京都の人

歴史上の偉人

「上田元冲」

- 上田元冲の生涯 上田元冲(1868-1934)は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本の俳人である。元冲は、明治維新の翌年に越前国丸岡(現在の福井県坂井市丸岡町)に生まれた。幼名は政太郎、後に元治と改名した。 元冲は、10歳の頃から句作を始め、17歳の時に上京して俳人・正岡子規の門下に入った。子規は、元冲の才能を高く評価し、元冲は子規の薫陶を受けて俳句の道を究めた。 元冲は、1895年に処女句集『山うぐひす』を出版し、1902年に第二句集『海紅』を出版した。这两句集は、元冲の俳句の代表作として知られている。元冲は、1912年に俳誌『ホトトギス』の主宰となり、1926年に俳誌『風花』を創刊した。元冲は、これらの俳誌を通して、俳句の革新を図った。 元冲は、1934年に66歳で死去した。元冲の死後、元冲の俳句は高く評価され、元冲は日本を代表する俳人の一人として知られるようになった。 - 上田元冲の俳句の特徴 元冲の俳句は、写生を重視しており、日常のありふれた風景を、ありのままに詠んだ句が多い。元冲は、俳句は「嘘を言わない」ものであるべきだと主張し、虚構や誇張を排した俳句を詠んだ。 元冲の俳句は、また、言葉の美しさにもこだわっている。元冲は、俳句は「言挙げ」の芸術であるべきだと主張し、美しい言葉を使って俳句を詠んだ。元冲の俳句は、その美しい言葉遣いで多くの人々を魅了した。 - 上田元冲の代表作 元冲の代表作には、以下の句がある。 * 「山うぐひす鳴きて雲ほととぎす」 * 「海紅豆や夕べにうつむく墓の碑」 * 「風花の夕空晴れて雪ぼたん」 * 「木犀は香り立つなり秋の暮」 * 「落椿や墓地の隅の石二つ」 これらの句は、いずれも元冲の俳句の特徴である写生と美しい言葉遣いが顕著に表れている。元冲の俳句は、日本の俳句史に大きな影響を与え、現在でも多くの人々に愛されている。
芸術家

「禄山」

-禄山の系譜- 禄山は、中国唐代の反乱指導者・藩鎮節度使。安史の乱の首謀者として知られている。彼の系譜は、以下の通りである。 -父 禄仁智- 禄仁智は、突厥の出身で、隋末に唐に帰順した。李渊に仕えて功績を挙げ、右武衛将軍まで昇進した。 -母 阿史那氏- 阿史那氏は、突厥の可汗である阿史那始畢可汗の娘である。禄仁智と結婚し、禄山を産んだ。 -兄 禄元礼- 禄元礼は、禄山の兄で、禄仁智の長男である。父と共に唐に仕え、左金吾大将軍まで昇進した。 -弟 禄承恩- 禄承恩は、禄山の弟で、禄仁智の次男である。兄と共に唐に仕え、懐州刺史に任命された。 -禄山の息子たち- 禄山には、4人の息子がいた。 * 禄同秀 * 禄延翰 * 禄承康 * 禄子興 禄同秀は、禄山の長男で、安史の乱で父と共に反乱を起こした。しかし、乱中に部下に殺害された。 禄延翰は、禄山の次男で、禄同秀の死後、反乱軍を率いた。しかし、唐軍に敗れて処刑された。 禄承康は、禄山の三男で、兄の死後、反乱軍を率いた。しかし、唐軍に敗れて降伏した。 禄子興は、禄山の四男で、兄たちとは異なり、反乱には参加しなかった。唐の官僚として仕え、太子詹事に任命された。 -禄山の娘- 禄山には、1人の娘がいた。 * 禄氏 禄氏は、禄山の唯一の娘である。安史の乱後、唐の玄宗皇帝の寵妃となった。 -禄山の孫たち- 禄山には、4人の孫がいた。 * 安慶緒(安禄山の養子) * 安慶恩(安禄山の養子) * 安慶寿(安禄山の養子) * 安慶宗(安禄山の養子) 安慶緒は、安禄山の養子で、安史の乱で父と共に反乱を起こした。父の死後、反乱軍を率いて唐軍と戦ったが、敗れて処刑された。 安慶恩は、安禄山の養子で、安慶緒の弟である。兄と共に反乱を起こし、唐軍と戦ったが、敗れて処刑された。 安慶寿は、安禄山の養子で、安慶緒の弟である。兄たちと共に反乱を起こし、唐軍と戦ったが、敗れて処刑された。 安慶宗は、安禄山の養子で、安慶緒の弟である。兄たちと共に反乱を起こし、唐軍と戦ったが、敗れて処刑された。
歴史上の偉人

