京都大学教授

学術分野の人

「鈴木友二」

-鈴木友二の経歴- 鈴木友二は、1969年11月26日に北海道札幌市で生まれた。北海道札幌西陵高等学校を卒業後、中央大学経済学部に進学し、2001年に卒業した。大学卒業後は、株式会社リクルートに入社し、営業職として勤務した。その後、2003年に株式会社ベネッセコーポレーションに転職し、2007年まで勤務した。 2007年4月に北海道札幌市議会議員選挙に立候補し、初当選を果たした。2011年4月には、北海道札幌市議会議長に就任した。2015年4月に2期目の北海道札幌市議会議員に当選し、2019年4月には、北海道札幌市議会議長に再任された。 2021年4月には、北海道札幌市長選挙に立候補し、初当選を果たした。北海道札幌市長としては、子育て支援の充実や教育の改革などを掲げている。 鈴木友二は、北海道札幌市議会議員として8年間、北海道札幌市議会議長として2年間、北海道札幌市長として1年間の経験がある。これらの経験を生かして、北海道札幌市長としての職務を遂行していくものと思われる。
学術分野の人

「福山敏男」

福山敏男の功績 福山敏男氏は、日本のエンジニアであり、京都大学名誉教授である。1928年生まれで、1951年に京都大学工学部卒業、1956年に同大学院工学研究科博士課程修了。その後、京都大学工学部助手、助教授、教授を歴任し、1992年に退官。 福山氏の研究分野は、半導体工学、超伝導、半導体デバイス、光エレクトロニクスなど幅広い。半導体工学の分野では、半導体の表面状態の研究や、半導体デバイスの作製法の開発などで貢献した。超伝導の分野では、超伝導体の臨界温度を向上させる研究や、超伝導デバイスの作製法の開発などで貢献した。半導体デバイスの分野では、トランジスタやダイオードなどの半導体デバイスの開発や、半導体デバイスの製造法の開発などで貢献した。光エレクトロニクス分野では、発光ダイオードやレーザーダイオードなどの光エレクトロニクスデバイスの研究や、光エレクトロニクスデバイスの作製法の開発などで貢献した。 福山氏の研究は、半導体工学、超伝導、半導体デバイス、光エレクトロニクスなどの分野の発展に大きく貢献している。また、福山氏は、京都大学工学部長や工学系研究科長などの要職を歴任し、日本の工学教育や研究の発展に貢献した。福山氏は、1989年に文化勲章を受章している。
学術分野の人

長広敏雄:中国美術史の巨人

-中国北部の石窟調査に尽力した生涯- 長広敏雄は1902年、愛知県名古屋市に生まれた日本の美術史家、考古学者である。東京帝国大学文学部美術史学科卒業後、東京高等師範学校教授、東京芸術大学教授、東京国立文化財研究所長などを歴任した。 長広敏雄は、中国北部の石窟調査に尽力したことで知られている。1930年代後半に、長広敏雄は中国北部の山西省、河南省、甘粛省の石窟を調査し、その結果を『中国石窟』、『中国仏教美術史』、『中国石窟史』などの著作にまとめた。 長広敏雄の調査により、中国北部の石窟の分布や変遷が明らかになり、中国美術史の研究に大きな貢献をした。また、長広敏雄は、石窟の保存と保護の重要性を訴え、石窟の保存と保護のための活動にも尽力した。 長広敏雄は、1969年に東京で亡くなった。享年66歳。長広敏雄の死後、その遺志を受け継いで、中国北部の石窟の調査と保存、保護のための活動が続けられている。 長広敏雄の中国北部の石窟調査への貢献は大きく、中国美術史の研究に大きな影響を与えた。長広敏雄は、中国美術史の巨人と呼ぶにふさわしい人物である。
学術分野の人

前田憲一:電波通信の研究で知られる昭和時代の電波工学者

-電離層に関する研究で学士院賞を受賞- 前田憲一は、1936年に東北帝国大学工学部電気工学科を卒業し、日本電信電話公社電気試験所に勤務しました。1947年に東京大学工学部電気工学科助教授となり、1952年に同教授に昇進しました。 1954年、前田は「電離層に関する研究」により日本学士院賞を受賞しました。この研究は、電離層の構造と特性を明らかにし、電波通信の改善に貢献しました。 前田は、電波通信の研究において、多くの重要な業績を残しました。電波の伝播特性を明らかにした「前田の公式」は、電波通信の設計に広く用いられています。また、前田は、電離層の構造と特性を明らかにした「前田のモデル」も発表しました。このモデルは、電波通信の予測や設計に広く用いられています。 前田は、電波通信の研究において、多くの重要な業績を残した功績が認められ、1972年に文化功労者に選ばれました。また、1976年には、日本学士院会員に選出されました。
学術分野の人

