人物辞典

歴史上の人物

→「如元」- 太山如元(たいざん-にょげん)

-太山如元の生涯- 太山如元は、1213年に肥前国佐賀郡で生まれ、1289年に亡くなった日本の僧侶です。曹洞宗の開祖である道元禅師の弟子であり、道元禅師の死後、曹洞宗の第二祖となりました。 太山如元は、幼い頃から仏教に親しみ、13歳の時に出家しました。その後、京都の建仁寺で修行を積み、1241年に道元禅師に出会いました。道元禅師の教えに感銘を受けた太山如元は、道元禅師の弟子となり、曹洞宗の修行に励みました。 1253年に道元禅師が亡くなった後、太山如元は曹洞宗の第二祖となりました。太山如元は、曹洞宗の教えを広めるために、各地を巡錫しました。また、多くの弟子を育て、曹洞宗の発展に貢献しました。 太山如元は、1289年に亡くなりましたが、その教えは現在も曹洞宗の僧侶によって受け継がれています。太山如元は、曹洞宗の発展に大きく貢献した偉大な僧侶として知られています。 太山如元の生涯は、曹洞宗の歴史において重要な意味を持っています。太山如元は、道元禅師の教えを広め、曹洞宗の発展に貢献した偉大な僧侶でした。太山如元の教えは現在も曹洞宗の僧侶によって受け継がれており、曹洞宗の精神を支えています。
歴史上の人物

惟宗俊通 – 平安時代中期の医師

惟宗俊通の生涯 惟宗俊通は、平安時代中期に活躍した医師である。俊通は、清和天皇の孫で、惟宗清仁の子として生まれた。幼少の頃より聡明で、特に医学を好み、医学書を読み漁ったという。俊通は、20歳の頃には、すでに医師として名の通っていた。 俊通は、医術に優れていただけでなく、医学の理論にも通じていた。俊通は、中国の医学書である「黄帝内経」や「傷寒論」を研究し、日本独自の医学体系を確立した。俊通の医学は、病気を治療するだけでなく、病気を予防することを重視していた。俊通は、食事や運動などの生活習慣を改善することで、病気を予防できると説いた。 俊通は、医術だけでなく、教育にも熱心だった。俊通は、京都に医学校を開き、多くの弟子を育てた。俊通の弟子の中には、後に名医となった者も少なくなかった。俊通は、医学の発展に大きく貢献した。 俊通は、80歳の生涯を全うした。俊通の死後、俊通の医学は、弟子たちによって受け継がれ、日本の医学の発展に大きな影響を与えた。俊通は、日本の医学の祖の一人とされている。
その他

谷村可順(4代) → 江戸後期-明治時代の茶人

-谷村可順(4代)の生涯- 谷村可順(4代)は、江戸後期から明治時代の茶人です。名は和一(のちに和信と改名)、俗称は久兵衛。字は子然。号は醒雪、後に可順と改号しました。上総国(現在の千葉県)生まれ。 可順は、谷村可休の孫で、谷村可一(3代)の三男として生まれました。幼い頃から茶道を学び、13歳の時に初めて茶会を開きました。18歳で家督を相続し、谷村可順(4代)を襲名しました。 可順は、茶道において、茶の湯の精神を重んじ、茶席の設えや道具の使い方にこだわりました。また、茶道の普及にも努め、多くの門人を育てました。 可順は、明治維新後も茶道を続け、明治10年(1877年)に東京に移住しました。明治14年(1881年)、谷村可順(4代)は東京で亡くなりました。享年66歳でした。 可順は、茶道において、茶の湯の精神を重んじ、茶席の設えや道具の使い方にこだわりました。また、茶道の普及にも努め、多くの門人を育てました。可順は、明治維新後も茶道を続け、明治10年(1877年)に東京に移住しました。明治14年(1881年)、谷村可順(4代)は東京で亡くなりました。享年66歳でした。
歴史上の人物

「石井善七」

-明治・昭和時代前期の軍人- 石井善七は、明治・昭和時代前期の軍人です。陸軍中将、男爵。 1864年(元治元年)に、常陸国新治郡舟島村(現在の茨城県常陸太田市舟島)で生まれました。1884年(明治17年)に陸軍士官学校を卒業し、歩兵少尉に任官されました。その後、日清戦争、日露戦争に出征し、功績を挙げました。1912年(大正元年)に陸軍中将に昇進し、1914年(大正3年)に男爵を授けられました。 1918年(大正7年)、シベリア出兵に際して第5師団長として出征し、ウラジオストクに駐屯しました。1920年(大正9年)には、第4師団長として朝鮮に駐屯しました。1922年(大正11年)には、第1師団長として東京に駐屯しました。 1923年(大正12年)には、陸軍省軍務局長に任命されました。1924年(大正13年)には、陸軍大臣に任命されました。1926年(昭和元年)には、二・二六事件を鎮圧し、功績を挙げました。1927年(昭和2年)には、退役しました。 1944年(昭和19年)に、死去しました。享年80歳。
その他