青木如水→ 千家流の茶人

- 生没年不詳の江戸時代中期の茶人 青木如水は、江戸時代中期の茶人である。生没年は不詳だが、寛政4年(1792年)に刊行された『茶道古今伝書』にその名が記されており、この頃にはすでに活躍していたと推測される。 青木如水は、千家流の茶人であり、茶祖・千利休の孫である千宗旦に師事した。千宗旦からは、茶道の奥義を授けられ、茶人としての高い評価を得た。 青木如水は、茶道に関する著書を多く残しており、その中には『青木如水茶書』や『茶道便蒙』などがある。これらの著書は、茶道の基本的な心得や作法について詳しく解説されており、現在でも多くの茶人から愛読されている。 青木如水は、茶人としてだけでなく、書家としても活躍した。その書風は、流麗で繊細であり、多くの書画を遺している。青木如水の書画は、現在でも茶人や書道家から高く評価されている。 青木如水は、茶道と書の両分野で活躍した、江戸時代中期の代表的な文化人である。その功績は大きく、現在でも多くの人々に影響を与えている。 青木如水の茶道の思想は、自然を尊び、茶の湯を通じて人と人とが心を通わせることを大切にするというものであった。また、青木如水は、茶道は単なる作法ではなく、人間性を磨くための修行であると説いた。 青木如水の茶道の思想は、千家流の茶道に大きな影響を与え、現在でも多くの茶人から受け継がれている。また、青木如水の著書は、茶道の基本的な心得や作法を学ぶための貴重な資料として、現在でも多くの人々に読まれている。
芸術家

「渡辺素平」

-渡辺素平とは?- 渡辺素平(わたなべ・そへい、1901年(明治34年)12月7日 - 1975年(昭和50年)1月20日)は、日本の実業家。良品廉価主義を唱え「日本の五島慶太」と呼ばれた。 -略歴- 1901年(明治34年)12月7日、熊本県下益城郡砥川村(現・宇城市)に生まれる。 1924年(大正13年)、早稲田大学商学部を卒業。 1926年(大正15年)、丸紅福岡支店に勤務。 1930年(昭和5年)、福岡市に「渡辺百貨店」を開業。 1939年(昭和14年)、渡辺百貨店を株式会社化し、社長に就任。 太平洋戦争中は、軍需工場の経営などにあたる。 1945年(昭和20年)、渡辺百貨店の福岡支店が空襲で焼失。 1949年(昭和24年)、渡辺百貨店の福岡本店を再建。 1950年(昭和25年)、東京都に「渡辺百貨店東京店」を開業。 1952年(昭和27年)、渡辺百貨店を「株式会社渡辺」に商号変更。 1958年(昭和33年)、「株式会社渡辺」が上場。 1965年(昭和40年)、渡辺百貨店東京店を閉店。 1975年(昭和50年)1月20日、死去。享年73。 -業績- 渡辺素平は、良品廉価主義を唱え、低価格帯の商品を販売することで、渡辺百貨店を急成長させた。 また、全国に支店を展開し、流通業界の近代化に貢献した。 晩年は、日本百貨店協会の会長や通商産業大臣を歴任した。 -評価- 渡辺素平は、戦後日本の流通業界の発展に貢献した功績が評価されている。 1975年に死去した後は、勲一等瑞宝章を追贈された。 また、渡辺百貨店の経営理念は、現在も「渡辺グループ」に引き継がれている。
研究者

「加藤誠之」(1805-1862 江戸時代後期の和算家)

- 七流兼学算儒加藤誠之 加藤誠之(1805-1862)は、江戸時代後期の和算家で、天文や暦学にも精通し、蘭学や漢学にも通じた博学の士でした。 誠之は、播磨国佐用郡生まれで、「七流兼学算儒」と称されたように、和算では、関流、雄谷流、西村流、椿井流、大竹流、松本流、平田流の七流派を兼ね修めていました。また、暦学では、渋川春海の「暦学筌蹄」を学び、天文学では、関孝和の「暦象新書」や平賀源内の「暦学啓蒙」などを研究しました。さらに、蘭学では、蘭書を翻訳して天文や機械に関する知識を吸収し、漢学では、儒教の経典を読み解いて、その思想を学びました。 誠之は、その博学を活かして、多くの著作を残しています。主な著作には、「算法開宗記」、「算法秘伝」、「暦算総論」、「天学初歩」、「物理学啓蒙」、「儒学入門」などがあります。これらの著作は、当時の知識人たちに広く読まれ、日本の科学の発展に貢献しました。 誠之は、1862年に58歳で亡くなりましたが、その死後もその業績は高く評価され、日本数学史上に残る偉大な数学者として知られています。
芸術家

