人形浄瑠璃

エンターテインメント

「竹本春子太夫(初代)」(⇒竹本大隅太夫(3代))について

-竹本春子太夫(初代)の活躍- 竹本春子太夫(初代)は、江戸時代前期に活躍した浄瑠璃太夫です。竹本義太夫の弟子で、初代竹本大隅太夫を襲名し、浄瑠璃界に君臨しました。 春子太夫は、1653年、京都で生まれました。本名は、木林源六。若くして義太夫に入門し、浄瑠璃太夫として活躍しました。春子太夫は、義太夫節の第一人者として知られ、その芸は非常に高く評価されていました。 1684年、義太夫が亡くなると、春子太夫は、二代目を襲名しました。しかし、春子太夫は、義太夫の死後、浄瑠璃界の主導権争いに巻き込まれてしまいます。春子太夫は、義太夫の弟子の竹本筑後掾と争い、最終的には、筑後掾が勝利し、三代目を襲名しました。 春子太夫は、筑後掾に敗れた後、大隅太夫と改名し、浄瑠璃太夫として活動を続けました。大隅太夫は、その後も活躍を続け、1710年に亡くなるまで、浄瑠璃界に君臨しました。 大隅太夫は、義太夫節の第一人者として知られ、その芸は非常に高く評価されていました。大隅太夫は、浄瑠璃界に大きな功績を残した人物です。
エンターテインメント

人形浄瑠璃の人形遣い、初代吉田才治

- 初代吉田才治の生涯と功績 初代吉田才治は、人形浄瑠璃の人形遣いであり、人形浄瑠璃の革新に尽力した人物として知られています。1666年に大阪で生まれ、1696年に人形浄瑠璃の世界に入りました。そして、1703年に人形遣いとしてデビューを果たしました。 才治は、人形遣いの技術に優れており、特に人形の首の動きを自在に操ることで有名でした。また、人形の衣装や小道具などにもこだわり、人形浄瑠璃の演目をよりリアルで魅力的なものにしました。 才治の功績は、人形浄瑠璃の革新にとどまりません。彼は、人形浄瑠璃の演目の創作にも携わり、多くの名作を残しました。例えば、「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」などはいずれも才治が創作した演目であり、今日でも上演され続けています。 才治は、1745年に79歳で亡くなりましたが、彼の功績は人形浄瑠璃の世界に大きな影響を与えました。才治の人形遣いの技術や演目の創作は、後世の人形遣いに受け継がれ、人形浄瑠璃の発展に貢献しました。 才治の人形浄瑠璃への貢献は、以下の点に集約されます。 * 人形遣いの技術の向上 * 人形の衣装や小道具などへのこだわり * 人形浄瑠璃の演目の創作 * 後世の人形遣いへの影響 才治は、人形浄瑠璃の発展に大きく貢献した人物であり、人形浄瑠璃の歴史において重要な位置を占めています。
エンターテインメント

人形浄瑠璃の人間国宝・吉田玉五郎(2代)の人生と功績

- 吉田玉五郎(2代)の生い立ちと入門 吉田玉五郎(2代)は、1923年(大正12年)1月17日に大阪府大阪市で、吉田玉五郎(初代)の長男として生まれた。父・玉五郎(初代)は、文楽の名手として知られ、玉五郎一座を率いて全国を巡業していた。玉五郎(2代)は、幼い頃から父の姿を見て育ち、人形浄瑠璃に興味を持った。 1935年(昭和10年)、玉五郎(2代)は12歳の時に、父の勧めで吉田文三郎(3代)に入門した。文三郎(3代)は、文楽の重要無形文化財保持者で、玉五郎(2代)は文三郎(3代)から人形浄瑠璃の基礎を学んだ。玉五郎(2代)は、入門後すぐに頭角を現し、1940年(昭和15年)には、文楽の研修生として東京に派遣された。 東京では、文楽の重鎮である吉田簑助(3代)や吉田文五郎(4代)から指導を受け、さらに芸を磨いた。玉五郎(2代)は、1943年(昭和18年)に文楽の本公演に初出演し、1946年(昭和21年)には、文楽の若手俳優として注目を集めた。 1949年(昭和24年)には、文楽の重要無形文化財保持者に認定され、1950年(昭和25年)には、文楽の最年少記録となる27歳で、文楽の最高位である太夫に昇進した。玉五郎(2代)は、太夫として活躍し、1968年(昭和43年)には、文楽の功績が認められ、人間国宝に認定された。 玉五郎(2代)は、人間国宝に認定された後も、文楽の第一線で活躍し続け、2002年(平成14年)に80歳で亡くなるまで、文楽の発展に貢献した。
エンターテインメント

