京都市会議員

政治家・活動家

「雨森菊太郎」について

「雨森菊太郎」について 雨森菊太郎の経歴 雨森菊太郎は、1878年(明治11年)1月21日に、長崎県島原半島南端の有明海に面した小浜町(現・諫早市)に生まれました。父は、雨森昌太郎、母は、てるです。雨森家は、代々、小浜町の豪商として知られており、菊太郎は、その長男として生まれました。 菊太郎は、幼い頃から、聡明な子供で、1891年(明治24年)に、長崎県立島原中学校に入学しました。1895年(明治28年)には、第一高等学校に進学し、1898年(明治31年)には、東京帝国大学法科大学に入学しました。 東京帝国大学を卒業後、菊太郎は、1902年(明治35年)に、大蔵省に入省しました。1906年(明治39年)には、外務省に転じ、1909年(明治42年)には、アメリカ合衆国に派遣されました。1912年(大正元年)には、ヨーロッパに派遣され、1913年(大正2年)には、帰国しました。 帰国後、菊太郎は、外務省参事官に任命され、1916年(大正5年)には、外務次官に任命されました。1918年(大正7年)には、駐フランス大使に任命され、1921年(大正10年)には、帰国しました。 帰国後、菊太郎は、外務大臣に任命され、1922年(大正11年)には、桂内閣の文部大臣に任命されました。1923年(大正12年)には、犬養内閣の文部大臣に任命されました。 1924年(大正13年)には、菊太郎は、首相に就任しました。菊太郎の首相在任中は、関東大震災が発生し、その後の復興に尽力しました。また、普通選挙法を制定し、日本の民主化を推進しました。 1926年(大正15年)には、菊太郎は、首相を辞任しました。その後、菊太郎は、1927年(昭和2年)に、貴族院議員に勅任されました。1939年(昭和14年)には、菊太郎は、70歳で死去しました。
政治家・活動家

―中川喜久

-中川喜久の生涯- -生い立ち- 中川喜久は、1884年(明治17年)12月20日、三重県津市に生まれた。父は中川清五郎、母はたき。喜久は清五郎の4男2女の末っ子だった。 清五郎は、津市で薬局を営んでいた。喜久は、幼い頃から薬に触れ、薬に対する興味を強く持った。 喜久は、津市立高等小学校を卒業後、1901年(明治34年)に東京薬学専門学校(現・東京薬科大学)に入学した。 -薬学者として- 喜久は、東京薬学専門学校を卒業後、1905年(明治38年)に薬剤師の免許を取得。その後、東京の薬局に勤務した。 1910年(明治43年)、喜久は、東京府立薬学専門学校(現・東京薬科大学)の教師に就任した。喜久は、薬学の研究に熱心に取り組み、1918年(大正7年)には、薬学博士の学位を取得した。 1920年(大正9年)、喜久は、東京府立薬学専門学校の校長に就任した。喜久は、校長として、薬学教育の改革を推進した。 1928年(昭和3年)、喜久は、東京帝国大学(現・東京大学)の教授に就任した。喜久は、東京帝国大学で、薬学の研究と教育に尽力した。 1939年(昭和14年)、喜久は、東京帝国大学の総長に就任した。喜久は、総長として、東京帝国大学の改革を推進した。 -戦後- 1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結。喜久は、東京帝国大学の総長を辞任した。 戦後、喜久は、日本薬学会の会長に就任した。喜久は、会長として、日本の薬学の発展に貢献した。 1953年(昭和28年)、喜久は、文化勲章を受章した。 1959年(昭和34年)、喜久は、84歳で逝去した。 -業績- 喜久は、日本の薬学の発展に大きな貢献をした。喜久の主な業績は以下の通りである。 * 薬学の教育改革を推進した。 * 薬学の研究に励み、薬学博士の学位を取得した。 * 東京帝国大学の総長を務め、大学の改革を推進した。 * 日本薬学会の会長を務め、日本の薬学の発展に貢献した。 喜久は、日本の薬学の礎を築いた偉大な人物である。
政治家・活動家