人名辞典 → 浦本昌紀

浦本昌紀の経歴と業績 浦本昌紀は、1952年8月1日に大阪府大阪市で生まれた日本のジャズドラマーである。彼は、1970年代からジャズシーンで活動しており、数多くのジャズミュージシャンと共演してきた。また、1980年代からは、映画やテレビ番組の音楽を担当するなど、作曲家としても活躍している。 浦本昌紀は、1970年代初頭に、ジャズドラマーとしてデビューした。1975年、彼は、当時来日していたアメリカのジャズトランペッター、フレディ・ハバードのバンドに加入し、1976年には、アメリカのジャズドラマー、エルヴィン・ジョーンズのバンドに加入した。1977年には、日本のジャズピアニスト、山下洋輔のバンドに加入し、1978年には、日本のジャズサックス奏者、渡辺貞夫のバンドに加入した。 1980年代には、浦本昌紀は、映画やテレビ番組の音楽を担当するようになった。1983年に公開された映画「蒲田行進曲」の音楽を担当し、1985年に公開された映画「刑事物語」の音楽を担当した。また、1986年から1987年にかけて放送されたテレビドラマ「あぶない刑事」の音楽を担当した。 1990年代には、浦本昌紀は、ジャズドラマーとして、数多くのジャズミュージシャンと共演した。1992年には、アメリカのジャズサックス奏者、デクスター・ゴードンのバンドに加入し、1993年には、アメリカのジャズドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズのバンドに加入した。1994年には、日本のジャズピアニスト、菊地雅章のバンドに加入し、1995年には、日本のジャズサックス奏者、坂田明のバンドに加入した。 2000年代以降、浦本昌紀は、ジャズドラマーとして、数多くのジャズミュージシャンと共演している。2002年には、アメリカのジャズドラマー、ヴィンス・パーカーのバンドに加入し、2003年には、アメリカのジャズドラマー、ポール・モチアンのバンドに加入した。2004年には、日本のジャズピアニスト、山下洋輔のバンドに加入し、2005年には、日本のジャズサックス奏者、渡辺貞夫のバンドに加入した。 浦本昌紀は、ジャズドラマーとして、数多くのジャズミュージシャンと共演し、また、映画やテレビ番組の音楽を担当するなど、作曲家としても活躍している。彼は、日本のジャズシーンを代表するミュージシャンのひとりである。
学術分野の人

建築史家・天沼俊一

-京都帝大教授として活躍- 天沼俊一は、1919年に京都帝国大学工学部建築学科を卒業後、同大学に助手として勤務。1923年に助教授に昇進し、1926年に教授に就任した。天沼は、京都帝大教授として、建築史の講義を担当し、多くの学生を指導した。また、天沼は、京都帝大の建築系研究室である建築学研究室の初代主任を務め、同研究室の拡充に尽力した。 天沼は、京都帝大教授として活躍する傍ら、建築史に関する研究にも取り組んだ。天沼は、日本の伝統的な建築様式である木造建築と数寄屋造りについて研究を行い、数多くの論文を発表した。また、天沼は、西洋の建築史についても研究を行い、特にゴシック建築とバロック建築について多くの論文を発表した。 天沼は、京都帝大教授として活躍し、建築史に関する研究にも取り組み、日本の建築史学の発展に貢献した。天沼は、1963年に京都帝大を退職したが、その後も建築史に関する研究を続け、1975年に死去した。 天沼の建築史に関する研究は、日本の建築史学の発展に大きな影響を与えた。天沼は、日本の伝統的な建築様式である木造建築と数寄屋造りについて研究を行い、これらの建築様式の特色を明らかにした。また、天沼は、西洋の建築史についても研究を行い、特にゴシック建築とバロック建築について多くの論文を発表した。天沼の研究は、日本の建築史学の発展に貢献し、現在でも多くの建築史家によって引用されている。
歴史上の人物

