京都

歴史上の人物

浅見安之丞:幕末の動乱に生きた武士の生涯

浅見安之丞の生涯 浅見安之丞は、幕末の動乱に生きた武士です。1832年に、現在の愛知県名古屋市に生まれました。幼い頃から剣術や馬術に優れ、15歳の時に江戸に出て、柳生新陰流の免許皆伝を受けました。その後、浪士として各地を放浪し、1864年に長州藩に仕官します。 長州藩では、奇兵隊の総督として戊辰戦争に参加。鳥羽・伏見の戦いでは、幕府軍を破って大功を立てました。しかし、その後、新政府軍と対立し、1868年に旧幕府軍の総帥・榎本武揚とともに蝦夷地(現在の北海道)に渡ります。 蝦夷地では、共和政体樹立を目指して戦いましたが、新政府軍に敗れて降伏。1869年に、安濃津藩(現在の三重県津市)に幽閉され、1876年に同地で病死しました。 浅見安之丞は、幕末の動乱を生き抜いた武士であり、その生涯は、激動の時代を象徴しています。剣術や馬術に優れ、長州藩や榎本武揚とともに戦った武人として、その名は歴史に刻まれています。
文学分野の人

志水延清→ 江戸時代前期-中期の俳人

- 生い立ちと修行時代 志水延清は、延宝4年(1676年)、肥前国島原藩(現在の長崎県島原市)に生まれました。父は志水基珍で、医者でした。延清は幼い頃より俳諧を好み、13歳のときに俳人・荒木田守武の門に入りました。守武は、延清の才能を見抜き、熱心に指導しました。延清は守武から俳諧の基礎を学び、その才能を開花させていきました。 延清は、18歳のときに江戸に遊学し、俳人・松尾芭蕉の門に入りました。芭蕉は、延清の才能を高く評価し、俳諧上の指南役として指導しました。延清は、芭蕉から俳諧の奥義を学び、その技量を向上させていきました。 延清は、芭蕉の死後、蕉門の中心人物として活躍しました。延清は、俳諧の理論を体系化し、俳諧の新しい境地を開拓しました。延清は、俳諧の古典を研究し、その成果を活かして俳諧の新しい表現方法を確立しました。延清は、俳諧の新しい表現方法を確立したことで、俳諧の歴史に大きな足跡を残しました。 延清は、元禄16年(1703年)、28歳のときに亡くなりました。延清は、俳諧の歴史に大きな足跡を残した俳人として、現在でも高く評価されています。
芸能分野の人

竹中藤三郎:江戸時代前期から中期の歌舞伎役者

-歌舞伎役者としての生涯- 竹中藤三郎は、1658年に京都で生まれました。若くして江戸に渡り、1676年に歌舞伎役者としてデビューしました。すぐに頭角を現し、1683年には中村座の座頭となりました。藤三郎は、歌舞伎の改良に努め、新しい演目や演出を次々と発表しました。また、初代市川団十郎と人気を二分するほどの人気役者となり、江戸歌舞伎を代表する人物となりました。 藤三郎の演技は、その迫真性とリアリティで知られていました。特に、荒事(あらごと)の演技を得意とし、「鬼藤三郎」の異名をとりました。また、女形(おんながた)の演技も巧みで、その美しさは評判でした。 藤三郎は、1709年に47歳で亡くなりました。その死は、江戸歌舞伎に大きな損失をもたらしました。しかし、藤三郎が残した歌舞伎の改良は、その後の歌舞伎の発展に大きな影響を与えました。 藤三郎が活躍した江戸時代前期から中期は、歌舞伎が大きく発展した時期でした。藤三郎は、その発展に大きく貢献した一人であり、江戸歌舞伎を代表する人物として今日でも知られています。
歴史上の人物

河原忠蔵 – 幕末を駆け抜けた筑後の侍

河原忠蔵とは 河原忠蔵は、幕末の筑後国(現・福岡県南部)に生きた侍です。彼は1837年に筑後国生葉郡(現・福岡県みやま市)の庄屋の長男として生まれ、幼少期から武術の修行に励みました。1860年に長州藩の勤王派である久坂玄瑞と出会い、勤王の志士として活動を始めます。 1863年には、筑後国で起こった筑後勤王党の挙兵に参加し、政府軍と戦いました。しかし、挙兵は失敗し、忠蔵は捕らえられて投獄されました。その後、忠蔵は釈放されましたが、政府の監視下に置かれました。 1865年に、忠蔵は薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通らと接触し、薩摩藩の支援を受けて筑後国で反政府運動を展開しました。しかし、1866年に政府軍に鎮圧され、忠蔵は再び捕らえられました。 1868年に明治維新が起こると、忠蔵は釈放され、新政府に出仕しました。しかし、忠蔵は新政府の政策に不満を抱き、1874年に佐賀の乱に参加しました。佐賀の乱が失敗すると、忠蔵は捕らえられて処刑されました。 忠蔵は、幕末の動乱期にあって、勤王の志士として戦い抜いた筑後の侍でした。彼の生涯は、激動の時代を駆け抜けた一人の志士の生きざまを物語っています。
歴史上の人物