赤松鶴年-江戸時代後期の画家

-赤松鶴年の生涯- 赤松鶴年は、1774年に現在の岡山県に生まれ、1852年に亡くなった江戸時代後期の画家です。本名は赤松義周といい、鶴年は号です。 鶴年は、幼い頃から絵に興味を持ち、地元の画家である沼田月舟に師事して絵を学びました。18歳の時に江戸に出て、狩野派の画家である狩野典信に師事します。鶴年は、師匠から絵の手ほどきを受け、狩野派の画風を学びました。 その後、鶴年は京都に移り住み、円山派の画家である円山応挙に師事します。応挙は、鶴年の才能を見抜き、鶴年を弟子として迎え入れました。鶴年は、応挙から絵の手ほどきを受け、円山派の画風を学びました。 鶴年は、応挙の死後、京都の画壇で活躍するようになります。鶴年は、狩野派と円山派の画風を融合した独自の画風を確立し、多くの作品を残しました。鶴年の作品は、写生を重視したもので、自然の美しさをリアルに表現しています。 鶴年は、1852年に京都で亡くなりました。享年79歳でした。鶴年は、江戸時代後期の日本画壇を代表する画家の一人として知られています。
芸術家

河北桃浪〜書道の達人〜

-河北桃浪の生涯- 河北桃浪は、1875年(明治8年)に、現在の岐阜県大垣市に生まれました。本名は、河合徳蔵です。幼少の頃から書道を始め、10代の頃にはすでに頭角を現していました。1903年(明治36年)に上京し、日本書道院に入門しました。日本書道院では、横井也有や巌谷一六らに師事し、書道を学びました。 1910年(明治43年)に、日本書道院を退会し、独立しました。1912年(大正元年)に、第1回日本書道展を開催し、書家としてデビューしました。以後、日本書道展に出品を続け、1922年(大正11年)には、日本書道院の審査員に任命されました。 1928年(昭和3年)には、日本書道院を退会し、書道芸術院を創設しました。書道芸術院では、書道教育に力を入れ、多くの書家を輩出しました。1936年(昭和11年)には、書道芸術院を解散し、再び日本書道院に戻りました。 1946年(昭和21年)に、日本書道院の理事長に就任しました。1951年(昭和26年)には、日本芸術院会員に選出されました。1955年(昭和30年)には、文化勲章を受章しました。 河北桃浪は、1957年(昭和32年)に82歳で亡くなりました。河北桃浪は、日本の書道界に大きな足跡を残した偉大な書家です。
作家

「竹山重栄」(?-? 江戸時代前期の俳人)

竹山重栄の生涯について 竹山重栄(たけやま じゅうえい、生没年不詳)は江戸時代前期の俳人。通称は喜三郎。隠居後は退蔵と号した。 竹山重栄の生涯については、謎に包まれている部分が多く、生没年も不詳である。ただし、1625年(寛永2年)頃、京都で生まれたと推定されている。 竹山重栄は、1650年(慶安3年)頃、松尾芭蕉に入門し、蕉門十哲の一人として数えられた。1661年(寛文元年)、芭蕉が江戸に下ると、重栄も同行し、芭蕉庵の近くに居を構えた。 竹山重栄は、芭蕉の忠実な弟子であり、蕉風を忠実に守って作風とした。芭蕉の没後も、蕉風の俳諧を継承し、蕉門の指導者の一人として活躍した。 竹山重栄の俳諧は、芭蕉の教えに従い、自然をありのままに捉え、俳諧に詠み込んだものである。重栄の俳句は、蕉風の特徴である「さび」「しおり」「枯淡」などの趣向が強く感じられる。 竹山重栄は、1682年(天和2年)頃、江戸を離れ、京都に戻った。その後、1687年(貞享4年)には、再び江戸に下ったが、1693年(元禄6年)頃、京都に戻り、そこで没したと推定されている。 竹山重栄は、蕉門十哲の一人として、蕉風の俳諧を継承し、江戸俳壇の発展に貢献した俳人である。
作家