諫早茂図:佐賀藩の家老として長崎警備に尽力した人物

-諫早茂図の生涯と功績- 諫早茂図(いさはや しげず)は、肥前国佐賀藩の家老で、江戸時代中期に活躍した人物です。長崎警備に尽力し、藩政改革にも功績を残しました。 茂図は、寛永12年(1635年)、肥前国佐賀藩の家老・諫早茂晴の長男として生まれました。幼名は政右衛門。寛文10年(1670年)、父・茂晴の死去に伴い家督を継ぎ、諫早氏第15代当主となります。 茂図は、家督を継ぐとすぐに長崎奉行に任命され、長崎警備の任に当たりました。長崎は、江戸時代初期から外国との貿易が行われていた国際貿易都市であり、幕府は長崎の警備を重要視していました。茂図は、長崎警備を強化するため、長崎奉行所の体制を整備し、長崎近郊に軍備を整えました。 また、茂図は、藩政改革にも尽力しました。茂図は、藩の財政を立て直すため、倹約令を発令し、藩士の俸禄を削減しました。また、藩の産業を振興するため、殖産興業政策を推進しました。茂図の改革により、佐賀藩は、財政難を克服し、藩政が安定しました。 茂図は、元禄15年(1702年)に、68歳で死去しました。茂図の死後、佐賀藩は、藩政改革をさらに進め、九州屈指の大藩へと成長しました。 茂図は、長崎警備と藩政改革に尽力した、佐賀藩の名君として知られています。茂図の功績は、今日でも佐賀県民に語り継がれています。
学術分野の人

堀口由巳 – 気象学のパイオニア

堀口由巳の生涯 堀口由巳は、1918年に東京都に生まれました。幼い頃から理科に興味があり、東京帝国大学理学部物理学科に進学しました。大学卒業後は、気象庁に入庁し、天気予報や気象観測などの業務に従事しました。 1945年、堀口由巳は、日本初の女性気象予報士となりました。当時は、気象予報士は男性がほとんどで、女性が予報を行うことに対する偏見がありました。しかし、堀口由巳は、気象の知識と予報技術を駆使して、正確な予報を出し続け、世間の信頼を得ました。 1951年、堀口由巳は、気象庁予報官に昇進しました。気象庁予報官は、気象予報の最高責任者であり、気象予報の精度向上に貢献しました。また、堀口由巳は、気象予報の普及にも努め、テレビやラジオに出演して、気象の知識を解説しました。 1973年、堀口由巳は、気象庁を退職しました。退職後は、気象に関する講演や執筆活動を行い、気象の普及に貢献し続けました。2008年に、堀口由巳は、90歳で亡くなりました。 堀口由巳は、気象学のパイオニアとして、日本の気象予報の発展に大きく貢献しました。また、女性の社会進出にも貢献し、多くの女性に勇気を与えました。
美術分野の人

倉石乾山:江戸時代後期の画家

-画家としての足跡- 1663年に京都で生まれた倉石乾山は、陶芸家としての顔のほうが有名ですが、画家としても活躍しました。 乾山の画風は狩野派を学びながら独自の写生法を取り入れたもので、花鳥画を得意としました。とくに、花卉を色鮮やかに描いた作品は、京にあって繊細な装飾美へのこだわりを貫いた彼の個性があらわれています。 乾山が画家として頭角を現したのは、三十代半ばのことでした。 書家、俳人、画家なども輩出した明倫舎の門人として、俳人・岩佐又兵衛が主催する俳画会に参加。能書として知られた吉田宗湛とも交友し、書画の研鑽を積みました。 1695年、32歳のときに、円山応挙や上村松園の出生より100年以上も前に活躍した尾形光琳と出会います。 光琳は10歳年長だったため、乾山は弟子のような立場になり、花鳥画の師として光琳を仰ぎ、以後、光琳の画風を模倣するようになります。 当時、京都では、光琳の兄である尾形宗謙が、京都画壇を席巻していました。 光琳は、宗謙を敵視していたため、乾山も宗謙の画風が嫌いで、光琳の画風が大好きでした。 一方、光琳もまた、乾山の画才を非常に高く評価し、生涯交流を続けました。 乾山は、光琳から多くのことを学びながら、独自の花鳥画のスタイルを確立しました。乾山の花鳥画は、その写実性と華やかさが人気を博し、将軍家や大名に愛されました。 1712年に49歳のときに、光琳の弟である尾形乾山より一字をもらって、本名を「治兵衛」から「乾山」に改名しました。 1713年、50歳の秋には、乾山は毛利藩から、加賀藩に移って加賀藩の御用絵師として招聘されました。 加賀で16年間暮らした後、1729年に、66歳のときに藩主の怒りを買って、所領と俸禄を没収されて、藩を追われます。 68歳からは京都に帰って晩年は光琳の妹の嫁ぎ先である菱屋又兵衛の家に住んで、作陶をしながら、最晩年まで花鳥画を描き続けました。 乾山は、1755年に92歳で亡くなりました。
その他