鎌倉時代の僧侶 良敏(1)

良敏の生い立ちと経歴 良敏は、鎌倉時代の僧侶であり、天台宗中興の祖と称される人物である。1166年に、武蔵国江戸氏の長男として生まれる。幼名は丸。11歳で比叡山に上り、叡尊に師事して出家し、良敏と名乗る。19歳で受戒し、21歳で権少僧都に任じられる。24歳で天台座主となり、天台宗の最高位に就く。 良敏は、天台宗の衰退を憂い、その復興に努めた。叡尊の教えを受け継ぎ、比叡山を拠点に、天台宗の教えを全国に広めた。また、多くの弟子を育て、天台宗の発展に貢献した。 良敏は、また、優れた学僧として知られ、多くの著作を残している。その代表作である『四教儀集解』は、天台宗の教義を解説した書物であり、天台宗の聖典の一つとされている。 良敏は、1226年に59歳で亡くなった。比叡山に葬られ、墓所は現在も残されている。良敏は、天台宗中興の祖として、今日でも多くの人々に敬愛されている。
歴史上の人物

児島高徳-鎌倉-南北朝時代の武将

-児島高徳の生涯- 児島高徳は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。足利尊氏に仕え、元弘の乱や建武の新政、南北朝の争乱で活躍しました。 高徳は、1317年(元亨7年)に備前国児島郡(現在の岡山県倉敷市)に生まれました。父は児島高房、母は足利貞氏(尊氏の父)の娘だったため、尊氏の従兄弟にあたります。高徳は幼い頃から文武両道に優れ、特に弓矢の技量に長けていました。 1331年(元弘元年)、鎌倉幕府が倒れ、後醍醐天皇が建武の新政を開始しました。高徳は後醍醐天皇に仕え、元弘の乱で活躍しました。1333年(建武3年)、尊氏が鎌倉で挙兵すると、高徳は尊氏に味方して鎌倉に駆けつけました。 建武の新政が崩壊すると、高徳は尊氏に従って九州に落ち延びました。1336年(建武3年)、尊氏は九州で足利政権を樹立し、高徳は九州探題に任命されました。高徳は九州を平定し、九州の有力守護大名との関係を強化しました。 1338年(暦応元年)、尊氏が上洛して将軍になると、高徳は鎌倉に帰還し、関東管領に任命されました。高徳は関東の平定に努め、尊氏の権力を固めました。 1348年(貞和4年)、高徳は尊氏に従って九州に下向し、南朝軍と戦いました。1349年(貞和5年)、高徳は南朝軍を破り、九州を平定しました。 1350年(観応6年)、高徳は尊氏に従って上洛し、南朝軍と戦いました。1352年(観応2年)、尊氏が京都を追われると、高徳は尊氏を奉じて九州に落ち延びました。 1354年(文和3年)、尊氏が九州で病死すると、高徳は尊氏の子である足利義詮を奉じて鎌倉に帰還しました。高徳は鎌倉府の執事を務め、義詮の権力を固めました。 1357年(延文2年)、高徳は鎌倉で病死しました。享年41歳でした。高徳は鎌倉幕府の有力武将として活躍し、尊氏の権力を支えました。高徳の死は、足利政権に大きな打撃を与えました。
美術分野の人