「河野安山」

-河野安山の生涯- 河野安山は、1910年(明治43年)6月9日に広島県広島市で生まれた。父は陸軍軍医総監を務めた河野玄輔、母は陸軍参謀本部次長の娘である。安山は幼少期から成績優秀で、1923年(大正12年)には旧制広島高校に進学。高校時代は柔道部に所属し、黒帯を取得している。 1928年(昭和3年)に東京帝国大学法学部に入学。在学中は、学生運動にも参加し、1931年(昭和6年)には日本共産党に入党。1933年(昭和8年)には、大学の卒業とともに共産党の専従活動家となる。 1934年(昭和9年)に、安山は治安維持法違反で逮捕され、懲役10年の判決を受ける。しかし、1940年(昭和15年)に恩赦で釈放された。その後、安山は中国大陸に渡り、1942年(昭和17年)から1945年(昭和20年)まで中国共産党の抗日活動に参加した。 1945年(昭和20年)に、安山は日本に帰国し、共産党の再建活動に参加。1946年(昭和21年)には、共産党の第6回全国大会で中央委員に選出された。その後、安山は共産党の幹部として、党の指導部で活躍した。 1950年(昭和25年)に朝鮮戦争が勃発すると、安山は共産党の指示で北朝鮮に渡り、朝鮮人民軍の最高司令官を務めた。しかし、安山は北朝鮮軍の敗退とともに、1951年(昭和26年)に中国に亡命した。 1955年(昭和30年)に、安山は中国から帰国し、共産党の活動に復帰。1960年(昭和35年)には、共産党の書記長に就任した。安山は書記長として、党の路線を反米・反政府路線に転換し、党の勢力拡大に努めた。 1966年(昭和41年)に中国で文化大革命が勃発すると、安山は文化大革命を支持し、党内の反中派を排除した。しかし、安山の路線は党内で孤立を深め、1969年(昭和44年)に書記長を罷免された。 安山は書記長を罷免された後も、党内で活動を続けたが、1972年(昭和47年)に脳梗塞で倒れ、闘病生活を余儀なくされた。1976年(昭和51年)10月12日に、安山は76歳で死去した。
研究者

「山川東林」(1784-1844)

- 山川東林の経歴 山川東林は、1784年(天明4年)に江戸で、幕臣・山川八郎左衛門の次男として生まれました。幼名は久三郎といい、はじめ父や平賀源内、大窪詩仏らに学び、その後、本草学の大家である小野蘭山に師事して本草学を修めました。 1805年(文化2年)、22歳のときに蘭学を学び始め、シーボルトの来日後は、その弟子となって蘭方医学や西洋の学問を学びました。1811年(文化8年)には、シーボルトとともに長崎に赴き、そこで蘭学医として活躍しました。1817年(文化14年)には、江戸に戻り、シーボルトの開いた鳴滝塾で蘭学を教授しました。 1823年(文政6年)、シーボルトが国外追放処分を受けた後、山川東林は、その代わりに長崎のオランダ商館医となり、1826年(文政9年)からは、江戸のオランダ商館の医師となりました。1830年(天保元年)には、シーボルトの弟子である高野長英とともに、日本初の西洋医学の教科書である「西洋医学辞書」を著しました。 1839年(天保10年)、蘭学を禁止する蛮社の獄が起こると、山川東林は、高野長英や渡辺崋山とともに逮捕されました。1844年(天保15年)、獄中で病死しました。61歳でした。 山川東林は、蘭学を日本に紹介し、日本の近代化に貢献した先駆者の一人です。その業績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

古市紹意→ 戦国時代の茶人

- 古市紹意の生涯 古市紹意は、戦国時代の茶人で、茶道史上、最も重要な人物の一人です。1522年に京都に生まれ、幼名は弥吉でした。1540年頃、堺の茶人・津田宗及に入門し、茶道を学びました。その後、1551年に上洛して、足利義輝に仕えました。1558年に近江の国主となった六角義賢に茶頭として召し抱えられ、1568年に六角氏が滅亡するまで茶頭を務めました。その後、織田信長に仕え、1582年に本能寺の変で信長が自害した際には、茶人として信長の介錯を務めました。 1585年に豊臣秀吉に仕え、茶頭として茶事を催しました。1598年に秀吉が死去した後は、徳川家康に仕え、茶頭として茶事を催しました。1611年に死去しました。 古市紹意は、茶道史上、最も重要な人物の一人であり、茶の湯の精神性を重視した茶道観を確立しました。また、茶室の構造や茶道具の配置など、茶道の形式を整備しました。 古市紹意の茶道観は、茶の湯の精神性を重視したものでした。古市紹意は、茶の湯は単なる趣味ではなく、精神修養の手段であると考えました。茶の湯を通して、人は心の平安を得ることができ、人間性を高めることができるのです。 古市紹意の茶道観は、後の茶道に大きな影響を与えました。千利休、上田宗箇、松尾芭蕉など、古市紹意の茶道観を継承した茶人は多く、古市紹意は茶道史上、最も重要な人物の一人として知られています。
芸術家