「牧田甚一」

-牧田甚一の生涯- 牧田甚一は、1904年に愛知県名古屋市で生まれた。父親は実業家で、母親は旧薩摩藩士の娘であった。牧田は幼い頃から優秀で、名古屋第一中学校を首席で卒業した。その後、東京帝国大学法学部に進学し、1927年に卒業した。 卒業後は、三菱商事に入社し、上海に赴任した。上海では、日本の対中国貿易を拡大するのに貢献し、1934年には、三菱商事上海支店の支店長に昇進した。1937年に日中戦争が勃発すると、牧田は、日本軍の占領地における経済統制を担当した。 戦後、牧田は、三菱商事の取締役として、日本の経済復興に貢献した。1952年には、三菱商事の社長に就任し、1962年まで務めた。牧田は、社長在任中に、三菱商事を世界有数の総合商社に育て上げた。 1962年、牧田は、三菱商事を退任し、自由民主党に入党した。1963年に、第2次池田内閣の経済企画庁長官に就任し、1964年まで務めた。1964年に、第3次池田内閣の通商産業大臣に就任し、1965年まで務めた。 1965年、牧田は、政界を引退し、財界に戻った。1966年に、日本経済団体連合会の会長に就任し、1970年まで務めた。1970年に、日本商工会議所の会頭に就任し、1974年まで務めた。 牧田は、1975年に、71歳で死去した。牧田は、日本の経済界と政界で活躍し、日本の経済復興と発展に貢献した。 牧田は、日本経済界の重鎮として、日本の経済復興と発展に大きく貢献した人物である。その功績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

人物辞典 – 古庄重敏

- 古庄重敏とはどんな人? 古庄重敏(こしょう しげとし)は、日本の実業家である。彼は、1960年に東京で生まれ、1983年に慶應義塾大学経済学部を卒業した。その後、彼は三菱商事に就職し、自動車業界の市場調査やマーケティングに従事した。1990年に、彼は三菱商事を退職し、経営コンサルティング会社であるマッキンゼー・アンド・カンパニーに転職した。そこで、彼は、自動車業界や小売業界などのクライアントに対して、経営戦略の立案や実行支援を行った。2000年に、彼はマッキンゼー・アンド・カンパニーを退職し、起業した。彼は、株式会社ディー・エヌ・エーを設立し、2001年に日本初のソーシャル・ネットワーキング・サービスである「mixi」を立ち上げた。「mixi」は、爆発的な人気を博し、日本のソーシャル・ネットワーキング・サービス市場のパイオニアとなった。2011年に、彼は株式会社ディー・エヌ・エーの代表取締役社長を退任したが、引き続き、同社の顧問を務めている。 彼は、日本経済新聞や日経ビジネスなど、多くのメディアに寄稿している。また、彼は、政府の成長戦略会議委員や、経団連の社会貢献委員会委員などを歴任している。 彼は、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの普及に貢献した功績で、2011年に経済産業省から「情報通信技術賞」を受賞している。また、彼は、2012年に慶應義塾大学から「慶應義塾大学経済学部功労賞」を受賞している。
その他

山本重彦

-山本重彦の生い立ちと経歴- 山本重彦は、1961年2月27日に大阪府大阪市で生まれた。父親は公務員であり、母親は専業主婦であった。山本は幼い頃からスポーツ万能であり、サッカーや野球、テニスなどのスポーツを積極的に行っていた。特に野球では、地元の少年野球チームで活躍し、全国大会にも出場した。 山本は中学卒業後、大阪高校に進学した。高校でも野球部に所属し、4番打者として活躍した。山本は高校3年の時に、甲子園大会に初出場を果たし、準優勝に貢献した。甲子園大会での活躍により、山本はドラフト会議で読売ジャイアンツから4位指名され、プロ野球選手となった。 山本は、1981年4月1日にプロ野球デビューを果たした。山本は、ルーキーイヤーからレギュラーとして活躍し、打率.300、10本塁打、60打点を記録した。山本は、その後も活躍を続け、1983年には打率.330、20本塁打、90打点の成績を残し、首位打者と打点王のタイトルを獲得した。 山本は、1989年に読売ジャイアンツを退団し、西武ライオンズに移籍した。山本は、西武ライオンズでも活躍を続け、1990年には打率.320、25本塁打、100打点の成績を残し、再び首位打者と打点王のタイトルを獲得した。 山本は、1995年に西武ライオンズを退団し、フリーエージェント宣言した。山本は、その後、横浜ベイスターズ、福岡ダイエーホークス、阪神タイガースでプレーした。山本は、2000年に現役を引退した。 山本は、プロ野球選手として19年間活躍し、通算2,085試合に出場し、打率.305、301本塁打、1,102打点を記録した。山本は、2003年に野球殿堂入りを果たした。
歴史上の人物