児島基隆 – 幕末から明治にかけて活躍した日本画家

生誕と出自 児島基隆は、1837年(天保8年)3月21日、現在の徳島県阿南市加茂谷に生まれた。本名は基隆(もとたか)だが、通称は基輔(もとすけ)であった。家は代々医者をしており、父は漢方医の児島当輔である。生家は阿南市加茂谷に現存し、徳島県指定史跡となっている。 基隆は幼少の頃から絵を描き、才能を発揮した。10歳の頃には、阿南藩主・蜂須賀阿波守斉裕に召し出され、藩の御用絵師となった。藩主の命により、京都や江戸に遊学して絵を学び、西洋画の技法も取り入れた。 1868年(慶応4年)、明治維新が起こると、基隆は新政府に出仕し、造幣局の御用司となった。造幣局では、紙幣のデザインを担当し、日本の紙幣の原型を作った。また、徴兵令のポスターのデザインも手がけた。 1872年(明治5年)、基隆は文部省の美術学校(現東京芸術大学)の教授となった。美術学校では、西洋画の技法を教えた。基隆は、日本の洋画の発展に大きな功績を残した。 1881年(明治14年)、基隆は文部卿に就任した。文部卿としては、教育制度の整備や、学校教育の充実などに努めた。また、国立博物館の設立にも尽力した。 1888年(明治21年)、基隆は病のため、文部卿を辞任した。辞任後は、東京府知事や、貴族院議員などを歴任した。1915年(大正4年)1月29日、東京で死去した。享年78。
美術分野の人

宮田筑後について

-宮田筑後について- -江戸時代前期の能面師- 宮田筑後は、江戸時代前期の能面師です。 1584年に豊後国(現在の大分県)に生まれ、1650年に京都で亡くなりました。 宮田筑後という名は、豊後国(現在の大分県)の地名に由来していると考えられています。 宮田筑後は、幼い頃から能面師として活躍していたとも言われています。 京都に上京し、1615年の大阪夏の陣では、徳川家康の命により、能面を使った戦勝祈願の儀式を行ったそうです。 宮田筑後 は、能面師として、写実的でリアルな作風で知られています。 また、能面師としては珍しく、能楽師としても活躍していたそうです。 宮田筑後 の代表作には、「翁面」「尉面」「若女面」などがあります。 これらの作品は、現在でも多くの能楽師に愛されており、日本の伝統芸能を支えています。 宮田筑後は、江戸時代前期の能面師として、日本の伝統芸能に大きな功績を残した人物です。 その作品は、現在でも多くの人に愛され続けています。
歴史上の人物

証空(2)→ 鎌倉時代の僧侶と浄土宗西山派の祖

-証空の生涯と背景- 証空(証空上人、しょうくう、1177年 - 1247年)は、日本の鎌倉時代の僧侶で、浄土宗西山派の祖である。 証空は、1177年に京都に生まれた。幼い頃から仏教に強く惹かれ、比叡山で修行を積んだ。しかし、比叡山での修行に満足することができず、京都に戻り、九条兼実や藤原道家の庇護を受けた。 1205年、証空は比叡山を離れ、京都に光明寺を創建した。光明寺は、浄土宗西山派の総本山である。証空は、光明寺で念仏を唱え、多くの人々に浄土宗西山派の教えを説いた。 1247年、証空は光明寺で入寂した。享年70歳。 証空は、浄土宗西山派の祖として知られているが、それ以外にも多くの功績を残した。例えば、証空は、浄土宗西山派の教えを日本中に広めただけでなく、中国にも浄土宗西山派の教えを広めた。また、証空は、浄土宗西山派の教えを民衆に分かりやすく説いたため、多くの人々から尊敬された。 証空の生涯は、浄土宗西山派の教えを広め、多くの人々に救いをもたらした生涯であった。
美術分野の人

蒔絵師「井上新七」とその著書「雛形ゐ井と草」

-井上新七の生涯と業績- 井上新七は、享保16年(1731)に京都で生まれ、明和5年(1768)に38歳で亡くなった蒔絵師です。若くして蒔絵師として名を馳せ、数多くの作品を残しました。 新七は、主に貝殻や金属箔を用いた蒔絵を制作しました。その作品は、繊細で優美な作風が特徴です。また、新七は蒔絵の技法を研究し、新しい技法を開発しました。その中でも、蒔絵に金箔を貼ってから漆を塗る「金蒔絵」の技法は、新七によって完成されたと言われています。 新七は、蒔絵師としてだけでなく、蒔絵の理論家としても知られています。新七は、明和3年(1766)に、「雛形ゐ井と草」という蒔絵の手引書を著しました。この本は、蒔絵の技法や材料について詳しく解説しており、蒔絵師にとって必携の書となっています。 新七は、その短い生涯で蒔絵に大きな功績を残しました。その作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、その美しさで人々を魅了しています。 -主な作品- * 「秋草蒔絵硯箱」(東京国立博物館) * 「竹取物語蒔絵硯箱」(京都国立博物館) * 「四季草花蒔絵料紙箱」(根津美術館) * 「源氏物語蒔絵手箱」(出光美術館) * 「伊勢物語蒔絵手箱」( MOA美術館)
歴史上の人物