吉田文三郎(初代) – 人形浄瑠璃の発展に貢献した名匠

-初代吉田文三郎の生涯- 初代吉田文三郎は、1738年に大阪で生まれました。幼い頃から人形浄瑠璃に興味を持ち、10代の頃に人形遣いとしてデビューしました。その才能はすぐに認められ、1760年に吉田文三郎の名跡を継承しました。 文三郎は、人形遣いの技術を革新し、人形浄瑠璃の発展に大きく貢献しました。彼の操る人形は、まるで生きているかのように動き、観客を魅了しました。また、文三郎は人形浄瑠璃の脚本も執筆し、その作品は多くの劇団で上演されました。 文三郎は、1807年に69歳で亡くなりました。しかし、彼の功績は今もなお語り継がれています。人形浄瑠璃は、日本の伝統芸能として世界中から愛されており、その発展に貢献した文三郎の名は永遠に不滅です。 -文三郎の人形遣いの技術- 文三郎の人形遣いの技術は、非常に高く評価されていました。彼は、人形をまるで生きているかのように操ることができました。その秘訣は、人形の動きを細部まで研究し、人形の性格を深く理解することでした。文三郎は、人形の動きと台詞を完璧にシンクロさせ、観客を人形劇の世界に引き込みました。 -文三郎の脚本- 文三郎は、人形浄瑠璃の脚本も執筆しました。彼の作品は、その斬新なストーリーと巧みな構成で高い評価を受けました。文三郎は、人形浄瑠璃の伝統を大切にしつつも、新しい要素を取り入れることに積極的でした。彼の作品は、人形浄瑠璃の新たな可能性を拓き、多くの人々に愛されました。 -文三郎の功績- 文三郎は、人形浄瑠璃の発展に大きく貢献した名匠です。彼の操る人形は、まるで生きているかのように動き、観客を魅了しました。また、文三郎は人形浄瑠璃の脚本も執筆し、その作品は多くの劇団で上演されました。 文三郎の功績は、今もなお語り継がれています。人形浄瑠璃は、日本の伝統芸能として世界中から愛されており、その発展に貢献した文三郎の名は永遠に不滅です。
作家

「堤春恵」(1950- 昭和後期-平成時代の劇作家)

堤春恵の生い立ち 堤春恵は1950年、東京都に生まれた。父親は新聞記者で、母親は教師だった。春恵は3人きょうだいの長男で、妹が1人と弟が1人いる。 春恵は幼い頃から演劇に興味を持っていた。小学3年生の時に、学校の演劇部に所属し、初めて舞台に立った。中学時代には演劇部の部長を務め、数々のコンクールで賞を受賞した。 高校卒業後は、劇団四季に入団し、舞台女優として活動した。劇団四季では、『キャッツ』や『ライオンキング』などのミュージカルに出演し、人気女優となった。 1985年に劇団四季を退団し、フリーの劇作家として活動を開始した。翌1986年には、初の戯曲である『夏の砂浜』が上演され、高い評価を得た。 以降、春恵は数多くの戯曲を執筆し、上演している。その代表作には、『家族の肖像』(1990年)、『時の旅人』(1995年)、『星の見える街』(2000年)などがある。 春恵の戯曲は、家族や愛、人生など、普遍的なテーマを扱っている。その作風は、繊細な心理描写と美しい言葉遣いで、多くの人々から支持されている。 春恵は、1996年に『家族の肖像』で第41回岸田國士戯曲賞を受賞し、2001年には『星の見える街』で第54回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するなど、数々の賞を受賞している。 春恵は、現在も劇作家として活躍しており、その新作が注目されている。
エンターテインメント

吉田文三の人形浄瑠璃の世界

-吉田文三の生い立ちと修行時代- 吉田文三は、1928年(昭和3年)12月13日に、大阪府大阪市に生まれました。父は吉田文楽座の二代目吉田簑助、母は同じ吉田文楽座の三代目吉田玉助(後に六代目吉田簑助)です。文三は、幼い頃から文楽に親しみ、5歳の時には父から人形操演の手ほどきを受けました。 1941年(昭和16年)に、父が亡くなった後、文三は文楽座に入座し、本格的に人形操演の修行を始めました。文三は、祖父である五代目吉田簑助や、伯父である七代目吉田文楽から、人形操演の基本を学びました。また、文三は、文楽座の先輩である三代目吉田小玉や、四代目吉田玉助から、人形操演の奥義を学びました。 文三は、修行時代から、その才能を発揮し、1945年(昭和20年)に、文楽座の若手人形遣いとして、初舞台を踏みました。文三は、初舞台からすぐに注目を集め、1947年(昭和22年)には、文楽座の座員に昇進しました。そして、1951年(昭和26年)には、文楽座の幹部である、太夫格に昇進しました。 文三は、太夫格に昇進した後も、人形操演の研鑽を続け、1953年(昭和28年)には、文楽座の最高位である、名人位に昇進しました。文三は、名人位に昇進した後も、人形操演の第一線で活躍を続け、1991年(平成3年)に、文楽座を定年退職するまで、数多くの名作を残しました。 文三は、人形操演の技術だけでなく、人形の表情や動きを豊かに表現する能力にも優れていました。文三は、人形に命を吹き込み、観客を物語の世界に引き込むことができました。文三の人形操演は、多くの人々に感動を与え、文楽の普及に貢献しました。
研究者