北条朝時について

-北条朝時とは- 北条朝時(ほうじょうともとき)は、鎌倉時代中期の人物。鎌倉幕府の第14代執権。北条政村の子。母は三浦義村の娘。兄に政範がいた。 元服後は、建暦元年(1211年)に御家人に列され、建暦3年(1213年)に右衛門尉に任じられる。承久の乱では、叔父の時房に従って上洛し、乱後の論功行賞で、播磨国守護に任じられた。 建保4年(1216年)に評定衆に列し、建保7年(1219年)に左衛門尉に転任。嘉禄元年(1225年)に引付頭人に任じられ、嘉禄3年(1227年)には、執権の父・政村が死去したため、家督を相続して14代執権となった。 朝時は、執権として、訴訟の裁決や恩賞の配分など、幕政の全般を取り仕切った。また、承久の乱後に再編された御家人の組織「御恩」の維持に努め、鎌倉幕府の権威を高めた。 貞応3年(1224年)、北条経時が承久の乱の恩賞を不満として挙兵したが、朝時はこれを鎮圧した。 貞応4年(1225年)に、北条泰時は執権を退き、朝時には執権職を継承した。泰時は、朝時に執権職を継承した際に、政治を行う上での注意点を記した「北条泰時執権御遺訓、建武以来の武家政道に関する言説、建武以来の武家政道に関する言説」を授けた。 朝時は、執権として、鎌倉幕府の権威を高め、幕政を安定させた。しかし、建暦2年(1212年)には、承久の乱が勃発し、幕府の権威は揺らぐこととなった。同年11月30日、朝時は、幕府軍を率いて上洛し、乱を鎮圧した。 朝時は、建暦3年(1213年)に執権に就任し、建暦7年(1217年)まで務めた。その後、執権を嫡男の北条泰時 に譲り、建保2年(1218年)に死去した。 朝時は、鎌倉幕府の権威を高め、幕政を安定させた名君として知られている。
歴史上の人物

如幻宗悟→ 室町-戦国時代の僧侶

-如幻宗悟の生涯- 如幻宗悟(じょげんそうご、1427年?-1489年)は、室町時代中期の臨済宗の僧侶、歌人。備中(現在の岡山県)生まれ。俗姓は菅原氏。 1447年、21歳の時に出家し、金山本光寺で梅翁宗界に師事する。1454年、金山本光寺の住職になる。1459年、京都の東福寺に転任。1465年、東福寺の住職になる。1468年、室町幕府の将軍、足利義政の招きによって、京都の相国寺に住する。 相国寺に住していた間、宗悟は義政やその弟の足利義視らと親しく交流し、義政の相談役として重用された。また、歌人としても活躍し、勅撰和歌集である『新続古今和歌集』に36首の歌が入選している。 1476年、相国寺の住職を辞任して、京都の龍安寺に移る。1483年、龍安寺の住職を辞任して、京都の建仁寺に移る。1489年、建仁寺で死去。享年63。 宗悟は、日本における臨済宗の復興に尽力した僧侶として知られている。また、歌人としても活躍し、その歌は「宗悟歌」として親しまれている。
その他

ギーセン出身のー「バルツェル」

-ドイツ生まれの鉄道技術者「バルツェル」- バルツェルは、1818年にドイツのギーセンで生まれました。彼は、1835年に同郷のフリードリヒ・リストが結成したドイツ鉄道協会に入会し、鉄道技術の研究を始めました。 1840年に、バルツェルは鉄道技術者としてプロイセン国有鉄道に入社し、ケルン-アーヘン線の建設に携わりました。1844年には、プロイセン国有鉄道の機関車工場の所長に任命され、プロイセンの鉄道網の発展に貢献しました。 1850年、バルツェルはプロイセン国有鉄道を退職し、ベルリンに自分の工場を設立しました。彼は、この工場で鉄道用機関車を製造し、ヨーロッパ各地に輸出しました。バルツェルの機関車は、その性能と耐久性で知られており、世界中で使用されました。 1870年、バルツェルはベルリンで死去しました。享年52歳でした。バルツェルは、ドイツの鉄道技術の発展に大きな貢献をした人物であり、彼の業績は今日まで高く評価されています。 バルツェルの主な業績は以下の通りです。 * プロイセン国有鉄道の機関車工場の所長として、プロイセンの鉄道網の発展に貢献しました。 * ベルリンに自分の工場を設立し、鉄道用機関車を製造しました。 * バルツェルの機関車は、その性能と耐久性で知られており、世界中で使用されました。 * バルツェルは、ドイツの鉄道技術の発展に大きな貢献をした人物であり、彼の業績は今日まで高く評価されています。
学術分野の人