丸山工作 – 生化学者、大学入試センター所長

-経歴と業績- 丸山工作は、1926年1月1日に東京で誕生しました。東京大学を卒業後、東京大学医学部助手として研究を行い、1958年に東京大学教授に就任しました。1973年から1976年まで東京大学医学部長を務め、1976年から1990年まで大学入試センター所長を務めました。 丸山工作的の研究業績は、タンパク質の構造と機能の研究に大きく貢献しました。1958年、丸山はタンパク質の構造を決定するための新しい方法である「X線結晶構造解析法」を開発しました。この方法は、タンパク質の原子レベルの構造を明らかにすることができ、タンパク質の機能を理解するための大きな進歩をもたらしました。 丸山はまた、酵素の構造と機能の研究にも大きな貢献をしました。1962年、丸山は酵素の活性中心の構造を明らかにし、酵素がどのようにして反応を触媒するのかを解明しました。この発見は、医薬品の開発やバイオテクノロジーの発展に大きな影響を与えました。 丸山は、タンパク質の構造と機能の研究における功績により、1973年に日本学士院賞を受賞しました。また、1982年には米国科学アカデミーの外国人会員に選出されました。 丸山は、1990年に大学入試センター所長を退任した後も、東京大学教授として研究を続けました。丸山は、2011年8月1日に85歳で亡くなりました。
学術分野の人

美術史家蓮実重康の生涯と功績

蓮実重康の生い立ちと経歴 蓮実重康は、1917年に東京に生まれた。父は美術史家で京都大学教授を務めた蓮実重信、母は俳人で翻訳家の蓮実重子である。重康は、幼い頃から美術に親しみ、東京大学文学部美術史学科に進学した。 大学卒業後は、東京国立博物館に勤務し、1960年に京都大学文学部美術史学科の助教授に就任した。1967年には、教授に昇進し、1987年に定年退官するまで教鞭を執った。 また、在職中は、1977年から1981年まで京都国立博物館の館長を務め、1983年から1987年まで日本美術史学会の会長を務めるなど、美術界の重鎮として活躍した。 蓮実重康は、日本美術史の研究に多大な貢献をした。特に、室町時代の絵画と彫刻に関する研究業績は、高く評価されている。また、美術史の啓蒙活動にも尽力し、一般向けに多くの著作を発表した。 蓮実重康は、2004年に87歳で亡くなった。
歴史上の人物

赤松俊秀 – 昭和時代の日本史学者

-明治40年に北海道にて生誕- 赤松俊秀は、1877年(明治10年)11月11日に北海道函館市に生まれました。父は赤松則良、母は赤松ノブです。則良は、戊辰戦争で函館奉行を務めた赤松則良の弟であり、赤松俊秀は、赤松則良の孫にあたります。 赤松俊秀は、幼少期から学問に優れ、1898年(明治31年)に東京帝国大学文学部史学科に入学しました。在学中に、坪井九馬三や黒板勝美らに師事し、日本史を専攻しました。1902年(明治35年)に卒業後、東京高等師範学校教授に就任しました。 1907年(明治40年)、赤松俊秀は、北海道帝国大学に新設された文学部史学科の教授として着任しました。北海道帝国大学では、日本史の研究と教育に力を注ぎ、多くの優れた人材を輩出しました。また、1912年(明治45年)に創設された北海道史学会の会長を務めるなど、北海道の歴史研究の発展に貢献しました。 赤松俊秀は、1937年(昭和12年)に北海道帝国大学を定年退職しました。その後も、精力的に研究活動を続け、1945年(昭和20年)に『日本古代史』を刊行しました。この著書は、日本古代史研究のバイブルとして、現在でも高い評価を得ています。 赤松俊秀は、1953年(昭和28年)11月11日に、東京都杉並区で亡くなりました。享年76歳でした。
学術分野の人