室町武将、上杉清方の一生

上杉清方は、永享元年(1429年)に越後国守・上杉憲実の三男として生まれました。兄に上杉憲忠、弟に上杉実頼がいます。 永享11年(1439年)に父が亡くなり、兄の憲忠が越後国守を継ぎますが、わずか10年後の永享21年(1449年)に病死してしまいます。このため、清方は21歳の若さで越後国守を継ぐことになりました。 清方は越後国守として、越後の安定と発展に努めました。また、応仁の乱では、細川勝元率いる東軍に属して戦いました。応仁2年(1468年)には、東軍の勝利に貢献し、越後守護職の地位を確固たるものにしました。 しかし、清方は応仁の乱後に病に倒れ、文明5年(1473年)に45歳の若さで亡くなりました。清方の死後、越後国守は弟の実頼が継ぎました。 清方は、越後の安定と発展に努めた名君であり、応仁の乱でも活躍した名将でした。その死は、越後国にとって大きな損失となりました。 清方は、応仁の乱で活躍した武将であると同時に、和歌や連歌にも優れており、優れた文化人でもありました。また、清方は、越後の発展に努め、治水事業や新田開発を推し進めました。清方は、越後国を治める名君であり、文化人であり、武将でありました。
芸能分野の人

初代沢村小伝次 – 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者の功績

-初代沢村小伝次の生い立ちと経歴- 初代沢村小伝次は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した歌舞伎役者です。歌舞伎界に多くの功績を残したことから、「初代沢村小伝次 - 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者の功績」というテーマで記事を作成します。 まず、初代沢村小伝次の生い立ちと経歴について説明します。初代沢村小伝次は、1623年に京都で生まれました。本名は沢村伝右衛門です。幼少期から歌舞伎に親しみ、1635年に江戸の歌舞伎座で初舞台を踏みました。 初代沢村小伝次は、すぐに人気者となり、1641年に江戸の歌舞伎座の座頭に就任しました。座頭とは、歌舞伎座の運営責任者であり、演目の選定や配役などを行う重要な役割です。初代沢村小伝次は、座頭として歌舞伎界の発展に大きく貢献しました。 初代沢村小伝次は、歌舞伎の演目や演出にも多くの工夫を凝らしました。それまで歌舞伎は、主に人形浄瑠璃を基にした演目ばかりでしたが、初代沢村小伝次は、歌舞伎独自の演目を創作しました。また、演出にも工夫を凝らし、歌舞伎をより華やかで魅力的なものにしました。 初代沢村小伝次は、1671年に亡くなりましたが、その功績は今も語り継がれています。初代沢村小伝次は、歌舞伎界の発展に大きく貢献した偉大な役者であり、歌舞伎界の歴史において重要な人物です。
歴史上の人物

奥野栄清の生涯と業績

-奥野栄清の出生と家系- 奥野栄清は、1884年(明治17年)3月15日、愛知県名古屋市東区主税町生まれ。父は名古屋藩の医者・奥野政次郎、母はたき。栄清は、9人兄弟の長男として生まれました。 奥野家は、代々名古屋藩に仕える医者として活躍してきた家系であり、栄清の先祖には、尾張藩の藩医を務めた奥野玄庵がいる。玄庵は、蘭学の先駆者として知られており、栄清に大きな影響を与えた。栄清は、幼い頃から、玄庵の医学書を読み、医者を志すようになりました。 栄清の父・政次郎は、名古屋市初の私立病院「奥野病院」を開業し、地域医療に貢献しました。栄清は、父の背中を見て育ち、自分も将来、医者になりたいと強く思うようになりました。 栄清は、1903年(明治36年)に名古屋第一中学校(現在の名古屋大学附属高等学校)を卒業し、1908年(明治41年)に東京帝国大学医学部を卒業しました。卒業後は、名古屋大学医学部助手として勤務し、1914年(大正3年)に教授に就任しました。 栄清は、1922年(大正11年)に名古屋大学医学部長に就任し、1928年(昭和3年)に同大学総長に就任しました。栄清は、総長在任中に、名古屋大学を日本有数の大学へと発展させました。 栄清は、1934年(昭和9年)に退官し、1943年(昭和18年)に亡くなりました。享年59歳でした。栄清は、日本の医学界に多大な貢献をした人物であり、その功績は今もなお讃えられています。
学術分野の人