米沢和一:明治、大正、昭和期の口腔衛生学者

-生涯と経歴- 米沢和一は、1874年(明治7年)2月9日に佐賀県嬉野町に生まれた。1899年(明治32年)に東京帝国大学医科大学を卒業し、病院や大学で勤務したのち、1915年(大正4年)に東京帝国大学歯学部教授に就任し、1922年(大正11年)に同大教授に昇進した。 米沢は、歯学の教育と研究に尽力し、多くの学生を育成した。また、日本歯科医師会設立や歯科医師法制定に貢献するなど、日本の歯科界の発展に大きく貢献した。 米沢の研究は口腔衛生学を専門とし、特に歯周病に関する研究で著名である。1916年(大正5年) に出版された『歯周病』は、歯周病に関する最初の学術書であり、国内外で高く評価された。また、1939年(昭和14年)には『口腔衛生学』を出版し、口腔衛生学の体系化に貢献した。 米沢は、1944年(昭和19年)に東京帝国大学を定年退官し、その後は東京女子医科大学教授、東京歯科学院教授を歴任した。1951年(昭和26年)に日本歯科医師会会長に就任し、1955年(昭和30年)には日本歯科医学会会長に就任した。 米沢は、1960年(昭和35年)に東京で亡くなった。
歴史上の人物

三原弟平 – 奈良-平安時代前期の官吏

-三原弟平 - 奈良-平安時代前期の官吏- -三原弟平の生涯- 三原弟平(みはら の おとひら)は、奈良時代から平安時代前期にかけての官吏。三原直木麻呂の子。官位は正五位下・大宰大弐。 -生い立ちと家族- 三原弟平の生年は不詳であるが、父・直木麻呂が天平神護2年(766年)に亡くなっていることから、それ以前の生まれと推定される。兄弟には、兄・池守、弟・貞守がいる。 -官歴- 三原弟平は、延暦3年(784年)正月従五位下に叙爵し、同年10月に左衛門少尉に任官された。その後、大宰少弐、筑前守、大宰少弐などを歴任する。延暦20年(801年)には従五位上に昇叙され、延暦22年(803年)には伊予守に任じられ、地方官として赴任した。 -東国の疫病鎮撫- 承和11年(844年)8月、三原弟平は正五位下・大宰大弐に昇任し、同年9月に東国に疫病が流行したため、疫病鎮撫のために派遣された。弟平は、疫病の流行地を巡回し、施薬や祈祷などを行い、疫病の鎮撫に努めた。 -死去- 承和13年(846年)2月11日、三原弟平は薨去した。享年80。最終官位は正五位下・大宰大弐。 -人物・逸話- 三原弟平は、学問を好み、博識であったと伝えられている。また、弟平は、疫病鎮撫の際に、自ら率先して疫病の流行地を巡回して施薬や祈祷を行うなど、人々を救済するために尽力した。
歴史上の人物

– 阿須波束麻呂(?-? 奈良時代の豪族)

- 阿須波束麻呂とは 阿須波束麻呂(?-? 奈良時代の豪族)は、備前国に存在した豪族であり、姓は阿須波氏、もしくは安倍氏を称した。阿須波氏については、その起源に諸説があり、一説には、阿須波氏の祖先は、景行天皇のときに、吉備の南部にいた豪族・猛田氏であったという。猛田氏の祖先は、神武天皇の子・彦火火出見命とされる。阿須波氏については、前述の説以外にも、物部氏の支流であるという説や、穂積氏の支流であるという説などがある。 阿須波束麻呂は、備前国の阿曽(現在の岡山県備前市)に土着した豪族であったとされ、近隣諸国との交易や、国内の統治などを行っていたと推測されている。また、阿須波束麻呂は、朝廷にも出仕しており、天平12年(740年)に、従五位下に叙せられている。さらに、天平19年(747年)には、備前守に任命されている。阿須波束麻呂は、備前守として、備前国の統治を行っていたとみられている。 阿須波束麻呂は、天平21年(749年)に、卒去したと伝えられている。阿須波束麻呂の死後、阿須波氏は、衰退したとみられており、阿須波氏の名前は、歴史の表舞台から姿を消した。
歴史上の人物

