山金蔵」

-中山金蔵- -京都の早雲座、大和山座で活躍- 中山金蔵は、明治時代初期の歌舞伎役者である。1837年、江戸に生まれる。本名は、中山金次郎。父は、中山金助。祖父は、中山金蔵。家は、歌舞伎役者の家系である。 金蔵は、幼い頃から歌舞伎を学び、1850年、京都の早雲座で初舞台を踏む。その後、大和山座に移り、立役として活躍する。金蔵は、弁慶や勧進帳の富樫、菅原伝授手習鑑の道明寺など、多くの役を演じ、人気を集めた。 1868年、明治維新後は、東京の歌舞伎座に移り、引き続き活躍する。金蔵は、1887年に亡くなるまで、歌舞伎界で活躍し続けた。 金蔵は、その演技力と端正な容姿で人気を集めた。金蔵は、立役として活躍したが、女形も演じることができた。金蔵は、女形を演じる際には、その美しさで評判を呼んだ。 金蔵は、歌舞伎界に大きな功績を残した。金蔵は、立役として活躍し、多くの名作を残した。また、金蔵は、女形としても活躍し、その美しさで評判を呼んだ。金蔵は、歌舞伎界に大きな功績を残した名優である。 -金蔵の主な出演作品- * 勧進帳 * 菅原伝授手習鑑 * 義経千本桜 * 仮名手本忠臣蔵 * 伊賀越道中双六
芸術家

川島重信 – 江戸時代中期の浮世絵師

川島重信の経歴と生涯 川島重信は、江戸時代中期の浮世絵師です。1711年に江戸に生まれ、1777年に亡くなりました。 重信は、浮世絵師として非常に活躍し、数多くの作品を残しました。重信の作品は、美人画や役者絵、風景画など、幅広いジャンルにわたっています。重信は、浮世絵師として非常に人気があり、重信の作品は、庶民の間で広く親しまれました。 重信は、浮世絵師として非常に成功し、財産を築きました。重信は、江戸の町に豪邸を構え、贅沢な生活を送りました。しかし、重信は、晩年に財産を失い、貧困の中で亡くなりました。 重信の作品は、現在も世界各地の美術館に所蔵されており、浮世絵の歴史の中で重要な位置を占めています。重信の作品は、浮世絵師として非常に優れた技術を持っており、重信の作品は、浮世絵の傑作として高く評価されています。 重信は、浮世絵師として非常に活躍し、数多くの作品を残しました。重信の作品は、江戸の庶民の間で広く親しまれ、浮世絵の歴史の中で重要な位置を占めています。
芸術家

牲川充信 – 江戸時代中期の画家

-# 経歴と生い立ち 牲川充信(1674年 - 1750年)は、江戸時代中期の画家である。狩野派の画法を学び、宮廷絵師として活躍した。 牲川充信は、1674年に京都で生まれた。幼い頃から絵を描くことを好み、狩野派の画法を学んだ。1701年に宮廷絵師に任命され、京都御所の障壁画や屏風絵などを制作した。また、浮世絵の制作にも携わり、浮世絵版画の普及に貢献した。 牲川充信は、狩野派の画法を忠実に守りながら、独自の画風を確立した。彼の作品は、繊細な筆遣いと鮮やかな色彩が特徴で、当時の宮廷文化を色濃く反映している。また、浮世絵の制作にも携わり、浮世絵版画の普及に貢献した。 牲川充信は、江戸時代中期の画壇を代表する画家の一人である。彼の作品は、現在も多くの美術館や博物館に収蔵されており、人々に愛されている。
歴史上の偉人

