京都市立美術専門学校

芸術家

「新井完」

-新井完の人物と生涯- 新井完は、1942年に東京に生まれた日本の詩人、小説家、評論家である。東京大学文学部を卒業後、出版社に勤務し、1970年に詩集『虚無の塔』でデビューした。その後、多くの詩集、小説、評論を発表し、その独特な世界観と鋭い社会批判で注目を集めた。2012年に69歳で亡くなった。 新井完は、その詩の中で、現代社会の虚無と退廃を鋭く批判した。彼は、資本主義社会が人間を物として扱い、人間性を破壊していると主張した。また、彼は、現代人はテクノロジーに支配され、自然から乖離していると批判した。新井完の詩は、多くの読者に衝撃を与え、現代社会のあり方について考えさせるものとなった。 新井完は、小説家としても活躍した。彼の小説は、社会の矛盾や人間の心の闇を描いたものが多い。彼の小説は、そのリアリティのある描写と深い洞察力で評価されている。 新井完は、評論家としても活躍した。彼は、社会問題や文学について多くの評論を発表した。彼の評論は、その鋭い視点と独創的な思考で注目を集めた。新井完は、現代社会の矛盾と人間の心の闇を鋭く批判した詩人、小説家、評論家として、多くの読者に影響を与えた。 新井完は、1942年12月21日に東京に生まれた。父は詩人の新井静一郎、母は歌人の玉城佐智子である。新井完は、幼い頃から詩や小説が好きで、中学時代には同人誌を発行していた。 新井完は、1966年に東京大学文学部を卒業し、出版社に勤務した。1970年に詩集『虚無の塔』でデビューし、注目を集めた。その後、多くの詩集、小説、評論を発表し、その独特な世界観と鋭い社会批判で評価された。 新井完は、2012年11月18日に東京で亡くなった。享年69歳。
芸術家

麻田鷹司 – 忘れ去られた昭和の日本画家

-麻田鷹司の生涯と芸術- 麻田鷹司は、昭和初期に活躍した日本画家です。1895年(明治28年)に東京に生まれ、1977年(昭和52年)に亡くなりました。 麻田鷹司は、1918年(大正7年)に東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業しました。卒業後は、日本画壇で活躍し、1931年(昭和6年)に帝展(帝国美術展覧会)に初入選を果たしました。 1940年(昭和15年)には、日本美術院の会員となり、1946年(昭和21年)には、日本芸術院の会員となりました。日本芸術院会員となったのは、31歳の若さでした。 麻田鷹司は、花鳥画を得意としました。花鳥画とは、花や鳥を題材にした絵画のことで、日本画の伝統的なジャンルの一つです。 麻田鷹司の花鳥画は、写実的な描法と、華やかな色彩が特徴です。また、麻田鷹司は、花鳥画に独自の視点を取り入れ、新しい表現を追求しました。 麻田鷹司の作品は、国内外の美術館に収蔵されています。また、麻田鷹司の画集も数多く出版されています。 麻田鷹司は、昭和初期に活躍した代表的な日本画家の一人です。麻田鷹司の作品は、現在でも多くの人々に愛されています。
芸術家