「内海繁太郎」(1896-1966) 人形浄瑠璃研究家

-近松門左衛門と人形浄瑠璃の演出研究で知られた内海繁太郎- 内海繁太郎は、1896年(明治29年)に兵庫県に生まれた人形浄瑠璃研究家です。早稲田大学文学部を卒業後、1923年(大正12年)に東京帝国大学大学院に入学し、国文学を専攻しました。大学院卒業後は、神奈川県立横浜第一中学校(現・神奈川県立横浜高等学校)の教諭を務めながら、人形浄瑠璃の研究を続けました。 内海が人形浄瑠璃の研究を始めたきっかけは、1922年(大正11年)に大阪市立大学文学部教授だった森鷗外に「近松門左衛門集」を講義してもらったことにあります。森鷗外の講義に感銘を受けた内海は、人形浄瑠璃の研究に本格的に取り組むことを決意しました。 内海の研究の中心は、近松門左衛門の作品と人形浄瑠璃の演出でした。内海は、近松門左衛門の作品を丹念に分析し、その特色を明らかにしました。また、人形浄瑠璃の演出についても詳しく研究し、人形浄瑠璃の演出が作品の内容をどのように表現しているかを明らかにしました。 内海の研究は、人形浄瑠璃の研究に大きな貢献をしました。内海の研究によって、人形浄瑠璃の芸術性が明らかにされ、人形浄瑠璃が日本の伝統芸能として高く評価されるようになりました。また、内海の研究は、人形浄瑠璃の演出の研究にも大きな影響を与え、人形浄瑠璃の演出の重要性が認識されるようになりました。 内海は、1966年(昭和41年)に亡くなりましたが、その研究は現在も人形浄瑠璃の研究者に引き継がれています。内海の研究は、人形浄瑠璃の芸術性を明らかにし、人形浄瑠璃が日本の伝統芸能として高く評価されるきっかけとなりました。そして、内海の研究は、人形浄瑠璃の演出の研究にも大きな影響を与え、人形浄瑠璃の演出の重要性が認識されるようになりました。
エンターテインメント

吉田小兵吉(4代) – 明治-昭和時代前期の人形浄瑠璃の人形遣い

-吉田小兵吉(4代)の人生の遍歴- 吉田小兵吉(4代)は、明治8年(1875年)東京に生まれる。本名は吉田孝太郎。父は吉田小兵吉(3代)、母は山下わさ。幼い頃から人形浄瑠璃に親しみ、10歳の時に吉田小兵吉(3代)に弟子入り。15歳の時に初舞台を踏む。 その後、吉田小兵吉(4代)は各地を巡業し、高い評価を得る。25歳の時には、東京の歌舞伎座で初出演。以降、歌舞伎座で多くの公演を行う。また、海外公演も行い、昭和5年(1930年)には、ヨーロッパ公演を行い、好評を博した。 吉田小兵吉(4代)は、人形浄瑠璃の技法を究めた名手として知られた。特に、人形の動きをリアルに表現することに優れ、その芸は「小兵吉節」と呼ばれ、多くのファンを魅了した。 吉田小兵吉(4代)は、昭和18年(1943年)に死去。享年69。その死は、人形浄瑠璃界に大きな衝撃を与えた。吉田小兵吉(4代)は、人形浄瑠璃の発展に大きく貢献した名匠として、その名を後世に伝えている。
エンターテインメント

 桐竹勘十郎(2代)

-桐竹勘十郎(2代)の生涯- 桐竹勘十郎(2代)は、日本の歌舞伎役者。本名酒井 惣太郎。屋号紀伊国屋。定紋桐に竹。歌舞伎の名門桐竹流の2代目家元。 1688年(元禄元年)、京都で生まれる。父は桐竹勘十郎(初代)、母は芸者のお与茂。幼い頃から歌舞伎の舞台に立ち、10代の頃から若衆方として活躍。1716年(享保元年)には、江戸の市村座で「操三番叟」の鶴亀を演じて大当たりを取り、一躍人気役者となる。 1720年(享保5年)、父が死去したため、桐竹勘十郎(2代)を襲名し、歌舞伎界の重鎮として活躍。1736年(元文元年)、江戸の市村座で上演された「三人吉三廓初買」の吉三を演じて大当たりを取り、歌舞伎十八番の一つに数えられる名作となった。 1741年(寛保元年)、江戸の市村座で上演された「菅原伝授手習鑑」の菅原道真を演じて大当たりを取り、「菅原伝授手習鑑」は歌舞伎十八番の代表作となった。 1753年(宝暦3年)、江戸で死去。享年66。歌舞伎界に大きな影響を与えた名優として、現在も語り継がれている。 桐竹勘十郎(2代)の芸風は、父である初代勘十郎の芸を受け継ぎ、華やかな舞台姿と豪快な演技が特徴。また、歌舞伎の台本にも詳しく、多くの脚本を残した。歌舞伎界に大きな功績を残した名優として、現在も語り継がれている。
エンターテインメント