→閑院宮直仁親王(3) – 生涯と業績

-生涯- 閑院宮直仁親王は、1771年12月22日、閑院宮典仁親王の第一王子として京都で生まれた。母は、中山忠尹の娘・敏子。幼名は真珠君。 1779年(安永8年)12月22日、父・典仁親王が薨去したため、家督を相続した。1785年(天明5年)、権大納言に任じられた。1787年(天明7年)、従一位に昇叙され、右大臣に任じられた。1798年(寛政10年)、右大臣を辞任し、内大臣に任じられた。1800年(寛政12年)、内大臣を辞任し、太政大臣に任じられた。 1823年(文政6年)、仁孝天皇が崩御し、皇太子・昭仁親王が即位した。直仁親王は、昭仁天皇の摂政に就任した。1829年(文政12年)、昭仁天皇が崩御し、皇太子・統仁親王が即位した。直仁親王は、統仁天皇の摂政に留任した。 1840年(天保11年)、直仁親王は薨去した。享年70。 直仁親王は、学問を好み、和歌・書道を能くした。また、能楽を愛し、自ら舞台に立つこともあった。和歌は「閑院宮和歌集」にまとめられている。 直仁親王は、幕末の動乱を憂い、朝廷の改革を推進した。1834年(天保5年)、幕府に改革意見書を提出した。また、1838年(天保9年)、朝廷の官制改革を行い、天皇の権限を強化した。 直仁親王は、幕末の動乱を収拾できなかったが、朝廷の改革を進め、明治維新の基礎を築いた。
エンターテインメント

村山平右衛門(3代) – 江戸時代前期から中期に活躍した歌舞伎役者、座本の生涯

初代小桜千之助に弟子入り 村山平右衛門は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した歌舞伎役者、座本です。元禄3年(1690年)、江戸神田明神下で生まれました。幼名は長四郎。本名は近江屋宗兵衛。 村山平右衛門は、初代小桜千之助に弟子入りし、歌舞伎の世界に入りました。初代小桜千之助は、その当時の歌舞伎界を代表する人気役者でした。村山平右衛門は、初代小桜千之助のもとで厳しい稽古を積み、歌舞伎役者としての基礎を学びました。 その後、村山平右衛門は、初代小桜千之助の一座に加わり、各地を巡って芝居を上演しました。そして、村山平右衛門は、その優れた演技力と存在感で、徐々に頭角を現していきました。 元禄16年(1703年)、村山平右衛門は、江戸中村座の座本に就任しました。中村座は、江戸三大芝居小屋の一つで、歌舞伎役者にとって憧れの舞台でした。村山平右衛門は、中村座の座本として、歌舞伎の発展に貢献しました。 村山平右衛門は、享保19年(1734年)に亡くなりました。享年45歳でした。しかし、村山平右衛門の残した功績は、歌舞伎の歴史に語り継がれています。
研究者

唐崎彦明-江戸時代中期の儒者について

-唐崎彦明-江戸時代中期の儒者について- -唐崎彦明の生涯- 唐崎彦明(からさきひこあき)は、江戸時代中期の儒者、思想家です。1697年(元禄10年)に江戸に生まれ、1765年(明和2年)に没しました。 彦明は、若い頃から儒学を学び、朱子学を深く研究しました。1728年(享保13年)には、湯島聖堂の儒官となり、1747年(延享4年)には、昌平黌の教授に任命されました。彦明は、昌平黌で多くの門弟を育て、朱子学の普及に貢献しました。 彦明は、儒学の研究だけでなく、政治にも関心を持ち、1760年(宝暦10年)には、幕府の老中に提出した「意見封事」の中で、幕政の改革を訴えました。しかし、彦明の意見は幕府によって受け入れられず、1762年(宝暦12年)には、昌平黌の教授を辞任しました。 彦明は、昌平黌を辞任後は、私塾を開き、後進の指導に当たりました。彦明の門弟には、大塩平八郎、頼山陽、佐藤一斎などがおり、彦明の思想は、幕末維新の思想形成に大きな影響を与えました。 彦明は、朱子学の研究者としてだけでなく、政治家としても活躍した、江戸時代中期の重要な人物です。彦明の思想は、幕末維新の思想形成に大きな影響を与え、日本の近代化に貢献しました。
歴史上の偉人