小倉公平:明治・昭和時代の電気工学者

欧米への留学と明治42年の京都帝大教授としての就任 小倉公平は、明治29年(1896年)に東京帝国大学電気工学科を卒業した後、欧米諸国に留学しました。欧米では、ドイツのベルリン大学とアメリカのコロンビア大学で学び、電気工学の最先端の知識を身につけました。 明治42年(1909年)に帰国した後、小倉公平は京都帝国大学工科大学の教授に就任しました。京都帝国大学では、電気工学の講義を担当し、多くの学生を指導しました。また、電気工学の研究にも力を入れ、交流送電に関する研究で大きな功績を上げました。 小倉公平は、明治45年(1912年)に京都帝国大学総長に就任しました。総長としては、大学の改革に尽力し、京都帝国大学の地位向上に貢献しました。 大正12年(1923年)に総長を退任した後も、小倉公平は電気工学の研究を続けました。昭和13年(1938年)に、交流送電に関する功績が認められ、文化勲章を受章しました。 小倉公平は、昭和17年(1942年)に76歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は現在でも電気工学の発展に大きな影響を与え続けています。
学術分野の人

黒岩武次 – 法医学者、京都大学元教授

法医学の権威 黒岩武次は、その長いキャリアを通じて数多くの重要な貢献をした法医学の権威でした。彼は、京都大学法医学教室の主任教授を務め、そこで多くの学生を指導し、法医学の分野の発展に寄与しました。また、彼は、日本法医学会の会長も務め、法医学の普及と啓発に努めました。 黒岩武次が法医学の分野で最も重要な貢献の一つは、法医学的証拠の重要性の認識を高めたことです。彼は、法医学的証拠が犯罪捜査と裁判において重要な役割を果たすことを示し、法医学の重要性を広く世に知らしめました。また、彼は、法医学的証拠の収集と分析のための新しい方法を開発し、法医学の分野の発展に貢献しました。 黒岩武次は、法医学の分野で数多くの賞を受賞しました。彼は、日本法医学会賞を2回受賞し、また、国際法医学会賞も受賞しています。また、彼は、京都大学名誉教授の称号を授与されています。 黒岩武次は、2010年に亡くなりましたが、彼の功績は法医学の分野で今もなお高く評価されています。彼は、法医学の分野の発展に大きな貢献をした偉大な法医学者でした。
学術分野の人

「堀場信吉」

-「堀場信吉」- * -京都大学と東京工業大学の教授として活躍- 堀場信吉は、京都大学と東京工業大学の教授として活躍した電気工学者です。1896年に京都市に生まれ、1920年に京都帝国大学工学部電気工学科を卒業しました。その後、京都帝国大学の助手となり、1923年に助教授に昇進しました。1928年には、東京工業大学教授に就任しました。 堀場信吉は、電気工学の分野で多くの業績を残しました。特に、交流回路理論と電子管の研究において、先駆的な役割を果たしました。1935年に、交流回路理論に関する論文「交流回路理論の基礎」を発表し、交流回路の解析方法を確立しました。また、1936年には、電子管に関する論文「電子管の基礎」を発表し、電子管の動作原理を明らかにしました。 堀場信吉の研究成果は、電気工学の発展に大きく貢献しました。交流回路理論は、電気機器の設計や解析に広く用いられています。また、電子管は、ラジオやテレビ、コンピュータなどの電子機器に不可欠な素子です。 堀場信吉は、1977年に亡くなりました。しかし、彼の研究成果は現在も電気工学の分野で活用されており、その功績は高く評価されています。
学術分野の人

内田俊郎 – 昆虫生態学のパイオニア

-# 内田俊郎の生涯 内田俊郎は、1913年に鹿児島県に生まれました。幼少期から昆虫に興味を持ち、昆虫採集に熱中していました。1933年に東京帝国大学農学部に入学し、昆虫生態学を専攻しました。大学卒業後は、東京農業大学で教鞭をとりました。 1941年に、内田俊郎は日本昆虫学会の会長に就任しました。また、国際昆虫学会の会長も務めました。1945年に、内田俊郎は東京大学農学部の教授に就任しました。1951年に、内田俊郎は日本昆虫学会の会長に再任されました。 1953年に、内田俊郎は昆虫生態学の分野で大きな功績を残したとして、朝日賞を受賞しました。1960年に、内田俊郎は東京大学農学部の教授を退官しました。1979年に、内田俊郎は文化功労者に選ばれました。 内田俊郎は、昆虫生態学の分野で多くの功績を残しました。昆虫の生活史や生態を明らかにし、昆虫の分類や分布を研究しました。また、昆虫の防除法に関する研究も行いました。内田俊郎の研究は、昆虫の生態や防除に関する知識の普及に貢献しました。 1998年に、内田俊郎は85歳で亡くなりました。内田俊郎の功績は、今もなお昆虫生態学の分野で高く評価されています。
学術分野の人