初代竹本中太夫から3代目竹本政太夫へ:伝統の継承と革新

-初代竹本中太夫の功績と影響- 初代竹本中太夫は、浄瑠璃の三大名跡の一つである竹本座の初代座元であり、浄瑠璃界に多大な功績を残した人物です。中太夫は、1651年に京都で生まれ、幼い頃から浄瑠璃を学びました。1703年に竹本座を創立し、竹本座の初代座元となりました。中太夫は、浄瑠璃の台本を書き、自ら浄瑠璃を語って人々を魅了しました。また、中太夫は、浄瑠璃の演奏方法を革新し、浄瑠璃をより一層魅力的な芸能へと発展させました。 中太夫の功績は、浄瑠璃界に多大な影響を与えました。中太夫が創立した竹本座は、浄瑠璃の三大名跡の一つとなり、浄瑠璃界を代表する劇場となりました。また、中太夫が革新した浄瑠璃の演奏方法は、浄瑠璃界で広く採用され、浄瑠璃をより一層魅力的な芸能へと発展させました。 中太夫は、1714年に63歳で亡くなりましたが、その功績は浄瑠璃界に永遠に語り継がれています。中太夫が創立した竹本座は、現在でも浄瑠璃の三大名跡の一つとして存続しており、毎年多くの浄瑠璃ファンが訪れています。また、中太夫が革新した浄瑠璃の演奏方法は、現在でも浄瑠璃界で広く採用されており、浄瑠璃をより一層魅力的な芸能へと発展させています。
エンターテインメント

吉田冠蔵(2代)の人形遣いとしての功績

-初代吉田冠蔵の子として生まれ、人形遣いの道を歩む- 吉田冠蔵(2代)は、1909年に東京に生まれ、1926年に初代吉田冠蔵に入門し、人形遣いの道を歩み始めました。1930年に二代目吉田冠蔵を襲名し、人形浄瑠璃の世界で活躍しました。 初代吉田冠蔵は、1873年に大阪に生まれ、人形遣いの道を歩み始めました。1901年に二代目吉田冠蔵を襲名し、人形浄瑠璃の世界で活躍しました。1926年に死去し、その後に二代目吉田冠蔵が襲名しました。 二代目吉田冠蔵は、初代吉田冠蔵の教えを受け、人形浄瑠璃の世界で活躍しました。1930年に二代目吉田冠蔵を襲名し、人形浄瑠璃の世界で活躍しました。1950年に死去し、その後に三代目吉田冠蔵が襲名しました。 二代目吉田冠蔵は、人形浄瑠璃の世界で活躍し、人形遣いの功績を遺しました。1930年に二代目吉田冠蔵を襲名し、人形浄瑠璃の世界で活躍しました。1950年に死去し、その後に三代目吉田冠蔵が襲名しました。 二代目吉田冠蔵は、人形遣いの功績で知られ、多くの作品を残しました。1930年に二代目吉田冠蔵を襲名し、人形浄瑠璃の世界で活躍しました。1950年に死去し、その後に三代目吉田冠蔵が襲名しました。
歴史上の偉人

– 政岡

政岡とは 政岡とは、鳥取県米子市にある町です。 政岡は、米子市の南西部に位置し、南に境港市、西に安来市と接しています。 政岡の面積は、28.08平方キロメートルで、人口は約11,000人です。 政岡は、江戸時代に米子藩の治世のもと、製鉄業で栄えていました。 政岡には、政岡城や政岡神社など、歴史的な建造物が多く残っています。 政岡は、温暖な気候で、果物や野菜などの農業が盛んです。 また、政岡には、米子空港や米子港など、交通の便が良く、観光客も多く訪れます。
エンターテインメント