「東坡軒」について

-「東坡軒」と元禄時代の役者評判記- 「東坡軒」は、元禄時代(1688~1704年)に活躍した歌舞伎役者、東洲斎写楽が晩年に建てた別荘です。「東洲斎」は、写楽が歌舞伎役者として名乗っていた俳諧号であり、「東坡軒」は、中国の文人、蘇軾の号「東坡居士」に由来しています。 「東坡軒」は、江戸の郊外、本郷村の南に位置していました。この場所は、現在の上野公園の近くにあたり、当時は江戸庶民の行楽地として人気を博していました。「東坡軒」は、写楽が隠居するために建てた別荘でしたが、多くの歌舞伎役者や文人が集まるサロンとしての役割も果たしていました。 「東坡軒」には、写楽が収集した歌舞伎の台本や役者評判記などが収蔵されていました。役者評判記とは、歌舞伎役者の演技を批評した記録であり、元禄時代には多くの役者評判記が出版されていました。これらの役者評判記は、歌舞伎の歴史や役者の演技を知る上で貴重な資料となっています。 「東坡軒」は、写楽の死後、荒廃してしまいましたが、後に再建され、現在では東京都文京区の根津神社境内に移築されています。移築された「東坡軒」は、一般公開されており、写楽の遺品や役者評判記などを見ることができます。 元禄時代は、歌舞伎が大きく発展した時代でした。この時代に活躍した写楽は、歌舞伎の革新に大きな役割を果たした人物です。「東坡軒」は、写楽の功績を偲ぶとともに、歌舞伎の歴史を知る上で重要な場所となっています。
芸術家

百々玉翁 – 江戸時代後期の蒔絵師

-百々玉翁の生涯- 百々玉翁(ももたまだまおう)は、江戸時代後期の蒔絵師です。本名は百々田玉翁(ももただたまおう)といい、「百々玉」は号です。1764年(宝暦14年)に江戸に生まれ、1839年(天保10年)に76歳で亡くなりました。 百々玉翁は、幼い頃から絵画や蒔絵に興味を持ち、独学で絵画と蒔絵を学びました。18歳の頃に蒔絵師としてデビューし、すぐにその才能を認められました。20代前半には、江戸城や大名屋敷の蒔絵を手がけるようになりました。 30代になると、百々玉翁は蒔絵の新しい技法を開発しました。それまでの蒔絵は、金粉や銀粉を漆に混ぜて塗るというものでしたが、百々玉翁は、金粉や銀粉を漆に混ぜずに、直接蒔くという技法を開発しました。この技法によって、より繊細で美しい蒔絵を制作することができるようになりました。 百々玉翁の蒔絵は、その繊細さと美しさで評判になり、江戸時代後期を代表する蒔絵師として知られるようになりました。彼の蒔絵は、国内外で高く評価されており、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されています。 百々玉翁は、蒔絵師としてだけでなく、絵師としても活躍しました。彼の絵画は、花鳥画や山水画を得意とし、その画風は、写生に基づいた写実的なものでした。彼の絵画も、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されています。 百々玉翁は、江戸時代後期を代表する蒔絵師であり、絵師でした。彼の蒔絵と絵画は、その繊細さと美しさで評判になり、現在でも多くの人々に愛されています。
芸術家

百々広年→ 江戸時代後期の画家

- 百々広年の人物像 - 百々広年は、江戸時代後期の日本画家。通称は半三郎、別名は重政。号は風声。生没年は1793年(寛政5年)から1869年(明治2年)である。 広年は、京都で生まれ、幼い頃から絵を好んで描いたと言われている。後に、谷文晁に入門し、南画を学んだ。文晁の没後は、その弟子の椿椿山に師事した。 広年は、南画の伝統的な技法を踏襲しながらも、独自の画風を確立した。その絵は、写実的で細部にまでこだわった描写が特徴である。また、色彩も華やかで、見る者の目を引く。 広年は、主に山水画や花鳥画を描いた。代表作には、「富士山三十六景」や「百花譜」などがある。これらの作品は、現在でも多くの人々に愛されている。 広年は、画業だけでなく、教育者としても活躍した。1834年(天保5年)に、京都に画塾「広年塾」を開設し、多くの弟子を育てた。広年塾からは、椿椿山や菊池容斎など、後に日本画壇を代表する画家が輩出した。 広年は、1869年(明治2年)に、京都で亡くなった。享年77歳。広年は、日本画の発展に大きな貢献をした画家として、今日でも高く評価されている。
作家

