享保4年

歴史上の偉人

土方雄房 – 江戸時代中期の伊勢菰野藩主

- 土方雄房とは? 土方雄房は、江戸時代中期の伊勢菰野藩主です。諱は雄房、字は子元、通称は織部。家紋は丸に違い柏。 土方雄房は、土方雄豊の次男として伊賀国に生まれました。母は土方 雄豊の正室、飯田氏です。土方雄房は、幼名は亀之助。 土方雄房は、寛文元年(1661年)に土方雄豊の隠居により家督を相続し、伊勢菰野藩主となりました。 土方雄房は、藩政に熱心に取り組み、藩財政の立て直しや新田開発、そして、産業の振興などに努めました。 また、土方雄房は、儒学を奨励し、藩校「明倫館」を創設しました。また、土方雄房は、俳諧を好み、松尾芭蕉とも交流がありました。 土方雄房は、享保元年(1716年)に70歳で死去しました。 土方雄房は、藩政に熱心に取り組み、藩財政の立て直しや新田開発、そして、産業の振興などに努めた名君です。 土方雄房は、儒学を奨励し、藩校「明倫館」を創設しました。また、土方雄房は、俳諧を好み、松尾芭蕉とも交流がありました。 土方雄房は、享保元年(1716年)に70歳で死去しました。
芸術家

狩野主信-江戸時代前期-中期の画家

狩野主信の作風 狩野主信の作風は、師匠である狩野永徳の画風を基本としつつも、独自の工夫と発展を加えたものです。永徳の豪快でダイナミックな筆致を受け継ぎながらも、主信はより繊細で優美な画風を目指しました。また、狩野派の伝統的な題材である花鳥風月だけでなく、歴史や神話、風俗などを題材とすることも多く、幅広い画題を扱いました。 主信の画風の特徴の一つは、細やかでリアルな描写です。花鳥風月の作品では、花や鳥、草木の一葉に至るまで丁寧に描かれており、まるで写真のようにリアルです。また、人物画では、人物の表情や仕草を細やかに捉え、その内面を表現しています。 もう一つの特徴は、色彩の豊かさです。主信は、鮮やかな色彩を好んで用い、作品に華やかさと生命感を与えています。特に、花鳥風月の作品では、花や鳥、草木の色彩を巧みに使い分け、自然の美しさを表現しています。 主信の作風は、狩野派の伝統を受け継ぎながらも、独自の工夫と発展を加えたもので、江戸時代前期-中期の画壇で大きな影響を与えました。主信の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、多くの人々に愛されています。 主信の代表作としては、以下の作品が挙げられます。 ・唐獅子図 屏風 ・花鳥図 屏風 ・洛中洛外図 屏風 ・犬追物図 屏風 ・舟遊び図 屏風 ・月に雁図 屏風
歴史上の偉人

山岸陽和

-山岸陽和の生涯- 山岸陽和は、1992年10月29日に東京都北区で生まれた。幼少期から音楽に親しみ、小学校時代にはピアノを習い始める。中学時代には吹奏楽部に入り、サックスを担当した。高校時代には、軽音楽部に所属し、ギターとボーカルを担当した。 高校卒業後は、音楽専門学校に進学し、ボーカルと作詞作曲を専攻した。在学中には、音楽コンテストに出場し、入賞を果たす。また、インディーズレーベルからデビューし、ミニアルバムをリリースした。 専門学校卒業後は、フリーランスのミュージシャンとして活動を開始した。ライブハウスを中心に活動し、徐々に知名度を高めていった。2018年には、メジャーデビューを果たし、シングル「君と僕のストーリー」をリリースした。この曲はヒットし、山岸陽和を一気にブレイクさせることとなった。 2019年には、1stアルバム「始まりのうた」をリリースした。このアルバムはオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得し、山岸陽和は一躍人気アーティストの仲間入りを果たした。 2020年には、2ndアルバム「希望のうた」をリリースした。このアルバムもオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得し、山岸陽和は不動の人気を確立した。 山岸陽和は、その透き通るような歌声と、心に響く歌詞で多くの人々を魅了している。これからも、山岸陽和の活躍から目が離せない。
歴史上の偉人