4代目吉田辰五郎 – 明治から大正時代の人形浄瑠璃の人形遣い

3代目吉田辰五郎の門弟 4代目吉田辰五郎は、3代目吉田辰五郎の門弟であり、その芸風を受け継いだ人形遣いとして知られています。辰五郎は、1868年に東京で生まれ、幼少の頃から人形浄瑠璃に興味を持ちました。12歳の時に3代目辰五郎に入門し、人形遣いの基礎を学びました。18歳で初舞台を踏み、その後、各地を巡業して活躍しました。 辰五郎は、3代目辰五郎の芸風を継承しつつ、独自の工夫も加えました。辰五郎の人形遣いは、力強く、かつ繊細で、人形に命を吹き込むかのような演技でした。また、辰五郎は、人形浄瑠璃の脚本にも通じており、自ら脚本を執筆することもありました。 辰五郎は、明治から大正時代にかけて、人形浄瑠璃界を代表する人形遣いとして活躍しました。1927年に死去しましたが、その芸風は、弟子である5代目吉田辰五郎らによって受け継がれています。 辰五郎の門弟には、5代目吉田辰五郎、吉田文五郎、吉田豊五郎、吉田栄五郎などがいます。いずれも、辰五郎の芸風を受け継ぎ、人形浄瑠璃界で活躍しました。 5代目吉田辰五郎は、1895年に東京で生まれ、1912年に4代目辰五郎に入門しました。1917年に初舞台を踏み、その後、各地を巡業して活躍しました。1946年に4代目辰五郎の死後、5代目辰五郎を襲名しました。5代目辰五郎は、辰五郎の芸風を忠実に継承し、人形浄瑠璃界を代表する人形遣いとして活躍しました。1973年に死去しましたが、その芸風は、弟子である6代目吉田辰五郎らによって受け継がれています。 吉田文五郎は、1882年に東京で生まれ、1896年に3代目辰五郎に入門しました。1900年に初舞台を踏み、その後、各地を巡業して活躍しました。文五郎は、辰五郎の芸風を受け継ぎつつ、独自の工夫も加えました。文五郎の人形遣いは、軽やかで、かつ優美で、人形に命を吹き込むかのような演技でした。文五郎は、1952年に死去しましたが、その芸風は、弟子である吉田文雀らによって受け継がれています。 吉田豊五郎は、1885年に東京で生まれ、1900年に3代目辰五郎に入門しました。1905年に初舞台を踏み、その後、各地を巡業して活躍しました。豊五郎は、辰五郎の芸風を受け継ぎつつ、独自の工夫も加えました。豊五郎の人形遣いは、力強く、かつ繊細で、人形に命を吹き込むかのような演技でした。豊五郎は、1958年に死去しましたが、その芸風は、弟子である吉田松五郎らによって受け継がれています。 吉田栄五郎は、1888年に東京で生まれ、1902年に3代目辰五郎に入門しました。1907年に初舞台を踏み、その後、各地を巡業して活躍しました。栄五郎は、辰五郎の芸風を受け継ぎつつ、独自の工夫も加えました。栄五郎の人形遣いは、軽やかで、かつ優美で、人形に命を吹き込むかのような演技でした。栄五郎は、1965年に死去しましたが、その芸風は、弟子である吉田栄楽らによって受け継がれています。
エンターテインメント

近本九八郎-江戸時代中期の人形浄瑠璃の人形遣い

- 近本九八郎の生い立ちと経歴 近本九八郎は、江戸時代中期の人形浄瑠璃の人形遣いである。生年月日は不明であるが、現在の大阪府大阪市に生まれたと言われている。 彼が人形浄瑠璃に初めて触れたのは、幼少期に観劇した際に、その魅力に取り憑かれたことがきっかけだと言われる。その後、人形浄瑠璃の師匠である鶴亀松之助に弟子入りし、人形遣いの修行を開始した。 彼は天性の才能を発揮し、人形遣いの腕前はみるみる上達した。また、その美貌と端正な顔立ちで、多くの観客を魅了したという。 1723年、彼は大阪の豊竹座で初舞台を踏み、人形遣いとしてデビューした。その頃、大阪には竹本座と豊竹座という二つの劇場があり、人形浄瑠璃の公演が行われていた。 彼は豊竹座の看板役者として活躍し、人形浄瑠璃の黄金時代を支えた。また、様々な人形浄瑠璃の芝居に出演し、その演技は高く評価された。 彼は人形浄瑠璃界の重鎮として、多くの弟子を育て上げた。その中には、のちに人形遣いの名人と称された吉田文三郎も含まれている。 1749年、彼は69歳で亡くなった。彼の死は人形浄瑠璃界に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼んだ。 彼は人形浄瑠璃の発展に大きく貢献した人形遣いとして、現在でもその功績をたたえられている。
エンターテインメント

吉田兵次→ 明治-昭和時代の人形浄瑠璃の人形遣い

吉田兵次の生涯と功績 吉田兵次は、明治2年(1869年)に大阪で生まれ、昭和20年(1945年)に東京で亡くなった日本の明治-昭和時代の人形浄瑠璃の人形遣いである。 吉田兵次は、人形浄瑠璃の人形遣いとして活躍し、その芸は「吉田節」と呼ばれて一世を風靡した。従来の人形浄瑠璃の人形遣いは、人形を操ることに重点を置いていたが、吉田兵次は、人形に表情を持たせ、まるで生きた人間のように操ることに成功した。 吉田兵次の芸は、多くの人々から賞賛され、昭和10年(1935年)には、人間国宝に認定された。また、吉田兵次は、人形浄瑠璃の普及にも尽力し、昭和12年(1937年)には、日本人形浄瑠璃協会を設立した。 吉田兵次は、昭和20年(1945年)に、東京で亡くなったが、その芸は、現在も多くの後継者によって受け継がれている。 吉田兵次の功績は、次のとおりである。 ・人形浄瑠璃の人形遣いとして活躍し、その芸は「吉田節」と呼ばれて一世を風靡した。 ・従来の人形浄瑠璃の人形遣いは、人形を操ることに重点を置いていたが、吉田兵次は、人形に表情を持たせ、まるで生きた人間のように操ることに成功した。 ・吉田兵次の芸は、多くの人々から賞賛され、昭和10年(1935年)には、人間国宝に認定された。 ・吉田兵次は、人形浄瑠璃の普及にも尽力し、昭和12年(1937年)には、日本人形浄瑠璃協会を設立した。
エンターテインメント