石井暮四 – 江戸時代前期-中期の俳人

石井暮四の生涯 石井暮四(いしぐれぼし)は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した俳人です。1605年(慶長10年)、近江国(現在の滋賀県)に生まれました。本名は石井宗朝(いしぐれのむねとも)で、俳号は暮四の他に、留月、幸心、魚村、其月、日星など、生涯で20以上を名乗ったと言われています。 暮四は、若い頃から俳諧を学び、1635年(寛永12年)に松尾芭蕉の門下に入りました。芭蕉の1歳年下であり、芭蕉の初期の弟子の一人として知られています。暮四は、芭蕉とともに各地を旅し、俳諧の修行を積みました。1653年(承応2年)には、芭蕉とともに近江国を訪れ、琵琶湖畔で句会を開いています。 芭蕉が晩年に「奥の細道」の旅に出た頃、暮四は芭蕉から俳諧の指南役を託され、江戸に残りました。そして、芭蕉の死後も俳諧の普及に努め、多くの俳人を育てました。特に、芭蕉の死後に芭蕉の俳風を継承した「蕉風俳諧」を確立するのに貢献しました。 暮四は、1693年(元禄6年)に江戸で死去しました。享年89歳でした。暮四は、芭蕉の死後も俳諧の普及に努め、蕉風俳諧を確立するのに貢献した功績から、「蕉門第一の功労者」と呼ばれています。 暮四の句風は、芭蕉の写生を重んじる句風を継承しつつも、独自の工夫を加えて、軽妙洒脱な句を多く残しています。また、暮四は俳論にも優れ、多くの俳論書を残しています。その中でも、特に有名なのが、「続虚栗」「俳諧浅見」「船頭千句解」の3冊です。これらの俳論書は、芭蕉の俳論とともに、蕉風俳諧の理論的根幹をなすものとして高く評価されています。
作家

「藤谷貞兼」について

藤谷貞兼の生涯 藤谷貞兼(ふじたに さだかね、1841年9月26日 - 1911年11月19日)は、日本の実業家、政治家。第七十八国立銀行頭取、元衆議院議員。 1841年9月26日、江戸神田で生まれる。父は藤谷貞寿、母はきよ。弟に藤谷貞吉。1857年、江戸に出向き、明治維新まで町人暮らしをする。1868年、横浜に移り住み、生糸貿易を始める。1873年、第七十八国立銀行頭取に就任。1880年、横浜市会議員に当選。1890年、衆議院議員に当選。1891年、農商務大臣に就任。1894年、日清戦争勃発に伴い、臨時軍事費特別会計委員長に就任。1896年、衆議院議員を辞任。1911年11月19日、死去。享年70。 藤谷貞兼は、横浜の実業家として活躍し、政治家としても活躍した。特に、日清戦争勃発に伴い、臨時軍事費特別会計委員長に就任し、戦争遂行に尽力した。
ミュージシャン

– 津山検校

-津山検校の生涯- 津山検校 (1786~1842) は、日本の音楽家である。尾張国津山村 (現在の愛知県津島市) に生まれ、津山検校の弟子となり、本名を「津山善五郎」という。 津山検校は、幼い頃から音楽に才能を見せ、12歳のときには津山検校の弟子となり、三味線や箏の演奏を学ぶ。18歳のときには、江戸に遊学し、杵屋六三郎と出会い、浄瑠璃の演奏を学ぶ。また、この頃、津山検校の師匠である津山検校が亡くなり、津山検校は津山検校の跡を継いだ。 津山検校は、江戸で活躍し、多くの弟子を輩出した。また、津山検校の演奏は、多くの聴衆を魅了し、津山検校は「江戸三検校」の一人に数えられるようになった。 津山検校は、1842年に57歳で亡くなった。津山検校の死後、津山検校の弟子たちは、津山検校の教えを継承し、日本の音楽の発展に貢献した。
作家

隼士常辰:江戸時代前期の俳人

隼士常辰の生涯と略歴 隼士常辰(俳号常辰)は、江戸時代前期に活躍した俳人で、蕉風の四天王の一人として称えられる。1632年(寛永9年)に、伊予国松山(現在の愛媛県松山市)で生まれた。本名は松尾常辰。父は、松山藩士の松尾常久。母は、松山藩士の娘で、名は不明。常辰は、幼い頃から俳諧に親しみ、16歳の時に、松山藩主の松平定直に謁見して、俳諧の才能を認められた。1653年(承応2年)に、江戸に出て、俳諧師として活動し始めた。1654年(承応3年)に、松尾芭蕉と出会い、芭蕉の門人となった。常辰は、芭蕉の俳諧理念に共感し、芭蕉の俳諧を普及するために尽力した。1661年(寛文元年)に、芭蕉の最初の俳諧集である「誹諧撰集」を編集した。1665年(寛文5年)に、蕉門の俳人である服部嵐雪と論争になり、芭蕉から絶縁された。常辰は、その後も俳諧師として活動を続け、1671年(寛文11年)に、俳諧集「常辰句集」を刊行した。1676年(延宝4年)に、江戸で没した。享年45歳。 常辰は、蕉風の四天王の一人として、芭蕉の俳諧を普及するために尽力した。常辰の俳諧は、芭蕉の俳諧に比べて、叙景的な要素が強く、風雅な世界を表現している。常辰の俳諧は、後世の俳人に大きな影響を与え、日本文学史にその名を刻んでいる。
芸術家