佐久間立斎について

-佐久間立斎の生涯- 佐久間立斎は、1797年(寛政9年)に江戸で生まれた浮世絵師です。本名は佐久間政行、別名は菊池容斎、立斎は号です。 立斎は、歌川豊国に師事し、1812年(文化9年)に「東都名所江戸高名鑑」でデビューしました。その後、浮世絵師として活躍し、風景画、美人画、役者絵など、さまざまな作品を発表しました。 立斎の作品は、写実的で繊細な描線が特徴です。風景画では、江戸の街並みや名所を丁寧に描き、美人画では、美しい女性の姿を生き生きと表現しています。役者絵では、歌舞伎役者の特徴を捉えた個性的な作品を多く残しています。 立斎は、1860年(万延元年)に63歳で亡くなりました。浮世絵師として活躍した期間はそれほど長くありませんでしたが、その作品は現在も高く評価されています。 立斎の生涯を振り返ると、浮世絵師として活躍した期間はそれほど長くはありませんでしたが、その作品は現在も高く評価されています。彼の作品は、浮世絵の黄金期を代表する重要な作品であり、日本の美術史において重要な位置を占めています。
エンターテインメント

「一噌六郎左衛門」

-一噌六郎左衛門の生涯- 一噌六郎左衛門は、弘治2年(1556年)に但馬国出石(現在の兵庫県豊岡市出石町)に生まれた。彼は、出石藩主・山名豊国の家臣であり、槍術の名手として知られていた。 六郎左衛門は、幼い頃から槍術を学び、その才能を開花させた。彼は、槍術の達人である伯父・一噌四郎左衛門から、槍術の指導を受けた。四郎左衛門は、六郎左衛門に厳しい稽古を課したが、六郎左衛門はそれを決して怠らなかった。 六郎左衛門は、18歳の時には、出石藩の槍術指南役を務めるようになり、藩士たちに槍術を教えた。彼は、藩士たちから慕われ、その槍術の腕前は、広く知られるようになった。 天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が討たれると、羽柴秀吉が天下統一の機運を強めた。山名豊国は、秀吉に従い、九州征伐に参加した。六郎左衛門も豊国に従い、九州征伐に参戦した。 九州征伐の後、豊国は、出石藩に帰国した。六郎左衛門も出石藩に帰国し、再び槍術指南役を務めた。彼は、出石藩の槍術のレベルを飛躍的に向上させ、出石藩は、槍術の名門として知られるようになった。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、豊国は、西軍に味方した。豊国は、関ヶ原の戦いで敗北し、出石藩は取り潰しとなった。六郎左衛門も、出石藩の取り潰しによって、浪人となった。 浪人となった六郎左衛門は、各地を放浪した。彼は、槍術の腕前を活かして、各地の武術大会に出場し、多くの戦績を挙げた。六郎左衛門は、槍術の名手として、その名を轟かせた。 寛永9年(1632年)、六郎左衛門は、67歳で亡くなった。彼は、槍術の名手として、その生涯を終えた。
研究者

渋江紫陽-江戸時代中期の儒者,書家

-渋江紫陽の生涯と歩み- 渋江紫陽は、江戸時代中期の儒者、書家である。名は信長、字は子彝、号は紫陽。紀伊国有田郡渋江(現・和歌山県有田市)の出身。 1662年(寛文2年)に生まれ、1733年(享保18年)に72歳で没した。 紫陽は幼少の頃から学問に優れ、12歳の時に江戸に出て、儒学者・林羅山の門下に入った。 羅山の死後は、荻生徂徠の門下に移り、徂徠の学問を学んだ。 紫陽は、徂徠の学問をさらに発展させ、独自の儒学を展開した。 また、紫陽は書家としても知られ、その書は「紫陽流」と呼ばれ、多くの弟子を輩出した。 紫陽の儒学と書は、多くの文人や政治家に影響を与え、江戸時代の文化の発展に貢献した。 紫陽は、江戸時代中期の儒学と書の大家として、今日でも高い評価を受けている。
歴史上の偉人