初代吉田新吾の人形浄瑠璃の世界

-初代吉田新吾の人形浄瑠璃の世界- -江戸時代中期から後期の人形浄瑠璃の人形遣い- 初代吉田新吾は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した人形浄瑠璃の人形遣いである。本名は吉田新介。1722年に大阪に生まれ、1789年に江戸で没した。 新吾は、幼い頃から人形浄瑠璃に親しみ、1743年に江戸に上京して中村座で人形遣いとして初舞台を踏んだ。その後、1754年に京都の都座に移籍し、1761年に江戸に戻って中村座に復帰した。1773年には、人形浄瑠璃の最高峰とされる文楽座の座頭となり、1779年には江戸座頭と京都座頭を兼任した。 新吾は、人形遣いの技術に優れ、特に人形の表情や動きを巧みに操ることで知られていた。また、浄瑠璃の台本にも詳しく、演出面でも大きな影響力を発揮した。 新吾は、人形浄瑠璃の発展に大きく貢献した人物であり、江戸時代中期から後期にかけての人形浄瑠璃を代表する人形遣いの一人である。 -新吾の演じた主な作品- * 『仮名手本忠臣蔵』 * 『菅原伝授手習鑑』 * 『義経千本桜』 * 『傾城反魂香』 * 『伽羅先代萩』 * 『絵本太功記』 * 『壇浦兜軍記』 * 『摂州合邦辻』 * 『伊賀越道中双六』 -新吾の人形遣いの特徴- * 人形の表情や動きを巧みに操る * 人形の性格を生き生きと表現する * 人形同士の掛け合いを巧みに演出する * 人形の動きと浄瑠璃の台詞を緊密にリンクさせる -新吾の浄瑠璃演出の特色- * 人形浄瑠璃の伝統を重んじる * 新しい演目を積極的に上演する * 人形遣いの個性を尊重する * 浄瑠璃の台本を忠実に再現する -新吾の人形浄瑠璃に対する功績- * 人形浄瑠璃の発展に大きく貢献した * 江戸時代中期から後期にかけての人形浄瑠璃を代表する人形遣いの一人である * 浄瑠璃の台本に詳しく、演出面でも大きな影響力を発揮した
ミュージシャン

「竹本梶太夫(3代)」(⇒竹本越前大掾(たけもと-えちぜんのだいじょう))について

竹本梶太夫(3代)とは 竹本梶太夫(3代)は、江戸時代前期の浄瑠璃太夫。本名は福嶋弥太郎。京都の人。若い頃より竹本義太夫に師事し、梶太夫を名乗る。1690年、義太夫の没後、竹本座の中心人物となり、1691年に越前大掾に任命される。以降、竹本座を率いて活躍し、浄瑠璃の隆盛に貢献した。 梶太夫は、義太夫よりも声量があり、豪快な語り口が特徴だった。また、浄瑠璃の演出にも工夫を凝らし、舞台装置や照明を駆使した演出で観客を魅了した。梶太夫の浄瑠璃は、江戸の庶民の間で広く人気を集め、浄瑠璃の普及に大きく貢献した。 梶太夫は、1709年に没するまで竹本座を率いて活躍し、浄瑠璃の発展に大きな功績を残した。梶太夫の死後、竹本座は分裂し、豊竹座と竹本座に分かれた。豊竹座は、梶太夫の弟子である豊竹若太夫が率い、竹本座は、梶太夫の息子である竹本義太夫が率いた。豊竹座と竹本座は、その後も長く競合関係にあり、浄瑠璃の隆盛を支えた。
エンターテインメント