中御門天皇 – 生涯と功績

中御門天皇の生涯 中御門天皇は、日本の第114代天皇である。1695年7月20日、東山天皇の第一皇子として生まれた。名は慶仁。幼名はasius。母は一条局。1709年に東山天皇が崩御し、14歳で即位した。 中御門天皇の治世は、享保の改革が行われた時期である。享保の改革は、8代将軍徳川吉宗が行った政治改革で、財政の立て直しや農業の振興、文化の奨励などが行われた。中御門天皇は、吉宗の改革を支持し、積極的に協力した。 また、中御門天皇は、儒学や和歌を好んだ。特に和歌に関しては、優れた歌人として知られ、多くの和歌を詠んだ。中御門天皇は、1731年7月30日に崩御した。36歳であった。 中御門天皇の功績 中御門天皇は、享保の改革を支持し、積極的に協力したことで、財政の立て直しや農業の振興、文化の奨励などに貢献した。また、中御門天皇は、儒学や和歌を好み、多くの和歌を詠んだことで、文化の発展に貢献した。 中御門天皇は、在位期間が短く、大きな功績を残したとは言えないが、享保の改革を支持し、積極的に協力したことで、日本の発展に貢献した天皇である。
作家

「江村青郊」

-# 江村青郊の生涯 江村青郊(えむらせいこう、慶応3年(1867年)12月9日 - 昭和7年(1932年)2月20日)は、日本の小説家、劇作家、評論家、翻訳家、編集者、ジャーナリストである。 -- 幼少期と青年期 江村青郊は、慶応3年(1867年)12月9日、現在の兵庫県神戸市に生まれた。父は江村五六、母はたきである。青郊は、幼い頃から文学に興味を持ち、10歳の頃にはすでに小説を書き始めていた。 明治17年(1884年)、青郊は第一回東京専門学校(現在の早稲田大学)に入学した。早稲田大学では、坪内逍遥や佐々木信綱らに師事し、文学を学んだ。 明治20年(1887年)、青郊は坪内逍遥が主宰する雑誌「文学界」に小説「懸仏」を発表し、文壇にデビューした。 -- 文壇での活躍 青郊は、小説家としてだけでなく、劇作家、評論家、翻訳家、編集者、ジャーナリストとしても活躍した。 青郊は、明治23年(1890年)に小説「我楽多文庫」を発表し、ベストセラーとなった。この小説は、江戸時代の戯作者である山東京伝の生涯を題材にしたもので、青郊のユーモアと洒脱な文体が遺憾なく発揮された作品である。 青郊は、また、劇作家としても活躍し、明治25年(1892年)に戯曲「滝の白糸」を発表した。この戯曲は、大ヒットとなり、何度も上演された。 青郊は、評論家としても活躍し、明治27年(1894年)に評論集「青郊随筆」を発表した。この評論集は、青郊の文学観や社会観をまとめたもので、当時の文壇に大きな影響を与えた。 青郊は、翻訳家としても活躍し、明治29年(1896年)にトルストイの小説「復活」を翻訳した。この翻訳は、青郊の卓越した翻訳技術を遺憾なく発揮したもので、当時の文壇で絶賛された。 青郊は、編集者としても活躍し、明治30年(1897年)に雑誌「太陽」を創刊した。この雑誌は、当時の文壇を代表する雑誌の一つとなり、青郊は編集長として大きな功績を残した。 青郊は、ジャーナリストとしても活躍し、明治33年(1900年)に新聞「時事新報」に入社した。時事新報では、記者として活躍し、多くのスクープ記事を執筆した。 -- 晩年 青郊は、大正12年(1923年)に脳溢血を発症し、半身不随となった。しかし、青郊は、病気に負けず、執筆活動を続けた。 昭和7年(1932年)2月20日、青郊は、東京市牛込区(現在の東京都新宿区)の自宅で死去した。享年65。
歴史上の偉人