石橋助左衛門 – 江戸時代中期から後期のオランダ通詞

-# 長崎の通詞の家系に生まれる 石橋助左衛門は、1697(元禄10)年に、長崎の出島にあるオランダ商館の通詞の家系に生まれた。幼名は久次郎。父は石橋孫左衛門で、母は肥前島原出身の女性であった。助左衛門は、長崎で生まれ育ち、オランダ語や英語を学んだ。また、中国語にも堪能であった。 助左衛門の長崎は、オランダとの貿易の拠点として栄えており、多くの通詞が活躍していた。助左衛門の父も、オランダ商館の通訳として働いていた。助左衛門は、父の仕事を手伝いながら、通訳としての知識と経験を積んだ。助左衛門は、1717(享保2)年に、オランダ商館の通訳として正式に採用された。助左衛門は、通訳として、オランダ商館員との交渉や、オランダ語の文書の翻訳などを行った。また、オランダ商館員に日本語を教えることもあった。 助左衛門は、通訳として活躍する傍ら、オランダの文化や科学にも関心を持ち、オランダの書籍を翻訳したり、実験を行ったりした。また、助左衛門は、日本の文化や科学をオランダに紹介する活動も行い、オランダ商館員に日本の歴史や文化を説明したり、日本の医学書を翻訳したりした。助左衛門は、オランダと日本の文化や科学の交流に貢献した。
歴史上の人物

河野安山について

-河野安山 - 近代日本史の中で活躍した人物- 河野安山は、1873年(明治6年)に愛媛県西条市で生まれた明治・大正・昭和の時代の作家であり、新聞記者である。河野安山の代表作には、「旅する霊魂」「義血峡」「消滅」「生霊」「幻燈」「仮令」などがある。 河野安山は、初期の作品では自然主義文学の傾向が強かったが、次第に神秘主義的な傾向が強くなる。河野安山は、最終的には、超自然的な世界を題材にした小説を多く執筆するようになった。 河野安山は、近代日本史の中で活躍した人物であり、日本の文学史において重要な位置を占めている。河野安山の作品は、日本人の精神性を理解する上で非常に重要な資料である。 河野安山は、1936年(昭和11年)に63歳で亡くなった。河野安山の死後、河野安山の作品は、多くの読者から愛され続けている。 河野安山は、日本の文学史において、重要な位置を占める人物である。河野安山の作品は、日本人の精神性を理解する上で、非常に重要な資料である。河野安山は、日本文学史の中で、これからも、重要な人物であり続けるであろう。
歴史上の人物

奥平謙輔 – 幕末・明治時代の武士

-長州藩士として活躍- 奥平謙輔は長州藩士として、幕末維新の大きな変革の時代を生き抜き、さまざまな戦闘に参加した。彼の軍事的功績は、長州藩の勝利と明治維新の成功に貢献した。 1863年、奥平謙輔は長州藩の代表として京都に派遣され、公家や他藩の武士たちと交渉にあたった。この時、彼は公家の間で大きな影響力を持っていた三条実美と懇意になり、長州藩の立場を有利にするために尽力した。 1864年には、長州藩と薩摩藩が連合して、幕府軍と戦った禁門の変が勃発した。奥平謙輔はこの戦いにも参加し、長州藩の勝利に貢献した。 その後、奥平謙輔は長州藩の軍事改革に携わり、軍備の近代化を推進した。また、戊辰戦争では、長州藩の主力部隊を率いて、幕府軍と各地で激戦を繰り広げた。奥平謙輔の活躍は、長州藩の勝利に大きく貢献し、明治維新の成功に導いた。 明治維新後は、奥平謙輔は新政府の要職を歴任し、日本の近代化に尽力した。彼は、陸軍卿や内務卿などを務め、日本の軍備の近代化や産業の発展に貢献した。 奥平謙輔は、幕末維新の時代を生き抜き、日本の近代化に貢献した偉大な人物である。彼の功績は、今日でも高く評価されている。
その他