桐竹亀松(4代)(1905-1988)人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い

人形浄瑠璃の歴史と桐竹亀松(4代) 人形浄瑠璃は、日本の伝統芸能の一つです。浄瑠璃と人形芝居を組み合わせたもので、音楽、セリフ、人形の動きが三位一体となって表現されます。人形浄瑠璃の歴史は約400年前の16世紀後半にさかのぼります。当時は、浄瑠璃に合わせて人形を動かすというものでしたが、その後、人形の動きがより精巧になり、音楽やセリフもより洗練されていきました。 桐竹亀松(4代)は、人形浄瑠璃の人形遣いとして活躍した人物です。1905年に神戸市に生まれ、10歳の頃から人形浄瑠璃を学び始めます。1925年に初舞台を踏み、1942年に人形浄瑠璃の人間国宝に認定されます。桐竹亀松(4代)は、人形浄瑠璃の「桐竹流」の宗家であり、その卓越した人形遣いの技術で国内外から高い評価を得ています。 桐竹亀松(4代)は、人形浄瑠璃の伝統を重んじながらも、常に新しいことに挑戦し続けました。例えば、1962年に世界で初めて人形浄瑠璃を海外公演で披露したり、1977年に人形浄瑠璃の海外公演を企画したりしました。また、1980年に人形浄瑠璃の振興を目的とした「人形浄瑠璃協会」を設立したり、1984年に人形浄瑠璃の「桐竹亀松(4代)記念館」を開館したりしました。 桐竹亀松(4代)は、1988年に亡くなりましたが、その功績は今なお語り継がれています。桐竹亀松(4代)は、人形浄瑠璃の発展に大きく貢献した人物であり、その人形遣いの技術は世界中で高く評価されています。
エンターテインメント

吉田冠蔵-江戸時代の人形浄瑠璃の人形遣い

竹本座に入門 吉田冠蔵は、元禄5年(1692年)、江戸市中の人形遣い、吉田勘兵衛の三男として生まれました。 冠蔵は、幼い頃から人形遣いの才能を発揮し、13歳の時に竹本座に入門しました。 竹本座は、江戸時代を代表する人形浄瑠璃の劇場であり、冠蔵はそこで人形遣いの技術を磨いていきます。 冠蔵は、20歳の時に竹本座の看板役者となり、やがて江戸を代表する人形遣いの一人として知られるようになりました。 冠蔵は、人形遣いの技術だけでなく、その美声でも知られており、その歌声は「竹本節」と呼ばれて人気を博しました。 冠蔵は、元文4年(1739年)に53歳で亡くなりましたが、その死後も竹本節は継承され、今日まで日本の伝統芸能として受け継がれています。 竹本座への入門は、冠蔵の人生において大きな転機となりました。 冠蔵は、竹本座で人形遣いの技術を磨き、やがて江戸を代表する人形遣いの一人として知られるようになりました。 冠蔵の活躍は、人形浄瑠璃という芸能の発展に大きく貢献しました。
エンターテインメント

豊竹新太夫(初代) – 豊竹肥前掾について

-豊竹肥前掾とは?- 豊竹肥前掾(とよたけ ひぜんのじょう)は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した浄瑠璃の太夫。名は竹次郎。豊竹座の座本も務めた。 豊竹肥前掾は、1733年に京都で生まれ、1744年に豊竹座の太夫となった。豊竹座は、大阪で最も古い浄瑠璃の劇場の一つで、肥前掾は、その座本として、浄瑠璃界の第一人者として活躍した。 肥前掾は、その語り口の巧みさで知られ、多くの浄瑠璃の名作を残した。代表作の一つに、1760年に初演された「義経千本桜」がある。この作品は、源義経の生涯を描いたもので、肥前掾はその中で、義経の悲劇を熱演し、観客を魅了した。 また、肥前掾は、浄瑠璃の理論家としても知られ、1771年に「浄瑠璃太夫指南」を著した。この本は、浄瑠璃の太夫に必要な知識や技術について述べたもので、浄瑠璃を学ぶ人にとって、必読書となっている。 肥前掾は、1795年に死去したが、その死後も、その語り口は多くの人々に愛され、浄瑠璃界の発展に大きな影響を与えた。
エンターテインメント

吉田玉造(3代) – 明治-大正時代の人形浄瑠璃の人形遣い

吉田玉造(3代)の生涯 吉田玉造(3代)は、明治-大正時代の人形浄瑠璃の人形遣いである。1869年(明治2年)、大阪に生まれる。本名は吉田嘉助。父は吉田玉造(2代)であり、幼い頃から人形浄瑠璃に親しむ。1885年(明治18年)に初舞台を踏み、1890年(明治23年)に吉田玉造を襲名する。 1896年(明治29年)、吉田玉造は東京の歌舞伎座に出演し、一躍人気者となる。1903年(明治36年)には、ニューヨーク万国博覧会に出演し、海外でも高い評価を得る。その後も、国内外で活躍し、1931年(昭和6年)には重要無形文化財保持者に認定される。 吉田玉造は、人形遣いの名手として知られ、「吉田玉造の芸は、人形に命を吹き込んだようだった」と評された。また、人形浄瑠璃の改革にも尽力し、1914年(大正3年)には、人形浄瑠璃の新しい演出法である「写実的演出法」を提唱した。この演出法は、人形浄瑠璃の表現力を広げ、現代の人形浄瑠璃にも大きな影響を与えている。 吉田玉造は、1949年(昭和24年)に死去した。享年81歳。 吉田玉造は、人形浄瑠璃の第一人者として、その芸と功績で人形浄瑠璃の発展に貢献した。吉田玉造の芸は、現在も人形浄瑠璃の愛好家たちに愛され続けている。
エンターテインメント