→ 大森照子

大森照子 大森照子の生い立ちと経歴 大森照子は、1936年3月8日、東京都に生まれた。父は会社員、母は主婦であり、姉と弟の4人きょうだいの長女である。彼女は幼い頃から勉強熱心で、小学校、中学校、高校と成績優秀で通った。特に数学と理科を得意としており、将来は理工系の分野で活躍したいと考えていた。 高校卒業後、彼女は東京大学理学部数学科に入学した。大学でも彼女は成績優秀で、卒業後は大学院に進学した。大学院では、数理物理学を専攻し、1966年に博士号を取得した。 博士号取得後は、彼女は東京大学理学部数学科の助手として勤務した。1970年には、助教授に昇進し、1975年には、教授に昇進した。彼女は、東京大学で数理物理学の研究と教育に携わり、多くの優れた研究成果を上げた。 1985年、彼女は東京大学を退職し、中央大学理工学部教授に就任した。中央大学でも彼女は数理物理学の研究と教育に携わり、多くの優れた研究成果を上げた。2001年に定年退職するまで、彼女は中央大学で教鞭をとった。 大森照子は、数理物理学の分野で数多くの研究成果を上げ、国際的に高い評価を得ている。彼女は、1983年に仁科芳雄賞、1987年に朝日賞、1990年に日本学士院賞、1993年に文化功労者など、数多くの賞を受賞している。 大森照子は、数理物理学の分野で優れた研究成果を上げただけでなく、女性科学者の育成にも尽力した。彼女は、1995年に日本女性科学者の会を設立し、初代会長を務めた。また、彼女は、多くの女性科学者を指導し、彼女たちが活躍する機会を広げることに貢献した。 大森照子は、2019年1月24日に82歳で亡くなった。彼女は、数理物理学の分野に大きな功績を残した偉大な科学者であり、女性科学者の育成に尽力した偉大な教育者であった。
作家

– 左橋橙雨

- 左橋橙雨の生涯 左橋橙雨は、1869年(明治2年)1月12日に京都府京都市左京区に生まれました。本名は、坂井重次郎です。1892年(明治25年)に東京帝国大学法科大学を卒業した後、司法省に入省しました。しかし、1895年(明治28年)に病気を理由に退官し、文筆業に専念するようになりました。 左橋橙雨は、1897年(明治30年)に「最暗黒の東京」を発表し、文壇デビューを果たしました。この作品は、東京の下町の貧民街を舞台にした小説で、社会問題を鋭く取り上げています。その後、左橋橙雨は「腐敗」や「東京の宿」などの作品を発表し、社会派小説家として人気を博しました。 1900年(明治33年)には、左橋橙雨が編集長を務める雑誌「新小説」が創刊されました。「新小説」は、夏目漱石や森鷗外、泉鏡花などの文豪の作品を掲載し、文壇に大きな影響を与えました。 左橋橙雨は、1904年(明治37年)に肺結核で亡くなりました。享年35歳でした。左橋橙雨は、短命でしたが、その作品は社会問題を鋭く取り上げ、文壇に大きな影響を与えました。 左橋橙雨の生涯は、波瀾万丈でした。しかし、彼は逆境にも負けず、文筆業に専念し、社会派小説家として人気を博しました。彼の作品は、今もなお多くの人々に読み継がれています。
作家

内本宗英についての考察

-内本宗英の生涯と作品- 内本宗英は、1949年、東京都に生まれた彫刻家です。東京藝術大学彫刻科を卒業後、渡欧し、イタリアやドイツで研鑽を積みました。帰国後は、彫刻の制作に励み、国内外で高い評価を得ています。 内本宗英の作品は、主に金属や石などの無機質な素材を用いて制作されています。それらの素材を組み合わせることで、重厚感がありながらも軽やかな造形を生み出しています。また、内本宗英の作品には、自然や宇宙などを取り入れたものが多く、壮大なスケ感を感じさせるものも少なくありません。 内本宗英の代表作のひとつに、「大地」があります。この作品は、高さ約10メートル、幅約20メートルという巨大な彫刻で、金属製の土塊が地面に横たわるように配置されています。この作品は、大地の力強さや重厚感を表現しており、内本宗英の彫刻の真骨頂といえるでしょう。 また、内本宗英は、「宇宙」というテーマの作品も数多く制作しています。その代表作のひとつに、「宇宙への旅」があります。この作品は、金属製の宇宙船が宇宙を飛ぶ様子を表現しており、宇宙の広大さや神秘さを感じさせる作品です。 内本宗英の作品は、その重厚感と軽やかさ、そして壮大なスケ感で、見る者を圧倒します。また、その作品には、自然や宇宙などに対する内本宗英の思いが込められており、見る者の心に響きます。
芸術家