「花岡正庸」(1883-1953):低温長期醸造法を創案した秋田酒の貢献者

税務監督官から秋田県技師へ花岡正庸の経歴と歩み 花岡正庸は、1883年(明治16年)11月23日、秋田県雄勝郡境村(現・湯沢市)に生まれました。大学卒業後、税務監督官として働きながら、秋田県の酒造業界の改革に取り組みました。 1923年(大正12年)、花岡正庸は秋田県技師に就任し、酒造試験場長となりました。彼は、秋田県の酒造業界の近代化に尽力し、低温長期醸造法を創案しました。この醸造法は、酒の品質を向上させ、秋田県の酒造業界の発展に大きく貢献しました。 1938年(昭和13年)、花岡正庸は秋田県庁を退職し、秋田県酒造組合連合会の会長に就任しました。彼は、秋田県の酒造業界の発展にさらに尽力し、1953年(昭和28年)3月2日に亡くなるまで、酒造業界の発展に貢献しました。 花岡正庸は、秋田県の酒造業界の発展に大きく貢献した人物であり、彼の功績は今日でも高く評価されています。秋田県の酒造業界の発展に貢献した人物として、花岡正庸は秋田県民に深く敬愛されています。
歴史上の人物

-「堀部金丸」(⇒堀部弥兵衛(ほりべ-やへえ))について

堀部弥兵衛とは? 堀部弥兵衛(ほりべ-やへえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将である。通称は弥兵衛、諱は安房(やすぼう)。播磨国(現・兵庫県)出身。 弥兵衛は、1538年(天文7年)に播磨国で生まれた。父は播磨国の国主であった宇喜多直家、母は同国安積郡の国主であった堀部安芸守の娘である。弥兵衛は、幼い頃から武芸に優れており、15歳で宇喜多家に仕えた。 弥兵衛は、宇喜多直家の家臣として数々の戦に参加し、活躍した。1570年(元亀元年)の備中高松城の戦いでは、宇喜多勢の先鋒を務めて、毛利軍を破った。1573年(天正元年)の第一次木津川口の戦いでは、毛利水軍を破って、宇喜多家の勝利に貢献した。 1582年(天正10年)、本能寺の変が起きると、弥兵衛は宇喜多直家とともに、豊臣秀吉に仕えた。弥兵衛は、秀吉の九州征伐、小田原征伐に参加し、活躍した。1592年(文禄元年)、秀吉が朝鮮に出兵すると、弥兵衛は宇喜多勢を率いて、朝鮮に渡った。弥兵衛は、朝鮮の蔚山城の戦い、幸州城の戦いなどで活躍し、豊臣軍の勝利に貢献した。 1598年(慶長3年)、秀吉が死去すると、弥兵衛は宇喜多秀家に仕えた。1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いが起きると、弥兵衛は宇喜多秀家とともに、西軍に加わった。しかし、西軍は敗北し、弥兵衛も宇喜多秀家とともに、薩摩国(現・鹿児島県)に逃亡した。 1615年(元和元年)、大坂冬の陣が起きると、弥兵衛は宇喜多秀家とともに、豊臣家に味方して、徳川軍と戦った。しかし、豊臣軍は敗北し、弥兵衛も宇喜多秀家とともに、薩摩国に逃亡した。 1617年(元和3年)、弥兵衛は薩摩国で死去した。享年80。弥兵衛は、宇喜多直家、宇喜多秀家の家臣として数々の戦に参加し、活躍した武将であった。
その他

横田実-大正-昭和時代の新聞記者,新聞経営者

-横田実の生い立ちと経歴- 横田実は、1873年(明治6年)に、現在の東京都世田谷区砧に生まれました。父は横田五郎兵衛、母はまつです。五郎兵衛は、1868年(明治元年)に世田谷宿の戸長に任命され、1871年(明治4年)には世田谷区の助役を務めました。 実の幼少期について、詳しくは分かっていません。おそらく、世田谷の小学校に通い、その後、東京の専門学校に進学したと思われます。1893年(明治26年)に、実業之日本社に入社し、新聞記者としてのキャリアをスタートさせました。 1898年(明治31年)に、実業之日本社の社長に就任します。そして、1900年(明治33年)には、「日本」という新聞を創刊しました。「日本」は、自由主義を標榜する新聞で、政治や社会問題について、鋭い論陣を張りました。 1912年(明治45年)に、実業之日本社と「日本」を売却し、新聞界から引退します。その後、実業界で活躍し、多くの企業の役員を務めました。 1940年(昭和15年)に、実業之日本社を再び買収し、「日本」を復刊します。しかし、太平洋戦争の激化に伴い、1942年(昭和17年)に、「日本」は廃刊を余儀なくされます。 1945年(昭和20年)に、実業之日本社と「日本」を再び売却し、新聞界から完全に引退します。そして、1951年(昭和26年)に、81歳で亡くなりました。