堀田康人について

-堀田康人の生涯- 堀田康人は、1893年(明治26年)9月13日に長野県北安曇郡有明村(現・安曇野市)に生まれた。小学校卒業後、旧制松本中学(現・松本大学附属松本高等学校)に進学。中学卒業後は、東京高等商業学校(現・一橋大学)に進学した。在学中には、ヨーロッパ経済史を専攻し、社会主義運動にも参加した。 1916年(大正5年)に東京高等商業学校を卒業後、堀田は日本銀行に入行した。入行後は、調査局や外国局に勤務し、為替相場の分析や外国為替業務を担当した。1923年(大正12年)に関東大震災が発生すると、堀田は震災復興に尽力した。 1925年(大正14年)に、堀田は日本銀行を退職し、三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行した。入行後は、外国為替部長や取締役などを歴任し、銀行の国際化に貢献した。また、堀田は経済同友会の創設メンバーの一人であり、同会の初代会長を務めた。 1945年(昭和20年)に、堀田は三菱銀行を退職した。退職後は、日本経済新聞の論説委員やテレビ朝日のコメンテーターなどを務めた。また、堀田は日本国際問題研究所の創設メンバーの一人であり、同研究所の初代所長を務めた。 1966年(昭和41年)に、堀田は死去した。享年73歳。堀田は、日本の財界と経済界に大きな影響を与えた人物である。
政治家・活動家

中野種一郎

中野種一郎の生涯と政治活動 中野種一郎は、1881年、長野県に生まれた政治家です。東京帝国大学法学部を卒業した後、1907年に内務官僚として官界に入りました。1911年に衆議院議員に当選し、政界入りを果たします。中野は、立憲政友会に所属し、憲政の常道の実現を目指して活動しました。 1924年に憲政会を離党し、若槻禮次郎内閣の文部大臣に就任します。1927年には、田中義一内閣の司法大臣に就任します。中野は、司法大臣として、司法制度の改革に取り組みました。1929年には、東京市長に就任します。 東京市長として、中野は、東京の都市計画や交通整備に取り組みました。1932年には、五・一五事件が発生します。中野は、五・一五事件の責任を問われて、東京市長を辞職します。 中野は、五・一五事件の後は、政界を引退しました。しかし、1945年に、戦後初の衆議院議員総選挙に立候補し、当選します。中野は、戦後、日本進歩党を結成し、党首を務めました。1947年には、芦田均内閣の法務大臣に就任します。 中野は、1950年に、死去します。中野は、日本の民主主義の確立に貢献した政治家として、今もなお人々に敬愛されています。
政治家・活動家

– 森英吉(1889-1948 大正-昭和時代の農民運動家)

森英吉の生い立ちと家業 森英吉は、1889年8月13日に福島県石川郡石川町(現在の石川町)に生まれた。父・森久右衛門、母・モトの長男として育った。家は代々農家で、森家は大規模な地主であり、小作人も多く抱えていた。英吉は裕福な家庭に生まれ、恵まれた環境で育った。 森家は、森久右衛門の祖父・森八郎が、会津戦争で新政府軍に協力した功績で、土地を賜り、地主となったのが始まりである。その後、八郎の息子・久右衛門が家督を継ぎ、英吉の父となった。久右衛門は、英吉が生まれる前に亡くなったが、母親のモトは、英吉を厳しく育て上げた。 英吉は、石川町立石川尋常小学校に入学し、その後、石川町立石川高等小学校に進学した。高等小学校を卒業後は、福島県立福島中学校(現在の福島県立福島高等学校)に入学した。中学校では、学業に励む一方、野球部に所属して運動にも打ち込んだ。 中学校卒業後は、東京農業大学に入学し、農学を学んだ。大学卒業後は、家業を継いで農業を営む傍ら、石川町農会や石川町産業組合の役員を務めた。また、石川町会議員にも当選し、地元の発展に尽力した。