「大喜多泰山」- 江戸時代後期の儒者

-大喜多泰山の生涯- 大喜多泰山は、江戸時代後期の儒者。名は寛、字は敬甫。号は泰山、浩峰。仁寿院。下総国猿島郡七栄村(現千葉県印西市七栄新田)に生まれる。父は、幕府の儒官で、儒学者の大喜多豊郷。 19歳の時、江戸に出て、尾藤二洲に師事する。その後、京都に出て、岡島冠山に師事する。25歳の時、幕府の儒官に登用される。その後、京都に出て、仁寿院の住職となる。 30歳の時、幕府の儒官に再登用される。その後、江戸に出て、昌平坂学問所に勤める。35歳の時、昌平坂学問所の教授となる。40歳の時、昌平坂学問所の主宰となる。 45歳の時、幕府の儒官を辞任する。その後、江戸に出て、私塾を開く。50歳の時、昌平坂学問所の主宰に再任される。55歳の時、昌平坂学問所の総裁となる。 60歳の時、昌平坂学問所の総裁を辞任する。その後、江戸に出て、私塾を開く。65歳の時、8大儒の一人に選ばれる。70歳の時、昌平坂学問所の総裁に再任される。 75歳の時、昌平坂学問所の総裁を辞任する。その後、江戸に出て、私塾を開く。80歳の時、昌平坂学問所の総裁に再任される。 85歳の時、昌平坂学問所の総裁を辞任する。その後、江戸に出て、私塾を開く。90歳の時、死去。
歴史上の人物

丿貫-奇行で知られた織豊時代の茶人

-丿貫の奇行と逸話- 丿貫は、織豊時代の茶人。その奇行や逸話は今なお語り継がれています。 * -茶室の天井を壊した- 丿貫は、茶室の天井を壊したことで知られています。それは、茶室を訪れた人が、天井に描かれた絵に夢中になって、茶を忘れているのを見て、 「茶を飲み忘れている」と怒って、天井を壊したのだそうです。 * -茶釜を投げ捨てた- 丿貫は、茶釜を投げ捨てたことで知られています。それは、茶会で茶釜を運ぶ茶坊主が、茶釜を落としてしまったのを見て、 「茶釜を落とした」と怒って、茶釜を投げ捨てたのだそうです。 * -茶碗を割った- 丿貫は、茶碗を割ったことで知られています。それは、茶会で茶碗を運ぶ茶坊主が、茶碗を落としてしまったのを見て、 「茶碗を落とした」と怒って、茶碗を割ったのだそうです。 * -茶室を焼いた- 丿貫は、茶室を焼いたことで知られています。それは、茶室で火事を起こした茶坊主が、火事を消せなかったのを見て、 「火事を消せなかった」と怒って、茶室を焼いたのだそうです。 これらの奇行や逸話は、丿貫の茶道に対する厳しい姿勢と、茶室や茶道具へのこだわりを示しています。丿貫は、茶道を単なる趣味ではなく、人生の修行として捉えており、茶室や茶道具は、その修行のための道具であると考えていました。そのため、茶室や茶道具をぞんざいに扱われることを許さず、奇行や逸話を起こしたのです。 丿貫の奇行や逸話は、茶道の世界ではよく知られており、茶道を学ぶ人々にとって、戒めのようになっています。茶道を学ぶ人は、丿貫の奇行や逸話を教訓として、茶道を厳しく学び、茶室や茶道具を大切に扱わなければならないのです。
文学分野の人

正木風状 – 名も無い俳人として江戸の町に埋もれた男

-正木風状とは何者か?- 正木風状(しょうぼくふうじょう、1689年 - 1762年)は、江戸時代中期の俳人。 本姓は多田。名は仲。通称は正木八郎右衛門。号は風状ほか多数。江戸の俳壇の中心人物である松尾芭蕉とは、親しい関係にあった。 風状は、1689年に江戸で生まれる。父は、俳諧師の正木八兵衛。幼少期から俳諧に親しみ、10代の頃には、芭蕉の門下生となる。芭蕉の死後は、その俳諧精神を継承し、江戸の俳壇を牽引する。 風状は、芭蕉の死後、数々の俳諧作品を残している。代表作には、1722年に刊行された『風状発句集』や、1728年に刊行された『風状俳諧集』などがある。これらの作品には、江戸の町の様子や風俗、人情などが詠まれており、当時の江戸の文化を垣間見ることができる。 風状は、1762年に江戸で没する。享年74。風状の死後、その俳諧精神は、弟子の杉山杉風や、高野蘭更らによって受け継がれ、江戸の俳壇の発展に貢献した。 風状は、芭蕉の死後、江戸の俳壇の中心人物として活躍した。その俳諧作品には、江戸の町の様子や風俗、人情などが詠まれており、当時の江戸の文化を垣間見ることができる。風状は、江戸俳諧の発展に大きく貢献した俳人である。
芸能分野の人

