京極高品

歴史上の偉人

京極高品 – 江戸時代中期~後期の大名

- 京極高品とは 京極高品(きょうごく たかくに)は、江戸時代中期から後期にかけての大名。丹波国峰山藩(但馬国に転封)の第4代藩主で、第3代藩主・京極高富の三男。母は松平信綱の娘・栄寿院。正室は戸沢正庸の娘・豊寿院。通称は弥七郎。官位は従五位下・右京大夫。 京極高品は、享保14年(1729年)に江戸で生まれる。元文元年(1736年)に父が死去したため、家督を継いで峰山藩主となる。藩政においては、財政再建や殖産興業に努めた。また、学問を奨励し、藩校「成徳館」を創設した。明和元年(1764年)に但馬国出石藩に転封され、寛政6年(1794年)に死去する。享年66。
歴史上の偉人

京極高有→ 丹後から但馬に移封された大名の生涯

-京極高有の生涯- 京極高有は、室町幕府の守護大名です。丹後国(現在の京都府北部)の守護大名だった京極家当主で、戦国時代に但馬国(現在の兵庫県北部)に移封されました。1529年、丹後守護代・神尾守氏と対立し、応仁の乱で一時没落。その後、後奈良天皇に接近し、1543年に丹後守護に任命された。1548年に但馬に移封され、豊岡城を築城して居城とした。 高有は、但馬で戦国大名として勢力を拡大し、但馬一国を平定しました。1578年に死去するまで、但馬を治め、京極家を但馬の有力な戦国大名に育て上げました。 高有は、優秀な武将として知られており、数々の戦いで活躍しました。1554年の川中島の戦いで、武田信玄と戦って敗れたが、1560年の桶狭間の戦いで、今川義元を討ち取っている。また、1570年の姉川の戦いで、浅井長政と朝倉義景を破り、織田信長に勝利した。 高有は、茶人としても知られており、数多くの茶会を催しました。また、和歌を好み、茶道具や和歌の著書を残している。1578年に死去した後は、長男の京極忠高が家督を継いだ。