尊杲女王とその生涯

尊杲女王の生い立ちと家族 尊杲女王は、平安時代中期の女性皇族です。醍醐天皇の第一皇女として生まれ、母は藤原温子です。兄には朱雀天皇、村上天皇、具平親王、敦慶親王、宏明親王、弟には寛明親王、貞元親王がいます。姉には選子内親王、韶子内親王がいます。 尊杲女王は、幼い頃から聡明で才媛として知られていました。また、容姿端麗で、数々の絵画や彫刻のモデルを務めたと言われています。 16歳の時、兄の朱雀天皇の命により、皇太子・保明親王(後の村上天皇)の妃として入内しました。しかし、保明親王は尊杲女王にあまり関心を示さず、彼女は常に寂しい思いをしていました。 24歳の時、尊杲女王は病にかかり、そのまま亡くなりました。その死は、多くの歌人や文学者たちに惜しまれました。 尊杲女王の家族は、父・醍醐天皇、母・藤原温子、兄・朱雀天皇、村上天皇、具平親王、敦慶親王、宏明親王、弟・寛明親王、貞元親王、姉・選子内親王、韶子内親王です。尊杲女王は、平安時代中期の皇族として、多くの歌人や文学者たちに愛された女性でした。
歴史上の偉人

– 堀田正朝

-堀田正朝- -堀田正朝の生涯- -少年期と青年期- 堀田正朝は、1585年、信濃国小諸城(現在の長野県小諸市)に堀田正吉の次男として生まれた。正朝は、幼い頃から聡明で勇敢な少年として知られ、14歳のときには、武田信玄の孫・武田信勝の馬廻りとして仕えた。1590年、豊臣秀吉が北条氏政を討伐するために小田原城を攻めると、正朝は、父・正吉に従って小田原城に参陣し、功を立てた。 -大名時代- 1600年、関ヶ原の戦いでは、正朝は、徳川家康に味方して参戦し、戦功を挙げた。戦後、正朝は、信濃国松本藩10万石の大名に封じられた。正朝は、松本藩主として、領内の治安と産業の振興に努め、有能な藩主として知られた。 -江戸幕府の重臣として- 1615年、徳川家康が死去すると、正朝は、徳川秀忠の側近として重用されるようになった。正朝は、秀忠の参謀として、幕府の政治を支え、徳川家康が残した「禁中並公家諸法度」や「武家諸法度」などの法律の制定にも携わった。 -最晩年- 1636年、徳川家光が死去すると、正朝は、徳川家綱の補佐役として、幕政を担うようになった。正朝は、家綱の側近として、幕府の政治を主導し、寛文の治と呼ばれる平和と繁栄の時代を築き上げた。 1656年、正朝は、72歳で死去した。正朝は、その功績を称えられ、従一位太政大臣の位を贈られた。正朝の墓は、東京都台東区の寛永寺にある。
研究者

「西川如見」-江戸時代前期-中期の天文家

- 西川如見の生涯 西川如見は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した日本の天文家。彼は、京都の生まれで、1622年に同地に生まれた。幼少期より天文に興味を持ち、1640年には、伏見藩の天文方である井上光貞に弟子入りした。 井上光貞の下で、西川如見は、天体観測や暦の作成などの天文の基礎を学んだ。1647年、井上光貞が京都に帰国すると、西川如見も京都に戻り、京都大学の前身である観象台である同朋舎の天文方となった。 同朋舎では、西川如見は、天体観測や暦の作成などの天文の研究に励んだ。1652年、彼は、日本で最初の天文観測台である観象所を同朋舎に建設した。観象台では、彼は、望遠鏡を使って天体観測を行い、その結果を記録した。 西川如見は、天体観測の研究のほか、暦の作成にも取り組んだ。1659年、彼は、当時の日本の暦である宣明暦を改訂した貞亨暦を作成した。貞亨暦は、宣明暦よりも正確であり、日本における暦の改暦の歴史において重要な役割を果たした。 西川如見は、1683年に京都で亡くなった。享年62歳。彼の死後は、弟子たちが彼の研究を引き継ぎ、日本における天文の研究の発展に貢献した。 西川如見は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した日本の天文家。彼は、日本における天文の研究の発展に大きく貢献した。彼の研究は、日本における暦の改暦の歴史において重要な役割を果たした。
歴史上の偉人