池田道夫 (1925-):静物画を描き続けた日本画家

池田道夫 (1925-):静物画を描き続けた日本画家
芸術家

岩沢重夫:日本画の世界で活躍した芸術家

-岩沢重夫の芸術的スタイルと技法- 岩沢重夫は、日本画の世界で独自の世界観を築いた芸術家です。日本画の伝統を受け継ぎながら、新しい表現方法を模索し、その独特の画風は国内外で高く評価されています。 岩沢重夫の芸術的スタイルの特徴は、まずその繊細な墨線にあります。岩沢重夫は、墨と筆を自在に操り、生き生きとした線描で人物や風景を描き出します。また、岩沢重夫の色彩感覚も独特であり、抑えた色調の中に、鮮やかな色彩がアクセントとして取り入れられています。 岩沢重夫の技法は、伝統的な日本画の技法をベースに、新しい技法を積極的に取り入れています。岩沢重夫は、日本画の技法に加えて、西洋画の技法も積極的に取り入れ、新しい表現方法を模索しました。例えば、岩沢重夫は、日本画の伝統的な顔料である岩絵の具に加えて、西洋画の顔料である油絵の具も使用し、独自の色彩を表現しています。 また、岩沢重夫は、膠(にかわ)や和紙などの伝統的な材料に加えて、アクリル絵の具やキャンバスなどの新しい材料も使用し、新しい表現方法を模索しました。岩沢重夫は、伝統と革新を融合させた独自の作風で、日本画の世界に新しい風を吹き込みました。 岩沢重夫は、日本画の伝統を受け継ぎながら、新しい表現方法を模索し、その独特の画風は国内外で高く評価されています。岩沢重夫の芸術的スタイルと技法は、日本画の新しい可能性を示唆しており、これからも多くの芸術家に影響を与え続けるでしょう。
芸術家

山本知克 – 精緻な都市風景を描き出した日本画家

山本知克の生涯と作風 山本知克は、1893年(明治26年)に、東京市下谷区谷中清水町(現在の東京都台東区谷中)に生まれた。父は、日本画家で、山本松齢。兄は、同じく日本画家の山本梅逸。 山本知克は、幼い頃から絵画に興味を持ち、10歳の時に、父に日本画の手ほどきを受ける。その後、東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学し、日本画を専攻。 山本知克は、東京美術学校を卒業後、日本画壇で活躍する。写生を重視し、精緻な描写で知られ、その作風は、「写実主義」と呼ばれた。 山本知克は、数多くの作品を残したが、その中でも、代表作として知られているのは、「東京市街ノ図」である。この作品は、1923年(大正12年)に発生した関東大震災後に、山本知克が、東京の街並みを描いたものである。 「東京市街ノ図」は、縦1.8メートル、横3.6メートルの大きさで、東京の街並みを緻密に描き出している。この作品は、現在、東京都美術館に所蔵されている。 山本知克は、1956年(1956年)に、63歳で亡くなった。
芸術家

田中一光→ 日本を代表する偉大なデザイナー

グラフィックデザインにおける革新者 田中一光は、日本を代表する偉大なデザイナーの一人であり、グラフィックデザインにおける革新者として広く知られています。彼は、1934年に東京に生まれ、1956年に東京芸術大学デザイン科を卒業しました。卒業後は、桑沢デザイン研究所で講師を務め、その後、1963年に田中一光デザイン室を設立しました。 田中一光は、グラフィックデザインの分野で多くの新しい手法を開発し、日本のグラフィックデザインに大きな影響を与えました。彼は、ヨーロッパの近代的なデザインを日本に紹介し、日本の伝統的なデザインと融合させることで、新たなデザインスタイルを確立しました。 田中一光のデザインの特徴は、シンプルなフォルムと大胆な色彩、そして遊び心のあるユーモアです。彼は、文字や記号、写真を効果的に使用し、見る人に強い印象を与えるデザインを生み出しました。田中一光のデザインは、ポスター、広告、パッケージ、ロゴマークなど、さまざまな分野で見ることができます。 田中一光は、1988年に紫綬褒章、1994年に旭日小綬章を受章しました。また、1997年には国際デザインセンター・名古屋の初代館長に就任しました。田中一光は、2002年に亡くなりましたが、彼のデザインは今もなお多くの人々に愛されています。 田中一光は、グラフィックデザインにおける革新者として、日本のデザイン界に大きな影響を与えました。彼のデザインは、シンプルでありながら大胆で、見る人に強い印象を与えます。田中一光のデザインは、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。
芸術家

「三輪良平」(1929-2011)