佐々木丞平:美術史学者としての功績と受賞歴

#佐々木丞平美術史学者としての功績と受賞歴 -人名辞典-佐々木丞平- 佐々木丞平(1914-1991)は、美術史学者であり、東京大学教授、国立西洋美術館館長を歴任した。西洋美術史の研究において、特にルネサンス美術とバロック美術の研究で知られている。 -略歴- 佐々木丞平は、1914年、東京生まれ。1937年、東京帝国大学文学部美術史学科を卒業し、同大学大学院に進む。1941年、東京帝国大学助教授に就任。1949年、東京大学教授に昇進。1970年、国立西洋美術館館長に就任し、1976年まで務める。1984年、東京大学を定年退官し、名誉教授となる。1991年、死去。 -研究内容- 佐々木丞平の研究は、ルネサンス美術とバロック美術に重点が置かれていた。ルネサンス美術については、特に15世紀イタリアのフィレンツェ派を研究し、サンドロ・ボッティチェリ、フィリッポ・リッピ、ドメニコ・ギルランダイオなどの画家の作品を精力的に研究した。また、バロック美術については、特に17世紀イタリアのローマ派を研究し、カラヴァッジオ、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ、フランチェスコ・ボロミーニなどの画家の作品を研究した。 佐々木丞平の研究は、西洋美術史の研究において重要な貢献をしたと評価されている。特に、ルネサンス美術とバロック美術の研究においては、新しい視点を提示し、それまでの研究を大きく前進させた。また、佐々木丞平の著作は、美術史の学生や研究者にとって貴重な資料となっている。 -受賞歴- 佐々木丞平は、以下の賞を受賞している。 * 1965年日本芸術院賞 * 1968年毎日芸術賞 * 1970年イタリア政府より「イタリア文化功労章」 * 1972年朝日賞 * 1982年文化功労者 佐々木丞平は、西洋美術史の研究において大きな功績を残した美術史学者である。その研究は、美術史の学生や研究者にとって貴重な資料となっている。また、佐々木丞平の受賞歴は、その研究が国内外で高く評価されていることを示している。
学術分野の人

眞崎知生 – 昭和後期-平成時代の薬理学者

眞崎知生の経歴と功績 眞崎知生は、1924年12月20日に東京都に生まれました。東京大学医学部を卒業後、1949年に東京大学大学院薬学系研究科に進学し、1952年に博士課程を修了しました。その後、東京大学医学部薬理学教室の助手として勤務し、1961年に東京大学医学部薬理学教室の教授に就任しました。 眞崎知生は、薬理学の分野で多くの功績を残しました。特に、神経伝達物質の研究において、アセチルコリン、セロトニン、ノルアドレナリンなどの働きを明らかにし、神経伝達物質の受容体についても研究を進めました。また、眞崎知生は、薬理学の教育にも熱心に取り組み、多くの学生を指導しました。 眞崎知生は、1989年に東京大学を定年退官しましたが、その後も研究を続け、多くの論文を発表しました。眞崎知生は、2014年10月24日に東京都で逝去しました。 眞崎知生の功績は、薬理学の発展に大きく貢献しており、世界中の薬理学者から尊敬されています。眞崎知生の研究は、現代の薬学の発展に大きく貢献しており、今後も彼の研究は薬理学の分野で重要な役割を果たし続けるでしょう。 眞崎知生の主な功績は以下の通りです。 * アセチルコリン、セロトニン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の働きを明らかにしました。 * 神経伝達物質の受容体について研究を進めました。 * 薬理学の教育にも熱心に取り組み、多くの学生を指導しました。 * 1989年に東京大学を定年退官しましたが、その後も研究を続け、多くの論文を発表しました。
学術分野の人

森下正明 – 生態学者でありアリの社会に関する研究者

-森下正明の生涯- 森下正明は、1936年、東京都生まれの生態学者であり、アリの社会に関する研究者です。東京大学理学部生物学科を卒業後、同大学院で生態学を専攻します。1964年、東京大学助手となり、1968年に同大学講師、1973年に同大学助教授となります。1982年、筑波大学教授に就任し、1998年に定年退官するまで同職を務めました。 森下正明は、アリの社会に関する研究で知られ、アリの社会構造、コミュニケーション、行動生態について多くの業績を残しています。また、アリの社会を人間社会にたとえて解説した著書を執筆しており、そのわかりやすい解説は多くの人々に好評を博しています。 森下正明は、2016年に80歳で亡くなりましたが、その研究業績は現在も高く評価されています。アリの社会に関する研究をさらに発展させ、アリの社会の謎を解き明かすために、多くの研究者が森下正明の足跡をたどっています。 森下正明の生涯は、アリの社会に関する研究に捧げられた人生でした。その研究業績は、アリの社会の理解に大きく貢献しており、現在も多くの研究者によって引用されています。森下正明は、アリの社会研究の第一人者として、今後も長く語り継がれるでしょう。
学術分野の人