久保田豪秀 – 江戸時代中期の武士

- 久保田豪秀の生涯 久保田豪秀(1640年 - 1692年)は、江戸時代中期の武士である。通称は平十郎。肥後国水俣城(現在の熊本県水俣市)に生まれる。父は久保田久兵衛。母は西村氏の娘。 豪秀は寛文5年(1665年)、25歳の時に水俣藩主・松平忠之に仕えた。忠之は豪秀の才能を見抜き、側近として重用した。豪秀は忠之の信頼に背かず、藩政に尽力した。 延宝8年(1680年)、忠之が死去すると、其の嫡男・松平忠房が家督を継いだ。忠房は幼少であったため、豪秀が藩政を代行した。豪秀は忠房を補佐して藩政を安定させ、藩の財政を再建した。 元禄2年(1689年)、豪秀は水俣藩の重臣である西村氏を斬殺した。西村氏は豪秀の政敵であり、豪秀は西村氏を排除するため、密かに殺害を命じたのである。この事件は、豪秀の残忍さを示すものとして、世間に大きな衝撃を与えた。 元禄5年(1692年)、豪秀は52歳の時に死去した。死因は天然痘である。豪秀の死後、水俣藩は混乱に陥った。忠房は若くして藩主に就いたため、藩政を掌握することができず、藩内は内紛が続いた。 豪秀は、水俣藩の発展に貢献した功績のある人物である一方、西村氏を殺害した残忍な面もあった。豪秀の生涯は、まさに江戸時代の武士の生き様を体現している。
芸術家

出目満茂 – 江戸時代前期・中期の能面師

出目満茂の生い立ちと経歴 出目満茂(幺目満茂、1572年 - 1650年)は、江戸時代前期・中期の能面師。本姓は清原。剃髪後、宗政を名乗る。通称は伴五右衛門。能面大成者の第一人者であり、特に鬼神面を得意とした。 出目満茂は、1572年に備中国浅口郡鴨方(現在の岡山県浅口市鴨方町)に生まれた。彼の幼少期についてはあまり知られていないが、若い頃から能面師の道を志し、京都で修業を積んだと考えられている。その後、江戸に拠点にして活躍した。 出目満茂は、能面師として卓越した技術を持ち、特に鬼神面を得意とした。彼の鬼神面は、リアルで迫力のある表情が特徴で、多くの人々を魅了した。また、出目満茂は、能面師としての活動だけでなく、能楽の研究にも熱心に取り組み、多くの著作を残した。 出目満茂は、江戸時代における能面師の第一人者として活躍し、彼の作品は現在も多くの能楽堂で大切に保管されている。彼の功績は、能楽の歴史において大きな意味を持っており、今日でも多くの人々に愛され続けている。
芸術家

「西村彦兵衛」

-江戸時代中期の漆器商 西村彦兵衛- 西村彦兵衛は、江戸時代中期の漆器商である。 1. -生涯- 彦兵衛は、1725年(享保10年)に越前国丹生郡(現在の福井県丹生郡越前町)に生まれた。幼少の頃から漆器の製造技術を学び、長じて江戸に出て漆器の製造販売を始めた。 2. -事業拡大- 彦兵衛は、明暦の大火(1657年)で焼失した江戸城の再建に際し、漆器の注文を受けた。この仕事で彦兵衛は成功し、江戸有数の漆器商となった。 3. -漆器の改良- 彦兵衛は、漆器の製造技術の改良にも努めた。彦兵衛は、漆器に象嵌(ぞうがん)や蒔絵(まきえ)などの技法を施し、より美観のある漆器を作った。また、彦兵衛は、漆器の耐久性を高めるため、新しい漆の調合方法を開発した。 4. -漆器文化の普及- 彦兵衛は、漆器文化の普及にも貢献した。彦兵衛は、漆器の販売だけでなく、漆器の製造技術を教えるなど、漆器文化の普及に努めた。 5. -評価- 彦兵衛は、江戸時代中期の代表的な漆器商であり、漆器文化の普及に貢献した。彦兵衛の漆器は、現在でも高く評価されており、多くの美術館に所蔵されている。
芸術家