「嵐三五郎(4代)」

-# 4代嵐三五郎の生涯 4代嵐三五郎は、日本の歌舞伎俳優、映画俳優である。本名は長谷川福一郎。1880年(明治13年)2月13日、東京府東京市に生まれる。父は2代嵐徳助、母は実之助の娘・しの。1893年(明治26年)8月、中村座で「仮名手本忠臣蔵」のお軽の子供役で初舞台を踏む。1898年(明治31年)に三代目三五郎を襲名し、1942年(昭和17年)に四代目三五郎を襲名する。 三五郎は、主に女形として活躍し、その美貌と演技力で人気を博した。特に、歌舞伎の古典劇である「仮名手本忠臣蔵」のお軽や、「勧進帳」の弁慶の妻・富樫などが当たり役として知られている。また、映画にも多く出演し、「忠臣蔵」「無法松の一生」「人生劇場」などに出演している。 三五郎は、1962年(昭和37年)1月13日に死去した。享年81。 三五郎は、その美貌と演技力で、歌舞伎界のトップスターとして活躍した。また、映画にも多く出演し、その演技力は多くの観客を魅了した。三五郎は、歌舞伎界の発展に大きく貢献し、その功績は今もなお語り継がれている。
美術分野の人

「西川祐代」について

-西川祐代の生涯- 西川祐代は、1982年5月17日に兵庫県神戸市で生まれた。幼少期からバレエを習い、高校卒業後は東京藝術大学バレエ科に進学した。大学卒業後は、新国立バレエ団に入団し、数多くの舞台で活躍した。2012年には、英国ロイヤル・バレエ団に留学し、2013年に帰国後は、新国立バレエ団のプリンシパルダンサーに昇進した。 2015年、西川祐代は、新国立バレエ団を退団し、フリーランスのダンサーとして活動を開始した。その後、2016年に、英国ロイヤル・バレエ団に再入団し、現在に至るまで、同団のプリンシパルダンサーとして活躍している。 西川祐代は、その卓越したバレエ技術と表現力で、世界中のバレエファンから絶大な支持を集めている。2017年には、英国の権威あるバレエ雑誌「ダンス・マガジン」の「世界で最も優れた25人のダンサー」に選出された。また、2018年には、英国ロイヤル・バレエ団から、最高峰のダンサーに贈られる「アワード・オブ・エクセレンス」を授与された。 西川祐代は、現在も、英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルダンサーとして、世界中の舞台で活躍を続けている。その美しいバレエ姿と、卓越したバレエ技術は、多くのバレエファンを魅了している。
文学分野の人

「西山宗因」(1605-1682 江戸時代前期の連歌師,俳人)

西山宗因の生涯 西山宗因は、1605年に近江国大津(現・滋賀県大津市)に生まれ、1682年に京都で没した江戸時代前期の連歌師、俳人です。本名は宗因、号は西山、別号に連歌法師、来山などがあります。 宗因は、幼い頃から連歌を学び、13歳の時に江戸に上り、連歌師として活躍するようになります。その後、京都に戻り、連歌の師匠として多くの弟子を育てました。 宗因は、連歌の大家として知られており、その連歌は、軽妙洒脱でユーモアに富んだ作風でした。また、俳諧の分野でも活躍し、松尾芭蕉に先駆けて、俳諧の革新に取り組みました。 宗因は、1682年、京都で亡くなりました。彼の死後、その連歌と俳諧は、多くの人々に影響を与え、江戸時代の文学に大きな影響を与えました。 宗因の主な著書としては、『西山宗因句集』、『西山宗因連歌集』、『宗因独吟』などがあります。
美術分野の人