赤川大膳- 江戸時代中期の無頼者

-常楽院と名のる秋葉山の山伏- 赤川大膳は、江戸時代中期の無頼者です。 彼は、武芸に優れ、喧嘩に強く、人を殺すことも厭わないという荒くれ者でした。 そんな大膳が、ある時、秋葉山の山伏、常楽院に出会います。 常楽院は、大膳とはまったく違うタイプの人間でした。 彼は、温厚で慈悲深く、常に人々を助けていました。 大膳は、そんな常楽院に惹かれ、弟子入りすることにします。 常楽院のもとで、大膳は厳しい修行を積みました。 そして、次第に己の荒々しさをコントロールできるようになりました。 また、常楽院から仏教の教えを学び、次第に心を入れ替え、更生していきます。 やがて、大膳は常楽院のもとを離れ、旅に出ます。 そして、各地を放浪しながら人助けを続けるようになりました。 大膳は、その侠気と強さで人々から慕われるようになり、やがて無頼の頭領として知られるようになりました。 赤川大膳は、後に、徳川家康の側近となり、活躍しました。 彼は、家康から重用され、武士として活躍しました。 大膳は、武芸の達人として知られ、家康の身辺警護や戦場での指揮官として活躍しました。 赤川大膳は、無頼者から武士へと転身し、江戸幕府の重臣として活躍した人物です。 彼は、その侠気と強さ、そして仏教の教えに帰依したことで、人々から慕われるようになりました。
歴史上の偉人

– 原安適

- 江戸時代前期-中期の医師,歌人の生涯 -# 大見出し「原安適」の下に作られた小見出しの「江戸時代前期-中期の医師,歌人の生涯」 原安適(はらやすゆき、1612年(慶長17年)8月15日 - 1685年(貞享2年)11月28日)は、江戸時代前期-中期の医師、歌人である。 字は仲正、号は春波(しゅんぱ)、追号は春波院西翁。現在の茨城県日立市出身。父は原姓金岡流砲術家、金岡淡路守政成。母は前原氏。 安適は1612年(慶長17年)8月15日、現在の茨城県日立市に生まれた。幼少期には砲術を学び、16歳で江戸に出た。 19歳の時に俳諧を学び、23歳の時に歌を学び始めた。30歳の時に医術を学び始め、35歳の時に開業した。 安適は、歌人としては蕉門十哲の一人に数えられ、医術としては、古方派の医学を学び、独自の治療法を確立した。 安適は1685年(貞享2年)11月28日に死去した。74歳没。 安適の主な著書には、歌集『春波集』、医書『和方秘録』などがある。
ミュージシャン

「岸沢式佐(初代)」

初代佐々木市蔵没後の活躍 初代佐々木市蔵は、1899年に亡くなりましたが、その死後も「岸沢式佐(初代)」は活躍を続けました。市蔵の死後、弟子たちはそれぞれ独立して活躍するようになりましたが、その中でも特に活躍したのが、二代目佐々木市蔵と三代目佐々木市蔵です。 二代目佐々木市蔵は、初代市蔵の次男として、1875年に生まれました。1895年に父である初代市蔵に入門し、1902年に二代目佐々木市蔵を襲名しました。二代目市蔵は、初代市蔵と同じく、歌舞伎の舞台で活躍しました。「仮名手本忠臣蔵」の早野勘平、「義経千本桜」の静御前など、数多くの名作に出演しました。二代目市蔵は、1947年に亡くなりました。 三代目佐々木市蔵は、二代目市蔵の次男として、1898年に生まれました。1912年に父である二代目市蔵に入門し、1920年に三代目佐々木市蔵を襲名しました。三代目市蔵は、初代市蔵と二代目市蔵と同じく、歌舞伎の舞台で活躍しました。「勧進帳」の弁慶、「義経千本桜」の静御前など、数多くの名作に出演しました。三代目市蔵は、1974年に亡くなりました。 二代目市蔵と三代目市蔵は、初代市蔵の芸を受け継ぎ、それぞれ活躍しました。彼らは、「岸沢式佐(初代)」の伝統を守り、歌舞伎界の発展に貢献しました。
歴史上の偉人