狩野周信 – 江戸時代前期・中期の画家

- 狩野周信の生涯と略歴 狩野周信(かのう ちかのぶ、1604年 - 1677年4月16日)は、江戸時代前期・中期の画家。狩野派の生まれで、狩野探幽に師事。狩野家再興の中心的存在として活躍し、京都、江戸、大坂で作品を残した。 周信は、1604年(慶長9年)に、京都で生まれた。狩野家の一族である狩野長信の次男として生まれる。幼い頃から絵を学び、1625年(寛永2年)に狩野探幽の弟子となる。探幽の工房で修業を積んだ周信は、1631年(寛永8年)に独立して画業を開始する。 周信の画風は、探幽の影響を強く受けている。しかし、周信は次第に独自の画風を確立していく。周信の画風の特徴は、豪快でダイナミックな筆致と、鮮やかな色彩である。周信は、花鳥画、山水画、人物画など、幅広いジャンルの作品を制作している。 周信は、1634年(寛永11年)に京都から江戸に移住する。江戸では、将軍家や大名など、権力者のパトロンを得て活躍した。周信は、1647年(正保4年)に、京都に帰郷するが、1655年(明暦元年)に再び江戸に移住する。その後、周信は江戸で没するまで、江戸を拠点に活動した。 周信は、狩野派の再興に貢献した画家として知られている。周信の死後、狩野派は衰退していくが、周信の弟子である狩野常信が、狩野派の中興の祖として活躍した。
歴史上の偉人

河浪自安(1635-1719)

河浪自安の生涯 河浪自安は、1635年に京都に生まれました。幼名は祥一郎、字は子安、号は石庵・白隠です。父は、儒学者であり医師であった河浪右近、母は、美濃の国石徹白(いしずちしろ)の豪族の娘であった高子です。自安は、3人の兄弟の末っ子として生まれ、幼少の頃から聡明で、学問を好み、儒学や仏教、儒学を学びました。 1651年、自安は17歳の時に、京都の妙心寺にある退蔵院で、禅宗の修行を始めます。退蔵院は、室町時代後期に、花園天皇の皇子である尊鎮法親王が開いた寺であり、当時の禅宗の重要拠点の一つでした。自安は、退蔵院で、臨済宗の禅を学び、1654年に、印可を得て、禅僧となりました。 1655年、自安は、退蔵院を離れ、諸国を巡遊する修行の旅に出ます。この旅の中で、自安は、各地の禅師や学者と出会い、仏教や儒学について学びを深めました。また、この旅の中で、自安は、日本の庶民の生活や文化にも触れ、庶民の苦しみや喜びを理解するようになりました。 1661年、自安は、京都に戻り、円福寺に住職となります。円福寺は、鎌倉時代初期に、円爾弁円が開いた寺であり、当時の禅宗の重要拠点の一つでした。自安は、円福寺で、禅の修行と教学に励み、多くの弟子を育成しました。また、自安は、円福寺で、庶民向けの説法を行い、庶民の教化にも努めました。 1680年、自安は、江戸に招かれ、東叡山寛永寺に住職となります。寛永寺は、徳川家康が開いた寺であり、江戸における禅宗の総本山でした。自安は、寛永寺で、禅の修行と教学に励み、多くの弟子を育成しました。また、自安は、寛永寺で、徳川将軍家や幕府の要人たちと交流し、政治や社会問題について議論を交わしました。 1719年、自安は、寛永寺で死去しました。享年85歳でした。自安は、臨済宗の禅僧として、仏教の教えを説き、庶民の教化にも努め、また、政治や社会問題について議論を交わしました。自安の思想と実践は、日本の近代化に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

尊梁女王の江戸時代中期の皇族

尊梁女王の生涯 尊梁女王は、江戸時代中期の皇族です。父は伏見宮邦忠親王、母は園基音の娘・邦寿。兄に92代伏見宮貞建親王、弟に93代伏見宮貞敬親王、95代伏見宮貞教親王、96代伏見宮貞潔親王、伏見宮邦永親王、伏見宮邦家親王、94代伏見宮貞成親王、97代伏見宮貞敦親王、98代伏見宮貞行親王がいます。 尊梁女王は、宝永7年(1710年)、伏見宮邦忠親王の第九皇女として誕生しました。幼名は久宮(ひさのみや)です。享保5年(1720年)、11歳の時に、霊元天皇の養女となり、東宮(後の桜町天皇)のもとに降嫁しました。このとき、尊梁女王は16歳でした。 桜町天皇との間には、二女をもうけましたが、いずれも夭折しました。また、享保11年(1726年)、桜町天皇が崩御した後も、約30年間、江戸城西の丸に居住しました。 延享2年(1745年)、尊梁女王は、36歳で薨去しました。法名は、清浄院です。 尊梁女王は、在位中に多くの和歌を詠み、書もよくしました。また、絵画にも優れており、多くの作品を残しています。 尊梁女王の和歌は、江戸時代の和歌集『紀伊家百首』に収められています。また、書は、京都の妙法院に伝わる『尊梁女王筆御詠歌』などが代表作です。 また、絵画は、京都の二条城に伝わる『尊梁女王筆花鳥図』などが代表作です。
芸術家