「埋忠明寿」

-埋忠明寿の生涯- -幼少期と青年時代- 埋忠明寿は、戦国から江戸時代初期にかけて活躍した武将です。1562年、美濃国で生まれました。幼名は長次郎。父は織田信長の家臣である明智光秀、母は妻木煕子です。長次郎は幼い頃から聡明で武勇に優れていました。1573年、12歳のときに元服し、明智光秀の嫡男として家督を継ぎます。 -織田信長に仕える- 1576年、長次郎は織田信長の小姓となります。信長は長次郎の武勇と聡明さを気に入り、重用します。1582年、本能寺の変が起こり、信長が明智光秀に謀殺されます。長次郎は父・光秀の仇討ちを誓い、豊臣秀吉に仕えます。秀吉は長次郎の武功を認め、1585年に丹波国亀山城主に取り立てます。 -関ヶ原の戦い- 1600年、関ヶ原の戦いが起こります。長次郎は西軍の将として参戦し、徳川家康と戦います。しかし、西軍は敗北し、長次郎は逃亡します。1602年、長次郎は徳川家康に降伏し、改易されます。 -晩年- 改易後は、浪人となり、各地を放浪します。1615年、大坂夏の陣が起こり、長次郎は豊臣秀頼に仕えます。しかし、大坂城が落城し、秀頼が自害すると、長次郎は姿を消します。1616年、長次郎は紀伊国で捕らえられ、処刑されます。享年55歳でした。 -埋忠明寿の功績と評価- 埋忠明寿は、武勇に優れ、聡明な武将でした。織田信長や豊臣秀吉に仕え、数々の武功を挙げました。関ヶ原の戦いでは、西軍の将として徳川家康と戦い、敗北した後も、徳川家康に降伏せず、最後まで豊臣秀頼に忠義を尽くしました。 埋忠明寿は、その武勇と忠義心で人々に慕われていました。彼の死は、多くの人々に惜しまれました。
学術分野の人

「薩埵元雌」

-生涯と業績- 薩埵元雌は、1922年(大正11年)に静岡県浜松市で生まれ、14歳の頃に尺八を始めました。1941年(昭和16年)に上京し、尺八奏者の山口五郎に師事しました。1945年(昭和20年)の太平洋戦争終結後は、尺八奏者として活動を開始し、1950年(昭和25年)に第1回日本尺八コンクールで優勝しました。 その後、薩埵元雌は、尺八奏者として世界各地で演奏活動を行い、1957年(昭和32年)には、アメリカ合衆国で初めて尺八の演奏会を開催しました。また、1961年(昭和36年)には、ユネスコ主催の「東洋音楽祭」に出演し、高い評価を受けました。 薩埵元雌は、尺八奏者としてだけでなく、尺八の教育者としても活躍し、1962年(昭和37年)に尺八の専門学校である「薩埵元雌尺八学院」を創立しました。薩埵元雌尺八学院は、現在では日本を代表する尺八の専門学校として知られており、多くの尺八奏者を輩出しています。 薩埵元雌は、1998年(平成10年)に76歳で亡くなりましたが、その功績は現在でも高く評価されており、日本の尺八界の発展に大きく貢献した人物として知られています。 薩埵元雌の主な業績は以下の通りです。 * 第1回日本尺八コンクール優勝(1950年) * アメリカ合衆国で初めて尺八の演奏会を開催(1957年) * ユネスコ主催の「東洋音楽祭」に出演(1961年) * 薩埵元雌尺八学院を創立(1962年) * 紫綬褒章受章(1975年) * 勲四等瑞宝章受章(1985年)
芸能分野の人

筒井吉十郎 – 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者

-筒井吉十郎の生い立ちと経歴- 筒井吉十郎は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した歌舞伎役者である。本名は筒井大炊九郎で、吉十郎は芸名である。1659年(万治2年)に江戸の材木問屋の息子として生まれ、1684年(貞享元年)に中村座で初舞台を踏んだ。その後、中村座や山村座、森田座などの江戸の芝居小屋で活躍し、1703年(元禄16年)には中村座の座頭に就任した。吉十郎は、立役、女形、道化役など、あらゆる役柄を演じることができ、特に荒事の役を得意とした。また、吉十郎は、歌舞伎の演出や振り付けにも優れており、多くの新しい演目を上演した。 吉十郎は、江戸歌舞伎の黄金時代を築いた立役者の一人である。吉十郎の芝居は、荒々しく迫力のあるもので、観客を魅了した。また、吉十郎は、非常に頭の良い役者であり、常に新しい演目を上演することで、観客を飽きさせることがなかった。吉十郎は、1725年(享保10年)に67歳で死去した。吉十郎の死は、江戸歌舞伎に大きな影響を与え、江戸歌舞伎は衰退の一途をたどった。 吉十郎は、江戸歌舞伎の黄金時代を築いた立役者の一人である。吉十郎の芝居は、荒々しく迫力のあるもので、観客を魅了した。また、吉十郎は、非常に頭の良い役者であり、常に新しい演目を上演することで、観客を飽きさせることがなかった。吉十郎は、1725年(享保10年)に67歳で死去した。吉十郎の死は、江戸歌舞伎に大きな影響を与え、江戸歌舞伎は衰退の一途をたどった。
文学分野の人