- 三輪良平の生涯と功績 -# 幼少期と青年期 三輪良平は、1929年に兵庫県の淡路島に生まれました。幼い頃から、数学と理科に強い関心を示し、淡路島立洲本中学校を卒業後、東京大学理学部数学科に進学しました。 -# 東京大学時代 東京大学では、同期の松田昌三や河西宏道とともに、数学を学びました。1954年に東京大学を卒業した後、同大学院に進学し、1957年に理学博士の学位を取得しました。 -# 研究者として 東京大学大学院修了後、三輪良平は、東北大学助教授、名古屋大学助教授を歴任し、1965年に東京大学教授に就任しました。東京大学では、数学科の教授として、位相幾何学の研究に携わり、多くの重要な業績を残しました。 -# 三輪良平の数理物理学への貢献 三輪良平は、数学者としてだけでなく、数理物理学者としても活躍しました。1960年代後半から、数理物理学の研究を開始し、場の量子論や統計力学の分野で多くの重要な業績を残しました。 -# 国際的な活躍 三輪良平は、国際的にも高い評価を受け、多くの国際学会で講演を行い、数多くの賞を受賞しました。1990年には、国際数学者会議でフィールズ賞を受賞しました。 -# 晩年 三輪良平は、2011年に東京で亡くなりました。81歳でした。三輪良平の数学と数理物理学への貢献は、高く評価されており、彼の業績は、現在も多くの研究者に影響を与えています。 -# 三輪良平の主要な業績 * 線形偏微分方程式の研究 * 位相幾何学の研究 * 場の量子論の研究 * 統計力学の研究
芸術家

浜田昇児 – 昭和後期-平成時代の日本画家

-浜田観の子として生まれる- 浜田昇児は、1936年(昭和11年)9月22日、日本画家・浜田観の子として東京に生まれる。父・観は、戦前に東京美術学校を卒業し、花鳥画や人物画で活躍した日本画家であり、昇児は幼い頃から絵画に触れて育つ。 昇児は、1944年(昭和19年)に太平洋戦争が激化する中、埼玉県吉川町に疎開する。疎開先では、田園風景を描いた絵画を制作し、その才能を発揮し始める。 1945年(昭和20年)に戦争が終結し、昇児は東京に戻り、東京芸術大学附属高等学校に入学する。高校卒業後は、東京芸術大学美術学部日本画科に進学し、父・観に師事する。 大学在学中の1957年(昭和32年)には、第9回安井賞展に「春野」を出品し、二席を受賞する。翌1958年(昭和33年)には、第10回安井賞展に出品し、奨励賞を受賞する。
芸術家

粟辻博→ 日本のテキスタイルデザインに影響を与えた革新者

-粟辻博の生い立ちと初期の経歴- 粟辻博は、1910年8月19日に京都府京都市下京区で生まれました。父親は医師、母親は染色工でした。粟辻は幼い頃から染色に興味を持ち、家の近くの染物屋に出入りして染色技術を学びました。 1928年、粟辻は京都市立美術工芸学校(現・京都市立芸術大学)に入学し、染色科で学びました。在学中には、1930年の京都府美術工芸展で入選するなど、その才能を早くから発揮していました。 1932年に学校を卒業後、粟辻は京都の染物屋である「友禅堂」に入社しました。友禅堂では、伝統的な京友禅の染色技術を学びましたが、粟辻はそれにとどまらず、新しい染色技法を開発することに意欲を燃やしていました。 1935年、粟辻は友禅堂を退社し、独立して染色工房「粟辻染工」を設立しました。粟辻染工では、粟辻が開発した新しい染色技法を用いて、独創的なテキスタイルデザインを制作しました。粟辻のデザインは、その鮮やかな色彩と斬新な構図で、瞬く間に注目を集めました。 1937年、粟辻は第1回日本工芸展に出品し、入選を果たしました。この入選を機に、粟辻の名は全国に知られるようになりました。その後、粟辻は日本工芸展に何度も出品し、その独創的な作品で高い評価を得ました。 1951年、粟辻は京都市立美術工芸学校に染色科の教授として迎えられました。粟辻は、教授として後進の指導にあたり、日本のテキスタイルデザインの発展に大きく貢献しました。 1977年、粟辻は京都市名誉市民の称号を授与されました。粟辻は1993年7月21日に京都市で亡くなりましたが、その独創的なテキスタイルデザインは今もなお多くの人に愛されています。