吉田偃武-江戸時代後期の画家と思しき人物

-吉田偃武について- 吉田偃武は、江戸時代後期の画家と思しき人物です。本名は吉田武一郎で、淡斎と号しました。越前国坂井郡安宅の出身で、京都に出て絵を学びました。 偃武の画風は、狩野派や円山派の影響を受けた、写実的で華やかなものです。人物画や花鳥画を得意とし、特に美人画に優れていました。 偃武は、京都で活躍した画家として知られていますが、その生涯についてはあまりわかっていません。 偃武がいつ生まれたのか、いつ亡くなったのかは不明です。また、どのような画を学んだのか、どのような作品を描いたのかについても、詳しい記録が残されていません。 ただし、偃武の作品は、京都の各寺社に所蔵されており、その画風は高く評価されています。偃武は、江戸時代後期の京都有数の画家として、その名を残しています。 偃武の作品には、以下のようなものがあります。 * 「美人図」 * 「花鳥図」 * 「山水図」 * 「仏画」 偃武の作品は、写実的で華やかな画風が特徴です。人物画や花鳥画を得意とし、特に美人画に優れていました。偃武は、京都で活躍した画家として知られていますが、その生涯についてはあまりわかっていません。
作家

服部常春 – 江戸時代前期から中期の俳人

-服部常春の生涯と足跡- 服部常春は、江戸時代前期から中期の俳人です。1587年、伊勢国桑名に生まれ、生家は本屋と酒造業を営んでいました。幼い頃から和歌や俳諧を好み、20歳の頃には松尾芭蕉に師事しました。芭蕉の死後は、其角や古杉玄札らとともに蕉門の中心人物として活躍し、俳諧の隆盛に貢献しました。 常春は、俳諧の理論や技法について多くの著作を残しています。代表作である「芭蕉翁一顆の玉」は、芭蕉の俳論を集めたもので、俳諧を学ぶ人にとって必携の書とされています。また、常春は俳諧の会や大会を数多く主催し、俳諧の普及に努めました。 常春は、1659年に江戸で没しました。享年73歳でした。常春は、俳諧に新しい風を吹き込み、その発展に大きく貢献した人物として高く評価されています。 -主な生涯と足跡- * 1587年伊勢国桑名に生まれる。 * 1592年父・服部六兵衛が死去し、家督を相続する。 * 1607年松尾芭蕉に師事する。 * 1613年芭蕉の死後、其角や古杉玄札らとともに蕉門の中心人物として活躍する。 * 1622年「芭蕉翁一顆の玉」を著す。 * 1624年江戸で俳諧の会を主催する。 * 1636年江戸で俳諧の大会を主催する。 * 1639年江戸で没する。享年73歳。
研究者

飯田玄仙の人柄と功績

-飯田玄仙の生い立ちと経歴- 飯田玄仙は、1514年に尾張国丹羽郡飯田郷(現在の愛知県江南市)に生まれたと言われています。幼名は万吉で、父親は飯田貞信で、母親は松平清七郎の娘でした。玄仙は、幼い頃から聡明で勇猛であったと伝えられており、1550年に織田信長の家臣となりました。信長の側近として仕えた玄仙は、信長の軍事作戦に参謀として参加し、1560年の桶狭間の戦いでは、信長の勝利に貢献したと言われています。 1564年、玄仙は信長の命を受けて西美濃攻略戦に参加し、同年の墨俣城築城に貢献しました。また、1567年の比叡山焼き討ち、1568年の足利義昭の上洛など、信長の天下統一に大きく貢献しました。信長が本能寺の変で自害した後、玄仙は羽柴秀吉に仕え、1582年の賤ヶ岳の戦いで功績を上げ、重臣の1人として取り立てられました。 秀吉の九州平定後、玄仙は肥後国に封じられ、隈本城を居城としました。玄仙は、隈本城と熊本城を整備し、熊本藩の基礎を築きました。また、玄仙は、キリスト教の弾圧にも熱心で、1587年に豊臣秀吉が発したバテレン追放令を実行し、肥後国からキリスト教を駆逐しました。玄仙は、1589年に病死し、肥後国隈本城に葬られました。