→「鳥山香軒」

- 鳥山香軒の生涯 鳥山香軒は、1832年(天保3年)に江戸に生まれた。父は儒学者で、香軒も幼い頃から漢学を学び、15歳で江戸に出て本草学を修めた。 1853年(嘉永6年)にペリーが来航すると、香軒は幕府の命を受けて通訳を務めた。また、1860年(万延元年)には長州藩の依頼を受けて上海に渡り、ヨーロッパの科学技術を調査した。 1864年(元治元年)に帰国した香軒は、幕府の開成所教授に任命された。開成所は、明治政府に引き継がれ、東京大学の母体となった。 1868年(明治元年)に戊辰戦争が勃発すると、香軒は官軍に従軍して北越戦争に参加した。戦後、香軒は文部省に出仕し、学制の制定や東京大学の設立に尽力した。 また、東京大学の構内で鉱物学の教室を開いて鉱物学の研究と教育に努めた。彼は、日本における鉱物学の開拓者と言われている。 1889年(明治22年)に東京帝国大学教授を辞任し、その後は私塾を開いて後進の指導に当たった。香軒は、1906年(明治39年)に75歳で亡くなった。
学術分野の人

大塚精斎:儒学の巨人

-大塚精斎の生涯と経歴- 大塚精斎は、江戸時代後期に活躍した儒学者・政治家である。名は忠明、字は子敬、号は精斎。播磨国揖東郡大塚村(現在の兵庫県太子町大塚)の庄屋の長男として生まれる。幼い頃から聡明で、10歳の頃には『論語』を読みこなしたという。15歳の頃、京都に出て、伊藤仁斎に師事する。伊藤仁斎は、朱子学を批判し、儒学を生活実践に結びつけることを説いた儒学者である。大塚精斎は、伊藤仁斎の教えに感銘を受け、儒学を深く学ぶようになる。 20歳の頃、大塚精斎は、江戸に出て、堀田正俊に仕える。堀田正俊は、老中で、大塚精斎の才能を高く評価した。大塚精斎は、堀田正俊の命を受けて、江戸幕府の儒官となる。儒官とは、儒学を講義し、幕府の政策を儒教の立場から批判する役職である。大塚精斎は、儒官として、幕府の政策を批判し、改革を訴えた。 30歳の頃、大塚精斎は、播磨国揖東郡大塚村に帰郷する。帰郷後は、私塾を開いて、儒学を講義した。大塚精斎の私塾は、遠方からも多くの学生が集まるほど評判が高かった。大塚精斎は、私塾で、儒学を講義するだけでなく、学生に農業や商業を教えた。大塚精斎は、儒学を生活実践に結びつけることを説き、学生たちに、儒学を学んで社会に貢献することを求めた。 40歳の頃、大塚精斎は、播磨国揖東郡大塚村の庄屋となる。庄屋は、村の行政を司る役職である。大塚精斎は、庄屋として、村の発展に尽力した。大塚精斎は、新田開発を推進し、道路を整備し、橋を架けた。また、大塚精斎は、村の教育にも力を入れ、学校を設立した。 50歳の頃、大塚精斎は、老中松平定信の命を受けて、江戸幕府の儒官となる。大塚精斎は、儒官として、松平定信の改革を支持し、改革の推進に努めた。大塚精斎は、松平定信の改革を「寛政の改革」と呼び、寛政の改革を儒教の立場から擁護した。 60歳の頃、大塚精斎は、江戸幕府の儒官を辞任し、播磨国揖東郡大塚村に帰郷する。帰郷後は、私塾を開いて、儒学を講義した。大塚精斎は、私塾で、儒学を講義するだけでなく、学生に農業や商業を教えた。大塚精斎は、儒学を生活実践に結びつけることを説き、学生たちに、儒学を学んで社会に貢献することを求めた。 70歳の頃、大塚精斎は、病のため死去する。大塚精斎の死は、儒学界に大きな衝撃を与えた。大塚精斎は、儒学を生活実践に結びつけることを説き、儒学を社会に貢献する学問とした。大塚精斎の思想は、多くの儒学者に影響を与え、日本の儒学の発展に大きく貢献した。