曾根権太夫とは?江戸時代前期-中期の武士について

曾根権太夫の生涯 曾根権太夫は、江戸時代前期から中期にかけての武士です。名は正虎、通称は権太夫、号は三河屋。家は藤原氏を称し、家紋は三つ巴。 曾根権太夫は、1616年に尾張国中島郡曾根郷(現在の愛知県稲沢市)で生まれました。父は曾根重次、母は牧村政吉の娘です。権太夫は幼い頃から武芸に秀でており、16歳で尾張藩主・徳川義直に仕えました。 権太夫は、尾張藩で槍術師範を務め、また尾張藩の重臣である本多忠勝の旗本として活躍しました。権太夫は、関ヶ原の戦い、大坂夏の陣など、数々の戦いに参戦し、その武勇を称えられました。 権太夫は、1658年に尾張藩の重臣である土井利勝の娘と結婚しました。権太夫と利勝の娘の間には、子息が2人生まれました。権太夫の長男である正勝は、尾張藩の重臣を務め、次男の正明は、尾張藩の家老を務めました。 権太夫は、1681年に66歳で亡くなりました。権太夫の墓は、愛知県稲沢市の妙源寺にあります。 権太夫は、武勇に秀でた武士であり、また 尾張藩の重臣として活躍した人物です。権太夫の武勇は、現在でも語り継がれています。
研究者

– 菅野兼山 (1680-1747)

-江戸中期の儒学者菅野兼山の生涯- 菅野兼山(すがの けんざん、1680年 - 1747年)は、江戸時代中期に活躍した儒学者、教育者です。 江戸(現在の東京都)に生まれ、幼い頃から学問に励んだ兼山は、16歳で細井平洲に入門します。平洲は儒学の第一人者として知られ、兼山の才能を高く評価しました。 兼山は平洲のもとで儒学を学び、やがてその門下第一の弟子となりました。平洲の没後は、その学統を継いで儒学の普及に努めました。 兼山は多くの弟子を育て、その中には後に著名な学者となった者も少なくありません。また、平洲の著作を編纂したり、注釈を付けたりして、儒学の普及に貢献しました。 兼山は江戸時代中期を代表する儒学者の一人であり、その学問は幕末維新期の思想にも大きな影響を与えました。 -兼山の生涯- * 1680年(延宝8年) - 江戸(現在の東京都)に生まれる。 * 1696年(元禄9年) - 16歳で細井平洲に入門する。 * 1714年(正徳4年) - 平洲の死後、その学統を継ぐ。 * 1720年(享保5年) - 平洲の著作を編纂した『平洲遺稿』を出版する。 * 1729年(享保14年) - 平洲の著作に注釈を付けた『平洲文集』を出版する。 * 1747年(延享4年) - 68歳で死去する。 -兼山の思想- 兼山の思想は、平洲の儒学を継承したもので、仁義忠孝を重んじるものでした。また、兼山は日本の歴史や文化を尊重しており、その思想は幕末維新期の思想にも大きな影響を与えました。 -兼山の功績- 兼山の功績は、平洲の儒学を継承して普及させたこと、多くの弟子を育てたこと、平洲の著作を編纂したり、注釈を付けたりしたこと、日本の歴史や文化を尊重し、その思想を幕末維新期の思想に影響を与えたことです。
芸術家

– 片山伊与(1731-? 江戸時代中期の篆刻家)

片山伊与の生涯と経歴 片山伊与は、江戸時代中期の篆刻家です。1731年に生まれ、生没年は不明です。京都出身で、本名は片山兵太郎と言います。 伊与は、篆刻に興味を持っていた父親の影響を受けて、篆刻を学び始めました。篆刻とは、石や金属に文字や絵を彫ることで、日本では印章として使われています。伊与は、篆刻の才能に恵まれており、すぐに頭角を現しました。 伊与は、京都で篆刻家として活動していましたが、1762年に江戸に移り住みました。江戸では、篆刻家として活躍するだけでなく、篆刻の普及にも努めました。伊与は、篆刻の技法を教えるために、篆刻教室を開きました。また、篆刻に関する著作も残しています。 伊与の篆刻は、その斬新なデザインと優れた技術で高く評価されています。伊与は、篆刻の伝統的な技法を尊重しつつも、新しい表現に挑戦したことで、篆刻に新しい風を吹き込みました。伊与の篆刻は、多くの篆刻家に影響を与え、江戸時代の篆刻の発展に大きく貢献しました。 伊与は、篆刻家としてだけでなく、書家としても活躍しました。伊与の書は、流麗な書体で知られており、多くの書家から称賛されています。伊与は、篆刻と書の両分野で高い評価を得た、江戸時代を代表する芸術家の一人です。