大岡春川:日本の美の描写に捧げた生涯

大岡春川日本の美の描写に捧げた生涯 大岡春川の生い立ちと生涯 大岡春川は、1735年(享保20年)に江戸に生まれました。幼い頃から和歌や漢詩を学び、17歳で旗本見習いとなりました。1764年(明和元年)に、29歳の若さで旗本となり、以後、老中や若年寄などの要職を歴任しました。 春川は、仕事の傍らで和歌や漢詩を詠み続け、1778年(安永7年)に歌集『春川集』を出版しました。この歌集は、江戸時代の和歌集の中で最も優れた作品の一つとされ、多くの歌人に影響を与えました。 春川は、1780年(安永9年)に45歳の若さで亡くなりました。しかし、彼の作品は死後も読み継がれ、現在でも多くの日本人に愛されています。 春川の歌は、日本の四季の美しさや、人生の哀歓を詠んだものが多く、その繊細な表現と美しい言葉遣いで知られています。また、春川は、和歌の伝統的な形式にこだわりながらも、新しい表現に挑戦するなど、和歌の革新にも貢献しました。 春川は、日本の美の描写に生涯を捧げた偉大な歌人であり、その作品は今も多くの人々に愛され続けています。
歴史上の偉人

金子楽山について

-金子楽山の生涯- 金子楽山は、1880年(明治13年)6月23日に、京都市で生まれました。本名は金子武八です。 10歳の頃から、地元の書道塾に通い始め、15歳の時には、京都府の書道展で入選を果たしました。 その後、1901年(明治34年)に上京し、日本書道院に入門します。 1902年(明治35年)には、日露戦争に出征し、1年間従軍しました。 1910年(明治43年)に、日本書道院を退会し、独立します。 1912年(大正元年)には、京都府立第一中学校の教諭に就任し、1923年(大正12年)まで務めました。 この間、1915年(大正4年)には、京都書道会を設立し、書道の普及に努めました。 1923年(大正12年)に、大阪商科大学の教授に就任し、1937年(昭和12年)まで務めました。 この間、1926年(昭和元年)には、大阪書道院を設立し、書道の普及に努めました。 1937年(昭和12年)に、大阪商科大学を退職し、書道に専念するようになりました。 1940年(昭和15年)には、日本書道会の理事長に就任し、1945年(昭和20年)まで務めました。 1946年(昭和21年)には、新日本書道院を設立し、書道の普及に努めました。 1953年(昭和28年)には、文化功労者に選出されました。 1954年(昭和29年)には、日本書道院の顧問に就任し、1961年(昭和36年)まで務めました。 1959年(昭和34年)には、京都市名誉市民に選出されました。 1961年(昭和36年)4月24日に、心不全のため、大阪府吹田市で亡くなりました。享年80歳でした。
研究者

中村政栄-江戸時代前期-中期の和算家

生い立ちと生涯 中村政栄は、江戸時代前期~中期の和算家です。寛永18年(1641年)、相模国足柄下郡中村(現在の神奈川県南足柄市中村)に生まれました。幼い頃から算術に優れた才能を示し、16歳で江戸に出て、関孝和の弟子となります。関孝和は、和算の祖と呼ばれる偉大な数学者であり、中村政栄は彼の指導の下で和算の奥義を学びました。 22歳のとき、中村政栄は「塵劫記」という和算の書物を著します。これは、それまでの和算の知識を体系的にまとめたもので、和算の教科書として広く用いられました。また、中村政栄は「割算書」や「比例算法」など、他の和算の書物も著しています。 中村政栄は、和算の分野で多くの功績を残しました。特に、分数や方程式の分野において、新しい方法を考案し、和算の発展に大きく貢献しました。また、中村政栄は、弟子を多く育て、和算の普及に努めました。 元禄10年(1697年)、中村政栄は57歳で亡くなりました。しかし、彼の残した和算の書物は、その後も長く和算の教科書として用いられ、和算の発展に大きな影響を与えました。