「石田政弘」(1926-2000)

-葉緑体DNAの発見者 石田政弘- 石田政弘(1926年9月25日-2000年3月25日)は、日本の生物学者であり、葉緑体DNAを発見したことで知られています。 -経歴- 石田政弘は1926年に東京で生まれました。1952年に東京大学理学部を卒業し、1954年に同大学大学院理学研究科博士課程を修了しました。1958年に東京大学理学部助手となり、1962年に同大学理学部助教授に昇進しました。1967年に東京大学理学部教授に就任しました。1985年に東京大学を定年退職し、名誉教授となりました。 -研究- 石田政弘は、葉緑体の構造と機能について研究しました。1962年に、葉緑体にDNAが存在することを発見しました。これは、葉緑体が単なる細胞小器官ではなく、独立した生物であることを示唆するものでした。石田政弘は、葉緑体DNAの構造と機能についてさらに研究を進め、葉緑体の光合成や窒素固定などの機能に葉緑体DNAが関与していることを明らかにしました。 -功績- 石田政弘は、葉緑体DNAの発見者であり、葉緑体の構造と機能に関する研究の第一人者でした。彼の研究成果は、葉緑体の生物学的機能を理解する上で大きな貢献をしました。石田政弘は、1982年に日本学術院賞を受賞しました。
学術分野の人

森本信男

-# 森本信男の経歴 森本信男は、1948年1月1日に東京都墨田区で生まれた。東京都立上野高等学校を卒業後、1970年に東京大学経済学部に入学した。1974年に卒業し、日本銀行に入行した。 日本銀行では、金融政策や為替政策を担当する部署に勤務した。1998年に、日本銀行の総裁に就任した。総裁在任中は、ゼロ金利政策や量的緩和政策を導入し、日本の経済をデフレから脱却させた。2008年に、総裁を退任した。 退任後は、慶應義塾大学の特別招聘教授などに就任した。また、政府の経済政策の顧問も務めた。2018年に、文化勲章を受章した。 森本信男は、日本の経済政策に大きな影響を与えた人物である。ゼロ金利政策や量的緩和政策は、日本の経済をデフレから脱却させるのに大きな効果を発揮した。また、森本信男は、政府の経済政策の顧問も務め、日本の経済政策に大きな影響を与えた。
学術分野の人

小川環樹 – 中国文学者としての功績と生涯

小川環樹の生い立ちと経歴 小川環樹は、1901年(明治34年)に東京府東京市(現東京都)で生まれました。父親は小川武之助、母親は小川ツネとします。父・武之助は、医師として働き、漢詩にも堪能な人物でした。母・ツネは、旧家の娘であり、中国古典に親しむ環境で育ちました。幼少期の小川環樹は、両親の影響を受けて、漢詩や中国古典に親しみました。 その後、小川環樹は、早稲田大学第一高等学院に進学し、ここで中国文学を学びました。早稲田大学第一高等学院では、中国の古典作品に触れ、中国文学に対する関心を深めました。1922年(大正11年)に早稲田大学文学部中国文学科に進学し、中国文学の専門的な勉強を始めました。早稲田大学では、中国語学の権威である山本秀煌教授に師事し、中国語学と中国文学を学びました。 1926年(大正15年)に早稲田大学を卒業した小川環樹は、中国に渡り、北京大学で中国文学を学びました。北京大学では、中国文学の第一人者である胡適教授に師事し、中国文学の研究を深めました。1928年(昭和3年)に北京大学を卒業し、帰国しました。 帰国後は、早稲田大学文学部中国文学科の講師に就任し、中国文学の研究と教育に従事しました。1932年(昭和7年)に早稲田大学教授に昇進し、中国文学の研究と教育にさらに力を注ぎました。 小川環樹は、中国文学の研究者として、中国の古典作品を日本語に翻訳し、中国文学の解説書を執筆しました。また、中国文学の教育者として、多くの学生を指導し、中国文学の研究と教育の発展に貢献しました。 小川環樹は、1971年(昭和46年)に亡くなりましたが、その功績は高く評価されており、現在でも中国文学の研究者や教育者として敬愛されています。