江戸・明治時代の妙技の人形遣い 吉田玉造(初代)

-吉田玉造(初代)の生涯と芸歴- 吉田玉造(初代)は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した日本の名人形遣いである。吉田玉造は、1830年に江戸で生まれ、幼い頃から人形遣いに憧れ、人形浄瑠璃の芝居小屋に通い詰めた。15歳の時、市川団蔵の弟子となり、1850年に「吉田玉造」を名乗って初舞台を踏んだ。 吉田玉造は、人形遣いとして非常に優れた才能を持ち、すぐに頭角を現した。1852年には、江戸の「中村座」で「義経千本桜」の弁慶を演じて大当たりをとり、一躍有名になった。その後、吉田玉造は、江戸や大阪などの各地を巡業し、人形浄瑠璃の芝居で活躍した。 吉田玉造は、人形遣いの技術に優れているだけでなく、人形の操り方に独自の工夫を加えた。吉田玉造は、人形の頭と体を別々に操り、人形の動きにリアルさを持たせた。また、人形の表情を豊かに表現するために、人形の目に糸を付けて、人形遣いが糸を引っ張って人形のまぶたを開閉できるようにした。 吉田玉造の人形遣いの技術は、多くの観客を魅了し、吉田玉造は、江戸・明治時代の最も人気のある人形遣いの一人となった。吉田玉造は、1902年に死去したが、その芸風は、後世の人形遣いに大きな影響を与えた。 吉田玉造は、日本の伝統芸能である人形浄瑠璃の発展に大きく貢献した人形遣いである。吉田玉造の芸風は、今もなお、多くの現代の人形遣いに受け継がれている。
エンターテインメント

吉田才治(4代) – 江戸後期の天才人形遣い

吉田才治の生い立ちと師匠との出会い 吉田才治は、1751年(宝暦元年)に大阪で生まれました。父は吉田才蔵、母は朝日屋という茶屋の娘でした。才治は幼い頃から人形浄瑠璃に親しみ、10歳の時に父から人形遣いの手ほどきを受けました。 1762年(宝暦12年)、12歳の才治は江戸に上り、二代目豊松清十郎に入門しました。清十郎は当時、人形浄瑠璃界の第一人者であり、才治は清十郎のもとで厳しい稽古に励みました。清十郎は、才治の才能を見抜き、1772年(安永元年)に三代目豊松清十郎を襲名させました。 三代目清十郎となった才治は、江戸の浄瑠璃座で活躍しました。才治は、人形遣いの技巧に優れており、人形をまるで生きているかのように操りました。また、才治は浄瑠璃の語りにも優れており、人形遣いと語りを同時にこなす「二役遣い」を確立しました。 才治の人形浄瑠璃は、江戸の人々に大いに人気を博し、才治は江戸で最も人気のある人形遣いとなりました。才治は、浄瑠璃座だけで年間100本以上もの作品に出演し、多忙な日々を送っていました。 1794年(寛政6年)、才治は44歳の若さで亡くなりました。才治の死は、江戸の人々に大きな衝撃を与え、多くの人々が才治の死を悼みました。才治は、江戸後期の天才人形遣いと称され、その功績は現在でも語り継がれています。
研究者

祐田善雄-「人形浄瑠璃」研究で知られる国文学者・演劇研究家

-総合的なアプローチで「人形浄瑠璃」を研究した学究- 祐田善雄氏は、人形浄瑠璃の研究で知られる国文学者・演劇研究家です。 1905年、鳥取県に生まれ、東京帝国大学文学部国文学科を卒業後、東京府立第五中学校の教員、東京女子大学教授などを経て、1954年に早稲田大学教授に就任しました。 祐田氏は、人形浄瑠璃の研究を、文学史的研究、演劇論的研究、民俗学的・社会学的研究など、さまざまなアプローチから行いました。 文学史的研究では、人形浄瑠璃の成立から発展を跡づけ、その中で特に、江戸時代における人形浄瑠璃の隆盛とその意義を明らかにしました。 演劇論的研究では、人形浄瑠璃の演出法や演技法を分析し、その特色を解明しました。 民俗学的・社会学的研究では、人形浄瑠璃の伝承や人形浄瑠璃を鑑賞する民衆の生活や意識を調査し、人形浄瑠璃の社会的意義を明らかにしました。 祐田氏の研究は、人形浄瑠璃の総合的な理解を深め、人形浄瑠璃の研究に新しい視点を提示しました。 祐田氏は、人形浄瑠璃の研究業績だけでなく、演劇論や文学論、そして教育論の領域でも業績を残しました。 祐田氏は、1981年に文化功労者に選出され、1992年に亡くなりました。